エニアグラム タイプ 8。 新説!【有名人】のエニアグラムタイプ《芸能人・歴史上の人物・スポーツ選手》

究極のエニアグラム

エニアグラム タイプ 8

人生の質を向上させるエニアグラム エニアグラムでは、人間には9つの違った根源的エネルギーがあり、人はその一つを特に強い傾向として持って生まれてくると考えられています。 そして、地球上の全人類が、それぞれほぼ同数、この9つの性格タイプに分けられるといわれています。 各タイプで、大切にしているもの、考え方、行動パターン、弱み 、 強みがそれぞれ異なっています。 そのため、わたしたちは相手のことが理解できなかったり、相手の言動で傷ついたり、関係が悪くなったり、心の格闘が起こったりします。 いわば、人はそれぞれ9色の違っためがねをかけているようなものです。 ある人のめがねは赤、もう一人の人は黄色といった具合です。 あなたは、「このりんごは赤い」と言い、別の人は「黄色だ」と言い張ったとします。 それで、腹を立ててしまったり、不安になったり、不快感を感じたり、理解されないと感じたりしまうのです。 それは相手も同じことなのです。 しかしエニアグラムのタイプを知ることにより、まずあなたは、自分が何色のめがねをかけているのかを知ることができます。 そして、相手のめがねが何色なのか知ることができます。 あなたは赤いめがね、相手は黄色いめがね。 かけているめがねが違うのです。 その違いを知ることで、相手の言動にいちいち反応して、心の平和をかき乱されることがなくなります。 そして、相手に対しても理解と受容をしていけるようになります。 さらに言えば、黄色のめがねをかけている人の大切にしているもの、弱み、強みが手に取るようにわかりますから、相手を尊重しながら深い心の交流を即座に持つことが可能なのです エニアグラムを知ると• 自分の心が理解できるようになる• 相手の心が理解できるようになる• 家族の心が理解できるようになる• 人間の心の多様な価値観を知ることができるようになる• ストレスが減る• 人間関係の悩みが軽減し、明るくなる• 大切な人との絆が深まる• 仕事の質が向上する• 人生の質が向上する• 人生の意義が深まる エニアグラムによって本当の自分と出会える 人は成長の過程の中で、 「いったい自分は何者なのか?」「本当の自分とは?」と、自問自答したり、 「こんな辛いことは二度と味わいたくない」「こうすると嫌われる」などと、自分にとってマイナスなことを避けようとしたり、自分の内面と語り合う「自分探し」 をしています。 しかし、発想や行動がパターン化しがちで、自分の色めがねで世界を見ながら、起きてくることにいちいち反応しては疲れ果て、無駄なエネルギーを使いながら、 無為に一生を過ごしてしまいがちです。 エニアグラムは、生年月日による占いや血液型診断のように自動的に答えが出てくるものではありません。 また他の診断テストのように、結果がわかって終わりというものではありません。 エニアグラムは、 枠にはめて考えるものではなく、無意識にはめこまれている枠、言ってみれば「性格の鎧」 から、いかに自由になるか、ということが大切なのです。 エニアグラムを知ることで、 「性格の鎧」から自由になり、自分の良さを理解し、それを生かしきることで人々に貢献し、「自分を守らなくてはならない」というエゴの声から開放されて、心の自由を謳歌することができます。 いままでは、苦しみの種であった性格の相違が、ユーモア、愉快さ、明るさ、創造性、平和、喜びの源に変わっていきます。 「自分はどんな風に生きたら幸せなのか」 自分の人生を価値あるものにしたいと誰もが思っているでしょう。 それを知るための、 あなた専用の地図がエニアグラムなのです。 エニアグラムを取り入れている企業 Sony、Apple、Microsoft、Disney、トヨタ、コカコーラ、 Google、 Amazon 、 P&G、 ボーイング、 IBM、アリタリア航空、プルデンシャル生命保険、コダック、ゼネラルモーターズ、ヒューレットパッカード、デュポン、 モトローラ 、三菱ふそう、サイバーエージェント など 他、 CIA、スタンフォード大学、 誰もが聞いて知っているような大企業が採用している理由は「多国籍企業」だから。 エニアグラムは、国籍や性別、血筋などの影響を受けないため、個人個人の気性や資質を見るのにとても最適なのです。 エニアグラムの結果を見て、「この人とこの人を組ませよう」というように相性のよいタイプを組み合わせているのです。 一方、日本の一般的な企業では、あまりエニアグラムを用いていません。 