よりそうのお葬式。 元葬儀人が「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式(旧:シンプルなお葬式)」を徹底比較

「よりそうのお葬式」の一日葬 葬儀費用

よりそうのお葬式

葬儀社のビジネスモデル3選• 専門葬儀社• 自社で葬儀を請け負って、当日の施行も自社で行うタイプ• 例)アーバンフューネス、公益社、さがみ典礼、くらしの友• 葬儀社紹介サービス• 自社へ問い合わせがあった際に、提携している葬儀社の中から、申込者の条件とマッチする業者を紹介するタイプ• 例)いい葬儀、葬儀レビ• 定額仲介サービス• 自社サイトに掲載している定額プランで葬儀を請け負った後、提携している業者に以後の対応を任せるタイプ• NHK、週刊東洋経済などの多数のメディアで紹介• 定額12. 8万円〜のお葬式を全国で対応可能• よりそうCM放送中• 年間相談実績3万件以上• 万が一、満足できなかった場合には全額返金保証 「よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)」は本当に信頼できるサービス? 実際の利用者の口コミ評判を教えてほしい。 しかし、実際の利用者からの評判はどうでしょうか? 今回、「よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)」の裏側を暴くために大手口コミサイトを中心に調べてみました。 すると、全体的に高評価を出している人が多く、 「よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)」は葬儀費用を少しでも安くしたい人におすすめできるサービスだということが分かりました。 最大の魅力は、日本一安い葬儀プランです。 全てのプランが相場の半額以下の費用しかかかりません。 「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会」によると、全ての葬儀形式を含んだ費用相場は195. 7万円です。 しかし、「よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)」なら最安で12. 8万円、最高でも49. 8万円しかかかりません。 7万円 火葬式 148,000円 一日葬 278,000円 家族葬 398,000円 一般葬 498,000円 また、「|エンディングデータバンク(2018年)」によると、年間を通しての家族葬の相場は約112万円です。 しかし、人気の家族葬も 「よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)」なら相場の半額以下で行えます。 500円の申込金を払っておくだけで、お葬式が最大50,000円割引されることに加え、法要や納骨・散骨もぐんとお得になる。 申込金の支払い方法は、クレジットカード、コンビニ払いから選べる。 お申込後、30日経過すると即座にすべての割引が適用される。 1度申し込んおけば、ずっと何度でも利用することができる。 「ご逝去後特例制度」とは、事前割を申し込んだ方、および同居の方が、誰かのためにお葬式やご供養をする場合に特典が適用される制度のこと。 また、事前割を申し込んだ方ご本人がお亡くなりになり、お葬式やご供養の対象となった場合は、その方のために葬儀、供養される方に特典が適用される。 なお、事前割による割引金額・特典は以下の通りです。 よって、お葬式だけでなく、法要・仏壇・お墓・散骨・事後手続きなど、終活に関わる便利なサービスが多数あります。 代表的なものが「お坊さん便」です。 「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|(2017年)」によると、 お布施の相場は47. 3万円でしたが、お坊さん便なら最安55,000円しかかかりません。 3万円 また、お墓に関しては「シンプルな永代供養墓」というサービスがあります。 これは、承継者がいらず、お墓の管理も墓地や霊園の住職が代わりにやってくれる「永代供養墓」を定額で提供するサービスです。 出典: 「第9回 お墓の消費者全国実態調査|鎌倉新書(2018年)」によると、 永代供養墓の相場は92. 1万円です。 しかし、 「シンプルな永代供養墓」なら最安で35,000円しかかかりません。 1万円 「 よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)」と「小さなお葬式」の違いがわからない。 2つのサービスはどう違うの? 「よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)」と同じ定額仲介サービスとして、「小さなお葬式」があります。 サービス内容・費用が似ているため、どちらを選ぶべきか悩んでいる人も多いことでしょう。 そこで、ここからは2つのサービスを徹底比較してみました。 また、「小さなお葬式」には「100名までのお葬式プラン」があるのに対して、「よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)」には「一般葬プラン」があります。 実は、これと似たサービスが「小さなお葬式」にも「早割」という名称であります。 しかし、両者の最大割引を適用した金額を比較すると、「よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)」の方がお得なことがわかります。

