御香典と御仏前の違い。 香典の書き方 ご霊前やご仏前の違い!中袋も薄墨がマナー?

御香典と御霊前と御仏前の違いは?四十九日法要は何を使う?

御香典と御仏前の違い

四十九日法要は「御霊前」と「御仏前」のどちらを使う? 四十九日法要では「御仏前」を使う 仏教の教えでは霊として存在している間は7日ごとに7回、成仏できるかどうかのお裁きがあるとされており、遺族は故人が成仏できるように7日ごとに追善法要を営みます。 7回目の追善法要である四十九日法要は最後のお裁きの日であり、このときに成仏が許されると霊から仏になります。 四十九日法要で成仏するとされていますから、 四十九日法要での、香典の表書きは原則として「御仏前」を使います。 ただし、どのタイミングで成仏するかについては、「法要のあと、自宅の仏壇に本位牌を納めたときに仏になる」とする考え方もあります。 仏教の御霊前と御仏前の使い分け 通夜・葬儀・初七日 四十九日・初盆・一周忌・三回忌 仏教の場合 御霊前 御仏前 四十九日法要が繰り上げられた場合 四十九日法要は亡くなって49日目に営むのが本来のしきたりですが、法要に招く方の都合を考慮し、49日以前の土日に営むこともありまです。 また、49日ではなく35日に忌明け法要を営むこともあります。 このように亡くなって49日が経っていないときは「御霊前」か「御仏前」か迷うこともあります。 大体の場合は、法要の日に成仏したとされますので、49日以前であっても「御仏前」を使うのがよいでしょう。 宗派による「御霊前」と「御仏前」の使い分け 浄土真宗、真宗、曹洞宗、日蓮宗などは葬儀・通夜から「御仏前」 仏教にはさまざまな宗派があり、宗派によって死生観も異なります。 例えば、浄土真宗や真宗では「霊」の観念がなく、人は臨終と同時に成仏すると考えられています。 そのため、四十九日法要はもちろん通夜や葬儀の際も、香典の表書きは「御仏前」とするのが正式な書き方とされています。 また、浄土真宗とは考え方が異なりますが、曹洞宗や日蓮宗などでも葬儀や四十九日法要の香典の表書きは、「御仏前」を使う場合が多いようです。 仏教 浄土真宗・真宗の場合 通夜・葬儀・初七日 四十九日・初盆・一周忌・三回忌 仏教 浄土真宗・真宗の場合 御仏前 仏式で宗派がわからないときは「御香典」も使える 四十九日までは御霊前が一般的といっても、御仏前を使う宗派もあります。 宗派が確認できる場合はよいのですが、そうでない場合は「御香典」を使う方法もあります。 御香典は「お香やお花の代わりに供えるもの」という意味ですので、仏式の葬儀であれば宗派に関係なく使えます。 ただし、仏式以外の神式やキリスト教式では使えませんので注意しましょう。

次の

御香典とは?御霊前と御沸前の違いは?49日の表書きは?

御香典と御仏前の違い

御霊前とは 御霊前(ごれいぜん)とは 四十九日過ぎていない(亡くなって四十九日以内の)故人に対して使います。 仏教では人が死ぬと霊になって四十九日経つと仏になると考えられているからです。 但し 浄土真宗と日蓮正宗の場合には霊魂存在を否定しているので使うことが出来ません。 また 曹洞宗の場合も使えません。 葬式・告別式・お通夜に使えます。 御仏前とは 御仏前(ごぶつぜん)とは、上の説明のとおり (亡くなってから)四十九日経過後の仏様になったあとに 使うことができます。 浄土真宗・日蓮正宗・曹洞宗の場合には四十九日より前でもこちらの御仏前をお使いください。 四十九日法要の場合は宗派問題なく御仏前とお書きください。 御香典とは 御香典とはお香やお花の変わりにお金を供えますということです。 四十九日にも 宗派に関係なく使うことが出来ます。 迷った場合は御香典と書くあるいは書かれているものを購入するのが無難です。 葬式・告別式お通夜・法要全部に使えます。 上記を表でまとめると スポンサードリンク 「告別式」の場合 :「 御香典」「御霊前」 「お通夜」の場合 :「 御香典」「御霊前」 「法要」の場合 :「 御香典」「御 仏前」 と書けば大丈夫です。 結局のところ迷ったら「御香典」をお選びください。 キリスト教なんだけどなんて書くの? キリスト教の方の葬儀では 「御花料」とお書きください。 御霊前でもいいんじゃないの? 御霊前でもいいのですがプロテスタントでは認められていないので「 御花料」が無難です。 ただし、 不祝儀袋に蓮の花がついているものは仏教のものなので使用するのは 厳禁です。 だったら神道(神式)の場合は? 神道(しんとう)の場合には、「御神前」、「御玉串料(おんたまぐしりょう)」、「御霊前(ごれいぜん)」、「御榊料(おんさかきりょう)」のどれかを使ってください。 どれでも大丈夫です。 最後に 私も調べるまで毎回といってもまだ2回ですがどれがどれだと迷ってしまっていたので今度からは御霊前と書くようにします。 みなさんもそうしてみてはどうですか?.

