元悪役令嬢。 ライトノベル|OVERLAP

悪役令嬢 小説家になろう 作者検索

元悪役令嬢

神達に拾われた男• ガンガンONLINE• ふかふかダンジョン攻略記~俺の…• MAGCOMI• お菓子職人の成り上がり~天才パ…• がうがうモンスター• 異世界でも風俗嬢やってみた• コミックトレイル• エステルドバロニア• Comic Walker• ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く…• アルファポリス• 転生!竹中半兵衛〜マイナー武将…• がうがうモンスター• サキュバスに転生したのでミルク…• がうがうモンスター• ひとりぼっちの異世界攻略• コミックガルド• 村人ですが何か?• Comic Walker• 詰んでる元悪役令嬢はドS王子様…• comicブースト• 無職転生 ~異世界行ったら本気だ…• Comic Walker 最新話更新!今日おすすめのWEB漫画 もっと見る.

次の

悪役令嬢、庶民に堕ちる

元悪役令嬢

敵国であるシエル王国 通称【天の王国】 にある日、【天詠みの聖女】と呼ばれる女性が現れた。 しかもそれが辺境の貧しい伯爵領の一人娘だったというのだから、聖女の噂は瞬く間に全世界に広がった。 女神のように美しい容姿を持つ聖女は国内最高の魔法学園に入学し、あらゆる王族貴族の子息を虜にしているのだとか。 しかし、同時に1つの情報がにわかに各国を駆け巡った。 天の王国屈指の公爵家の令嬢である、エレノア・アルテミスが聖女に悪辣な行為の数々を働いたとして国外追放の罪に問われたというのだ。 これには各国の重鎮皆首を傾げることになる。 何故なら、彼女は婚約者である無能な第1王子に代わって外交や貿易などに適切な助言をし、天の王国と他国との関係を良好に保つのに大きく貢献する有能な令嬢なのだ。 周辺国からの評価は非常に高かった。 そんな彼女がどうして自分の身をみすみす危険にさらすような真似をするだろうか。 いや、きっと彼女は嵌められたに違いない、と確信した我が王は、すぐさま俺に一つの命令を下した。 「エレノア嬢を保護し、わがナジェム王国 通称【星の王国】 に正式な客人として招待せよ」 面倒事の予感にオズワルド・アクアリウスは深いため息をついた。 現実の事物、人名、団体とは一切関係ありません。 ナジェム王国の大公に史上最年少で任命された天才。 序列11位。 とにかく自由人で、平気で国際問題レベルのことをやらかすが何故か許されている。 かと言って常識がない訳ではなく、守るべき最低限のものは守る。 陛下に忠誠を誓っており、陛下をして【最高の忠臣】と言わしめる。 シエル王国では第一王子の婚約者として完璧な振る舞いをしてきた。 とにかく完璧主義かつ神経質で、かねてから自由人のオズワルドとは会う度取っ組み合いになる程の犬猿の仲。 しかし自由に振る舞うのに人に愛される彼を何処かで羨ましく思っている。 侯爵令嬢のアイリス・クレモンティーヌは婚約者に婚約破棄され逃げるようにパーティー会場を抜け出した。 貴族令嬢としての矜持を汚され、家族にも迷惑をかけてしまったことを悔やみ傷心するアイリスは入水をするのだったが… そこで前世の記憶を取り戻す。 死にたくないと思いながらも意識を手放し、目を覚ますととあるギルド商会の若旦那に保護されることになる。 「行く当てがないならここで働けばいい」 優しい言葉に救われるも。 「俺が欲しいのは金になる材料だ。 キリキリ働け」 彼はとんでもなくお金にがめつかったが、必死に働くうちに自分の居場所を見い出し。 あろうことにも… 「お前の就職先は俺の嫁だ」 俺様気質の若旦那に求婚されることになるのだった。 「貴様とは婚約破棄だ!」 そうかっこつけ王子に言われたのは私でした。 しかし、そう言われるのは想定済み……というより、前世の記憶で知ってましたのですでに婚約者は代えてあります。 「殿下、お言葉ですが、貴方の婚約者は私の妹であって私ではありませんよ?」 