エクセル 検索 機能。 オートフィルタ(データ抽出):Excel基本講座

Excelをデータベースとして活用する ~エクセル基本操作

エクセル 検索 機能

Excel for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Excel for the web Excel 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac Excel for Mac 2011 Excel Starter 2010 ワークシート関数は、機能別に分類されています。 その機能を参照するにはカテゴリをクリックします。 または、Ctrl キーを押しながら F キーを押して、記述子や先頭の何文字かを入力して関数を探します。 関数の詳細については、最初の列に表示されている関数名をクリックしてください。 よく読まれている関数トップ 10 関数 説明 この関数を使うと、セルの値を合計することができます。 この関数を使うと、条件が true または false の場合に、それぞれ別の値を返すことができます。 IF 関数の使い方についてのビデオはから確認することができます。 1 つの行または列から、他の行または列の同じ場所にある値を見つける場合は、この関数を使います。 表や範囲から行ごとに情報を検索する場合は、この関数を使います。 たとえば、従業員番号を基準にその従業員の姓を検索したり、電話帳のように姓を検索して電話番号を見つけたりすることができます。 VLOOKUP の使い方については、を確認してください。 この関数を使用して、セルの範囲内で指定した項目を検索し、範囲内の項目の相対位置を返します。 この関数を使用すると、インデックス番号に基づいて最大 254 個の値から 1 つを選ぶことができます。 たとえば、値 1 ~値 7 が曜日を表す場合、1 ~ 7 のいずれかの数値をインデックスとして使用すると、該当する曜日が返されます。 この関数は、特定の日付を表す連続したシリアル値を返します。 この関数は、年、月、日の値が数式またはセル範囲で指定される場合に便利です。 たとえば、YYYYMMDD のように Excel で認識できない形式の日付がワークシートに含まれているとします。 関数を使って、2 つの日付間の日数、月数、年数を計算することができます。 この関数を使うと、2 つの日付間の日数を返すことができます。 FIND 関数 と FINDB 関数は、指定された文字列を他の文字列の中で検索します。 その文字列が最初に現れる位置を左端から数え、最初の文字列の開始位置の番号を返します。 この関数を使うと、テーブルまたはセル範囲にある値、あるいはその値のセル参照を返すことができます。 Excel 2010 以降では、これらの関数は、より精度が高く、その使い方をより適切に表す名前を持つ、新しい関数に置き換えられます。 これらの関数はまだ Excel の以前のバージョンと互換性を持っていますが、下位互換性が必要でない場合、代わりに新しい関数を使う必要があります。 新しい関数の詳細については、「」および「」を参照してください。 二項分布の確率関数の値を返します。 カイ 2 乗分布の片側確率の値を返します。 カイ 2 乗分布の片側確率の逆関数の値を返します。 2 つ以上のテキスト文字列を 1 つの文字列に結合する 母集団に対する信頼区間を返します。 共分散を返します。 共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値を返します。 指数分布関数を返します。 F 分布の確率関数の値を返します。 F 分布の確率関数の逆関数値を返します。 数値を指定された桁数で切り捨てます。 既存の値を使用して、将来の値を計算または予測します。 F 検定の結果を返します。 ガンマ分布関数の値を返します。 ガンマ分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 超幾何分布関数の値を返します。 対数正規型の累積分布関数の逆関数の値を返します。 対数正規分布の累積分布関数の値を返します。 最も頻繁に出現する値 最頻値 を返します。 負の二項分布の確率関数値を返します。 正規分布の累積分布関数の値を返します。 正規分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 標準正規分布の累積分布関数の値を返します。 標準正規分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 特定の範囲に含まれるデータの第 k 百分位数に当たる値を返します。 配列内での値の順位を百分率で表した値を返します。 ポアソン確率の値を返します。 配列に含まれるデータから四分位数を抽出します。 数値のリストの中で、指定した数値の序列を返します。 引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します。 引数を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差を返します。 スチューデントの t 分布の値を返します。 スチューデントの t 分布の逆関数値を返します。 スチューデントの t 分布に従う確率を返します。 引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の分散の推定値 不偏分散 を返します。 引数を母集団全体と見なし、母集団の分散 標本分散 を返します。 ワイブル分布の値を返します。 z 検定の片側 P 値を返します。 関数 説明 主要業績評価指標 KPI のプロパティを返し、KPI 名をセルに表示します。 KPI は、月間粗利益や四半期従業員退職率など、定量化が可能な測定値であり、組織の業績をモニタリングするために使用されます。 キューブのメンバーまたは組を返します。 キューブ内にメンバーまたは組が存在することを確認するために使用します。 キューブ内のメンバー プロパティの値を返します。 メンバー名がキューブ内に存在することを確認し、このメンバーの特定のプロパティを取得するために使用します。 セット内の n 番目の ランクされている メンバーを返します。 売り上げトップの販売員、成績上位 10 位までの生徒など、セット内の 1 つ以上の要素を取得するために使用します。 セット式をサーバー上のキューブに送信して、計算されたメンバーまたは組のセットを定義します。 サーバー上のキューブによってセットが作成され、Microsoft Office Excel に返されます。 セット内のアイテムの数を返します。 キューブの集計値を返します。 関数 説明 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの平均値を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの中で数値が入力されているセルの個数を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの中の空白でないセルの個数を返します。 リストまたはデータベースの列から、指定された条件を満たす 1 つの値を抽出します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの最大値を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの最小値を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの特定のフィールド値の積を返します。 リストまたはデータベースの列を検索し、指定された条件を満たすレコードを母集団の標本と見なして、母集団に対する標準偏差を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団全体と見なして、母集団の標準偏差を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの合計を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団の標本と見なして、母集団に対する分散を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団全体と見なして、母集団の分散を返します。 関数 説明 指定された日付に対応するシリアル値を返します。 2 つの日付間の日数、月数、年数を計算します。 この関数は、年齢を計算する数式に使うと便利です。 日付を表す文字列をシリアル値に変換します。 シリアル値を日付に変換します。 2 つの日付間の日数を返します。 