デッサン 描き方。 石膏デッサンの描き方

【基礎デッサン・ガラスってどう描くの?】ガラス瓶の描き方

デッサン 描き方

デッサン練習は画力アップに効果的 デッサン練習は、画力アップに効果的です。 デッサン練習によって、画力アップに必要な『観察力』が鍛えられ、『表現力』が身に付くからです。 以下、くわしく解説します。 観察力が鍛えられる デッサンは、対象をしっかりと見て観察して描くので、観察力を鍛えられます。 デッサンでは、最初に描くものをよく観察して、物の本質を把握します。 本質とは、描く対象となる物の形状・質感・陰影などの特徴です。 そして、観察したことを、そのまま紙面に表現します。 観察力が鍛えられると、細かい点に気づいたり、バランスの崩れを修正したりできるので、リアルな上手い絵を描けるようになります。 表現力が身に付く デッサンの練習では、表現力も身に付きます。 デッサンとは、観察して得た情報を、絵で表現するものです。 デッサン練習で、観察したことを忠実に表現することを繰り返すことで、表現力が身に付きます。 表現力が付くと、面の描き方や立体的な描き方、質感の表現方法、光源による陰影のつけ方などの描き方が上手くなるだけではなく、見た人を感動させることができるようにもなります。 デッサンに必要な道具を準備しよう デッサンを始めるためには、デッサン用の道具が必要となります。 ここでは、デッサンに必要な道具と選び方について解説します。 staedtler. 10Hから10Bまでの全22種類の硬度があり、アルファベットと数字によって各鉛筆の硬度が記されています。 アルファベットはH・B・Fの3種類です。 Hはハード(Hard)の頭文字で、硬くて薄く描ける鉛筆です。 Bはブラック(Black)の頭文字で、柔らかいので濃く描けます。 Fは『しっかりとした』という意味のファーム(Firm)の頭文字で、HとHBの中間の硬さです。 デッサンでは、初めに鉛筆の硬度すべてを揃える必要はありません。 初心者はだいたい3Hから3Bのものをそれぞれ用意しておけば十分です。 しばらくすると、今ある鉛筆だけでは描き足りないと感じることがありますが、その都度、必要な硬さの鉛筆を追加すればよいでしょう。 staedtler. 練り消しとは、自由自在に形を変えられる柔らかい粘土のような消しゴムです。 練り消しは、デッサンで描いた部分の修正や色抜きなどのために、押し付けたり、擦り付けたりして使います。 色々なメーカーが販売していますが、あまり粘着性の高くないタイプを選びましょう。 文字を消すために使われる、おなじみの『プラスチック製消しゴム』は紙を傷めてしまうためデッサンではあまり使用しませんが、紙の余白部分が汚れてしまった場合などに使います。 練習用紙 デッサンの練習は、色々な紙で対応可能です。 ただし、あまり薄い紙は、描いているうちに破れるなど、傷みやすいので、厚めの紙を選びましょう。 また、表面がつるつるの紙は、鉛筆でのデッサンでは黒鉛が定着しにくくいので、表面がざらざらの紙が適しています。 例えば、画用紙やスケッチブックは、ある程度の厚みもあり、鉛筆の黒鉛が定着しやすいのでデッサンの練習用紙に最適です。 裏表紙が硬いスケッチブックなら、持ち歩いてどこでもデッサンできますので、練習用紙におすすめです。 そのほか 上記の道具は、デッサンをする際に最低限必要な道具です。 そのほかにもデッサンをするうえで、あると便利なアイテムは下記のとおりです。 木製パネル(画用紙を張り付けるためのパネル)• イーゼル(木製パネルを立てかけるためのスタンド)• 水張りテープ(画用紙を木製パネルに張り付ける際に使うテープ)• 刷毛(画用紙を木製パネルに張り付ける際、紙に水を塗るための刷毛) 鉛筆の持ち方と削り方 通常の鉛筆とは違って、デッサン鉛筆には持ち方や削り方にそれぞれ特徴があります。 持ち方の特徴を知り、描き分けに活用しましょう。 また削り方に慣れる必要があります。 持ち方1つで表現が変わる デッサンでは、鉛筆の持ち方1つで表現が変わります。 デッサンにおける鉛筆の持ち方は大きく分けると下記の3つです。 受け手持ち• 順手持ち• 鉛筆持ち 受け手持ちは、手のひらが上向きの状態で、鉛筆を人さし指の上にのせて親指で支える持ち方です。 