「妹……?何を言うかと思えば貴様にいるのは兄ひとりだろう!」 「いいえ?実は父が養女にした妹がいるのです。 今は檻の中ですから殿下が知らないのも無理はありません」 「は?」 さあ、初めての感動のご対面の日です。 婚約破棄するなら勝手にどうぞ?妹は今日のために頑張ってきましたからね、気持ちが変わるかもしれませんし。 荷居人の婚約破棄シリーズ第八弾!今回もギャグ寄りです。 個性な作品を目指して今回も完結向けて頑張ります! 第七弾まで完結済み 番外編は生涯連載中 !荷居人タグで検索!どれも繋がりのない短編集となります。 表紙に特に意味はありません。 お疲れの方、猫で癒されてねというだけです。 自分の婚約者の第二王子を義姉に奪われたシタンは、皆の前で婚約破棄を言い渡され、魔力暴走を起こした罪で断罪され、その場で自害する。 事故死する前に読んだ、イヤファン?の『可哀そうなシタンの願い』の中に転生した私は、彼女を助ける為にどうしたらよいのか考える。 生まれた時に身に持つ強大な魔力のせいで母の命を奪い、父からも兄からも疎まれて、育ったシタン。 (でも、それってシタンのせいじゃないよね。 ) このままだと、第二王子と婚約して好きになった後に、義姉に奪われ、魔力暴走で義姉を傷つけた罪で断罪され自死する未来が待っている。 だから今のうちに、さっさと家を出る計画を立てる。 それには、自分の推しである、魔術師様の弟子になるのが一番良さそうだと・・・。 大槻 沙亜耶(おおつき さあや)26歳。 現世では普通の一人暮らしの社会人OL。 男女の痴情のもつれで刺殺されてしまったが、気が付くと異世界でも死にかけの状態に。 そして、拾ってくれたハイエルフのエリュシオンにより治療のためということで寝ている間に処女を奪われていた・・・?! 『帰らずの森』と呼ばれる曰く付きの場所で生活している俺様エルフのエリュシオンに助けられ、翻弄されつつも異世界ライフを精一杯楽しく生きようとするお話です。 生活するうちに色々なことに巻き込まれ、異世界での過去の記憶も思い出していきます。 温かい目で見てくださるとうれしいです。 完結いたしました(2020. 31) 可憐な妹を虐めるブサイクな姉、それが私。 妹が生まれてから全てが変わってしまった。 妖精のように愛らしい妹とブサイクな姉である私。 両親どころか、誰1人として私を愛してくれる人はいない。 今日も妹と喧嘩。 喧嘩といっても誰も私の味方はいない。 妹を突き飛ばそうとしていて、誤って自分が派手に転んでしまった。 頭を打った私は、そのショックで前世を思いだす。 喪女でおばちゃんだった自分を…… 愛らしい妹を恨んでグレていた私だったけど、前世を思い出すことによって悟る。 どうせ愛されていないのだから、この家を出て自分一人で生きていこう。 そして、私自身を愛してくれる人を探そう。 ブスとはいえ、平民では並……ぐらいはあるはず。 喪女だった自分が将来、恋愛して結婚できるのかは判らないけど、結婚できなくてもいい。 その時は養子をとって、家族をつくろう。 愛し愛される、そんな家族をつくろう。 「家族をつくろう」 この言葉を目標に、私はがんばる。 そう、がんばるはずたったんですけど………え、ここって乙女ゲームの世界だったの? 私の立ち位置は、モブ以下でゲームに参加すらしていない。 ああ、そうですよねぇ、判ります、判りますよ。 なんせ私は顔面偏差値、並以下ですしね。 あのキラキラの中に入るにはちよっとねェ。 ちょっ、ちょっとぉ、なんで乙女ゲームに巻き込まれるのぉ。 巻き込まないでよ。 関係ない、私は関係ないでしょう。 「フィーネ・アレイドル公爵令嬢! 私は、貴様との婚約を破棄することをここに宣言する!」 王子に婚約破棄された私(フィーネ・アレイドル)は、無実の罪で魔族の支配する魔族領に追放されてしまいました。 魔族領に降りた私を待っていたのは、幼い頃に助けた猫でした。 魔族にすら見えない猫ですが、魔族領では魔王の右腕として有名な魔族だったのです。 