格安 sim iphone 壊れ たら。 高くなりがちな格安スマホの修理代……。壊れたときのリスクに備える端末保証とは?|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

【iPhone7】格安SIMへ乗り換える前に絶対チェックすべき6つの注意点

格安 sim iphone 壊れ たら

格安SIM会社のキャンペーン Yahoo! キャンペーン詳細は 1年間基本使用料が無料!実機レビューは。 詳しいキャンペーン情報は• iPhone 11には12メガピクセルのカメラ2台も搭載されている(僕的には十分!)• )親バカと言われるかもですが、無加工でコレは 神写真です!! iPhoneXRでもこのクォリティなのに、「iPhone11」は26mmの広角カメラと13mmの超広角カメラで2倍の光学ズームも可能なんです! もう僕には十分過ぎます!! しかも、僕の心を見透かされるかのように公式では、 マジかよ。。 ありがとうApple… 早速、Twitter上でもiPhone11の超広角が上がってきていますね! iPhone 11大して変わってなくね?と斜に構えてたけど、超広角カメラ、動画撮影に凄く良い。 キャリアで一般的にiPhone 11を購入する方の多くは以下の機種代金サポートプログラムを利用するかと思います。 ドコモ:おかえしプログラム• au:アップデートプログラムDX• ですが、これらのプログラムに僕は以下 3つのデメリットを感じています。 これら3社のプログラムに共通するのが「 2年後に端末回収が絶対条件」になっています。 名前は違えど、内容は強制的な下取りプログラムになります。 このプログラムの内容は、• だけど、いま使っているスマホは返してね という物。 「2年毎に新しいスマホが使えていいじゃん!」という見解もできますが、 永遠に分割払いを支払い続けるという車のリース契約と全く同じです。 仮に、24回で支払いが完了すれば自分の物になり、基本料金だけ支払う形になるのにわざわざ自分から次のローンを組んでることになります。 このプログラムは、「スマホを返却する」ということが大前提になっているので、画面割れ、水没、故障といったことがあってはなりません。 その為、スマホカバーを付けて、画面保護フィルムを貼り、大切に大切に使うことが必要になります。 スマホの月額料金は、ご家庭の加入プログラムや家族構成で変わると思いますが、キャリアで共通しているのは、 光回線の加入+家族3~4人以上での利用 が絶対条件です。 上記のソフトバンク流れで発表された新料金プランで解説すると、以下のとおりです。 国内通話が24時間無料になる「定額オプション(月額1,500円)」• 1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション(月額500円)」 ソフトバンクは「おうち割光セット(A)」の加入+家族4人以上で初めて最安値になります。 それでも高いですが、単独契約や、夫婦別々のキャリアを使っているご家庭は特に月額料金が跳ねあがります。 1人利用だと「ミニモンスター」を選ぶかと思いますが、~2GBで尚且つ「おうち割光セット」への加入で、1年目:3,980円、2年目:4,480円です。 iPhone11をキャリアで使うのに向いている人はこんな人! これだけだと、ただ僕がキャリアをディスってるだけになってしまいますが、こんな方はキャリアの機種代金サポートプログラムは合っています。 キャリアのサポートプログラムは2年後に機種が回収されてしまいますが、この条件でも問題ない方であれば、8~10万を超えてくる機種でも約三分の二程度の金額で2年間ごとに最新機種を持つことが可能です。 また、2020年以降の5G対応のスマホが主流になった時でも対応が可能となります。 サポートプログラムは良い意味で、強制的に2年ごとで機種が変更になるので、この先5Gが主流になった時でも自動的に対応した機種になりますね。 結論:キャリアのサポートプログラムは常に新しいスマホを持ちたい方にはメリットがある。 根本的に毎月のスマホ代を下げたいのであれば、格安SIMを視野に入れて考えよう! 料金プランや家族構成は各家庭の都合や何かしらの理由があるので、正解はありませんが、僕は格安SIMに乗り換えて不自由なく使えて、劇的にスマホ代が安くなったので 親兄弟、友人に胸を張って全力でオススメしています。 それらを踏まえて、最新の iPhone 11を格安SIMで利用する手順を解説していますので、「使ってみようかな」と興味がある方はぜひ、参考にして頂ければ幸です。 それでは、いってみましょう! iPhone 11を格安SIMで使う手順を確認していこう! 現在キャリアの方が、iPhone 11を格安SIMで使う(格安SIMに乗り換える)基本的な手順は以下のとおりです。 iPhoneの下取り価格も変更になったよ 「iPhone 11」が発表された時点でで、Appleの公式オンラインストアでiPhoneの下取り額が改定されました。 2020年7月1日時点の価格• iPhone XS Max:40,000円• iPhone XS:37,000円• iPhone XR:28,000円• iPhone X:28,000円• iPhone8 Plus:23,000円• iPhone8:16,000円• iPhone7 Plus:16,000円• iPhone7:9,000円• iPhone6s Plus:9,000円• iPhone6s:6,000円• iPhone6 Plus:7,660円• iPhone6:4,000円• iPhone SE:2,000円• iPhone5s:リサイクル• iPhone5c:リサイクル• iPhone5:リサイクル 不要であれば下取りに出しても構いませんし、お古を格安SIMでお子さんに使わせる方法もあります。 iPhone6s以上はキャリアから格安SIMへ乗り換える前(解約する前)にSIMロック解除をしておくと格安SIMの選択肢の幅が広がるよ! iPhone11の修理代も公開になったよ! [追記]iPhone11の修理代も公開されました。 iPhone11は画面割れであればAppleCare+で安価に収まりますが、それ以外はAppleCare+加入時でもある程度の出費は覚悟した方がよさそうですね汗 有効期限が過ぎたり、足りなくなっちゃった時はもう一度再発行しないとダメなんだ! 手数料は無料だけど手間がかかっちゃうから、発行したら2日以内に申込みを済ませようね! 仮に、MNP予約番号の必要日数が足りなくなったり、期限が切れてしまっても再発行は何度でも無料です。 MNP予約番号を発行しただけじゃ、キャリアは解約にならないよ! たまに聞かれる質問ですが、MNP予約番号の発行はあくまで「予約」なので、 発行した時点ではまだキャリアは解約にはなりません。 仮に、なにもしないで15日が過ぎれば何も無かったことになります。 実際に、格安SIM会社からSIMカードが届き、回線切替を行って 完全に切り替わった時にキャリアは自動的に解約となります。 また、その時に「MNP転出手数料」として、2,000円~3,000円がかかります。 キャンペーン詳細は 1年間基本使用料が無料!実機レビューは。 詳しいキャンペーン情報は iPhone 11で使う格安SIMを選ぶのは自分の自由! さてさて、SIMフリー版のiPhone 11を手にしたアナタは何処でも好きな格安SIM会社を選ぶことが可能です。 キャリアに縛られないで、自分が好きな通信事業社を選ぶことができるのが格安SIMの最大のメリットですね。 また、iPhone11の発売と同時に格安SIM会社でも動作確認がドンドン行われています。 ワイモバイル• UQモバイル• マイネオ• IIJmio• LINEモバイル• 楽天モバイル• ビッグローブモバイル です! (今回は待望のiPhone11ということだけあって、各社気合入ってます笑).

