ライバロリ 育成論。 【ばろりん】ライバロリという僕がオススメのポケモン対戦実況者について【Naoki Harada】

【ポケモン剣盾】カットロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ライバロリ 育成論

ライバロリバトル講座 第4回「ゴウカザルを活躍させてあげたい!」 「バシャーモにできないゴウカザルの戦い方について」 のような相談がちらほらと。 同じ、ほのお・かくとうタイプのポケモンであり、バシャーモもゴウカザルも攻撃性能の高いポケモンです。 ただ、使用率だけ見るとバシャーモのほうが圧倒的に高く、その理由はやはり「特性:かそく」の存在でしょう。 ターン終了時に素早さを上げるといった効果なのですが、「まもる」を使用することで安全に素早さを上げることができ、素早さをあげることで多くのポケモンより先に行動できるようになり、有利不利が一気に逆転します。 この差を埋めるだけの性能がゴウカザルにあるのか…? というお話ですが…、 あるんです! ステータス面に関してはバシャーモの方が高いので、ゴウカザルのみが覚える技でおすすめなものをピックアップしていきましょう。 ・ちょうはつ ・アンコール ・がむしゃら ・ステルスロック ・ダストシュート ・とんぼがえり 辺りでしょうか。 ~~省略~~ こちらが育成したゴウカザルですね。 5倍になる) 夢特性 てつのこぶし(パンチ系の技の威力が1. 2倍になる) シンオウ御三家のほのおタイプのポケモン「ゴウカザル」。 こうげき、とくこう、すばやさに特化した種族値で、覚える技が非常に多彩。 第四世代では両刀型として使われることが多く、ちょうはつやステルスロックなどの優秀な補助技も搭載できる。 しかし、かそくバシャーモが解禁されてからは使用率が下がり、メガバシャーモが解禁されてからはほとんど姿を見せなくなってしまった。 さらに火力のインフレが起こりつつある現在では、こうげきととくこうの種族値104というものは頼りないかもしれない。 そのために現在では補助技を活かした型が目立つ。 しかしバシャーモではなくゴウカザルを使っている時点で補助技による行動をするとバレてしまうのが難点か。 ライバロリ氏のミミッキュ育成記事に対する反応.

