キノガッサ くさむすび。 ポケモンGOでキノガッサがくさむすびを覚えて最強?対人戦ではハイパーリーグかスーパーリーグ?

キノガッサ

キノガッサ くさむすび

雪国は今日も寒い どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を遊び続ける、ゆずみんです。 今回は1月16日から始まったイベントの1つである、キノガッサにスポットライトを当てたいと思います! 1月16日から1月29日まで、ホウエン地方のポケモンが多く出現します!この期間中は7kmタマゴからホウエン地方のポケモンが多く出現し、色違いのジグザグマとスバメが新しく実装されています。 また、カイオーガとグラードンという超強力なポケモンがレイドボスとして登場するのでこちらも要チェックです! その中でも今回の記事は、期間中にキノココを進化させるとキノガッサがくさむすびという技を覚える事をご紹介します。 そもそもキノガッサは攻撃種族値が高い事が特徴です。 くさ、かくとうタイプを持っており、その高い攻撃力から、これまではかくとうタイプで使われる事が多かったですね。 同じかくとうタイプで不動のエースであるカイリキーよりも、場面によっては火力を出す事ができるほど優秀なポケモンです。 そんなキノガッサがくさむすびという威力90の2ゲージ技を覚えるとどうなるか?通常技がタネマシンガン、ゲージ技がくさむすびというくさ技で統一する事によって、くさタイプに革命を起こすポケモンへと進化するのです! 結論から言うとこのキノガッサはとても強いので、この期間に進化させておく事を強くおすすめします! くさタイプで現状高火力のアタッカーといえば、ロズレイドです。 次いで限定技であるハードプラントを覚えたフシギバナやナッシー、ジュカイン等が考えられます。 ここで注目すべきは、ロズレイドのゲージ技が1ゲージ技のソーラービームであるという事。 確かにロズレイドの種族値は優秀で火力が出せますが、ソーラービームという技である以上もったいない場面が出てしまう可能性があります。 1ゲージ技は発動までの時間と条件が厳しく、あと少しでゲージ技を発動出来るタイミングでやられてしまう(ゲージの抱え落ち)等が、どうしても起きやすくなってしまいます。 それに対してくさむすびは2ゲージ技なので、非常に使い勝手が良いです。 また、ハードプラントという強力な技を持っているフシギバナは、そもそもの種族値が防御寄りな為あまり攻撃的ではありません。 以上の事からこのキノガッサは非常に手に入れる事が容易でかつ、優秀なポケモンなのです! しかし、弱点ももちろんあります。 攻撃力が特徴的な反面、耐久力は低いので相手の技を避ける等の状況判断が必要になります。 また、くさ、かくとうタイプという事から弱点を突かれる事も多く、選出される場面も限られてきます。 とはいえ、この手に入れやすさと火力はとても魅力なので、ゆずみんも早速ジム戦で使ってみました!動画はこちら。 新時代到来!くさむすびキノガッサ2体MAX強化!ジム戦&詳細解説【ポケモンGO】 やはり2ゲージ技の使いやすさと火力が実感出来る結果となりました。 くさ技で優秀なアタッカーのロズレイドはレアアイテムであるシンオウの石が必要ですし、ハードプラントを覚えたフシギバナは現状手に入れる事は困難なので、この機会にぜひキノガッサにくさむすびを覚えさせてくださいね! また、これは将来的な予測になるのですが、いずれジュカインのコミュニティディが来る事が予想されます。 このジュカインが限定技であるハードプラントを覚えた場合、ジュカインは攻撃種族値が高いので、非常に強力なポケモンとなる事が予想されます。 とはいえまだいつ実装されるかも分からないですし、今はキノガッサを使うでいいと思います! そしてこのキノガッサの直近の使い道は、このイベント期間中に出現するグラードンとカイオーガです。 弱点のくさ技で相手のHPをガンガン削りましょう!グラードンとカイオーガは以前にも出現したレイドボスなので、すでに対策ポケモンを準備している方は大丈夫だと思いますが、まだの方はぜひこのキノガッサを使ってみて下さい! しかしグラードンはだいもんじ、カイオーガはふぶきを使ってくる可能性があるので状況に応じて使い分けて下さいね。 ではでは今回はこのへんで。 YouTubeにて関連動画を多数投稿中。 《ゆずみん》.

