ポケットwi-fi 遅い。 ポケットWi

ワイモバイルのポケットWi

ポケットwi-fi 遅い

ワイモバイルのポケットWi-Fiについて ワイモバイルのポケットWi-Fiには機種がいくつか存在します。 それぞれ下りの速度が非常に早いけれどお値段が張る物、通信速度は遅いがかなり低価格な商品など、用途に合わせて機種を選ぶ事が出来ます。 そして、それらの機種にはそれぞれ固定の通信プランがあります。 Pocket WiFiプラン SS 5GB このプランは月間の上限が5GBのプランです。 上限の5GBを超えると、使えなくなる事はありませんが、非常に強力な速度制限がかかりますので、YouTubeなどの動画視聴は絶望的なレベルまで遅くなるでしょう。 また、そもそもこのプランとセットの機種はハイスペックではないので、高速通信というレベルではありません。 Pocket WiFiプラン2(7GB) このプランは上記のプランの上位のもので、月間の通信上限が7GBのプランです。 主にハイスピード通信が可能な機種でこのプランが適用される事になります。 また、上限を超えた際の制限速度も、上記で紹介したPocket WiFiプラン SSと同様なかなかに不便な速度になるでしょう。 ポケットWi-Fiで遅くなる原因は他にあった! 前述している通り、プランで設定されている通信量の上限を超えると速度制限がかかってしまいます。 これは恐らくポケットWi-Fiを使われる9割ほどの方が理解されているでしょう。 しかし、通信速度が突然遅くなる理由は他にもあったのです。 前日までの3日間の利用通信量の上限 実は、前日までの3日間のデータ通信量が、指定通信量以上を超えてしまった場合、プランの上限に達していなくても通信制限がかかってしまうのです。 「Pocket WiFiプラン2」、「Pocket WiFiプラン2 ライト」や「Pocket WiFiプランSS」であれば、前日までの3日間の利用通信量が、約10GB以上の使用で制限がかかります。 ・3日間の設定されている通信上限に達した。 この2つのどちらかに該当している為と言えるでしょう。

次の

PCだけWi

ポケットwi-fi 遅い

もし前者のプランに入っていた場合、使用データ量が1か月で7GBを超えると速度制限にかかって通信スピードが遅くなります。 一方、ギガ放題プランはデータが使い放題であることをウリにしていますが、実は 3日間で10GB以上使用してしまうと速度制限にかかる仕組みになっています。 しかし、ギガ放題プランの速度制限は非常に緩く、 次の日の18時~翌2時までの間だけ規制されます。 その他の時間は、通常通りの速度でインターネットを使用できるようになっていますので、ご安心ください。 このように使用しているデータ量によって通信速度が変わってきますので、自分が一体どのくらいデータを使っているのか確認してみましょう。 どのエリアで使用できるのかは公式HPにてチェックできますので、ぜひ1度確認してみてくださいね。 また、特定の場所を指定し、使用できるエリアかどうかを判定できる「 ピンポイントエリア判定」というツールも公式HP内にあります。 この電波干渉とは、簡単に言うと 無線の奪い合い状態になっており、その結果通信する速度が落ちてしまうのです。 また、外だけでなく自宅内でも電波干渉は起こります。 実は電子レンジやテレビなどは微弱の電磁波を発しており、それがWi-Fiルーターの電波に影響を及ぼすことがあるのです。 もし電波干渉が原因として考えられるなら、電化製品や人が多い場所から離れてみてくださいね。 また、Wi-Fiルーターをカバンの中に入れていたり、布にくるんでいたりと 何かで覆ってしまうのも電波状況を悪くする理由のひとつとなりますので、ご注意ください。 実はUQのWi-Fiルーターが発する電波は「 まっすぐに速く進む」という性質をもっているため、障害物にめっぽう弱いのです。 そのため、Wi-Fiルーターは できるだけ障害物のない場所に置きましょう。 Wi-Fiルーターはソフトバンクやワイモバイルなど様々な会社から発売されており、中には通信速度に力を入れているところも。 しかしながら、月額料金が安い上に安定した通信回線を利用できるUQのWi-Fiルーターから乗り換えることは、あまりおすすめできません。

次の

【無制限の闇に注意】ポケットwifiで使い放題・制限なしおすすめTOP10!

