お待ちいただける。 Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)

新型コロナ対策として、受診までお車でお待ちいただけます

お待ちいただける

「お待ちください」を使ったその他の言い回し お待ちくださいませ 「ませ」は丁寧を表す助動詞「ます」の命令形です。 「いっらしゃいませ」「ご覧くださいませ」といったように、接客業などで多々活用されています。 「くださいませ」は相手に何かしてほしいときに、その行動を行うように促す言葉です。 ですので 「お待ちくださいませ」は、相手に待っていることを促す表現になります。 「お待ちください」というよりも 「お待ちくださいませ」といった方が、丁寧で柔らかい印象を与えられます。 「くださいませ」は柔らかい印象の言葉のため、主に女性が使用することが多いです。 「お待ちください」は丁寧な言い方ですが、命令形の言葉なので、何度も使用したり、強い口調で使ってしまうと失礼に当たる可能性があるので、使用する際は気をつけましょう。 今しばらくお待ちください 「しばらく」は「少しのあいだ」「しばし」を意味しています。 「今しばらく」は「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われます。 「今しばらく」は長時間または長期間、相手を待たせてしまう場合には使用できません。 「今しばらく」を長い間待たせる場合に使ってしまうと、相手が思っている以上に待たせることとなり、非常に失礼になってしまいます。 しばしお待ちください 「しばし」は「少しのあいだ」「ちょっとのま」を意味しています。 「しばしのお別れ」「しばしのご歓談」なんて言いますよね。 「しばし」は「今しばらく」と同様に、「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、 やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 少々お待ちください 「少々」は、「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「少々」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、 「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「少々お待ちください」は顧客の応対などで頻繁に使いますが、ビジネスメールにおいてもよく使用されます。 例えば質問や依頼など、考えたり調べなくてはいけない場合に「ご返答まで少々お待ちください」「こちらで確認いたしますので、少々お待ちください」などと使うことができます。 もう少々お待ちください 「もう」は「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」、「少々」は「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もう少々」は、すでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかってしまった場合に使います。 「少々お待ちください」というよりも「もう少々お待ちください」といった方が、相手を待たしてしまう時間が長いイメージになります。 少しお待ちください 「少し」は「数量・程度などが少ないこと」「いささか」を意味しています。 「少しお待ちください」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 「少しお待ちください」は「少々お待ちください」と非常に似ています。 「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の使い分けとしては、会社の方針によってどちらかを使用するか異なるだけで、明確な違いはありません。 ただ「少しお待ちください」と言うよりも 「少々お待ちください」と言った方が、何となく丁寧な感じがしますよね。 「お待ちいただく」を使った言い回し お待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、「お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 お待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「お待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「待ってもらってもよいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。 「お待ちください」への返信は? 転職などで企業から「お待ちください」と連絡がくることがありますが、どのように返信するのが正しいのでしょうか? 返信は必要ないだろうと思うかもしれませんが、連絡してくれたことに対して返信をすれば、相手に良い印象を与えることができます。 「お待ちください」ときたら、メールをくださったお礼と、連絡を待っている旨を簡潔に記して返信をするのが良いです。 例文 ・お忙しい中、貴重な時間を割いていただき感謝いたします。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しい中、お返事をいただきましてありがとうございます。 ご連絡お待ちしております。 ・承知いたしました。 ご多忙にも関わらず、ありがとうございます。

次の

【楽天市場】キングジム アルコールディスペンサー「テッテ」 TE500シロ※2020年10月中旬入荷分予約受付中(ノースウェブ)

お待ちいただける

2.文末の表現を「基本形」「疑問形」「命令形」などに変化させて比較してみる。 「この問題についてお考えいただく」と「この問題についてお考えくださる」を比べてみましょう。 「お考えいただく」は「依頼」、「お考えくださる」は「感謝」の気持ちが感じられますが、命令として「お考えいただきたい」「お考えください」と使った場合には、こちら側からの依頼が含まれる「お考えいただきたい」の方がきつく感じられると思います。 やはり「いただく」にはこちらの思いが強く含まれていることがわかります。 例文の「少々お待ちいただけますか」と「少々お待ちくださいますか」は、「〜か?」という疑問形=依頼の表現です。 「こちらからお願いして待ってもらう」のですから「お待ちいただく」という表現の方がふさわしいということになります。 相手から「待たせてもらいます。 」と意思表示された場合には「お待ちくださる」と表現するのがよいでしょう。 「くださる」は相手の気持ちを受けるので「えっ、お待ちくださるのですか!?」「私みたいな者を好きだといってくださるのですね・・」という感情的な表現ができるということです。 逆に「〜くださる」がなじまない場合があります。 たとえば、こちらから無理にお願いして何かをしてもらう場合です。 「手伝っていただけることになりました」とは言えますが、「手伝ってくださることになりました」とは言えません。 後者の表現では、相手が自主的に手伝おうとしているように感じてしまうので、ニュアンスが違います。 整理すると以下のようになり、「いただく」「くださる」にはそれぞれ3つの基本的な意味があることがわかります。 A.待っていただく(依頼) B.お待ちいただく(依頼) C.お菓子をいただく(もらうの謙譲表現) A.待ってくださる(尊敬・感謝) B.お待ちくださる(尊敬・感謝) C.お菓子をくださる(くれるの尊敬表現) どちらにしても相手に対する働きかけの表現なので、「すみませんが、そこの本を取っていただけませんか」と「すみませんが、そこの本を取ってくださいませんか」などのように感謝や尊敬の気持ちをこめて依頼する一般的な行為には、厳密な使いわけは必要ないといえます。 「こちらが無理にお願いする場合」「相手がぜひしたいと意思表示してくださった場合」に限り使いわけるのが自然でしょう。 書面で表現する場合ならともかく、その場でぱっと表現しなければならない会話の中では、現在ではこの2つの表現はほぼ同じ意味あいを持っていると言えるでしょう。

次の

Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)

お待ちいただける

自動スプレー装置ボトル 納期設定の割には早い納期でした。 使用勝手がもっと良いかと思ったがそれほど良いとは感じない。 先ずスプレーが細かい霧状かと思ったが全くドボドボの噴霧で手に付いた感じが液状で霧状ではないので使い勝手が悪い。 余ったアルコール液を保管ボトルに移し替えるのに移し替えが困難。 値段が高い割に利便性、使い勝手が悪い、ドボドボ噴射で受け皿が小さくはみ出してしまうなど値段に比して長納期でもあり評価出来る点が全く感じられず大失敗であった。 自動スプレーは他に安価でかっこよいものがたくさんあり実用的な物が他にある。 今回は大失敗であった。 容量も1リットルであって欲しかったし。 このレビューは参考になりましたか? 1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg?

次の