マスター サイフォ ディアス。 【フォートナイト】激レアスキンランキング!再販履歴一覧(6/30版)【FORTNITE】

サイフォ=ディアス を スペイン語

マスター サイフォ ディアス

ヘルメットと白い装甲服、速射式ブラスター・ライフルが標準装備(AAの装備)。 エピソード2の約10年前、ジェダイ・マスターのサイフォ・ディアスが惑星カミーノのクローニング工場に極秘裏に発注したクローンの兵隊。 ディアスがあえてジェダイと距離を置いていたことが災いし、計画はディアスを暗殺したシスの暗黒卿・に乗っ取られ、来るべきシスの復讐の手駒として数十万体が育成された。 遺伝情報元は当時銀河系最強と言われた賞金稼ぎ、。 生まれたときから兵士としての英才教育を施されており、自我も弱められているが、指令が無いと動けない(ロボット兵士)とは違って各個人がそれぞれの判断で動ける……と、用兵側にとってはこれ以上なく便利な戦力となる。 また、シディアスの指示によって遺伝子にはジェダイ抹殺命令「オーダー66」が組み込まれている。 標準装備の他にも配置状況を考慮して様々なバリエーションが設けられている。 クローンではあるが個別の人間であり、軍用目的であえて個性を抑えられているが、後天的な技能や性格をそれぞれ有している。 彼らの存在の発覚と、初の実戦投入の瞬間から「クローン大戦」が幕を開ける。 彼らはジェダイと共に共和国を守る平和軍として活躍するが、大戦末期に共和国をほぼ掌握したシディアスによってオーダー66が発動され、一転してジェダイを狩る側に回る事になる。 自我が希薄な彼らの突然の造反には、流石のジェダイも感知が遅れ、多くの者が不意打ちを受けて犠牲となった。 エピソード3以降、彼らは銀河帝国の機動歩兵()に統合されていくが、順次生身の兵士の登用が始まったことで、次第に数を減らしていったとされる。 初期のストームトルーパーは、クローンと徴兵志願兵の混成部隊であった。 やる夫スレにおいて 銃器が登場する世界観の作品や歴史系で最も頻繁に登場するの兵士である。 原作とは違い、かなり豊かな感情を持たされて登場することが多い。 ヘルメットで顔を隠しているため、素顔を設定することも可能である。 主な作品• - モブではあるものの彼らが異常な存在感を見せている。 - ゲロニアン兵Bで、ヒャッハーな口調。 と行動を共にすることが多い。 関連項目• - 『エピソード4・5・6』のモブ兵士。 やる夫スレではクローン・トルーパーの方が主流で、こちらはほとんど姿を見かけない。 外部リンク•

