大阪 ymca インターナショナル スクール。 大阪YMCAランゲージセンター|天王寺、土佐堀で英会話などが学べる大阪YMCAランンゲージセンター

インター経験ママが解説!インターナショナルスクールとは?学費や選び方も

大阪 ymca インターナショナル スクール

大阪YMCAインターナショナルスクールとは?5つの特徴 大阪YMCAインターナショナルスクールの基礎情報と、5つの特徴をご紹介します。 年齢別に用意された3つのプログラム 大阪YMCAインターナショナルスクールには、年齢別に3つのコースプログラムが用意されています。 2020年から高校生向けのコースも開校されるため、全部で4コースとなる予定です。 プログラム 対象年齢 Early Childhoodプログラム 未就学児(3歳から5歳)が対象 Primary Yearsプログラム 小学生が対象 Middle Schoolプログラム 中学生が対象 High Schoolプログラム 高校生が対象(2020年開校予定) 梅田駅からほど近い好立地 キャンパスは、阪急中津駅から徒歩約6分、梅田駅から徒歩約16分の場所に位置しています。 連絡先窓口は、本課程、サタデースクール、短期集中コースによって異なります。 住所 大阪府大阪市北区中津6-7-34 Eメール• 本課程(月~金、IBスクール):admission oyis. org• サタデー:saturday oyis. org• 短期集中:intensive oyis. org 国際バカロレア導入校 大阪YMCAインターナショナルスクールは、1844年にロンドンに創設されたYMCAがルーツの団体です。 創設後、YMCAは世界中に広がり、1882年に大阪にも国際教育の先駆者として広がっていきます。 大阪YMCAインターナショナルスクールは、2001年に開校し、2012年には学校法人として認められています。 小学校教育、中学校教育では、国際バカロレアが導入されており、「思考力」「コミュニケーション能力」「社会性」「自己管理能力」「探求力」などを軸に教育がされています。 WASC認定校 アメリカ合衆国カリフォルニア州に本部があるThe Western Association of Schools and Colleges(通称WASC)に認定されている大阪では唯一のインターナショナルスクールです。 WASC認定校で、12年間の課程を修了していれば、日本の大学への入学も認められています。 つまり、文部科学省からも認められることになります。

次の

Osaka YMCA International School

大阪 ymca インターナショナル スクール

インターナショナルスクールとは? インターナショナルスクールについて、知っているようであまり詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。 インターナショナルスクールについて法律的な規定はありませんが、英語で授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設をインターナショナルスクールと呼んでいます。 広い意味で定義されているので、教育カリキュラムや学習プログラム、生徒や先生の国籍など学校によってかなり違ってきます。 まずは、インターナショナルスクールを選ぶときに知っておきたい5つのポイントを紹介します。 教育カリキュラムが自分の子供に合っているか インターナショナルスクールとは言っても、アメリカ式、イギリス式などさまざまなタイプがあります。 インターナショナルスクールの教育カリキュラムは学校によって異なるため、入学した学校によって子供が卒業までにこなさなければいけない勉強量が変わってきます。 したがって、自分の子供の個性や進路に合った学校を選ぶことが大切です。 入学にはどのくらいの英語力が必要か インターナショナルスクールの授業は英語で行われるため、多くの学校が入学時にある程度の英語力を条件としています。 学校によって求められる英語力が違いますので、行きたい学校について事前に調べ、必要であれば条件をクリアできるよう小さいうちから英語を学ばせるのもいいでしょう。 日本語と英語を両方話せる先生がマンツーマンで英語を教えてくれるので、これまで英語に触れてこなかった子供でも少しずつ英語でのコミュニケーションに慣れていくことができます。 また、英語力が入学条件にない学校でも入学後に英語力が低いと、高額な英語の補習クラスを案内される場合もあります。 子供の英語力が少しでも心配な方は、入学前から子供の英語力を上げておくことで、入学後の英語力不足の心配を軽減できるでしょう。 授業料に加えて、校舎の管理費やメンテナンス費用などもありますので、実際にかかる費用を事前にチェックしましょう。 自宅から通える場所か 家庭の事情にもよりますが、子供に負担なく通える場所にある学校かどうか確認することをおすすめします。 学校によっては、キャンパスが複数あったりすることもあるので注意する必要があります。 国際認定資格の有無 インターナショナルスクールに子供を通わせようとするときににまず知っておきたいことは、多くのインターナショナルスクールが日本の学習指導要領ではなく独自の教育カリキュラムを導入しているということです。 ですので、日本の法律で就学義務を履行したことにはならず、日本の学校への進学などが難しくなるケースもあります。 もし子供が日本の中学・高校へ進学する可能性もあるのであれば、都道府県の認可を受けているインターナショナルスクールに進学し、日本の中学・高校へも進学できるようにしておくのがおすすめです。 また、海外の大学への留学を希望しているのであれば、世界の難関大学合格にとても優位となる国際バカロレア、また日本の大学入学資格を得ることのできるWASCやCISなどの国際評価団体認定校の学校を選んだりするなど、子供の進路を長期的に見据えて学校選びをすると良いでしょう。

