マイペース に できる 仕事。 マイペースな人に向いてる仕事8選!自分のペースを貫ける働き方はコレだ!

マイペースな人に向いている仕事とは?|ハタラクティブ

マイペース に できる 仕事

この記事では、 「マイペースな人に向いてる仕事ってあるの?」と疑問を持っている人に向けて、 『マイペースな性格の人が働きやすい条件』や、『向いてる仕事に転職する方法』などをお伝えしていきます! マイペースな性格の人は、「仕事が遅い」「のんびりしすぎ」など、何かと低評価を受けがちです。 しかし、マイペースというのは「自分のペースで仕事ができる」「黙々と取り組める」など、 武器になる性格でもあります。 実際、マイペースな人が自分に適した環境を選んで働けば、周りの人から高い評価を得ながら働くことは可能です! この記事を最後まで読めば、マイペースな人に向いてる仕事が分かり、 自分の強みを活かして仕事ができますよ! そうなんです! 具体的にどんな人のことを指しているのか、Twitterにある事例を紹介しておきます! 短所と長所は紙一重だと思う🙀 基本的に私はめっちゃ「マイペース」な性格 マイペースであるが故に、周りに流されずに自分のペースで頑張れる。 人は人自分は自分というところが良い点 逆に言うと、マイペースすぎて遅くなってしまったり競争心が少ないのが良くないところかな😣笑 — おさち sachichi121 みんなが楽な近道を選ぶなら、私は遠回りするタイプ。 近道をした人が見落としてた物が発見できるであろう… という確信を常に持ってる…。 仕事でも「こうした方が早いでしょ?」 ってよく言われて、分かってるんだけどマイペースな性格上、どうもいつもモヤッとするんよね…。 — ジュン🐎🏍 okkiy それでは、 マイペースな性格を活かして仕事をしている人の体験談を紹介します! 自分の性格を活かして仕事をしている人の事例を紹介するので、参考にしてください! 私は基本マイペース。 このせいで仕事ではチームワークがうまく取れず葛藤したり、怒られたりした事もあってちょっとコンプレックスだった。 でもブログにおいてはこの性格が役立ってる。 周りがどう言おうと焦らず自分の信じた事をする 結果を急がずコツコツ続ける マイペースでよかった😂 — タマ 愛媛主婦ブロガー iyotamaaaa 仕事ではいろんな責任負いながら堅苦しくゲーム作ってたから、せっかく一人で作れるようになってきたんだしマイペースにぼちぼち作っていくぜ。 時々言っとかないと性格的に知らない間に勝手に責任感じちゃって良くない。 誰のためでもなく自分のためにゲーム作ってるんだ。 他はそのついでだ。 誰とも喋らずどころか、大半の時間を同僚と関わらずただ1人で黙々と マイペース 仕事が出来て、ストレスが溜まらず残業が出来ます。 性格上孤独に仕事してる方がいい — 実月 火消しのカプル systycg.

