がらがらどん トロル イラスト。 「三びきのやぎのがらがらどん」の最後で

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

がらがらどん トロル イラスト

三匹のやぎのお話。 三匹ともみんな「がらがらどん」という名前です。 ある日、三匹のがらがらどんは、山の草場に食事に行きました。 山を登る途中で橋を渡らなければならないのですが、橋の下には、なんと大きな怪物「トロル」が。 最初に一番小さいやぎが、橋を渡ります。 当然、トロルに見つかり、一飲みにしてやる!と脅される小さいやぎ。 しかし、そこは機転を効かせます。 もう少し待てば、もっと大きいやぎが来るよと言って、見逃してもらいます。 宣言通り、次は少し大きい二番目やぎが橋を通ります。 待ってましたとばかりに、一飲みにしてやる!と脅すトロル。 ですが、またも同じ手を食わされます。 もう少し待てば、もっと大きいやぎが来るとのことで、二番目やぎも見逃します。 このトロル、非常に律儀。 その時、気が付くとトロルの目の前には、一番大きいやぎが! 慌ててトロルは「何者だ!?」と叫びます。 「おれだ!おおきいやぎの がらがらどんだ!」 二本の角で目玉をでんがく刺し。 肉も骨も粉々に踏み砕くぞ!と大やぎ。 本当に目玉を串刺しにした上で、文字通り木っ端微塵に。 そこまでせんでも! 無事に山の草場に辿り着いたやぎたちは、食べ過ぎで太って家に帰るのもやっとでした、というお話。 感想 トロルは、結果的に縄張りに入ったやぎを威嚇しただけで終わってしまい、どちらが悪者かわからない状況 笑 読み聞かせ時は、いかにトロルを怖く演じて悪者に仕立てるかが鍵になります。 また、1番目と2番目のやぎが仲間を売った、という意見もあるみたいですね。 確かにそうとも取れるかも。 まぁでも、三匹とも仲が良さそうだし、きっと事前に作戦会議したんでしょう! と思ったら、小さい頃に同じように考えていた方がいらっしゃいました。 三匹の会話が面白い 笑 ちなみに、最後の締めくくりに「チョキン、パチン、ストン はなしは おしまい」と謎の擬音が出てきて、「え!?誰かに食べられたの?」とドキッとするのですが、「めでたし めでたし」のような、民話でよく見られる決まり文句ではないかと言われているようです。 子どもの反応.

次の

大好きながらがらどん

がらがらどん トロル イラスト

割と有名で昔からある絵本。 子供に読むまで私も完全に忘れていたんですが、小さいころに呼んだ記憶がよみがえりました。 登場してくるトロルの姿が何だか幼いながら脳裏に焼き付いていたんですよね。 すると、次第に表紙の姿も「そういえば、この絵は見たことがある!」とよみがえってきて個人的にはビックリする瞬間でした。 そんな昔の記憶がよみがえってくるということ自体が何だか新鮮だったんですよね。 スポンサーリンク さて、「三匹のヤギのガラガラドン」のお話しを所感を含めてあらすじを説明しますと(ネタバレ注意) ————————————————- このお話し、3匹のヤギはそれぞれ小さいヤギ、中くらいのヤギ、大きいヤギで みんな名前は「ガラガラドン」という随分、いい加減な設定なんです。 (しかしこれは実は大きな効果が隠されていました) 青草茂る山へ移っていくには恐ろしいトロルの潜む「つり橋」を渡っていかなければなりません。 小さいガラガラドンがつり橋を渡っていると、トロルが現れ、「お前を食べてやる」と言ったところ 小さいガラガラドンは「待ってください。 このあとに私よりもっと大きいヤギが来ます。 そちらの方が美味しいですよ」と、訴えて橋を渡してもらえることに。 続いて 中くらいのガラガラドンがつり橋を渡っていると、トロルが現れ、「お前を食べてやる」と言ったところ 中くらいのガラガラドンは「待ってください。 このあとに私よりもっと大きいヤギが来ます。 そちらの方が美味しいですよ」と、訴えて橋を渡してもらえることに。 そしていよいよ最後に大きいガラガラドンの番になります。 大きいガラガラドンは先の二匹の言い訳が使えません。 一体どうなるのか?と実は私も読みながら、次の展開にハラハラしてしまいました。 するとびっくりしたことに、 大きいガラガラドンは小手先で逃げることを考えるどころが、 真っ向からトロルに立ち向かって自慢のツノでトロルを木端微塵にしてしまうんですね。 そして3匹は無事に青草が生い茂る山へ移ることができましたというお話でした。 ————————————————- とお話しはここまでで、 トロルは残念ながら欲張って大物を得ようとして、かえって自分がやっつけられちゃうんですね。 これはこれで一つの教訓が含まれています。 実は私は読みながら、トロルは絶対的な存在で 大きいガラガラドンはどうやってこの場から逃げるのか? という視点で物語の展開を考えていました。 始めから、やっつけるという選択肢がなかったんですよね。 いかに大きくても、まさかヤギがトロルをやっつけるなんて考えもしなかったのです。 これを通じて、 大人になった今、実は知らない間に固定観念で物事を決めつけている自分がいることに改めて気づいたのです。 「固定観念で自分を狭い考えに閉じ込めないように」なんて当然のことだと思っていたら、自分がまさかそうなってしまっていたんですよね。 まさか、子供に読んであげる絵本を通じて、それに気づくなんて、驚きでした。 また、 何故みんな「ガラガラドン」という同じ名前なのか? 諸説あるでしょうが、子供にとっては、別にそれぞれに名前なんてなくてもいいのです。 大・中・小の区別がつけば何でもいいのです。 かえって名前がそれぞれにあると複雑になってしまいます。 そして、同じ名前なので、何回も「ガラガラドン」というフレーズが読み聞かせながら出てきます。 これはこれで子供には面白い音でして、響きもよく何回も繰り返しでてくるので記憶に残りやすいのです。 そして子供の感想を聞きながら、またこの絵本の優れたところに気づくようになりました。 子供にしてみれば、トロルは悪い存在で、 小さいガラガラドンは子供の自分、 中くらいのガラガラドンはママ、 大きいガラガラドンはパパ という位置づけで、 パパが悪い奴をやっつけた!と喜んでいるのです。 そうです。 子供にとってパパはヒーローで、どんな問題でも解決する存在なのです。 小賢しい知恵をきかせて、トロルから逃げてはいけないのです。 勇敢に立ち向かってやっつけなければならないのです。

