バッタ 大量 発生 2020 地図。 大量発生したバッタは中国から日本に来るのか?影響や被害について考察

大量発生したバッタを飼料に 食料危機直面パキスタンの試み 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

バッタ 大量 発生 2020 地図

中国当局は2月27日、「中国は、東アフリカで発生しインドやパキスタンに広まった サバクトビバッタの大群の侵入リスクにさらされている」と警告し、各部門に被害拡大防止体制を整備するよう求めた。 サバクトビバッタは、アフリカと中東の乾燥した地域に生息していて、大雨が降って植物が繁茂すると大発生する。 東アフリカとアラビア半島は、過去2年間サイクロンに複数回見舞われるなど異常に雨の多い天気が続いていた。 サバクトビバッタの寿命は約3カ月で、その間に繁殖する。 繁殖の条件がよければ、次の世代のバッタは20倍に増えると言われている。 2018年の2つのサイクロンによってわずか9カ月の間にアラビア半島に生息するバッタは約8000倍に増加した。 その後、2019年10月に東アフリカの広い範囲で激しい雨が降り、2020年1月にケニアで過去70年で最悪の規模の被害が発生している。 国連によれば、ケニアでは最大1200億匹のサバクトビバッタの襲来により8400万人分の食糧が失われるリスクが高まっている。 2月15日付米誌ナショナル・ジオグラフィックは、東アフリカに発生したサバクトビバッタの大量襲来の様子を聖書の「出エジプト記」に書かれた「十の災い」になぞらえている。 増えすぎたサバクトビバッタは移動を始める。 サバクトビバッタは1日当たり約150km移動できるとされており、被害地域はさらに広がっている。 昨年末以降、中国と国境を接するインドやパキスタンでもサバクトビバッタにより甚大な被害が出ていることから、中国メディアは2月中旬に相次いで関連記事を掲載したが、専門家は「サバクトビバッタは中国で生存できないから、大きな脅威にはならない」との見方を示していた。 国連食糧農業機関(FAO)は、「サバクトビバッタの数は今年6月までに現在の500倍になる恐れがある」とする予測を出しており、サバクトビバッタの猛威は一向に収まる気配を見せない。 後手に回った中国当局は、サバクトビバッタの襲来をはたしてコントロールできるのだろうか。 スタグフレーション襲来の懸念も 当局が示したサバクトビバッタの中国への侵入は、(1)インドやパキスタンを経由しチベットに至るルート、(2)ミャンマーから雲南省に至るルート、(3)カザフスタンから新疆ウイグル自治区に至るルートの3つである。

次の

中国を襲うバッタ集団、日本の面積の3倍に……!?【澁谷司──中国包囲網の現在地】

バッタ 大量 発生 2020 地図

過去25年で最悪とされる蝗害(こうがい)に見舞われた同国では、農業の中心地で農作物が壊滅的な被害を受けており、農家らは収入の確保に奔走している。 バッタを飼料として利用するプロジェクトは、食糧安全保障・研究省のムハンマド・クルシード()氏と生物工学学者のジョハール・アリ()氏が始めたもので、紛争で荒廃したイエメンで飢餓対策にたんぱく質豊富なバッタを食べるよう推奨した取り組みを参考にしている。 実験では村人たちが集めたバッタを当局が買い取り、乾燥して粉末状にし、飼料に混ぜる。 場所は、バッタが飼料用に適さなくなってしまう殺虫剤を農家が使用していなかったことから、パンジャブ州オカラ()地域が選ばれた。 クルシード氏はAFPに対し、「まず自分たちでバッタの捕獲方法を学び、地元住民に教えた。 網は使い物にならない」と説明した。 バッタは夜になると木や植物に群れをなして止まっており、日が昇るまでの涼しいうちは動かないため捕まえやすい。 バッタ1キロ当たり20パキスタン・ルピー(約13円)が支払われたため、地元住民らは夜通しバッタを採集した。 20トン集まった時点で当局の予算が尽き、プロジェクトは一時中止されることになった。 食糧安全保障・研究省はこのほど、2月に行われたこの実証実験の結果を公表した。 また、他の地域にもこの実験を広げる準備を進めているという。 集められたバッタは、同国飼料生産最大手ハイテク・フィーズ()に送られる。 同社は養鶏飼料に使われている大豆の10%をバッタで代用している。 このプロジェクトがバッタの大群による農作物被害を解決するわけではないが、大打撃を受けた農家に新たな収入源を提供すると同時に、バッタ駆除のための殺虫剤散布に頭を悩ませていた当局に対する圧力も軽減することができる。 バッタの大群は今年、アフリカ東部やアラビア半島()一帯、インドの一部にかけて発生し、農作物に被害をもたらしている。 専門家らは、今月から始まるモンスーンでの降雨によってバッタの数が爆発的に増える恐れがあると懸念している。

次の

中国政府、異常繁殖したバッタの大群侵入に厳戒態勢…農業と中国経済に壊滅的被害か

バッタ 大量 発生 2020 地図

[画像のクリックで拡大表示] 今、東アフリカでバッタの大量発生による被害「蝗害(こうがい)」が広がり、数千万人の食料供給が脅かされている。 ひとつの都市を覆い尽くすほどに広がったバッタの群れが作物や牧草地に襲いかかり、ものの数時間ですべてを食い尽くしている。 バッタの大量発生は、東アフリカでこれまでに7カ国に拡大した。 近年にない規模だ。 このバッタはサバクトビバッタという。 アフリカと中東の乾燥した地域に生息していて、大雨が降って植物が繁茂すると大発生する。 東アフリカとアラビア半島では、過去2年間でサイクロンに複数回見舞われるなど、異常に雨の多い天気が続いた。 専門家は、この天気が蝗害の主な原因とみる。 (参考記事: ) このところ嵐が増えているのは、近年顕著になってきた「インド洋ダイポールモード現象(IOD)」と関連しているという。 これはインド洋の東部と西部で海水温の差が生じる現象で、オーストラリア東部に大きな被害をもたらした森林火災とも関連する。 一部の専門家は、今回の蝗害はこれから起こる大きな変化の前触れかもしれないと指摘する。 海面温度の上昇は嵐のエネルギーを高め、気候変動は今回の蝗害を引き起こしたような海洋循環パターンを定着させるからだ。 (参考記事: ) 「サイクロンの多い年が続けば、『アフリカの角』と呼ばれる北東部での蝗害の発生数も増加するでしょう」と言うのは、国連食糧農業機関(FAO)の上級蝗害予報官であるキース・クレスマン氏だ。 バッタはどのように増えるのか クレスマン氏によると、サバクトビバッタの大量発生のきっかけは2018年5月のサイクロン「メクヌ」だった。 このサイクロンはアラビア半島南部の広大なルブアルハリ砂漠に雨を降らせ、砂丘の間に多くの一時的な湖を出現させた。 こうした場所でサバクトビバッタがさかんに繁殖して最初の大発生が起きたと見られる。 同年10月にはアラビア海中部でサイクロン「ルバン」が発生して西に進み、同じ地域のイエメンとオマーンの国境付近に雨を降らせた。

次の