1 年を 360 日 30 日 x 12 として、支払いの計算などに使用される 2 つの日付の間の日数を返します。 開始日から起算して、指定した月数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。 開始日から起算して、指定した月数だけ前または後の月の最終日に対応するシリアル値を返します。 シリアル値を時刻に変換します。 指定された日付のその年における ISO 週番号を返します。 シリアル値を時刻の分に変換します。 シリアル値を月に変換します。 開始日と終了日を指定して、その期間内の稼動日の日数を返します。 週末がどの曜日で何日間あるかを示すパラメーターを使用して、開始日と終了日の間にある稼働日の日数を返します。 現在の日付と時刻に対応するシリアル値を返します。 シリアル値を時刻の秒に変換します。 指定した時刻に対応するシリアル値を返します。 時刻を表す文字列をシリアル値に変換します。 現在の日付に対応するシリアル値を返します。 シリアル値を曜日に変換します。 シリアル値をその年の何週目に当たるかを示す値に変換します。 開始日から起算して、指定した稼動日数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。 週末がどの曜日で何日間あるかを示すパラメーターを使用して、開始日から起算して指定した稼働日数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。 シリアル値を年に変換します。 開始日と終了日を指定して、その間の期間が 1 年間に対して占める割合を返します。 関数 説明 修正ベッセル関数 In x を返します。 ベッセル関数 Jn x を返します。 修正ベッセル関数 Kn x を返します。 ベッセル関数 Yn x を返します。 2 進数を 10 進数に変換します。 2 進数を 16 進数に変換します。 2 進数を 8 進数に変換します。 2 つの数値の 'ビット単位の And' を返します。 2 つの数値のビット単位の OR を返します。 2 つの数値のビット単位の 'Exclusive Or' を返します。 数値の単位を変換します。 10 進数を 2 進数に変換します。 10 進数を 16 進数に変換します。 10 進数を 8 進数に変換します。 2 つの値が等しいかどうかを調べます。 誤差関数の積分値を返します。 誤差関数の積分値を返します。 相補誤差関数の積分値を返します。 x ~無限大の範囲で、相補誤差関数の積分値を返します。 数値がしきい値以上であるかどうかを調べます。 16 進数を 2 進数に変換します。 16 進数を 10 進数に変換します。 16 進数を 8 進数に変換します。 指定した複素数の絶対値を返します。 指定した複素数の虚数係数を返します。 引数シータ ラジアンで表した角度 を返します。 複素数の複素共役を返します。 複素数のコサインを返します。 複素数の双曲線余弦を返します。 複素数の余接を返します。 複素数の余割を返します。 複素数の双曲線余割を返します。 2 つの複素数の商を返します。 複素数のべき乗を返します。 複素数の自然対数を返します。 複素数の 10 を底とする対数を返します。 複素数の 2 を底とする対数を返します。 複素数の整数乗を返します。 2 ~ 255 個の複素数の積を返します。 複素数の実数係数を返します。 複素数の正割を返します。 複素数の双曲線正割を返します。 複素数のサインを返します。 複素数の双曲線正弦を返します。 複素数の平方根を返します。 2 つの複素数の差を返します。 複素数の和を返します。 複素数の正接を返します。 8 進数を 2 進数に変換します。 8 進数を 10 進数に変換します。 8 進数を 16 進数に変換します。 関数 説明 定期的に利息が支払われる証券の未収利息額を返します。 満期日に利息が支払われる証券の未収利息額を返します。 減価償却係数を使用して、各会計期における減価償却費を返します。 各会計期における減価償却費を返します。 利払期間の第 1 日目から受渡日までの日数を返します。 受渡日を含む利払期間内の日数を返します。 受渡日から次の利払日までの日数を返します。 受領日後の次の利息支払日を返します。 受領日と満期日の間に利息が支払われる回数を返します。 受領日の直前の利息支払日を返します。 指定した期間に、貸付金に対して支払われる利息の累計を返します。 指定した期間に、貸付金に対して支払われる元金の累計を返します。 定率法 Fixed-declining Balance Method を使用して、特定の期における資産の減価償却費を返します。 倍額定率法 Double-declining Balance Method を使用して、特定の期における資産の減価償却費を返します。 証券に対する割引率を返します。 分数で表されたドル単位の価格を、小数表示に変換します。 小数で表されたドル単位の価格を、分数表示に変換します。 定期的に利子が支払われる証券の年間のマコーレー デュレーションを返します。 実効年利率を返します。 投資の将来価値を返します。 投資期間内の一連の金利を複利計算することにより、初期投資の元金の将来価値を返します。 全額投資された証券の利率を返します。 投資期間内の指定された期に支払われる金利を返します。 一連の定期的なキャッシュ フローに対する内部利益率を返します。 投資期間内の指定された期に支払われる金利を返します。 定期的に発生する一連の支払い 負の値 と収益 正の値 に基づいて、修正内部利益率を返します。 名目年利率を返します。 投資に必要な期間を返します。 定期的に発生する一連の支払い 負の値 と収益 正の値 、および割引率を指定して、投資の正味現在価値を算出します。 1 期目の日数が半端な証券の利回りを返します。 最終期の日数が半端な証券の利回りを返します。 投資が指定した価値に達するまでの投資に必要な期間を返します。 定期支払額を算出します。 指定した期に支払われる元金を返します。 投資の現在価値を返します。 投資の利率を返します。 全額投資された証券に対して、満期日に支払われる金額を返します。 投資の成長に対する等価利率を返します。 定額法 Straight-line Method を使用して、資産の 1 期あたりの減価償却費を返します。 級数法 Sum-of-Year's Digits Method を使用して、特定の期における減価償却費を返します。 米国財務省短期証券 TB の債券換算利回りを返します。 米国財務省短期証券 TB の利回りを返します。 倍額定率法または指定した方法を使用して、指定した期間における資産の減価償却費を返します。 定期的でないキャッシュ フローに対する内部利益率を返します。 定期的でないキャッシュ フローに対する正味現在価値を返します。 利息が定期的に支払われる証券の利回りを返します。 米国財務省短期証券 TB などの割引債の年利回りを返します。 満期日に利息が支払われる証券の利回りを返します。 関数 説明 セルの書式、位置、内容についての情報を返します。 エラーの種類に対応する数値を返します。 現在の操作環境についての情報を返します。 注: この関数は Web 用 Excelでは使用できません。 対象が空白セルを参照するときに TRUE を返します。 対象が任意のエラー値のときに TRUE を返します。 数値が偶数のときに TRUE を返します。 数式が含まれるセルへの参照がある場合に TRUE を返します。 対象が論理値のときに TRUE を返します。 対象が文字列以外のときに TRUE を返します。 対象が数値のときに TRUE を返します。 数値が奇数のときに TRUE を返します。 対象がセル参照のときに TRUE を返します。 対象が文字列のときに TRUE を返します。 値を数値に変換します。 参照されるシートのシート番号を返します。 参照内のシート数を返します。 データ型を表す数値を返します。 関数 説明 すべての引数が TRUE のときに TRUE を返します。 論理値 FALSE を返します。 値または数式が条件を満たしているかどうかを判定します。 数式の結果がエラーの場合は指定した値を返し、それ以外の場合は数式の結果を返します。 それ以外の場合は、式の結果を返します。 1 つまたは複数の条件が満たされるかどうかをチェックして、最初の TRUE 条件に対応する値を返します。 引数の論理値 TRUE または FALSE を逆にして返します。 いずれかの引数が TRUE のときに TRUE を返します。 値の一覧に対して式を評価し、最初に一致する値に対応する結果を返します。 いずれにも一致しない場合は、任意指定の既定値が返されます。 論理値 TRUE を返します。 すべての引数の排他的論理和を返します。 関数 説明 ワークシート上のセル参照を文字列として返します。 