次の

大好きながらがらどん

がらがらどん トロル イラスト

原語でどうなっているかが問題だ,とのご指摘がありましたので,それを引き継いで補足しようと思います。 まず,サブタイトルに「アスビョルンセンとモーの北欧民話」とついていることからも分かるように,この話はもともと1841~44年にノルウェーのピーター・クリステン・アスビョルセン Peter Christen Asbjoernsen, 1812-1885 とユルゲン・モー Joergen Moe, 1813-1882 が刊行した『ノルウェー民話集』に収められているものです。 この作品は早くも1859年にイギリスでPopular Tales from the Norseという英訳本が出版され,これを訳したのがデースント George Webbe Dasent, 1817-1896 という人です。 日本で発売されている絵本は,マーシャ・ブラウン Marcia Brown, 1918- の絵で,1957年にアメリカで発売されたものが元になっています。 この英文は先ほどのデースントによる訳です。 瀬田さんがノルウェー語から直接翻訳したか,それともデースント訳の英文に基づいたかはちょっとわかりませんが,絵がアメリカ版と同じですし,英訳からの再翻訳の可能性が高いのではないかなあ。 さて,第1の疑問点「あぶらがぬけていなければ」ですが,英文では And if the fat hasn't fallen off them, why, they're still fat となっています。 従って,意味としては「皮下脂肪(体内脂肪かも)が落ちてやせてしまっていなければ」といったところでしょう。 ここで気がつくのが,「あぶら」も「太っている」も同じfatという単語なので,一種のシャレのようになっていることです。 もっとも,語源は同じ(元々「太っている」の意味だったのが,「太らせている原因=脂肪」などの意味に広がっていった)ですので,本当のシャレというよりは同義反復というべきかもしれません。 このfatという単語は,それまでの作中にたびたび登場しています。 まず冒頭の「やまの くさばで ふとろうと,やまへ のぼっていきました。 」が,go up to the hillside to make themselves fatですし,橋を渡るときの「やまへ ふとりに いく ところです」もI'm going up to the hillside to make myself fatです。 そんな感じでずっと来て,最後にif the fat hasn't fallen off them, they're still fatですから,二つのfatという言葉が,今までの流れを受けたしめくくりのセリフとして快くこだまするのでしょう。 こういうのは日本語に直しにくいですよね。 無理にやってみると,「もし太さの元が取れてなければ今でも太っているはず」ですが,これでは意味不明です。 しかたがないので,同じ単語の繰り返しという効果は犠牲にして,「あぶら」という訳で妥協したのではないでしょうか。 「チョキン,パチン,ストン」は英文ではSnip, snap, snout. snipは紙などを鋏で切るときの音ですし,snapは指を鳴らすときの音に使いますので,英語の語感を生かしたうまい訳だと思います。 日本の「とっぴんぱらりのぷう」や「どっとはらえ」などと同様,欧米の民話でも,子どもたちをお話の世界から現実の世界に引き戻す「おまじない」が最後についていることがしばしばあります。 グリム童話でも,話の末尾に「これでお話はおしまい。 ほら,そこに鼠が走っている,捕まえた子は毛糸の帽子を作ってもいいですよ」みたいなフレーズがついているのがあったかと思います。 おそらく,snip, snap, snoutもその一種で,特に深い意味はないと思われます。 ただ日本語と違って,英語ではその先まで続けるとSnip, snap, snout. This tale's told out. となっていて,snoutとoutが韻を踏んでいます。 また,この一節はこのお話を離れて,一種の決まり文句として「これでおしまい,めでたしめでたし」のような感じで,文章の中などで使われることがあります。 ちなみに,ノルウェー語版では snipp snapp snute, her er det eventyret ute. となっていて,これまたsnuteとuteが韻を踏んでいます。 というわけで,私なりの結論としては 1.「あぶらがぬけてなければ」は「その後何らかの事情で脂肪が落ちて,やせたりしてなければ」の意味。 5さんも書かれているように,話者はヤギたちがその後どうなったか,いまどうしているかは知らないというスタンスで,推量形で話を終えています。 そうすることで,話が終わった後に余韻が残るように感じられます。 逆に,「プロジェクトX」のように詳しい後日談を入れるというのも,もっと長い文学作品などでは時々見られる手法ですが,民話ではあまりなさそうです。 「やせてなければ太っているでしょう」というのは当たり前ですが,わざとそういう言い方をしておどけてみせたのかもしれません。 またfatの繰り返しによる音の響きの効果もあると思います。 2.チョキン・パチン・ストンは特に深い意味はなく,民話によく見られるエンディングの一つ。 と思っています。 最後に,この回答を書く上で参考にしたページを上げておきます。 Three Billy Goats Gruff ノルウェー語の原文が載っています。 De tre bukkene Bruse som skulle g? til seters og gj? re seg fete 英訳文が載っています。 Folktale Closings 民話の終わり方に見られるいろいろなパターンを集めたページです。 長くなってしまってすみません。 参考になれば幸いです。 この本ですよね。 手元にないので、はっきりしたことは申し上げられないのですが……。 まず、北欧民話で瀬田貞二さん(あの「指輪物語」の瀬田さんなんですね)の訳ということですので、原語がどうなっているかが問題だと思います。 