天昇 設定5。 北斗の拳天昇 設定5の挙動・実戦データ① (+2775枚)|マッハエース|note

パチスロ北斗の拳~天昇~ 設定示唆,設定判別,設定56確定演出

天昇 設定5

設定5以上(設定5or設定6)の根拠 なぜ設定5以上と断定しているかと言えば、それはもちろん確定要素が出たからです。 キリン柄のトロフィーが出現したので、間違いなく設定5以上と断言して良いでしょう(台が壊れていなければ)。 と言いつつキリン柄トロフィーの写真をうっかり撮り損ねたんですが…。 代わりに2回出現した金トロフィー(設定4以上確定)の画像を張っておきます。 『北斗の拳 天昇』設定5以上(設定5or設定6)確定台の実戦データ ザックリとした簡易データですが、自分が打った北斗天昇の設定5以上はこんな動きをしました。 断=断末魔ゾーン• 世紀末ゾーンは当選したもののみを「世〇」と表記(ちゃんとデータを取っていなかったので当たったものしか記録にない)。 AT中の獲得枚数は「激〇」の後に表記、さらにAT終了時にPUSHを押した際のキャラクターをその後に書いています(例:激〇1100枚サウザー)。 有利区間が激闘ボーナス後に継続した場合には<継続>と表記し、有利区間の終わりは「終了」と表記。 断末魔ゾーンの当選ゲーム数や獲得枚数などはおおよその数値としてご覧ください。 これを見てもイマイチ頭に入ってこないと思うので、特徴を簡単にまとめて行きたいと思います。 今回も最低でも400G前半のゾーンで必ず断末魔ゾーンへ突入してそこで当たっています。 さすがに全く400Gのゾーンを突き抜ける事がないわけではないのでしょうが、それでも現状としては天井に一度行っただけでも止めたくなるぐらいには顕著に400Gのゾーンを抜けない印象はありますね。 少なくともリゼロの設定6でA天を食らうのと同程度には設定6期待度が下がる感じでしょうか(たまにはあるけど早い段階で発生すると止めたくなるというニュアンスです)。 激闘ボーナスの解析値から言えばこれは偶数の特徴と言うべきかも知れませんけど。 AT終了画面の奇数偶数示唆は弱いor設定6は均等? AT終了画面でPUSHボタンを押すと表示されるキャラクターで設定を示唆していますが、今回はトロフィーで設定5以上が確定したので、どちらかと言えば奇数偶数の判別的に活躍して欲しかったんですが…。 奇数示唆(修羅モード:ハン 世紀末モード:シン):3回• 偶数示唆(修羅モード:ヒョウ 世紀末モード:サウザー):3回• 高設定示唆(修羅モード:リン 世紀末モード:レイ):2回 といった内容で、きっちり奇数示唆と偶数示唆が同数になってしまいました。 仮にこの台が設定6だったとして、設定6だけ奇数偶数示唆が均等配分である可能性もあるとは思いますが、どちらかと言えば設定差が小さいだけのような気もします。 本機の場合は世紀末モードという存在があるのでポイント抽選次第では早いゲーム数でのCZに期待できなくもない…とは言え、実戦上でも中々200G以内でポイントが貯まるケースはありませんでした。 グラフは非常に安定した右肩上がり 今回実践していても思いましたが、高設定域は順当に進めば非常に安定した右肩上がりのスタンプグラフを刻みますね。 実際他の高設定らしき台を見てもそうなっていたので当然そうなるだろうとは思いましたが、打っていて負ける気は全然しませんでした。 とは言え、今回は単純に自分が激闘ボーナスで頑張れただけだった可能性もありますが。 ATの獲得枚数が思ったよりも多かったのはヒキか設定5の特徴なのか 今回はAT一回あたりの枚数が思ったより取れたのが意外でした。 もう少し少ないのが当たり前だと思ってたんですけど、割と800枚程度は普通にとれたのでこれが普通なら楽しめるなぁとは思いました。 ただ一方で、これは設定5の特徴であり今回は自分が激闘ボーナスを多めに通せた結果として初当たりが軽い&出玉も多いという最高の状況が出来上がったんじゃ?との思いも膨らんでいるんですが。 激闘ボーナス中の抽選で「ハズレ・ベル」での当選がやたら多かった 本機はバトル中の勝利要因を確認できるのがウリの一つですが、それで確認してみると結構な頻度で「ハズレ・ベル」での当選が確認できました。 正直さすがにあり得ないだろってぐらいなレベルで「ハズレ・ベル」で(小役レベルが低いのに)当選するので、ここには何か高設定なりの優遇要素があるのかな?とは思いました。 しかしそれだと、勝率が目に見える&勝利契機を確認できるという触れ込みに偽りアリでは?とおもったりもしましたが(勝つ方向への嘘なら文句を言う人はあまりいないでしょうけどね)。 リゼロ同様に有利区間継続時は何かあるのでしょうね。 一度の有利区間内でATなしは高設定でもある 今回のデータでも一度の有利区間ないで継続して激闘ボーナスを連敗した結果、一度もATに入らないケースもありました。 これを2回連続でやらかすと激闘ボーナス4連続スルーといった状況が出来上がるので、高設定でも案外そんな状況になって捨てられている台はありそう。 どちらかと言えば激闘ボーナス間ハマリのゲーム数に注目した方がよいかも知れません(400Gゾーンをサクサク抜ける台は打っちゃ駄目)。 『北斗の拳 天昇』高設定(設定5or6)の感想総括 運よく早い段階で北斗天昇の設定5or6に触れられたのはラッキーでした(夕方から閉店までの実戦だったので時間はさほど長くなかったですが)。 今の所は結構気に入っている台ですが、今後この台に慣れた時にどういった印象になっているか…正直だいたいリゼロと似たような台なので、通常時がしんどく感じられるようになりそうな気はしますけど、そこをチャンスゾーンの扱い方で上手い事誤魔化してくれている事を願うばかりです。 運よくまだ低設定はハイエナでしか打っていないので、低設定を設定狙いで打たされてしまった時に改めて低設定なりの感想を書く事にします。 とりあえず自分は北斗天昇が高設定なら十分に楽しめる台であった事が嬉しい、それが素直な気持ちです。