指定された範囲に含まれる領域の個数を返します。 引数リストの値の中から特定の値を 1 つ選択します。 セル参照の列番号を返します。 セル参照の列数を返します。 フィルターは定義した条件に基づいたデータ範囲です。 指定された参照の位置にある数式をテキストとして返します。 ピボットテーブル レポートに格納されているデータを返します。 配列の上端行で特定の値を検索し、対応するセルの値を返します。 ネットワーク サーバー、イントラネット、またはインターネット上に格納されているドキュメントを開くために、ショートカットまたはジャンプを作成します。 セル参照または配列から、指定された位置の値を返します。 参照文字列によって指定されるセルに入力されている文字列を介して、間接的にセルを指定します。 ベクトル 1 行または 1 列で構成されるセル範囲 または配列を検索し、対応する値を返します。 照合の型に従って参照または配列に含まれる値を検索し、検査値と一致する要素の相対的な位置を数値で返します。 指定された行数と列数だけシフトした位置にあるセルまたはセル範囲への参照 オフセット参照 を返します。 セル参照の行番号を返します。 セル参照の行数を返します。 COM オートメーションに対応するプログラムからリアルタイムのデータを取得します。 SORT 関数では、範囲または配列の内容を並べ替えます。 範囲または配列の内容を、対応する範囲または配列の値に基づいて並べ替えます。 配列で指定された範囲のデータの行列変換を行います。 一覧または範囲内の一意の値の一覧を返します。 配列の左端列で特定の値を検索し、対応するセルの値を返します。 範囲または配列を検索し、見つかった最初の一致に対応する項目を返します。 一致が存在しない場合、XLOOKUP は最も近い 概算 一致を返すことができます。 配列またはセル範囲内の項目の相対的な位置を返します。 関数 説明 数値の絶対値を返します。 数値のアークコサインを返します。 数値の双曲線逆余弦 ハイパーボリック コサインの逆関数 を返します。 数値の逆余接を返します。 数値の双曲線逆余接を返します。 リストまたはデータベースの集計値を返します。 ローマ数字をアラビア数字に変換します。 数値のアークサインを返します。 数値の双曲線逆正弦 ハイパーボリック サインの逆関数 を返します。 数値のアークタンジェントを返します。 指定された x-y 座標のアークタンジェントを返します。 数値の双曲線逆正接 ハイパーボリック タンジェントの逆関数 を返します。 指定された基数 底 のテキスト表現に、数値を変換します。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。 数値は正負に関係なく切り上げられます。 指定された個数を選択するときの組み合わせの数を返します。 指定された個数を選択するときの組み合わせ 反復あり の数を返します 指定された角度のコサインを返します。 数値の双曲線余弦 ハイパーボリック コサイン を返します。 角度の双曲線余接を返します。 数値の双曲線余接を返します。 角度の余割を返します。 角度の双曲線余割を返します。 指定された底の数値のテキスト表現を 10 進数に変換します。 ラジアンを度に変換します。 指定された数値を最も近い偶数に切り上げた値を返します。 e を底とする数値のべき乗を返します。 数値の階乗を返します。 数値の二重階乗を返します。 数値を指定された桁数で切り捨てます。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てます。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てます。 数値は正負に関係なく切り捨てられます。 最大公約数を返します。 指定された数値を最も近い整数に切り捨てます。 最も近い整数に切り上げた値、または、指定された基準値の倍数のうち最も近い値を返します。 最小公倍数を返します。 数値の自然対数を返します。 指定された数を底とする数値の対数を返します。 10 を底とする数値の対数 常用対数 を返します。 配列の行列式を返します。 行列の逆行列を返します。 2 つの配列の行列積を返します。 数値を除算したときの剰余を返します。 指定された値の倍数になるように、数値を切り上げまたは切り捨てます。 指定された複数の数値の多項係数を返します。 指定された次元の単位行列を返します。 指定された数値を最も近い奇数に切り上げた値を返します。 数値のべき乗を返します。 引数リストの積を返します。 除算の商の整数部を返します。 度をラジアンに変換します。 0 以上 1 未満の乱数を返します。 ただし、入力する行と列の数、最小値と最大値、および整数または小数の値を返すかどうかを指定することができます。 指定された範囲内の整数の乱数を返します。 アラビア数字を、ローマ数字を表す文字列に変換します。 数値を四捨五入して指定された桁数にします。 数値を指定された桁数で切り捨てます。 数値を指定された桁数に切り上げます。 角度の正割を返します。 角度の双曲線正割を返します。 数式で定義されるべき級数を返します。 1、2、3、4 など、配列内の連続した数値の一覧を生成します。 数値の正負を調べます。 指定された角度のサインを返します。 数値の双曲線正弦 ハイパーボリック サイン を返します。 正の平方根を返します。 リストまたはデータベースの集計値を返します。 引数を合計します。 指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。 指定した複数の条件を満たすセルの値を合計します。 指定された配列で対応する要素の積を合計します。 引数の 2 乗の和 平方和 を返します。 2 つの配列で対応する配列要素の平方差を合計します。 2 つの配列で対応する配列要素の平方和を合計します。 2 つの配列で対応する配列要素の差を 2 乗して合計します。 指定された角度のタンジェントを返します。 数値の双曲線正接 ハイパーボリック タンジェント を返します。 数値の小数部を切り捨てて、整数または指定された桁数にします。 関数 説明 データ全体の平均値に対するそれぞれのデータの絶対偏差の平均を返します。 引数の平均値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数の平均値を返します。 範囲内の検索条件に一致するすべてのセルの平均値 算術平均 を返します。 複数の検索条件に一致するすべてのセルの平均値 算術平均 を返します。 二項分布の確率関数の値を返します。 二項分布を使用した試行結果の確率を返します。 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値を返します。 累積ベータ確率密度関数の値を返します。 カイ 2 乗分布の片側確率の値を返します。 カイ 2 乗分布の片側確率の逆関数の値を返します。 母集団に対する信頼区間を返します。 スチューデントの t 分布を使用して、母集団に対する信頼区間を返します。 2 つの配列データの相関係数を返します。 引数リストの各項目に含まれる数値の個数を返します。 引数リストの各項目に含まれるデータの個数を返します。 指定された範囲に含まれる空白セルの個数を返します。 指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返します。 指定された範囲に含まれるセルのうち、複数の検索条件に一致するセルの個数を返します。 共分散を返します。 共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。 標本の共分散を返します。 共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。 標本の平均値に対する各データの偏差の平方和を返します。 指数分布関数を返します。 F 分布の確率関数の値を返します。 F 分布の確率関数の値を返します。 F 分布の確率関数の逆関数値を返します。 F 分布の確率関数の逆関数値を返します。 F 検定の結果を返します。 フィッシャー変換の値を返します。 フィッシャー変換の逆関数値を返します。 既知の値を使用し、将来の値を予測します。 注: Excel 2016 では、この関数は新しい の一部として、 に置き換わっていますが、以前のバージョンとの互換性を保つために、引き続き利用できます。 指数平滑化 ETS アルゴリズムの AAA バージョンを使って、既存の 履歴 値に基づき将来価値を返します。 特定の目標日の予測値について信頼区間を返します。 指定された時系列に見られる反復パターンの長さを返します。 時系列予測の結果として統計値を返します。 既存の値に基づいて、将来価値を返します。 頻度分布を縦方向の数値の配列として返します。 