手のひらが痒い 湿疹なし。 主な皮膚の病気一覧・症例画像【医師が解説】 [皮膚・爪・髪の病気] All About

主な皮膚の病気一覧・症例画像【医師が解説】 [皮膚・爪・髪の病気] All About

手のひらが痒い 湿疹なし

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

子供が手のひらのかゆみを訴える原因と対策!湿疹・赤い場合は?

手のひらが痒い 湿疹なし

子供の手のひらに湿疹が!かゆみがある場合はどんな病気が隠れている? 子供が手のひらをかゆがるので、よく見てみると湿疹 しっしん が出来ているときがあります。 その湿疹は赤くて小さいブツブツだったり、赤く腫れあがっていたりと様々です。 では、 子供の手のひらに湿疹ができ、かゆがっているときに疑われる病気は主にこのようなものがあります。 汗疱性湿疹 かんぽうせいしっしん• 接触性皮膚炎 汗疱性湿疹 かんぽうせいしっしん• 汗をたくさんかきやすい子供はなりやすい• 汗腺から汗を全て出し切れずに残っている状態• 子供は皮膚が薄いので症状がでやすい• 金属アレルギー 症状• 手のひらや指に小さな水疱 すいほう ができている• かゆみや痛みを伴う• 水疱を破ると湿疹がでてくる• ひどくなると皮膚が剥けてただれる 対処法• 症状が軽い場合は尿素入りの軟膏を塗る• 外用ステロイド薬で炎症を抑える 予防法• 汗をかいたらこまめにふき取る• 汗をかきやすくなってしまうので手袋の使用は控える• 手を洗うときは指の間までしっかりと洗う、洗い流す• 水疱ができているときは砂場遊びなどの菌がつくような遊びは控える 接触性皮膚炎 原因• アレルギー物質 植物や金属、虫など に触れたことによる炎症 症状• 赤いブツブツができる• 皮膚が赤くもりあがる• かゆみや痛みが伴う• 水疱ができることもある 対処法• ステロイド外用薬を使用する• かゆみがひどいときは抗ヒスタミン剤が処方される• 患部をかき破らないようにする 予防法• 肌を清潔に保つ• アレルギー物質を避ける スポンサーリンク 子供の手のひらが赤いときにはどんな病気の可能性がある? 手のひらがかゆくなる病気のなかには、手のひらが赤くなる病気があります。 中にはかゆみがあまりないのに、赤く腫れあがることも。 手のひらが赤くなる病気の一例をご紹介しますので、参考にしてください。 手白癬 てはくせん 、手の水虫 原因• 白癬菌 はくせんきん という菌による感染• 足の水虫にかかっている人が歩いた後をハイハイすることにより感染する• 菌に触った後、綺麗に洗わずそのままにする 症状• 指の間や手のひらが赤くなる• 皮がむける• 皮膚がカサカサする• かゆみや小さな痛みを伴う 対処法• 小児科に行き、塗り薬や飲み薬をもらう• 薬は最後まで使い切る• 手のひらにできたときは手袋を控える• 清潔にして乾燥させる 予防法• 手のひらを清潔に保つ• 家族に水虫に感染した人がいる場合、通った後はハイハイさせないようにする• 指の間は特にきれいに洗い、乾燥させる かぶれ様皮膚炎 小児掌蹠丘疹性紅斑性皮膚炎 しょうにしょうせききゅうしんせいこうはんせいひふえん 原因• ウイルス性と思われるが、解明されていない 症状• 手のひらや足の裏に赤い湿疹ができる• 手のひら全体が赤く腫れあがったようになる• 熱はでない、でても微熱程度• 強いかゆみを伴う• 赤くもりあがった湿疹ができる 対処法• 自然に治る場合が多い• かゆみがひどい場合は小児科や皮膚科でかゆみ止めを処方してもらう• 治り始めると皮膚がカサカサになるので保湿する 予防法• 原因がわかっていないので特になし 手掌紅斑 しゅしょうこうはん 原因• 肝臓疾患が潜んでいる可能性がある• その他白血病、慢性関節リウマチなどが疑われる 症状• 指の付け根が赤く腫れあがる• 親指と小指の付け根のふくらみが不自然に赤なる• 手のひらの赤みと共に倦怠感や食欲不振があれば急いでかかりつけ医に診てもらう• 手のひら全体ではなく、付け根だけが赤くなる 対処法• 大きな病気のサインなので、かかりつけ医に診てもらう 予防法• 隠れた病気によって異なる スポンサーリンク 子供が手のひらをかゆがるときはどんなケアが必要なの? 湿疹ができたときは場所に関係なく刺激を与えないことが一番ですが、手のひらでは難しくなります。 少しでもかゆみを抑える、長引かせないようにするにはどんなことをしてあげればいいのでしょう。 砂場などの手にウイルスや菌が入ってしまいそうな場所は避ける• 薬を塗った後はベタベタするので綿などのミトンや 手袋をつける 白癬の場合は医師と相談する• 患部を 冷やす• 手洗いの石鹸やシャンプーは 刺激の少ないものに変える さいごに 子供の手のひらに湿疹ができてしまって一番厄介なのは子供に「手を使わないで」と言えないことです。 手を使わないことは大人でも難しいですが、子供にとっては更に難しいこととなります。 あまり意識させすぎても手のかゆみにばかり気がいってしまうので、湿疹によくないものがありそうなら先回りして回避してあげましょう。 細かいことまで気にしないといけないのでお母さんはとても疲れると思いますが、少しのお母さんの気遣いで子供の湿疹はずいぶんとよくなります。 湿疹がよくなるまでは大変ですが、子供の行動を細かく見守ってあげてください。

