テトリス 世界 一。 世界最強のテトリスプレイヤーがたった1人で98人を相手にテトリスをプレイして見事勝利するムービー

ゲーマーさん、うっかり「テトリスの世界新記録」を更新してしまう / 事実に気づいて大興奮!

テトリス 世界 一

『あめみやたいよう』とは テトリス界に現れた新星『あめみやたいよう』という男。 いや、神。 あめみやたいよう神。 何が凄いってこの神、テトリスのプレイスキルの技術の高さと凝視力 YouTubeで「テトリス99」の動画生配信をしながらプレイ実況ってできますか?普通は無理でしょう。 しかも集中力を欠いた状態で何度も対戦1位を獲得と実力はだれもが認める最強スーパープレイヤー この時点ですでに神の領域なのに、プレイ中にリスナーの書いたコメント欄を見てやり取りまでしています。 どういう処理能力の高さと視野だよ。 まさに神か。 文字で伝えるより実際に『テトリス99』動画を見たほうが早いので、時間がある人は見てください。 端末によっては見れないようです。 2015年・2016年【RedBull5G】パズルジャンル優勝• 2016年フジテレビ『いいすぽ!』第1回「ぷよぷよテトリス」No. 1決定戦 優勝• 2017年フジテレビ『いいすぽ!』第2回「ぷよぷよテトリス」No. 1決定戦 優勝• 2018年フジテレビ『いいすぽ!』第3回「ぷよぷよテトリス」No. ダメだwwww笑うwwwwww あめみやたいよう神からしたら笑えないことなんだけど予想外の出来事過ぎて 【速報】YouTubeさんからメールが来て、ライブ配信出来るようになったぁーーーーーーーーーー!!!!!世界最強プレイヤー今日にて完全復活です!!!!!— あめみや たいよう inazuma0217tai1 なお、一週間ほどで解除された模様。 よかったね神。 天下のGoogle神をも動かすとは… さすがあめみや神… 神は礼儀正しい。 そこにつけ込む。 神は配信しながらリスナーのコメント返しをしています。 テトリスをやりながらコメント読んでる時点で色々とおかしいのですが、凝視力の高さ故に神なので、そこはスルーしましょう。 で、スパチャ(投銭)を贈られると神はたまにプレイ中でもログを遡ってまでお礼を言っています。 謙虚な神ですね。 実際に配信者として有名な『もこう』氏が生配信中に10,000円スパチャした際に神は動揺してミスをしておりました。 さすが王。 神をも揺さぶる。 つまりそこを攻めるのです。 怒涛のスパチャ15REN等で動揺を誘いましょう!プレイに集中できないようにしましょう!! さあ!やるぞ神降ろし!!(最低の発想だ 仲間内で同時にオンライン接続を試してスナイプしてみる 「テトリス99」は名前の通り99人でオンライン対戦をしています。 そして神は生配信をしている。 そう、つまりそういうことです。 神の次の試合が始まったタイミングで仲間全員が合わせてログインし、同じ枠で戦えるのを祈るのです。 1人でダメなら集団で挑めばいい。 戦いは数だよ兄貴ィ! 神は中盤戦でバッジを3つは集めてる場合が多いので、あとはタイミングをあわせて全員でバッジ持ち狙いにターゲット変更して最大瞬間火力を放り込みましょう。 ただし、神は何度も複数人にターゲッティングされている状況でもカウンターで返り討ちにしています。 仕掛けたつもりが逆にやられることを忘れてはなりません。 深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを見ているのだ…努々忘れなきよう… ここまで読んでいるって人は、最初に貼った動画以降も読んでくれた方ということでしょうか。 ありがとうございます。 冗談交じりにここまで「あめみやたいよう」氏のことを紹介してきましたが、自分が受けた驚き・ワクワクに関しては本物です。 かつて、ヴァンパイア・ハンターでのウメハラのサスカッチを見た時を思い出します。 こういう若く、周りに影響を与える才能を見るのはとても楽しいです。 そして同時に一つのことに気づきます。 こんなにもすげぇ!おもしれぇ!って好奇心をかなり揺さぶられたのに、なぜここまでのプレイヤーを今まで知らなかったのか。 自分の観測範囲に情報が来なかったから?自分が観測範囲を広げなかったから? このあたり真面目に深掘りしだすと悟りを開きそうなので、今日はこの辺りにしますが、「テトリス99」のおかげで新たな世界を知れたのには感謝したい。 ありがとう、テトリスを考案したソビエト時代の研究員。 ありがとう、バトルロイヤルなんて仕様に改造した挙げ句に無料で開放してくれてる任天堂。 ありがとう、人間の可能性に光をくれた神よ。