それは、多国籍企業ではなく「日本人ならこう考えるはず」という前提で物事を進めてしまうためです。 そのため個人の 気性や 資質とは合わない仕事に従事させている、なんてことも少なくありません。 これは非常にもったいないことです。 個々の 気性や 資質を今より生かすことができればもっと生産性が 上がったり、成果が上がったりする可能性があります。 日本の企業でも、世界で仕事をしている「トヨタ」や「ソニー」などの多国籍企業では、エニアグラムが採用されています。 今後エニアグラムを活用する企業が増えてくれば、人間関係に悩まず、働きやすい環境が生まれ、その個人にあった適材適所の働き方ができるのではないでしょうか。 では、具体的にどんな性格なのか?個々の性格タイプについて見ていきましょう。 タイプ1:完全でありたい人 常に高い理想や基準を持ち、己の正しさや信念に向かって進みます。 口癖も「~であるべき」が多く責任感が強くキチンとしています。 現実と理想の間にギャップがあることが許せず、内面に怒りに満ちていています。 目の前の現実をあるべき理想に近づけようとしてストイックに改革を試みます。 完璧や理想は存在しないことを知っていながら、本能的に現状を「あるべき姿」へと変革しようと考えているため、内面にストレスをため込みやすいです。 人から必要とされることが人生においての喜びになっており、特定の誰か/不特定多数から必要とされることで自分の存在価値を確かめることができます。 一方で、相手に何かをしてあげても、感謝の言葉が返ってこなければ、激しく落ち込むところがあります。 無条件の愛と激しい独占欲の間で葛藤を繰り返しています。 合理的な考えを好み、目標を持ち、ハードに働きます。 何らかの目標を達成して、周りからちやほやされることを生きる喜びとしています。 9つのタイプの中で、最もステータスやイメージにこだわります。 それが人生のすべてになっている人もいます。 良くも悪くも、周囲の評価がタイプ3の幸福度に影響します。 なお、このタイプは何かを達成する願望が強い反面、それを達成する力がないと自暴自棄になりやすいのも特徴といえるでしょう。 他の人とは違う自分らしさや生き方を好みます。 「普通の人だよ」といわれると激しく落ち込みます。 普段は物静かな常識人でありながら、内面でドラマチックなストーリーをいくつも創り出していて、人生そのものを物語のように捉えています。 また、物事のポジティブな側面よりもネガティブなことに興味が惹かれる。 理屈で説明できないことを嫌う傾向にあります。 斬新な発想と創造的な考えの持ち主で、タイプ5の中には、世の中の常識を大きく変えた自分物もたくさんいます。 一方で、社会的欲求が弱く、人、モノ、金に振り回されることを好まず、周囲と葉一歩引いた状態で観察者としての立場を好みます。 根底にあるのは不安であり、その不安を解消するために思考を巡らせています。 友人や仲間、組織のために責任を果たすことで、よきパートナーや貴重な存在であろうとします。 自由に何でもできる世界よりもルールや行動が明確になっている世界のほうが安心感を覚え、快適に感じられるのもタイプ6の特徴のひとつです。 明るくフレンドリーで楽しい瞬間に目がなく、アイディア考えながら、計画を立てています。 人生のネガティブな面を嫌い、常にワクワクしていていてポジティブでありたいと考えています。 一見、ワクワク中毒で地に足がついてないキャラに見えますが、違います。 タイプ7が恐れているのは、自分の内面が空っぽになる瞬間です。 その恐怖から逃げるように、次々と新しい可能性を模索します。 意志が強くハッキリと物事を言います。 人と衝突をすることを恐れず、タフな精神の持ち主です。 タイプ8は、現状維持=社会的な圧力に押しつぶされる、と本能的に感じ取り、あえて戦うことで、自分のアイデンティーを保とうとします。 弱きものを守る使命感があり、情に厚く、面倒見がすごく良いです。 究極的にこのタイプは、強いか弱いかで人生が大きく変わります。 マイペースな考えの持ち主で、「みんなが幸せなら自分も幸せ」とほんわかした心地よさを本能的に求めます。 外の世界と自身の内面を切り離しているため、起きているの寝ているのかがわからない雰囲気があります。 一方で、そんなタイプ9は、平和や調和が脅かされたり、内面に何らかの葛藤を感じると、見て見ぬふりをしたり、 人・物事に対して 排除しようとして激しく抵抗しす。 ただタイプ9は、その時その時に応じでいろいろなタイプに移行して今います。 アイデンティティーがないとも言えます。