驚いた私に、猫はこう告げました。 「魔王様が待っています」 魔王様が待ってるって何、生贄にでもされちゃうの? と戦々恐々とする私でしたが、お城で待っていたのは私を迎えるための大規模な歓迎パーティ。 こうして私の新天地での幸せな生活が始まったのでした。 お気に入りの人形、彼氏、そして異世界転生したいからというトンデモナイ妄想のせいで命まで! 神様の眷属を無意識のうちに助けていて、神様が大分過保護な特典をつけ転生した。 天敵はこの世界に主人公はいないと思っているので、関わらずに今世は自分の為に生きようとしていたが、王子の婚約者候補の集いで天敵と再会。 前世と全く変わらないクズは、主人公の従者に目を付けた。 また自分から奪おうとするのかと、主人公は復讐(お仕置き)することを決意する。 ざまぁだけ読みたい方は、Side天敵と第2章からを推奨します。 ある事情で病弱な主人公が同じ症状の王族を救ったり、獣人や異民族を迫害から守り知らない間に慕われたり、新しい食や道具を探訪したり、神玉と言われる魔石のようなものの研究をしたり・・・。 最終地点「ざまぁ」までに、無意識のうちに善行を積んでいく!! 意識しなくても天敵を追い詰めていく主人公と、全てが空回っているがそれに気づかない天敵。 そして病弱な主人公に対して過保護気味な周りの物語。 第一章は主人公幼女です。 ユリアは公爵家の次女として生まれ、獣人国に攫われた長女エーリアの代わりに第1王子の婚約者候補の筆頭にされてしまう。 王妃なんて面倒臭いと思ったユリアは、自分自身に認識阻害と気配消しの魔法を掛け、居るかいないかわからないと言われるほどの地味な令嬢を装った。 15才になり学園に入学すると、編入してきた男爵令嬢が第1王子と有力貴族令息を複数侍らかせることとなり、ユリア以外の婚約者候補と男爵令嬢の揉める事が日常茶飯事に。 ユリアは遠くからボッーとそれを眺めながら〘 いつになったら婚約者候補から外してくれるのかな? 〙と思っていた。 そんなユリアが失敗する話。 初めての投稿なのでゆる〜く読んでください。 「ふざけるのもいい加減になさいませ!このクソ王子!」 「誰だ!今私を侮辱したのは!不敬罪に……っ」 「私が言いました」 「あー、私も言いました」 「私も言ってしまいましたわ」 これは………なんですの? 婚約破棄シリーズ主人公置いてきぼりに続く第四弾……いつシリーズ化したか、それは私にもわからない。 とりあえず婚約破棄シリーズタグは荷居人をつけました。 こちらは好評なため番外編も絶賛公開中です! 可愛らしい血が流れているためR15に。 また、明らかな中傷コメントはおやめください。 作品を読んでのご意見ならともかく明らかに暴言と見なされる言葉や自分勝手な強制するような脅迫めいた言い分はアルファポリスのガイドラインの禁止事項にもなります。 何事も度が過ぎた行為は私以外の作品でもやめましょう。 旧題:乙女ゲームのぶりっ子悪役女は魔法オタクになった 学校の階段から転落した女子高生の愛美は、気付けば乙女ゲームの世界で三歳の幼女になっていた。 しかもこの幼女は、ゲームに登場するライバルキャラの一人で、将来はぶりっ子悪役令嬢となる人物だ。 シナリオ通りならば、最後には社会的に抹殺される未来が待っている。 このままではマズイ気もするけれど……愛美は、諸々の事情を気にしないことにした! どうせ夢だし、そのうち元の世界へ戻れるだろう。 とりあえず、大好きな魔法を極めるぞ。 本編は完結済みです。 引き下げた内容は、別人物視点で投稿し直す予定です。 「改」とついているものが投稿し直した内容になっております。 以前は「小説家になろう」へのリンクを貼っていたのですが、あちらで新しくダイジェスト化禁止の規約ができたのに伴いまして、アルファポリス様サイト形式でこちらに移転しました。 以前の形式をお気に入りに追加してくださった方、お手数をおかけしまして申し訳ありません。 煌びやかな灯りがともされた、大きなホールに、一際大きく響く声が広がっていきました。 