エリア 51 襲撃。 「エリア51」ネバタ州レイチェルでUFOの秘密に迫る!

ロシアにも「エリア51」が存在? UFO論者

エリア 51 襲撃

スポンサーリンク エイリアンが秘密基地を襲撃する可能性があるの? UFO専門家はアメリカの秘密基地があるエリア51をエイリアンが襲撃する可能性があると懸念しています。 ネバダ砂漠にあるエドワーズ空軍基地の周りの1万平方キロメートルの敷地は、長い間エイリアンの陰謀説と関連してるされていました。 エリア51の施設に関連したプロジェクトに取り組んでいた専門家は現場への不法侵入の考えをやめるよう人々に求めました。 それには最高機密の基地に侵入を計画している人々にその行為が危険だと警告しました。 米軍は、エリア51への侵入者が厳重な対応をとるであろうと警告しています。 最後にエリア51に侵入しようとした人は撃たれてしまったようです。 エリア51はアメリカの訓練する場所なのか? 米空軍のスポークスウーマン、ローラ・マクアンドリュース氏はワシントンポスト紙に対し、「エリア51」は米空軍の訓練場所だと述べました。 エリア51は24時間体制で警備員によって巡回されています。 基地の周囲の看板は、訪問者に写真撮影は許可されておらず、侵入者に対して武力行為が使われることを示しています。 まとめ 本当にエリア51に襲撃があるのでしょうか?ただ単にアメリカの空軍が隠蔽しようとして侵入者を攻撃しているだけなのかもしれません。

次の

ナルト走りでエリア51を襲撃!?エリア51急襲イベントがついに決行されるも参加者は予想を大幅に下回る数に!方向性を見失ったエリア51急襲イベントの結末!エリア51付近の街の便乗企画も失敗か?

エリア 51 襲撃

アメリカのとある大学生が「アメリカ空軍の秘密基地『エリア51』をみんなで襲撃しよう。 全員を止めることはできないはずだ」という、大規模テロへの参加をインターネットで呼びかけたところ、現在200万人以上が参加を表明、空軍も念の為厳戒態勢に入るという事態に発展しました。 ことの起こりはジョークFacebookイベント このイベントを企画したのはアメリカの大学生、Matty Roberts。 「ちょっとクールで面白いことを投稿しよう、と思っただけなんだ」という軽いノリで投稿されたイベントが現在参加予定206万人、興味あり151万人のビッグイベントになってしまいました。 投稿者本人はあくまでもジョークのつもりで「誰かが傷ついたりするのは望んでいない」とのことですが……襲撃を持ちかけた場所が問題でした。 広がる炎 ネヴァダ州の砂漠の真ん中、エリア51といえば軍の秘密兵器開発プロジェクトにはじまり、政府とCIAの宇宙人とのコンタクト拠点である、エイリアンの死体が隠されている……など20世紀後半のあらゆる陰謀論と関係があるところ。 最初はジョークの分かる人たちばかりだけだったのですが、どんどん「ホンモノ」の人たちも興味を持ったようで、いろいろな襲撃計画が練られていきます。 plan of attack for storming Area 51 — tag yourself, im naruto runners — angel anguwu 空軍も半信半疑ながら動く それでもいやまさか本当に襲撃されるようなことはないだろう……というのが大方の予想ですが、それでも万が一、億が一について準備しておくのが軍隊。 空軍では警備ブリーフィングが行われており、その際、襲撃側の主要な防弾措置である「ナルト走り」について解説が行われた模様。 襲撃側は「ナルト走りなら弾に当たることはない」と言っており、一応検証はするようです。 担当者の表情が実にいいですね。 from とはいえ、有志が作成した襲撃シミュレーションを見る限りでは大丈夫そうな感じです。 襲撃開始まであと一ヶ月 襲撃予定は2019年9月20日。 参加者はもちろんのこと、いろいろな企業が非公式協賛イベントを企画してなかなかの盛り上がりっぷりです。 当初の主催者も 打ち出しており、襲撃の結果はともかくかなりのお祭り騒ぎになるのではないでしょうか。 ライブ中継ページが既に用意されています。 なお、実際に働いていた人によれば「宇宙人は見たことがない」とのこと。 こちらの証言の真実が明るみに出たりするのでしょうか。 ソース:.