次の

SIMカードを入れ替えると、スマホに入っているデータはどうなる?初心者の疑問に答えるQ&A

格安 sim iphone 壊れ たら

1.保証に入ってないiPhoneが壊れた 解決策は3つ アップルケアにも、 携帯会社の保証もつけてないのに、 iPhoneが壊れてしまった場合の解決策は、 以下の3つです。 買い直した方が良いレベルです。 そんなときは、「 非正規の 修理ショップ」を利用しましょう。 非正規の修理ショップとは、アップルではないけど、「iPhone直します」と書いてるお店です。 非正規ですが、別に怪しくはないです。 ただ、 「純正じゃない部品」を使って修理してるだけです。 そんな非正規の、メリット・デメリットは以下の通りです。 アップルさん直してください。 なので、非正規で修理するなら、その後もうAppleCareには入らなくて良いと思います。 修理する箇所が多い場合は、費用もかさむので、 買い替えた方が安上がりな時もあります。 今は中古でたくさん出回ってるので、探してみてください。 ちなみに、格安SIMの方は、 ・どこで売られてた端末なのか? auなど ・SIMロック解除されてるか? を聞いてから買った方が良いです。 修理代が払えないならしゃーないので、 ・画面割れを辛抱して使う ・インカメが壊れてるけど我慢する ・急に充電が切れるけど耐える など、不調を受け入れて付き合っていくしかないです。 とはいえ、 日常生活でかかせないスマホが、壊れてるとやはりストレスです。 必要経費と思って、修理するのがオススメです。 非正規店なら、保険未加入で正規店にお願いするより、ぜんぜん 安く済みます。 なので次で、「 非正規の修理店」オススメ3店を紹介します。 1 ・宅配修理もできる ・ 再修理が6ヶ月間タダ 何かあっても半年間無料で再修理してもらてるので、「非正規店で修理は少し心配…」という方には特にオススメです。 仕事が遅くなり、なかなか時間が合わない方にオススメです。 水没して諦めてた方は、持っていってみる価値ありです。