「モカ、君とは婚約破棄をさせてもらう。 そして、俺はこの、ストロベリー=フラペチーノと婚約をする!」 ああ、これを聞くのにも、もう飽きてしまったほどの回数を私はループを繰り返して来ました。 「わかりましたわ。 モカ=キャラメルは、この婚約破棄を受け入れますわ」 「え」 わたくしがあっさりと承諾いたしましたので、元婚約者様は拍子抜けしたような顔をなさっておいでです。 さて、忙しくなりますわね。 わたくしはこの婚約破棄の瞬間に巻き戻され、五年後の二十歳の誕生日を過ぎたあたりで、必ず死んでしまうというループを繰り返しておりますので、今度こそはこのループ人生から抜け出したいものです。 公爵令嬢であるユシュニス・キッドソンは夜会で婚約破棄を言い渡される。 しかし、彼らの糾弾に言い返して去り際に「婚約破棄、しませんから」と言った。 特に婚約者に執着があるわけでもない彼女が婚約破棄をしない理由はただ一つ。 『彼らを改心させる』という役目を遂げること。 第一王子と自身の兄である公爵家長男、商家の人間である次期侯爵、天才魔導士を改心させることは出来るのか!? 本当にざまぁな感じのやつを書きたかったんです。 アルファポリスへの投稿は初となります。 小説家になろうに投稿している分は全て投稿済みです。 ヘボ作者で申し訳ないです。 お父様に連れられて魔物市場にやって来た私は、インキュバスの双子を見つけた。 その瞬間に私は前世の記憶を思い出す。 そして気付いた。 この世界がR18指定の乙女ゲーム、「白薔薇の乙女」の世界で、私が悪役令嬢だという事に。 記憶を取り戻すまではシナリオ通り、王太子殿下をお慕いしていたけれど、前世の私の推しは攻略対象じゃない。 このインキュバスの双子だったのよ! 攻略対象者やヒロインなんてどうでもいいし。 私はこのままだと性格がひん曲がり、立派な悪役令嬢と化し、ヒロインをいじめ最終的に地下牢にブチこまれ処刑されるらしい。 そしてついにゲームの舞台となる、王立レヴェリスト学園への入学を目前に控えたころ、私はひょんなことから500年前に絶滅したといわれていた魔法使いたちが住む謎の国〝シャルム魔法王国〟に迷い込んでしまう。 そこは魔法使いだけがひっそりと平和に暮らす国で、人間が来ることなど前代未聞だったらしい……。 とりあえずゲームの展開を変えられそうだし、しばらくここに滞在しようっと! 新たなルートを開放し、知らないキャラも勝手に増えて、気づけばヒロインポジション!? あの日、わたくしは激昂していた。 婚約者である第1王子が、お茶会でわたくしではない他の令嬢に親しげに微笑みかけていたのだ。 家で暴れたわたくしは、自らが割った花瓶で足を滑らせて頭をしたたかに打ちつけ、意識を失った。 目を覚ますと、わたくしの中には前世の記憶が混在していた。 卒業パーティーでの婚約破棄&王都追放&実家の取り潰しという悪役令嬢定番3点セットを回避するため、社交界から逃げたわたくしは、王都の下町で、メンチカツを始めとするB級グルメに出会ったのだったーー。

次の

悪役令嬢小説一覧

元悪役令嬢

わたしたちが元(の世界)に戻る方法はただ一つ。 悪役令嬢アイリーンとして、『主人公』となった元・悪役令嬢と協力し、物語をTRUE ENDへ導け! ゲーマー大学生と悪役令嬢の受難の話。 ありがとうございます。 よろしくお願いします。 この世界には凶悪な魔女がいる。 そんな魔女から、人々の平和を守る魔法使いになるための魔法学院。 その卒業の日に、私、メリア=アマガセは固有の武器を与えられる器公事(うつわくじ)で魔導器(まどうき)【スマホ】を獲得した。 別の時代・世界から得たそれは炎と雷、二つの属性を持つ特別なだけの魔導器ではなかった。 応援してくれる祖父母の期待に応え、一人前の魔法使いになるため、過剰なスキンシップを好むソフィー=ネイヤー、考えなしの熱血漢カイリトス=ハルル。 二人の幼馴染と三人で世界の平和を守っていければいいな……って、思っていたけど、私の魔導器、これどうやって使うの!?

次の