メガ ドンキホーテ ユニー。 メガ ドン・キホーテ ユニー 岐阜店 (MEGA ドン・キホーテ UNY)

ドンキとユニーの新業態店 「ほとんどドンキ」 (1/3)

メガ ドンキホーテ ユニー

ドン・キホーテの本店格の店舗「渋谷本店」。 渋谷唯一の「総合スーパー」として地域住民からの指示も集める ついに「流通再編の切り札」といわれる企業が動いた。 ディスカントストア大手の「ドンキホーテHD」(目黒区、以下ドンキHD、社名変更予定)は、業務資本提携している「ユニー・ファミリーマートHD」(東京都豊島区、以下ユニー・ファミマHD)の子会社である大手総合スーパー「ユニー」(名古屋市)の全株式を取得することを10月11日に発表。 合わせて、ユニー・ファミマHDはドンキHDの株式を株式公開買い付け(TOB)で最大約20パーセント取得することも発表した。 かつて大手スーパー「長崎屋」やダイエーの海外店舗を買収、この8月にも西友買収への興味を示すなど、流通再編の立役者となりつつあるドン・キホーテ。 ドン・キホーテは1978年にディスカウントストア「泥棒市場」として西荻窪で創業。 1989年に「ドン・キホーテ」1号店を東京都府中市に出店して以降、急速に店舗網を拡大し、2017年11月の「MEGAドン・キホーテ山科店」開店により総店舗数は400店舗を突破している。 ドンキHDは、2017年11月にユニー・ファミマHDと業務資本提携を実施し、ユニー・ファミマHDの100パーセント子会社となっていた総合スーパー「ユニー」株式の40パーセントを取得。 さらに「UDリテール」を設立し、2018年2月からはユニーの既存店6店舗をドンキ主導型のユニーとドンキのダブルネーム店舗「MEGAドン・キホーテUNY」へと転換していた。 今回、ドンキは残るユニー株60パーセントについても取得することを発表。 ユニーはドンキの完全子会社となる。 譲渡時期は2019年1月、取得額は約282億円。 この額は、仮にユニーが展開しているショッピングセンター業態「ウォークモール」の新築費用に換算すると僅か3~4店舗分でしかない。 ユニーの店舗に長く親しんだ人にとってみれば「年商7000億円規模のユニーが格安で買収されてしまった」という事実にショックを受ける人も少なくないであろう。

次の

ドンキ、ついにユニーを買収!――「世界展開」目指すドンキ、その思惑とは?