次の

【ポケモン剣盾】ロトムを通常フォルムのまま使いたい。【育成論?】【ゴースト統一】#4|スロー|note

ライバロリ 育成論

【超高火力なヒヒダルマの育成方法と正しい使い方を紹介!】 今作で登場したガラルヒヒダルマは105-140-55-30-55-95いう恵まれた種族値、そして特性による高すぎる火力で現環境で大暴れしているポケモンです。 ごりむちゅう• だるまモード の二つがありますが、特性によって運用方法がかなり変わってきます。 今回は今最もメジャーな「ごりむちゅう」の特性のヒヒダルマの育成論です。 特性「ごりむちゅう」は 同じ技しか出せなくなるが、物理技の威力が1. 5倍になる。 わかりやすく言えば こだわり鉢巻を常備した火力ということです。 A140のポケモンが鉢巻を持った火力は正真正銘、頭のおかしい火力が出てきます。 この火力を活かす方法は2つ。 スカーフを巻きつけて上から火力を押し付ける• 鉢巻を巻いて意味不明な火力で相手を屈服させる うーん、なんて脳筋なポケモンなんだ…. 私がポケモン剣盾の対戦を始めた頃から愛用しているスカーフヒヒダルマはこんな感じ! — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 技構成については非常に悩むポケモンですが、それに関しては後述します。 氷柱落とし(攻撃外すな)• 馬鹿力• 蜻蛉返り• ストーンエッジ スカーフヒヒダルマの持ち物と性格 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 スカーフヒヒダルマなのでこだわりスカーフです。 特性 :ごりむちゅうの効果でこだわり系を持っているのと同じ状態なのでこだわり系以外のアイテムを持たせるのはもったいないです、その中でもこだわりスカーフの強みは元々高めのSに磨きがかかり、上から沈めていくことができる点が優秀です。 例を挙げていくと• 最速ドラパルトを抜ける• ダイジェット1回積んだトゲキッスより早い• ミミッキュより速くなることができる• スカーフロトムより速くなれる• スカーフウオノラゴンも怖くない といったことがあります。 性格は陽気か意地っ張りの選択です。 意地っ張りのメリットは ・相手への負担を増やせる ・H252バンギがダイマックスしても馬鹿力で確定で落ちる ・H4ミトムが馬鹿力でワンチャン落ちる(37. 5%) ・蜻蛉返りのダメージアップ ・H4ドリュウズが氷柱落としで確定で落ちる あまり具体的な指標はありませんが、相手に与えられる負担が多いので私は意地っ張りを採用しました。 環境で見るヒヒダルマはほとんどが意地っ張りですね。 陽気のメリットは ・最速スカーフヒトムも抜ける ・ヒヒダルマミラーでも上を取れる可能性が高い ・最速スカーフドリュウズを抜ける ・準速スカーフサザンドラを抜ける があります。 Sを最速にすることにより、特定のポケモンに対して確実に上を取ることが出来るので安定して突っ張ることができます。 できるだけ読みを避けて攻撃ができるのはかなり特ですね。 陽気のほうがメリット多いように感じますが、実際に使っていると火力の低さが響くシーンが割と多かったりするので意地っ張りを推奨しています。 (個人の感想だから好きな方使ってみたらいいよ!) スポンサーリンク スカーフヒヒダルマの努力値振りと調整先 HorBorD4 余り A252 ぶっぱ S252 ぶっぱ 調整ナシです。 「ガンガン行こうぜ」一択です。 かのポケモン実況者ライバロリ氏も今作は例外を除き調整してないと言ってましたしそんなものでしょう。 スカーフヒヒダルマの技構成 一番の問題です。 色んな技を覚え、なおかつどれも強力なのでめっちゃ迷います。 氷柱落とし• 馬鹿力 (自由枠)• 蜻蛉返り (自由枠)• ストーンエッジ (自由枠) 自由枠は1つですが、 馬鹿力と 蜻蛉返りは変えたかったら変えてもいいと思います。 メインウェポンとして 氷柱落としは確定です。 10%の外しはかなり痛く、これが原因で試合に負けることもありますが 冷凍パンチだとそこそこ火力落ちるのと3割の怯みが美味しいので 氷柱落としで大丈夫です。 馬鹿力を推奨する理由は• 氷が半減される鋼や氷に格闘が刺さる• 普通に通りがいい• ダイナックルで攻撃力が上がる です。 ナットレイやアーマーガア意識するなら フレアドライブとかに変えてもいいと思います。 蜻蛉返りを推奨する理由は• 早く動けるようになるスカーフと相性が良く、サイクルに負担をかけられる• 相手のポケモン交代を見てから交代(対面操作)ができる• ミミッキュの化けの皮を剥がしながら交代できる です。 対面操作できるのはかなりのメリットですが、技範囲を広げることを優先したいという場合は変えてもいいでしょう。 自由枠に入る技は• ストーンエッジ(ギャラやヒートロトム用)• 地震(ギルガルドやドヒドイデ用)• フレアドライブ(ナットレイ、アーマーガアを消し炭にする用)• アイアンヘッド(ニンフィア、オーロンゲ用) です。 パーティ単位で重いポケモンへの対策にしましょう。 ドヒドイデは 地震を1回耐えるので注意。 【ポケモン剣盾】ヒヒダルマの使い方と使ってみた感想 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 スカーフヒヒダルマの運用方法ですが先発に投げ苦手な相手なら交代、勝てる相手なら火力を押し付けていくというのが基本となります。 また、他のポケモンでサイクルを回しつつ相手を削り、最後にヒヒダルマが全部吹き飛ばす。 という戦い方も強力なので、高火力アタッカーとしての役割をしっかりと果たしてくれるポケモンです。 スカーフヒヒダルマを運用していく中で 難しいのはダイマックスの使うタイミングです。 ダイマックスをすると 「特性:ごりむちゅう」の効果も「こだわりスカーフ」の効果も切れてしまいます。 なので、攻撃力と素早さが下がってしまうのです。 その代わりダイマックス中は技を自由に選択することができるようになるというメリットがあります。 ダイマックスを切るか切らないかというのをしっかり見極めましょう。 使っていて思ったのは2つ。 1つは とにかく火力が高いこと、そんなにダメージ入るのかwwってくらいにゴリゴリ削ってくれます。 単純に足が早く火力が高いので受けるのも対面処理するのにも難しく、相手の選出によってはこいつだけで相手パーティが半壊することもザラです。 とにかく火力を押し付けていきましょう。 もう1つは 耐久があまりなくて困るということです。 耐久がH105-B55-D55と心許ないので受けだしはかなり厳しく、対面でも攻撃を耐えられて返しで倒されるということも割とあります。 幸い不一致抜群攻撃(無振りドラパルトの 大文字)や、一致等倍攻撃(ギルガルドの シャドーボール、ミミッキュの じゃれつく)程度なら耐えることができます。 アーマーガアやサニーゴといった引き先を用意するとサイクル戦がしやすくなり、戦いを有利に進められるのでオススメです! 【ポケモン剣盾】スカーフヒヒダルマ育成論!速さで火力を活かせ!!のまとめ — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 今回の内容をまとめると• ヒヒダルマは 種族値、特性、技範囲が優秀!• 特性とこだわり系アイテムの相性がいい!• 技は自分のパーティと 相談しながら決めよう!• 鬼火力で 上からドンドン殴りつけよう!• 耐久は不安が残るので、受けポケモンを用意しておこう! とこんな感じです。 アタッカーとしてめちゃくちゃ優秀でこいつがいるだけで相手の動きをかなり制限することができます。 火力をドンドン押し付けていって相手の体力を削って行きましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ロトムを通常フォルムのまま使いたい。【育成論?】【ゴースト統一】#4|スロー|note