次の

SIMカードが紛失したり壊れたら?再発行のやり方を説明します

格安 sim iphone 壊れ たら

格安スマホが壊れた時の対処法 もし今使っている格安スマホが故障したら、どう対処すればいいのでしょうか。 大手キャリアなら、故障したスマホを近所のショップに持っていけば対応してくれます。 しかし、格安スマホは近くにショップがない場合がほとんどです。 また、キャリアで購入した端末で格安SIMを使用していて、どこに修理を出していいのかわからない場合もあります。 ここでは故障した時の対処法や、故障に備えてしておくべき準備を説明しています。 それでも対処しきれない場合のために、サポート面が充実しているMVNOを選ぶのも大切です。 サポートが充実しているおすすめのMVNOも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 格安スマホの保証について 格安スマホには、各MVNOが提供している補償と、端末メーカーの保証サービスがあります。 大手キャリアで購入しSIMロックを解除した端末でも、各キャリアのショップで修理を受け付けてくれます。 ただし、契約が終了している場合は、当然各種割引などは対象外になるため、修理費用は全額自己負担になります。 また、端末に異常がない場合は契約中のMVNOでの修理を案内されることになります。 SIMロックを解除した端末の修理に関して、くわしくは各キャリアのサイトを確認してください。 MVNOの端末補償サービス MVNOにも端末補償サービスがあります。 スマホ+SIMカードの購入、もしくはSIMカードのみの購入でも加入できます。 多くのMVNOで、月額400~500円ほどのオプションサービスとなっています。 補償内容は落下による故障や水没、自然故障などが対象で、電池パックの消耗など付属品は対象外となることが多いです。 故障したらMVNOに連絡し、送られてくる代替機を受け取って故障したスマホを送ります。 交換・修理したスマホが戻ってきたら代替機を送り返すという流れになります。 万が一代替機を紛失・破損した場合や、返却しない場合、別途違約金が請求されます。 代替機でも大切に扱うようにしましょう。 メーカーの1年間保証サービス メーカーから直接購入したスマホに関しては、故障したのが購入から1年以内であればメーカーの保証サービスが受けられます。 自然故障であればメーカー保証が適用されるので、無償で修理ができます。 ただし、落下による画面割れや水没など、自身の過失で故障してしまった場合は修理代金がかかります。 代替機も必要なら自分で用意しなければならないため、思ったよりも費用がかかることがあります。 場合によってはスマホを買い替える スマホが壊れた時期や購入方法によっては、買い替えた方が良い場合もあります。 格安スマホは名前のとおり、スマホ本体も基本的には格安です。 修理にかかる費用より、新しく格安スマホを購入したほうが安く済むことがあるのです。 考えられるのは、ネットショップなどで購入した格安スマホを、使用して1年以上経過したころ自然故障した場合などです。 安いものなら20,000円ほどで新品のSIMフリースマホが購入できます。 この場合MVNOの補償に入るか、メーカー保証を利用することになります。 しかしMVNOの補償は多くが契約時加入となっており、加入していない場合は受けられません。 また、メーカー補償はだいたい1年間ですので、その期間を過ぎていたら適用されません。 どちらも適用されない場合、全額自己負担で修理もしくは交換に出すことになります。 しかしそうすると費用は購入時の端末代金と同額か、それ以上になるでしょう。 そのような場合は、新しく格安スマホを購入した方が良いでしょう。 購入時は最新でも、1年も経てば最新モデルの登場で旧型となり価格も下がっていることがあります。 修理に数万円かけるのであれば、同じ値段で最新モデルを購入した方がお得かもしれません。 しかし、ハイエンドモデルの格安スマホが購入1年以内に故障した場合や、端末の故障時にいずれかの補償が利用できる場合は、修理や交換をした方が良いこともあります。 故障した際の状況に応じて、よりお得な方法を選択しましょう。 各MVNO共通の特徴• 月額300円~500円という値段設定• 端末購入の申し込みと同時• 修理は無料もしくは修理対応がなく、交換対応が基本• 年間に保証してくれる回数が1回~2回 格安スマホを修理や交換に出す前にやっておくべきこと ここでは、修理もしくは交換前にやっておくべきことを説明します。 まず1つめがスマホに付けている アクセサリー類の取り外しです。 修理に出すと、ケースやストラップ、画面フィルムなどのアクセサリー類はすべて取り外され、戻ってきません。 大切なアクセサリーは修理に出す前に取り外しておきましょう。 2つめが重要で、 データのバックアップを取ることです。 スマホを修理もしくは交換に出すと、スマホのデータはすべて消えてしまいます。 これはMVNOの端末補償サービスでも1年間のメーカー保証でも変わりません。 