武地美穂。 京アニ 武地美穂さん 大学院修了 ことし入社

キチガイ撮り鉄、京アニスタジオに放火、死者35人の惨劇続報 | akkiの鉄道旅行記

武地美穂

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 京都アニメーション第1スタジオで7月18日に起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、犠牲になった35人のうち25人の身元を公表した。 府警は今月2日に亡くなった10人の氏名などを公表しており、事件発生から40日を経て、犠牲者全員の氏名が公表された。 京アニの人気アニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「響け!ユーフォニアム」で、原作の小説をもとにアニメのキャラクターを描いた寺脇(池田)晶子さん(44)も含まれていた。 「涼宮ハルヒの憂鬱」や劇場版「響け!ユーフォニアム」シリーズで総作画監督も務め、京アニの取締役でもあった。 事件発生から犠牲者全員の身元公表まで40日かかった点について、府警の西山亮二捜査1課長は「ご遺族と会社側の意向を丁寧に聞き取りつつ、葬儀の実施状況を考慮し、慎重に検討を進めた」と説明した。 今月25日までに犠牲者全員の葬儀が終了したという。 府警は、25人のうち5人の遺族からは実名公表への承諾を得られたが、20人の遺族は拒否の意向だったと説明。 実名公表した理由について、西山捜査1課長は「事件の重大性、公益性から判断した。 報道機関や一般の方も非常に関心が高く、身元を匿名にするといろんな臆測も広がり、間違ったプロフィルも流れる。 亡くなった方やご遺族の名誉が傷つけられる」と話した。 京アニ側は先月22日、府警に対し、「プライバシーが侵害され、ご遺族が甚大な被害を受ける可能性がある」として実名公表を控えるよう要望。 京アニの代理人は27日、「度重なる要請や一部ご遺族の意向にかかわらず、実名が公表されたことは大変遺憾」とコメントした。 犠牲者の方々のプライバシーに配慮しながらも、お一人お一人の尊い命が奪われた重い現実を共有するためには、実名による報道が必要だと考えています。 年齢は事件当時。