次の

【よりそうのお葬式】感染症終息後の”2回目の葬儀”実施を支援 期間限定「よりそうの後葬サポート」提供/株式会社よりそう

よりそうのお葬式

【目次】• よりそうのお葬式の事前割はどれだけお得? よりそうのお葬式 の 事前割 は、申し込み金500円を支払うことで事前割メンバーとなり、最大で50000円の割引という特典が受けられます。 それぞれプランによって割引額が異なりますので詳細を見ていきます。 よりそうのお葬式の事前割の割引額 葬儀費用が比較的安い火葬式や一日葬は15,000円引き、家族葬で30,000円引き、一般葬で50,000円引きとなります。 よりそうのお葬式は元々料金設定が低めになっていますが、たった500円で事前割を申し込むことで最大50,000円の割引があるのはとてもお得ですね。 割引以外の特典も充実 よりそうのお葬式の事前割の嬉しい特典として、葬儀費用の割引の他に• 全額返金保証• 葬儀以外のサービスの割引 があります。 賢く利用することで葬儀後の法要まで安心してお任せできそうですね。 全額返金保証 全額返金保証とは、よりそうのお葬式のサービスに万が一満足しなかった場合に限り葬儀プラン代金が全額返金されるというものです。 条件として、 納骨・散骨の割引• 永代供養墓:永代供養+合祀墓のプランで3,000円割引• 海洋散骨:代理海洋散骨プランで3,000円割引 葬儀後に必要になってくる法要や納骨などのサービスも割引が受けられるのは嬉しい特典ですね。 よりそうのお葬式の事前割を申し込む上での注意点 たった500円で最大50,000円の葬儀費用割引やその他サービスの割引がある、 よりそうのお葬式 の 事前割 ですが申し込みをする上で注意しておくべき点が3つあります。 申し込み後すぐには適応しない よりそうのお葬式の事前割は、申し込み完了から30日経つと割引が適用されます。 それより前に葬儀をすることになった場合は適応されませんので、葬儀をするかもという場合は早めに申し込みをしておきましょう。 すべてのプランが割引対象ではない よりそうのお葬式の事前割が適用されるのは、• 火葬式プラン• 一日葬儀プラン• 家族葬プラン• 一般葬プラン のみで、 一番費用を抑えた直葬プランには適用されませんので注意が必要です。 利用できる葬儀場を確認しておく よりそうのお葬式は全国約3,000以上の葬儀場を利用できますが、地域によって対応可能な葬儀場が少ない場合もあります。 よりそうのお葬式の事前割に申し込む前に、葬儀をすると想定した上で希望のエリアや葬儀場と提携しているのか調べておく必要があります。 地域によって対応できる葬儀社が少ない所もありますので事前に無料の資料請求をして確認しておきましょう。 よりそうのお葬式の事前割の気になる疑問 よりそうのお葬式の事前割がお得であることと、申し込む際の注意点を確認した上で出てくる疑問点について解決していきます。 有効期限はあるの? 割引は申し込み完了後30日を経て適応されますが、 申し込み者が健在の限り有効期限はありません。 ご家族の葬儀でもご自身の葬儀でも利用できます。 申し込みは簡単?支払いは? 申し込みはとても簡単です。 公式ウェブサイトのメールフォームから事前割の申し込み申請を行い、所定の方法で500円の申し込み金を支払います。 支払い方法はクレジットカード決済、コンビニ払い(コンビニ端末操作もしくは伝票)から選べます。 入金確認後、「事前割申込み証明書」が発行されて申込み完了となります。 \最大50,000円割引/ 事前割に申し込んだあと勧誘はしつこくないか? よりそうのお葬式の事前割を申し込んだあと、しつこい勧誘などはありませんのでご安心ください。 事前割に申し込んだからといって必ずよりそうのお葬式に頼まなければいけないということはありません。 また、葬儀に関する相談に関しては365日24時間無料で受け付けていますので気軽に連絡できます。 よりそうのお葬式に頼んでも大丈夫? よりそうのお葬式には多数の口コミが寄せられています。 口コミや評判をみると多くの方が満足度が高く信頼も厚いことがわかります。 よりそうのお葬式の口コミや評判については別記事でまとめていますのでご覧ください。 よりそうのお葬式の事前割以外の割引プラン よりそうのお葬式では事前割以外にも2つの割引プランがあります。 【お葬式予約の流れ】• 資料請求をする• パンフレットから希望の葬儀プランを選ぶ• 申込書を返送する• 予約代金を振り込む• 契約証書が届き予約完了 予約の変更や解約は手数料が必要 一度予約が完了したプランの変更や解約をする場合には別途手数料が必要になります。 (申込から180日以内であれば手数料はかかりません。 ) プラン名 手数料 火葬式 5,000円 一日葬 5,000円 家族葬 10,000円 一般葬 20,000円 *180日以内に解約しても返金時の振込手数料は負担しなければなりません。 よりそうのお葬式が破綻した場合は? 葬儀の予約代金を支払った後に会社が破綻してしまった場合でも、指定の銀行から保証債務引受会社に預かり金が支払われ、契約者に返金される仕組みになっているので安心です。 無料資料請求で安くなる よりそうのお葬式では無料資料請求をした時点で無料メンバーとして最大10,000円の割引が受けられます。