ガンマ関数値を返します。 ガンマ分布関数の値を返します。 ガンマ分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 標準正規分布の累積分布関数より 0. 5 小さい値を返します。 相乗平均を返します。 指数曲線から予測される値を返します。 調和平均を返します。 超幾何分布関数の値を返します。 回帰直線の切片を返します。 指定されたデータの尖度を返します。 指定されたデータの中で k 番目に大きなデータを返します。 回帰直線の係数の値を配列で返します。 回帰指数曲線の係数の値を配列で返します。 対数正規分布の累積分布関数の値を返します。 対数正規型の累積分布関数の逆関数値を返します。 引数リストに含まれる最大の数値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数リストから最大の数値を返します。 の 条件セットで指定されたセルの中の最大値を返します。 引数リストに含まれる数値のメジアン 中央値 を返します。 引数リストに含まれる最小の数値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数リストから最小の数値を返します。 条件セットで指定されたセルの中の最小値を返します。 配列またはセル範囲として指定されたデータの中で、最も頻繁に出現する値 最頻値 を縦方向の配列として返します。 最も頻繁に出現する値 最頻値 を返します。 負の二項分布の確率関数値を返します。 正規分布の累積分布関数の値を返します。 正規分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 標準正規分布の累積分布関数の値を返します。 標準正規分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 ピアソンの積率相関係数 r の値を返します。 特定の範囲に含まれるデータの第 k 百分位数に当たる値を返します k は 0 より大きく 1 より小さい値。 特定の範囲に含まれるデータの第 k 百分位数に当たる値を返します。 配列内での値の順位を百分率 0 より大きく 1 より小さい で表した値を返します。 配列内での値の順位を百分率で表した値を返します。 与えられた標本数から指定した個数を選択する場合の順列を返します。 指定した数の対象から、指定された数だけ 重複あり 抜き取る場合の順列の数を返します。 標準正規分布の密度関数の値を返します。 ポアソン確率の値を返します。 指定した範囲に含まれる値が上限と下限との間に収まる確率を返します。 0 より大きく 1 より小さい百分位値に基づいて、配列に含まれるデータから四分位数を返します。 配列に含まれるデータから四分位数を抽出します。 数値のリストの中で、指定した数値の序列を返します。 数値のリストの中で、指定した数値の序列を返します。 ピアソンの積率相関係数の 2 乗値を返します。 分布の歪度を返します。 人口に基づく分布の歪度を返します。 歪度とは、分布の平均値周辺での両側の非対称度を表す値です。 回帰直線の傾きを返します。 指定されたデータの中で、k 番目に小さなデータを返します。 正規化された値を返します。 引数を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差を返します。 引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数を正規母集団の標本と見なし、母集団の標準偏差の推定値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差を返します。 回帰直線上の予測値の標準誤差を返します。 スチューデントの t 分布のパーセンテージ 確率 を返します。 スチューデントの t 分布のパーセンテージ 確率 を返します。 スチューデントの t 分布の値を返します。 スチューデントの t 分布の t 値を、確率と自由度の関数として返します。 スチューデントの t 分布の逆関数値を返します。 スチューデントの t 分布に従う確率を返します。 回帰直線による予測値を配列で返します。 データの中間項の平均を返します。 引数を母集団全体と見なし、母集団の分散 標本分散 を返します。 標本に基づいて母集団の分散の推定値 不偏分散 を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の分散の推定値 不偏分散 を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数を母集団全体と見なし、母集団の分散 標本分散 を返します。 ワイブル分布の値を返します。 z 検定の片側 P 値を返します。 関数 説明 全角 2 バイト の英数カナ文字を半角 1 バイト の文字に変換します。 数値を四捨五入し、バーツ通貨書式を設定した文字列に変換します。 数値で指定された文字を返します。 文字列から印刷できない文字を削除します。 テキスト文字列内の先頭文字の数値コードを返します。 複数の範囲や文字列からのテキストを結合しますが、区切り記号または IgnoreEmpty 引数は提供しません。 複数の文字列を結合して 1 つの文字列にまとめます。 文字列内の半角 1 バイト の英数カナ文字を全角 2 バイト の文字に変換します。 数値を四捨五入し、通貨書式を設定した文字列に変換します。 2 つの文字列が等しいかどうかを判定します。 指定された文字列を他の文字列の中で検索します。 大文字と小文字は区別されます。 数値を四捨五入し、書式設定した文字列に変換します。 文字列の先頭 左端 から指定された文字数の文字を返します。 文字列に含まれる文字数を返します。 文字列に含まれる英字をすべて小文字に変換します。 文字列の任意の位置から指定された文字数の文字を返します。 文字列をロケールに依存しない方法で数値に変換します。 文字列からふりがなを抽出します。 文字列に含まれる英単語の先頭文字だけを大文字に変換します。 文字列中の指定された数の文字を他の文字に置き換えます。 文字列を指定された回数だけ繰り返して表示します。 文字列の末尾 右端 から指定された文字数の文字を返します。 指定された文字列を他の文字列の中で検索します。 大文字と小文字は区別されません。 文字列中の指定された文字を他の文字に置き換えます。 引数を文字列に変換します。 数値を書式設定した文字列に変換します。 複数の範囲や文字列からのテキストを結合し、結合する各テキスト値の間に、指定した区切り記号を挿入します。 区切り記号が空の文字列の場合は、範囲が連結されます。 文字列から余分なスペースを削除します。 指定された数値により参照される Unicode 文字を返します。 文字列の最初の文字に対応する番号 コード ポイント を返します。 文字列に含まれる英字をすべて大文字に変換します。 文字列を数値に変換します。 ユーザー定義関数 Udf は Web 用 Excelでは使用できません。 関数 説明 ダイナミック リンク ライブラリまたはコード リソースで、プロシージャを呼び出します。 数値からユーロ通貨への換算、ユーロ通貨からユーロ通貨使用国の現地通貨への換算、またはユーロ通貨を基にしてユーロ通貨を使用する参加国間の通貨の換算を行います。 あらかじめ登録されている、指定のダイナミック リンク ライブラリ DLL またはコード リソースのレジスタ ID を返します。

次の

【エクセルで一発検索機能をつくる】

エクセル 検索 機能

