コロナ 死亡率 国別。 【毎日更新】新型コロナウイルス国別発生状況まとめ

「日本はPCR検査を積極的に行わないので、新型肺炎の致死率が高い」は大間違い。|五本木クリニック院長ブログ

コロナ 死亡率 国別

1月20日には287名だった中国で感染者数は、翌日1月21日には300名を超え、さらに1月23日には600名弱になり、1月25日には1200名以上、その後も1900名、2700名、1月28日には4537名と、1月30日には6000人、1月31日には1万人弱となりました。 2月に入ってからも、2月1日にはついに10000人を超え11374人近く、2月2日は15000人弱、2月5日には20000人を超え、2月8日には30000人を超え、2月14日には60000人を超え、2月25日には7万人を超え、2月26日には8万人を超えました。 3月に入ってからは90000人を超え、3月7日には10万人、3月10日には11万人、3月12日には12万人を超え、3月15日には15万人を超え、3月19日には21万人を超え、3月21日には27万人、3月22日には30万人を超え、3月25日には40万人を超え、3月27日には50万人を超え、3月29日には60万人を超え、3月30日には70万人を超えました。 また4月に入って感染者は100万人、4月16日には200万人を超え、各国での 感染者が爆発的に増加しています。 まとめ 今回この記事では新型コロナウイルスの国別の感染者数・死者数についてや、世界の感染者数の推移についてまとめていきました。 新型コロナウイルスの 国別感染者数・死者数は中国だけでなく、世界全体でも感染が広がっている• 新型コロナウイルスの世界の 感染者数の推移は世界的に凄まじい勢いで増えており、今後も増えていくものと想定される あわせて読みたい 【募集】新型コロナウイルスで「集計・グラフ化してほしいこと」を募集します みなさまから「集計・グラフ化してほしいこと」を募集し、調べてわかることや手元のデータで集計できることであれば記事として発信していきたいと思います。 詳しくは以下の記事をご確認ください 現状で回復率の高い国って言うのは、コロナ上陸から時間が立ってるんだなーってことですよ。 どの国も、回復率と致死率足して100%にならんやろ?現状での回復率の単純比較は「結果が出てる人が多い」って事です単に。 この回復率から読み取れることがあるとすれば、発生源の中国に近い東南アジア諸国からコロナに罹患したんだろーなーって事です。 仮定として。 いままで新型コロナの侵入を許してなかったA国でコロナが確認されたとします。 集団感染が発生し、数日で感染者が増えました。 感染ルートは完全に判明しており、国内二次感染防御に成功。 幸い重症者もおらず、このままなら死者0名で水際阻止成功しそうです。 しかし、この架空の国、A国の回復率は0%です。 何故か。 患者が感染したばかりだから、全員まだ闘病中で、皆結果未確定で回復者がいないから、死亡率も0だけど回復率も0なんだよ。 逆に、罹患者全員重症で、将来的に死亡率100%になりそうなところで、実際に死ぬまでは死亡率0だよ。 貴重な情報、ありがとうございます。 こちら、パリ在住の日本人です。 感染者数について、検査で来ている人数は国ごとで異なりますから、人口10万人当たりのコロナ死亡者、という数字も国ごとに出してはいかがでしょうか? 感染者の数、回復率、は、検査で来ている数が違うために、多い少ないで単純に危険度は図れませんよね。 国によっては、回復率や死亡率を操作できるよう、検査数を増やしたり減らしたり、している可能性もあります。 我が国も人のことは言えませんが。。。 しかし、死亡者が出た場合は、ある程度の医療レベルの国では、かなり死亡原因を特定できていると思うのです。 ただし、中国のような領土の広い国では、主要都市ごとでの10万人当たりの死亡者、で出すと、危険度がわかるように思います。 可能であれば 私も手元で計算してみたら、イタリアなどは大変な数字になりました。 ぜひ、ご検討ください。 また、各国の対策情報、など、掲載されていると非常にありがたいです。 これからもよろしくお願いします! 検査数もわかっていないと本当の感染者数がわからないのでは。 ドイツでは、1日6万件の検査をしているので感染者数も多い。 ドイツ政府は、近く1日20万件までできるようにすると言っている。 それに比べ、日本は2千件もしていない、検査を日本の100倍以上している国とどう考えても感染者数を比較できない。 この統計を見て、日本の感染者が少ないと楽観的に考える人が出てくるのがとても不安。 また、少ない検査数では、欧米のようなオーバーシュートが起きるわけがない、オーバーシュートが起きるほどの検査数をしていないのだから。 検査数もわかれば載せて欲しい。 また、他国は検査を100倍しても医療崩壊が起こらないのは奇跡なのか。 今の日本は医療体制ではなく政治に問題があるのでは? 日本(都道府県別)のサイト情報とこちらのデータをEXCELにコピペし、日々時系列で状況を確認しています。 しかし、これはあくまで新型コロナと判断されての数値です。 他国の検査数と比較し、極端に少ない日本は隠れた感染者、死亡者が多いのではないでしょうか。 肺炎で亡くなられる方が年間12万人ほどと思いますが、 そこに検査できていない新型コロナ感染者が含まれているように思えてなりません。 感染経路不明で終わらせる限り、加速度的に新たな感染者が増える状況にあると思います。 自粛行動以上にまずは判明した感染者に接触された方を全て検査し、 隠れた感染者の発見を優先する必要があると思います。 今までのまま保健所任せの検査では不可能なので、急ぎ専門組織を整備する必要があると思えてなりません。

