宮澤勇斗。 宮澤勇斗

みやゆうの素顔がイケメンと話題?本名/年齢/彼女/ポッキーは俺の嫁!?

宮澤勇斗

com 生年月日:1992年9月11日 出身地:静岡県沼津市 身長:176cm 血液型:A型 職業:俳優 磯村勇斗さんは中学の頃に映画を自主制作されて、それがきっかけで役者を目指すようになったんだとか。 高校在学中に芝居を学ぶため地元の劇団に入り、舞台に立っていたこともあるそうです。 劇団やプロダクションに入ろうともしましたが両親に猛反対され、最終的に「演技が出来る大学への進学」が目標に。 桜美林大学に無事合格し、進学しましたが中退されているようです。 家族についても気になってきますね。 磯村さんは、 父・ 母・ 兄の 4人家族。 html 確かに顔も雰囲気も似ている…笑 ちなみにお二人の似ているところはもう一つ。 ・菅田将暉さん 175cm ・磯村勇斗さん 176cm そう、身長も似ている(笑) まだまだ似ているところが!! ・年齢が同じ ・血液型が同じ ・二人とも仮面ライダーに出演している こ〜んなに同じことがありますか?笑 これだけ似ていると親戚だと噂になっても仕方ないと思いますが、結論を言うと 二人は親戚ではない!! です! ただただ似てて、共通点が多いだけのようですね〜! SNSの声も… ん?なんか…磯村くん…似てる? — もぐら。 菅田将暉クンにちょっと似てる。 ゴーストきっかけでハジけると良いね。 — Hagi Mihgo HagiMihgo やはり似ているとの声が。 もう一度いいますが、 全く親戚ではありません!! まとめ 菅田将暉さんとの親戚関係は無いということが明らかになりました! それにしてもお二人は似ている部分が多すぎますね(笑) これから映画、ドラマ、バラエティ番組など色々活躍されていくと思われるので、ぜひ頑張っていってほしいですね!!.