次の

京アニ放火事件、25人の身元公表 全犠牲者明らかに:朝日新聞デジタル

武地美穂

八田陽子• 古川陽子• 井上俊次• 鶴岡陽太 原作 武田綾乃 (宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』) 原作イラスト アサダニッキ 脚本 花田十輝 絵コンテ 石原立也 チーフ演出 山田尚子 演出• 北之原孝將• 武本康弘• 小川太一• 澤真平• 太田稔 キャラクターデザイン・総作画監督 池田晶子 総作画監督 西屋太志 楽器設定・楽器作画監督 髙橋博行 作画監督• 丸木宣明• 角田有希• 岡村公平• 明見裕子• 丸子達就• 秋竹斉一• 池田和美• 門脇未来 原画• 浦田芳憲• 秋竹斉一• 唐田洋• 瀬崎利恵• 岡野文恵• 羽根邦弘• 山口平• 岩﨑菜美• 浅間英裕• 鈴木沙奈• 佐藤宏太• 白川亮介• 澤田早絵• 森崎志保• 宮城良• 栗木亜美• 髙橋真梨子• 牟田亮平• 河浪栄作• 佐藤達也• 引山佳世• 山村卓也• 太田稔• 羽土真衣子• 安藤京平• 熊野誠也• 北之原孝將• 山田尚子• 小川太一• 丸木宣明• 澤真平• 角田有希• 岡村公平• 明見裕子• 丸子達就• 渡邊紗也加• 黒田千温• 藤田紗英子• 松本葵• 草野すみれ• 横山由季• 加茂千夏• 徳山珠美• 宮原優介• 武地美穂• 大野由里加• 佐藤知美• 芳崎桃代• 以西芽衣• 糸川駿 動画検査 藤田奈緒子 動画• 村山健治• 端由美子• 中峰ちとせ• 中野恵美• 佐藤綾• 川﨑洋平• 紫藤晃由• 黒田比呂子• 池田さやか• 樫原教子• 多田夏美• 小髙文靖• 根来清夏• 宇田淳一• 石田敦志• 中西直樹• 宮地篤史• 杉谷智史• 疋田彩• 壬生麻衣子• 大野萌• 隈嵜那美• 松浦礼奈• 古川かおり• 井上真希• 臼木美奈子• 堀川一彦• 松村元気• 甲斐有紀子• 荻下祐子• 棗田麻奈美• 細田はな• 町田奈緒子• 川口聖矢• 中川怜奈• 坂下南帆• 西崎早菜• 松浦香奈• 川村和希• 小西宙矢• 大川由美 ST. BLUE• 李恩姬• 金映珠• 金志姬• 李惠眞• 李ソラ 神龍 火鳥動画制作集団 色彩設定・色指定 竹田明代 色彩設計補佐・色指定 大塚芙由紀 仕上• 今泉ひとみ• 下浦亜弓• 津田幸恵• 瀨森由貴• 大當乃里衣• 西山恵利香• 森ゆうき• 長谷川徹• 豊澤綾• 土居翔子• 佐々木里奈• 繁昌茜• 本位田侑紀• 高木理恵• 永安真由美• 大橋郁奈• 胡恵美• 佐々木祥子• 嶋智子• 川合靖美• 神原志津子• 牧佳栄子 ST. BLUE• 韓善鍾• 宋銀河• 金美蘭• 金正恩• 李廷淑 神龍 火鳥動画制作集団 FINE COLORs• 安藤のぞみ• 小山知子• 小松亜理沙• 鈴木咲絵• 比嘉あきの• 藤原道乃• 椛谷麻衣• 砂川あずさ• 村吉和奏 特殊効果 三浦理奈 美術・美術監督 篠原睦雄 3D美術 鵜ノ口穣二 背景• 細川直生• 笠井信吾• 平石朋基• 渡邊美希子• 山砥愛瑛• 長谷百香• 一山沙也香• 落合翔子• 内山周哉• 高山真緒• 山崎詩央里• 平床美幸• 田峰育子• 奥出修平• 竹山友紀子 ST. BLUE• 李天馥• 金之熙• 朴貞娥• 李美眞 アニメ工房婆娑羅• 板倉佐賀子• 丸山康司• 北井真理江• 池田一樹• 阿部江津子• 北山厚司 撮影監督 髙尾一也 撮影• 田中淑子• 植田弘貴• 船本孝平• 松本輝• 上野和樹 3D監督 冨板紀宏 3D監督補佐 加瀬達規 3DCG• 山本倫• 柴田裕司• 髙木美槻 文芸• 田中敦子 設定マネージャー 栗原一樹 制作チーフマネージャー 横田圭佑 制作マネージャー• 佐藤陽太郎• 藤田貴久• 安田早希• 張美花• 浅野杏菜• 山田杏菜• 韓アルム ST. オンライン編集• 金沢直樹• 石上大樹 カラリスト 鳥海重幸 デジタルシネマエンジニア 新谷彩 テクニカルコーディネーター 酒井教援 スタジオコーディネーター・マネージャー• 小島岳志• 小川輝 取材協力 京都クロスメディア推進戦略拠点 森脇清隆(京都文化博物館) 宇治市 京都府立莵道高等学校 京阪ホールディングス株式会社 京阪電気鉄道株式会社 京阪バス株式会社 京都府吹奏楽連盟 関西吹奏楽連盟 全日本吹奏楽連盟 京都府立山城総合運動公園 アクトパル宇治 吹奏楽部取材協力 京都府立東宇治高等学校 京都府立京都すばる高等学校 楽器関連協力 YAMAHAA 教本参考 『パワーアップ吹奏楽! コントラパス』 (鷲見精一 著/ヤマハミュージックメディア刊) 宣伝プロデューサー 小西隆之 宣伝• 山口真由美• 上田智輝• 後藤博紀• 鈴木菜月• 長尾拓馬 宣伝タイアップ 増岡秀紀 劇場宣伝• 三好英明• 鈴木麻由子 劇場営業• 樫村暢彦• 春山千晶• 濱田大輔• 伊藤達也 予告編制作• 川部智貴 ロゴデザイン 早川由加里 デザインコーディネーター 皆川健治 公式サイト制作• 久継茂信• 川端桃代• 友藤慎也 公式ホームページ anime-eupho. com 協力 中嶋嘉美 髙橋洋 京都府赤十字血液センター カルチュア・エンタテインメント 法務担当 村元克彦 海外販売• 横尾友美• 中村美香• 西口美希恵 商品化窓口 京都アニメーション グッズ制作• 神原宏昭• 黒田久美• 田島類子• 福島正人• 田辺幸• 山岡麻里沙• 木多浩海 サポーティングスタッフ• 三好一郎• 石立太一• 藤田春香• 高瀬亜貴子• 浜田奈津美• 岡田玲奈• 八田真一郎• 髙島龍平• 松尾恵里• 西川昌志• 佐藤綾乃• 川井田千春• 宮下三千翔• 竹西紘一• 松野京子• 上良百世• 大橋則子• 澤美穂• 栗田智代• 出口圭子• 広田裕介• 奥村智映子• 鈴木礼奈• 西村美緒• 南知左• 中川純佳• 西口幸佳• 塚田将太• 松下恭子• 野々上翠• 江田美穂子• 北岡なな子• 山森愛弓• 松田はる菜• 柏木平• 野口祐希 企画協力• 宇城卓秀(宝島社)• 下村綾子(宝島社)• 天野由衣子(コサエルワーク) 配給調整• 黒田康太• 飯塚寿雄• 向井地基起 配給 松竹 『響け!』製作委員会 京都アニメーション ポニーキャニオン バンダイナムコアーツ 楽音舎 アシスタントプロデューサー• 阪井利早• 臼倉竜太郎 プロデューサー• 大橋永晴• 中村伸一• 鈴木めぐみ• 鎗水善史• 斎藤滋 企画プロデューサー 八田英明 アニメーション製作 京都アニメーション 監督 石原立也.