次の

【病弱・虚弱体質の仕事】マイペースな人におすすめの仕事3選

マイペース に できる 仕事

スポンサードリンク 工程、納期、締め切り、ノルマ・営業目標、開発スケジュールにマニュアルなどなど、仕事のペースが決められていると、 マイペースな人にはツライものがありますよね。 なかには上司から急な呼び出しを受けたり、顧客からの電話で深夜に出かけたりしなければならない仕事もあります…。 ですが、世の中には、ある程度まで 自分のペースでできる仕事は存在します。 例えば飲食店の経営者であれば、オープン時間とラストオーダーの時間や提供する料理のメニューや飲み物のリストは自分で決められます。 独立している工芸作家なら、作品をつくるペースは自分で決められます。 今日は昼から休みにしようと思えばそれも可能です。 ちょっとうらやましいですよね。 しかし、もし 自分で完全に仕事のペースを決まられるようになったら……たいていの人はダラダラと仕事をしてしまって時間ばかりすぎ、成果物は少ししか出来上がってこない、ということになりがちです。 マイペースに仕事を続けようと思ったら、マイペースといいつつも 納期や目標に対してはしっかり帳尻を合わせることが大切。 本物のマイペースな人とは、自分のペースをわかった上で、自分で自分のペースをコントロールし、必要な成果を上げられる人です。 そんな本物のマイペースな人のために、上司、同僚、顧客との関係において受け身になることが少なく、 マイペースで取り組める余地の大きい仕事を紹介します。 サラリーマンでマイペースな仕事 まずはマイペースな人に向いているサラリーマン、正社員での仕事です。 研究員 研究者の場合は研究テーマや所属する研究機関などの方針によりますが、一般のサラリーマンと比べれば自分のペースで仕事を進められる機会が多いと考えられます。 ただし日本のアカデミズムの世界には閉鎖的な学会や研究室も少なくないため、 専門分野によってはブラック企業と同じような環境で働くことを強いられます。 ボスの顔色をうかがう日々を過ごし、マイペースで仕事ができる余地はないというケースも珍しくありません。 商品開発職 業界特性や企業方針により異なりますが、営業、生産ライン、管理などと比べれば商品開発部門の担当者には大きな裁量が与えられています。 某有名食品メーカーには、街中をブラブラ散歩したり気に入った店や施設を訪れたりして1日を過ごすブラ勤担当者がいました。 ここまで極端でなくても通常は商品開発の期限を守れば、かなり自由に行動できます。 歩合営業員 一般的に営業担当者は会社から担当顧客・テリトリー、営業ツール(情報端末、営業車など)、売上目標を与えられ、その枠組みの中で仕事をします。 それに対し歩合営業員には、通常会社が割り当てる担当顧客やテリトリーがありません。 ノルマもなくかなり自由に活動できます。 その代わり 営業成績が振るわなければ、 低収入に甘んじることになります。 さらに社員と異なり突然クビを切られる(契約が終了する)恐れもあります。 在庫管理 広大な倉庫で原材料・商品の入出庫や棚卸を行う在庫管理業務の多くは一人で担う仕事です。 上司の指示や他部門の担当者からの依頼に基づき動くという点では裁量性に欠けますが、常に他人と一緒に作業をしなければならない仕事と比べればマイペースで仕事を進められます。 タクシードライバー タクシードライバーは、 法令で定められた営業区域内であれば自由に営業できます。 会社から客待ちの場所や空車を流す道路を細かく指示されることもありません。 自分の才覚でお客さんを拾うことができます。 ただし今はGPSで本社(営業所)が各車の動向をチェックしているため、1日の目標売上高を達成した後は何時間でも昼寝したりパチンコ屋へ入り浸ったりするといったことはできません。 そうした自由は、個人タクシーの許可を得るまで我慢しましょう。 スポンサードリンク マイペースでもできる客商売 飲食店経営 自ら経営する飲食店であれば、 メニューや営業時間を自由に設定できます。 日中しか営業しない超人気ラーメン店や、冬季に長期休暇をとる有名な定食屋もあります。 ただし 評価が確立されていないにもかかわらず営業時間を短く設定すれば、 安定的な売上は望めません。 またメニューを絞りすぎると、客層が固定化されるリスクもあります。 物販店経営 物販店経営者も飲食店と同じように、 営業時間や販売スタイルを自らの好みに応じ決められます。 趣味性の強い店であれば、夜間・休日中心の営業に限定することもできるでしょう。 