じゃがいも ガレット。 節約・簡単!じゃがいもガレットの作り方!チーズなどアレンジレシピも

じゃがいものガレットは時間をかけて焼くと美 味しい|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

じゃがいも ガレット

今回は じゃがいもとチーズのガレット! とろーりチーズ入りのガレットにしてます! 外はカリッと。 中はホクホクで チーズがとろーり。 そんな料理です。 夜にどうしてもじゃがいも食べたくなってしまった時に作った一品。 基本的にはじゃがいもを細切りにして、 焼いていくだけ! お店でも家でもよく焼いていたので じゃがいものガレットは得意料理の1つです! おいしくする秘訣は 多めの油で揚げ焼きにすることです!! 意外とじゃがいものガレットは崩れやすいので 崩れないためのコツも紹介! それでは作って行きましょう! スポンサーリンク• じゃがいもとチーズのガレットのレシピ 材料• じゃがいも・・・・・・400g• チーズ ・・・・・・40g• オイル・・・・・・適量• 塩・・・・・・適量 ケチャップかけてもおいしいよ。。 細切りが面倒なときはこれを使えばすぐに出来ます! スライサーは怪我をしやすいのでガードがついている方がおすすめ! じゃがいもとチーズのガレットの作り方 まずはじゃがいもの皮をむいて細切りにする。 フライパンに多めの油を引いて、 じゃがいもを引き詰めて焼いていく。 火加減は中火と弱火の間。 その時に押しつぶしてあげて隙間を無くして行きます! 間にチーズを入れてその上からじゃがいもを乗せる。 今回の厚さは1. 5cm~2cm たまに動かして全体に焼き色がつくようにします。 油が足りなければフライパンの周りから足していく。 揚げ焼きにしていく。 焼き色がついたら反対側も焼いていく。 ひっくり返すのが難しい場合は大きなお皿や 蓋に一度載せてひっくり返すと簡単です! 返したらここで塩をします。 もちろん材料にこだわらなくても作れますが 崩れにくさで言えば男爵系のじゃがいもがおすすめ。 古いじゃがいもを使わない でんぷんの力でじゃがいもがくっつくので 冷蔵庫に長く入れすぎたものの方が崩れやすい。 次は作り方。 押し付けながら焼く 隙間をなくしてカリッとすることで崩れにくくなります。 じゃがいもは細く切る あまり太いと隙間が大きくなり崩れやすい とはいえ細く切るのも難しいのでスライサーを使うのがおすすめ。 もし太くなってしまった場合は薄く焼くと崩れにくいですよ! いつもガレットを作るときは スライサーを使って薄くスライスしてから 包丁で細く切ってます。 なくてもできないことはないですが、あったらかなり楽。 スポンサーリンク じゃがいもとチーズのガレットの細かいポイント 切ったじゃがいもは水にさらさない 余計な水分も残らないし、 焼き固めるためのデンプンも流れないからです! 水気があると油が跳ねて危ないし、 焦げやすくなりますよ! 塩は焼き色を付けた後にする これも水分が出ないため! 油が跳ねて焦げやすくなります! たまにフライパンをゆする たまにガレットを動かしてあげることで 全体にきれいに焼き色がつきます! 失敗する原因として考えられるのは 切った時の細さが考えられます。 細くないと固いのでじゃがいも同士が密着しにくいです。 切るのが苦手ならスライサーを使うと安定します! あとはしっかり押して焼いて行きましょう! 最後に チーズ以外にもツナやコーンビーフ、 ベーコンとか挟んでもおいしそう! もちろん何も挟まなくてもおいしいですよ! じゃがいもを使ったガレットは簡単でおいしいし サッと作れるのでおすすめ! このスライサーを使えば細切りの一瞬で終わる! じゃがいもを大量消費したい時にもおすすめなので 是非作ってみて下さい! 以前作った長芋ガレット!.