次の

祝!「YZF

宮澤勇斗

みなさん、こんにちは。 ヤマハ発動機販売の荒木です。 6月8日(土)、にて今年で3回目を迎えたYZF-Rオーナーズミーティング実行委員会主催によるYZF-Rオーナーズミーティングが開催。 当日の朝はあいにくの空模様となりましたが、をはじめとするモーターサイクルを愛してやまないみなさんが東北に集結。 マシンへの愛情を湧かせる企画や想いをわかちあうオーナー同士の交流があり素敵な時間になりました。 フィナーレのパレードランでは雨上がりのすんだ空からの明るい陽がコースに差し込みました。 ヤマハのモーターサイクルを象徴するYZF-Rシリーズ、通称Rシリーズ。 昨年はR1の20周年をお祝いしましたが、今年は初代の誕生から20年です。 この特別な年にふさわしく参加された皆さまと一緒に祝えるような多彩なプログラムを用意しました。 それでは、当日のイベントレポートはスポーツランドSUGOの大きな会場を、「ピット」と「ステージ」、「コース」の3つに分けてみなさんにお届けします。 事前エントリーされた方の受付は9時30分にスタート。 事前エントリーの特典として日本を代表する靴下ブランドとコラボレーションしたRシリーズオリジナルソックスや、 MotoGPに参戦するV・ロッシ選手やM・ビニャーレス選手のサイン入りヘルメットが当たる!?抽選券をプレゼントしました。 *申し込みの対象:プレストコーポレーション取扱のYZF-R6(2017年モデル以降)を購入されて、現在もお乗りの方 となりの人が集まりワイワイにぎやかなお店は、 お馴染みのオリジナル記念Tシャツの販売でした。 続いて、ピットを東に進み、展示コーナーに行きましょう。 あの黒山の人だかりの先にあるものは、 初代R6をオマージュした「YZF-R6 20th Anniversary」特別仕様車。 カラーリングはRシリーズのデザインを手掛ける。 両脇にはヤマハの企業ミュージアムであるコミュニケーションプラザから持ってきたR6(1999年)・(1999)を展示しました。 特別仕様車の背後には、Rシリーズのヒストリーを紹介する8. 1㍍の横長パネル。 「こんなにアップデートしていたんだ」と思わず呟く来場者もいらっしゃって、Rシリーズの歴史を味わっていただきました。 7月のに5連覇をかけて参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のR1。 カラーはの復刻版。 ピットのひとつはレース現場を彷彿とさせる雰囲気に変貌し、開発者をコンシェルジュとしたバイクの個別相談会を開催。 相談後はピット外でのアンブレラガールとの撮影で、まるでコースに向かうライダーになれるような相談会。 訪れたみなさまは日頃の悩みを開発者に打ち明けたり、マシンへの要望を直談判したり、貴重な時間を過ごしました。 ピットの紹介は、一旦ここまでにして、そろそろスタートするステージへ移動します。 今回の特別参加者である映像クリエーターのとをステージにてご紹介。 その後、2組は揃って会場を散策。 RAMPAGE MONKEYさんは、いろいろな方と気さくに交流していました。 みやゆうさんは、レポート動画を撮影。 ステージではR6をお題にした開発者トークショーを開催。 モータージャーナリストの丸山浩さんをMC(右)に、初代R6、R7のプロジェクトリーダーの三輪さん、島本さん、そしてR6(06年・08年)の開発にたずさわれた赤塚さん、R6(08年)の開発である天野さん、R6(最新)プロジェクトリーダーの平野さんが登壇。 当時の思い出や秘話などさまざまなトークを展開しました。 恒例のチャリティーオークションでは、コンストラクターの皆さまより秘蔵の逸品をご提供。 今回のオークションで集まった募金は、ヤマハナイスライド募金を通じ公益財団法人日本盲導犬協会へ全額寄付されます。 世界選手権ライダーのサイン入りキャップやTシャツなど、さまざまな逸品が落札されました。 そして、みなさまお待ちかねの抽選会。 MotoGPライダーのV・ロッシとM・ビニャーレスのサイン入りヘルメットをゲットできるチャンスです。 厳正な抽選の末、M・ビニャーレスのサイン入りヘルメットを引き当てたのは、近くに住む福島隆太くん(4歳)。 「宝物ができた!」と大満足で帰路につかれました。 V・ロッシのサイン入りヘルメットを引き当てたのはこちらの男性。 R3オーナーの友人と一緒に会場にお越しで、バイク経験のないかた。 このヘルメットをきっかけに、バイクに少しでも興味をもって頂ければと思います。 