三国志ブラスト リセマラ。 三国志ブラストの呂布やurキャラの入手方法・ガチャについて。

【三国志ブラスト】リセマラは必須ではない!その理由を解説!

三国志ブラスト リセマラ

目次 最強URキャラランキング 1位:司馬懿 キャラ性能&個別評価 ランダムで敵4体にダメージを与えられるキャラ。 その為、敵数に関わらず効果を発揮出来るのがポイント。 怒りスキルは ランダム4体ダメージ+30%の確率で目標の怒りが2ポイントダウン+敵全体のダメージ軽減15%ダウン+味方全体回復と中々詰め込んだ効果となっている。 攻撃目標が4体と多い分、 単発の火力は若干低めに設定されているが、それを補うスキル効果。 特に攻撃と同時に回復を行える為、ヒーラーとしての役割も兼ねる優秀な性能。 回復だけでなく他のサポート能力も優秀なので、URキャラの中でもかなり強力。 怒りスキルの威力は非常に高く、同時に50%の確率で自身の怒りを2ポイント回復。 単体特化の性能となっているので、 殲滅力は当然低い。 しかし、 火力の高さでいえばトップクラスの性能を誇るキャラとなっているので活躍の場は広め。 むしろ確実に敵の息の根を止められる為、半端に攻撃範囲が広いキャラを狙うよりもオススメ。 3位:黄月英 キャラ性能&個別評価 攻撃対象が敵一列のキャラ。 自身の火力自体も高く、それでいて味方の火力を底上げ出来る非常に優れた性能を誇る。 尚且つ対象はランダムだが80%と高確率で味方1体の怒りポイントを回復出来るのも魅力。 敵の体力が増加する後半は火力の高さは必須。 そういった意味でも獲得出来れば便利なキャラといえる。 4位:荀イク キャラ性能&個別評価 前列を優先して攻撃するキャラ。 怒りスキルでは 高威力の前列攻撃に加え、敵全体のダメージ20%ダウン+流血付与に継続ダメージを狙える。 尚且つ 怒りスキルが4以下の武将に対しては追加ダメージを行える為、敵の怒りポイントを下げるキャラとの相性も良い。 シナジーを得やすく、火力を出しやすいキャラなので火力枠として優秀。 攻守において優れた性能を持ち、戦闘を優位に運べる点が魅力なキャラ。 何より味方に対しての恩恵が大きく、パーティの生存率アップに貢献出来る点が魅力。 5位:貂蝉 キャラ性能&個別評価 ランダムで敵3体に対してダメージを与えられるキャラ。 怒りスキルでは 20%の確率で封印を付与し、耐CR率が20%ダウン。 尚且つ 目標の内、HP割合が最も低い敵に対して追加ダメージを与えられる。 封印は敵のスキルを制限する効果となっており、確率は低いが発動すれば被ダメージ軽減に繋がる。 HP割合が最も低い敵に対して追加ダメージを狙える為、敵数を確実に減らす場合にも便利。 火力は割とあるものの、似た攻撃範囲の司馬懿は同時に全体回復が可能。 生存率を底上げしたいのならを狙う方がオススメ。 6位:孫策 キャラ性能&個別評価 目標と隣のユニットに対してダメージを与えられるキャラ。 その上、 50%の確率で自身の怒りを4ポイントも回復出来るなど味方よりも自身への恩恵が大きい。 攻撃範囲がやや使い辛いのはネックだが、スキルの回転率を上げられる点は大きなメリット。 特に強敵と対峙した際にはスキルを連発出来るチャンスが多いのも嬉しい。 7位:典韋 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が敵一列のキャラ。 火力も高く、怒りスキルでは 35%の確率でめまい付与。 序盤では怒りスキル発動時までに敵のHPがそこまで残る事は少ないが、後半では多い。 その為、後半になるほど火力の高さを実感出来るタイプ。 敵のHPが50%を切った時点で追加ダメージの発生がなくなる為、火力が下がる点はネック。 周回要員としては優秀な性能といえる。 8位:郭嘉 キャラ性能&個別評価 攻撃対象が全体のキャラ。 確率ではあるが、一気に敵の怒りポイントや火力を下げられるので被ダメージ軽減に大きく貢献可能。 特には敵の怒りポイントが4以下の場合に追加ダメージが発生するスキルを持つ。 URキャラ同士を同時に編成させるのは若干難易度が高いが、大きなシナジーを得られる点も魅力。 勿論、荀イクとの編成を行わなくても敵の怒りスキル発動を遅延する点でも役立つ。 火力にやや難有りとなっているので、そこは編成で補うようにしたい。 9位:諸葛亮 キャラ性能&個別評価 攻撃対象が全体のキャラ。 威力自体は低いが、全体攻撃を行えるキャラは一気に敵のHPを削れるので周回で便利。 