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんがすぐに分かるエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「検索」についてです。 エクセルを使って、スタッフや在庫の管理をしている会社は少なくありません。 膨大なデータの中から見つけたいデータを目だけで探すのは困難を極めます。 エクセルならではの検索機能を使って、業務の効率化を図りましょう。 なお、今回の解説はエクセル2016にて行います。 2016 エクセルの検索機能でスムーズにデータを見つけ出す 店舗運営をされている方であれば、スタッフの勤労時間や勤怠、仕入れの際に在庫数を確認するなど、度々データを確認することがあります。 また、顧客リストで商品や資料を送付する際に重複しているデータを見つけ出すなどの機会がある方もいらっしゃるはずです。 このように売上や顧客満足度に直接結びつく作業はエクセルの検索機能を使い、ミスをなくし、確認の作業をスムーズに行なうことができます。 事務作業を効率化することにより、本来の売上アップやスタッフのモチベーション向上などの施策に注力することができます。 エクセルで検索を行なう方法とは? 膨大な量のエクセルデータを管理する時に、見つけ出したいデータや重複をチェックするのに有効なのが検索機能です。 今回は店舗スタッフのデータを検索で見つけてみましょう。 販売員の浜田さんを検索機能で見つけてみましょう。 検索する文字列というフォームの中に、検索したいキーワードを入力します 今回は浜田さんを検索したいので、「浜田」と記入します。 「すべて検索」をクリックすると該当するセルへと移動できます。 重複したデータを探したい、その他のセルにも「浜田」というキーワードを探したい場合は「次を検索」をクリックします。 該当するキーワードがある場合は、そのキーワードがあるセルへと移動します。 該当するキーワードがない場合、移動はせず、最初に検索したセルに留まります。 エクセルでは検索と置換を使い分けよう 検索と置換」ウィンドウには検索以外に、置換という機能があります。 これは検索したキーワードを、別の値に置き換える時に使用します。 例えば、販売員の斉藤さんの苗字が 「斉藤」ではなく、「齋藤」だった場合、データを修正する必要があります。 この場合、検索と置換を組み合わせることで、スムーズにデータを置き換えることができます。 次に置換タブをクリックし、 検索する文字列の入力フォームに「斉藤」と入力し、 置換後の文字列の入力フォームに「齋藤」と入力し、 「置換」をクリックします。 すると、「斉藤」が「齋藤」へと変換されます。

次の

【便利な一覧表付き】作業効率を大幅に上げるエクセルの便利機能

エクセル 検索 機能

Excel for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Excel for the web Excel 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac Excel for Mac 2011 Excel Starter 2010 ワークシート関数は、機能別に分類されています。 その機能を参照するにはカテゴリをクリックします。 または、Ctrl キーを押しながら F キーを押して、記述子や先頭の何文字かを入力して関数を探します。 関数の詳細については、最初の列に表示されている関数名をクリックしてください。 よく読まれている関数トップ 10 関数 説明 この関数を使うと、セルの値を合計することができます。 この関数を使うと、条件が true または false の場合に、それぞれ別の値を返すことができます。 IF 関数の使い方についてのビデオはから確認することができます。 1 つの行または列から、他の行または列の同じ場所にある値を見つける場合は、この関数を使います。 表や範囲から行ごとに情報を検索する場合は、この関数を使います。 たとえば、従業員番号を基準にその従業員の姓を検索したり、電話帳のように姓を検索して電話番号を見つけたりすることができます。 VLOOKUP の使い方については、を確認してください。 この関数を使用して、セルの範囲内で指定した項目を検索し、範囲内の項目の相対位置を返します。 この関数を使用すると、インデックス番号に基づいて最大 254 個の値から 1 つを選ぶことができます。 たとえば、値 1 ~値 7 が曜日を表す場合、1 ~ 7 のいずれかの数値をインデックスとして使用すると、該当する曜日が返されます。 この関数は、特定の日付を表す連続したシリアル値を返します。 この関数は、年、月、日の値が数式またはセル範囲で指定される場合に便利です。 たとえば、YYYYMMDD のように Excel で認識できない形式の日付がワークシートに含まれているとします。 関数を使って、2 つの日付間の日数、月数、年数を計算することができます。 この関数を使うと、2 つの日付間の日数を返すことができます。 FIND 関数 と FINDB 関数は、指定された文字列を他の文字列の中で検索します。 その文字列が最初に現れる位置を左端から数え、最初の文字列の開始位置の番号を返します。 この関数を使うと、テーブルまたはセル範囲にある値、あるいはその値のセル参照を返すことができます。 Excel 2010 以降では、これらの関数は、より精度が高く、その使い方をより適切に表す名前を持つ、新しい関数に置き換えられます。 これらの関数はまだ Excel の以前のバージョンと互換性を持っていますが、下位互換性が必要でない場合、代わりに新しい関数を使う必要があります。 新しい関数の詳細については、「」および「」を参照してください。 二項分布の確率関数の値を返します。 カイ 2 乗分布の片側確率の値を返します。 カイ 2 乗分布の片側確率の逆関数の値を返します。 2 つ以上のテキスト文字列を 1 つの文字列に結合する 母集団に対する信頼区間を返します。 共分散を返します。 共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値を返します。 指数分布関数を返します。 F 分布の確率関数の値を返します。 F 分布の確率関数の逆関数値を返します。 数値を指定された桁数で切り捨てます。 既存の値を使用して、将来の値を計算または予測します。 F 検定の結果を返します。 ガンマ分布関数の値を返します。 ガンマ分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 超幾何分布関数の値を返します。 対数正規型の累積分布関数の逆関数の値を返します。 対数正規分布の累積分布関数の値を返します。 最も頻繁に出現する値 最頻値 を返します。 負の二項分布の確率関数値を返します。 正規分布の累積分布関数の値を返します。 正規分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 標準正規分布の累積分布関数の値を返します。 標準正規分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 特定の範囲に含まれるデータの第 k 百分位数に当たる値を返します。 配列内での値の順位を百分率で表した値を返します。 ポアソン確率の値を返します。 配列に含まれるデータから四分位数を抽出します。 数値のリストの中で、指定した数値の序列を返します。 引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します。 引数を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差を返します。 スチューデントの t 分布の値を返します。 スチューデントの t 分布の逆関数値を返します。 スチューデントの t 分布に従う確率を返します。 引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の分散の推定値 不偏分散 を返します。 引数を母集団全体と見なし、母集団の分散 標本分散 を返します。 ワイブル分布の値を返します。 z 検定の片側 P 値を返します。 関数 説明 主要業績評価指標 KPI のプロパティを返し、KPI 名をセルに表示します。 KPI は、月間粗利益や四半期従業員退職率など、定量化が可能な測定値であり、組織の業績をモニタリングするために使用されます。 キューブのメンバーまたは組を返します。 キューブ内にメンバーまたは組が存在することを確認するために使用します。 キューブ内のメンバー プロパティの値を返します。 メンバー名がキューブ内に存在することを確認し、このメンバーの特定のプロパティを取得するために使用します。 セット内の n 番目の ランクされている メンバーを返します。 売り上げトップの販売員、成績上位 10 位までの生徒など、セット内の 1 つ以上の要素を取得するために使用します。 セット式をサーバー上のキューブに送信して、計算されたメンバーまたは組のセットを定義します。 サーバー上のキューブによってセットが作成され、Microsoft Office Excel に返されます。 セット内のアイテムの数を返します。 キューブの集計値を返します。 関数 説明 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの平均値を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの中で数値が入力されているセルの個数を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの中の空白でないセルの個数を返します。 リストまたはデータベースの列から、指定された条件を満たす 1 つの値を抽出します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの最大値を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの最小値を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの特定のフィールド値の積を返します。 