たとえば、現実的な話ではありませんが、もし原語の「あぶら」の部分の単語が、が日本語の「体脂肪」に相当し、「体脂肪」という意味だけを持つ単語だとしたら、文全体の意味は明白です。 食材としての「油」を意味する単語だったら、解釈は違ってきます。 そのあたりを確かめないと確実なことは言えないと思うのです。 しかし、私は、「体脂肪が取れていなかったら、まだ太っているはず」ではないかと推測します。 「山の草をたべて太ろうとする3匹のヤギと、谷川でまちうけるトロル(おに)との対決の物語」(前掲URL)なんですよね? ヤギたちはトロルを見事倒して、草にありついたんですよね? だから、太ることができたんですよね? 家にあった大昔の児童文学全集の「北欧童話集」を引っ張り出してみました。 「がらがらどん」に相当する話はありませんでしたが、「きっと二人とも丈夫で幸せに暮らしていることでしょう。 」と推量形で締めくくっている話がありました。 この「がらがらどん」の話も、たとえば、「その後、ヤギたちは幸せに暮らし『ました』。 」と断定の形で述べるのではなく、「暮らしたこと『でしょう』。 」と推量の形で述べられているのではないでしょうか。 「太ったヤギたちは、その後も草を食べ続けることができて、幸せに暮らしたことでしょう。 だから、天変地異で草が枯れたり、血液サラサラを目指してダイエットをしてたりしなければ、今も太っていることでしょうね。 」、言ってみればそんな感じなのではないでしょうか。 (自信なし) ところで、「チェキン、パチン、ストン」は「とっぺんぱらり」に相当する部分なのでしょうか? ご教示いただければ幸いです。 ついでに、ウィキペディアにある、「となりのトトロのエンディングでサツキとメイが布団の中でお母さんに読んでもらっているのがこの本」というのも興味深い話です。 さっそくたしかめてみなくちゃ。 ご回答ありがとうございます そうです この本です 推量の形で述べられているというところ なるほどそうなのかもしれないと思いました エンディングにその先の事を推量して一言ある。 というのが北欧童話のスタイルなのかもしれませんね 知らないうちに断定形で終わるお話に慣れているので あれっ?と戸惑ってしまうのかもしれません それと そもそも油の解釈が訳の問題でもはっきりしないとありますから kogotokaubeweは 本当にとてもよく調べられていて感心いたしました 北欧童話集なるものがあるのですね 北欧は童話が多いのでしょうか興味をもちました 丁寧なお返事感謝いたします 子供も私も大好きな サツキとメイもこの本を読んでもらっていたと知って ますますこの絵本が好きになった気がします 子供にも説明が出来る気がしてきました どうもありがとうございました 最後に 「チェキン、パチン、ストン」ですが これも分かりません ごめんなさい あまり気にすることもなく読んでしまいました お力になれずすいません どなた知っておられたらよいのですが では 指人形で、演者担当ではなく、トロル、中やぎ、ナレーション担当でした。 昔話で、いうところの「とっぴんぱらりのぷう」に、あたるものだと、解釈します。 お話を聞いてくれたみなさんに、最期のおまけのプレゼント、子どもの喜びそうな、意味のない、楽しそうな、言葉です。 そこを何だろう?と、つっこむのは、大人の感性であって、子どもは、ただのおもしろそうな、言葉として、受け止め、スルーしてくれます。 もう、通算2回、100人以上の前で、演じましたが、「それって、何?」と、聞いてくる子どもは、ひとりもいませんでした。 「脂ののりきった」の、「脂」でも、いいんじゃないですか? やぎの体内の人間の使う物質としての脂、油でなくても。 学校の授業で、よみきかせをやった際に、「がらがらどん」の担当(?)でした。 次男がらがらどんが好きです(笑) 質問者様も仰っていますように、がらがらどんの物語には、油は関係してこないので、私の推測ですが、お答えしたいと思います。 あぶら、とはまさしく油、ヤギ油のことだと思います。 かつて石鹸の原料には、ヤギや牛の油だったそうですし、頭痛等の薬としても使われているようです。 なので、「もしも油が~」というところは、間接的に、まだ死んでいなければ、まだ生きていれば、という意味なのでは?と思っています。 日本でも、「干からびてなければ~」といったような言葉を目にした気がしますし。 北欧では、ヤギは身近な生き物なのでしょうか? 外国のお話に触れるのは、文化が見えてきて面白いですよね。 Q 子供を通わせている保育園で発表会があり、絵本「三びきのやぎのがらがらどん」を原作とした劇(のようなもの)を見せてもらいました。 そこでかかっていた歌が気になっています。 CDが出ているのなら買ってみたいとネットで検索してみましたが、見つけることはできませんでした。 保育園にも聞いてみたのですが、CDは保育園や幼稚園向きに作られたもので、市販されていないとの残念なお返事でした。 やはり、この歌は市販されていないのでしょうか? また、何とか入手する方法はないものでしょうか? ご存知の方がおられたら、よろしくお願いします。 amazon. 最近子育てに自信がなくなり、うちの子が異常なんじゃないかと心配しています。 親戚のおばさんとかにもちょっとこの子異常だわ、一度相談に行ってみたら?とかキチガイだわとか言われてしまいました・・ 普段はおとなしい方だと思うのですが、突然自分の気にくわない起こるとものすごい声で泣き叫び怒り狂って暴れまくり要求を通そうとします。 子供が泣いてぐずるとかはよくある事だとは思いますが、ものすごい声で発狂したのではないか?と思うほどすごい声で最低1時間以上泣き叫び続けます。 しかも理由がささいな事で・・ たとえばお茶!というのでお茶をあげれば牛乳!と言うので牛乳をあげればもっとお茶を入れろ!と言います 言葉が遅いのではっきりそうとは言いませんがジェスチャーでそう言ってきます。 その繰り返しでいいかげんイライラして無視するともうお茶ー!!お茶ーーーーーっ!!から始まり泣き叫び始めます・・(その間一口も飲まないくせに) これは一例で家でもそうですが買い物へ行っても外食行っても突然わけのわからない理由でスイッチが入ったように騒ぎ初めてうるっせーな!