次の

新型コロナ肺炎の各国死亡率を俯瞰して見えた日本の異常な優秀さと今後の展望|森田 洋之|note

コロナ 死亡率 国別

今回はによる死者数について、取り上げたいです。 さて、23日、日本国内では新たに29人の死亡が確認され、1日に公表された死者の数としては過去最多を更新いたしました。 死者数は累計328人となり、300人を超えました。 東京都では、6人が亡くなり、死者は計87人となりました。 (関連記事) 新型コロナ、国内新たに436人 死者数300人超に 死者数ですが人口の多い国(地域)は当然多くなりますので、より公正な人口の大小に依拠しない国際的な指標、『人口100万人あたりの死者数』がよく用いられます。 そこでまず日本の総人口と東京都の人口をおさえます。 統計局のサイトが日本の人口推計速報値を公表しています。 人口推計(令和元年(2019年)11月確定値,令和2年(2020年)4月概算値) (2020年4月公表) 【令和2年4月1日現在(概算値)】<総人口>1億2596万人と推計しています。 東京都も東京都の人口推計を公表しています。 「東京都の人口(推計)」の概要(令和2年1月1日現在) 東京都の人口総数は13,951,636人と推計されています。 『人口100万人あたりの死者数』は次式で求まります。 この『人口100万人あたりの死者数』日本2. 60人、東京6. 24人という数値の意味についてさらに考察します。 これらの死者数を国際比較いたします。 比較データは以下のサイトより情報ソースを参照いたします。 人口あたりの死者数の推移【国別】 医学部 附属フロンティア医学研究所 ゲノム医科学部門 4月23日時点の主要25ヶ国の『人口100万人あたりの死者数』を表にまとめます。 27人ですが、直近24日に29人と過去最多の死者を確認しており、2. 60人まで跳ね上がっていますことに留意してください。 (20位のを抜いているかも知れません。 ) さて東京都を人口1300万のひとつの国とみなせば、東京の6. 24人という値は、12位メキシコと13位韓国の間にランクされます。 さてこの死者の表ですが、いくつか特徴的な点が表出していますので、確認しておきます。 まず、色分けさせていただきましたが、死者数の多い10ヵ国のうち、9ヶ国が欧米諸国が占めていて、しかも文字通り「桁違い」に、下位の諸国とは死者数が多いことです。 対しては、韓国の4. 68人を筆頭にして9ヵ国すべてがひと桁の死者数で抑えられているのです。 それだけではありません。 北米で隣接しているカ 141. 3人 とメキシコ 7. 52人 で、また中東で隣接しているイラン 64. 18人 と 2. 06人 で、なぜこれほど死亡者数に差が出るのでしょうか? 医療体制としては、カに比しメキシコの方が、イランに比しの方が、いずれも劣悪なはずなのにです。 さらに細かい点ですが、あえて欧米諸国から外したオーストラリアとニュージランドの2ヵ国の白人国家ですが、3. 32人と2. 9人と、並みに死者発生数がなぜかひと桁に抑えられているのです。 私は医療関係者ではなく、仕事柄データサイエンスに関わっているだけなので、この表に見られるいくつかの明らかな傾向について、疫学的に説明することができません。 しかし、この欧米諸国とに見られる明白な死亡率の違いなどは、私は的には有意性を持っている可能性は大きいと考えています(つまり科学的な理由がきっとあるはずと睨んでいます)。 本エントリーが、読者の皆様の少しでも参考になれば幸いです。 (木走まさみず) kibashiri.

