動画 ダウンロード ランキング。 『最新』動画ダウンロードソフト比較ランキング

【2020 動画保存】動画ダウンロードフリーソフトおすすめ|動画ダウンロード無料

動画 ダウンロード ランキング

ダウンロードサイトのオススメランキング ダウンロードの説明がかなり長くなってしまったので、最初にサイト名だけの簡単なランキングを紹介しておきます。 サイト名をクリックすればそれぞれのサイトへ飛べます。 ランキング 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位MXONE 1位 ClipConverter. cc 『ClipConverter. cc』はYouTube動画をダウンロードできるサイトで一番オススメです。 音楽と動画の両方をダウンロードでき、よく使われる変換形式を一通り揃えています。 また、動画を切り取って保存することができるので、無駄な部分を削除してダウンロードすることができます。 慣れるまでは動画の切り取りが面倒ですが、ダウンロードするだけならすごい簡単です。 URLをコピペして変換形式を選択するだけでダウンロードすることができます。 簡単にダウンロードでき、ダウンロード形式や切り取りなどカスタマイズができるという点で1位になっています。 参考: 2位YouTube爆速ダウンロード シンプルで簡単という点ではNO1のダウンロードサイトです。 形式のカスタマイズが出来ないので2位になりました。 URLを貼って変換を押すと1秒くらいで変換が終わるので、形式を選択して保存するだけです。 ただ、画像で見ても分かるように広告がかなり貼られているので、広告を押さないように気をつける必要があります。 広告が多いのはデメリットですね。 3位dirpy 『dirpy』は音楽と動画のどちらでも保存できるサイトです。 『dirpy』は動画の切り取りとタグの編集をすることができるというメリットがあります。 『ClipConverter. cc』ではタグの編集はできませんからね。 ただ、変換形式の種類が『ClipConverter. cc』よりも少ないので、『ClipConverter. cc』の劣化版のような印象のため3位になりました。 4位Apowersoft フリーオンライン動画兼音声変換ツール 『Apowersoft』も音楽と動画の両方に対応しているダウンロードサイトです。 『Apowersoft』の特徴は変換形式の種類の多さです。 動画の変換形式では、MP4 AVI MOV WMV WEBM ASF MKV MPG 3GP DV SWF FLV VOBと、普段は使わないような形式まで対応しています。 変換形式は多いのですが、YouTubeの動画をダウンロードするだけならそんなに形式は必要はないため、4位になります。 5位offliberty 『offliberty』も音楽と動画の両方に対応したダウンロードサイトです。 他のサイトと同様にURLをコピペして変換保存するタイプです。 ただ、『offliberty』は変換形式がかなり少ないです。 音楽ならMP3、動画ならMP4しか対応していません。 YouTubeの動画ならMP3とMP4の形式で十分なのですが、一応『ClipConverter. cc』くらいの変換形式は欲しいところです。 『offliberty』は変換形式の少なさから5位になりました。 スポンサーリンク 6位 TokyoLoader 『TokyoLoader』はダウンロードサイトではなく、PCにインストールして使用するダウンロードツールになります。 なので一度インストールする必要があるのですが、インストール後はワンクリックで動画を保存することができます。 OSはWindows・Macの両方に対応、IE・Chrome・Firefoxなどの主要ブラウザにも対応しています。 ワンクリックで保存できるのでかなり便利なのですが、PCにインストールする必要があるので6位になりました。 7位Vid-DL — 動画ダウンロード保存支援ツール 『Vid-DL』はシンプルで使いやすいダウンロードサイトです。 他のサイトと同様にURLをコピペして変換保存できます。 『Vid-DL』はYouTubeだけでなく、他の動画サイトの動画も保存することができるという特徴があります。 ただ、保存できない動画が意外と多いというデメリットがあるため、順位は7位となります。 8位FLVTO 『FLVTO』は他のサイト同様に音楽と動画の両方に対応しているダウンロードサイトです。 シンプルなダウンロード方法で使いやすいのですが、変換形式が少ないという点で8位となります。 9位 KeepVid 『KeepVid』はURLを入力するだけで変換保存できるダウンロードサイトです。 他のサイト同様にシンプルなダウンロード方法なのですが、• 海外サイトのため英語が読めないと使いにくい• 変換するときにエラーが起こりやすい という2つのデメリットがあるので順位は9位となります。 一応YouTubeの動画をダウンロードできるので紹介しましたが、あまりオススメはできないサイトです。 特別編:MXONE MXONE 『MXONE』は有料ソフトなので特別編として紹介していますが、他の無料サイトと比べると使いやすさは抜群に良いです。 有料ソフトなんだから当たり前と言われてしまえばそれまでなのですが、 変換保存の速度・高音質・サポートといった点で他のサイトから頭二つくらい抜けています。 再生時間が30分以上の長い動画を保存するときにぴったりのソフトです。 再生時間の長い動画だと他の無料サイトの数倍は変換保存が早く終わります。 長編動画を頻繁に保存していて音質や画質に拘りたいっていう人にはオススメのソフトだと思います。 ダウンロードするときの注意点 これから紹介したサイトを使ってYouTubeの動画をダウンロードすると思いますが、違法ダウンロードをしないように気をつけて下さい。 無料動画としてアップされていたとしても、映画やアニメなどの著作権が関わってくる動画は違法にアップロードされた動画です。 ダウンロードサイトを使えばそういった動画もダウンロードできるのですが、違法なのでやらないようにしてください。 参考:.