そして「あなたのYZF-Rでギネス世界記録に挑戦」のお時間です。 巨大な「R」の文字を参加者のRシリーズで作り、バイクで作る最大の文字というギネス記録に認定されるチャレンジです。 会場にはギネス世界記録認定員であるマクミラン舞さんにお越しいただきました。 こちらは、巨大な文字をつくる記録に挑戦している駐輪場。 新記録達成のためにはギネスが事前に設定した標準記録(300台)を超えなければいけません。 マクミラン舞さんにより厳正な審査が行われました。 が、あえなく標準記録に届かず挑戦失敗。 協力と支援を頂いたみなさんありがとうございました。 次回は、天候に左右されずにまたいつの日か世界記録に再チャレンジすることにご期待ください。 豪華ゲストをガイドとして迎えたサーキットバスツアーです。 まずゲストのライダーはR6で全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦しチャンピオンになったお二人。 2017年王者の前田恵助選手(YAMALUBE RACING TEAM・左)と2015年王者の横江竜司選手(Shop Union TOUHOKU・中)。 さらにR6で筑波ロードレース選手権に宮澤勇斗として参戦し、今回のイベントのゲストであるみやゆうさん(右)も特別に参加。 R6の20周年に相応しい3名のゲストに乗車いただきました。 「ここのコーナーは直前でブレーキングを... 」、わからないことだらけのプロの走行テクから秘蔵の小技まで紹介していただき、参加者は大興奮でした。 バスツアー後は、表彰台でのシャンパンファイト体験です。 では、会場の出展順にご紹介させていただきます。 今年のおすすめは"ワンディングの走りが変わる。 "ラジアルタイヤの。 スポーティな走行にさまざまな路面状況でフィットする魅力にRシリーズのオーナーさんは興味津々でした。 本格派のバイクレースゲームを展示。 ゲームにはRシリーズやスポーツランドSUGOが登場します。 イタリアのメーカー「rizoma」の最新モデルを展示。 洗練されたデザインだけでなく高いアルミ加工技術をもつメーカーだからこそ生まれたミラーやウインカーは一見の価値ありです。 公道走行可能なサーキット・パフォーマンス・タイヤの「SPORT MAX Q4」がおすすめ。 スーパースポーツモデルのRシリーズにフィットする強力なドライグリップを実現しています。 ガラスコーティングといえば山城の「CR-1」。 表面を保護するコーティングの効果を店頭で実演し、多くの注目を集めていました。 「ドライブチェーンが走りを変える」でお馴染みの軽快な操作フィーリングが人気のストリート用チェーンのVXシリーズ。 その520サイズがグレードアップです。 耐性アップにより操作性にいっそうの磨きをかけました。 イタリア製のサスペンションやブレーキパーツを展示。 今年のおすすめは「Matris(マトリス)」のフロントフォークバルビングキットで、最適な減衰幅で、サーキットからワンディングで無理のないスポーティな走りをもたらします。 世界耐久選手権に「YZF-R1」で参戦するYART(Yamaha Official EWC Team)にチェーンを提供。 それと同ランクのチェーンをはじめ多彩なチェーンをブースで展示しました。 RKジャパンはドイツ語にローラーチェーンに由来します。 PirelliとMETZELERの欧州系タイヤを展示。 今年のおすすめは、PirelliのハイグリップなDiablo Supercorsa SP V3とのことです。 レース用のブレーキディスクやブレーキパッドを販売。 スプロケットはイベント特別価格になっていました。 カーボンパーツを製造するEIGHT(旧才谷屋)のブース。 今回のイチオシは、タンクカバー(画像はR1用)。 コールドプレス方式により両面滑らかでツルツルに仕上がりタンクを傷つけにくい造形になっています。 バイク専用のナビゲーションアプリのデモ体験を実施。 バイクの排気量にあわせたルート検索が原付2種と軽二輪にも遂に対応して、もっと多くの人が使えるようになりました。 創業72年目の老舗メーカーで半世紀以上に渡ってバイク用レザースーツを造りつづけているKUSHITANIさん。 メディアに取り上げて品薄状態のレッグバッグは、グローブしたままでサッと取り出し可能なコインケースやレインカバーなどライダーの使い勝手良好です。 安心で快適なライディングをサポートする心強い電装パーツを多彩に展示。 