リストまたはデータベースの列を検索し、指定された条件を満たすレコードを母集団の標本と見なして、母集団に対する標準偏差を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団全体と見なして、母集団の標準偏差を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの合計を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団の標本と見なして、母集団に対する分散を返します。 リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団全体と見なして、母集団の分散を返します。 関数 説明 指定された日付に対応するシリアル値を返します。 2 つの日付間の日数、月数、年数を計算します。 この関数は、年齢を計算する数式に使うと便利です。 日付を表す文字列をシリアル値に変換します。 シリアル値を日付に変換します。 2 つの日付間の日数を返します。 1 年を 360 日 30 日 x 12 として、支払いの計算などに使用される 2 つの日付の間の日数を返します。 開始日から起算して、指定した月数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。 開始日から起算して、指定した月数だけ前または後の月の最終日に対応するシリアル値を返します。 シリアル値を時刻に変換します。 指定された日付のその年における ISO 週番号を返します。 シリアル値を時刻の分に変換します。 シリアル値を月に変換します。 開始日と終了日を指定して、その期間内の稼動日の日数を返します。 週末がどの曜日で何日間あるかを示すパラメーターを使用して、開始日と終了日の間にある稼働日の日数を返します。 現在の日付と時刻に対応するシリアル値を返します。 シリアル値を時刻の秒に変換します。 指定した時刻に対応するシリアル値を返します。 時刻を表す文字列をシリアル値に変換します。 現在の日付に対応するシリアル値を返します。 シリアル値を曜日に変換します。 シリアル値をその年の何週目に当たるかを示す値に変換します。 開始日から起算して、指定した稼動日数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。 週末がどの曜日で何日間あるかを示すパラメーターを使用して、開始日から起算して指定した稼働日数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。 シリアル値を年に変換します。 開始日と終了日を指定して、その間の期間が 1 年間に対して占める割合を返します。 関数 説明 修正ベッセル関数 In x を返します。 ベッセル関数 Jn x を返します。 修正ベッセル関数 Kn x を返します。 ベッセル関数 Yn x を返します。 2 進数を 10 進数に変換します。 2 進数を 16 進数に変換します。 2 進数を 8 進数に変換します。 2 つの数値の 'ビット単位の And' を返します。 2 つの数値のビット単位の OR を返します。 2 つの数値のビット単位の 'Exclusive Or' を返します。 数値の単位を変換します。 10 進数を 2 進数に変換します。 10 進数を 16 進数に変換します。 10 進数を 8 進数に変換します。 2 つの値が等しいかどうかを調べます。 誤差関数の積分値を返します。 誤差関数の積分値を返します。 相補誤差関数の積分値を返します。 x ~無限大の範囲で、相補誤差関数の積分値を返します。 数値がしきい値以上であるかどうかを調べます。 16 進数を 2 進数に変換します。 16 進数を 10 進数に変換します。 16 進数を 8 進数に変換します。 指定した複素数の絶対値を返します。 指定した複素数の虚数係数を返します。 引数シータ ラジアンで表した角度 を返します。 複素数の複素共役を返します。 複素数のコサインを返します。 複素数の双曲線余弦を返します。 複素数の余接を返します。 複素数の余割を返します。 複素数の双曲線余割を返します。 2 つの複素数の商を返します。 複素数のべき乗を返します。 複素数の自然対数を返します。 複素数の 10 を底とする対数を返します。 複素数の 2 を底とする対数を返します。 複素数の整数乗を返します。 2 ~ 255 個の複素数の積を返します。 複素数の実数係数を返します。 複素数の正割を返します。 複素数の双曲線正割を返します。 複素数のサインを返します。 複素数の双曲線正弦を返します。 複素数の平方根を返します。 2 つの複素数の差を返します。 複素数の和を返します。 複素数の正接を返します。 8 進数を 2 進数に変換します。 8 進数を 10 進数に変換します。 8 進数を 16 進数に変換します。 関数 説明 定期的に利息が支払われる証券の未収利息額を返します。 満期日に利息が支払われる証券の未収利息額を返します。 減価償却係数を使用して、各会計期における減価償却費を返します。 各会計期における減価償却費を返します。 利払期間の第 1 日目から受渡日までの日数を返します。 受渡日を含む利払期間内の日数を返します。 受渡日から次の利払日までの日数を返します。 受領日後の次の利息支払日を返します。 受領日と満期日の間に利息が支払われる回数を返します。 受領日の直前の利息支払日を返します。 指定した期間に、貸付金に対して支払われる利息の累計を返します。 指定した期間に、貸付金に対して支払われる元金の累計を返します。 定率法 Fixed-declining Balance Method を使用して、特定の期における資産の減価償却費を返します。 倍額定率法 Double-declining Balance Method を使用して、特定の期における資産の減価償却費を返します。 証券に対する割引率を返します。 分数で表されたドル単位の価格を、小数表示に変換します。 小数で表されたドル単位の価格を、分数表示に変換します。 定期的に利子が支払われる証券の年間のマコーレー デュレーションを返します。 実効年利率を返します。 投資の将来価値を返します。 投資期間内の一連の金利を複利計算することにより、初期投資の元金の将来価値を返します。 全額投資された証券の利率を返します。 投資期間内の指定された期に支払われる金利を返します。 一連の定期的なキャッシュ フローに対する内部利益率を返します。 投資期間内の指定された期に支払われる金利を返します。 定期的に発生する一連の支払い 負の値 と収益 正の値 に基づいて、修正内部利益率を返します。 名目年利率を返します。 投資に必要な期間を返します。 定期的に発生する一連の支払い 負の値 と収益 正の値 、および割引率を指定して、投資の正味現在価値を算出します。 1 期目の日数が半端な証券の利回りを返します。 最終期の日数が半端な証券の利回りを返します。 投資が指定した価値に達するまでの投資に必要な期間を返します。 定期支払額を算出します。 指定した期に支払われる元金を返します。 投資の現在価値を返します。 投資の利率を返します。 全額投資された証券に対して、満期日に支払われる金額を返します。 投資の成長に対する等価利率を返します。 定額法 Straight-line Method を使用して、資産の 1 期あたりの減価償却費を返します。 級数法 Sum-of-Year's Digits Method を使用して、特定の期における減価償却費を返します。 米国財務省短期証券 TB の債券換算利回りを返します。 米国財務省短期証券 TB の利回りを返します。 倍額定率法または指定した方法を使用して、指定した期間における資産の減価償却費を返します。 定期的でないキャッシュ フローに対する内部利益率を返します。 定期的でないキャッシュ フローに対する正味現在価値を返します。 利息が定期的に支払われる証券の利回りを返します。 米国財務省短期証券 TB などの割引債の年利回りを返します。 満期日に利息が支払われる証券の利回りを返します。 関数 説明 セルの書式、位置、内容についての情報を返します。 エラーの種類に対応する数値を返します。 現在の操作環境についての情報を返します。 注: この関数は Web 用 Excelでは使用できません。 対象が空白セルを参照するときに TRUE を返します。 対象が任意のエラー値のときに TRUE を返します。 数値が偶数のときに TRUE を返します。 数式が含まれるセルへの参照がある場合に TRUE を返します。 