次の

【無料動画ダウンローダー】動画をダウンロードできるおすすめランキング

動画 ダウンロード ランキング

動画の作成ができるのはプロだけという時代は終わり、今では誰もが好みの動画を作れるようになりました。 YouTubeなどの動画配信サービスが人気ですが、それに合わせてWindows・Macなどのパソコン上で動画編集ができるソフトも数多く販売されています。 しかし、プロが使っているモデルから初心者に優しいものまで種類が豊富で、一体どれを選んだらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、動画編集を始めてみたい方や、よりよいソフトがあれば乗り換えたいと考えている方向けの 選び方や、おすすめの有料動画編集ソフトを人気ランキング形式でご紹介します。 自分に合っている動画編集ソフトを見つけて、クリエイティブな作品をつくりましょう! 動画編集ソフトの中には、プラグインという機能の追加や他のソフトとの連携を通して、よりクリエイティブに特化したものもあります。 例えば、動画内の被写体にグラフィックや静止画を追跡させる「モーショントラッキング」加工、またハリウッドなどのアクション映画のような加工を行いたい場合は、3Dソフトやエフェクトの生成・追加ソフトと連携することも可能です。 無料で連携できる場合もありますが、基本的には有料ソフトとの連携が多いです。 そのため一時的に動画編集をしたい方や、そこまで凝った編集をしない方には必要ないかもしれません。 ただ素材を切って貼って完成するだけではなく、作品として動画を作りたいというハイアマチュア・プロを目指す人向けの機能と言えるでしょう。 ドイツ生まれの本格マルチメディアソフト、Nero。 25年の歴史がある本ソフトは、現在も進化を続けています。 その進化を象徴するのがスマホアプリとの連携。 スマホ内のデータをPCにササッと移して、動画編集に活用することが可能です。 Neroの操作にまだ慣れていない方は、まずは「エクスプレス編集モード」から使うのがおすすめ。 シンプルに操作でき、わかりやすいですよ。 エクスプレス編集モードで作ったものをあとから「拡張編集モード」でさらに凝ったものにすることもできます。 対応OS Windows10・8. 1・7 SP1以降(Windows 7 Starterでは動作不可) CPU(動作環境) Intel Pentium または AMDプロセッサ 2. 0GHz相当以上 メモリ(動作環境) 1GB 以上 ハードディスク容量(動作環境) 5GB以上(フルインストール時) グラフィックス(動作環境) Microsoft DirectX 9. 0準拠のグラフィックスカード プラグイン・連携ソフト Nero モバイル端末用アプリ 推奨ユーザー 中級者〜上級者 本製品の大きな特徴は、 使いたい写真・ビデオ動画と演出テンプレートを選ぶという2ステップで、あっという間にプロが作ったような仕上がりの動画が完成するということ。 素材も豊富にあるので、あなたが気に入る演出がきっと見つかるはずです。 素材にする動画の長さを調整したり、写真や動画の質感を変えたりといったことも可能。 ただし、あまり凝った編集はできないので、「ある程度ソフトにお任せして動画を完成させたい!」という初心者におすすめです。 対応OS Windows10・8. 1・7 CPU(動作環境) Intel Core 2 Duo以上 メモリ(動作環境) 2GB以上 ハードディスク容量(動作環境) 2. 6GB以上 グラフィックス(動作環境) - プラグイン・連携ソフト なし 推奨ユーザー 初心者 撮影したたくさんの写真や動画をより素敵な形で残したい方におすすめのソフト。 簡単操作で、まるで映画のワンシーンのようなフォトムービーができあがります。 一画面に最大4枚の写真を表示可能なのは嬉しいポイント。 より演出の幅を広げることができます。 