次の

主な皮膚の病気一覧・症例画像【医師が解説】 [皮膚・爪・髪の病気] All About

手のひらが痒い 湿疹なし

普段元気な子供に湿疹が出たら、とても心配になりますよね。 子供の湿疹は、顔やお腹、手や足に現れたりや、熱が出たり、かゆみがあったり、腫れがあったりと、症状もさまざまです。 感染症やアレルギーなど、すぐに解決できない場合もあります。 今回は、どのような種類の湿疹があるか、対処方法や日々のケア、家庭での対応方法など、北浜こどもクリニック院長・北浜直先生に伺いました。 子供の湿疹の種類 子供の湿疹の種類 湿疹には、どのような種類や症状のものがあるのでしょうか。 また、出る場所で原因が違うのでしょうか。 顔に出る湿疹 顔に出る湿疹として、生後 1~ 2週間頃から見られる「乳児脂漏性湿疹」や、「新生児にきび」、両ほほに現れる「りんご病(伝染性紅斑)」、「単純ヘルペス感染症」「はしか」「アトピー性皮膚炎」などがあります。 お腹に出る湿疹 お腹に出る湿疹として、かゆみを伴う「水ぼうそう(水痘)」、細かいブツブツの現れる「溶連菌感染症(猩紅熱)」などがあります。 背中に出る湿疹 背中に出る湿疹としては、まず高熱が出て、その後湿疹のでる「突発性発疹(三日熱発疹症)」、「じんましん(急性)」などがあります。 足や足の裏に出る湿疹 足や足の裏に出る湿疹として、夏によくみられる「手足口病」や赤いブツブツの出る「砂かぶれ様皮膚炎」、足の裏が赤くなる「川崎病」などがあります。 手や手の平に出る湿疹 手や手の平に出る湿疹として、小さな水疱のできる「手白癬(てはくせん)」や、「手足口病」、 6歳以下の乳幼児がかかる皮膚炎のトップである「伝染性膿痂疹(とびひ)」、手のひらが赤くなる「川崎病」などがあります。 頭や頭皮に出る湿疹 頭や頭皮に出る湿疹として、保育園や幼稚園など集団生活で感染しやすい「アタマジラミ」や、男の子に多く見られる「頭部白癬(しらくも)」、「水ぼうそう(水痘)」、「あせも」「乾癬」などがあります。 全身に出る湿疹 全身に出る湿疹として、淡紅色の細かいものが全身に広がる「風疹(三日ばしか)」、「アトピー性皮膚炎」、丸くつるっとしたいぼのできる「水いぼ(伝染性軟属腫)」「突発性発疹(三日熱発疹症)」「伝染性膿痂疹(とびひ)」、「川崎病」、下痢のときに起きやすい「カンジダ皮膚炎」、「アトピー性皮膚炎」、「食物アレルギー」などがあります。 子供 幼児・小学生 の湿疹の症状 「発疹」の特徴としては、大きく「熱がでるもの」と「熱のでないもの」で分類します。 「湿疹」はかゆみを伴ないます。 それ以外にも、症状はさまざまで、そこから原因となる病気がわかるものも。 基本的なことを知っておくと、対処する際に役に立つこともあります。 かゆみがある かゆみがある「発疹」「湿疹」としては、肘や膝の裏などがかゆくなる「アトピー性皮膚炎」や「じんましん」、草木による「かぶれ」、「突発性発疹(三日熱発疹症)」「水ぼうそう(水痘)」などがあります。 かゆみがない かゆみがない「発疹」「湿疹」で代表的なものは、皮膚がカサカサする「乳児脂漏性湿疹」や、「新生児にきび」などがあります。 