順手持ちは、手のひらが下向きの状態で、鉛筆を親指・人さし指・中指の三本で軽くつまんだような持ち方です。 鉛筆持ちは、通常の文字を書くときに持つ鉛筆の持ち方です。 持ち方によって、引きやすい線が異なり、筆圧も変わります。 また、鉛筆を持つ位置によっても描く線のタッチが変わります。 大きく描く、塗る 『受け手持ち』は、あまり力をかけず、薄く塗るために向いています。 また、腕の動きを使って、広範囲に線を引きやすいので、大きく描いたり、塗ったりしやすいです。 『順手持ち』も大きく描くときに向いていますが、受け手持ちよりも力をかけて描くことができるので、広い範囲の陰影などを濃く塗るときに使います。 また、どの持ち方でも、鉛筆を持つ位置で、筆圧・濃さを調節できます。 鉛筆を長めに持つと薄く、鉛筆の軸を短めに持つと濃い色を表現できます。 細かい部分を描く 『鉛筆持ち』は、指先を繊細に動かしやすいので、細かい部分を描くのに向いています。 また、鉛筆持ちは、最も筆圧をかけやすい持ち方なので、力強い線や、陰影の最も濃い部分などを描くのに適しています。 ただ、強く描きすぎると修正がしにくくなりますので、初心者は筆圧に注意をしましょう。 デッサン鉛筆はカッターで削る デッサン鉛筆は、鉛筆削りではなくカッターで削ります。 デッサン鉛筆の芯は、芯の横の部分を使って太い線が描けるようにするため、尖らせずに1cmほど露出させる必要があるからです。 カッターで削る方法なら、細かい部分を描くために、芯の先端を削って尖らせることも可能なので、細い線と太い線の両方に対応しやすく、鉛筆削りよりも自由がききます。 ここから始めよう、初心者の練習方法 デッサンの練習には順番があります。 ここでは、初心者が最初にすべき練習方法とポイントについて紹介します。 丸や四角などのシンプルな形 デッサン初心者が一番初めにやるべき練習は、丸(球体)や四角い立体などのシンプルな形を描くことです。 例えばティッシュ箱など、身近にあるシンプルな形のものをよく観察して、デッサンしてみましょう。 デッサンを始めたばかりのころは、簡単な図形でも難しいものですが、練習を繰り返すことで上手く描けるようになります。 球体の輪郭は、どの角度からも正円に見えることに注意しましょう。 立体的な球体に見えるようにするには、影の部分をよく観察して、影の濃さを微妙に調節しながら描く必要があります。 また四角い立体を描く場合は、きれいな直線で輪郭を描くようにしましょう。 フリーハンドでもまっすぐな線を引けるようになることが、デッサン上達の秘訣です。 自分の手を描くのもおすすめ ある程度、基本図形が描けるようになったら、自分の手を描くのもおすすめです。 いつでも自由自在に、自分の思い通りのポーズを決められるので、デッサンの練習に最適です。 手を描く場合は、指の関節・しわ・手のひらの膨らみ部分など手の構図や特徴をしっかりと把握して、意識しながら描きます。 何度も自分の手を描いていくことにより、手の形・構造を理解できるようになります。 デッサン練習をするときのポイント デッサンを練習するときは、しっかりとポイントを押さえて練習することが大切です。 ここでは、デッサン練習をするときに押さえるべきポイントを紹介します。 写真ではなく実物を見て描く デッサンは、写真ではなく実物を見て描くことが大切です。 写真は2次元なので、それから得られる情報は、実物から得られる情報よりもはるかに少ないのです。 立体的な対象物をよく観察して、特徴をつかむことが観察力につながります。 そして、観察したことを2次元の紙面に、立体的に表現することで、表現力が身に付きます。 写真だけで描く練習をすると、2次元のものを2次元に表現するので、立体をよく観察して2次元に表現するということが不要です。 そのため、観察力や表現力があまり身に付きません。 早く上達したいなら毎日の練習が必要 デッサン初心者が、早く上達したいなら毎日の練習が必要です。 ただし、単にデッサンを描くだけではなく、絵ごとにテーマ・課題などの目標を決めて練習することも大切です。 デッサンを始めたばかりの人は、簡単な図形をきれいに描けるようになるという小さな目標でもOKです。 慣れてきたら人物デッサンにステップアップ 少しデッサンに慣れてきたら、人物デッサンにステップアップします。 