急な頭出しを防ぐために空白を挿入する機能があるなど、実際に再生することを考えて作られた機能もありがたいですね。 対応OS Windows10・8. 4GB以上 グラフィックス(動作環境) - プラグイン・連携ソフト なし 推奨ユーザー 初心者 せっかくの結婚式、せっかくなら美しい映像で彩りたいものですよね。 そんな時には「みんなのフォトムービー10 Wedding」がぴったり。 4K対応で、美しいフォトムービーを作成できますよ。 本格的な動画編集ソフト「Nero」シリーズの機能を使っていることもあり、ある程度凝った編集も可能。 こだわり派の方も納得できる製品です。 対応OS Windows10・8. 1・7 SP1以降(Windows7 Starterでは動作不可) CPU(動作環境) Intel Pentium または AMD プロセッサ 2. 0GHz 相当以上 メモリ(動作環境) 1GB以上 ハードディスク容量(動作環境) 5GB(フルインストール時) グラフィックス(動作環境) - プラグイン・連携ソフト なし 推奨ユーザー 初心者〜中級者 世界中の放送局やビデオ制作現場でプロに愛される「EDIUS Pro 9」。 4KやHDといった高画質なフォーマットをパワフルかつリアルタイムに編集することができます。 ありがたいのが、 さまざまなフォーマットを変換無しでネイティブに編集できるということ。 これによって、制作時間を短縮し、よりスピーディーに編集することが可能になりますよ。 対応OS Windows10・8. 0c以降、および PixelShader Model 3. 0以降以上に対応したGPU プラグイン・連携ソフト Amplify 6・Total FX 5・Robuskey・Vistitleなど 推奨ユーザー 上級者 写真や動画を取り込むと、自動でベストなシーンを選んでくれるというユニークな機能が搭載されたソフト。 手間を掛けずに盛り上がる動画を作成したい時に便利です。 高画質な写真素材が1,000点も入っているというのはありがたいポイント。 動画の素材や装飾として活用することができます。 ユニークなフォントを使うこともできますよ。 対応OS Windows10・8. 1 CPU(動作環境) Intel Core i3 または AMD A4 3. Pro版よりは機能が限定されているものの、十分クリエイティブといえる動画を作ることができますよ。 特に、 AI技術「Adobe Sensei」を用いた自動動画作成機能はとても便利です。 粗い映像をキレイに補正したり、独創的なコラージュを作成できたりと、オシャレな動画に仕上げるための機能が満載。 さらに、Photoshop Elementsと連携が可能な点も魅力的です。 対応OS Windows10・8. 1/MacOS10. 13〜10. 15 CPU(動作環境) SSE2をサポートする2GHz以上のプロセッサー(Win)/インテルマルチコアプロセッサー(64-bit対応必須)(Mac) メモリ(動作環境) 4GB以上 ハードディスク容量(動作環境) 6. 1GB以上(Win)/8GB以上(Mac) グラフィックス(動作環境) Microsoft DirectX 9または10互換のディスプレイドライバー(Win) プラグイン・連携ソフト Photoshop Elements 推奨ユーザー 初心者〜中級者 「動画編集には不慣れだけど、フォトムービーだけじゃなく動画素材をつなぎ合わせたムービーも作ってみたい!」という方には本製品がおすすめ。 ちょっとした動画編集を、直感的に行うことができます。 写真・動画の切替効果が26種類収録されているため、 ページをめくるようなおしゃれな演出も可能。 本格的な編集がしたい方には少し物足りないかもしれませんが、動画編集初心者の方にとってはかゆいところに手が届くようなソフトとなっています。 対応OS Windows10・8. 