熱が出る 熱がでる「発疹」「湿疹」としては、高熱の出る「突発性発疹(三日熱発疹症)」、鼻水や咳を伴う「「はしか(麻疹)」、「水ぼうそう(水痘)」、「川崎病」、強い喉の痛みを伴う「溶連菌感染症(猩紅熱)」「手足口病」などがあります。 痛みがある 痛みを伴う「発疹」「湿疹」として、ピリピリと刺すような痛みの「帯状疱疹」、「急性扁桃炎」などに感染した際に現れる「血管性紫斑病(アレルギー性紫斑病)」などがあります。 腫れがある 腫れを伴う「発疹」「湿疹」として、高熱が出てリンパ節の腫れる「川崎病」、「風疹(三日ばしか)」などがあります。 高熱が出てリンパ節が腫れ、同じような症状に見える「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎・ムンプス)」は、「発疹」「湿疹が」現れることはありません。 それぞれどのように対処していけばよいのでしょうか。 どのような症状が現れるのでしょうか。 皮膚の病気 「肌トラブル」である皮膚の病気である場合は、熱が出たり、「発疹」が全身に広がったりすることはありません。 感染症 感染症の場合は、熱が出たり、風邪のような咳や鼻水など、「発疹」かゆみを伴う「湿疹」のほかの症状がみられます。 また、人から人へ広がる場合もあるので、兄弟・姉妹、家族への感染も気をつけてください。 アレルギー アレルギー反応として「発疹」「湿疹」が出た場合は、「食物アレルギー」や「アトピー性皮膚炎」などが考えられます。 「アトピー性皮膚炎」は強いかゆみを伴い、慢性的に現れる「湿疹」です。 家庭では、アレルギーとなる原因を取り除くほかに、保湿などのスキンケア、爪を短く切るなど掻き癖を付けさせないなどの工夫が必要になります。 子どもに多い食物アレルギーは、重症だと命にかかわることもある病気。 今回は、食物アレルギーの治療の基本と予防に役立つ知識を、アレルギー専門医の... 乾燥 冬場など空気が乾燥すると、唇の感想が気になり、知らず知らずのうちに舐めてしまう「舌舐めずり皮膚炎」などが見られます。 薬をつけてもすぐ舐めてしまったり、拭きとってしまう場合が多いので、保湿をし、マスクをするなど乾燥を防ぐことが重要です。 敏感肌 乾燥肌は、毎日の入浴の際に、洗浄力の強い石鹸やボディーソープをつけて洗っているなど、皮脂成分の取りすぎも原因と言われています。 洗い方を見直す、入浴後は時間を空けずに、保湿クリームやローションをつけるなど保湿を心がけてください。 あせも あせもは、汗の出やすいところに見られる皮膚の炎症です。 汗のかきやすく、溜まりやすいところに多く見られます。 かゆみがとても強いため、ひどい場合は睡眠に影響を及ぼすこともありますので、皮膚を清潔に保ち、汗をかいたら、こまめにやさしくふき取りましょう。 虫刺され 虫刺されによって、強いアレルギー反応(アナフィラキシー・ショック)を起こす場合もあります。 ミツバチなどに刺された場合など、注意が必要です。 すぐに病院で受診しましょう。 また、山や公園など虫の多いと思われる場所へ行く際は、長袖、長ズボンを着用して肌を隠し、虫よけスプレーなどを使用しましょう。 ダニ かゆみが続き、原因がわからない場合は、「ダニ」を疑った方がよいかもしれません。 多くの場合「腫れが近くにいくつかある」という特徴があります。 ダニはやわらかい皮膚を噛むので、かゆくなっている部分を調べて、対処しましょう。 