さらに怒りスキルで HP50%以上の目標に追加ダメージ+味方全体のパリィ率を15%アップと攻守に優れた性能。 尚且つ 味方武将の数が敵より少なければ、敵全体の怒りを2ポイント吸収まで出来る強力な効果。 も同条件で追加ダメージを与えられるが、範囲はこちらの方が上。 全体を対象としている分、追加ダメージが発生しやすいのも大きなメリット。 ボスに対してより周回要員としての運用がオススメ。 ボスと同時に出現する雑魚の体力を削る意味合いなら十分ボス戦でも運用可能。 10位:劉備 キャラ性能&個別評価 攻撃対象が前列のキャラ。 敵の火力を大きく下げることが出来る上に、味方全体にダメージ補正20%と火力の底上げまで可能。 に比べて攻撃対象が狭いのはネックだが、その分付与確率が高めに設定されているのは魅力。 11位:甘寧 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が前列のキャラ。 他のURキャラに比べるとやや効果が少ない点はネック。 とはいえ、35%の確率で敵の行動制限を行える点は優秀。 同範囲の怒りスキルを持つ典韋はめまいを付与出来る上、敵の防御力を無視したりと自身の火力面は優秀。 火力面を底上げしたいならを、パーティの被ダメージを下げたい場合には甘寧を狙うと良い。 12位:小喬 キャラ性能&個別評価 敵後列を優先して攻撃出来るキャラ。 怒りスキルでは 40%の確率で怒りを2ポイントダウン+ダメージ軽減を20%ダウンを付与。 さらに、 目標範囲の中から最もHP割合が高い敵に対して追加ダメージを与えられたりと優秀なキャラ。 後列の敵はダメージを与え辛く、撃破前に怒りスキルを使われやすい。 その為、後列を優先して攻撃出来たり怒りポイントを下げる効果は魅力的。 一気に撃破する火力は無いが、怒りスキルを遅延出来るだけでも有難い性能といえる。 13位:陸遜 キャラ性能&個別評価 全体攻撃を行えるキャラ。 燃焼効果は発動者の攻撃力40%のダメージを毎ターン与えられる為、育成すればするほど高い効果を得られる。 さらに、敵の防御を無視出来たりと安定したダメージを与えられる点がメリット。 燃焼付与は確率ではないので、一気に敵の体力を削れる優れた効果。 陸遜の育成が進むほど高い恩恵を得られる為、後半になるほど効率的にダメージを与えられる。 14位:左慈 キャラ性能&個別評価 敵後列を優先して攻撃出来るキャラ。 怒りスキルは 敵の防御力を15%無視+味方全員の回避10%アップ+30%の確率で敵をイノシシに変化。 後列に対して高いダメージを狙える点も嬉しいが、イノシシへの変化が最も大きなポイント。 効果時間は1ターンのみではあるみものの、敵の火力を大幅に下げられる点は大きな魅力。 15位:張角 キャラ性能&個別評価 全体攻撃を行えるキャラ。 30%の確率で怒り2ポイントダウンを付与し、同時に目標の防御力15%ダウン+味方の回避率15%アップを付与。 ただ全体を対象としている分、効果は大きいが 火力が低めに設定されている点はネック。 ボス戦等では効果を得にくい点もあるが、周りの雑魚を倒す分には便利なキャラ。 火力要員より、サポート要員として編成する事をオススメ。 勿論、周回要員としてなら非常に使い勝手が良い性能といえる。 16位:賈ク キャラ性能&個別評価 目標+隣の敵に対してダメージを与えられるキャラ。 怒りスキルでは 中毒状態を付与+味方全員のダメージ補正+CR率が20%アップの効果。 中毒状態は毎ターン発動者の攻撃力60%分HPを削ることが出来る。 の燃焼は攻撃力40%となっており、範囲が狭い分こちらの方が火力は上。 賈クが育つほどダメージアップとなるので安定したダメージソースとして役立つ性能。 ただ、火力がやや低くても全体に燃焼を撒ける陸遜の方が火力面では優秀。 その分賈クは味方全体の火力アップが出来る為、味方の火力を上げる場合に狙いたい。 総合評価 URキャラに関しては正直どれも優秀で「あえて順位をつけるなら」というランキングです。 現時点ではガチャ排出での獲得が出来ず、課金等を行う必要があるのでリセマラとしては向いていません。 ただ、課金をして獲得してしまえば序盤から戦闘が楽になる事は間違いありません。 SSRとの性能の差はかなり大きく、じっくりやり込むつもりだったり上を目指すなら課金をしてまで狙う価値はあるといえるでしょう。 通常スキルでは HP割合の最も低い味方を優先して回復。 