アルテ アニメ 化。 アニメ化決定作品一覧 2020年~2021年

アニメ化決定作品一覧 2020年~2021年

アルテ アニメ 化

2020年4月期のアニメで一際異彩を放っているのが『アルテ』だ。 「16世紀初頭のイタリアを舞台に、絵描きを目指す少女の物語」は、主に異世界と日常を舞台にした作品がしのぎを削る当世アニメ界にあって、孤高の道を歩んでいると言っていいだろう。 原作は、大久保圭が2013年から『コミックゼノン』(コアミックス)で連載中の同名コミックで、本稿執筆時点で最新14巻が発売されている。 大久保圭自身初の連載タイトル『アルテ』で、いきなりヒットを飛ばしての長期連載となったが、新人ながらも「どうしてもこの題材を描きたい」という情熱で連載を勝ち取ったという意欲作である(引用:)。 連載作品のメディアミックス展開は、『コミックゼノン』発行元であるコアミックスのお家芸であるとはいえ、一見して地味であり、かつての「名作劇場」の様な枠の無い現在においてアニメ化しづらい題材であることは想像に難くない。 だが本作こそは、昨年のNHK朝ドラ『なつぞら』で描かれたように、女性の社会進出と共に発展してきたアニメ界にとって正しく描くべきテーマを内包しているのだ。 16世紀を中心とするルネサンス期は「文芸復興」と呼ばれる時代。 そこで主人公アルテは貴族に生まれながらも、画家となることを目指すのだが、純粋に絵を愛する「芸術家」としての画家ではなく、注文に応じ、絵を描く「職人」としての絵描きであるという側面は、本作のテーマと密接に関係している。 原作にほぼ忠実に展開する第1話で、娘の描いた大量の絵を焼き、画業を否定するアルテの母は、女に産まれた宿命を受け入れる前近代の象徴として描かれる。 妻として、より裕福な貴族へ嫁ぐことこそが女の価値観の総てだという固定観念に自ら拘泥している母を「籠の中の鳥」になぞらえたアルテは、好きな絵を描くことに、自立する手段としての意味を自らに科す。 そして後に師となるレオに対し、最初は「絵を描くのが好きだから」と、弟子入りの動機を偽り、最後に本当の理由を明かさせることで急速に師弟の絆を結ばせる演出は実に巧みであった。 キリスト教が布教され、中東からヨーロッパ全域に拡がったことで、古代に栄華を誇ったギリシャとローマの文化は長く否定された。 中世以前、市民に対し抑圧的だったキリスト教は父権主義、女性差別的でもあった。 アルテがその性別の故に折々にぶつかる障壁は、現代から見ればあまりにあからさまな性別に基づく差別ではあるが、しかし「ガラスの天井」という呼称があるように、21世紀を迎えたい未も解消されたとは言い難い。 しかし先に述べたように、その創世記から女性が活躍してきたアニメ界には『アルテ』を通してその打破を訴えかける資格は充分にある。

