この上なく 意味。 「嬉しい限り」の意味とは?敬語表現や類語を使った文例を紹介

【この上ない】の意味と使い方の例文(慣用句)

この上なく 意味

「光栄です」の意味や類語 「光栄」とは「名誉に思うこと」 「光栄です」の「光栄」とは自分の行動を褒められることや、重要な役割を任されることで名誉に思うということを意味します。 相手に名誉に思う気持ちを伝えたいときに使える言葉です。 ビジネスにおいて相手に褒められた際、感謝の気持ちだけでなく名誉に感じた場合は「ありがとう」ではなく「光栄です」が適しているでしょう。 口語だけでなく手紙やメールへも使うことができる言葉ですので、名誉と感じたことを相手に伝えたい場合に使ってください。 「光栄」の類語は「栄誉」 「栄誉」「名誉」「栄光」は「光栄」の類語となります。 いずれも輝かしい評価や栄えある評価・功績を意味する言葉ですので、「光栄」という表現が重なる場合は言い換えてみてください。 「光栄です」の使い方 「光栄です」は目上に対し使える 「光栄です」は「光栄」の後に続く言葉が敬語で表現されているため、上司や取引先の担当者など目上の人へ使うことができます。 目下の部下や対等な立場である同僚へ向けて使う場合は、「光栄だ」「光栄だよ」と表現を変えて使いましょう。 ただ、目上以外の人へ使う言葉としては仰々しく堅苦しく感じられることもあり、適切であるとは言い切れません。 素直に「ありがとう」や「嬉しく思よ」と使う方が無難でしょう。 「至極光栄」とは「この上なく名誉」 「至極光栄」とは「光栄」を使った言い回しの一つです。 「至極」とは「この上なく・究極に」という意味を持つため、「至極光栄」とは「この上なく名誉なこと」を意味しています。 「光栄です」よりもさらに名誉と感じた際に「至極光栄です」と使うことができます。 「至極光栄」の同じ意味を持つ言葉として「光栄の至り」という言葉もあります。 「光栄の至り」という言葉も、この上なく光栄な時に使うことができるため、文脈により使い分けてみてください。 「光栄に存じます」は「光栄に思う」 「光栄に存じます」とは「光栄に思います」という意味が含まれています。 「存じます」は「思う」の謙譲語である「存じる」にですます口調を加えた敬語表現であり、目上の人に対して使うことができます。 「光栄に存じます」は少し堅苦しい言い回しですので、場面に合わないと感じる際は「光栄です」を使った方が良いでしょう。 「光栄です」を使う際の注意点 「お会いできて光栄」は「嬉しいです」という意味ではない 目上の人に対して「お会いできて光栄です」という言葉をよく耳にしますが、場合によっては間違った文章となります。 例えば総理大臣やノーベル賞受賞者など、会えること自体が名誉である人物に対して使うことは適切であるといえます。 しかし、仕事上で出会った人に対して「会えて嬉しい」という意味で「お会いできて光栄です」を使うことに違和感を覚える人もいます。 単に「嬉しい」という意味の言葉ではないため、「お会いできて光栄です」を使う際は「会えたことが名誉なことです」ということを伝えたい時に使う方が良いでしょう。 「光栄です」は前後に敬語表現を使う 「光栄です」と使う際は前後の文脈に気を付けて使ってください。 例えば、栄えある賞を受賞したとき「こんな賞を貰えて光栄です」よりも「このような賞を頂けて光栄です」のほうが言い回しとして適しています。 「光栄」とは相手に敬意を表す言葉でもあるため、「光栄」を使う際は丁寧な敬語表現で使いましょう。 ビジネスシーンで「光栄」を使った例文 「とても光栄です」を使った例文 「光栄です」よりもさらに名誉に感じた場合に「とても光栄です」と使うことができます。 例えば直属の上司から、次の大きな案件を君に任せたいと言われた場合「そのような大きな仕事を任せて頂けるなんて、とても光栄です」と使うことができます。 「至極光栄」を使った例文 例えば業務成績が良かった人に贈られる賞を受賞した場合「このような賞をいただき至極光栄でございます」と使うことができます。 「至極光栄」とはかしこまった言い回しであるため、後に続く言葉は「です」よりも「でございます」や「に存じます」の方が適しているといえるでしょう。 「光栄に存じます」を使った例文 例えば上司から褒められた際「そのように言っていただけて光栄に存じます」と使うことができます。 褒められたことを光栄に思うという意味で「光栄」が使われています。 親しい人へ「存じます」を使うと距離があるように受け止められる場合や、堅苦しく感じられる場合があるため、人によっては「光栄です」と言い換えましょう。 まとめ 「光栄です」とは名誉に思ったことを相手へ伝える際に使われる言葉です。 かしこまった場面では「至極光栄」や「光栄に存じます」と言い換えて使うことが適していると言えるでしょう。 単に嬉しい気持ちを表す言葉ではなく「名誉に思う」ことを表しているため、使う際は注意が必要です。 社会人として正しく使ってください。