通販主体の店舗にして、 ほとんど店を開けないという営業戦略も考えられます。 ただし飲食店と同様に、 自分の好みを追及し過ぎるとお客さんが限定されるリスクがあります。 家庭教師 多くの教え子を有名・名門校へ送り出した実績を有する家庭教師であれば、お客さんに困ることはありません。 子供が学校へ通う平日の午前中を除けば、 自分の好みやペースに合わせて授業時間を設定できます。 ただし夏休み期間、冬休み期間、入試直前の1、2月は、休暇を取りにくくなります。 自分でなにかを作る仕事 アフィリエーター・ブロガー ブログや情報記事を書いたり動画をアップしたサイトなどに広告バナーを張り付けて収入を得るアフィリエーターも、儲けを度外視すれば、かなり自由に働けます。 ただし専業でアフィリエイトに取り組む人の場合は、 記事の小まめな更新や新しい記事が必要になるため仕事量は少なくはなりません。 専業アフィリエイターの多くは、日々ブログの記事作成などに追われる日々を過ごしています。 画家・工芸作家・書道家など 画家や工芸作家は基本的に個人事業主なので、何を制作するか、作品の制作ペースなどは自分で決まられます。 ただし、専業で飯が食える人は、画商などいろいろなところに恩義があり多くの注文を受けるため意外と不自由かもしれません。 そうした人は描きたい絵より売れる絵(依頼された絵)を描く機会が増えるからです。 工芸作家も同じくアトリエや作陶場などにこもって作業をする時間が多くなります。 また、大半の人は絵画教室や書道教室、学校の講師などを兼務しているため、自由に創作できる時間は限られます。 芸術家というよりも習い事の講師に近い生活を送っている人が一般的です。 投資家 トレーダー 株式、FX、商品先物、仮想通貨などの金融商品への投資(投機)を生業とするトレーダー(スペキュレーター)は、 自分で投資スタイルを決められます。 必ずしも株式市場の寄付きから引けまで、常に相場動向を注視していなければ投資できない訳ではありません。 1日数回しか相場をチェックしないとか、プログラム(モデル)に運用判断を任せるとかいろいろな投資手法があります。 不動産賃貸業(大家) 不動産賃貸業は決して楽な商売ではありませんが、 投資物件の選定や管理手法は経営者の裁量により決定できます。 自分は規模拡大(資金調達)に専念して物件探しや管理業務は可能な限り業者に委託するとか、逆に自分にできることは何でもやるとか自らの方針の沿った事業運営が可能です。 人間ではなく自然や動物を相手に 一次産業は自然のサイクルには合わせる必要がありますが、その中ではかなり自由に仕事を組むことができます。 実際かなりマイペースな人が多い業種です。 農家 農業は天候という不可抗力に左右されますが、それを除けば 作物や栽培方法などを自分の判断で決められます。 作業体制も個人経営から法人経営までさまざまです。 大規模法人の経営者になれば、田んぼや畑に入る機会が減る一方で農地確保や販路開拓に追われる時間が長くなります。 逆に使用人になればサラリーマンに近い勤務となり生活は安定するものの、裁量の余地は減ります。 酪農家 家畜の世話は24時間体制になりますが、牛や豚も人間と同じように休憩したり睡眠をとったりします。 家畜のライフサイクルに合わせることに慣れれば、あとは 自分のペースで働けます。 ただし毎日家畜の面倒をみなければならないため、家族そろって長期休暇をとり旅行に出かけることは難しいです。 漁師 漁師は対象となる獲物や漁場などにより仕事の内容や進め方は異なりますが、自前の小型船に乗り沿岸部で漁をする人は自分の裁量で仕事の仕方を決められます。 例えば青森県大間のマグロの一本釣り師は、操業期間などのルールを守れば自分の戦略に基づき自由に漁ができます。 マイペースに進められる仕事を選ぶには? 何でもかんでも自分の思い通りに進められる仕事はありません。 しかし、 時間の使い方や 作業手順などに関する裁量性の大きな仕事は存在します。 マイペースな人は、マニュアルなどで仕事の枠組みが厳密に定められている工場の製造ラインや外食チェーン店などではなく、 小規模事業所で働いたり、 専門性やクリエイティビティが求められる仕事を選ぶとよいでしょう。 また、マイペースといいつつ仕事の成果がなかなか上がらない 自称マイペースな人は、本当は誰かにうまくペースを管理してもらって、一定の生産性をキープした方が良いのかもしれません。 自分で自分を律することができてこそマイペースな仕事ぶりが許されることを忘れずに。 しっかり仕事で成果を出していきましょう。

