ロード バイク タイヤ 空気圧。 タイヤの空気圧って、どれくらい入れたら良いの?

タイヤの空気圧って、どれくらい入れたら良いの?

ロード バイク タイヤ 空気圧

2018年5月28日 [神戸六甲] スタッフブログ TREK Bicycle 神戸六甲 ストアニュースをご覧いただきありがとうございます! ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどの自転車の情報、 自転車のウェアやパーツ、神戸、西宮、芦屋などの周辺地域のサイクリング情報などいろいろと発信しております! タイヤの空気圧って、どれくらい入れたら良いの? ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイク(MTB)などのスポーツバイクの性能を引き出し、安全・快適に走る為にはタイヤの空気圧管理が非常に大事です。 私たちは「1週間に1回、少なくとも2週間に1度は空気を入れてくださいね」とお話しすることが多いのですが、スポーツバイクは「空気を入れる=タイヤの空気圧管理」だと考えていただきたいと思います。 しっかりとした「空気圧の管理」には、しっかりとしたポンプを。 写真は「BONTRAGER ReCharger Floor Pump」(ボントレガー・リチャージャー・フロアポンプ)。 しっかりとしたポンプには分かりやすい空気圧計が付いています。 空気圧計には「PSI」と言う単位と「BAR(バール)」と言う単位が併記されています。 どちらの単位で管理していただいても構いませんよ。 「ツーリングやライドに使う携帯ポンプじゃ駄目なの?」とのご質問も時々いただくのですが、「空気圧が分かりやすい」「しっかりと空気を入れられる」と言う点で、大きなフロアポンプを使っていただくべきです。 携帯ポンプは、あくまでツーリングやライド中の応急処置用のポンプとお考えください。 タイヤの適正空気圧はタイヤの太さで変わります スポーツバイクのタイヤの適正空気圧は、おおむねタイヤの太さによって変わってきます。 一般的に「細いタイヤ=高い空気圧」「太いタイヤ=低い空気圧」となります。 たとえマウンテンバイクでも、細いタイヤに交換したら適正空気圧は高くなりますよ。 ほとんどのタイヤには適正空気圧が記載されているので、タイヤを交換した場合は、そのタイヤの適正空気圧を確認してください。 「PSI」や「BAR」が主に使われている単位ですが、まれに「kPa(キロパスカル)」が表記されている場合があります。 100kpa=1BARなので、いろいろな単位が併用されている事を考えると「PSI」と「BAR」だと「BAR」の方が分かりやすいかもしれませんね。 適正空気圧をオーバーしたり下回ったりするとどうなるの? 適正空気圧を上回って空気を入れ過ぎると、乗り心地が悪いだけではなく、ホイールからタイヤが外れて中のチューブが破裂(バースト)してしまうおそれがあります。 万が一、走行中にそのような事がおこると非常に危険です。 また、タイヤやホイールにもダメージが加わり、使用不能になるかもしれません。 適正空気圧を下回ると、「パンクしやすい」「真っすぐ走りにくい」「曲がりにくい」「走行中にタイヤが外れるかもしれない」等のデメリットやリスクがあります。 ・・・とは言え、未舗装のオフロードを走るマウンテンバイクやシクロクロスなどでは、タイヤのグリップを高める為に適正空気圧以下で走っている人が多いのも事実です。 適正空気圧以下で走りたい人は、その場合のリスクを十分ご理解いただくようお願いします。 ロードバイクの適正空気圧 細いタイヤを装着し、速く走ることのできるロードバイクは、もっともタイヤの空気圧管理をしっかりしていただきたい自転車です。 6bar」。 同じサイズの「700 x 25c」であっても、メーカーやモデルによって適正空気圧は変わるのでご注意ください。 空気は自然にじわじわと抜けていきますし、少し抜けただけでも大きく空気圧が低下するので、空気圧管理が非常に重要です。 「空気圧は高い方が速い?」・・・必ずしもそうではありません。 一漕ぎ目が軽かったとしても、乗り心地が固くて疲れやすかったり、固すぎて走行中にタイヤが跳ねてしまうと推進力が失われるので継続的に速く走ることが出来ない場合があります。 同じ空気圧でも、乗り心地や走行感は、体重やフレーム、ホイールの特性次第で変わってきます。 いろいろと試して変化を楽しんでいただければと思います。 クロスバイクの適正空気圧 ロードバイクよりもやや太いタイヤが使われるクロスバイクは、おおむねロードバイクよりやや低い適正空気圧になります。 同じ空気圧でも、乗り心地や走行感は、体重やフレーム、ホイールの特性次第で変わってきます。 いろいろと試して変化を楽しんでいただければと思います。 クロスバイクは軽快な『FX』シリーズや、マウンテンバイク寄りの『DS(Dual Sport)』シリーズなど車種ごとのコンセプトで使われるタイヤが異なります。 タイヤの適正空気圧も様々なので、お使いのタイヤの適正空気圧を把握して下さい。 マウンテンバイクの適正空気圧 ロードバイクやクロスバイクと比べて、適正空気圧がはるかに低いのがマウンテンバイクです。 2」です。 4BAR」。 上限の空気圧ですら、クロスバイクやロードの下限の空気圧より低く設定されています。 オフロード系の自転車はトレイルやグラベルを走っていると、タイヤのグリップやクッション性を高めたくなって、どんどん空気圧を下げたくなってきます。 グリップやクッション性で納得できたら、タイヤの適正空気圧の下限を下回っていたなんてこともあります。 その場合はパンクしやすかったり、タイヤとホイールが外れてしまったり・・・なんてこともありえるので、リスクを理解して乗っていただければと思います。 BONTRAGER のフロアポンプは使いやすくてオススメです! ボントレガーのフロアポンプには様々なグレードがあるのですが、もっともベーシックな「ReCharger」でも、かなり使いやすくてオススメです。 また、日本で一般的なシティサイクル(ママチャリ)のタイヤに使われているイギリス式バルブ(Dunlop Valve)用の変換アダプターも付属しています。