次の

世界各国の人口1万人当たり新型コロナ死亡者数

コロナ 死亡率 国別

3と、他国を圧倒して高い状況です。 日本における同水準の死亡率の死因をみると、心疾患や呼吸器系疾患といった、大きな括り(大分類)の死亡率に匹敵します。 もっとも、サンマリノ共和国の人口は3. 4万人で死亡者数は42人。 統計の有意性を考えた場合、あまり参考になる数値とは言えません。 以下では、世界の主要国(G20参加国)に絞って死亡率を比較していきます。 2.死亡率300以上の国 G20参加国の中でも、イギリス(645. 1)、イタリア(572. 0)、フランス(457. 5)、アメリカ(380. 3)の死亡率は300を超えており、その高さが目立ちます。 死亡者数でみればアメリカの12万人超は断トツですが、死亡率ではイギリスの方が高いんですね。 両国とも医療先進国なのに・・・。 ちなみにイギリスの医療保険制度はアメリカとは異なり NHS が提供されているため、日本と同様に貧富に関係なく質の高い医療サービスが受けられる国です。 アメリカやイギリス、イタリア等では、「新型コロナによる死」を、かなり身近で迫りくる恐怖に感じている状況が想像できますね。 以下同様。 (注)人口動態統計第6表を筆者が加工・転載。 以下同様。 3.死亡率100~300の国 死亡率が100~300となっている国は、ブラジル(262. 4)、カナダ(231. 1)、メキシコ(198. 6)、ドイツ(107. 6)の4か国です。 先進国と南米の新興国(ブラジル、メキシコ)が混在しています。 なお、ブラジルは6月時点で「感染拡大の中心地」とされていますが、死亡率はアメリカやイギリスを下回っています。 なお、「自殺」の死亡率は161と、この範囲に入っています。 どの病名(死因)も、比較的よく耳にしますすね。 3)、ロシア(59. 0)、サウジアラビア(42. 4)、南アフリカ(39. 7)、アルゼンチン(25. 9)、インド(11. 3)の6か国です。 資源国や新興国が並んでいる一方で、先進国は1か国も見当たりません。 また、「インフルエンザ」もこの範囲に入っています。 8)、日本(7. 6)、韓国(5. 5)、中国(4. 2)、オーストラリア(3. 2)の5か国です。 東アジアの日中韓がこの層に位置しています。 テレビのニュースで聞いたことはあるものの、「ニュースになるような特別な死」であって、身近な人の死因としては殆ど聞いたことがないものばかりですね。 死亡率を抑える(高める)効果を「ファクターX」と呼んで、そのしています。 私は、かねてより「BCG接種率の高さ」と、その結果として若年層~中年層の死亡率が低く抑えられているという「BCG有効説」がファクターXの本命だと睨んでいます。 医学者の山中教授も、ファクターXの候補の一つとして、BCG接種率の高さを掲げていらっしゃいます。 因果関係の証明には時間がかかると思いますが、早くBCG有効説の証明がなされて、マスク生活から解放されたいものです。 今後、経済の壊死が招く倒産・失業と、先行きを悲観した方の自殺が増えるといった予想が聞かれ始めています。 自殺をするのは、生産年齢人口(未だ年金を受給していない若年~中年層)が大半です。 高齢者の命を守るための経済停滞が若年~中年層の命を奪いかねない状況です。 東京で感染者数が増加していることを伝えて不安を煽ることに意味はありません。 一刻も早く、科学的な防疫(高年層のみ外出自粛)の下で、経済活動の完全復活に舵をきるべきです。

次の