メガ ドンキホーテ ユニー

スポンサーリンク ドン・キホーテとMEGA(メガ)ドン・キホーテの違い ドン・キホーテとMEGA(メガ)ドン・キホーテの違いはズバリ、生鮮食品が売っているかどうかです。 普通のドン・キホーテにも食品はお菓子や加工品が売ってるんですけどね。 MEGAでは野菜・果物・肉・魚までもを取り扱っているのが特徴的です。 スーパーマーケットに近いイメージですね。 あとは、100均やアパレル、クリーニング屋などのテナントが数多く入っている傾向も強いです。 あとはMEGAの名の通り、実際に店舗そのものが広いです。 特に通路の広さには力を入れていて、車いすの方でも通れるような広さを目指しているようですね。 ドン・キホーテというと、 ごちゃごちゃとしていて狭いというイメージがありますが(このごちゃごちゃ感はドン・キホーテの宝探し感を演出する圧縮陳列という戦略でもあります)、通路が広いというだけで開放感は段違いです。 広さと取扱商品数というのがドンキとメガドンキとの大きな違いですね。 ドン・キホーテとMEGA(メガ)ドン・キホーテの客層 ドンキホーテというと、独特の客層も特徴的でしょう。 夜中まで営業していることもあり、特に若年層が多い傾向もあると思います。 これが MEGAドンキホーテになると、意外に主婦層からお年寄りやファミリーという層にまで拡大される感ですね。 もちろん若年層も多いのですが、割合として下がるはずです。 どっちがいいというわけではありませんけどね。 落ち着いた雰囲気はMEGAの方が上でしょう。 スポンサーリンク ドン・キホーテとMEGA(メガ)ドン・キホーテの店舗数 ドン・キホーテとMEGA(メガ)ドン・キホーテの店舗数もちょっとばかり調べてきました。 2017年5月現在は、 ドン・キホーテ(パウ含む)が198店舗、MEGAドン・キホーテ(長崎屋とのハイブリッド型含む)109店舗でした。 ピカソ、ドイトを含むグループ総合店舗数では364店舗とのことですね。 そのうち、 関東が169店舗(東京23区が52店舗)、大阪府が32店舗となっていて、その他の各都道府県には1桁ずつの店舗数が多いので、ドン・キホーテは都市部に集中しているという傾向になっています。 確かにそれを実感しますね。 店舗数との割合通りといったところでしょうか。 2016年10月のドン・キホーテグループの店舗数は278店舗だったので、半年ほどで364店舗というのはかなりの伸びに感じます。 地方では土地があるのにドン・キホーテはないというケースがまだまだ多いので、これからもっと伸びていく感もありますね。 商品価格は同じ? ドンキとメガドンキの商品価格の違いも気になるところかもしれませんね。 (MEGAドン・キホーテと打つのが面倒になってきたので略しも入りますが、通じればヨシというこで) これは 同じ商品なら基本的には価格も同じです。 ただ、ドン・キホーテは価格下げの安売りやセールもよく開催されるので、意外に商品によって差があることもあります。 まあこれはメガドンキとの違いというよりも、ドンキそれぞれの店舗の差と言った方がいいかもしれませんね テナント系は品揃えも価格もそれぞれになってくるので、これも価格は同じではないと考えた方がいいでしょう。 最後に ドン・キホーテとMEGA(メガ)ドン・キホーテの違いについて書いてみました。 生鮮食品の取り扱いと広さが大きな違いとなりそうですね。 どちらが好みかはそれぞれになりそうですが、駐車場が広いのもいい点ですし個人的にはゆったりできるメガドンキかなと思います。 と言っても、ドンキとメガドンキが隣接しているパターンなんてほぼないはずなので、選択するという感じではなさそうなのですが。 ドン・キホーテは激安なだけではなく品揃えも豊富なので、できればもっともっと増えてほしいななんて思いますが、立地やスペースの問題で出店条件は色々と難しい面もあるのかもしれませんね。 これからにも期待したいと思います。

次の

メガ ドン・キホーテ ユニー 岐阜店 (MEGA ドン・キホーテ UNY)

メガ ドンキホーテ ユニー

ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスが協業して開発した「MEGAドン・キホーテUNY大口店」(神奈川県横浜市)の店舗が、2月21日に公開された。 23日からオープンする。 ユニーが運営する総合スーパー「アピタ」と「ピアゴ」に「MEGA ドン・キホーテ」のノウハウを取り入れて業態転換することが決まっている。 今回が1号店となる。 2018年3月下旬までに5店舗を同様にリニューアルする。 主要顧客をドンキが得意とするニューファミリー層に転換し、品ぞろえや陳列方法を大きく変えた。 プレスリリースには両社の強みを存分に生かすとの記述があるが、実際の店舗は「ドンキ色」に染められていた。 関連記事• ユニー・ファミリーマートHD傘下のユニーとドンキホーテHDが運営予定の新型店舗名が「MEGA ドン・キホーテ UNY」に決定。 店舗名に「ユニー」が入るのは9年ぶり。 ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスが資本・業務提携を結ぶことで基本合意した。 同社の取り組みから、2020年に向けて多くの訪日客を呼び込むためのヒントが得られそうだ。 インバウンドで成功するためにはどうすればいいのか。 本特集では、さまざまな角度からそのヒントを追いかけていく。

次の