次の

大人気! ビストロ風ポテトガレットは意外とカンタン【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

じゃがいも ガレット

一口ほおばればカリッと香ばしく、じゃがいもの甘みがふわーっと広がるガレット。 いまやビストロの定番にもなっているちょっぴりあこがれのこの料理を、 からご紹介。 意外なほど簡単な作り方を伝授します! 鉄製のフライパンじゃないとできない? 仕上げはオーブンがマスト……? と、勝手にハードルを上げているあなた。 いやいや、じゃがいもさえあれば、じつは、ふつうのフライパンでとっても簡単にできるんです! その極意を教えてくれたのが、野菜使いのセンスが光る、料理研究家の藤井恵さん。 大切なのは、じゃがいもを細ーく切ること。 そして、多めの油でじっくり焼くこと。 フライ返しや木べらなどでギューギュー押しながら焼くと、こんがりとしたきれいな焼き色がつくのだそう。 じゃがいもだけでも充分美味ですが、今回はチーズをはさんだスペシャルバージョンをご紹介。 チーズがとろ〜り溶け出るおいしさは、まさに悶絶もの。 かくいう担当も、試食をした部員達も、焼きたての味に「ん~~~!」と言葉にならない声を発していました。 プロセスチーズは横に幅5㎜に切る。 チーズを全体にのせ、残りのじゃがいもを広げてのせる。 フライ返しで押しながら、まわりがかるく透き通るまで5〜6分焼く。 2 裏返し、さらに焼いて仕上げる じゃがいもの下にフライ返しを差し込んでフライパンからはがす。 フライパンよりもひとまわり大きい耐熱皿をかぶせ、フライパンごとひっくり返してじゃがいもを皿にのせ(油がたれることがあるので注意)、フライパンに戻し入れる。 6等分に切り、食べる分だけ器に盛って、ベビーリーフを添える。 (1切れ159kcal、塩分0. オーブントースターで温めなおせば、香ばしいおいしさがまた味わえます。 今号の特集では、キャベツ、なす、ごぼう、かぼちゃなど、野菜の作り置きおかずをたっぷりとご紹介。 ふだんのおかずに、ちょっぴり腕まくりしたいハレの日に、ぜひご活用ください。 (編集部・大橋).

次の

茹でずにフライパンで焼くだけ!のり塩味の簡単「じゃがいもガレット」♪

じゃがいも ガレット

今日はじゃがいものガレットをつくります。 フランス語でpommes paillasson ポム パイヤソン と呼ばれる料理です。 ちなみにパイヤソンとは藁 パイユ でつくった靴ふきマットのこと。 このじゃがいものガレット、今回はシンプルにハーブを加える程度で仕上げていますが、なかにオイルサーディン、コンビーフ、ハムなどを入れると豪華になります。 じゃがいものガレット じゃがいも 500g セージ 半パック にんにく 1片 バター 30g オリーブオイル 少々 じゃがいもはよく洗い、皮を剥きます。 千切りにしていきます。 スライサーの千切りアタッチメントを使った方が楽です。 じゃがいもを水に晒すか、晒さないかは意見が分かれます。 晒さない派の主張は表面のデンプンが接着剤の役割を果たすから……というものですが、実際は洗ってもくっつくことはくっつきます。 今回は洗いませんが、2通り試してみて好きなやり方を選ぶのもいいでしょう。 今回はセージを使います。 セージはじゃがいもと相性がいいハーブ。 イタリア料理でもじゃがいものニョッキにセージバターは定番の組み合わせですね。 丁寧にするならセージの葉脈を取り除きます。 半分に折り曲げて切ると上手に除去できます。 面倒ならそのままでも大丈夫。 にんにくも同じく千切りに。 ボウルで和えていきます。 にんにくが強すぎないように注意して、量を加減します。 ちなみにこのセージ。 香気成分が脂溶性ではない珍しいハーブです。 中火にかけて30gのバターを溶かしたフライパンにボウルの中身をあけます。 キベラ やゴムベラで押さえつけるようにして、じゃがいも同士を密着させます。 厚みは 1. 5cmくらい。 ここから火加減は弱火に落として15分ほど焼いていきます。 じゃがいものガレットは中火で焼いていくのが一般的ですが、弱火でじっくりと時間をかけて焼くと、表面はかりかりに、中はとろけるような食感になるのです。 焦げ目がついて裏側が固まってきました。 これを裏返しますが、もちろんフライパン を煽るようにして、一気に返してもOK。 一気に裏返すのが不安なら、一度、フライパンに蓋をしてひっくり返し、中身を蓋に 移して、、、 すべらせるようにして鍋に戻します。 裏側も15分焼きます。 ここでオリーブオイルの登場です。 適量加えて香りをつけてい きます。 最初からオリーブオイルを使わないのはバターの方が温度の上昇がゆるやかだから。 まずは水分が含まれているバターで穏やかに火を通し、最後にオリーブオイルで 風味をつけ、カリッと焼き上げていきます。 いい感じに焼けました。 フルールドセルを振って、味付けします。 酢とオイル、塩で和えたサラダを添えると立派な一皿になりますし、つけ合わせにしても。 表面はカリカリで中はとろけるようです。 もちろん 中火で焼けば手早くできますが、時間をかけた味はまた格別。 材料はシンプルです が、時間をかけた分だけおいしくなる料理です。

次の