イチオシは極小サイズで強力に発光するLEDウインカー&テールランプのNanoタイプや前後2カメラ搭載のバイク専用ドライブレコーダーです。 R25(2019年モデル)に専用開発したを展示。 エキゾーストシステムの一部として装着すれば、"気持ちイー!"を感じられる豊かな走りに貢献します。 YAMALUBEをはじめとした純正パーツや、ヘルメット、アパレル、アクセサリーなどのバイク用品でおなじみです。 ヤマハモーターサポート&サービスさん ヤマハのイベント会場の名物。 市販しない掘り出し物を見つけられて人気。 レアなアイテムを特別価格で販売し、ヤマハのコアなファンで大いに賑わいました。 先導するのは、レーシングジャケットに身を包んだYZF-R6歴代の開発スタッフ。 時代を超えたRシリーズが走る素晴らしいパレードランとなりました。 ミーティング運営のスタッフに見送られながらみなさん帰路につきました。 ここで、来場されたみなさんをご紹介します。 「今日はコースでの試乗会でR6乗りました。 念願だったサーキット走行を憧れのR6で叶えることができるなんて感無量です。 ウエットな路面でも安定感がある走行で安心して初走行できました」と「TZR250」を所有する旦那さま(32)が楽しさを爆発させていました。 「色々と楽しかったのですが、今のバイクを選ぶキッカケになり、尊敬しているモーターサイクルジャーナリストの丸山浩さんがステージに出てきたのが個人的に衝撃でした」とのことでしたが、その後丸山浩さん(写真左から2人目)と会場で遭遇し、満面の笑みで記念撮影をしました。 「ヤマハのチャレンジスピリットに惹かれて、いつの間にかヤマハファンになりました。 そのフラッグシップのR1が全てのバイクで一番良いデザインと思っています。 東京に引っ越してバイクを一旦手放していますが、次はR1に乗りたい。 」といいながら車両を熱心に見つめていました。 「みやゆうさんのファンで会場に来てみました。 バイクのことをあまりわからないのですが、なんとなくカッコよくて面白いそうですね」と述べた二人の若い女性は、結果送迎するパパとはぐれるほどに会場でバイクを熱心に見ていました。 頻繁にインカムでおしゃべりしながらのタンデムツーリングを楽しんでいます。 今までタンデムされてばかりだった彼女が、「こんなバイクを運転できるなら普通二輪免許をとりたい」と赤いR25を前におっしゃいました。 「開発者のコンシェルジュでマシンについて質問をたくさんぶつけました。 ミラーやブレーキからエンジンオイルに至るパーツについていろいろと教えてもらいました」と大満足。 さらに愛着の湧いた愛機で颯爽とパレードランに参加されていました。 「毎年来ているこのイベントは楽しみで、雨にもかかわらずたくさんで来ることができました」と嬉しい誤算を教えてくれました。 この日はこのままみんなでキャンプをして、色々と語りあうご予定だとか。 「シャープなコーナリング特性に高回転域の突き抜ける排気音、R6のとんがった個性に惚れ込んでいます」とマシンへの深い愛情を語っていただきました。 また「R6の魅力をたくさんの人に伝え、分かち合いたいと、10月12日(土)にヤマハ発動機のコミュニケーションプラザでを開催します。 ぜひ、遊びに来てください」と話していました。 開場までマイカーで来ましたが、「ギネス記録に協力したい!」と車からバイクを駐輪場まで運んで、ギネス記録の挑戦に協力されました。 「またチャレンジするときは必ず来るよ」と粋なコメントを頂戴しました。 「コンストラクターのブースで色々チェックするのが楽しみ。 今回も掘り出しものを見つけました」バイクがきっかけでお付き合いを始めた二人は、今後のカスタムについて楽しそうにお話ししていました。 一見旧知の友人のような二人ですが、この会場で知り合いました。 「会場でたぶん唯一のR125でずっと気になっていました。 」とパレードランが終わった最後の最後に話しかけたそうです。 Rシリーズをはじめとするさまざまなモーターサイクル愛好家同士が集結し、オーナーのマシンへの深い想いをわかちあう交流もあった今年のYZF-Rオーナーズミーティングでした。 来場された方、そして主催されたYZF-Rオーナーズミーティング実行委員会のみなさま、ありがとうございました。 そして、今年の9月、熊本県と山梨県にてヤマハ主催でを開催します。 次はこちらでみなさんに再会することができればと思っております。 詳細につきましては、当ブログにてお知らせしていきます。 乞うご期待ください。 2019年6月17日.