次の

マイペースな人に向いている仕事15|自分のペースでできる仕事!

マイペース に できる 仕事

Contents• そもそも「マイペース」って何• 「あの人、マイペースな性格だよね」• 「この仕事、急ぎじゃないんで。 マイペースにやって下さい」 今では当たり前のように使われることの多い「マイペース」という言葉ですが、どこかゆったりとしたイメージを持つマイペースには、どのような意味があるのでしょうか? 辞書で調べてみると、次のような説明があります。 「マイペース」 自分に適した速度で,物事を進めること。 「 -でやる」 「三省堂 大辞林」より 説明にある「自分に適した速度」という意味を考えると、ゆっくりやることがマイペースの本当の意味ではなく、早く仕事をやることが好きな人にとっては 「早く仕事をやることがマイペスース」ということになります。 このように考えると、誰もがある意味ではマイペースということになり、あなたがマイペースに働きたいと思うことも自然なことになります。 マイペースに仕事を進めるとうまくいかない理由 マイペースに働きたいと思うあなたの気持ちは自然なものですが、自分のペースで仕事を進めることで、周囲との関係から仕事がうまくいかなくなることも、また事実としてあります。 多くの仕事は自分1人でやっているのではなく、複数の人が関わりながら1つの1つの仕事を進めていきます。 工場で行われるベルトコンベアの流れ作業を想像してみて下さい。 ベルトコンベアで流れてくる部品を組み立てる時は、自分が部品を組み立てない限り、次の人は作業に取り掛かることができません。 そのため、自分の好きなペースで働いてしまうとライン全体の仕事のスピードも遅くなり、仕事がうまくいかなくなってしまいます。 これは工場の仕事に限ったことではなく、1つの仕事に複数の人が関わっている全ての仕事に言えることで、ほとんど全ての仕事に言えることになります。 このように、多くの仕事が複数の人が関わることによって成り立っていることから、マイペースに仕事をやることで、仕事がうまくいかなくなってしまうことになります。 マイペースに仕事をすることは悪いこと? マイペースに仕事をやることで仕事がうまくいかなくなってしまう理由をみてきましたが、やはりマイペースに仕事をやることは悪いことなのでしょうか? 先ほど仕事をゆっくりやることがマイペースではないことを確認しましたが、多くの人が次のようなイメージを持っています。 マイペースに働く=ゆっくり働き、あまり仕事ができない人• テキパキ働く=どんどん仕事を処理していき、仕事ができる人 しかし、マイペースはテキパキ働くのと同じように、 働き方の一つに過ぎません。 マイペースに働くことで、目の前の仕事にコツコツと自分のペースで取り組むことができ、確実に仕事を処理することができます。 マイペースに仕事を進めること自体が、悪いことではありません。 周りに合わせながら進めていく仕事をしている時は、マイペースに進める仕事のやり方を変えなければいけない場合もあります。 しかし、マイペースに仕事を進めたい人はマイペースに進められる仕事を選べばよく、 自分の働き方を無理に変える必要はありません。 今の仕事のやり方が自分に合わない人は、 マイペースにできる仕事を選ぶことで、無理なく自分らしい働き方ができるようになります。 自分のペースで仕事がしたい!私が体験したマイペースに働ける仕事と転職方法 自分のペースで働きたい人は、マイペースに働ける仕事を選ぶことで、無理なく自分らしい働き方をすることできます。 どんな仕事も誰かと関わりながらやることになるし、完全にマイペースに働くことは無理だよね、、、 このように考える人もいますが、世の中には 約17,000 もの職業があり、 420万社 を超える企業があるとされています。 その中には完全ではないにしても、仕事中の時間のほとんどを1人で過ごす、または周りと関わりながらもマイペースに働ける仕事が たくさんあります。 