ポケットwi-fi 遅い

こんなときWiFiが絶対ほしい!• 大容量のデータをインストール・ダウンロードする時• スマホ(PC)でオンラインゲーム・アプリで遊びたい時• インターネットを閲覧したい時• 動画サイトを利用したい時• 電子書籍販売サイトを利用したい時• PS4・ニンテンドー3DSなどのゲーム機のショップを使いたい時• スマホの通信制限が訪れそうな時 WiFiが正常に起動しているのなら、 上記の問題は全て解決することができます。 WiFiが欲しいと思う時は自宅内外問わず訪れるので、最近では「WiFiスポット」と言って、コンビニやファミリーレストランなどでもWiFiに繋ぐことができるようになっています。 WiFiによっては持ち歩くタイプ(WiFiルーターを持ち歩ける)も販売されているので、 自分の持っているWi-Fiをいつでもどこでも繋いで、インターネット世界を楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。 しかし、長い間WiFiを使っていると「今日はインターネットが遅い」「オンラインゲームでエラーが出る」といった症状も出てきます。 もしかしたら WiFiの回線速度が遅くなっていて、そのせいでスムーズにインターネットを利用できていないのかもしれません! 非常に便利なWiFiですが、このようなエラーが出た場合インターネットを円滑に使うことができなくなり、人によっては困った状況に陥ってしまいますよね。 WiFiが遅い原因 なぜ、自分が利用しているWi-Fiが遅くなったのでしょうか。 「突然重たくなった場合」と「徐々に重たくなった場合」の2パターン存在しますが、 大抵はなんらかのエラーが発生したせいで、突然重たくなっているケースです。 徐々に重たくなって最終的にはWiFi従来のスピードに戻せなかった場合は、WiFiの買い替え・契約を考え直しましょう。 まずは、突然重たくなる原因について見ていきましょう。 WiFiルーターと端末の距離が遠い WiFiルーターと端末の距離が遠い場合、WiFiが遅くなったり、急にインターネット接続が切れたりします。 店舗のWiFiスポットが「その店舗内でのみ利用可能」であるのと同じように、自分の所持しているWi-Fiにも「WiFiを使える範囲」が存在しますよね。 家が広かったり、家の端っこにWiFiルーターがあって自分もその位置とは逆位置の隅でインターネットを使っている場合、WiFiを使える範囲から外れてしまっている可能性も考えられます。 また、 WiFiルーターは「低い位置」に置くとパフォーマンスが低下してしまいますので、 ある程度高い位置に置いたほうがいいです。 WiFiルーターと端末の間に障害物がある 自分のWiFiルーターと端末の間に障害物はありませんか? 例えば、 WiFiルーターと端末の間に「金属」がある場合、その金属がWiFiが発生させる電波を阻害してしまいます。 このような金属に囲まれた状態だと、WiFiルーターが本来の力を発揮できません。 例えば、鉄製の柱や金属製の小物、このようなものからWiFiを遠ざけてください。 電波干渉が起こっている 例えば、以下の電子機器をWiFiと同時に使っていませんか? 電波干渉を起こしやすい機器• 電子レンジ• コードレス電話• Bluetooth これらの機器がなぜWiFiと相性が悪いのかというと、 「2. 4GHz」というWiFiと全く同じ電波を発するからです。 お互いが同じ電波を発生してしまうことで、WiFi本来の電波が敗けてしまい、WiFiの接続が不安定になることがあります。 最近では上記の機器にも干渉を防ぐための措置がなされている場合もありますが、その機器が古い場合は、シールド機能が備わっていないかもしれません。 近隣でWiFiが密集している 上記の電波干渉に関連する原因ではありますが、 WiFiとWiFiが電波干渉をお互いに起こしているケースもあります。 集合住宅などで1家に1つWiFiがあった場合、簡単にWiFiが集合する地帯が出来上がってしまいますよね。 そのような場合、1つ1つのWiFiのパフォーマンスが落ちてしまう可能性があります。 WiFiの設定が便利になっている昨今では、WiFiが自動的にチャネル(データ送受信する際に使う周波数のこと)を設定してくれますが、チャネル設定が適切でない可能性も考えられます。 つまり 「自分の家と他の家がチャネル被りを起こしている」と考えることができますよね。 ただし、最新のWiFiならこの問題は起きずらいです。 4GHz以外の電波(5GHz)も利用できるWiFiが多く生産されていて、ひとつの電波にこだわる必要がなくなったからです。 繋いでいる端末が多すぎる WiFiは無線で電波を流して、その電波を利用してインターネットに端末を繋いでくれます。 