次の

パワフルで意志が強い「統率者」エニアグラムタイプ8を徹底解説

エニアグラム タイプ 8

統率者 エニアグラムタイプ8の人は、 強烈なカリスマと存在感で他を圧倒する天性のリーダータイプです。 人の下に収まらない、上に立つために生を受けたのがタイプ8の人物で、 この人なら安心してついていけると思われやすいタイプです。 その反面、世評の浮き沈みが激しく、 周りからの評判に振り回されやすい不運なタイプでもあります。 日本ではなかなかいないタイプです。 特徴1 エニアグラムタイプ8の人たちは、とにかくチャレンジ精神が旺盛なのが一番の特徴です。 常に自信満々でパワフルに周りを引っ張っていくリーダーで、 困難すらも楽しんでしまうほどの強心臓の持ち主で、課題に対してどう乗り越えていくのか、 勇気と独自のやり方をとことん追求する粘り強さがあります。 性格は 開放的で率直です。 回りくどいのは嫌いでストレートに発言、行動します。 強烈な存在感と力強い統率力と威圧感、カリスマ性があり、 他の人たちを圧倒して率いていきます。 一方、奥底で考えていることはかなり現実的で、 関わった相手がどんな人物でどんな地位にあるのか等を見抜く眼力と、 虚栄心や弱点を見破る直感力も持っています。 特徴2 天性のリーダーであるエニアグラムタイプ8の人は とにかくタフで自信満々、部下の面倒見もよく、 自分の縄張りのことは自分たちでなんでもしようとします。 基本的に他人の力を頼ることはせずに自分の力でなにごとも乗り越えようとします。 実際に乗り越えていく実行力も備えています。 弱みは絶対に他人にみせることはせず、 自立心が強く自分なりの正義や信念のために上層部に楯突くこともあります。 妥協は一切許せない芯の強いタイプです。 一方デリケートな一面もあり、上司や赤の他人にどう見られるかには無頓着ですが、 深く信頼した友人や部下の裏切りには精神的ダメージは計り知れません。 一度弱った状態に陥ってしまうと 圧倒的カリスマの状態に戻るまでに時間を要してしまうこともあり、 諸刃の剣の状態でもあります。 そうはいってもタイプ8の人間は希少なので、 こうしたいという信念がある場合は積極的にぶつけていくべきです。 少なくとも、そうやっている方が自分らしく生きることができます。 仕事について エニアグラムタイプ8の人は、パワフルで統率力があり、 リスクの大きい仕事においてもひるまず、冷静に対処できます。 このタイプの一番嫌いなことは、自分を守るために平気で仲間を売る事です。 とりあえず何も言わなそうな奴に責任転嫁して難を逃れるような行為は、 自他ともに決して許しません。 こういうところも、まさしくリーダー気質といえます。 一方で部下の面倒見もよく頼れるリーダーですが、 独裁的な面が反発を生むケースもあります。 気を付けるべきは、 命令口調にならないよう気を使うことと、時折話をしっかりと聞いてあげることです。 相性の良い職場 統率力を発揮できる環境で、活気溢れる職場。 相性の悪い職場 絶対服従の雰囲気がある職場。 暗黙のルールなど、縛られる環境はNG。 家族について エニアグラムタイプ8の人はしっかりした人が多く、性質的には父親のような部分があります。 同時に母親的な存在がいなければ家族として成り立ちません。 信用ならない人間ばかりのこの世において、 内面ではかなり気を張っているのがこのタイプの特徴です。 表向きは常に気を張って過ごしている反面、内面は優しさを求めていることが多いため、 上記のような存在は相乗効果を生み出します。 恋愛について とにかく情熱的で積極的にアプローチします。 総じて恋人を「自分の物」として扱う事が多く、 危険や他の事からは身命を賭して守ってくれますが、 自分のほうが上だという感覚が抜けず、支配下におきたい欲が見え隠れしています。 基本的に自立心が強く、依存するような関係は好みません。 また、議論や討論、喧嘩などを通じて本心を知ろうという癖もあるため、 納得できないことがあると徹底的に話し合いを行います。 そんなタイプ8は、「 漢気」のある人だと見られ、 とにかく情熱的、精力的で輝いて見える部分が魅力的に見えます。 一方で威圧的に見えてしまう事もあり、 「一方的で独善的な人」と思われてしまう事ことがあります。 