1・7 CPU(動作環境) Intelプロセッサ 2GHz以上(または同等の互換プロセッサ) メモリ(動作環境) 2GB以上 ハードディスク容量(動作環境) 4GB以上の空き容量 グラフィックス(動作環境) - プラグイン・連携ソフト なし 推奨ユーザー 初心者 あの 「ゼクシィ」にも掲載された、結婚式向けの動画編集ソフト。 結婚式用の動画はこれ1本で作ることができます。 フローラルパック・ゴージャスパック・カントリーパック・スパークルパックといった、5つの異なる世界観のテーマエフェクトが搭載されていて、好みの世界観を演出できますよ。 自由度が高い編集ができるのに、直感的な操作が可能なわかりやすいUIも魅力的。 機能が充実しているので、結婚式が終わった後も繰り返し使いたくなるソフトです。 対応OS Windows10・8. その人気の高さは、5年連続国内販売シェアNo. 1だということからも伺えます。 クロマキー合成や編集作業の効率化など、便利な機能が満載の本製品。 動画編集未経験の初心者の方から、凝った編集にもチャレンジしたい方まで、満足できるソフトとなっています。 今はまだ動画編集に不慣れだけど、ゆくゆくは得意にしたいと思っている方にもおすすめですよ。 対応OS Windows10・8. フォトムービー8 デジカメde!!ムービーシアター7 Nero Platinum 2020 Unlimited 特徴 5年連続国内販売シェアNo. 使いやすい動画編集ソフト 「ゼクシィ」掲載の結婚式向け動画編集ソフト フォトムービーだけじゃ物足りない初心者の方に AI技術を用いて、思い出をハイライトした動画を自動生成できる 自動でベストなシーンをチョイスする機能を搭載 放送局やプロフェッショナルビデオ制作現場で選ばれるソフト 4K対応の美しいフォトムービーが作れる お持ちの写真や動画が素敵なフォトムービーに 2ステップでまるでプロが作ったような仕上がりに 25年の歴史があるソフト。 スマホとの連携が便利 最安値 対応OS Windows10・8. 1・8・7 SP1以降 Windows10・8. 1・8・7 Windows10・8. 1・7 Windows10・8. 1/MacOS10. 13〜10. 15 Windows10・8. 1 Windows10・8. 1・7 SP1以降 Windows10・8. 1・7 SP1以降(Windows7 Starterでは動作不可) Windows10・8. 1・7 Windows10・8. 1・7 Windows10・8. 0 GHz 以上 Intel Core 2 または Intel Core iX CPU 以上、3 GHz 以上の速度をもつ Intel または AMD のシングルコア(複数の CPU またはマルチコアCPU を推奨)、SSSE3(Supplemental SSE3)のサポート Intel Pentium または AMD プロセッサ 2. 0GHz相当以上 メモリ(動作環境) 4GB以上 4GB以上 2GB以上 4GB以上 4GB以上 4GB 1GB以上 1GB以上 2GB以上 1GB 以上 ハードディスク容量(動作環境) 10GB以上 10GB以上 4GB以上の空き容量 6. 4GB以上 2. 0c以降、および PixelShader Model 3. 0以降以上に対応したGPU - - - Microsoft DirectX 9. 0準拠のグラフィックスカード プラグイン・連携ソフト なし なし なし Photoshop Elements なし Amplify 6・Total FX 5・Robuskey・Vistitleなど なし なし なし Nero モバイル端末用アプリ 推奨ユーザー 初心者〜中級者 初心者〜中級者 初心者 初心者〜中級者 初心者〜中級者 上級者 初心者〜中級者 初心者 初心者 中級者〜上級者 商品リンク•