次の

【この上ない】の意味と使い方の例文(慣用句)

この上なく 意味

「嬉しい限り」の意味と類語 「嬉しい限り」の意味は「この上なく嬉しい」 「嬉しい限り」という言葉は「この上なく嬉しい」という意味です。 「限り」には「この上なく」「至り」「極み」という意味が含まれているため、合わせると「この上なく嬉しい」となります。 「嬉しい限り」を言い換えると「大変光栄」 「嬉しい限り」を類語に言い換えると「大変光栄」「感無量」「感激している」「至極の喜び」などの言葉になります。 どれも嬉しい様子が伝わる言葉ですので、シーンによって使い分けてください。 例えば、「このようなお言葉をかけていただき嬉しい限りです」を言い換えると「このようなお言葉をかけていただき大変光栄です」となります。 意味自体は変わらず、両方喜ばしい様子が伝わってきます。 「嬉しい限り」の敬語表現 目上へ使う際は「嬉しい限りです」 目上の上司や取引先の担当者へ使う場合は「嬉しい限りです」と使います。 「嬉しい限り」という言葉自体は敬語表現ではありません。 「嬉しい限りです」や「嬉しい限りでございます」と言い回しを変えて使いましょう。 「嬉しい限り」を丁寧に言う際は「喜ばしい限り」 「嬉しい限り」をより丁寧に言う場合は「喜ばしい限り」という言葉になります。 「嬉しい」という言葉は形容詞に分類されるため、「嬉しい」自体には敬語表現がありません。 敬語表現はないのですが、ビジネスにおいて「嬉しい」を丁寧に言い換えるならば「喜ばしい」が適切であるという意見があります。 「喜ばしい限り」となりますが、同じく「この上なく嬉しい様子」を表している言葉ですので、意味自体に変化はありません。 初対面の上司や自社の社長へなど、丁寧に表現したい場合は「嬉しい限り」ではなく「喜ばしい限り」を使う方が良いでしょう。 「嬉しい限り」の注意点 場面によっては「嬉しく思います」 使うシーンによっては「嬉しい限り」を使うのではなく「嬉しく思います」を使う方が良い場合もあります。 「嬉しい限り」という言葉が仰々しく、場に似つかないと思う際や不適切と感じる時は「嬉しく思います」や、素直に「嬉しいです」と言い換えましょう。 例えば、取引先の担当者や他部署の上司に対して「嬉しい限りです」を使うことに違和感はありません。 毎日顔を合わせる親しい上司に「嬉しい限りです」を使うと堅苦しく、相手に距離があるように感じられます。 ある程度親しく、会話の流れで自然に使う際は「嬉しく思います」が無難です。 「嬉しい限り」をメールで使わない 「嬉しい限り」という言葉を、メールや手紙などの書面で使うことは控えてください。 言葉には「文語体」と「口語体」というものがあり、一般的に口語体を書面で使うことは非常識とされています。 分かりやすく言えば、「話し言葉」と「書き言葉」の違いです。 「嬉しい限り」という言葉は口語体ですので、文面で使うことができる文語体に言い換えると「喜ばしい限り」となります。 昔に比べ、口語体をメールなどの書面で使う機会は多くなったのですが、礼儀を大切にするビジネスの場では正しく使った方が良いでしょう。 目下や同等な立場の人へは使わない 目下の部下や同等な立場の同僚へ、「嬉しい限り」を使うことは適切ではありません。 「嬉しい限り」という言葉自体は敬語ではないのですが、使うことで仰々しく堅苦しい文章になってしまいます。 受け取り方によっては、距離を置かれていると感じる人もいるでしょう。 部下や同僚へ使う際は素直に「嬉しい」と表現しても問題ありません。 シーン別「嬉しい限り」の使い方 「本当に嬉しい限りです」を使う場合 例えば、社内の営業成績トップの人に贈られる賞を受賞した場合、「このような賞をいただけて、本当に嬉しい限りです。 これからもより一層頑張らせていただきますので、よろしくお願い致します。 」という文章になります。 「嬉しい限りでございます」を使う場合 例えば、初対面の他部署の部長から、「君の営業成績はトップクラスだと、僕の部署内で噂になっているよ」と言われた場合「そのように言って頂けて嬉しい限りでございます。 」となります。 「嬉しい限り」を「大変光栄」に言い換えても、違和感ない文章となるので場面によって使い分けてください。 電話で「嬉しい限り」を使う場合 電話対応の際にも「嬉しい限り」を使うことができます。 例えば、経営している飲食店の新店舗開店を祝う電話が、お世話になっている会社からかかってきた場合「無事に開店することができ、嬉しい限りでございます。 またご迷惑をお掛けするかと思いますが、何卒よろしくお願い致します。 」となります。 まとめ 「嬉しい限り」とはビジネスにおいて「この上なく嬉しい様子」を表しています。 使う場面を間違うと、堅苦しい文章や礼儀に欠けることがあるので注意してください。 「嬉しい限り」に違和感を覚える場合は「喜ばしい限り」や「大変光栄です」など類語を使って、伝えたいことを上手に表現できるようになりましょう。