ライバロリ 育成論

こんにちは、ひだりゅー()でございます。 まず最初に一ヶ月間にわたり、ブログを放置してしまい読者の皆様申し訳ありません。 ここ最近、僕がブログから遠ざかっいたのは、それはそれはエベレストよりも高くマリアナ海溝よりも深い理由が 当然あるわけもなく、ただ単に気分が乗らなかったから放置しておりました テヘッ かと言って、この一ヶ月で物書きとしての作業を別にやってこなかった訳ではなく、外部サイトの外注記事を書いたり、司馬遼太郎を始めとした小説を読んだりしながら、この師走を過ごしておりました。 まあ、そんなこんなで充電期間も終わったので、今日をきっかけにまたブロガーとしての活動を再開していこうかと思いますので、改めましてどうぞよろしくお願いします。 スポンサードサイト さて、一ヶ月間ブログをほぼ更新してこなかったのにも関わらず、アクセス数についてはほぼ変動がなく・・・ というか、むしろ微量ではありますが増えているのは正直驚きを隠せませんね。 今年の2月6日からコツコツ積み重ねてきた財産がちゃんと生きているのには、まるで3月に大地から芽生えたツクシを見つけた時のようなちょっとした感動を覚えます。 っていうか、最後に投稿した記事である のアクセス数がぶっ飛んでヤバいんですけど、これはネットの神様がまた僕にポケモン廃人に戻れと囁いているのでしょうか・・・? 幸いまだ「ポケモンサンムーン」を購入はしておりませんが、You tubeのポケモン対戦実況動画は毎日欠かさず見ています。 そのため、知識だけは無駄にあるので、今後はポケモン育成論とか書いてもいいのかも知れませんね。 エアプ勢 笑 とか言われそうですがw 先程、僕がポケモン実況動画の熱烈な視聴者とお伝えしましたが、その中でも特にオススメなのは ライバロリさんですね。 通称「ばろりん」。 「ライバロリ」はニコニコ動画でのユーザーネームで、You tubeでは「Naoki Harada」で活動していますので検索の際は要注意。 ポケモンのレート対戦で 世界1位に何度もなったことがある 一瞬 ほどの実力者で、ポケモンのプレイングはかなりのもの。 僕は多くの実況動画で「自分ならこうするのになぁ~」と、読みが甘い立ち回りに対しイライラすることが結構あるのですが、彼に対してはそんなアンチ的感情は全くと言っていいほど起きません。 マイナーポケモンで組んだパーティを使うことが多いので負け試合もありますが、それでも「あそこでああしてれば勝てたのに」という負の感情無しで視聴出来るのはありがたいですね。 上動画の1:00辺りの 「僕からしたら、驚きを隠せない交換であるんですが」 「その交換はイケているのか?」 「もしかしてマンムーのタイプを知らないのか?」 の下りは、僕の笑いの急所に深くどストライク。 煽りと行っても、厨ポケ狩り講座で著名なと違い、いきなり大音量の罵声は挙げないので精神衛生上優しいです。 出典: 他の特徴として、 プレイ動画をカットしているのでサクサク見れるのも好評価。 ひだりゅー.

次の