次の

漫画『アルテ』TVアニメ化 メインキャストに小松未可子&小西克幸

アルテ アニメ 化

アルテのレオに対する恋は実るのか? アルテの恋だけは先が読めない・・・ — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp アルテがレオに恋心を抱いたのは謝肉祭の時でした。 人間の解剖を見ている時にアルテがこぼしたしまった声で女がいることがバレてしまい、逃げることになります。 そして アルテを隠すためにレオはアルテを抱きしめます。 その時アルテの中の何かが目覚めました。 アルテは最初は病気かなというくらいに感じていましたが ヴェロニカに相談するとそれは恋だと言われてしまいます。 アルテはこの時はまだ恋が何か知らなかったようですね。 普通は幼少期に初恋的なものをしているのですがアルテにとってはこれが人生初の恋ということでしょう。 zuJzOooivPJBuwp アルテはレオの所に弟子入りしたときは16才です。 少し遅い弟子入りと言われていましたね。 (15~16世紀のフィレンツェが舞台になっているものがたりなので年齢は随分今と違ったふうに捉える必要があります。 現代でいう20才すぎくらいではないかと考えられます。 ) 推定レオは30才後半と思われます。 (なので現代でいう40代前半くらい、つまりもう中年のおっさんという感じではないでしょうか。 ) しかしレオは少し老けているけれども体つきなどはしっかりしています。 なので 年の差は20才程度になります。 今の現代の日本では20才の歳の離れは恋愛対象としては無理でしょう。 しかし、戦国時代とは10代の娘がおじさんの殿様とかに嫁いでいる時代でした。 (嫌々かもしれませんが・・・) なので不可能ではないでしょう。 レオがアルテは居なくなった時に感じた事について レオみたいな人ってアルテのような陽気な人間がいなくってからその存在の大きさに気づく人だよね — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp アルテは一度ヴェネツィアに家庭教師を兼ねて仕事に行っています。 アルテは当初から迷ったときはレオに相談したかったようです。 肝心なのはレオです。 レオは最初はアルテのいない静けさが妙に落ち着かないようでした。 さらにアルテのことばかり考えているようでした。 ダーチャや街の人がアルテのことばかり聞いていくるのもアルテがいかにみんなに愛されていたかが分かります。 途中からアルテのことを頭から消そうと仕事に打ち込んでいるようなシーンもありました。 なので レオはアルテが居なくなったときにアルテの存在の大きさに気づいたようです。 Sponsored Link 師弟関係は超えれない? アルテとレオの関係は師弟関係です。 レオもアルテの存在の大きさに気づいていますので、恋愛関係になる可能性はあります。 また小さな家に男と女が二人だけでいつも一緒にいると、そういう関係になるか、嫌いになるかどちらかになる可能性は非常に高いです。 しかし 問題は師弟関係を超えれるかということです。 これはマンガの趣旨や題材などを考慮して考えると アルテとレオは恋愛関係になることはないと考えられます。 マンガ「アルテ」は恋愛の要素は含んでいても恋愛マンガではありません。 なので師弟関係から恋愛関係になると少しドロドロし過ぎな物語になってしまいバランスが悪くなります。 なのでアルテのレオへの恋心は憧れを含んだものとしておわるでしょう。 アルテとダーチャとアンジェロの恋愛三角関係について アルテとダーチャとアンジェロの関係は三角関係になると考えられます。 マンガ10巻の時点では気になっているというような状態ですが今後は本格的に好きになっていくと予測しています。 アルテはアンジェロのことをどう思っているのか? アルテはアンジョロの事を恋愛の対象としてはみていません。 むしろ女だからと特別扱いしてくるのはやめてほしいと感じています。 ダーチャはアンジェロの事をどう思っているのか? ダーチャとは友達以上にはなれないでしょ!! — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp ダーチャはアンジョロの優しさに惹かれています。 またアンジェロの男前のルックスも彼女にとっては魅力的なのでしょう。 しかしアンジェロからは 「友だちになろう」とダーチャは言われています。 この時点でダーチャに強い恋心があれば辛いでしょう。 しかし現時点では憧れのような恋心を抱いてる感じです。 アンジェロはアルテのことをどう思っているのか? アンジェロはアルテのことが好きです。 なのでアルテを守ろうとしています。 アンジェロからすれば、女性に重たいものを持たせたり、重労働は考えられません。 しかしレオはそんなことは気にしません。 なのでアンジェロは止めようとしますが、アルテは自分が芸術家をめざすのなら女性だからとかは言い訳にできないと覚悟しているのでいつもやりとげています。 アルテとダーチャとアンジェロはどうなるのか? アルテみたいな熱量の高い人って本当に回りの人を感化するよねw — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp この三角関係はまだ10巻ではニュアンスが感じれる程度なので詳細はわかりませんが この漫画は恋愛マンガではありません。 恋愛はマンガを面白くさせるエッセンスの一つです、 なのでそこまで深入りはしないでしょう。 まとめ [アルテ]第1話 正直な感想 アルテちゃんがかわいすぎるやろ…… — ふるぅる fruluru0714 ・アルテとレオの恋愛関係は師弟関係の方が勝るために実ることはないでしょう。 ・アンジェロとダーチャとアルテの関係も三角関係になったっとしてもそこまで深くはならないと予測しています。 あくまでもこれは一人のヒロインの女性が芸術家を目指す物語だからです。 最後までお読みいただきましてありがとうございました! 合わせて読みたい!.