次の

よりそうのお葬式の事前割で葬儀費用がお得に?注意点と疑問を解決|【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ

よりそうのお葬式

この数年間で葬儀業界が一気に変わりましたよね? 変わったと言っても、私たち消費者にとって 良い方向に変わってきています! これまで、料金や詳細などがめちゃくちゃ不透明だった葬儀業界。 それが、小さなお葬式・よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)・イオンのお葬式などのインターネット葬儀紹介業者が出てきてくれたおかげで 透明化されたのです! 特に素人の私たちには お葬式の原価なんてわかりません。 ですので、葬儀屋さんは家のお財布事情を見ながら、料金を請求していたとも言われています。 (はっきり言って「言い値」というやつです) お葬式は盛大に行う・・・から お葬式は小さくシンプルに!と価値観がシフトしています。 その価値観や時代にマッチしている3大葬儀紹介業者が 小さなお葬式とよりそうのお葬式とイオンのお葬式の3社です。 以前は小さなお葬式とイオンのお葬式を比較しました。 葬儀業者選びで迷っている方の参考になればうれしいです! もくじ• 「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」を徹底比較してみた。 4% 97% 提携葬儀場数 4,000ヶ所 3,000ヶ所 サポート体制 24時間365日対応 24時間365日対応 受注実績 累計15万件 (2018年3月時点) 相談実績が3万件 支払い方法 現金・クレジットカード・ローン 現金・クレジットカード・ローン 返金保証 なし 満足返金保証あり よりそうのお葬式は資本金が9億9600万円が大きな企業なのかなあと一見、思います。 でも、実際のところは小さなお葬式のユニクエストのほうが従業員数も多く、会社の規模は大手だと言えます。 よりそうのお葬式のお客様満足度97%の発表は何をもとにされているのかが公表されておらず少しだけ疑問でした。 アンケートなどは実施していないのでしょうか。 ただ、「満足返金保証制度」でプランの返金保証があるのには驚きですよね。 葬儀の返金保証なんて確実に日本初ですからね! 利用者 「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」の料金プランを比較してみた。 次に最も肝心な葬儀の各プランの料金を比較していきます。 プランの流れについてはどちらの会社もほぼ同じです。 料金をシンプルに比較してみると(早期割引を含む)よりそうのお葬式のほうがトータル金額では割安であると言えます。 でも、現段階ではプランの内容の詳細までは比較していません。 合計金額だけで高い安いを判断するのも早合点すぎです。 ここからはプランの詳細も細かく比較していきます。 両者とも早割や事前割にけっこう力を入れてるね。 事前準備しておくだけで数万円安くなるんだから、資料請求などやっておいたほうが絶対得だよね。 でも、その分 物品やサービスが少ないかもしれません。 そこで、プラン内に含まれている物品やサービスを比較していきます。 最もわかりやすい 「家族葬プラン」で比較していきます。 