怒りスキルでは 全体回復+HP割合60%以下のユニットを追加回復+攻撃力バフをランダム1体に付与。 ピンチ時でも一気に立て直すことが出来る回復量に加え、攻撃力バフ効果まで獲得出来るのは魅力。 2位:大喬 キャラ性能&個別評価 回復能力に特化したヒーラー。 HP割合が最も低い味方を回復する通常スキルに加え、 全体回復の怒りスキルを保有。 さらに、 60%の確率で味方全体を持続回復状態に出来る。 と違って復帰力に欠けるが、安定した回復効果を2ターン得られるのは長期戦では魅力。 尚且つ、 ランダムな味方1体に対してダメージ軽減15%アップを付与出来る為防御面のカバーも可能。 3位:于吉 キャラ性能&個別評価 全体攻撃が可能なキャラ。 同じく全体攻撃を持つ黄忠に比べて火力はこちらの方が僅かに上。 怒りスキルでは 目標を中毒状態に出来る為、全体に継続ダメージを撒けのが大きな強み。 瞬間火力の低さはネックだが継続ダメージでカバー出来る為、そこまで気にならない。 さらに中毒効果の発動も確率ではなく、確定なのも嬉しいところ。 4位:張飛 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が敵一列の使いやすいキャラ。 火力も高めに設定されており、範囲攻撃を持つキャラの中ではトップクラスの性能。 ゲーム全体を通して、火力は非常に重要視される部分。 その為なるべく高火力且つ攻撃範囲の広いキャラを選びたい。 5位:趙雲 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が敵一列と優秀なキャラ。 怒りスキルは 敵一列攻撃+確率で自身の怒り4ポイントアップ+2ターン、ダメージ補正15%アップの効果。 さらに確率だが怒り4ポイントアップでスキルの回転率を上げられるのもメリット。 長期戦を意識するのであれば、狙っておいて損はない性能。 6位:夏侯惇 キャラ性能&個別評価 攻撃対象が敵一列と非常に優秀。 怒りスキルも 敵一列を攻撃+確率でめまいを付与。 尚且つ 敵のHPが50%を上回っている場合には追加ダメージと、早い段階で敵のHPを減らせるのも強み。 めまい効果は25%と低めだが、火力の高さがあるのでバランスの取れた確率と割り切ろう。 アタッカーとしての能力が高く、入手しておくとかなり便利。 7位:孫権 キャラ性能&個別評価 高火力の単体アタッカー。 怒りスキルも単体攻撃に特化しており、同時に50%の確率でめまい付与が可能。 スキル威力も他の単体アタッカーに比べて高めに設定されており、火力面でいえばトップクラス。 めまい効果は敵を行動不能に出来る為、戦闘を優位に運ぶ点でも獲得をオススメ。 8位:袁紹 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が前列のキャラ。 怒りスキルでは 自身がいる列に対して攻撃力10%アップの効果を付与。 範囲攻撃を持つキャラと同列に組み合わせる事で殲滅力の底上げが可能。 自身の攻撃性能は正直そこまでだが、サポート効果で恩恵が大きい。 9位:孫堅 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が敵一列と使い勝手の良いキャラ。 怒りスキルは 確率で目標に対して2ポイントの怒りダウンとなっており、敵の怒りスキルを遅延出来る。 尚且つ、攻撃範囲の割に付与確率が40%と高いのもポイント。 10位:呂蒙 キャラ性能&個別評価 HP割合が最も低い敵2体を優先して攻撃可能。 火力も高めで、怒りスキルでは 目標のHPが50%を下回っている場合に追加攻撃が発動。 さらに、追加攻撃の発動条件に関してもHP50%以下となっているので戦闘終了まで発動しやすい。 11位:許褚 キャラ性能&個別評価 単体攻撃に特化したキャラ。 しかし、逆にいえば 殲滅力が欠けているので雑魚周回には向かない。 低レアリティでも殲滅力の高いキャラを既に確保しているのなら十分選択肢に入る性能。 HP割合の最も低いキャラを優先して回復し、 怒りスキルでは全体回復。 同時に命中率バフ+ランダム1体に対して怒り2ポイント付与の効果。 13位:姜維 キャラ性能&個別評価 高威力のダメージを与えられる単体アタッカー。 スキル効果で怒りポイントアップも有難いが、何より攻撃力バフを得られるのが魅力。 アタッカーとしての役割に特化して性能となっており、狙っておいて損はない。 14位:華佗 キャラ性能&個別評価 ヒーラー枠。 