次の

北斗の拳天昇 設定示唆演出

天昇 設定5

高設定の証? サミートロフィーで銅が出たので、設定2以上は確定しました。 私の台を含めて北斗天昇は8台あり、そのどれもが当たりが軽く見えます。 というか、開始から2時間も経っていないのに、すでに箱を積んでいる台もあります。 全台456か? それとも全台6? 全6だったらいいのになあ。 周りの活気がすごいので、自然と私のテンションも上がります! もしかしたら本当に設定6かもしれないと、私は打ちながら設定6の挙動について色んなサイトを見て回りました。 そこでわかった設定6の挙動とは、 設定6は400のゾーンを抜け辛いんですって! この台の強めのゾーンは、200、400、600です。 設定6だと400のゾーンを抜けることはほとんどなく、600のゾーン抜けに関しては、どこにも書いていませんでした。 基本は400のゾーンまでに当たるようです。 ということは、 朝イチに400のゾーンで当たっている私の台は設定6の可能性がある……ということか! でも、毎回400までハマるのは疲れるなあ。 できればお隣さんみたいに200台で当たって欲しいんだけど、と思ってたら、またしても200のゾーンを抜けてしまいました。 その後すぐにポイントMAXからCZに突入するも、こちらもスルー。 また400台かと少し面倒になりながら回していた時でした。 こ、これは……!! 突然出てきた「7を狙え」画面! 狙ってみたら7が揃ってATが始まりました。 調べてみたら、これがAT直撃なんですって! 前兆を経てAT直撃ではないんですね! それにしても、 AT直撃ですってよ! リゼロだったら高設定の証でしたよね! ということはこの台も……!? そう期待してましたが、 AT直撃は設定差あんまりないんですって……。 だから、AT直撃したら「ラッキー」って思うだけで良いみたいですよ……。 ちなみに直撃したこのATは、684枚出ました。 出玉が少しずつ増えてます。 ---スポンサーリンク--- これこそ本当の高設定確定演出。 北斗天昇の島の活気はすごいものがありました。 とにかくみんな当たりが軽い! 隣の人なんて、 北斗揃い引いて完走までしていました。 全部で8台もあるのに、全台最低でも1箱は持っています。 お祭り騒ぎ状態です。 全台ということなので、もちろん私も…… 1500枚くらい出しました! 周りに比べると私の台は当たりが重くて、ほとんど400台でしか当たっていませんが、そもそも通常時のコイン持ちがいいですからね。 少しずつ出玉を増やして1500枚です。 これは確実に全台系。 しかも全6じゃないのか? と私は思うようになっていました。 それほど、みんなのグラフが綺麗な右肩上がりだったんです! そして私の台でも、ようやく高設定だと確信できる演出がやってきましたよ! 設定4以上確定画面です。 激闘ボーナスや真天昇ラッシュの終了画面でPUSHボタンを押すと、キャラが出てきて設定示唆をしてくれます。 こんなに伸びてるんだし、そりゃあ設定4以上はあるだろうなあ。 レインボートロフィーが出てもおかしくない当たり方だもの。 ……レインボートロフィー出ればいいのに。 それにしても、わざわざ北斗を打つためにお客さんが少な目のホールに行ったのに、まさか全台系を掴めるとは想像だにしていませんでした。 というか、 このホールって全台系やるんだ……(初めて知った)。 ---スポンサーリンク--- 暗記必須! レインボートロフィーは出ていませんが、この当たりの軽さはレインボー並みです。 朝イチの439Gから始まり、348G、225G、350G、424G、433G、84Gと一度も400のゾーンを抜けずに当たっています。 かなりいいです。 