対象が論理値のときに TRUE を返します。 対象が文字列以外のときに TRUE を返します。 対象が数値のときに TRUE を返します。 数値が奇数のときに TRUE を返します。 対象がセル参照のときに TRUE を返します。 対象が文字列のときに TRUE を返します。 値を数値に変換します。 参照されるシートのシート番号を返します。 参照内のシート数を返します。 データ型を表す数値を返します。 関数 説明 すべての引数が TRUE のときに TRUE を返します。 論理値 FALSE を返します。 値または数式が条件を満たしているかどうかを判定します。 数式の結果がエラーの場合は指定した値を返し、それ以外の場合は数式の結果を返します。 それ以外の場合は、式の結果を返します。 1 つまたは複数の条件が満たされるかどうかをチェックして、最初の TRUE 条件に対応する値を返します。 引数の論理値 TRUE または FALSE を逆にして返します。 いずれかの引数が TRUE のときに TRUE を返します。 値の一覧に対して式を評価し、最初に一致する値に対応する結果を返します。 いずれにも一致しない場合は、任意指定の既定値が返されます。 論理値 TRUE を返します。 すべての引数の排他的論理和を返します。 関数 説明 ワークシート上のセル参照を文字列として返します。 指定された範囲に含まれる領域の個数を返します。 引数リストの値の中から特定の値を 1 つ選択します。 セル参照の列番号を返します。 セル参照の列数を返します。 フィルターは定義した条件に基づいたデータ範囲です。 指定された参照の位置にある数式をテキストとして返します。 ピボットテーブル レポートに格納されているデータを返します。 配列の上端行で特定の値を検索し、対応するセルの値を返します。 ネットワーク サーバー、イントラネット、またはインターネット上に格納されているドキュメントを開くために、ショートカットまたはジャンプを作成します。 セル参照または配列から、指定された位置の値を返します。 参照文字列によって指定されるセルに入力されている文字列を介して、間接的にセルを指定します。 ベクトル 1 行または 1 列で構成されるセル範囲 または配列を検索し、対応する値を返します。 照合の型に従って参照または配列に含まれる値を検索し、検査値と一致する要素の相対的な位置を数値で返します。 指定された行数と列数だけシフトした位置にあるセルまたはセル範囲への参照 オフセット参照 を返します。 セル参照の行番号を返します。 セル参照の行数を返します。 COM オートメーションに対応するプログラムからリアルタイムのデータを取得します。 SORT 関数では、範囲または配列の内容を並べ替えます。 範囲または配列の内容を、対応する範囲または配列の値に基づいて並べ替えます。 配列で指定された範囲のデータの行列変換を行います。 一覧または範囲内の一意の値の一覧を返します。 配列の左端列で特定の値を検索し、対応するセルの値を返します。 範囲または配列を検索し、見つかった最初の一致に対応する項目を返します。 一致が存在しない場合、XLOOKUP は最も近い 概算 一致を返すことができます。 配列またはセル範囲内の項目の相対的な位置を返します。 関数 説明 数値の絶対値を返します。 数値のアークコサインを返します。 数値の双曲線逆余弦 ハイパーボリック コサインの逆関数 を返します。 数値の逆余接を返します。 数値の双曲線逆余接を返します。 リストまたはデータベースの集計値を返します。 ローマ数字をアラビア数字に変換します。 数値のアークサインを返します。 数値の双曲線逆正弦 ハイパーボリック サインの逆関数 を返します。 数値のアークタンジェントを返します。 指定された x-y 座標のアークタンジェントを返します。 数値の双曲線逆正接 ハイパーボリック タンジェントの逆関数 を返します。 指定された基数 底 のテキスト表現に、数値を変換します。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。 数値は正負に関係なく切り上げられます。 指定された個数を選択するときの組み合わせの数を返します。 指定された個数を選択するときの組み合わせ 反復あり の数を返します 指定された角度のコサインを返します。 数値の双曲線余弦 ハイパーボリック コサイン を返します。 角度の双曲線余接を返します。 数値の双曲線余接を返します。 角度の余割を返します。 角度の双曲線余割を返します。 指定された底の数値のテキスト表現を 10 進数に変換します。 ラジアンを度に変換します。 指定された数値を最も近い偶数に切り上げた値を返します。 e を底とする数値のべき乗を返します。 数値の階乗を返します。 数値の二重階乗を返します。 数値を指定された桁数で切り捨てます。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てます。 指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てます。 数値は正負に関係なく切り捨てられます。 最大公約数を返します。 指定された数値を最も近い整数に切り捨てます。 最も近い整数に切り上げた値、または、指定された基準値の倍数のうち最も近い値を返します。 最小公倍数を返します。 数値の自然対数を返します。 指定された数を底とする数値の対数を返します。 10 を底とする数値の対数 常用対数 を返します。 配列の行列式を返します。 行列の逆行列を返します。 2 つの配列の行列積を返します。 数値を除算したときの剰余を返します。 指定された値の倍数になるように、数値を切り上げまたは切り捨てます。 指定された複数の数値の多項係数を返します。 指定された次元の単位行列を返します。 指定された数値を最も近い奇数に切り上げた値を返します。 数値のべき乗を返します。 引数リストの積を返します。 除算の商の整数部を返します。 度をラジアンに変換します。 0 以上 1 未満の乱数を返します。 ただし、入力する行と列の数、最小値と最大値、および整数または小数の値を返すかどうかを指定することができます。 指定された範囲内の整数の乱数を返します。 アラビア数字を、ローマ数字を表す文字列に変換します。 数値を四捨五入して指定された桁数にします。 数値を指定された桁数で切り捨てます。 数値を指定された桁数に切り上げます。 角度の正割を返します。 角度の双曲線正割を返します。 数式で定義されるべき級数を返します。 1、2、3、4 など、配列内の連続した数値の一覧を生成します。 数値の正負を調べます。 指定された角度のサインを返します。 数値の双曲線正弦 ハイパーボリック サイン を返します。 正の平方根を返します。 リストまたはデータベースの集計値を返します。 引数を合計します。 指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。 指定した複数の条件を満たすセルの値を合計します。 指定された配列で対応する要素の積を合計します。 引数の 2 乗の和 平方和 を返します。 2 つの配列で対応する配列要素の平方差を合計します。 2 つの配列で対応する配列要素の平方和を合計します。 2 つの配列で対応する配列要素の差を 2 乗して合計します。 指定された角度のタンジェントを返します。 数値の双曲線正接 ハイパーボリック タンジェント を返します。 数値の小数部を切り捨てて、整数または指定された桁数にします。 関数 説明 データ全体の平均値に対するそれぞれのデータの絶対偏差の平均を返します。 引数の平均値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数の平均値を返します。 範囲内の検索条件に一致するすべてのセルの平均値 算術平均 を返します。 複数の検索条件に一致するすべてのセルの平均値 算術平均 を返します。 二項分布の確率関数の値を返します。 二項分布を使用した試行結果の確率を返します。 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値を返します。 累積ベータ確率密度関数の値を返します。 カイ 2 乗分布の片側確率の値を返します。 カイ 2 乗分布の片側確率の逆関数の値を返します。 母集団に対する信頼区間を返します。 スチューデントの t 分布を使用して、母集団に対する信頼区間を返します。 2 つの配列データの相関係数を返します。 引数リストの各項目に含まれる数値の個数を返します。 引数リストの各項目に含まれるデータの個数を返します。 指定された範囲に含まれる空白セルの個数を返します。 指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返します。 指定された範囲に含まれるセルのうち、複数の検索条件に一致するセルの個数を返します。 