HP割合の少ない味方を回復する通常スキル、 全体回復の怒りスキルを保有。 クリティカル関係を底上げ出来る為、火力アップに期待が出来るが 安定感としてはやや弱め。 15位:公孫瓚 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が敵一列のキャラ。 怒りスキルは発動時に対象のHPが50%を上回っている場合に追加攻撃が発生。 似たようなスキルを持つの方が火力面では上となっているので、実質的な下位互換。 範囲もスキル効果も同様で火力が下となっているのなら狙う理由は低め。 性能面ではそこまで悪くはないが、上位互換がいるのでこのランク。 16位:黄忠 キャラ性能&個別評価 火力は低いが 全体攻撃を行えるキャラ。 ただ、火力は全体を通して最も低く単体の敵を相手にする場合には火力不足に悩むところ。 一気に全体の怒りポイントを削げるのはかなり優秀。 しかし、 発動率が10%とかなり低め。 同じく全体攻撃を持つの方が優秀。 怒りスキルでは同様の範囲に対して クリティカル率の高い攻撃+自身の回避率20%アップ。 火力面は正直そこまでで、回避率アップの効果で長期戦に優位といった性能。 あえて狙う理由もないので、上位キャラを素直に狙った方が良い。 18位:董卓 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が目標+隣のユニットと汎用性が高いキャラ。 怒りスキルは追加効果で 目標の怒り2ポイントダウン+自分のパリィ率アップの効果。 しかし、 効果発動の確率が15%と低めなのがネック。 確率面を考えなければ優秀だが、安定感に欠けるのが残念。 19位:魯粛 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が敵後列のキャラ。 怒りスキルは 確率で怒りを2ポイントダウン+燃焼効付与の効果。 攻撃範囲に関しては若干難ありだが、燃焼効果による継続ダメージは優秀。 燃焼ダメージは発動者の攻撃力40%となっており、育成するほど与ダメージアップが可能。 ただ、全体攻撃+継続ダメージを付与出来る于吉の方が優秀である事に間違いはない。 20位:太史慈 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲は敵後列。 怒りスキルでは 燃焼効果も同時に付与出来る為、継続ダメージにも期待。 魯粛も同範囲で同一の効果を持っており、どちらを狙っても正直同じ。 にも言える事だが、は全体攻撃+継続ダメージが可能。 狙う理由としては低め。 21位:張遼 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲は敵前列。 怒りスキルで 目標の怒りを30%の確率で2ポイントダウン可能。 前列は張遼、後列はというように2体同時編成することでそれぞれを補う事が可能。 しかし、それなら1体を確保しておけば前後に対応出来るのでオススメ。 使い分けによって光るが、そこまで優先度は高くない。 22位:夏侯淵 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲は敵後列。 後衛の敵を優先して倒したい時には重宝するが、前列の敵が多い場合には効果は薄い。 敵の怒りスキル発動を遅延させ、味方の火力を底上げ出来るのは優秀。 30%と確率は多いが、の方が範囲も発動確率も良いのでこのランク。 23位:魏延 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲が敵前列のキャラ。 怒りスキルは 同時にめまい付与+治療バフ低下+今回の攻撃の命中率アップの効果。 全体的に見て、 めまい効果は優秀だがその他の部分がそこまでといった印象。 さらに、 めまい付与も20%とやや低めなのがネック。 攻撃範囲に関しても汎用性が低く、それなら上位キャラを優先して入手する事をオススメ。 24位:華雄 キャラ性能&個別評価 攻撃範囲は敵前列。 怒りスキルでは 攻撃力20%アップしつつダメージ+めまい効果を付与となっている。 ただし めまい効果の確率が15%となっており、正直そこまで期待出来ないのが残念。 攻撃範囲は単体と狭まるが、孫権は50%でめまいを付与可能。 火力もの方がかなり上なので、攻撃範囲を気にしなければそちらを狙う方が使いやすい。 上位ランクに位置付けされているキャラはその中でも、トップクラスの性能を誇ります。