と近所の人にも怒鳴られてどうしたらいいんだろうって途方にくれています・・ でも、子供が騒いでいる時は私もイライラしてうるさーい!って怒鳴って頭を叩いてしまいます・・ よく魔の2歳とか聞きますが、私がスーパーや外食とか外にいてもこんなにキチガイみたいに泣き叫んでいる子は見たことありませんし、友達や親戚や色んな人に聞いてもそんな風になったことないけどね~と言われます しかも始まったら平気で1時間以上ずーっと泣き叫び続けます こんなふうに突然なるのはやっぱり異常でしょうか? 3歳、4歳になったら徐々に良くなるものでしょうか? 子供がこうなったとき私はどう対処すればいいのでしょうか? 体罰はよくない怒鳴るのはよくないのは百も承知ですが、子供がこうなってしまった時には本当に憎くてしょうがなくなって感情が抑えれなくなってしまいます・・ 文章だけではうまく伝わらないと思いますので回答のしようがないとは思いますが経験談とか教えていただけたら嬉しいです 2歳7か月の息子の母親です。 最近子育てに自信がなくなり、うちの子が異常なんじゃないかと心配しています。 親戚のおばさんとかにもちょっとこの子異常だわ、一度相談に行ってみたら?とかキチガイだわとか言われてしまいました・・ 普段はおとなしい方だと思うのですが、突然自分の気にくわない起こるとものすごい声で泣き叫び怒り狂って暴れまくり要求を通そうとします。 子供が泣いてぐずるとかはよくある事だとは思いますが、ものすごい声で発狂したのではないか?と思うほどすごい声で最低1時間以上... A ベストアンサー うちの子のことかと思いました。。 4歳半の女の子の母です。 うちの子も二歳代は癇癪がすごかったです。 でも、成長とともに回数が減り、今では時々(ひと月に一回くらい)になりました。 また、言葉の発達と共に、親の説明を理解できるようにもなりましたし、親の気持ちを説明すると我慢できるようになってきました。 姑には「こんな子見たことない!」って言われてましたよ。 自分のお子さんは相当お利口さんだったようで。 でも、実は私自身の弟も昔癇癪持ちだったので、おおそっくり!うちの血だわー。 と思いました。 私の親も「デジャブだデジャブだ、見覚えあるぞ。 」と言ってました。 別に珍しくはないと思いますよ。 我が家の場合、こんな風にしていました。 ご参考までに。 1)スーパーで何かを買ってほしいとごねる。 その場合、買ってあげられない理由を説明しました。 でも、子どもはすでに興奮状態のため、聞く耳をもちません。 大声をあげて怒ったり泣いたり。。 まいります。 そんな時は、力ずくで抱きかかえてお店の外に連れていき、 気持ちがしずまるまで待ちます。 うちの場合約30分。 ベソをかく程度にまでしずまったら、買ってあげられない理由を 再度説明します。 だいたいそれであきらめるので、我慢できたこと を褒め、わかってくれてうれしい!とママがにっこりします。 こどもはお菓子よりもママの笑顔の方がうれしいようですよ。 絶対に!子どもの要求に折れてはいけません。 泣けば要求が通ると学習してしまいます。 2)何かをしたいのに、ママが先にしてしまったので怒る。 うちの子の場合、玄関の鍵を開けたがって、急いでいるからと 私がやってしまうと大騒ぎでした。 なんでもやりたがるのは、その動きが子どもの成長に必要だから だそうです。 (モンテッソーリ教育の本を読んでみてください) うちはできるだけ子どもにやらせました。 子どもがひとりでできるように、親はさりげなくアシストしまし た。 牛乳をコップへそそぐ、ほうきで床を掃く、洗濯ものを干す、 とにかく何でもやりたがるので、できるだけやらせました。 ただ、親がし終わった後に、やりたかったということも多かった ので、その行為をし始める前に、やりたいかどうかを子どもに きくようにしました。 (はっきりいって邪魔でしかないのですが、親は我慢です。 ) 3)どっちにする?? ほかの回答者の方もかかれていましたが、 「これとこれどっちにする?」はかなり有効です。 「お茶と牛乳どっちにする?」 「赤いTシャツとピンクのTシャツとどっちにする?」 「ママが歯磨きする?パパが歯磨きする?」 その場合、選んだものを必ずしてあげてください。 服だと、とんでもない組み合わせになってしまうこともあります が、「選んだ」ことが重要です。 たとえ全身がシマと水玉と星柄と 動物柄であっても、大したことではありません。 切られない理由が ある服(ボタンがとれてるとかサイズが合わなくなったとか)は、 子どもの目に触れないところに隠しておいてください。 4)ヒソヒソ声 ほかの方もかかれていましたが、大変有効でした。 うちの場合、私が風邪で声が3日ほど出なくなり、ささやき声でし か話せなくなったことがありました。 小さい声で話しかけると、子どももよく聞こうとして静かにきいて くれるので、驚きました。 お互いに興奮して大声を出しても、熱くなるだけで、 あまり解決にはつながりません。 4)癇癪を起すにはこどもなりの理由があることが多いようです。 大人には些細なことでも、子どもにとっては自分の存在理由を 揺るがすたいへんなことであるようですよ。 いちど、こどもの立場に立って想像してみてください。 5)子どもを観察して、トラブルを予測して動くのも必要なことです。 よくみていれば、機嫌の悪くなる兆候、場所、タイミング、 事柄などがあると思います。 それを避ける。 やむを得ない場合は、前もって子どもに釘をさすなどできると 思います。 (図書館で騒いではいけないというと癇癪を起すなら、 図書館に入る前に何度か「図書館のお約束」を確認する、など) 感情が高ぶってからではなかなか大変ですので。。。 最後に、私が子育て講演会で相談した某先生(たいへん有名な方で、本をたくさんだしておられる某大学学長)は、癇癪をおこす子は、将来、人の気持ちのわかるやさしい子になるとおっしゃってくださいました。 自分の心をコントロールする必要がほかの子以上にあるので、その経験が人の気持ちをわかることにつながるのだそうです。 そのお話で私はがんばれました。 子育てを通して、私自身だいぶ忍耐力がつき、成長してきたと思いますし、親への感謝の気持ちを以前よりも持てるようになりました。 