次の

関西圏のインターナショナル・国際系の小学校・中学校ハウマイツ・スクール 大阪市天王寺区、阿倍野区、西区、オンラインでのインターナショナル・アフタースクール(英語学童)

大阪 ymca インターナショナル スクール

インターナショナルスクールとは? インターナショナルスクールについて、知っているようであまり詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。 インターナショナルスクールについて法律的な規定はありませんが、英語で授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設をインターナショナルスクールと呼んでいます。 広い意味で定義されているので、教育カリキュラムや学習プログラム、生徒や先生の国籍など学校によってかなり違ってきます。 まずは、インターナショナルスクールを選ぶときに知っておきたい5つのポイントを紹介します。 教育カリキュラムが自分の子供に合っているか インターナショナルスクールとは言っても、アメリカ式、イギリス式などさまざまなタイプがあります。 インターナショナルスクールの教育カリキュラムは学校によって異なるため、入学した学校によって子供が卒業までにこなさなければいけない勉強量が変わってきます。 したがって、自分の子供の個性や進路に合った学校を選ぶことが大切です。 入学にはどのくらいの英語力が必要か インターナショナルスクールの授業は英語で行われるため、多くの学校が入学時にある程度の英語力を条件としています。 学校によって求められる英語力が違いますので、行きたい学校について事前に調べ、必要であれば条件をクリアできるよう小さいうちから英語を学ばせるのもいいでしょう。 日本語と英語を両方話せる先生がマンツーマンで英語を教えてくれるので、これまで英語に触れてこなかった子供でも少しずつ英語でのコミュニケーションに慣れていくことができます。 また、英語力が入学条件にない学校でも入学後に英語力が低いと、高額な英語の補習クラスを案内される場合もあります。 子供の英語力が少しでも心配な方は、入学前から子供の英語力を上げておくことで、入学後の英語力不足の心配を軽減できるでしょう。 授業料に加えて、校舎の管理費やメンテナンス費用などもありますので、実際にかかる費用を事前にチェックしましょう。 自宅から通える場所か 家庭の事情にもよりますが、子供に負担なく通える場所にある学校かどうか確認することをおすすめします。 学校によっては、キャンパスが複数あったりすることもあるので注意する必要があります。 国際認定資格の有無 インターナショナルスクールに子供を通わせようとするときににまず知っておきたいことは、多くのインターナショナルスクールが日本の学習指導要領ではなく独自の教育カリキュラムを導入しているということです。 ですので、日本の法律で就学義務を履行したことにはならず、日本の学校への進学などが難しくなるケースもあります。 もし子供が日本の中学・高校へ進学する可能性もあるのであれば、都道府県の認可を受けているインターナショナルスクールに進学し、日本の中学・高校へも進学できるようにしておくのがおすすめです。 また、海外の大学への留学を希望しているのであれば、世界の難関大学合格にとても優位となる国際バカロレア、また日本の大学入学資格を得ることのできるWASCやCISなどの国際評価団体認定校の学校を選んだりするなど、子供の進路を長期的に見据えて学校選びをすると良いでしょう。

次の