コード等が一切必要ないので、ひとつのWiFiルーターでたくさんの端末に繋ぐことができますよね。 しかし、 繋いだ端末が多すぎると、たまに回線速度関連でエラーを起こしてしまうことがあるので、それが原因でWiFiが一時的に遅くなっているのかもしれません。 例えば、友達と集まって3DSでインターネットに繋いでゲームをする場合などに発生しやすいです。 なんらかの大容量ファイルをダウンロードしようとしている なんらかの大容量ファイルをダウンロードしようとしていませんか? このダウンロードもWi-Fiを利用して行われるものですが、 WiFiに負担をかけてしまうため、WiFiの性能そのものも一時的に落ちてしまうでしょう。 このようなものをダウンロード(インストール)中だと、WiFiが遅くなる可能性が高いです。 WiFiが遅くなるダウンロード中の大容量ファイル• パソコンのアップデート(パソコンをWiFiに繋いでいる場合)• ゲーム機でゲームをダウンロード中• ゲームや動画を占有している ファイアウォールが邪魔している ファイアウォールとは、不正アクセスを防ぐためのネットワークセキュリティのひとつです。 本来なら危険なページなどをブロックしてくれるのですが、 ファイアウォールが働きすぎてWiFiにまで影響を与えているかもしれません。 WiFiのインターネット接続を邪魔してきますので、インターネットに繋ぐことができなくなります。 WiFiルーター業者・プロバイダがメンテナンスを行っている WiFiルーター業者(回線業者)やプロバイダがなんらかのメンテナンスを行っている可能性があります。 WiFiの速度が遅くなることもありますし、場合によってはWiFiが使えなくなってしまうかもしれません。 メンテナンスが終わるまではWiFiが遅いまま・利用できないケースも考えられます。 WiFiルーターそのものに不具合が発生している WiFiルーターそのものの調子が悪い可能性も考えられます。 使っているWi-Fiが古い、部屋が暑い、このような理由でWiFiが一時的におかしくなっていて、インターネット接続に関する問題が起きているのかもしれません。 WiFiは当然遅くなりますし、場合によっては繋がらないこともあります。 繋いでいる端末に問題がある スマホやPC、ゲーム機本体などにエラーが起きている可能性があります。 端末に負担がかかっているので、 例えば端末に熱が籠ったり、インターネットに関係のない部分で動作が全体的に重たくなっているのではないでしょうか。 端末を休ませてあげてはいかがでしょうか。 端末のキャッシュメモリが貯蓄されすぎたせいで、WiFiの速度にも影響を与えている可能性も考えられます。 WiFiが遅い場合の対処法について WiFiが遅い原因は非常にたくさんあることがありましたよね。 まずは、どの原因に該当するか自分で調べて、適切な対処法を見つけなければいけません。 原因ごとに対処法が丸っと変わりますので、全ての対処法を取るよりも、原因ごとに対処すべきものに絞って対処したほうがいいでしょう。 WiFiルーターを高いところへ設置する この対処法は、以下の原因の時に対処してください。 WiFiルーター業者・プロバイダがメンテナンスを行っている• WiFiルーターそのものに不具合が発生している WiFiのルーターやプロバイダに問題がある場合、不具合情報を告知してくれている可能性が高いです。 そのため、WiFiルーターの専用ページやプロバイダのお知らせなどを、WiFiに繋いでないインターネットを利用して検索してください。 ルーターにそのものに不具合がある場合は、 対処法を記載ページを見るようにしましょう。 ルーターを再起動させる この対処法は、全ての原因を解消してくれるかもしれないので、どうしても解消しない場合に試してみてください。 WiFiルーターを一旦オフにして、再起動してみましょう。 起動している最中になんらかの不具合が発生していた場合、WiFiルーターが一度クリーンな状態に戻った際に使えば、WiFiの遅さを心配することなく使えるかもしれません。 WiFiルーターの「ファームウェア」を最新にする WiFiルーターには「ファームウェア」という制御プログラムが含まれています。 このファームウェアを最新版にすることで、不具合が各種改善される可能性もあります。 ファームウェアの更新方法はWiFiルーターによって違うのですが、 基本的にどのWiFiも「自動更新」によって勝手に更新されています。 手動でファームウェアを更新したい場合は、 各WiFiルーター公式ページからWiFiのファームウェアプログラムをインストールして設定する必要があります(PCのみ可能)。 