赤ちゃんもいらして大変だとは思いますが、子育てをもっと楽しめる日はもうすぐそこです。 あと一年もしたら、楽しくてたまらなくなるかと思います。 うちの子のことかと思いました。。 4歳半の女の子の母です。 うちの子も二歳代は癇癪がすごかったです。 でも、成長とともに回数が減り、今では時々(ひと月に一回くらい)になりました。 また、言葉の発達と共に、親の説明を理解できるようにもなりましたし、親の気持ちを説明すると我慢できるようになってきました。 姑には「こんな子見たことない!」って言われてましたよ。 自分のお子さんは相当お利口さんだったようで。 でも、実は私自身の弟も昔癇癪持ちだったので、おおそっくり!うちの血だわー。 A ベストアンサー 小学校から始まる英語教育などに備えて、英語に慣らしたいという感じでしょうか? うちの子供は今4才なので、長期的な成果ではないのですが、ベネッセの「こどもちゃれんじイングリッシュ」でも、英語には慣れたようです。 先日、用事があってインターナショナルスクールに行きました。 その際、娘は英語で話しかけられていましたが、答えていました(先方は娘が既に英会話クラスを受講していたと思い込んで話しかけてきたので、親の私がびっくりしたのですが、娘は大丈夫でした)。 自分の名前や歳、色、形、数字ぐらいでしたが・・・。 簡単なことしか話せませんが、発音はとても良いですよ。 もともと英語の勉強をさせたかったわけではないのですが、サンプルDVDを子供が気に入ったので「こどもちゃれんじイングリッシュ」を受講していました。 二ヶ月に一回届くので、飽きたときには新しいものが届き、継続して観ているのがいいように感じます。 でも、三歳からだったかも・・。 あと「アルクのabc DVDボックス」というのも最近手に入れたのですが、こちらは一歳半の下の子がとても喜んで観ています。 2歳でしたら、楽しんで見れるものを一緒に見てあげるのがいいかなぁと思います。 どちらもディズニーなどに比べたら安価ですよ。 小学校から始まる英語教育などに備えて、英語に慣らしたいという感じでしょうか? うちの子供は今4才なので、長期的な成果ではないのですが、ベネッセの「こどもちゃれんじイングリッシュ」でも、英語には慣れたようです。 先日、用事があってインターナショナルスクールに行きました。 その際、娘は英語で話しかけられていましたが、答えていました(先方は娘が既に英会話クラスを受講していたと思い込んで話しかけてきたので、親の私がびっくりしたのですが、娘は大丈夫でした)。 自分の名前や歳、色、形、... A ベストアンサー うちの子も去年(4歳)の時に突然おもらしをするようになりました。 おねしょは一度もなかったんですが、突然のことで色々頭の中が心配で いっぱいになったのを思い出しました。 幼稚園で何かあったのかな?私、何か本人が気にするようなことを したり、言っちゃったかな?など、色々考えました。 結局、そんなに何ヶ月も続くわけじゃなかったです。 ちょうど今の 時期だったんですが、気温が低くなって身体の方がついていけてなかった だけのようでした。 2~3週間ほどでおさまったかと思います。 本人には「寒くなってくると、お母さんもね~おしっこをすぐしたく なっちゃうんだよね~。 ちょっと早めにおトイレに行くとおもらしを しなくなるんじゃないかな?」と毎回言うようにしてました。 Q 娘は産まれたときは33cmと標準でした。 しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。 1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。 現在は51cmです(3歳半)。 毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。 身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。 「え?」という顔をされて2度見3度見されます。 母子手帳で見ると標準よりも大きいくらいかもしれませんが、見た目は小学校の中学年くらいはあります。 実際に、小学生よりも大きいことはざらで、娘よりも大きい頭の年長児を見たことが無いです。 頭の形も見たことが無いような感じで、とにかく頭の天辺が平らで物を置いてもなかなか落ちないい平らです。 両親にも形は全く似ていなくてそれも不安です。 どこまで大きくなるのでしょうか・・ 本当に不安で怖くて夜中にうなされます。 全身が毛深くて、二の腕は男性のすね毛程濃くて、ホルモン異常かと思い病院には何度も連れて行きましたが、特別おかしな数値では無いと言われました。 肌も両親とも白いほうですが、娘はなぜか色素沈着をおこしたような黒さで病気が隠れていないか不安です。 今は通園の時にいぶかしげに見られるのが堪らないです。 悲しいです。 年少にあがるのが怖いです。 どんなことでも構いませんのでご意見ください。 娘は産まれたときは33cmと標準でした。 しかし生後1ヶ月で39cmになり要観察で病院に何度か連れて行き問題ありませんでした。 1歳の時に48.5cmになり既に3歳児よりも大きい感じでした。 現在は51cmです(3歳半)。 毎日、なるべく気にしないように過ごしてきましたが、昨年から幼稚園の未就園に通園するようになり極度に不安になり始めました。 身長も高い(102cm)ですが、頭のサイズは「大きい」というレベルをはるかに超えています。 「え?」という顔をされて2度見3度見されます。 A ベストアンサー 何度もすみません、No. 20,21です。 ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。 今回は別視点から回答させていただきます…。 ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。 トゥレット障害も頭囲が大きめであることも、体毛が濃いのも、広汎性発達障害の特徴の一部である、そうとらえたとき、それらが独立した特徴ではなくて、一つの連続体に属する特徴なんだと理解できると思います。 娘さんには複数の障害があると考えるよりも、全ては広汎性発達障害というカテゴリー内に収まる特徴であり、発達のバランスとは、そういう風に一見 無関係に思えるようなことにも影響が出るものと受け入れると、心に掛かる負担が軽減できると思います。 