めざましお天気アナウンサー歴代。 めざましテレビのお天気キャスター阿部華也子アナが可愛い!気になるカップや身長は?

めざましテレビの歴代お天気キャスターと6代目の小野彩香

めざましお天気アナウンサー歴代

概要 [ ] 『 』の姉妹番組としてスタート。 のほか、、スポーツ、芸能情報、新聞記事から・まであらゆる要素を織り込んだ。 番組開始は。 当初は5:25 - 5:55()の30分番組としてスタート。 放送時間が85分になる2001年3月まで、フジテレビは『』の時差放送をしていた時期がある。 また、55分に短縮したのは『めざましテレビ』の放送時間拡大に伴うものだが、これを機にネット局が大幅に減少した。 出演者 [ ] メインキャスター [ ]• 放送開始から9月までは、(当時、所属)や、(フリーランス)などの女性キャスター1人が日替わりで担当。 関東周辺の天気情報とニュースフラッシュ、視聴者からのリクエスト曲のオンエアーなどシンプルな番組構成であった。 また、当時のアナウンサーだったもレギュラー出演していたこともある。 1997年4月の社屋移転から半年はコリドール(渡り廊下)ブースからの放送。 10月からは放送時間拡大、V10スタジオからの放送、男女ペアで担当というシフトになる。 総じて週前半と後半に担当を分けて放送していた。 1997年4月 - 9月は、(月 - 水)、(木・金)が担当。 「めざまし天気」歴代のキャスター一覧(1997年4月以降) 期間 メイン 男性 女性 月 - 水 木・金 月 - 水 木・金 月 - 水 木・金 1996. 4 1997. 3 (なし) 1997. 4 1997. 9 (なし) 1997. 10 1998. 3 (なし) 1998. 4 1998. 9 1998. 10 1999. 3 1999. 4 1999. 6 1999. 7 2000. 3 2000. 4 2001. 3 松尾紀子 2001. 4 2002. 3 2002. 4 2002. 6 2002. 7 2002. 9 2002. 10 2002. 12 勝恵子 備考• 1997. 10 - 1999. 3 野島は『』ニュースキャスターと兼務。 1999. 4 - 2000. 3 伊藤は『めざましテレビ』ニュースキャスターと兼務。 勝は『めざましテレビ』メインキャスターの休業時代理を務めた。 コーナー司会 [ ]• 1995. 4 - 1997. 9 野島卓 (ニュース担当。 『めざましテレビ』ニュースキャスターと兼務)• 不明 - 1997. 9 (芸能担当。 『めざましテレビ』芸能キャスターと兼務)• 2001. 4 - 2002. 12 松尾紀子 (お天気担当。 金曜のみ) 放送時間の変遷 [ ] 期間 放送時間 1994. 08 1994. 09 平日 05:25 - 05:55 30分 1994. 10 1995. 03 平日 05:15 - 05:55 40分 1995. 04 1997. 09 平日 05:30 - 05:55 25分 1997. 09 2001. 03 平日 04:55 - 05:55 60分 2001. 04 2001. 12 平日 04:30 - 05:55 85分 2002. 01 2002. 12 平日 04:30 - 05:25 55分 ネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 備考 制作局 1997年4月開局から 1995年4月からネット開始 2001年4月からネット開始 1997年4月開局から 主なコーナー [ ]• ニュース・天気 3分程度• 新聞チェック• スポーツ• めざましセラピー• 早起き占いカウントダウン - 5:54に放送。 天気に合わせてくもりの運勢・雨の運勢など。 企画コーナー [ ] 5分程度の企画コーナー。 司会のアナウンサーが一人ずつコーナーを持つ。 マッキーの朝からマジック 担当。 麻雀コーナー 担当。 めざ天野球部MIX めざまし天気出演アナを中心に草野球を行う。 他局(『』など)と対決した事もある。 がんばれ! まいこまいこ 担当。 いろいろな資格取得に挑戦。 モリック 担当。 森扮する「」が日本語のアヤを面白おかしく指摘する。 晴れたらイイずゥ 、担当。 『』のパロディ企画。 next HERO 担当。 これからブレイクしそうな人を紹介。 その後の番組 [ ]• (2003年1月 - 3月)• (2003年4月 - 6月)• (2003年7月 - 9月)• (2003年10月 - 2014年3月)• (2014年4月 - 2018年3月) 番組に参加した構成作家 [ ] 筏井正樹、三原治、千﨑淳 関連書籍 [ ]• めざましセラピー(中野生活文化研究所著、、2002年5月) 外部リンク [ ]• 系 前番組 番組名 次番組.