時間を置いてWiFiを使う この方法も全ての原因を対処できる可能性があります。 一時的にWiFiが重たくなっているだけなら、 時間を置いてもう一度WiFiを使ってインターネットに接続したら、問題なく使える可能性があります。 上記の方法のどれを試してもダメだった場合、この方法に賭けてみましょう。 WiFiに接続予定の端末を再起動させる WiFiに接続する予定のあった 端末を一度再起動させてみてください。 例えばスマホやPC、ゲーム機など、一度電源を落とした状態で、エラーを全て払拭させて起動することで、WiFiが遅い問題が解消することがあります。 繋いでいる端末の問題である場合はこの方法で解決する可能性が高く、仮に他の問題だとしても試してみる価値のある対処法です。 ゲームをしたい場合はそのゲームのエラーも調べておく WiFiルーターやインターネット接続している端末に問題がなかったとしても、 「プレイしようとしているゲームそのものに不具合が起こっている」可能性も考えられますよね。 例えば、通信エラーやサーバーダウンなどで、アプリ全体が重たくなっているだけかもしれません。 プレイしたいゲームやアプリのお知らせや公式Twitterを見て、なんらかの不具合があるかどうかもチェックしておいたほうがいいでしょう。 アプリを使ってWiFiの遅さを解消する方法もある! 早いWiFiを見つけ出してくれるアプリや、周辺のWiFi状況を確認してくれるアプリがあることをご存知でしょうか? このようなアプリを駆使することで、WiFiが遅い問題をあらかじめ解消することができるかもしれません! WiFiが遅い問題を解消するためのおすすめアプリも紹介します! Wi-Fiミレル アプリ「タウンWiFi」のおすすめポイント• WiFiを見つけ出してくれるアプリ!• 使えるWiFiを発掘してくれる• 「遅いWiFiに接続しない」という機能がある• 外出先にWiFiを繋ぎたい場合に便利 タウンWiFiはどちらかというと「外出先のWiFiスポットを繋ぐ」ためのアプリですが、自宅にいても利用することができます。 仮に自宅のWiFiが遅くて困っている場合、 このアプリを使って速度の速い周辺のWiFiを見つけ出して、そのWiFiに接続することができるからです! 電波干渉が起こっている際に重宝するアプリなので、インストールしてみて自分のWiFiとは別のWiFiに繋げてみてはいかがでしょうか。 WiFiを買い替える・他のWiFiと契約する判断基準• WiFiルーターを利用して4・5年経過している• 接続方法がトンネル方式(IPv4 PPPoE方式)である• 4GHzしか対応していない• 高速通信が使えない• 電波強度がそもそも強くない• 製品保証が切れている この中で2つか3つ程当てはまったのであれば、新しいWiFiを利用したほうがいいでしょう。 繋がりやすくて、安いオススメWiFi 2選 乗り換えに最適なWiFiサービスを6つ紹介します。 特徴はサービスによって異なるので、自分に合ったサービスを見つけてください。 下記で分類に分けて徹底解説していきます。 Broad wimax -ブロードワイマックス Broad WiMAXのおすすめポイント• ギガスピード対応WiFiあり• 業界再安価の月額2726円(税抜)• データ通信量無制限• 解約違約金0円 ガチャピンのCMでおなじみのUQが運営しているブロードワイマックスを利用するならばギガ放題プランがおすすめです。 月々7GBまで利用できるライトプランもありますが、3カ月目までならばライトプランと 同じ月額基本料金2,726円で利用できるからです。 定額でデータ通信量無制限で使用でき、ルーターのSpeed Wi-Fi NEXT W05は別売りのクレードルを使用することで電波を拾いやすくなり、スピード感がアップします。 基本料金は「3年契約のギガ放題プラン月額最安プラン」として、税抜きで開通月を含む3カ月目まで2,726円、25カ月目まで3,411円、26カ月目以降は4,011円となります。 徐々に料金が上がりますが、最初の頃はかなり安く利用できるので、現在あまりお金がない人でも気軽に契約できます。 インターネット最短便 インターネット最短便のおすすめポイント• 申し込み初日に無料でポケットWiFiゲット!• ポケットWiFi使用料は0円• 無線WiFiに強い• 月額料金3300円(税抜)• ポケットWiFiは持ち歩いて使うタイプのWiFiで、例えば仕事先にWiFiスポットを置いておきたい場合など、このポケットWiFiを使うことでWiFiに繋ぐことができますよね。 月額3300円(税抜)さえ支払えば ポケットWiFiは使い放題!どこに行ったとしてもインターネットに接続できなくて困ることはありません。

次の