次の

【ロードバイク】タイヤの空気圧の適正ってどれくらい?【詳しく解説】

ロード バイク タイヤ 空気圧

のタイヤ空気圧適正値 の 適正な空気圧は、実はタイヤに書いてあります。 わたしののタイヤを例にあげてみると 画像ではちょっとわかりにくいんですが、 「 6. 0-8. 0bar 85-115psi」という記載があります。 これは 6. 0~8. 0 [bar] 85~115 [psi] の範囲内で空気圧を調整してねっていうことです。 そのまんまですね。 barは バール と読みます。 barは、の本場ヨーロッパでよく使われている単位です。 以前は大気圧を表す一般的な単位でした。 psiはPound per Square Inchの略だそうです。 こちらはレースに強いアメリカで使われている単位です。 のタイヤに表記のある空気圧の単位はほぼ barか psiなので、 空気入れや空気圧計を買うときは、 barか psiの単位で測定できるものを選んだほうがいいです。 たまに見かける単位で kPaなんてのもあるみたいです。 キロと読みます。 こちらは最近の気圧の表記でよく使われるの単位ですね。 日本の平均気圧は約1013 hPa なんてことを、聞いたことがあるな~なんて思い出してしまいました。 ちなみに 1kPa キロ は、1,000Pa 、 1hPa は、100Pa です。 話はそれましたが、 のタイヤの空気圧は、タイヤに記載のある圧力の範囲内で調整してあげれば良いということです。 わたしは硬い方が好みなので 115psiぐらいにしています。 空気を入れる頻度はどのぐらいがいいんでしょう? タイヤの空気は自転車に乗っていなかったとしてもドンドン減っていきます。 以外の自転車に乗っているときは、空気を入れる機会はそんなに多くはなかったと思いますが、の場合はこまめに空気を入れることをおすすめします。 週一ライダーだとしても 2週間に1回ぐらいは空気を入れたほうがいいです。 1週間に1回空気を補充するぐらいでも、やりすぎってことはないと思います。 空気圧が低い状態だと、パンクしやすいリスクもありますし、体への負荷も高まります。 こまめに補充することを心がけると、安心して楽しいライディングができると思います。 空気圧を適正に保つには、空気圧計がついた空気入れが必須です。 わたしが使っているのはこちらの空気入れです。 値段もお手頃で、不便な点も全く無いので、色んな方にオススメしています。 オススメの空気入れ 空気入れ 便利な空気入れ ライディング中にパンクするなんてことも想定して、 携帯用の空気入れも常備しておくといいと思います。 わたしは幸運にもまだパンクしたことがないので、利用したことはないですが。 なんとなく名前と見た目がカッコ良かったので、LEZYNE レザイン の携帯用ボンベにしました。 LEZYNE レザイン の携帯用ボンベ あったら便利な空気入れ わたしは持ってないですが、 あったらいいな~というアイテム 自宅で空気入れるのも瞬時にバッチリできちゃうし、充電式なのでライディングのときに携帯もできちゃう優れもの。 バイクや車も所持している方なら、こちらの方がいいかもですね。 使用する用途によって空気圧も変えられるみたいです。 素晴らしい!! エアホークプロ まとめ• の空気圧はタイヤに記載がある範囲内で入れてください。 bar、psi、kPa、色んな単位がありますがお間違いのないように。 空気圧計のある空気入れを利用して空気を入れましょう。 charliex3.