次の

アルテ(テレビアニメ)

アルテ アニメ 化

出典 : Amazon. jp 「月刊コミックゼノン」連載のルネサンス期の画家の姿を描いた作品 『アルテ』。 今回はそんな『アルテ』のキャラクター情報やあらすじをまとめてみました。 アニメ化も決定した人気作品にはどんなみどころがあるのでしょうか? 『アルテ』はどんな作品? 出典 : Amazon. jp 『アルテ』はノース・ターズ・ピクチャーズの月刊誌「月刊コミックゼノン」連載の漫画。 累計発行部数が75万部を越える今話題の作品です。 作者は漫画家の 大久保圭(おおくぼけい)さん。 この『アルテ』は、 ルネサンス期のイタリアを舞台にした漫画を描きたいという大久保圭さんの強い意向から連載が実現した漫画です。 『アルテ』の舞台は16世紀初頭、ルネサンス期イタリアの フィレンツェ。 16世紀といえば、かの有名芸術家であるレオナルド・ダ・ヴィンチも生きた時代です。 この『アルテ』という作品には主人公のアルテが、女というだけで風当たりが強いこの時代のフィレンツェで画家として自立し、力強く生きていく姿が描かれています。 『アルテ』のあらすじ 出典 : Amazon. jp イタリアのフィレンツェの貧乏貴族として生まれた アルテは、幼少時は仲の良い両親の愛情をたくさん受けて育ちました。 しかし、ある時期から母親の教育が厳しくなり、毎日が習い事ばかりの息苦しい生活を強いられます。 そんな中、習い事のひとつであった 絵を描くことがアルテの唯一の生きがいとなりました。 将来は画家になる、絵に夢中になったアルテはしだいにそんな夢を抱くように…。 しかし、そんなアルテの生きがいを母親はよしとしません。 この時代のイタリアには女性に遺産の相続権がないため、母親は 女性の幸せが良い旦那の元へ嫁ぐことだと信じて疑わなかったのです。 一方アルテは、 自分のやりたいことができない人生が幸せとは思えないと考えていました。 ある日、アルテは母親とケンカをして、ずっと夢だった画家になるために家を飛び出します。 街へ出ていくつも画家の工房に弟子入りを頼みましたが、どこもアルテが女だからという理由で門前払い。 そんな中、条件付きで弟子を取ってもいいと言ってくれたのが レオという画家でした。 その条件は無理難題といえるものでしたが、アルテはそれを持ち前の根性で乗り切り、 レオの元へ弟子入りすることに。 こうして小さな工房の1人弟子となりアルテの画家としての生活が始まるのでした。 『アルテ』のみどころ 出典 : Amazon. jp 16世紀のフィレンツェで生きる少女の姿を描いた『アルテ』にはたくさんのみどころがあります。 続いてはそんな『アルテ』にみどころを、3つピックアップしてまとめてみました。 リアリティのある舞台 『アルテ』のみどころとして1つめに挙げられるのは、やはり リアルに描かれたフィレンツェという舞台でしょう。 綺麗に描かれた 街並みはもちろん、16世紀のフィレンツェで生きる 職人や女性たちの生活がリアルに描かれているのです。 この時代のフィレンツェの人々がどのような生活を送っていたのか、『アルテ』を読むとよく理解できます。 アルテ自身が貴族出身ということもあり、 16世紀の貴族がどんな立場にあったのかも作中で描かれていますね。 強く生きる女性たち 16世紀のイタリアは 男尊女卑が当たり前とされていた時代です。 そのため、女性に相続権がなかったり、結婚するためには相手側の家に持参金を渡さなければならない、という文化があります。 作中では、アルテや他の女性キャラクターがそういった問題に直面するシーンも少なくありません。 そんな女性に厳しい世界に、身ひとつで飛び出した アルテがどれだけ強い女性なのかよくわかりますね。 アルテを中心に、16世紀のイタリアで強かに自身の地位を築いていく、魅力ある女性キャラクターがたくさん登場するのも『アルテ』のみどころです。 アルテの成長を見守る 画家になりたいという夢だけを持って外の世界へ飛び出して言ったアルテ。 そんなアルテが、画家として女性として自立していく成長の過程が『アルテ』の3つめのみどころでしょう。 貴族として生まれたアルテは、初めは絵を描くことしかできませんでした。 いざ家を飛び出したのはいいものの、社会は独り立ちした女性を認めてくれません。

次の