飾り気無く率直に言うという事は、つまり相手を傷つけてしまう事にもつながります。 自分の考えや気持ちはなかなか思っているだけでは伝わりません。 しっかりと相手に理解してもらうように伝え、しっかりと向き合っていく必要があります。 時にはリラックスも重要。 恋人の他にも、気を許せる友人の存在は大切で、 気を休めることができる環境を整えてあげましょう。 タイプ8は強烈な自我やカリスマの持ち主で、 特に日本ではリーダーに適したタイプといえます。 頼もしくて優しい理想のリーダーになるか、 はたまた独裁者として周囲を恐怖で支配するのか、まさにその人次第ということです。 統合について 健全度が下がれば敵が増えていく一方、 健全度が高まれば、今度は人に心を開き、逆に味方が多くなっていきます。 「いつも自分を守る必要がない」とわかれば、それだけで態度は軟化していきます。 積極的にいろいろなことにチャレンジします。 常に高みを追求しているのが統率者です。 カリスマ性があってリーダー気質自身に満ち溢れていて、 さらには現実主義者で、関わりあう人間をしっかりと守ろうとする特徴があります。 健全なタイプ2とかぶるところも多くあります。 ただ、普段はガンコで、周りの意見に耳を傾けずに本能的直感で、自分で判断します。 自信を持って発言し、物事をはっきりとさせ、その場を仕切ってくれます。 そうやって統率者は、自分を強く見せて、 自分の弱さや繊細な部分を表に出さないようにします。 一方で、ある程度自身の欲求が満たされると、 献身家のように周りの人に心を開けるようになります。 その結果、 自分自身の弱さにもしっかりと向き合えるようになります。 ・弱い部分も含めてしっかりと自分自身の感情に向き合う。 ・周りの人に素直になる。 これが自然とできれば、 より周りから信頼されるリーダーとしてさらなる飛躍を遂げることができます。 分裂について タイプ8は元々「他人を信用することはできない。 信頼できるのは自分だけ」 と思っている節があり、それが自主性とカリスマ、自我の強さに直結しています。 その影響か、タイプ8は特に勝敗や上下関係、 人を支配することなどに特に興味を持ちやすいという1面を持っています。 タイプ8にとって世の中とは戦場で勝てば勝つだけ気分が良く、 また強くなったという実感できる場としてとらえています。 また、戦いによって健全度が下がると同時に、 より高圧的で他人をコントロールしようとします。 つまり、自分が勝者であり絶対王者。 そうしなければ自分の部下をコントロールすることができないと考えてしまいます。 しかし、当然ながら勝敗の世界では、必ず勝者と敗者が生まれます。 時には敗者になる場面も出てきます。 これほどの屈辱はありません。 それまで自分のやり方に絶対的な自信をもっていただけに こうした屈辱が原因で自信喪失につながるケースがあります。 その結果、完全に健全度の低いタイプ5に近づいてしまいます。 そうなると徐々に感情すらも表に見せなり、世間との繋がりすらも断とうとします。 最後に タイプ8にとって自分の世界とは自分以外が存在しない城のようなもので、 それ故に本能のどこかで周囲を敵と認識してしまいます。 そのため、何か頼みごとをするときも拒否される可能性を常に考え、 自分の事を否定させないために他者を押さえつけようとする部分があります。 また、人を信じることができないケースも多く、 その多くは強烈さも手伝って孤立していることがあります。 おおよそタイプ8にとって自分の世界とは自分以外が存在しない城のようなもので、 それ故に本能のどこかで周囲を敵と認識してしまます。 そのため、何か頼みごとをするときも拒否される可能性を常に考え、 自分の事を否定させないために他者を押さえつけようとする部分があります。 そして、当然周囲は敵なので、 悲しみや苦痛というものを見せれば付け込まれてしまうという感情も強く持ち、 防御のために自分を大きく見せ、 自分のマイナス感情には基本的に目を向けようとしない傾向あります。 相手の意見をしっかりよく聞きましょう。 あなただけが正論で他が間違っているという事は、滅多にありません。 白黒つけたい気持ちもわかりますが、これも闇堕ち防止の大事な一歩。 相手の意見を根元から否定せず、まずは冷静に聞くようにしましょう。