他の台も、当たったらほとんどATに繋がっています。 1回のATで一度も1000枚超えていないのも、「設定6かも?」な気持ちを後押ししていました。 さらに周りの活気、熱気、 湿気!!(最後は特に意味ないです) 音量を下げていない人が多かったので、あちらこちらからATに突入している音が聞こえてくるわけですよ! 他の島もそこそこ人はいるんですが、北斗の島だけ空気が違います。 台が空くのを立って待ってる人までいました。 この熱気だけで万枚出せそう! 周囲が元気だと、自分の台も出そうな気がしますよね! しかも中間設定以上なのは間違いないですし、 勝てそうな気しかしない! 楽しそうな両隣に囲まれて、私も楽しく打つこと約5000G。 私の台に何が起こったんだろう……。 突然です。 突然、ATに入らなくなりました。 230Gで当たって1戦目負け。 再び230Gで当たって2戦目負け。 でも当たりは早いからと打ってたら、 次の当選が633G。 しかもこれも負けました。 もうヤメたかったのですが、ここで私を引き留めたのが、 「有利区間継続」です。 すげぇ重要な話をするぜ! この台は、 激闘ボーナスでATに入らず終わると有利区間が継続します。 さらに、早いゲーム数で当たりやすくなるし、AT突入率もUPするのです。 ただし注意としては、有利区間は激闘ボーナス2回が1セットで、激闘ボーナス2回目を引いてATに入らなくても、その時は有利区間がリセットになります(ATに突入しても有利区間はリセットになりますよ!)。 ようするに、 ATに突入しなかったら、激闘ボーナスを2回引くまでヤメちゃダメ!ってことです。 あ、ATに入ったらヤメていいんですからね! 先ほど633Gで当たった激闘ボーナスからはATに入りませんでした。 しかもATスルー1回目なので、次の当たりまでは続行しないといけないってことです。 でも2回目はAT突入率がUPするので、打っといた方がお得。 出玉の減りは辛かったですが、私は頑張って打ちました。 早いゲーム数で当たりやすくなる、の言葉通り、 次の当たりは225Gでした。 でも「AT突入率UP」とはいきませんでした……。 ATを4スルーもしたため、さすがにこれ以上は粘れずヤメ。 他の台はみんな右肩上がりの中、 私の台だけ落ちました。 もしや私の台だけが設定4だったとか……!? 私が席を立ったと同時に台を取られたのですが、あとで見たら2000Gも回さずヤメられていて、グラフもさらに落ち込んでいました。 他の台は、全台出てました……。 さて、最後に私なりに北斗天昇の感想を書きたいと思います! 【北斗天昇の感想】 ・ATのゲーム性は、慣れると面白い。 ・ゾーンだけでなく、CZでも激闘ボーナスに繋がるのは助かる。 ・激闘ボーナスのバトルの勝率がハッキリ見えるのが良い。 ・有利区間が激闘ボーナス2回1セット、というのになんか可能性を感じる。 ・画面がゴチャゴチャしていて見辛い。 ・ATのゲーム性は、理解するのに時間がかかる。 でも、そもそも当たらないことの方が多いんですよ……。 それでは、次回の更新まで…… トランキーロ! あっせんなよ!! のり子さん!お疲れ様です! DOCOMOのアンケートで、地味ぃ~~にポイントを貯めていた 地味ぃ~~なオヤジこと、もっちん!です -. 北斗の前回600超えの100ハマり昇舞3個と言うお宝台でAT獲得し22m勝ちました!ここまでで15m勝ちです 笑う3の260とサラ番の170を打ち4m負けました。 北斗331を打ち2m負け、絆の0スルーを2台打ち2台AT入りましたが6m勝ちです。 凱旋の700を打ち3m負け、北斗の奇数で5m負け。 19時になったので帰ろうと思いましたらハーデス900があり仕方無く打ちました。