そして、水頭症でない以上は、心配なさっているほどにアンバランスにはならないと思いますし、成長すればレーザー脱毛という手段もあります。 ともかく、親が気にしなければ子供はあまり気にしないし、親がいつでも平気だという顔をしていると子供も安心します。 だから、お母さんは例え演技であってもお子さんの前では平気だと振舞っていて下さい。 トゥレット障害も、親があまり気にすると、それがお子さんにはストレスになって症状が重くなることがありますので、これに関しても、お母さんが止めようにも止められないことですから、それはお子さんの特徴なんだと、それ以上は考えず受け入れてあげてください。 無理に症状を抑えようとか、自分が悪いと思わない、その方が子供の症状は軽減するものだそうです。 タイトルはアスペルガー症候群になっていますが、広汎性発達障害 自閉症スペクトラム について書かれたもので、文章の真ん中あたりに、ちょうど ご質問者が疑問に思っていた娘さんの特徴と符合することが書かれています。 2と3は主に行動上の特徴について書かれていて、3ではトゥレット障害 トゥーレット症候群 が広汎性発達障害に分類される症状であると書かれています。 発達障害全般が未だ研究途上ですが、1~3のどれも参考になると思います。 biglobe. html 障害と考えると辛くなると思いますが、概念に縛られずに生まれつき発達の仕方が定型発達とは違うということ、発達の仕方が違っていても伸びしろもちゃんと存在しているということ、そのことを受け入れ、早期から療育することで当人が社会に適応できる力や可能性がぐっと高まること、このことを信じて娘さんたちに温かく接し、親子の信頼関係を深めて行ってください。 今は下の娘さんのことが気掛かりだと思いますが、上の娘さんも悩んでいるお母さんのことを心配したり不安になったりしていると思います。 同じ経験のない者が言っても心に響かないかもしれませんが、ご質問者が下のお子さんのことで悲しめば、上の娘さんも悲しむし、お母さんの気持ちが解っていても、上のお子さんは愛情が下のお子さんにばかり向かっているような寂しさを持つものなのです。 親が、どんなに愛していても。 子供って親が悲しんでいると直ぐに察してしまうもので、辛いけれど、いま出来ることを考えて、気持ちを切り替えて行くことだと思います。 ______ 発達障害という響きは重い十字架のようで辛いですが、脳を含めた身体上の設計図は親には書き換えは出来ません。 設計図の書き換えはできなくても、子供の心の中を豊かにしたり、周りの偏見を取り除けるように働き掛けたりは親にも出来ます。 先の回答では発達障害にまつわる暗く重たいことばかり書いて申し訳なかったと思いますが、当事者の家族である以上、綺麗ごとばかりは書けませんでした。 けれども、出来る努力をすることで報われたこともたくさんあります。 完璧を目指せば辛いことばかりですが、出来ることを一つ一つやっていくことで得られることは必ずあります。 私は息子の幼稚園でも、小・中学校、高校と、どの担任にも必ず息子が過去に髄膜脳炎に罹ったこと、その影響で脳波に乱れが生じ抗てんかん薬を飲まなければならなくなったこと、ADHDとLDを合併するに至ったこと、全てを話しました。 今は脳波が正常になり、抗てんかん薬のお世話になっていませんが、小学生の頃は抗てんかん薬の影響で眠気が強く、動作も緩慢になりやすいということを先生に説明して、理解を得るようにしました。 私も調子が出なくて寂しいです」と言ってくださる先生もいました。 「それって、本当のことでしょうか? 気を遣って言ってくださっているのでは…」と、こちらから尋ねましたら「いえ、本当なんです。 息子は人生のスタートを切って直ぐに大病をし障害も負いましたから、だからこそ人に優しくできる子なんです。 一度友達になった子はずっと友達でいてくれるし、虐めに遭えば助けてもくれるし、虐めをした子もちゃんと謝ってくれました。 そんな風に、障害のことをこちらからきちんと話すと、どの先生も理解を示してくださって協力的でした。 障害があるからこそ、良いところを見つけよう、伸ばそうとしてくださる先生方がたくさんいて、息子が周りに溶け込めるよう、仲間外れにならないように心配りしてくださいました。 だから、ご質問者も娘さんのことで心配なこと、気掛かりなことは先生たちにどんどん仰って、心を開いて行ってください。 応対に疑問があれば、そのこともちゃんと伝えてください。 医療の場でも教育の場でもです。 こちらが真剣であれば、先生たちは熱意をもって応えてくださりますよ。 何度もすみません、No. 20,21です。 ご質問を投稿なさってから、少しはお気持ちが楽になられたでしょうか。 今回は別視点から回答させていただきます…。 ご質問者は、この質疑内で娘さんは医者からは高機能自閉症か広汎性発達障害ではないかと言われていると仰っていましたが、その見立てには、かなり正確な根拠があり、娘さんの特徴は全て「広汎性発達障害」で説明できると考えてのことだと思います。 Q はじめまして。 今年、息子が幼稚園に入園しました。 1月生まれです。 2年保育の幼稚園です。 入園して10日目です。 実は先生から「発達障害の要素がちょっとあるんです」と言われました。 見る限り息子と同じ様な子は他に数人います。 他のママたちも「入園したばっかりで楽しくて仕方無いんよ」って言います。 私もそう思います。 入園当初は門を過ぎると真っ先に遊具に行ってましたが、今はきちんと靴を脱いで下駄箱に揃えて入れて、出席ノートにシールを貼ってロッカーにかばんと帽子をしまうまで言われなくても出来るようになりました。 片付けも徐々にするようになってきました。 先生は・・・ ・みんなが椅子に座ってる時に外で走り回って座らない ・じっと座ってられない ・おもちゃを見つけるとまっしぐらに行ってしまって制止をきかない。 ・水が好きなようだ ・文字はすごく良く覚える(覚えるというかもう入園前から覚えてますw) ・言葉が遅い ・先生の声が全く耳に入っていない・・・影から見てると聞いていないというかおもちゃに気が向いて夢中になってるからって感じです。 