次の

宮澤勇斗

宮澤勇斗

もうすぐクリスマスの季節。 近くの施設が毎年イルミネーションを やっていて、年々豪華になっていきます。 という事で、こんにちは! YouTuber研究家の管理人です。 毎年厳密にチェックしてるわけでは ないですが、明らかに明るさが 違うんですよね^^ オルゴールのクリスマスソングも 小さく流れていて、なかなか いい雰囲気を作ってくれてます。 このイルミネーションを見に くる親子もチラホラいますが、 今年は例年よりも増えてる気が^^ 管理人は自宅ではやらない派なので、 この施設のイルミネーションで 毎年満足させてもらってますw さて、今回紹介するユーチューバーさんは、 ゲーム実況の「みやゆう」さんです! 〜もくじ〜• みやゆうのプロフィール 生年月日:1997年6月13日 出身地:長野県 趣味:ゲーム、自転車に乗ること、バイク 特技:ボーリング みやゆうさんは、主にGTA(グランドセフトオート)、 マインクラフトの実況を中心とした動画を アップされています。 趣味を見ると、意外にも?アウトドア派 の一面が見られますね。 ゲームが好きという事でインドア派の人間 なのかと思いきや、割とアクティブな アウトドア派だったとは。 マイナスではなく、いい意味でギャップですね^^ ただ、最近のツイートを見て心配になりました。 今日に限ってGoPro複数付けてたよ… この後、揚がったポテトみたく運ばれて行きましたとさ。 おしまい。 こうやって動画で見ると怖いですね…。 救急車に運ばれた?っぽいですが、 幸い大事にはいたらなかったので良かった! みやゆうさん、命知らず?なのか こんな動画も発見! リアルですねー!高所恐怖症にはもうたまらんです!笑 一緒に飛んだラッシーさんが めっちゃ笑顔なのが凄い(3:22〜) みやゆうさんはそんなに余裕ない感じですね^^; 管理にも高いところは苦手ですが、 一生のうちのいつか一回はチャレンジしてみたい! みやゆうの本名は? 本名は『宮澤勇斗』さんです。 学歴もわりと知られていて、 中学校は地元の長野県にある市立岡谷西部中学校です。 特定班によると、2010年の6月に開催された 『第5回諏訪中学記録会』という会で、 男子1500m走の種目で、『宮澤勇斗』の名前があったとのこと。 そして高校は「岡谷工業高等学校」。 バレーボールがめちゃ強い学校ですね。 (みやゆうさんは自転車部) こうやって見てみると、 みやゆうさんはゲーム系ユーチューバーながらも 体育会系の一面を持っている割と珍しいタイプ? 大学には進学している? 1997年生まれで、現在の年齢は今年20歳になります。 年齢的には大学や専門学校にいる 感じになりますが、高校卒業後の 進路はどうされたのでしょう? 調べてみたところ、大学には 進学していないようです。 なので、今はユーチューバー一本で お仕事されているかと。 チャンネル登録者数も55万人に迫っていますし、 動画広告収入だけで相当稼いでいるでしょうから、 ユーチューバー専属でも問題なさそうですね^^ その動画ですが、最も投稿している動画が GTA5 グラセフ です。 このグラセフシリーズの動画投稿数は なんと300本を超えています! どれも動画の再生回数がかなり多く、 人気なのがわかりますね^^ この動画もおもろいですw みやゆうの彼女は? 彼女の存在については明らかにしてません。 が、みやゆうさんで検索すると 「嫁」という関連キーワードが 出てくるんですよね。 もしかして、彼女どころか、 結婚して嫁さんがいるのか? そんな疑問を抱きつつ調べてみますと、 嫁の正体はポッキーさんのことでした。 同じくゲーム実況系ユーチューバーの ポッキーさんと仲が良く、 「俺の嫁」宣言をしているからですね。 実際のところの彼女がいるかどうかについては 明らかになっていません。 ただ、質問コーナーで、 「経験はありますか?」という問いに 「全国平均よりは早かった」の答えが! つまりは交際経験は確実にあったという わけですね。 顔もイケメンですし、 声もイケボ。 しかもスポーツマンときたら、 学生時代は結構モテていたのではないかと^^ ということで、以上、みやゆうさんいついてで ございました! 滑舌が良く、声も聞き取りやすいみやゆうさん。 男声も女声もどちらもいい声してるので、 ユーチューバー意外にも声優としても 活躍できるんじゃないかと思いました。 肌も白くて綺麗で見た目も中性的だし、 そういうお店で働いたら かなり人気出そうだなとも。 今後のさらなる活躍を 応援しています!.

次の