次の

ロードバイクのタイヤ空気圧の適正値はどのぐらい?

ロード バイク タイヤ 空気圧

php on line 709 タイヤの性能を高めるにあたり、無視できないのが空気圧です。 初めてロードバイクに乗った時は、空気を入れる時にどのくらい入れればいいか分からず、パンパンにしてしまった・・・という方もいらっしゃることでしょう。 実は私もそうで、パンパンにしたタイヤでロードバイクの点検をしてもらったところ「空気いれすぎだよ・・・」と整備のお兄さんに呆れられたことがあります。。 その時になって初めて「え?空気っていっぱい入れればいいもんじゃないの??」と思ったくらい当時はタイヤと空気圧について無知でした。 空気圧によりタイヤの転がり抵抗や振動吸収力やグリップ力も変化します。 適切な空気圧でなければ、せっかくの高性能タイヤも十分な実力を発揮できずにただ摩耗してくだけの残念なタイヤになってしまいます。 空気圧の前にTPIを知る。 TPIって何? TPIとは、「Thread Per Inch スレッド パー インチ 」の略語であり、ケーシングの 1インチ 2. 54cm あたりの繊維の総数を意味します。 ケーシングはタイヤを構成する繊維のカタマリであり、空気 チューブ の受け皿となっています。 ケーシングはゴムと繊維(ナイロン、コットン、ケブラー、ポリコットン等)で出来ています。 この数値が低い場合、タイヤのケーシング(内側)内の繊維1本1本が太い繊維で構成されていることになります。 その場合、剛性が高く、タイヤの変形が少ないタイヤとなります。 逆にこの数値が高い場合、繊維は細く軽量で、より柔軟性の高いしなやかなタイヤとなります。 柔軟性の高いタイヤは、路面に合わせてタイヤの周りを柔軟に変形させることで路面の凸凹による振動を吸収することが可能です。 タイヤの変形が少ない。 グリップ力が上がる。 実際のタイヤTPIを見てみると・・・ では実際のタイヤで例を見てみましょう。 なん・・だと・・・? 一般的に耐パンク性能が高いコンチネンタルと、耐パンク性が低いと言われるミシュランが同じ最もTPIが高いではありませんか。 なんでも理論通りにはいかないものですね。。。 これはタイヤの表面であるトレッド部分の影響が高いからと考えられます。 コンチネンタルは周りを固めまくっていらっしゃる。 と、まぁ、何でも数値通りにはいかないものですね。 現在はタイヤの構成も複雑になってきて、タイヤ表面の性能もどんどん上がっています。 また、実際の走り心地は感覚的なものもあるので、必ずしもこのTPIの理論通りに従う必要はないかもしれません。 ただし! 空気圧に関してはこのTPIは重要な参考数値となります。 なぜならば、タイヤの空気とタイヤの表面を繋ぎ、路面の情報をロードバイクに伝える最重要ポジションを担っているからです。 なので、ここでTPIの意味を知っておくこは決して無駄ではないのです。 あーよかった・・・。 TPIと体重によって空気圧は変わる さて、ここからいよいよ適正空気圧の判断方法です。 と、その前に、空気圧には barと PSIという2つの単位があります。 8barとか7barとか。 PSI ピーエスアイ こちらはアメリカ表記です。 Pound per Square Inch ポンド・パー・スクエア・インチ の略。 相変わらず自転車の単位はややこしいですね。 ポンプによってはどちかの表記しかないこともあるので、当サイトでは標準単位をbarとして、できるだけPSIでの数値も表記したいと思います。 