次の

御香典と御霊前の違いとは?お金の入れ方と金額の相場│ごーるでんライフ

御香典と御仏前の違い

お葬式にかかせない御香典 お葬式にかかせないものといえば御香典。 つまり、お金になります。 最近は受け取らないところも多くなっていますが、実際にはまだまだ多くなっており中には受け取る方もいるお葬式のお見舞い金。 しかし、これについて知らない人も多いのは「御香典」「御霊前」「御仏前」の違いと金額について。 確かに私もこの情報については知らないので紹介をしていきましょう。 御香典と御霊前と御仏前の違いとは? では、この3つをどのように使い分けるのかについて書いていきましょう。 よく似ているのですが、実はその時のケースによって異なるといことですので詳細をしっておきましょうね。 また、御香典、御霊前、御仏前の違いについても紹介をしていきます。 御香典 故人へ線香や花の代わりに金品を供えるものです。 基本的には訃報を受けた後、通夜もしくは葬式、告別式に持参をするものとなります。 ただし訃報はいきなり起こるものなので通夜の際には持ってこれないという人も多いでしょう。 そんなときには告別式やお葬式で手渡しをすれば問題ないでしょう。 しかし、御香典で絶対にしてはいけないご法度があります。 それは、香典を送ったのだけれども金額が少なかっためもう一度追加で香典を送ることです。 不幸が重なるという迷信もあるため決してしないようにしましょう。 御霊前 故人の御霊 みたま の前。 また、御霊に供える金品。 香典の表書きの1つ。 御香典の中の1つの書き方になります。 御霊前の良いところは、宗教、宗派に関係なく使えるということです。 四十九日が終わるまではこの御霊前という書き方を使うことが可能となっていますが、四十九日以降はこの御霊前という言葉は不適切になります。 実際には故人の宗教や宗派に関係なく幅広く使われているのが御霊前なのでこれを通夜やお葬式で持っていくことは一番無難といえるでしょう。 (故人の宗教、宗派を知っている人は少ないため) 御仏前 故人が成仏 じょうぶつ した仏様の前。 また、御仏に供える金品。 供物の表書きの1つです。 仏式では四十九日で霊から仏に代わるといわれています。 そのため四十九日以降は御仏前を使うことになります。 他の書き方は? また、他にも書き方があります。 「御香料」「御香資」などもありますがこちらも失礼に当たることはありません。 また神式の場合には「御霊前」の他に「御玉串料」「御神前」「御饌料(みけりょう)」「御神饌料(ごしせんりりょう)」などを用いります。 キリスト教でも御霊前は使うことが可能ですが、一般的なのは御花料。 カトリックでは御ミサ料などと書かれることもありますが、プロテスタントではつかいません。 他にも御霊前は一番使いやすい書き方となっているのですが、中には宗教的な、宗派的な部分で注意をしなければならないポイントもあります。 浄土真宗では御霊前で通用しますが、日本一信徒の多い宗派である浄土真宗では「御仏前」を利用することになりますので故人の宗派がわかる際には書き換えをしておきましょう。 他にも無宗教の場合には「志」「御花料」「御香資」「御香料」なども使われることになります。 金額と袋について 袋は100均やスーパー、コンビニなどでも売っていますが基本的には蓮の花の印刷をされている不祝儀袋は仏式用、白百合や十字架が印刷をされている不祝儀袋はキリスト教洋なので印刷面には注意をはらいましょう。 御香典の書き方 御香典の表書きをする前に大事なことはルールをまもることです。 以下のルールは必ず守って書くようにしてください。 ・御香典は故人が信仰をしていた宗教に合わせて袋を用意する。 ・香典袋は水拭き白黒、双銀などの結び切り のものを用いますし、袋も模様に関しては先ほど紹介をした形のものを選びましょう。 ・下段に会葬者のの名前をフルネームで書きます。 ・書く際にはすべて薄墨をつかいます。 ・相手の宗教など不明な点が多い場合には「御霊前」で統一をしておくと、先方の宗教に関係なく使えます。 御香典の金額と目安とは? もちろん最近は御香典をあまり受け取らない場合も多いのですが、受け取るのか、受け取らないのかに関しては実際に式場へ行かないとわからないもの。 そこで、念のため用意をしていくのですが金額に迷ってしまうこともありますし包み方も難しいと思いますのでそこについても書いていきましょう。 実はあなたの続柄や相手との関係によって大きく異なるといわれています。 そのため相場としては以下の表を参考にしてみましょう。 もちろんお世話になった人へも返す必要がありますのでそこは理解をしておきましょう。 ただし、一番ダメな金額は「4」「9」になります。 「死ぬ」「苦しむ」という言葉を連想させることから4と9のつく数字の御香典は避けておくべきです。

次の