次の

2020動画保存を簡単に!Windows&Mac動画ダウンロード無料ソフト&アプリ・サイトおすすめランキング

動画 ダウンロード ランキング

YouTube、ニコニコ動画などの人気高い動画配信サービスを視聴するとき、あるいはSNSで面白い動画を見つけるとき、これらの動画をダウンロードしようとしますが、安全なダウンローダーがなければうんざりしているでしょう。 多数の動画ダウンロードソフトはパソコンにインストールしない限り使えませんので、無理やりソフトをインストールさせられたら迷惑ですね。 しかも、インストール必要がある動画ダウンロードソフトは長時間の動画ダウンロードには料金を払いなければなりません。 だから、今回はインストール不要で、数クリックだけですぐ無料かつ安全にYouTubeやニコニコ動画、SNSなど様々な動画がダウンロードできるいくつかのダウンローダーをご紹介します。 無料かつ安全に動画をダウンロードしましょう 1、「VideoSolo 無料動画ダウンローダー」にアクセスする まず、以上のリンクをクリックして、「」にアクセスしておきます。 2、ダウンロードしたい動画のURLをコピーする パソコンでダウンロードしたい動画サイトを開き、その動画ページのURLをコピーします。 3、コピーしたURLを入力欄に貼り付ける そしてダウンロードサイト画面の入力欄に先コピーしたURLを貼り付けてください。 4、動画のダウンロードを開始する URLが貼り付けられたら、入力欄右にある 「ダウンロード」をクリックすると、サイトの下に動画ダウンロード項目のリストが表示します。 需要の形式と画質を選択して 「ダウンロード」をクリックしてダウンロードを開始します。 これで、動画配信サービス上の動画を無料でダウンロードできました。 とても簡単でしょう。 2、 オンライン動画の最高画質そのままでダウンロードしようとする場合、大好評を受けられている「」 がおすすめです。 このソフトは144Pから4K、8kまで、UHDなどの解像度もサポートします。 複雑な操作が必要なし、再生ページのURLがあれば手軽に動画をダウンロードすることができます。 お気に入りの動画をMP4に変換してダウンロードできます。 画質と形式も需要によって選択できます。 使い方はほぼ同じで、URL分析によってダウンロードを行いますが、やはりYouTube動画専用のダウンローダーであるため、ほかの動画サイトの動画ダウンロードには少し時間がかかりるようにご注意ください。 シンプルにフォローしているユーザーのビデオをMp4にダウロードできます。 気に入った動画が見つかったら、その動画上で右クリックして、現れたコンテキストメニューから 「動画URLを表示」を選択してから、URLをコピーし貼り付け、ダウンロードボタンを押すと数秒でビデオが手に入ります。 まとめ ということで、こういうようなインストール不要なWeb型動画ダウンローダーを使えば、様々な場所の動画をダウンロードできるのが非常に便利ですよね。 でも以上紹介したダウンローダーはそれぞれ特化した部分があるので、自分に場合によって相応しいものを選択すればよいです。 ユーチューブならYouTube動画に特化した「」 SNS動画ならTwitter動画に特化した「」 その他の動画サイトであれば、万能ソフト「」 というように、それぞれの機能によって使い分けた方が良いものかもしれません。 その中に、対応数が多い「」が一番おすすめです。

次の