次の

三国志ブラスト リセマラや無料ガチャ情報満載

三国志ブラスト リセマラ

三国志ブラスト、リセマラは可能かどうか 結果から言いますと、 三国志ブラストでは、リセマラが可能です。 このゲームは、サーバを変更することによってリセマラを行うので、サーバの個数だけリセマラが出来ます。 強いキャラが当たったサーバで、ゲームを始めましょう。 それと、この三国志ブラストというゲームでは、キャラによる「合体技」というのが使えますから、合体技に相性の良いキャラをセットで狙うのがおすすめです。 具体的なリセマラ方法 1 アプリをダウンロードします。 そしてインストールするのですが、 データー量が意外と大きいので、Wi-Fi環境があった方が良いでしょう。 自宅にWi-Fiが無い人は、フリーWi-Fiを活用しましょう。 アプリのインストール後は、ゲストでログインします。 サーバの選択も忘れないようにします。 リセマラのためには、使ったサーバをメモしておいた方がよろしいでしょう。 2 チュートリアルをクリアします。 三国志ブラストでは、キャラ選択で、男女を選択できます。 名前は服従可能で、他と同じキャラネームが使用できます。 チュートリアルのモービーやストーリーの台詞はスキップ可能ですので、リセマラ時は最初の1回を見て、後はスキップあるのみです。 バトルは基本的にはオートです。 ですが、所々でタップして、戦闘を有利に運ぶようにします。 チュートリアルで単発ガチャが引けますが、引いてこられるキャラは、SRキャラの「歩練師」オンリーとなっています。 1章クリアでRキャラの「祝融」が仲間になり、2-2クリア後にホームへ戻って、リセマラを薦めます。 3 メールを受け取り、報酬ゲット。 チュートリアル完了後は、ホームでメールを受け取り、報酬をゲットします。 4 いよいよガチャを引きます。 三国志ブラストのガチャは、「召喚台」と呼ばれて、ノーマル召喚と、後宮召喚とがあります。 ノーマル召喚ガチャはRからSSRの欠片が排出されます。 元宝x50です。 高級召喚ガチャは、RからSSRのキャラが引けて、元宝はx150が必要です。 ノーマルガチャは毎日3回、無料で引けます。 高級ガチャは1回あります。 狙うキャラを決めて、高級ガチャに思念を送ります。 以上の動作を、当たりが出るまで繰り返しますが、根気の要る作業です。 当たりキャラ、と言うか、リセマラのやめどき。 リセマラのやめ時は、自分のお気に入りのビジュアルのキャラクターが引けた時、ってのがおすすめなんですが、それじゃやっぱりダメですよね。 最終ゴールはやっぱり、SSRクラスのレア度キャラクターが引けた時でしょうかね。 孫堅 + 孫権 魯粛 + 華佗 公孫瓚(こうそんさん)+ 袁紹 魏延(ぎえん) + 黄忠(おうちゅう) 夏侯淵(かこうえん) + 夏侯惇(かこうとん) 張郃(ちょうこう) + 張遼(ちょうりょう) 上記のキャラのペアが出れば、即止めでも良いと思います。 SSRキャラのペアですので、実際に引ければラッキーです。 これが引けたら、かなり楽にゲームを進められるでしょう。 理想的なペアですから、実際に引けたら超ラッキーとでも思ってください。 これ以外にも、歴史好きな方々ならば、好きな武将の一人や二人居るでしょうから、 お気に入りのキャラクターの相方も一緒に狙うのが、リセマラのコツかもしれません。 合体技が使えないと、宝の持ち腐れになってしまいかねませんから。 まとめ このゲームは、 必殺の合体技が使えないと、戦いに苦戦します。 早いうちから相方を持っているのとそうでないのとでは、ゲーム進行に雲泥の差が出てしまいます。 是非 リセマラを行う時には、合体技の出来る相棒も一緒に狙って行きましょう。 合体技にはパーティーを回復させたりするものもありますので、是非使って行きたいものであります。 この合体技が使えないと、初戦から苦労すると思います。 何度も書きますが、リセマラなら、相棒も狙って行きましょう。 そして楽しいゲームライフをおくりましょう。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

【三国志ブラスト】リセマラ攻略!ガチャ最強当たりキャラは?