次の

ビジネスにおける「幸甚」の意味と使い方、読み方と言い換え、英語表現も解説!

この上なく 意味

「幸甚」の読み方と意味 「幸甚」は 「こうじん」と読みます。 「幸甚」の「幸」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「さいわい」「しあわせ」と読みます。 「幸」は「運が良いこと」「かわいがる」「思いがけないさいわい」を意味しています。 「幸甚」の「甚」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はなはだ」と読みます。 「甚」は「ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味になります。 つまり「幸甚」の意味は ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う ことになります。 「幸甚」は 「もし〜してくれたら嬉しい」というニュアンスです。 どの意味でも、ありがたい・嬉しいといったポデティブなことを表します。 「幸甚」は元々は手紙で多く使われていましたが、最近ではビジネスメールでもよく使われます。 「幸甚」の使い方 「幸甚」は目上の相手に対して使うことのできる表現です。 また「幸甚」は、 「対応してくれたらこの上なく幸せです」といった相手を立てる表現にもなります。 「幸甚」には3つの使用場面があります。 ・自らの依頼や要望を伝える場合 ・相手の配慮や心遣いに対する感謝を伝える場合 ・相手に贈り物をする場合 となります。 ビジネスシーンで「幸甚」は依頼する際に使うことが多いです。 この場合は相手に何かを期待するのではなく、単に自分の願望を伝えるということになります。 この場合は「〜してくれて大変ありがたく思います」という意味を表します。 ここでの「幸甚」は、自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足です」といった意味になります。 単純に自分が嬉しいという意味ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して「幸甚」を使用します。 幸甚に思います 「幸甚に思います」は、例えば依頼をする場面で使うと「〜してくれたら嬉しく思います」という意味になります。 「幸甚に思います」は、目上の相手や立場が上の相手に使うと、失礼な言い方だと受け取られてしまう可能性があります。 「幸甚に思います」と言うよりは、「思います」を謙譲語にした「幸甚に存じます」と言う方が無難になります。 幸甚の至りです 「至り」の意味は「ある物事が最高の状態に達していること」「極み」です。 つまり「〜の至り」は、「それが最高の状態であること」意味するので、「幸甚の至り」は 「幸せの極み」「幸せが最高の状態であること」を表します。 ビジネスシーンでは感謝の気持ちを表すときに使用することが多いです。 また「幸甚の至りに存じます」という言い方もできます。 「幸甚です」や「幸甚に存じます」よりも、幸せであることを強調しています。 「幸甚」の使用場面別の例文 「幸甚」の例文を場面ごとに紹介します。 ・この度の祝賀会は、企画に携わった全ての方々をお招きして開催いたします。 ・誠に恐れ入りますが、至急お返事いただければ幸甚に存じます。 ・次回の講演会のゲストとしてご出席いただければ幸甚に存じます。 ・参考として追加の資料を添付いたしますので、ご確認いただけると幸甚です。 感謝 ・お忙しいところお越しいただき、またご教授いただけたことは幸甚の至りです。 ・先生と再会できましたことは幸甚の至りでございます。 ・先日はお忙しい中をわざわざお越しいただき、誠にありがとうございました。 またのお越しの際に楽しんでいただけたら幸甚です。 ・この度は貴社の展示会にお招きいただき幸甚に存じます。 ・このようなお気遣いをいただき、幸甚の至りでございます。 ・おかげ様で当社も創業50年を迎えることができました。 