ここでは、人間関係を築くことが苦手でマイペースに働きたいといつも思っていた私が、実際にやってみほとんどてストレス感じなかった2つの仕事を紹介します。 営業 営業の仕事と聞くと、職場の先輩や取引先など、色々な人に合わせながら仕事をするイメージを持っていましたが、私がやったペット用品のルート営業はマイペースに働くことができました。 決まった取引先へペット関連の商品を届けながら営業活動をするのが主な仕事で、転職した最初の2週間を過ぎてからは、一人で営業活動をするようになりました。 会社を出た後は、帰社するまでの移動中の車内からお昼の時間まで、全ての時間を自分のペースで働くことができました。 帰社後も、日報を作成した人から帰宅していく雰囲気の職場だったため、1日を通してほぼマイペースに働くことができました。 営業の仕事も様々で、働く業種や職場によって環境も大きく変わることになりますが、マイペースに働くことが難しそうなイメージのある営業の仕事も、働く職場によっては自分のペースで働くことができます。 税理士事務所 税理士事務所の仕事も、マイペースに働ける職場でした。 事務職のイメージから、周りの人に合わせながら仕事をするイメージがありましたが、実際にやってみるとそんなことはありませんでした。 帳票を入力する人• 経営分析をする人• コンサルでお客様の元に行く人 このように、 仕事の役割分担が細かく設定されていたので、仕事を振り分けられた後は自分のペースで仕事をすることができました。 税理士事務所の仕事に限らず、 仕事の役割が細かく分かれている仕事は自分の仕事に専念しやすく、マイペースに働きやすくなります。 転職エージェントに相談する 自分1人でマイペースに働ける仕事を探す時には 「自分の頭の中にあるマイペースに働ける仕事」の中から、転職先を探すことになります。 そのため、私がマイペースに働くことが難しいと先入観を持っていた営業の仕事や税理士事務所の仕事も、最初から転職先の候補から除外してしまうことになります。 このようなチャンスを逃さないためにも、 転職エージェントに相談しながら転職活動を進めてみて下さい。 転職エージェントは、転職者のあなたと企業の間に入って、転職活動のサポートをしてくれる 「無料の転職サービス」になります。 転職エージェントを利用する主なメリットとデメリットには、次のようなものがあります。 転職エージェントのメリット・デメリット メリット• 転職希望を伝えた求人を探してくれる• 給与などの条件交渉をしてくれる• 自分の市場価値が分かる• 履歴書、職務経歴書の添削で書類選考通過率が上がる• 模擬面接を通して企業業別の面接対策ができる 過去の面接で聞かれた質問内容や答え方の確認等• 転職前に転職先の情報が分かる 職場の雰囲気や人間関係、本当の残業時間等• 全てのサービスが無料 デメリット• 自分に合わない転職エージェントを選ぶと足手まといになる• 担当者によってサービスにばらつきがある• 企業の方だけを向いたブラック転職エージェントもいる 転職エージェントを利用することで、自分だけでは気づかない、 第三者の視点からマイペースに働ける仕事を見つけるけることができます。 実際、営業の仕事と税理士事務所の仕事は、転職エージェントの担当者から紹介されて初めて転職先の候補に入れた職種になります。 転職エージェントに相談することで、自分の転職先の選択肢を大きく広げることができます。 また、1人で転職活動をする時には知ることが難しい 「職場の人間関係」 「職場の雰囲気」「本当の残業時間」といった 転職先の生の情報を、転職エージェントを通して転職前に知ることができます。 そのため、転職エージェントを利用することで、 転職前後のギャップが小さくなり、 転職の失敗を防ぐことができます。 しかし、一口に転職エージェントと言っても、大手の転職エージェントから地元に根ざした転職エージェントまで、全国には 約18,000もの転職エージェントがあります。 