人物デッサンは、構図の取り方・衣服の描き方など難しい部分があります。 また、肌の質感・目・髪の毛などの表現方法や、目では見えない筋肉・骨格などを意識しながら描くことになるので、高いデッサン力を身に付けることができる分野です。 人体の比率が重要 人物画を描くときには、人体の比率が重要です。 頭部・上半身・下半身・腕などの各部位の比率をしっかりと目測してから描き始めないと、不自然なデッサンになってしまいます。 人体の比率は、多少の個人差はありますが、大体同じなので日頃から人体の各部位のバランスを意識して観察してみましょう。 デッサン人形を使うのもおすすめ 人体の比率がよくわからないという人は、デッサン人形を使って練習をするのもおすすめです。 デッサン人形とは、人体を立体的に描くための人形です。 木製タイプやドールタイプ、シームレスタイプなど、様々な種類があります。 木製タイプのものは、可動域が限られており自由自在なポーズが取れませんが、人体バランスを把握したい人に向いています。 ドールタイプのものは、木製タイプよりもリアルに作られており、骨格や筋肉の付き方などを学べます。 また、可動域も広くポーズも自由に決められるので、デッサン練習に最適です。 シームレスタイプは、可動部分が覆われていて、ボディラインの切れ目がなく作られています。 ドールタイプなど、可動部分に隙間があるデッサン人形では描きにくいという人におすすめです。 もし素材選びに迷ったら画像無料サイトへ デッサンを練習したいけれど、どんなものをデッサンすればよいのかわからないという悩みが出てきたら、画像無料サイトを活用しましょう。 ここでは、素材選びで迷ったときにおすすめの画像無料サイトを3つ紹介します。 ポーズマニアックス 『ポーズマニアックス』は、3Dの人体モデルのポーズが豊富に掲載されている絵の練習サイトです。 このサイトには、性別や年齢層別、体型別に、ポーズの異なる様々な人体の3Dグラフィックがあります。 自由にアングルを変えて、色々な角度から人体モデルを観られます。 また、このサイトではランダムで自動的に色々なポーズの画像が出てくるトレーニング機能もあります。 30秒で素早く人物の形・バランス捉えて描く練習なので、観察力を鍛えるのに最適です。 pinterest 『pinterest』は、様々なジャンルの画像が無料で検索できるサイトです。 検索欄にキーワードを入力して検索するだけで、それに関連した画像が表示されます。 pinterestの特徴は、画像をブックマークできるという点です。 画像をピン(ブックマーク)することで、その画像にひもづいたURLもピンされます。 URLにアクセスすれば、画像をもっと詳しく見ることもできます。 描きたいものの名前などを検索するだけで、簡単にデッサンの練習に使える写真を見つけることができます。 Human Anatomy for Artist 『Human Anatomy for Artist』は、アーティストが描くための人体の裸体を中心とした画像サイトです。 男性版と女性版に分かれており、人種や年齢、体型、髪型など細かく設定して検索できます。 洋服を着た人のデッサンをする場合も、洋服の下の見えていない身体構造を意識しながら描くことが、上達の秘訣です。 このサイトでは、様々なポーズの人物の裸体のポーズが載っているので、人物画の基本である裸体の描き方を練習したい人に向いています。 デッサンの基礎を学べるおすすめ本3選 自己流でデッサンをしていても、いまいちポイントがわからないという人は、デッサンの基礎を学べる本を参考にするのもよいでしょう。 ここでは、初心者にわかりやすいデッサンの基礎を学べるおすすめ本3選を紹介します。 デッサンの基本 『デッサンの基本』は、デッサンに必要な道具と、その使い方などの基本的なことから、上手に描けるためのコツまで、デッサン初心者にもわかりやすく解説された本です。 鉛筆の持ち方についても、どのように持てばどのような線が描けるのかということを初心者にもわかりやすく説明しています。 また、デッサンの基本となる、対象を観察して形を読み取る方法をくわしく解説しています。 静物や人物、動物、自然などについて、それぞれ作例とともに描き方が紹介されています。 現役芸大生や美大生の絵も載っており、参考になる本です。