次の

[テトリス]テトリスの歴史が少し動いた(テトリスで思うことについても)

テトリス 世界 一

オレゴン州ポートランドで開かれた 『テトリス』の世界大会 「Classic Tetris World Championship」(以下、CTWC)にて、過去8大会中7回を制覇したチャンピオンを破り、弱冠16歳のテトリスプレーヤーが歴史的な勝利を収めた。 The moment 16-year-old wunderkind Joseph Saelee dethroned 7-time winner Jonas Neubauer to take the World Championship! NES実機、本物のカートリッジ、CRTモニターを使用する。 プレイヤーは自身のコントローラーを持ち込めるが、無改造のものだけに限られている。 NES版『Tetris』には対戦機能が搭載されていないので、勝敗は純粋なスコアだけで競われる。 もしスコアでリードしているプレイヤーが先にゲームオーバーとなった場合、追いかけるプレイヤーがそのスコアを超えれば勝利、届かなければ敗北となる。 アメリカだけでなく日本からも選手が参加しており、 今大会ではりょくちゃ氏が3位という成績を収めている。 Classic Tetris World Championshipというテトリスの世界大会に参加してきました。 絶対王者Jonasさんには惜しくも叶わず3位で終わりましたが、彼を3連勝で破った若者Josephさんは来年倒さなければと心に決めた次第です。 応援してくれた方々ありがとうございました! — りょくちゃ suitougreentea 同様の形式は世界中に広まり、米国だけでなく欧州、シンガポール、香港でもNES版『Tetris』の大会が開かれている。 CTWCは予選を勝ち抜いた40名が本戦を戦い、3本試合で先に2勝したプレイヤーが勝ち上がるトーナメント形式だ。 決勝戦は5本中3本先取のルールで行われる。 CTWCにはこれまでも多くのスタープレイヤーが参加している。 1990年に開催されたNintendo World Championshipsの12歳から17歳までの部門で優勝したThor Aackerlund氏や、公式記録として2009年に史上初めてNES版『Tetris』で最高得点の999999点に到達したHarry Hong氏もそのうちのひとり。 年齢別に部門分けされていたが、11歳以下部門で優勝したJeff Hansen氏と18歳以上部門で優勝したRobert Whiteman氏と非公式に頂上決戦が行われ、Thor Aackerlund氏が1位となった。 輝かしいのは戦績だけでない。 Neubauer氏は今年の1月に 「テトリスで最も早く100列を消す」記録に挑戦していたところ、 たまたま「テトリスで最も早く30万点に到達する」世界記録を2秒更新する1分57秒を叩き出す珍事も起こしている。 なお、当初の目標もきちんと達成し、 では10月23日の時点でも1位に氏の名前が掲載されている。 『Tetris』トッププレイヤーたちの姿を描いたドキュメンタリー 「Ectasy of Order: The Tetris Masters」にも登場するなど、近年における『Tetris』界の絶対王者であったことは間違いない。 そんな巨人を打ち破ったのが 16歳の新星Joseph Saelee氏だ。 1989年にNES版『Tetris』が発売されたとき、彼はこの世に影も形もなかった。 37歳のNeubauer氏はインタビューで初めて『Tetris』に触れたのは6歳の頃だと答えているが、キャリアで考えれば、もしSaelee氏が生まれたときから『Tetris』をプレイしていたとしても追いつかない。 Saelee氏はNeubauer氏を含めた多くのトッププレイヤーが使わない 「ハイパータッピング」と呼ばれる特殊な技術を使う新世代のプレイヤーだ。 通常、十字キーを長く押してテトリミノを移動させるが、「ハイパータッピング」は十字キーを素早く正確に連打してテトリミノを移動させる。 この技術を使えば移動速度を落とさずにテトリミノを正確に移動できるが、危険で難しい技術でもある。 You have never seen played like this. Look at how fast their fingers are moving. Incredible! — Arda PRGE2018 calling CTWC! CTWC決勝戦は3本先取の5本勝負。 1本目は終始安定した運びで、スコアでもSaelee氏がチャンピオンをリード。 スコアが70万点を超えた頃、チャンピオンが痛恨のミスによりゲームオーバー、Saelee氏がリードを保ったまま1本目の勝者となった。 2本目もSaelee氏は終始スコアでリードしていたものの、90万点を超えた頃にLミノを起きミスし先にゲームオーバー。 祈るようにチャンピオンの画面を見つめていたが、チャンピオンは85万点に届かずゲームオーバーとなり、2本目もSaelee氏が勝利した。 後がなくなったチャンピオンは3本目、それまで取っていたスコアで後を追う戦法を捨てて攻勢に出た。 先にゲームオーバーとなったが、最終的に10万点差を付けていた。 それまでとは打って変わってSaelee氏が追いかける形となったが、隙のないプレイングで猛追、優勝を決する勝利をもぎ取った。 逆転を決めたのは、Iミノを使って4列同時に消す「テトリス」だったという劇的な勝利だった。 終わってしまえばSaelee氏の3本先取によるストレート勝ちという圧倒的な勝利で終わったものの、試合内容で両者の差は僅差だった。 激戦に勝利した若きチャンピオンは、感極まった様子で涙をこらえながらインタビューに答え、素晴らしいプレイヤーたちの中で勝利できたことを信じられないととぎれとぎれに語った。 一方、4大会ぶりに銀のテトリミノトロフィーを握ることとなったNeubauer氏は試合後のインタビューで、新しいチャンピオンの技術を称賛し、 「新世代のプレイヤーにバトンを渡すことは本当に名誉なことです」と新しいチャンピオンの誕生を祝福した。 — Tetris Championship TheCTWC 新たな技術を使う新世代のプレイヤーが劇的な勝利を収めたCTWC 2018。 1984年に初めてプレイ可能なゲームが登場して30年以上が経った『Tetris』は、ゲームやルールだけでなく、プレイヤーも進化をし続けているゲームだ。