次の

サイフォ=ディアス

マスター サイフォ ディアス

クローン・トルーパー くん・とるーぱー とは、『 』に登場するである。 概要 説明 共和 旧共和 の正規軍・ 共和・アーミーに所属するである。 後に成立する 軍のの前身でもある。 名前通りという一人のの遺伝子を元に生み出されたで、遺伝子操作で心をギリギリまで抑え、通常のの2倍の時間で成長し、成人時で既にあらゆる戦いに精通した優秀なとしてに送り出される。 通りにしか動けないとべ、自分で考え臨機応変に行動出来るクローン・トルーパーは非常に優れた存在として戦の中核として迎え入れられ、く間にを席巻した。 その成立 サンの戦い以降から大規模な戦いは消え、共和も正規軍を持たなくなり、の紛争事にはジェが調停に取り組んでいた。 「封鎖」後、シスの脅威に対抗するべくジェ・のフォ=は大規模なの到来を予期し、共和を防衛するための軍隊設立を唱えたが、ジェ・オーダーからされず、オーダーの席を失ってしまう。 しかし、 はそれを利用した。 親友だった に唆されたフォはカミーノの住民にして技術に長けたカミーンにジェ評議会や元老院からを得ないで軍団の製造を依頼する。 依頼後、フォはに暗殺され、軍団設立はシスの手によって秘密理に進められていった。 遺伝子元には腕利きのンとして知られていたが選ばれた。 はでの紛争でゴの戦いを見ており、その縁からゴに「試験」を課し、それを達成したゴを大な銭と遺伝子に手を付けていない純な 後の を報酬として雇った。 軍団は順調ににも知られる事なく生み出されていった。 その後、パドメ・アミダラ暗殺未遂事件の首謀者を追跡していたはカミーノに到着。 ここで軍団をにし、その存在がジェと共和に初めて知られた。 の思惑通り進み元老院は最高議長に非常事大権を与える議決を可決し軍隊の設立を可とし、軍団はに引き取られた。 大戦の初戦「ジオシスの戦い」で軍団は各ジェに率いられてを飾り、共和にをもたらす。 戦乱は全土に広がり、クローン・トルーパーも各地のへされ、共和の戦として活躍することになる。 その真実 全てのクローン・トルーパーには製造時に内にを埋め込まれる。 そのはジェ殺・オーダー66を遂行させるための行動制御装置であり、の遂行命により各はジェを転覆を企てる逆賊としてせず攻撃するのである。 達はただ命に従っているだけでなのでジェが感知できるは持っておらず、結果ジェの多くは奇襲に対処できず殺されていった。 特徴 各はゴと全く同じ顔とと体を持ち、の頃から成人するまでの間に様々なを施される。 また、通常よりく成長していき誕生から約10年で成人を迎えへ送り出される。 遺伝子操作により自を弱められた達はどんな命にも迷う事なく従い、命を捨ててでも任務を遂行する。 任務達成のための思考は残されており、臨機応変に柔軟な対応が可。 ほとんど均一化され自をギリギリまで抑えられているとはいえ個性・個人差はちゃんと存在し、特に経験を積み重ねた達はそれが顕著である。 基本的にと上官に忠実で意識が非常に強いが、長年に及ぶ大戦は達にも変化を及ぼしており、心を病んだ者・自分達のあり方に疑問を持ち分離義者側に寝返る者・脱走兵も発生している。 クローン・トルーパーにはCという、特別に思考関係の遺伝子操作がされていないが存在している。 Cは遺伝子であるゴから直接技術を導されており、それらによる高い性・揮持ち、上官の命にも異議を唱えられる。 特に「」という名のCはンラスの育成のために導官としても活躍しており、大期のンダーは「」の導を受けている。 均一に育成されている達にも育成過程で立った特徴を発現させる個体がおり、それらにはその特徴にあわせた特別なを施された後にンダーとして各部隊の揮を任されている。 それらンダーの中には固有名詞を名乗る事を許された者や、ジェとの信頼関係を築いた者もいる。 関連動画 クローン・トルーパーに関するのを紹介してください。 関連商品 関連項目• 私はなかったと考える。 「私は共和に忠を誓った。 にだ!」 by )と、パドメ等、当時の良識層のへの思いは摯。 そしては、者としてだけでなく、大切な二の戦友としてを信頼している。 でも、「民は、当然に参政権を有する」というは、「良識的な」パドメにも、にすらも欠落していると感じる。 々の権は、以後の民「に対し、血と汗と流し貢献したものは、が報いる」で出てきた的義の面が強い。 その点、旧共和の意識は、「の濫觴」と称揚された(は参政権を有するも、は然と」)と似ている。 元老院を乗っ取ったシの感といい、SW旧共和の「」「お上品さ」「」感、実に「ド・リパック」らしさに溢れていて、いい。 他には2の没案として「が『ジェ・・=』という偽名でをしていた」というのもあったらしいからその辺から拾って「そもそもフォ=による自体がシスによる偽装だった」とか再設定される可性もありそうな気がする。 今のところにはっきり示されていないから全に勝手な憶測だが。 49 ななしのよっしん.

次の

サイフォ=ディアス を スペイン語

マスター サイフォ ディアス

サイフォ=ディアス【Sifo-Dyas】ですね。 エピソード2の10年前に暗殺されたジェダイ・マスターです。 ドゥークーがジェダイだったころの友人で、惑星カミーノにクローン軍団を注文しました。 しかし、その後ドゥークーによって殺されてしまいます。 ドゥークーは当時からパルパティーン(ダース・シディアス)の弟子であり、用済みとなった友人を始末したのです。 ドゥークーはサイフォ=ディアスが行った注文の履歴、そして地図から惑星カミーノを消去し、クローン製造を隠しました。 そのおかげで10年後、パルパティーンの計画通りクローン大戦が勃発したというわけです。 サイフォ=ディアスとクローン注文の事実は映画で描かれなかったため、小説「悪の迷宮」で詳細がかかれました。 映画でも名前だけの登場であり、エピソード3では名前さえ触れられなかったので、彼の人生に関する設定は少ないです。 写真:ジェダイだった頃のドゥークー(左)とサイフォ=ディアス(右).

次の