次の

石膏デッサンの描き方

デッサン 描き方

デッサンは一枚描いただけじゃわからない事だらけ。 何回も描いてコツが分かっていくのものだと最近思うようになりました。 ですので今回は、石膏デッサンの成長記録と、その中で気がついた事をご紹介します。 (1枚目)石膏デッサン初心者は線で描いちゃいけない。 影をつけて描くこと。 「メディチ」 ミケランジェロ作 イタリアフィレンツェの実質的な支配者のメディチ家一族の三男 これが初めての石膏デッサンです。 普段漫画絵ばかり描いてきた影響もあり、輪郭、目、鼻の位置をはっきり決めて描いていました。 その容量で石膏デッサンをしていくと、これがなかなか難しいのです。 何度も比率を図りながら、顔のパーツを配置していくとズレを感じて、何度も手直し。 永遠に直し続けていくのです。 そんな私に先生は、「最初から線ではっきり描いてはいけない」とアドバイスをいただきました。 「目」「鼻」「口」などの顔のパーツとしてみるのではなく、あくまで凹凸の影としてみること。 最初は大雑把に固まりとして陰をつけて徐々に詳細を描きたしていくのです。 難しそうに見える髪の毛のくるくるパーマも同様の考えです。 (2枚目)人の顔には凹凸があることを知る 「アリアス」 クレーテー王ミーノースと妃パーシパエーの間の娘。 前回の初めは大雑把に影をつけていくことは覚えました。 が、さらに影が落ちる部分の詳細を突き詰めていくと、様々なカタチが見えてきました。 (ア)顔には目のくぼみがあり、目玉は白色に見えますが、影が落ちているので実際暗いこと。 (イ)頰骨から顎にかけて頰に膨らみがあるので面を意識して影を付けること。 (ウ)目尻から頰にかけて外側は影をが落ちて暗いことが分かりました。 これまで立体を意識しないのっぺりした漫画顔しか描かなかった私には、目からウロコが落ちました。 その違和感は未だによく分かっていません。 最後の講評で先生に言われたのが、「後ろに下がって冷静な目で石膏を見てる?」と。 先生は数分に一度は後ろに下がり、形に狂いはないか、光の写り込みや影が落ちている場所など、具体的なチェック項目を立てて、自分のデッサンを厳しい目で見ているそうです。 私は、後ろにさがって自分のデッサンを頻繁に見ているのですが、漠然とただ見ているだけ。 先生のような細かいチェックはしていません。 失敗したら次にいけばいいと思っている」と。 一枚の絵に固執しているのもいいけど、気持ちを切り替えて新しい絵を描くことも大切のなのかなと思いました。 (4枚目)石膏デッサンの形の取り方のおさらい 「アグリッパ」 古代ローマの軍人。 初心者向けで、難易度は低め 4回目の石膏デッサン。 完成をみると、前回よりも立体を意識して描くことができたと思います。 が、実は描きはじめ、先生にからカタチを大幅に修正されて今に至ります。 ということで、今回は石膏デッサンの形の取り方のおさらいをします。 (1)描きたい大きさをきめる。 描きたい石膏像の範囲を決める。 縦横の比率も計る。 顔だけや、頭から首まではNGだそうです。 (2)中心を図る。 (1)で測った範囲の中心を取ります。 実際の石膏像を見て、その中心がどこにあるのか確認。 仮に唇だとして、中心に唇を描き込みます。 さて、比率を図るスタート地点ができました。 ここから各パーツの比率を図りながら描いていきます。 (5枚目)正面顔は難しい 「ラボルト」 海の神のポセイドンの妻。 本当の名前はアンピトリテ。 その何が原因で難しいのかわからず、戸惑いながら描いていました。 この戸惑いが、講評で先生から言われたことで ハッキリと明確にわかりました。 「正面顔は、立体的に見えづらく難しい位置。 後ろへの回りこみを表現するのに手こずっているのがよくわかる。 あと、首元が円柱を意識して書けば良くなるよ」 このようにお言葉をいただきました。 私には正面を描く技量まだまだだけどいつか、よいデッサンが描けるようにこれからも努力していきたいと思います。