次の

エリア51急襲イベントがついに決行。参加者は予想を大幅に下回ったがナルト走りは行われていた!(アメリカ) (2019年9月22日)

エリア 51 襲撃

エリア51の謎のピラミッドを確認してみると… グーグルアースで発見されたエリア51のピラミッド こちらはピラミッドが配置されている敷地の全体像です。 広さは縦が約150m、横が約300mあります。 左側のピラミッドの他に、中央には 地下に通じる出入り口のようなものが確認できます。 さらに右手にも、謎の建造物が確認できます。 謎のピラミッドの拡大写真 ピラミッドの大きさは、三角錐の底辺の一辺で 約45mあります。 ちなみにエジプトのピラミッドで、最大規模を誇るギザの大ピラミッドの底辺は230mです。 ギザの大ピラミッドは四角錐で、とうていその大きさには及びませんが、 けっこう大きな建造物であることが分かります。 単なるモニュメントではないでしょう。 そもそも立ち入り禁止の軍事施設エリアに、 ピラミッドのような洒落たデザインの建造物など無用のはずです。 何かしらの 必要性があって、ピラミッドを造ったとしか思えません。 ピラミッドの頂上にはスペースがあり、そこに通じるエレベーターらしきものも見えます。 頂上にヘリコプター(あるいは小型のUFO?)が着陸できるようになっているのでしょうか? ピラミッド建設中の流出写真か? 実は、ネットでこのような写真も発見しました。 詳細は不明ですが、 ピラミッド施設を建設している途中の写真のようです。 極秘扱いだと思いますが、米軍から流出してしまったのでしょうか? やはり 地下に通じている通路があるようです。 場所はいくらでも空いているのですから、これが地下の駐車場スペースのはずがありませんね。 ピラミッドの地下にも、何かしらの施設が存在しているものと考えられます。 ピラミッドは、いつ頃に建造されたのか? グーグルアースでは、時間を遡って過去の写真を見ることができます。 一番古いもので、 1998年8月18日撮影された写真が確認できました。 その時点でも、すでにピラミッドが存在しています。 現在に至るまで、合計7枚の写真が記録されていますが、それらの写真を見比べてみると、一部の施設が消えていたり、増えたりしている状況が確認できます。 この 敷地内の施設が継続して活用されていることが分かります。 グーグルアースに以下の座標を入力すれば、誰でも写真を確認することができます。 38"W 1998年8月18日の写真 2011年7月17日の写真(現在の最新更新) 謎のピラミッドの位置を確認 米国ネバタ州にあるエリア51 まずは、大きな位置関係を確認したいと思います。 エリア51は、 米国ネバタ州の砂漠にあります。 エリア51の全景 米政府はエリア51の存在を長らく明かしていませんでした。 しかし2013年になって、情報公開請求に基づきアメリカ中央情報局(CIA)が資料を公開するという形で、 エリア51の存在を公式に認めたという経緯があります。 そもそも謎に包まれた軍事施設なのですが、エリア51は通称であって、正式名称は「 グルーム・レイク空軍基地」です。 とはいえ、通常の空軍基地ではなく、 新型の航空機や兵器の開発・試験をする基地となっています。 このため、写真でも確認できますが、世界最長と言われる1万m近くの滑走路を備えています。 エリア51は 宇宙人との関連が絶えず噂されていますが、トップシークレットの軍事機密が進行しているために、長らく存在が明かされなかったという事情もあるのだと思います。 エリア51とピラミッドの位置関係 エリア51から、 直線距離で30kmほど離れた位置に、謎のピラミッドがあります。 エリア51との関連性を考えるには、近くもなく、遠すぎるというわけでもなく、微妙な距離ですね。 ピラミッドはS-4の施設にある? 実は、ピラミッドは「 S-4」と呼ばれる、もう一つの秘密基地に近い場所にあります。 S-4は、エリア51の背後の山を隔てた場所にあり、そこには 宇宙人との共同地下基地があると噂されています。 S-4があるとされるエリアは、もともと 原爆の実験場として使用されていました。 写真を見ると、幾つものクレーターのような穴が確認できますね? 1940年代以降の原爆実験の跡が、今も生々しく残されているのです。 放射能を恐れて、このエリアには軍人も近づきたがらないそうです。 しかし見方を変えれば、 秘密を保持するためには、このエリアは絶好の場所でもあるのです。 そこに目を付けて、宇宙人との共同地下基地を造ったとしても不思議ではありません。 ということは、謎のピラミッドも、宇宙人に関連した建造物なのでしょうか?.

次の