「これで最後よ」と言うと「最後ね。 」って聞いていました。 正直、わずか10日で分かるんでしょうか? 私も気になっていろいろ本やネットで調べましたが、当てはまることがあまりないんです。 手を放してもそばにいます。 買ってと言ってきてもダメよと言うと諦めます。 それにすごく上手に踊ります。 外に出ても走り回ったりしません。 (幼稚園に観察に行って影から見てると落ち着きないと言うより、面白くて楽しくて仕方なく、おもちゃや遊具がいっぱいあるので目移りしてるって感じでした。 誰が好き?と聞くとお母さんが好きとも答えてくれます。 *歌などは結構すぐに覚えて上手に歌います。 私はごくごく普通だと思うんです。 まだ10日で分かるんでしょうか? いちよ、2週間後に検査のため病院を予約しましたがなんか納得いかないって感じです。 ご意見を聞かせてください。 はじめまして。 今年、息子が幼稚園に入園しました。 1月生まれです。 2年保育の幼稚園です。 入園して10日目です。 実は先生から「発達障害の要素がちょっとあるんです」と言われました。 見る限り息子と同じ様な子は他に数人います。 他のママたちも「入園したばっかりで楽しくて仕方無いんよ」って言います。 私もそう思います。 入園当初は門を過ぎると真っ先に遊具に行ってましたが、今はきちんと靴を脱いで下駄箱に揃えて入れて、出席ノートにシールを貼ってロッカーにかばんと帽子をしま... 姑が、医者に見せても変な病名が小さい子につくだけよ、と言われるので、医者に見せていません。 しかし、今になって思うと見せておけばよかったと思います。 そういうわけで、一年間は養護の市の幼稚園で、一年は普通幼稚園で過ごしましたが、お子さんの内容を読んでも別に大変な内容ではないと思います。 四歳で普通幼稚園で上がれているのですから。 ただ、先生が面倒くさそうな感じだと思って、ちょっといってきたのではないですか。 そこの部分で、お互いトラブルにならないように、先生と話すときは気をつけられたほうが良いと思います。 所詮、発達の問題なので、普通の子と同じレベルになっていくのはそんなに長い時間ではないと思います。 家の子を引き受けてくれた普通幼稚園は、地元でも一番古い名門の園で、クラスをどちらかというと遅れている子のほうにはしていましたが、まったく嫌な顔もせず引き受けてくれました。 そこを思うと、ちょっとなぁと思いますが、親切に何人かには同じように話しているなら、簡単な教育相談程度のことでしょう。 まあ、教育の記録を残す意味でも、一度医者に見せておくのも方法です。 簡単に障害名なんてつけません。 小児科にいわれて、小児神経科に四歳の時言葉の発達の検査を受けましたが、二歳から三歳と言う判定でしたが、別に発達障害なんて言っていませんでした。 確かに遅れてはいるねぇ、でも言葉が豊かになる方法なんてありませんからで、お終いでした。 姑が、医者に見せても変な病名が小さい子につくだけよ、と言われるので、医者に見せていません。 しかし、今になって思うと見せておけばよかったと思います。 そういうわけで、一年間は養護の市の幼稚園で、一年は普通幼稚園で過ごしましたが、お子さんの内容を読んでも別に大変な内容ではないと思います。 四歳で普通幼稚園で上がれているのですから。 ただ、先生が面倒... Q 3歳3ヶ月の息子ですが、言葉を話しません。 うちの長男ですが、生まれてから何かと成長が遅い子でした。 首がすわったのも5ヶ月過ぎでしたし、歩き始めたのも1歳7ヶ月でした。 今ではキャッキャッ走りまくっていますが、言葉がでません。 「ママ」「パパ」は言いますが、それだけです。 2語なんて、一体いつになるのやら???って感じです。 検診で言葉の教室を薦められ、たまに小学校へ通っています。 今年(H22)の4月から幼稚園ですが、大丈夫かなーと心配です。 言葉を話せないことから、友達とコミュニケーションが取れないため、 一人浮いてしまうのでは?と思うと可哀想です。 動物や人、モノの名前は覚えますし、指指しも出来ます。 親の喜怒哀楽や、簡単な指示(「絵本持ってきて」、「ドア閉めて」とか)も、 だいたい理解できます。 毎日欠かさず読み聞かせもしてますし(絵本が大好き)、表情もよく笑いますし、 なのになぜか話さないんです。 パッと見は普通とか大丈夫じゃない?とかいわれます。 (親に直接「おかしい」とは言わないと思いますが) たまに「幼稚園に行ったら、ある日突然しゃべり始めた」とか聞きますが、 本当にそんなことあるのでしょうか?とても信じられません。 ちなみにオムツは取れていませんし(教えてくれない)、手先は不器用だと思います。 お絵かきもやりたがる割りに、ただグチャグチャに書くだけで丸もちゃんと書けません。 これって、何か障害なんでしょうか? 我が子だけに可愛くて仕方ないのですが、それゆえに不安で仕方ありません。 どなたか、アドバイスやご意見、「うちの子もそうだった」みたいなお話を聞かせてください。 宜しくお願いします。 3歳3ヶ月の息子ですが、言葉を話しません。 うちの長男ですが、生まれてから何かと成長が遅い子でした。 首がすわったのも5ヶ月過ぎでしたし、歩き始めたのも1歳7ヶ月でした。 今ではキャッキャッ走りまくっていますが、言葉がでません。 「ママ」「パパ」は言いますが、それだけです。 2語なんて、一体いつになるのやら???って感じです。 検診で言葉の教室を薦められ、たまに小学校へ通っています。 今年(H22)の4月から幼稚園ですが、大丈夫かなーと心配です。 言葉を話せないことから、友達とコ... 2語文が出たのが4歳直前、指差しもこちらの指示も分ってるのに話さない・・・ 息子の場合は絵本に全く興味がなく読み聞かせ出来ませんでした。 しかも落ちつきもなく、元気といえばそうなんですが・・・ (実はうちの子も幼稚園に入るまで、これといって何も言われなかったし検診でも何も言われませんでした) その状態で2年保育の幼稚園に入ったので、最初は大変でした。 お友達と会話にならなくて、思いが伝わらない苛立ちとお友達もまだまだ幼児なので言葉が分らずもうめちゃくちゃでした。。 毎日、幼稚園に付き添いました。 先生から発達障害のお話を聞いて、病院に行ったところ脳波にてんかんの波が出ていて、てんかんの発作を抑える薬を飲み始めました。 