次の

[テトリス]テトリスの歴史が少し動いた(テトリスで思うことについても)

テトリス 世界 一

そんななか、あるゲーマーがテトリスをプレイしていたら、なんと知らないうちに世界記録を更新していたという。 現在ネット上では、そのゲーマーが記録更新の 事実を知った瞬間の動画が公開されており、興奮する様子もリアルに収められている。 ・有名なテトリスプレイヤーの動画 動画を公開したのは記録を更新した当人であり、有名なテトリスプレイヤーのジョナス・ノイバウアーさんだ。 海外メディア「TheComeback. com」によると、ジョナスさんは当初100本のラインを消す世界最速記録を目指していたが、知らないうちに30万ポイント到達の世界最速記録を更新していたという。 記録更新の瞬間を収めた動画「Accidental 300k World Record」をみると、ゲーム画面に表示されているタイムの 1分57秒あたりでスコアが30万ポイントに到達。 以前の世界記録が2分12秒だったというから、大幅にタイムを縮めたこととなる。 だがしかし、ジョナスさんはその事実に気づかぬまま、100本のラインを消す世界最速記録を目指してゲームを続行。 その後、30万ポイント到達の記録を更新したことに気づくと…… オゥ! ホワッツ!! ホワッツ!!! と大興奮。 アドレナリンが出すぎたのか、部屋から出て行ってしまうのだった。 ちなみに翌日、ジョナスさんは 100本のラインを消す世界最速記録も更新したとのこと。 彼のスキルが凄いのはもちろんだが、誕生から30年以上経った今も記録が更新されているテトリスの奥深さにも感心するばかりだ。 参照元:、(英語) 執筆:.

次の