興奮 漫画。 漫画大好き芸人「麒麟」川島が鋭い分析!!「マンガの集大成」と大興奮&大絶賛の作品とは(ENCOUNT)

漫画大好き芸人「麒麟」川島が鋭い分析!!「マンガの集大成」と大興奮&大絶賛の作品とは

興奮 漫画

『ONE PIECE』1巻 1997年に『週刊少年ジャンプ』で『ONE PIECE』(集英社)の連載が始まった時、「ど真ん中だ」と思った。 モチーフとなる海賊はジャンプのトレードマークで、白と黒のコントラストがはっきりとした絵は『DRAGON BALL』の鳥山明の影響を強く感じた。 そして、次々と仲間を増やしていく主人公のルフィの姿は、ジャンプの原点と言える本宮ひろ志の『男一匹ガキ大将』の主人公・戸川万吉を彷彿とさせた。 だからこそ「海賊王に、俺はなる!!! 」という台詞は、「ジャンプ王に、おれはなる!!! 」という宣言に聞こえたのだ。 あれから23年が立ち『ONE PIECE』は単行本が96巻まで出版され、全世界での累計発行部数が4億7000万部を超えるヒット漫画となった。 今やジャンプ王を超えたまんが王である。 しかし、これだけの超メジャー作品でありながら、本作には独自の読みにくさがあり、漫画好きの間でも『ONE PIECE』が読めないという人や、途中で挫折したという人が少なくない。 正直に告白すると筆者も『ONE PIECE』は脱落組だった。 しかし、現在、ジャンプ+で5月31日まで無料配信されている『ONE PIECE』の1~61巻を読み、改めて凄まじい漫画だと実感した。 同時に自分がどこで挫折したのかもよくわかった。 だから今回は、挫折した原因を踏まえつつ、途中脱落した人や未読の人のために『ONE PIECE』の読みどころを紹介したい。 まず、簡単にあらすじを紹介する。 舞台は海賊王ゴールド・ロジャーが残したワンピース(ひとつなぎの大秘宝)をめぐり、海賊たちがしのぎを削る大海賊時代。 「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べて全身が伸び縮みするゴム人間となったルフィは、海賊王になるためにイーストブルーから旅に出る。 悪党を倒しながら旅を続けるルフィは、三刀流の剣士・ゾロ、手先が器用でハッタリと狙撃が得意なウソップ、コックで蹴り技を得意とするサンジ、航海士で海賊専門の泥棒・ナミらを仲間にしていく。 物語は、ルフィが仲間を見つけ、グランドライン(偉大なる航路)に入るまでを描いた「イーストブルー編」が1~12巻。 その後は、様々な世界を旅する冒険譚となっており「アラバスタ編」が12~23巻。 「空島編」が24~32巻。 「ウォーターセブン編」が32~46巻。 「スリラーバーク編」が46~50巻。 仲間と離れ離れになったルフィが兄貴分のエースを救出するために大監獄・インペルダウンへと向かう「インペルダウン編」が50~56巻。 そして、エースを巡って白ひげ海賊団と海軍本部三大将&王下七武海が衝突し、そこにルフィ率いる脱獄した海賊軍団が合流して大混戦となる「マリンフォード頂上戦争編」が56~61巻で展開される。 中心にあるのは少年の冒険譚だが、世界政府と海賊の戦いを軸に、国家権力と自由、差別と憎しみ、戦争と平和といったテーマに踏み込んでおり、世界観とテーマの奥行きに何より驚かされた。 だが、読んでいて、脱落しそうになる瞬間が何度もあった。 良くも悪くも尾田栄一郎は全部を描いてしまう漫画家だ。 絵はシンプルだが、全コマにキャラクターと背景を描き込んでいて余白がないため、読み進めるのが大変だ。 この傾向は巻数が進むほど強まっていく。 絵も台詞もストーリーもテーマもギャグも全力なので、読む側に体力がないと振り落とされてしまうのだ。 『ONE PIECE』46巻 喋るガイコツの音楽家・ブルックが登場するスリラーバーク編などは、クレイアニメ『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を彷彿とさせるダークファンタジーで、絵こそ魅力的だったが、ストーリーは間延びしており「絵本なら楽しめたのに」と、読んでいて苦しかった。 キャラクターが多すぎることも問題だ。 序盤はルフィが仲間を一人一人見つけていく展開だったため、読みやすかった。 しかし、仲間の数が増えていくと、各キャラクターに見せ場を用意するため、話がどんどん停滞していく。 空島編の前後が特に辛く、この辺りで脱落した人が一番多かったのではないかと思う。

次の

漫画大好き芸人「麒麟」川島が鋭い分析!!「マンガの集大成」と大興奮&大絶賛の作品とは(ENCOUNT)