これまで当社を支えて下さったお客様、関係者の方々に御礼を申し上げたいと思います。 そして今後共何卒変わらぬご愛顧賜れば誠に幸甚の至りに存じます。 「幸甚」の類語・言い換え 「幸甚」は少々固い表現なので使用するのに戸惑う方も多いと思います。 そんなときは下記の類語に言い換えて使ってみてください。 幸福、幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す になります。 「幸い」は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉です。 つまり「幸いです」は、 「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使用場面としては、「何かをお願い・依頼する場合」・「贈り物をする場合、利益や便宜を提供する場合」になり、ビジネスメールで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 また「幸いに存じます」という言い方もあります。 「幸いに存じます」は「幸いです」と同じ意味ですが、「存じます」は「思う」の謙譲語のため 「幸いです」よりも丁寧な表現になります。 他に「幸いと存じます」という言い方もありますが、「幸いに存じます」の方が一般的によく使われます。 例文 ・来週までにご連絡いただけると幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただけると幸いです。 ・心ばかりの品ではございますが、ご笑納いただければ幸いです。 ・お中元のご挨拶代わりに、お菓子の詰め合わせを送らせていただきました。 お口に合えば幸いです。 ・心ばかりの品ではありますがお送りいたしました。 気に入っていただけましたら幸いに存じます。 つまり「ありがたい」は、相手からの好意に感謝する際に使います。 「ありがたい」は形容詞のため、「ありがたい+お言葉」「ありがたい+お気持ち」「ありがたい+お気遣い」といったように「ありがたい」の後に名詞を付けます。 さらにこの後に「感謝いたします」といった言葉を加えると気持ちをより強く伝えることができます。 ただ「ありがたい」は少々相手を敬う気持ちが足りないので、相手によっては不快な・失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 「ありがたい」を使うときは必ず「感謝しています」などと感謝を表す表現を一言添えましょう。 また 「ありがたく存じます」という言い方もあります。 「ありがたく存じます」は「嬉しいです」「助かります」といった意味で、感謝や喜びを表す言葉です。 そのため、相手に何かしてもらったときの感謝を伝える際の丁寧な表現として使います。 例文 ・ありがたいお言葉をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・私の案を採用いただき、ありがたい感謝の気持ちで一杯です。 ・お土産ありがたく頂戴いたします。 ・わざわざご足労いただき、誠にありがたく存じます。 ・この度の迅速なご対応、誠にありがたく存じます。 光栄です 「光栄」は、 「人に認められたり、褒められたり、重要な役目を任されて名誉に思うこと」です。 「光栄」は感謝や嬉しく思う気持ちを伝えるときに多く使われます。 「光栄」の「栄」には、「輝く」「繁栄する」「活気がある」といった意味があります。 つまり「光栄です」は、自身の嬉しいことやありがたいことに対して使います。 また自身の行動や業績を褒められたときにも使う表現です。 「光栄です」は目上や目下、立場に関係なく名誉に思う気持ちを伝えるときに使うことができますが、目上の相手に使うことがほとんどで、目下の相手に使うことは少ないです。 例えば「お会いできて光栄です」という言い方がよく使われますが、これは相手と場合によっては間違った表現になります。 例として「総理にお会いすることができ光栄です」は「総理にお会いできたことは名誉に思う」という意味になるので適切な表現ですが、「君に会えて光栄です」だと少々大袈裟な表現になってしまいます。 