共分散を返します。 共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。 標本の共分散を返します。 共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。 標本の平均値に対する各データの偏差の平方和を返します。 指数分布関数を返します。 F 分布の確率関数の値を返します。 F 分布の確率関数の値を返します。 F 分布の確率関数の逆関数値を返します。 F 分布の確率関数の逆関数値を返します。 F 検定の結果を返します。 フィッシャー変換の値を返します。 フィッシャー変換の逆関数値を返します。 既知の値を使用し、将来の値を予測します。 注: Excel 2016 では、この関数は新しい の一部として、 に置き換わっていますが、以前のバージョンとの互換性を保つために、引き続き利用できます。 指数平滑化 ETS アルゴリズムの AAA バージョンを使って、既存の 履歴 値に基づき将来価値を返します。 特定の目標日の予測値について信頼区間を返します。 指定された時系列に見られる反復パターンの長さを返します。 時系列予測の結果として統計値を返します。 既存の値に基づいて、将来価値を返します。 頻度分布を縦方向の数値の配列として返します。 ガンマ関数値を返します。 ガンマ分布関数の値を返します。 ガンマ分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 標準正規分布の累積分布関数より 0. 5 小さい値を返します。 相乗平均を返します。 指数曲線から予測される値を返します。 調和平均を返します。 超幾何分布関数の値を返します。 回帰直線の切片を返します。 指定されたデータの尖度を返します。 指定されたデータの中で k 番目に大きなデータを返します。 回帰直線の係数の値を配列で返します。 回帰指数曲線の係数の値を配列で返します。 対数正規分布の累積分布関数の値を返します。 対数正規型の累積分布関数の逆関数値を返します。 引数リストに含まれる最大の数値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数リストから最大の数値を返します。 の 条件セットで指定されたセルの中の最大値を返します。 引数リストに含まれる数値のメジアン 中央値 を返します。 引数リストに含まれる最小の数値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数リストから最小の数値を返します。 条件セットで指定されたセルの中の最小値を返します。 配列またはセル範囲として指定されたデータの中で、最も頻繁に出現する値 最頻値 を縦方向の配列として返します。 最も頻繁に出現する値 最頻値 を返します。 負の二項分布の確率関数値を返します。 正規分布の累積分布関数の値を返します。 正規分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 標準正規分布の累積分布関数の値を返します。 標準正規分布の累積分布関数の逆関数値を返します。 ピアソンの積率相関係数 r の値を返します。 特定の範囲に含まれるデータの第 k 百分位数に当たる値を返します k は 0 より大きく 1 より小さい値。 特定の範囲に含まれるデータの第 k 百分位数に当たる値を返します。 配列内での値の順位を百分率 0 より大きく 1 より小さい で表した値を返します。 配列内での値の順位を百分率で表した値を返します。 与えられた標本数から指定した個数を選択する場合の順列を返します。 指定した数の対象から、指定された数だけ 重複あり 抜き取る場合の順列の数を返します。 標準正規分布の密度関数の値を返します。 ポアソン確率の値を返します。 指定した範囲に含まれる値が上限と下限との間に収まる確率を返します。 0 より大きく 1 より小さい百分位値に基づいて、配列に含まれるデータから四分位数を返します。 配列に含まれるデータから四分位数を抽出します。 数値のリストの中で、指定した数値の序列を返します。 数値のリストの中で、指定した数値の序列を返します。 ピアソンの積率相関係数の 2 乗値を返します。 分布の歪度を返します。 人口に基づく分布の歪度を返します。 歪度とは、分布の平均値周辺での両側の非対称度を表す値です。 回帰直線の傾きを返します。 指定されたデータの中で、k 番目に小さなデータを返します。 正規化された値を返します。 引数を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差を返します。 引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数を正規母集団の標本と見なし、母集団の標準偏差の推定値を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数を母集団全体と見なし、母集団の標準偏差を返します。 回帰直線上の予測値の標準誤差を返します。 スチューデントの t 分布のパーセンテージ 確率 を返します。 スチューデントの t 分布のパーセンテージ 確率 を返します。 スチューデントの t 分布の値を返します。 スチューデントの t 分布の t 値を、確率と自由度の関数として返します。 スチューデントの t 分布の逆関数値を返します。 スチューデントの t 分布に従う確率を返します。 回帰直線による予測値を配列で返します。 データの中間項の平均を返します。 引数を母集団全体と見なし、母集団の分散 標本分散 を返します。 標本に基づいて母集団の分散の推定値 不偏分散 を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数を正規母集団の標本と見なし、標本に基づいて母集団の分散の推定値 不偏分散 を返します。 数値、文字列、および論理値を含む引数を母集団全体と見なし、母集団の分散 標本分散 を返します。 ワイブル分布の値を返します。 z 検定の片側 P 値を返します。 関数 説明 全角 2 バイト の英数カナ文字を半角 1 バイト の文字に変換します。 数値を四捨五入し、バーツ通貨書式を設定した文字列に変換します。 数値で指定された文字を返します。 文字列から印刷できない文字を削除します。 テキスト文字列内の先頭文字の数値コードを返します。 複数の範囲や文字列からのテキストを結合しますが、区切り記号または IgnoreEmpty 引数は提供しません。 複数の文字列を結合して 1 つの文字列にまとめます。 文字列内の半角 1 バイト の英数カナ文字を全角 2 バイト の文字に変換します。 数値を四捨五入し、通貨書式を設定した文字列に変換します。 2 つの文字列が等しいかどうかを判定します。 指定された文字列を他の文字列の中で検索します。 大文字と小文字は区別されます。 数値を四捨五入し、書式設定した文字列に変換します。 文字列の先頭 左端 から指定された文字数の文字を返します。 文字列に含まれる文字数を返します。 文字列に含まれる英字をすべて小文字に変換します。 文字列の任意の位置から指定された文字数の文字を返します。 文字列をロケールに依存しない方法で数値に変換します。 文字列からふりがなを抽出します。 文字列に含まれる英単語の先頭文字だけを大文字に変換します。 文字列中の指定された数の文字を他の文字に置き換えます。 文字列を指定された回数だけ繰り返して表示します。 文字列の末尾 右端 から指定された文字数の文字を返します。 指定された文字列を他の文字列の中で検索します。 大文字と小文字は区別されません。 文字列中の指定された文字を他の文字に置き換えます。 引数を文字列に変換します。 数値を書式設定した文字列に変換します。 複数の範囲や文字列からのテキストを結合し、結合する各テキスト値の間に、指定した区切り記号を挿入します。 区切り記号が空の文字列の場合は、範囲が連結されます。 文字列から余分なスペースを削除します。 指定された数値により参照される Unicode 文字を返します。 文字列の最初の文字に対応する番号 コード ポイント を返します。 文字列に含まれる英字をすべて大文字に変換します。 文字列を数値に変換します。 ユーザー定義関数 Udf は Web 用 Excelでは使用できません。 関数 説明 ダイナミック リンク ライブラリまたはコード リソースで、プロシージャを呼び出します。 数値からユーロ通貨への換算、ユーロ通貨からユーロ通貨使用国の現地通貨への換算、またはユーロ通貨を基にしてユーロ通貨を使用する参加国間の通貨の換算を行います。 あらかじめ登録されている、指定のダイナミック リンク ライブラリ DLL またはコード リソースのレジスタ ID を返します。

次の