0665KPa 』で換算しています。 単位の変換を覚える場合には基本的には下記の通り覚えておけばよいでしょう。 細かい端数は四捨五入しています• 5 PSI• 07 Bar こちらの変換フォーマットおよびBarとPSI特集は からチェックして下さい。 タイヤに書いてある推奨空気圧は正しいか? ほとんどのタイヤにはタイヤの側面に推奨の空気圧が記載されています。 しかし、空気圧はロードバイク自体の重さやライダーの体重、TPIの数字によっても変化すべきです。 なぜならば重みやタイヤのしなやかさによって、空気圧を調整しなければ、路面によって適切に変形してくれるタイヤにならないからです。 一般的な考え方として、TPIが低いタイヤのほうが剛性があるため、タイヤの空気圧を低めに設定しグリップ力を高めます。 逆にTPIが高いタイヤはしなやかなので、空気圧を高めに設定し、パワーロスを防ぐようにします。 空気圧の違いと抵抗・グリップ力の違い 空気圧が高いタイヤと低いタイヤではもちろん走行時の感覚もだいぶ変わってきます。 顕著な項目が転がり抵抗の少なさと振動吸収性です。 これらは表裏一体な面があります。 空気圧が低いタイヤのほうが振動吸収性が高い• 空気圧が高いタイヤのほうが転がり抵抗がない これは空気圧が低いタイヤの方がタイヤが変形し振動を窮しやすくなり、空気圧が高いほうがタイヤが変形が少ないため路面に触れる面積が少なくなるからです。 なので、 空気圧は高すぎても低すぎてもダメなのです。 結局適正空気圧はどうやって測るのか? 空気圧はやはり「ライダー体重+自転車の重量」と「TPIの数値」によって決めることが望ましいです。 実はヴィットリア公式サイトにて、体重とTPIによって前と後ろの適正空気圧が分かる一覧があります。 これはあくまでもヴィットリア製のタイヤに当てはめての計測なのですが、体重とTPIによる適正空気圧の判断が可能です。 例えば、オープンコルサCX3を使用しているとすると、TPIは320なので一番上の赤の枠に当てはまります。 あとは体重によって前後の空気圧が変わるので、自分の体重を当てはめてみてください。 私の場合、自分のは体重53Kgなので、自転車の重量と合わせると、だいたい60Kgくらいでしょう。 適正空気圧は上から2番目の前7. 2 bar 105PSI 後ろ7. 6 bar 110PSI となります。 さらに!細かく適正空気圧を知りたいコダワリ派の方のために、自分の体重やタイヤのタイプによって、適正空気圧を算出してくれるアプリをヴィットリアが作っています。 各データの画面では以下の内容が条件指定可能です。 Casing:使用するタイヤのTPI数値を選択• すると前輪、後輪のそれぞれの適正空気圧が表示されます。 これはマジでめっちゃ便利です。 これまでケーシングまで考慮した空気圧の計算アプリんはありませんでしたが、これで自分に最も合うであろう空気圧を算出してくれます。 最終的には自分でテストして最適空気圧を決める いかがでしょう?ロードバイクタイヤの空気圧の重要性と適正空気圧の決め方の参考になりましたでしょうか?^^ 空気圧は細かいようですが、路面とタイヤとロードバイクを繋ぐとても重要な要素です。 ここで紹介した内容を基に是非試してみて下さい。 また、空気圧の調整に大きく関係してくる がありますので、併せてご確認下さい。 によっても空気の入れ方やメンテナンスが違ったりもします。

次の