このように「お会いできて光栄です」は会ったことを誇りに思うような人物に使い、単に会って嬉しい人物には使用しません。 他にも 「光栄でございます」「光栄に存じます」と言うことができます。 例文 ・お褒めの言葉をいただき光栄です。 ・このような伝統のある舞台に出演できて大変光栄です。 ・このような素晴らしい賞を頂くことができとても光栄です。 ・お褒めに預かり、光栄に存じます。 ・このような大役を任され、大変光栄に存じます。 至福 「至福(しふく)」は、 「この上もないしあわせ」を表しています。 「至福のひととき」「至福の時を過ごす」などと聞いたことがあると思います。 「至福」は「幸甚」よりも柔らかい表現なので、日常会話でよく使われます。 ただビジネスシーンで「幸甚」の代わりに「至福」に置き換えることはできないので気をつけましょう。 例文 ・しばし至福のひとときに浸る。 ・食事の時間が何よりも至福を感じる。 他の類語 ビジネスシーンでの使用頻度が少ないですが、他の類語を紹介します。 ・喜び ・幸せ ・心踊る ・心が弾む ・ときめき ・ワクワク ・ドキドキ ・胸騒ぎする ・胸が高鳴る 「幸甚」を使用上の注意点 「幸甚」を使うときには注意点があります。 多用・乱用を避ける 「幸甚」を使用する上でポイントとなるのは「幸甚」が「幸福の最高表現」ということです。 文章を書くときに丁寧にしようとして、何回も「幸甚」を使用してしまう場合があります。 しかしあまりにも多用してしまうと、相手にしつこい印象を与えたり、わざとらしくなったりして、言葉の重みがなくなってしまいます。 「幸甚」の乱用には気をつけましょう。 またメールのやりとりをするたびに「幸甚」を使うのも大袈裟なので、 「幸甚」は重要なここぞという場面で使うのが効果的です。 「幸甚」を使用する場合は、同一文章内では一つに留めることが大切になります。 親しい間柄では使用しない 「幸甚」はビジネスメールや手紙などの書き言葉として使うため、少々堅い表現になります。 そのため、目上の相手でも親しい間柄の相手に使ったら、よそよそしい・大袈裟な印象を与えてしまう可能性があります。 しかし、相手によっては「幸甚」を使った方が喜ばれるかもしれません。 相手との関係性を見て「幸甚」を使う、もしくは 「幸い」や「嬉しい」などといった言葉に言い換えるか判断すると良いでしょう。 何に対して幸せなのかを明確にする 「幸甚」は「この上ない幸せ」を表す言葉ですが、 少々曖昧な表現になります。 例えば、送った資料を確認してもらいたい場合に「ご確認いただければ幸甚です」とすると、「確認してくれたら嬉しいけれど、してくれなくても構わない」といった意味で受け取られる可能性があります。 必ず確認してもらいたい場合は、「至急ご確認いただければ幸甚です」や「何卒ご確認いただければ幸甚です」といったように「幸甚」の前に一言添える必要があります。 また「ご連絡いただけると幸甚です」といったように返答を求める内容のメールの場合、ただ「幸甚です」だけを使うと、 相手によっては返答を曖昧にされたり、場合によっては返答を先延ばしにされる可能性があります。 必ず返答がほしい場合は「今週中にご連絡いただけると幸甚です」というように、日時や日付を指定した上で「幸甚」を使うようにしましょう。 「幸甚」の英語表現 「幸甚に存じます」の英語表現を考えていきます。 していただけると幸いです」は、 ・It would be grateful if you would... ・I would appreciate it if you could... ・It would be much appreciated if you would... と表現します。 仮定法を使っています。 「もし... できたなら」「もし... していただけるなら」のように「if」の後に「would」「could」を使い現実可能を低く言うことで謙虚さを表現します。 かなり細かいですが、「would」より「could」の方がほんの少しだけ丁寧になります。

次の