次の

サンジャポ(サンデージャポン)歴代アナウンサー!山本里菜の過去と放送中起こったこと

めざましお天気アナウンサー歴代

卒業してからは、女優業もしていて日本アカデミー賞新人俳優賞も獲得してます! 2代目 小島奈津子 1997年3月〜2003年3月まで担当し、2001年に結婚、そして卒業後はフリーアナウンサーとして活動しています。 3代目 木佐彩子 1998年3月〜1999年3月までの1年間曜日限定で木曜日・金曜日のみメインアナウンサーを務めました。 1年間という短期だったので出演が少なかったですね~ 4代目 高島彩 2003年3月〜2010年10月まで最も長い期間7年半めざましテレビを担当しました。 卒業後の2010年12月にフリーアナウンサーとなり、2011年にゆずの北川悠仁さんと結婚し、現在2児のお母さんです! 5代目 生野陽子 2010年10月〜2014年9月までめざましテレビを担当しました。 2014年にフジテレビの中村光宏アナウンサーと結婚し、話題となりました。 6代目 加藤綾子 2012年4月〜2016年4月までメインキャスターを担当し、卒業後はフリーアナウンサーとして活動し、他局の番組にも出演し、今は女優業にも進出中です。 7代目 永島優美 2016年4月からめざましテレビのメインキャスターを担当しています。 ご存知だと思いますが、父はあの元プロサッカー選手の永島昭浩です。 アナウンサーになるには? アナウンサーになりたい強い意志を持った学生さんが多数アナトレを受講します! 強い意志があったとしてもアナウンサー採用試験に必ず合格するわけではありませんが、、、 アナトレでは、話す基礎の部分から試験に備えるまでサポートしてくれて、アナウンサーを目指す人だけでなく、声優さん、ナレーターさん、司会者さんなど声を使う職業もサポートしてくれます。 エントリーシートの提出 すべて違った角度から撮った写真を貼り自分自身をPRします。 第1次試験 面接を行います。 カメラテスト 実際に使用しているスタジオでカメラ映りや話し方などをチェックします。 局長面接 各セクションの責任者との面接です。 会社の責任者との面接です。 ドキドキしますね〜!! カメラテストも緊張しますが、面接が3回もあります!! やはり愛される方を選ぶのは人柄を見ることが大事なんですね〜 現在 2019 の女性アナウンサーは誰? 現在めざましテレビのメインキャスター、朝の顔を務めるのは、 永島優美。 いつも笑顔で、かなり好感がもて、その存在感も日に日に増してきています。 ネットで!可愛い!けど黒い!と話題になっています。 アナウンサーで黒い肌の人は本当に珍しいので目立ちますよね〜 肌が黒いのは 特技が水泳、水球だからで、 大学3年の時にはフィンスイミング日本選手権の女子1500mビーフィン優勝しました! 天然で独特な空気を持っていて、いつも笑顔で、かなり好感がもてますよね! ただ、その可愛さでメロメロになってしまいます! めざましテレビの女子アナについてまとめ! と言うことで、今回はめざましテレビの女子アナウンサーについて調べてみましたが、いかがでしたか? ・めざましテレビ初代メインアナウンサー八木亜希子さん。 ・試験の重要なポイントは、視聴者にテレビを通して伝えることが出来る、愛される方! ・色黒のアナウンサーは岡福麻希さん。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

歴代めざましイマドキガール

めざましお天気アナウンサー歴代

同企画で番組に登場するのは、八木亜希子、木佐彩子、加藤綾子、中野美奈子、小島奈津子の5名。 いずれも過去に『めざましテレビ』でキャスターを務めており、現在はフリーアナウンサーとして活躍している。 中野は「久しぶりにめざましファミリーに会えること、今から楽しみでソワソワしています」とコメント。 彼女は2002年から同番組で情報キャスターを務め、09年に卒業。 フジテレビ開局60周年を記念したさまざまな企画に駆り出されるようだが、SNSなどでは冷ややかな声も寄せられているという。 番組名が担当女子アナの愛称になるほどファンには好評でしたが、バラエティー色の強い内容で『アナウンサーにはしっかりアナウンスの仕事をやらせようよ……』『売り出し方がアイドルやタレントと変わらない』などと疑問視されていました。 そのため今回の企画にも、『まだフジはこんなことやってんのか……』『なんか末期感がすごい』『女子アナブランドしか売りがないのかな?』といった声が。 「『めざまし』の18年年間平均視聴率は9. 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 現在も久慈暁子や永島優美など人気女子アナが番組を支えており、木曜パーソナリティのHey! Say! JUMP・伊野尾慧も若い女性に大人気。 今後はどのような女子アナが、番組に華を添えるのだろうか。

次の