次の

【ポケモンGO速報】キノガッサの新技「くさむすび」がホウエンイベントで限定実装!その性能は?

キノガッサ くさむすび

雪国は今日も寒い どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を遊び続ける、ゆずみんです。 今回は1月16日から始まったイベントの1つである、キノガッサにスポットライトを当てたいと思います! 1月16日から1月29日まで、ホウエン地方のポケモンが多く出現します!この期間中は7kmタマゴからホウエン地方のポケモンが多く出現し、色違いのジグザグマとスバメが新しく実装されています。 また、カイオーガとグラードンという超強力なポケモンがレイドボスとして登場するのでこちらも要チェックです! その中でも今回の記事は、期間中にキノココを進化させるとキノガッサがくさむすびという技を覚える事をご紹介します。 そもそもキノガッサは攻撃種族値が高い事が特徴です。 くさ、かくとうタイプを持っており、その高い攻撃力から、これまではかくとうタイプで使われる事が多かったですね。 同じかくとうタイプで不動のエースであるカイリキーよりも、場面によっては火力を出す事ができるほど優秀なポケモンです。 そんなキノガッサがくさむすびという威力90の2ゲージ技を覚えるとどうなるか?通常技がタネマシンガン、ゲージ技がくさむすびというくさ技で統一する事によって、くさタイプに革命を起こすポケモンへと進化するのです! 結論から言うとこのキノガッサはとても強いので、この期間に進化させておく事を強くおすすめします! くさタイプで現状高火力のアタッカーといえば、ロズレイドです。 次いで限定技であるハードプラントを覚えたフシギバナやナッシー、ジュカイン等が考えられます。 ここで注目すべきは、ロズレイドのゲージ技が1ゲージ技のソーラービームであるという事。 確かにロズレイドの種族値は優秀で火力が出せますが、ソーラービームという技である以上もったいない場面が出てしまう可能性があります。 1ゲージ技は発動までの時間と条件が厳しく、あと少しでゲージ技を発動出来るタイミングでやられてしまう(ゲージの抱え落ち)等が、どうしても起きやすくなってしまいます。 それに対してくさむすびは2ゲージ技なので、非常に使い勝手が良いです。 また、ハードプラントという強力な技を持っているフシギバナは、そもそもの種族値が防御寄りな為あまり攻撃的ではありません。 以上の事からこのキノガッサは非常に手に入れる事が容易でかつ、優秀なポケモンなのです! しかし、弱点ももちろんあります。 攻撃力が特徴的な反面、耐久力は低いので相手の技を避ける等の状況判断が必要になります。 また、くさ、かくとうタイプという事から弱点を突かれる事も多く、選出される場面も限られてきます。 とはいえ、この手に入れやすさと火力はとても魅力なので、ゆずみんも早速ジム戦で使ってみました!動画はこちら。 新時代到来!くさむすびキノガッサ2体MAX強化!ジム戦&詳細解説【ポケモンGO】 やはり2ゲージ技の使いやすさと火力が実感出来る結果となりました。 くさ技で優秀なアタッカーのロズレイドはレアアイテムであるシンオウの石が必要ですし、ハードプラントを覚えたフシギバナは現状手に入れる事は困難なので、この機会にぜひキノガッサにくさむすびを覚えさせてくださいね! また、これは将来的な予測になるのですが、いずれジュカインのコミュニティディが来る事が予想されます。 このジュカインが限定技であるハードプラントを覚えた場合、ジュカインは攻撃種族値が高いので、非常に強力なポケモンとなる事が予想されます。 とはいえまだいつ実装されるかも分からないですし、今はキノガッサを使うでいいと思います! そしてこのキノガッサの直近の使い道は、このイベント期間中に出現するグラードンとカイオーガです。 弱点のくさ技で相手のHPをガンガン削りましょう!グラードンとカイオーガは以前にも出現したレイドボスなので、すでに対策ポケモンを準備している方は大丈夫だと思いますが、まだの方はぜひこのキノガッサを使ってみて下さい! しかしグラードンはだいもんじ、カイオーガはふぶきを使ってくる可能性があるので状況に応じて使い分けて下さいね。 ではでは今回はこのへんで。 YouTubeにて関連動画を多数投稿中。 《ゆずみん》.