次の

【タイプ8:挑戦する人】習慣化とエニアグラム〜挫折パターンと続けるコツ〜│【Coaching REGISTA】

エニアグラム タイプ 8

タイプ8番のこだわり 「力」「パワー」「勇気」「決断」「独断」「英雄」「戦い」「支配」「権威」「権力」「義理」「人情」「勝利」「No1」 タイプ8番の決してしないこと• 命令されて社長の座を他人に譲ること。 親善試合だからといって手を抜くこと。 部下の思ったとおりに仕事をさせること。 不満があるのに黙っていること。 タイプ8番のされて嫌なこと• 多くの細かい指示を出されること。 今やっていることをチャレンジ性の無いことだと感じさせられること。 あなたに秘密で何かをされること。 あいまいで不確実な指示を出されること。 タイプ8番のプラス面• パワーにあふれている• 正義を重んじる• 勇気がある• 本能的直観力に富む• 独立心旺盛• 率直で飾らない• 面倒見がよい• 自信にあふれている• 度量が大きい• 勇敢で英雄的存在• 生まれながらの指導者• 人の畏怖、尊敬を集める• 戦略に長けている• 親分肌• 活力と情熱がある タイプ8番のリーダーシップの取り方• 自信を持って指導する• 強い力で意思を統一させる• 有言実行し、結果の責任を重視する• 部下を守る• 困難に立ち向かう タイプ8番のマイナス面 人と敵対すると我が強くなります。 敵に対して無慈悲になり、容赦なく徹底的にやり込めます。 自己中心的で尊大で、他人にも自分のやり方を押し付けます。 他者を自分と同等に扱うことがなく、人間を「機能」として見ることもあります。 妥協する人間を安っぽい人間と見ます。 復讐心を強く持ち野蛮になります。 自分を無敵と感じ敵対するものを、残酷に破壊します。 しかし不当扱いした相手を結束させ、反逆を食らうこともあります。 タイプ8番の問題点• 恫喝して相手を怖がらせることを無意識のうちにしてしまう。 相手の気持ちを考える視点があまりなく、自分が一番正しいというスタンスは周りをうんざりさせる。 何事も白黒はっきりしないと気がすまないので、決着するまで戦う。 人の話を聞いたりして納得したり、人を認めてほめるのが苦手。 お世辞をいったり、相手の機嫌を取ったりすることが苦手。 感情のコントロールが中々できず不安定になりがち。 人の弱みに焦点を当てて接する。 人を信用することができず疑ってしまう。 相手のアイデアで考えて動かれると苦痛になる。 自分の思うように人を動かしたい。 脅迫的態度、攻撃的な過度の支配は、他人を恐れさせ、傷つけ、相手の敵意と抵抗を引き起こす。 他人の短所、ミスを許容できず、優柔不断に我慢できず怒りを露にする。 他人の感情に鈍感で、一人相撲をとってしまう。 自分のやり方と違うことを押し付けられるとそれに対して戦ってしまい摩擦を引き起こす。 最悪の事態を想定しすぎて心が落ち着かないことが多い。 周囲に厳しすぎて怖い印象を与えてしまいます。 正義を追求しすぎると、どこにでも不正を見い出してしまい、不正を正すのが自分の使命であると確信します。 常に他人を裁こうとして多くの摩擦を引き起こします。 タイプ8番のアドバイス 周りに愛をあたえましょう。 いつもあなたの考えが一番正しいわけではありません。 タイプ8番の学ぶタイプ 8番は2番『献身家タイプ』から学ぶとよいでしょう。 2番は利己心がなく公平で感受性が豊かです。 自分を犠牲にしてでも対人関係を大切にします。 本能的に暴力を嫌い、重要なのは人を咎めるのではなく助けることだと考えています。 寛大で気前がよく、仲間意識が強く人を勇気づけます。 すぐに人と馴染み、友達になれます。 他人が求めていることに敏感で、すぐに相手を理解できます。 人の面倒見が良くユーモアのセンスがあります。 タイプ8番の象徴する色彩 黒と白。 タイプ8の性格は白黒はっきりさせたがります。 タイプ8番の描く絵の特徴 背景を書かず、自分一人だけを書く人もいます。 自分の後姿を書く人が多いのも特徴的です。 カラーの絵を書くときは、明確な色分けをします。 征服感にあふれる絵になります。 タイプ8番の職業適性 政治家・起業家・スポーツ選手・ルポライターetc タイプ8番の有名人 小沢一郎・中内功・野村沙知代・野茂英雄 タイプ8番への接し方 タイプ8番への動機づけのポイント 8番の特徴について褒めるのはよくない場合も。 そしてお世辞になるような褒め方は逆効果。 8番の行為について褒める。 行為についてのどんな影響があったを褒める。 タイプ8番への指導のポイント その場その場で指示が変わるような朝令暮改な指導はよくありません。 一貫して筋道が通った指導が望まれます。 率直に短めの言葉で簡潔に伝えていくのがポイント。 回りくどいメッセージは駄目。 単刀直入に決意を持って伝える。 親分肌で頼りになるところを伝える。 頼りにしているメッセージを伝える。 皆8番のように強くないということを伝える。 最後に・・・ この結果を見て学ぶべきところは実は「問題点・マイナス面」の項目です。 ここに出てくる「問題点」は自分自身が無意識で引き起こしているケースが多いのです。 無意識のうちに意図していないことが相手に伝わり、鏡のように相手から反応が返ってくるのです。 つまり情報の発信源は自分自身です。 仕事や家庭、友達付き合いでも、問題部分を改善することで、良いコミュニケーションが出来るようになるでしょう。

次の