次の

パチスロ北斗の拳~天昇~

天昇 設定5

通常時の演出法則 ザコの断末魔 断末魔の期待度 断末魔 期待度 ぺげぇ! 低 ほぴゃ! 高 断末魔の法則• たわば!! は強チェリー否定で七星チャージ以上が確定• あべし!! は七星チャージ以上• ひでぶ!! 同じミッションが連続するとチャンス• 2G目に失敗すれば復活濃厚• 画面右下に表示されるポイントカウンターはリプレイ・レア役成立時にポイントを獲得• レア役成立時に一部で突入する七星チャージ突入 世紀末ポイント大量獲得のチャンス• 七星CHARGE終了時にサブ液晶をタッチするとモードを示唆• 100G以内は出現頻度が大幅アップ 雑魚のセリフ別の示唆内容 あべし!! 通常B以上!? ひでぶ!! 通常C以上!? ヘブン!! チャンスモード!? 断末魔の期待度 断末魔 期待度 ぺげぇ! 低 ほぴゃ! 高 断末魔の法則• たわば!! は強チェリー否定で七星チャージ以上が確定• あべし!! は七星チャージ以上• ひでぶ!! 設定変更後、AT終了後100Gは荒野ステージに滞在• 七星CHARGE高確率• 昇舞魂高確率• 荒野ステージ中に激闘ボーナスに当選すると強敵1人以上撃破確定 CZ「世紀末ZONE」 役割 激闘ボーナスへのCZ 突入契機 世紀末ポイント1000pt到達 継続G数 15G 期待度 —• 消化中は全小役でバトルを抽選• レア小役ならチャンス• ラオウステージは大チャンス• 0% 強チェリー 100% スイカ 10. 0% チャンス目 15. 0% CZ「断末魔ZONE」 役割 激闘ボーナスへのCZ 突入契機 規定ゲーム数到達 継続G数 15G 期待度 —• 消化中はレア小役やカットインからの強敵図柄停止でバトルへ発展• 0% 強チェリー 100% スイカ 10. 0% チャンス目 15. 通常時はCZ「断末魔ZONE」の当選期待度が変化する4つのモードが存在。 モード別の特徴• 通常Aモード: 200,400,600,700G付近が当選期待度が高い。 通常Bモード: 200,400,600G付近が当選期待度が高い。 通常Cモード: 200,400G付近が当選期待度が高い。 チャンスモード: 200G付近が当選期待度が高い。 実践動画.

次の