興奮 漫画

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況 秘 報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。 5月21日(木)の放送では、エロ漫画家・成田アキラさんが衝撃のMAX年収から寝取られ公認夫婦の実態までを大暴露! 成田アキラさんは「男と女の快楽大全」「成田アキラのテレクラ道 奥の色道」などテレクラでの実体験を描いた漫画が大ヒットしているエロ漫画界の巨匠。 28歳の時には漫画の神様・手塚治虫のアシスタントをしていたという経歴も。 そんな成田さんが、なぜエロ漫画家になったのか? 38歳の時、中学時代の友人の紹介で風俗店の店長と知り合いに。 店長が従業員の募集に電話をしてきた女性といろんな話をしているのを見ていた成田さんは「これ仕事になるよ」とひらめいた。 すると店長は新宿に「東京12チャンネル」とうテレクラを作った。 成田さんいわく、この店こそおそらく日本で初めてできたテレクラだという。 タダでお店に行けた成田さんは、電話をかけてきた何十人もの女性と出会い、"出会った女性との話を漫画にすればウケる"と漫画化。 その狙いは見事的中して、一挙にエロ漫画界の革命児となった。 そんな成田さんのMAX年収は8000万円! たくさんの女性と出会うことで生まれる漫画のネタだが、すでに結婚していた彼は奥さんから何か言われなかったのか? すると「何も言われない。 浮気は 公認だし、女房も公認」と、とんでもない答えが! 何と奥さんにテレクラへ電話させ会話を聞き、さらに奥さんが別の男性に抱かれたことを漫画にしたというのだ。 すると、漫画はさらに大ヒット! 「長年連れ添った愛情のある女房が他の男性に抱かれるとものすごく感じる」と、今で言う"寝取られプレイ"を興奮気味に語った。 さらに奥さんがエッチをする場も覗いたことがあるそう。 テレクラで電話をしてきた男と成田さんが結託し、ラブホテルを指定して成田さんはお風呂場に潜み覗いたそうで、「今までずっと一緒にいた女房が 目の前で 男とエッチする。 ものすごく感じる!」と喜々として性癖を語った、 互いに寝取られることに興奮する成田さん夫婦。 3人の娘も両親の性生活には寛容だとか。 ちなみに、成田さんはいまだ女性と会っていて75歳の現在も「何も使わないでもバンバン」とあちらの方も元気だそう。 この放送は、「」で期間限定配信中です!.

次の

麻雀漫画のおすすめ人気ランキング9選【大興奮間違いなし!】

興奮 漫画

『ONE PIECE』1巻 1997年に『週刊少年ジャンプ』で『ONE PIECE』(集英社)の連載が始まった時、「ど真ん中だ」と思った。 モチーフとなる海賊はジャンプのトレードマークで、白と黒のコントラストがはっきりとした絵は『DRAGON BALL』の鳥山明の影響を強く感じた。 そして、次々と仲間を増やしていく主人公のルフィの姿は、ジャンプの原点と言える本宮ひろ志の『男一匹ガキ大将』の主人公・戸川万吉を彷彿とさせた。 だからこそ「海賊王に、俺はなる!!! 」という台詞は、「ジャンプ王に、おれはなる!!! 」という宣言に聞こえたのだ。 あれから23年が立ち『ONE PIECE』は単行本が96巻まで出版され、全世界での累計発行部数が4億7000万部を超えるヒット漫画となった。 今やジャンプ王を超えたまんが王である。 しかし、これだけの超メジャー作品でありながら、本作には独自の読みにくさがあり、漫画好きの間でも『ONE PIECE』が読めないという人や、途中で挫折したという人が少なくない。 正直に告白すると筆者も『ONE PIECE』は脱落組だった。 しかし、現在、ジャンプ+で5月31日まで無料配信されている『ONE PIECE』の1~61巻を読み、改めて凄まじい漫画だと実感した。 同時に自分がどこで挫折したのかもよくわかった。 だから今回は、挫折した原因を踏まえつつ、途中脱落した人や未読の人のために『ONE PIECE』の読みどころを紹介したい。 まず、簡単にあらすじを紹介する。 舞台は海賊王ゴールド・ロジャーが残したワンピース(ひとつなぎの大秘宝)をめぐり、海賊たちがしのぎを削る大海賊時代。 「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べて全身が伸び縮みするゴム人間となったルフィは、海賊王になるためにイーストブルーから旅に出る。 悪党を倒しながら旅を続けるルフィは、三刀流の剣士・ゾロ、手先が器用でハッタリと狙撃が得意なウソップ、コックで蹴り技を得意とするサンジ、航海士で海賊専門の泥棒・ナミらを仲間にしていく。 物語は、ルフィが仲間を見つけ、グランドライン(偉大なる航路)に入るまでを描いた「イーストブルー編」が1~12巻。 その後は、様々な世界を旅する冒険譚となっており「アラバスタ編」が12~23巻。 「空島編」が24~32巻。 「ウォーターセブン編」が32~46巻。 「スリラーバーク編」が46~50巻。 仲間と離れ離れになったルフィが兄貴分のエースを救出するために大監獄・インペルダウンへと向かう「インペルダウン編」が50~56巻。 そして、エースを巡って白ひげ海賊団と海軍本部三大将&王下七武海が衝突し、そこにルフィ率いる脱獄した海賊軍団が合流して大混戦となる「マリンフォード頂上戦争編」が56~61巻で展開される。 中心にあるのは少年の冒険譚だが、世界政府と海賊の戦いを軸に、国家権力と自由、差別と憎しみ、戦争と平和といったテーマに踏み込んでおり、世界観とテーマの奥行きに何より驚かされた。 だが、読んでいて、脱落しそうになる瞬間が何度もあった。 良くも悪くも尾田栄一郎は全部を描いてしまう漫画家だ。 絵はシンプルだが、全コマにキャラクターと背景を描き込んでいて余白がないため、読み進めるのが大変だ。 この傾向は巻数が進むほど強まっていく。 絵も台詞もストーリーもテーマもギャグも全力なので、読む側に体力がないと振り落とされてしまうのだ。 『ONE PIECE』46巻 喋るガイコツの音楽家・ブルックが登場するスリラーバーク編などは、クレイアニメ『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を彷彿とさせるダークファンタジーで、絵こそ魅力的だったが、ストーリーは間延びしており「絵本なら楽しめたのに」と、読んでいて苦しかった。 キャラクターが多すぎることも問題だ。 序盤はルフィが仲間を一人一人見つけていく展開だったため、読みやすかった。 しかし、仲間の数が増えていくと、各キャラクターに見せ場を用意するため、話がどんどん停滞していく。 空島編の前後が特に辛く、この辺りで脱落した人が一番多かったのではないかと思う。

次の