次の

京アニ放火事件、25人の身元公表 全犠牲者明らかに:朝日新聞デジタル

武地美穂

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 京都アニメーション第1スタジオで7月18日に起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、犠牲になった35人のうち25人の身元を公表した。 府警は今月2日に亡くなった10人の氏名などを公表しており、事件発生から40日を経て、犠牲者全員の氏名が公表された。 京アニの人気アニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「響け!ユーフォニアム」で、原作の小説をもとにアニメのキャラクターを描いた寺脇(池田)晶子さん(44)も含まれていた。 「涼宮ハルヒの憂鬱」や劇場版「響け!ユーフォニアム」シリーズで総作画監督も務め、京アニの取締役でもあった。 事件発生から犠牲者全員の身元公表まで40日かかった点について、府警の西山亮二捜査1課長は「ご遺族と会社側の意向を丁寧に聞き取りつつ、葬儀の実施状況を考慮し、慎重に検討を進めた」と説明した。 今月25日までに犠牲者全員の葬儀が終了したという。 府警は、25人のうち5人の遺族からは実名公表への承諾を得られたが、20人の遺族は拒否の意向だったと説明。 実名公表した理由について、西山捜査1課長は「事件の重大性、公益性から判断した。 報道機関や一般の方も非常に関心が高く、身元を匿名にするといろんな臆測も広がり、間違ったプロフィルも流れる。 亡くなった方やご遺族の名誉が傷つけられる」と話した。 京アニ側は先月22日、府警に対し、「プライバシーが侵害され、ご遺族が甚大な被害を受ける可能性がある」として実名公表を控えるよう要望。 京アニの代理人は27日、「度重なる要請や一部ご遺族の意向にかかわらず、実名が公表されたことは大変遺憾」とコメントした。 犠牲者の方々のプライバシーに配慮しながらも、お一人お一人の尊い命が奪われた重い現実を共有するためには、実名による報道が必要だと考えています。 年齢は事件当時。

次の