三国志ブラスト リセマラ

Sponsered by YOUZU SINGAPORE PTE. LTD. どうもポニポニです! 今回は2020年4月27日に先行リリースされた新作アプリ「三国志ブラスト-少年ヒーローズ」のリセマラについて話していきますよ! もちろんアカネさんとレンさんも一緒です。 世界中で1億ダウンロードを突破し、 日本での事前登録が30万を超えた 三国RPG「三国志ブラスト」が先行リリース! 正式リリースは明日(2020年4月28日)ということですが、 先行リリースのアカウントデータや課金情報も引き継がれるとのことなのでもうプレイしても大丈夫ですよ。 それでは、三国志ブラストがどんなゲームなのかを軽く紹介してからリセマラ方法や豪華ログインキャンペーンなどについて話していきましょう。 どんなゲームなの? まずはざっくりと三国志ブラストがどんなゲームなのかをご紹介。 こちらはゲーム開始後にも流れる OPアニメーション。 三国志に登場する人物達が、 美少年・美少女となって大冒険……ある意味定番のジャンル。 ゲーム内の立ち絵や戦闘画面はこのような感じで、立ち絵もSDキャラも結構動きます。 また、 特定のキャラを組み合わせることによって発動できる「合体技」では専用アニメーションカットインが流れるものもありますよ。 ストーリーパートは翻訳が若干怪しいものの、 序盤はフルボイス。 声優さんの力で翻訳が怪しいところをカバーしてくれている部分があるのでありがたい。 育成・対戦系コンテンツがメインで、 とことん育成を楽しむゲームと言えるでしょう。 そして、キャンペーンやイベントなどが凄く豪華なので 無課金プレイ向きのゲームかも。 三国志と育成ゲーの相性は良いし、一定の人気があるのも納得ね。 その代わり、 サーバー切り替えをした新規作成で事前登録報酬やログインボーナスは貰えるので、 サーバーの数だけリセマラできます。 2020年4月27日現在サーバーは5つあるので、5回分はリセマラが可能。 ただ、 個人的にはあまりリセマラはオススメしません。 事前登録報酬の初日分を受け取り、オンライン報酬を数回分受け取っても引けるガチャ数が せいぜい5~7回程度。 83%とかなり低め。 その上リセマラできる回数に限りがあるとなっては、あまり意味はないでしょう。 リセマラが本番みたいな言い方しないの。 いや、まだこの話には続きがあるんですよ! 豪華ログインキャンペーンを使ったリセマラ!? ただし、 豪華ログインキャンペーン報酬や事前登録報酬をフルに使ったリセマラならアリだと思います。 この画像だけだと毎日100回引けるみたいに見えますが……これは 「7日間ログインしてしっかりプレイすれば100回ガチャ可能」という意味。 サーバーごとに豪華ログイン報酬や事前登録報酬は受取可能なのを利用しましょう。 ただ……この報酬欄を見ていると、どうも報酬を受け取るだけでは100回もガチャできない気がするんですよね。 それでも 事前登録報酬と合わせれば60連くらいはできるはずです。 プレイ初日に全サーバーでデータを作成し、毎日全データでログイン報酬と事前登録報酬を受け取って、そのガチャ結果などで本格的にプレイするデータを決める……そういうリセマラならアリではないでしょうか。 かなり根気のいる手段ではありますが、個人的には結構オススメの方法です。 ちなみに、 名前は重複可能なので全てお気に入りの名前で作れますよ。 SSRキャラ同士で合体技を発動できる組み合わせ• 夏侯惇+夏侯淵• 袁紹+公孫瓚• 黄忠+魏延• 孫権+孫堅• 華佗+魯粛• 張コウ+張遼 確率が確率なので、 好きな武将のSSRが獲得できたらそれで満足することも大事だと思いますよ。 最後に 以上、 リセマラについてでした! 厳密にはリセマラではないですが……せっかくの豪華ログインキャンペーンですし、利用してみてはいかがでしょうか。 ただ、 オンラインギフト(プレイ時間によって貰える報酬)でゲーム内課金通貨である元宝が最大1120貰えますし、ガチャ券も1枚手に入るのでやる必要はあんまりなさそう。 序盤攻略記事も作成するので、もしよければご覧ください。 ここまで聞いていただきありがとうございました! まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてください! 新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

次の