入園して2ヶ月後からです。 てんかんの波は言葉の発達の妨げになると先生から聞きました。 薬を飲み始めてから、「自閉症スペクトラム」という病名ではないかと診断されました。 でも、薬を飲み始めて1カ月位で、すごく言葉が増えて落ちついて幼稚園生活を送れるようになり、今では幼稚園であった事を話してくれます。 親がびっくりしています。 ここまで変わるとは思っていなかったので。 私も自分の子が発達障害って思いたくなかったし、どうにかして逃げたいとも思いましたが、将来困るのはこの子で・・・病院に思い切って行って本当に良かったと思います。 病名がつくとすごく気が楽になるんです。 一度病院に行かれて検査なりしてみたらどうでしょうか? 今からだと、幼稚園卒業までに3年ありますから劇的に変わると思います。 息子も去年の5月から病院に通い始めて、療育することですっごく変わったのでぜひぜひ病院をお勧めします。 絵はそのうち書けるようになりますよ。 家の子も最近、まともな絵を描けるようになってハサミも上手に使えるようになりました。 これは訓練で幼稚園の過程で上手になります。 あと、直接病院に行かれては?と思います。 市に私も相談しましたが、何も言われませんでした。 だから幼稚園に行くまで行動しなかったんです。 なんで早くに病院へ行かなかったんだろうと後悔しています。 別に市を通さなくても、直接行かれた方がいいと思います。 こういう病院は患者がいっぱいで4カ月待ちとか半年待ちとかザラですから、一刻も早く病院の予約とった方がいいと思います。 早いに越した事はありませんから。 良からぬ事を言われたらって気持ちは良く分ります。 私もそう思ってました。 でも、受け入れないと先に進めないんです。 きっと来年の今頃、病院に行って良かったって思えるはずです。 2語文が出たのが4歳直前、指差しもこちらの指示も分ってるのに話さない・・・ 息子の場合は絵本に全く興味がなく読み聞かせ出来ませんでした。 しかも落ちつきもなく、元気といえばそうなんですが・・・ (実はうちの子も幼稚園に入るまで、これといって何も言われなかったし検診でも何も言われませんでした) その状態で2年保育の幼稚園に入った... A ベストアンサー あと少しで4歳になる息子がいます。 息子が2歳5か月の時に、エジソンのお箸を持たせました。 すぐに上手に使いこなせましたが、普通のお箸を持たせても、 上手くものをつかむことができず。 Q 3歳半の息子がまだおむつがとれません。 保育園に0歳から行っており、クラスで先生がトレそうな子から トイレトレ始まったのですが、月齢高い割に おしっこが近いため、トイレトレはなかなかはじまらず 私も下の子を妊娠したので手が回らず待ってしまって、気付いたら2歳半過ぎ。 その頃一度布パンツになったら、寒くてすぐにもらしてしまい、 それがトラウマのようになり、布バンツをとにかく拒絶するようになってしまいました。 今はうんちはもらさず、トイレかおまるでできますが、 おしっこは、1/4はトイレかおまるで、あとは忘れてオムツか、確信犯でオムツです。 シールやごほうびで釣ったりもしましたが、こんな感じで進みません。 保育園ではクラスで残り二人がオムツ、15人がもうとれています。 他の子がとれているのはわかっているし、友達にも何でオムツ?と聞かれても全く動じません。 本人いわく、失敗するのがいやだと。 確かに繊細なところがある子です。 あと1時間に1回は排尿があるのでおしっこが近いです。 オムツ外れが遅かった子が最後どうやってとれたのかなど経験談聞けたら嬉しいです。 またこうやったらとれるのでは?というアドバイスでもお願いします。 3歳半の息子がまだおむつがとれません。 保育園に0歳から行っており、クラスで先生がトレそうな子から トイレトレ始まったのですが、月齢高い割に おしっこが近いため、トイレトレはなかなかはじまらず 私も下の子を妊娠したので手が回らず待ってしまって、気付いたら2歳半過ぎ。 その頃一度布パンツになったら、寒くてすぐにもらしてしまい、 それがトラウマのようになり、布バンツをとにかく拒絶するようになってしまいました。 今はうんちはもらさず、トイレかおまるでできますが、 おしっこは、... A ベストアンサー こんにちは^^。 思わず懐かしくて書き込みました。。。 我が家の5歳児年中の息子もオムツが外れたのがとても遅かったので。。。 わが息子はちょうど去年のお盆ころ(4歳10ヶ月前半)のころはほぼオムツでした。 でも、私が気がついたとき、4歳10ヶ月後半のころは自分で、おしっこ!といえるようになり、自分でトイレに行くようになって、 ついでに、ウンチも教えてくれるようになりました。 夜も、おねしょが怖くてオムツをはかせていましたが、3~4日後には全然夜のオムツも濡れていないんですよね・・・ これは!と思い夜も普通の布パンツをはかせました。 >寒くてすぐにもらしてしまい、 それがトラウマのようになり、布バンツをとにかく拒絶するようになってしまいました うんうん!まさしく!!我が家も同じ!! とにかくしばらくはオムツでした。 おそらくオムツ外れるときは一気に外れますよ^^。 あれから1年ちょっとですがいまだにおねしょはしたことがありません。 よく、言葉が達者な子はオムツはずれが遅いとか言われることがありますが、まさしくそれ!ですねw 私がよく使った手(?)は、子供の好きなキャラクターのパンツを履かせることでしたね。 一緒にトーマスのパンツを買いにいって「このパンツかっこいいね~~」とその気にさせてはかせました。 うちには「機関車トーマスの」パンツが山ほどありますよww 最後に。。。 うちの子は4歳2ヶ月までおっぱい飲んでいました^^; 参考までに。。。 こんにちは^^。 思わず懐かしくて書き込みました。。。 我が家の5歳児年中の息子もオムツが外れたのがとても遅かったので。。。 わが息子はちょうど去年のお盆ころ(4歳10ヶ月前半)のころはほぼオムツでした。 でも、私が気がついたとき、4歳10ヶ月後半のころは自分で、おしっこ!といえるようになり、自分でトイレに行くようになって、 ついでに、ウンチも教えてくれるようになりました。 夜も、おねしょが怖くてオムツをはかせていましたが、3~4日後には全然夜のオムツも濡れていないんですよね...

次の