『家族葬プラン』の比較項目 小さなお葬式 よりそうのお葬式 料金 488,000円 418,000円 安置場所までの搬送 寝台車(50kmまで) 寝台車(50kmまで) 安置施設使用料 4日分 4日分 枕飾り一式 〇 〇 線香・ローソク 〇 〇 ドライアイス 4日分 4日分 役所・火葬手続き代行 〇 〇 お棺・お棺用布団 〇 〇 遺影写真 〇 〇 祭壇 〇 〇 白木位牌 〇 〇 お別れ花 〇 〇 式場使用料 上限100,000円まで 上限50,000まで 司会スタッフ 〇 〇 受付セット 〇 〇 焼香セット 〇 〇 会葬礼状 60枚まで 30枚まで 火葬場までの搬送 50kmまで (寝台車) 50kmまで (寝台車) 火葬料金(市民料金) 〇 上限1. 5万円まで お別れ用花束 〇 なし 骨壺・骨箱 〇 〇 自宅飾り一式 〇 〇 家族葬プランでの細かなサービスやプラン内容を比較してみました。 両者ともほぼ同じような内容です。 大きな差といえば、式場使用料が 5万円の差がありました。 火葬料金は大阪府内の場合は1万円~2万円が相場です。 ですので、よりそうお葬式の場合は火葬料金が2万円だと5千円の追加料金が発生します。 (小さなお葬式は市民料金の場合は追加が発生しません) 東京都の場合はどちらの業者も 最大6万円の追加料金が掛かります。 それぞれのプランの詳細を比較しても正直なところ大きな差は見られませんでした。 両者とも甲乙がつけ難くて 「引き分け」といっても良いほどの内容です。 ライバル会社同士が意識をしまくり、日々ライバル調査を行っているはず。 当然、料金やプランなどの見える部分は同じようになっていくはずです。 安値合戦をするだけではなくて・・・ どこで差別化をしていくのか? それは、小さなお葬式とよりそうよりそうお葬式の会社が最も痛感していることのはずです。 どちらがおすすめなのか?を考えたときに、 あえてどちらかを選ぶとすれば、「小さなお葬式」をおすすめします。 僕が小さなお葬式をおすすめする「3つのポイント」とは以下です 小さなお葬式のおすすめする3つのポイント• 小さなお葬式は人間味を出そうとしている。 小さなお葬式は常にお客様の声を更新している。 小さなお葬式はお客様アンケートに力を入れている。 小さなお葬式は電話オペレーターや社員さんをモデルさんではなく 実物写真・実名を掲載されています。 インターネットのお互い顔が見えない状況でお葬式というシビアな場面です。 そんなことを考慮した配慮がすばらしいと感じました。 顔写真を見れるだけでも消費者の安心感は大きく変わりますよね。 また、オペレーターはアルバイトではなく 全員が正社員というのもユーザーにとっては安心ポイントです。 また、お客様アンケートに重きを置き、葬儀後のお客様の声を大切にしている印象を受けました。 アンケートが常に集計されていて、それを公式サイトに随時アップしているところもすばらしいです。 料金やプランでは似たり寄ったりの業者もたくさん増えてきました。 そのなかで、小さなお葬式が受注実績が1位の理由がこのあたりなのかなと感じています。 まとめ 小さなお葬式とよりそうのお葬式の料金やサービスを比較しました。 少しでも、参考にしていただければ幸いです。 値段だけで決めようと考えている人にとっては どちらを選んでも正解だといえるでしょう。 それでもどちらか、選ぶのをやっぱり迷ってしまう・・・ そんな方は一度、 資料請求や 電話で直接、問い合わせをしてみることをおすすめします。 いずれにせよ、 相談は無料で行ってもらえます。 実際の対応やフィーリングによって決めるのが一番です。 予めご了承ください。

次の