次の

【ポケモンGO速報】キノガッサの新技「くさむすび」がホウエンイベントで限定実装!その性能は?

キノガッサ くさむすび

Contents• くさむすびを覚えたキノガッサは対人戦・トレーナーバトル PVP で強い? キノガッサはというポケモンは 攻撃種族値が高い事が特徴ですが その一方で防御の種族値が低く 耐久性がないポケモンでした。 タイプとしてはくさ、かくとうタイプで 攻撃力の高さを活かすために ジムバトルやレイドバトルで使うとしたら かくとうタイプとして使用される 頻度が高かったポケモンです。 キノガッサの基本的なスペックは? キノガッサのスペックは 最大CP 2628 HP 144 というスペックになっており 最大に強化してCP2628 ということで個体値100など 個体値の高い キノガッサを マックス強化してしまうと ハイパーリーグの 規定であるCP2500を超えてしまいますので 強化の際には確認するように ご注意ください。 また、 キノガッサのタイプ相性は以下のようになっています。 625 キノガッサの最適技の構成は? キノガッサの最適技ですが サードアタック解放を考えて まずはホウエンイベント中に 「くさむすび」を覚えさせます。 その場合、技1はやはり 「タネマシンガン」で くさタイプとして統一すると 使い道がハッキリすると思いますが 技としての性能は 「カウンター」が高性能のため 用途を使い分ける必要があります。 サードアタックとして 解放するのであれば 「ばくれつパンチ」が無難です。 ちなみに 「くさむすび」と 「ばくれつパンチ」の技の スペックは同格で 使用感も近いです。 タイプ相性が有利な 「ヘドロばくだん」も 悪くはないと思います。 「くさむずび」の技自体は 対人戦で使用する事を 前提の場合、 やや中途半端な位置です。 というのもくさタイプの技としては 強力な「ハードプラント」 とにかくゲージの溜まるのが早い 「リーフブレード」 がありますので 「くさむすび」は 丁度中間の技ということになります。 キノガッサはハイパーリーグとスーパーリーグどちらで使う? キノガッサの最大CPを考えると ハイパーリーグで使うことを オススメします。 ただし、「ハードプラント」持ちの フシギバナがいる場合は 耐久力はフシギバナが勝りますし スピード面では 「リーフブレード」持ちの ジュカインが突出しています。 パーティ編成は 手持ちのポケモンと相談する ことになるわけですが キノガッサはかくとうタイプを 持っていますので 相手がノーマルタイプの ポケモンを使用してくる場合に 備えてパーティの編成をすると キノガッサの活躍の場が増えます。 スーパーリーグで キノガッサを 使用する場合は CPの調整がやや難しいのと その耐久度の低さから 使いづらい場面が 多いのではないかと思います。 ただし、くさタイプは スーパーリーグの主力である マリルリに対して強く、 「ヘドロばくだん」も マリルリに対して有効のため 使い道はあるのではないでしょうか。 どちらのリーグにせよ キノガッサはキノノコから 飴50個で進化できますし 育成コスト的にはかなり 優良なポケモンといえるでしょう。 とここまで トレーナーバトル、 対人戦での キノガッサの活用方法を 書いてきましたが 「くさむすび」を覚えた キノガッサはジム戦や レイドでも活躍する機会が より増えたといえますので ジム戦やレイドバトルでも ぜひ使用してみてくださいね。 とくに「タネマシンガン」と 「くさむすび」という 技の組み合わせで くさタイプに特化した キノガッサの場合は ジム戦とレイドバトルでの 活躍の場が広がります。 現在出現中の伝説のポケモン グラードン・カイオーガに対しても キノガッサは相性の良いポケモンです。 キノガッサに強いポケモンは? キノガッサはひこうタイプには 歯が立ちません。 特にハイパーリーグでも 良く使用されるリザードンには 相性が悪いため ひこう・ほのおタイプなどが 対戦相手のポケモンの場合、 キノガッサは かならず交代して戦うようにしてください。

次の