大切なデータはあらかじめバックアップを取っておく必要があります。 iPhoneの場合は、iCloudやiTunesにデータのバックアップを取っておけば、新しいiPhoneに復元できます。 ただし新しい端末がiPhone以外だとどちらも利用できません。 そういう場合やAndroidの場合は、SDカードやPCに移動やコピーをする必要があります。 また、Googleドライブなどのクラウドにアップロードしておくという手もあります。 しかし、簡単にバックアップがとれない状況もあります。 たとえば、電源は付いても液晶が割れてなにが表示されているかわからない場合もあると思います。 そういうときは、まずPCに繋いでみてください。 内部ストレージのデータが閲覧可能なら、そのままデータをPCに移すことができます。 閲覧不可能ならデータが損傷しているため、諦めるしかありません。 もし電源が付かない、といったレベルの故障の場合、内部ストレージのデータは諦めてください。 AndroidでSDカードに画像や動画などは保存している場合ならSDカード内のデータだけなら助けられます。 このように、故障してからでは遅い場合もあります。 万が一に備え、 日頃からこまめにバックアップをとるよう心掛けましょう。 また、上記のバックアップはスマホに入っているデータのバックアップ方法です。 個別のアプリ内のデータはそれぞれの方法でバックアップをおこなってください。 バックアップや引き継ぎの方法は、アプリや公式ホームページなどで説明されています。 あらかじめ読んでおきましょう。 格安スマホを修理してくれるMVNO スマホが故障した時に備えて補償サービスのあるMVNOを利用したいけど、どのMVNOが良いのかわからないという人のために、端末補償サービスがあるおすすめのMVNOをまとめています。 楽天モバイル「端末補償」「つながる端末保証 by 楽天モバイル」 こちらは、「水没」「破損」「全損」「故障」に対する補償となっており、スマホやタブレットは交換で対応しています。 月額利用料は500円で、端末交換は4,000円~7,000円 税別 の負担金がかかります。 どちらも加入後に追加で申し込みができないので注意が必要です。 「つながる端末保証 by 楽天モバイル」は楽天モバイル以外で購入したスマホの保証です。 他社で購入したスマホを使用する場合は、入っておくことをおすすめします。 修理負担金:無料• 回数:1契約につき年間2回まで BIGLOBE「BIGLOBE端末安心サービス」「BIGLOBE SIM端末保証サービス」 こちらも「水濡れ」「破損」「全損」「故障」に対する補償となっており、スマホは交換で対応しています。 月額利用料は380円で、端末交換は5,000円 税別 ~の負担金がかかります。 「BIGLOBE SIM端末保証サービス」はSIMのみで購入したスマホの保証です。 修理負担金:無料• 「水濡れ」「破損」「全損」「故障」に対する補償となっており、スマホは交換で対応しています。 また、mineo安心パック2という、月額594円で端末安心保証サービスとウイルスバスターモバイルにまとめて加入できるオプションがあります。 故障はもちろん、ウイルスによるトラブルもサポートしてくれるのでおすすめです。 「持込み端末安心保証サービス」はSIMのみで契約したユーザー向けの保証で、他社で購入したスマホの故障に対応してくれます。 会員ページからいつでも加入できます。 回数:どちらも1年間に2回まで DMM「端末交換オプション」 こちらの補償も「水濡れ」「破損」「全損」「故障」が対象となっており、スマホの交換による対応になります。 端末交換オプションは月額利用料350円で、端末交換は3,000円の負担金がかかります。 DMMもmineoと同様に、端末交換オプションとセキュリティソフトをセットにした「安心パック」という月々500円のオプションもあります。 ただし DMMモバイルで購入した端末のみという条件があります。 名称:端末交換オプション• 価格:月額350円• 申し込み方法:DMMモバイルで端末購入時、同時に申し込み• 負担金 交換 :3,000円• 負担金 修理 :修理なし• 回数:年間1回まで• 備考:メーカー保証期間の1年間は対象外 修理や交換にかかる日数 スマホは毎日使うものですから、1日でも手元にないと困るという人が多いと思います。 もっとも対応が早いのは交換で、最短1~3日程度で交換できるようです。 一方修理の場合はスマホの損傷具合によって期間が違います。 急ぎの場合は負担金を払って交換、そうでない場合は無料での修理をおすすめします。 スマホを修理に出して戻ってくるまでの流れは以下のようになります。 バックアップを取る• WEBもしくは電話で修理、交換の手続きをする• 故障したスマホを送る• 修理が終わったスマホが送られてくる メーカー保証なのかMVNOの補償かによって変わりますが、おおむね以上の手順で進みます。 MVNOによっては費用がかかったり、代替機を貸してくれたりすることもあります。 その他おすすめ記事•

次の