牛刀 をもって 鶏 を 割く。 歴史は現代史

割鶏

牛刀 をもって 鶏 を 割く

a2aありがとうございます 当然の疑問だと思います 因数分解を習うのは日本では中学3年で、これはずっと変わっていないようです。 必ず学びますが、何に使うかという説明をされた記憶がありません。 試験には出るので、必ず学びますが、これではなにこれ?なんの役に立つの?無駄じゃない?と、思うのではないでしょうか。 結論から言いましょう ありとあらゆることに使います 本当に、因数分解かインスタか、というくらいいろんな人がいろんなことに使う。 ただし、科学と技術の分野では。 科学と技術といっても様々な分野があり、僕はコンピュータと電子工学しか詳しくはわからないから、それらの分野で例を上げます。 たとえば ビアノの音を研究するにも使います ピアノの音を科学的に調べたり、技術的に学ぶ。 たとえばピアノの音の良し悪しをコンピュータに分析させたり、本物と聞き分けがつかないくらいそっくりにピアノの音を再現するアプリを作ったりするには、因数分解が大活躍します。 どんなふうにでしょう? ピアノの振動は微分方程式という数式で表されます。 その場合、微分方程式がピアノ、その方程式の答えがピアノの音という関係で、それらの関係を理解するときに、因数分解の考え方を使うのです。 ピアノの音が耳に届くまでには、弦の振動、反響板の振動、空気の振動、部屋の中での音の反射などが関係し、... ロード中...

次の

鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん

牛刀 をもって 鶏 を 割く

a2aありがとうございます 当然の疑問だと思います 因数分解を習うのは日本では中学3年で、これはずっと変わっていないようです。 必ず学びますが、何に使うかという説明をされた記憶がありません。 試験には出るので、必ず学びますが、これではなにこれ?なんの役に立つの?無駄じゃない?と、思うのではないでしょうか。 結論から言いましょう ありとあらゆることに使います 本当に、因数分解かインスタか、というくらいいろんな人がいろんなことに使う。 ただし、科学と技術の分野では。 科学と技術といっても様々な分野があり、僕はコンピュータと電子工学しか詳しくはわからないから、それらの分野で例を上げます。 たとえば ビアノの音を研究するにも使います ピアノの音を科学的に調べたり、技術的に学ぶ。 たとえばピアノの音の良し悪しをコンピュータに分析させたり、本物と聞き分けがつかないくらいそっくりにピアノの音を再現するアプリを作ったりするには、因数分解が大活躍します。 どんなふうにでしょう? ピアノの振動は微分方程式という数式で表されます。 その場合、微分方程式がピアノ、その方程式の答えがピアノの音という関係で、それらの関係を理解するときに、因数分解の考え方を使うのです。 ピアノの音が耳に届くまでには、弦の振動、反響板の振動、空気の振動、部屋の中での音の反射などが関係し、... ロード中...

次の

歴史は現代史

牛刀 をもって 鶏 を 割く

a2aありがとうございます 当然の疑問だと思います 因数分解を習うのは日本では中学3年で、これはずっと変わっていないようです。 必ず学びますが、何に使うかという説明をされた記憶がありません。 試験には出るので、必ず学びますが、これではなにこれ?なんの役に立つの?無駄じゃない?と、思うのではないでしょうか。 結論から言いましょう ありとあらゆることに使います 本当に、因数分解かインスタか、というくらいいろんな人がいろんなことに使う。 ただし、科学と技術の分野では。 科学と技術といっても様々な分野があり、僕はコンピュータと電子工学しか詳しくはわからないから、それらの分野で例を上げます。 たとえば ビアノの音を研究するにも使います ピアノの音を科学的に調べたり、技術的に学ぶ。 たとえばピアノの音の良し悪しをコンピュータに分析させたり、本物と聞き分けがつかないくらいそっくりにピアノの音を再現するアプリを作ったりするには、因数分解が大活躍します。 どんなふうにでしょう? ピアノの振動は微分方程式という数式で表されます。 その場合、微分方程式がピアノ、その方程式の答えがピアノの音という関係で、それらの関係を理解するときに、因数分解の考え方を使うのです。 ピアノの音が耳に届くまでには、弦の振動、反響板の振動、空気の振動、部屋の中での音の反射などが関係し、... ロード中...

次の