そのため、全く同じ求人を紹介された場合でも、ある転職エージェントでは 人事部長から始まる面接も、別の転職エージェントでは いきなり社長面接から始められるなど、利用する転職エージェントによって受けられる転職サポートの内容や質も大きく異なります。 様々な転職エージェントがある中、私が14回の転職で実際に利用しておすすめする転職エージェントはになります。 他の転職エージェントに比べて リクルートエージェントが良かった点は、次の3点になります。 急な退職者など、すぐに人材が必要な場合• 会社の事業戦略に関わるようなピンポイントの人材が欲しい場合• 大量の応募者による採用手続きの手間を避けたい場合• 採用活動を知られたくない場合 このように、非公開で求人を募集することにより、ピンポイントの人材募集や採用活動の効率化など、 企業側には様々なメリットがあります。 そのため、非公開求人は 求人数も多く、 条件のいい求人も数多く存在します。 さらに、非公開求人は リクルートエージェントに登録しなければ見ることができないため、誰もが見られる公開求人と比べて ライバルの少ない求人の中から、自分に合った求人を紹介してもうらことができます。 担当者の変更が柔軟 リクルートエージェントは合計すると2回利用しましたが、最初に利用した時の担当者(O. Hさん)は転職者目線で、本当に細かい点まで転職サポートしてくれました。 なぜ転職するのかといった転職動機の確認に始まり、今度の転職で実現したいことの確認から、面接対策・応募書類対策といった具体的なアドバイスまで、 一緒に転職活動を進めている感覚を持ちながら、転職サポートをしてもらうことができました。 しかし、2回目に利用した時の担当者(K. Kさん)は、 全ての対応が事務的な方でした。 担当者のK. Kさんは、転職者であるこちらの転職希望も十分に聞かず「 ただ求人を紹介するだけ」という転職サポートで、淡々と求人を紹介されるだけでした。 正直、 自分1人で仕事を探した方がマシだと感じることもありました。 この時、私はどうしても担当者のK. Kさんと合わなかったので、担当者を変更してもらうようにお願いしました。 すると、お願いした翌日には対応してくれて、 すぐに担当者を変更してもらうことができました。 担当者が合わなかった点は不満に感じた点ですが、担当者が合わなかった時に、 すぐに担当者を変更してくれる柔軟な対応は、リクルートエージェントを利用して良かった点です。 担当者を変更してもらうことは少し気まずいですが、リクルートエージェントは メール連絡で 担当者を変更してもらうことができます。 転職エージェントを利用する時には担当者との相性はとても大切で、 転職活動の成否にも大きく影響します。 担当者と合わない時は、遠慮せずに変更してもらうようにしましょう。 私は 「別の担当者の視点でも求人を探したい」という理由で、担当者変更のお願いをしました。 面接対策に強い リクルートエージェントを利用して良かった3点目は「面接対策の強さ」です。 リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによる模擬面接も行なっていますが、都内で毎日開催されている 「面接力向上セミナー」がとても有効な面接対策になりました。 全ての項目を入力すれば、登録完了となります。 登録後は 担当者から連絡がありますので、面談日を決めた後は「面談」「求人紹介」と転職サポートが進んでいきます。 あなたが納得できる求人を紹介してもらった時のみ「応募」「面接」と進めば問題ありません。 転職エージェントを利用することで、転職前に転職先企業の内側を知ることができるため、 転職の後悔や失敗を防ぐことができます。 しかし、どんなにいい転職エージェントを利用しても、転職するのは あなた自身です。 「1年後や3年後にどのような自分になっていたいのか」という、未来の自分の姿を想像しながら、自分が今やるべきことを考えてみて下さい。 転職エージェントをうまく利用しながら、あなたがマイペースに働ける仕事に出会えることを願っています。

次の