その他の病気 「発疹」「湿疹」を伴う皮膚の病気の中には、原因がわからないものも。 「発疹」の出る前の状況や現れ方、熱があるかなど、受診する際に伝えると原因が早くわかる場合もありますので、メモしておきましょう。 子供 幼児・小学生 の湿疹、治らないときの病院 軽症の「じんましん」などの場合は、数時間~ 1日程度様子を見ればおさまる場合がほとんどです。 受診する際は、「いつから発疹が出たか」「熱はあるか」「食欲はあるか」など様子を伝えるだけでなく、「発疹」「湿疹」の原因と疑わしい「変わったものを食べたり、触ったりしていないか」なども細かくきちんと伝えましょう。 病院に行く目安 「食物アレルギー」などは注意が必要です。 原因となる食べ物を食べると急に呼吸困難になることも。 慎重に対応しましょう。 アナフィラキシーを起こしたときは、冷静に気道を確保し、すぐに医師の手当てを受けてください。 子どもに多い食物アレルギーは、重症だと命にかかわることもある病気。 いざというときに備えて、アレルギー反応によって起こる症状や発症したときの対... 病院の選び方 「じんましん」など、軽症のものがまずかかりつけの小児科に相談してみましょう。 「アトピー性皮膚炎」などは、治療に長い期間が必要な場合があります。 ステロイド剤を使うなど、小児科の先生と相談してみましょう。 虫刺されなど、薬を使うことも多いと思いますが、使用上の注意をよく読み、用法、用量などを守って正しく使用しましょう。 薬の種類 虫刺されなどは、市販の塗り薬でも対応できますが、毒性の強い虫に刺される可能性も考えられます。 慎重に対応してください。 「発疹」「湿疹」の症状やかゆみの有無、熱が出ているかなどによって、対応が変わりますので、まずは小児科を受診しましょう。 薬の選び方 「アトピー性皮膚炎」の治療に、ステロイド軟こう薬などが処方されることもあります。 ステロイドの塗り薬は怖いものではありません。 塗る量や期間など、正しく使えば、効果が得られ、安全に使用できます。 小児科の先生によく相談しましょう。 薬の飲み方・使い方 「発疹」や「湿疹」のかゆみ止めの飲み薬として、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬があります。 薬によって効果が様々なので、症状に合わせて小児科の先生と相談しましょう。 写真や画像だけで判断しない!子供 幼児・小学生 の湿疹 幼児・小学生など子供に「発疹」「湿疹」が出ると、不安に思う方もいらっしゃると思います。 インターネト上の写真や画像だけで判断しないで、小児科の先生に相談しましょう。 「アトピー性皮膚炎」など、治療に長い期間かかる場合もあります。 小児科の先生とコミュニケーションを大切にしましょう。 写真や画像はあくまでも目安に 「発疹」「湿疹」の状態を検索したり、インターネットなどで症例の画像を見て、比べる方もいらっしゃると思います。 「発疹」「湿疹」には、原因不明の病気が隠れていたり、急に症状が悪化する場合も考えられます。 写真や画像はあくまでも目安にしましょう。 よくわからないときは小児科へ 適切なケアをしても、様子を見ていても良くならない場合は、小児科で相談してみましょう。

次の