次の

デッサンの描き方。リンゴから学ぶデッサン上達方法

デッサン 描き方

デッサンの描き方はモチーフによって描くコツがありますが、 初めて描く人のためにデッサンの手順をまとめておきます。 まず、最初に何をすればいいのか? いきなり思いつくままに描いていいのか? 描く順番などはあるのか? このデッサンの描き方の手順を覚えておくことで、 上達速度がどんどん上がってきます。 しっかりと身に着けて下さい。 但し、注意して欲しいのですが、絵の描き方に決まりはありません。 あくまで参考にして下さい。 絶対にこうやらないといけないと決めて描くと楽しくありませんし、うまく描けなくなってしまうこともあります。 基礎を抑えておこう、程度の気持ちで読み進めてみて下さい。 デッサンの描き方3つのステップ 1構図を決める 2形をとっていく 3描き込む 以上が簡単なデッサンの描き方です。 1つずつ解説します。 1構図を決める まずは、モチーフを描きたい角度を見つけて、その描きたいように見える場所を見つける作業になります。 この構図の決め方としては、まずはいろんな角度で数枚、簡単に描いてみることです。 描く紙は裏紙を使い、簡単にささっと描いてみるのがコツです。 それから、本当に描きたい構図を選んでいくとうまくいきます。 2形をとっていく さあ本番です。 まずは大雑把な輪郭を描いていきます。 一発で輪郭が描けるわけではないので、描いては消しの作業の繰り返しをしていきます。 ですから、最初から濃く描いてしまわないように注意が必要です。 最初から強く濃く描いてしまったら、消した時に汚く跡が残ってしまうことがあるのです。 大体の輪郭が描けたら、今度は影を付けていきます。 明るい部分と暗い部分を描いていきます。 細かい部分は後回しにして、まずは大まかに明暗を描いていきます。 この時の技として、薄めでみることがおすすめです。 全体の明暗がぼやけて見えるので、細部を気にせず大まかにとらえることが出来ます。 3描き込む 後は、しっかりと細かい部分の陰影も描きこんでいく作業になります。 とにかく細かく描いてください。 以上で、完成になります。 このように、手順で説明するとデッサンが簡単に思えたのではないでしょうか? 最初は手順通りにやりながら、慣れてきたら自分の思うように自由に描いてみると良いかもしれません。 また、次にあげるデッサンのコツを覚えておくとうまく描けないときに役に立つかもしれません。 デッサンの描き方4つのコツ 1目で正確に測る デッサンは正確に描くことがコツですが、 正確に描いているつもりでも歪んでしまったり、 バランスが悪くなったりしてしまうことがあります。 そこで、細い棒などを使って正確に測って描くとうまく描けます。 縦横の比や模様も正確にみたままに描きましょう。 ピカソもデッサンを描くときには完璧に正確なデッサンを描いていたようです。 2明度を見る 鉛筆デッサンは白黒ですが、実際の世界は色がついています。 その色がついている世界を白と黒で見るようにしてみましょう。 光が当たっている部分と当たっていない部分とが把握出来るように、明度を見るようにして下さい。 モノクロの写真をとったらどうなるかを想像して描いていきます。 明度をしっかりと見ることが出来たら、あとはしっかりと明るい部分と暗い部分を描いていくことです。 明るい部分は後から消しゴムで白くするのも一つのコツです。 3硬さ柔らかさを表現する 硬さや柔らかさをしっかり表現することがコツです。 硬さは直線で描きこみ、柔らかさは曲線で描いていくなどのコツをつかむと表現の幅が広がります。 4輪郭線を描かない 輪郭の線をくっきり描いてしまいどこか不自然なデッサンになってしまうことはよくあります。 実際の世界には輪郭の線はありません。 輪郭を描く際には、面と影を描くことで輪郭が表現されるようにするとうまく描けます。 以上、デッサンの描き方4つのコツを描きましたが、うまくいかないときには思い出して実践してみて下さい。 あくまでこれだけで完璧にうまく描けるわけではありませんが、自分なりにしっかりとコツをつかんでいくことが重要です。

次の