携帯 充電 熱い。 【iOS13】iPhoneが熱い、発熱する時は最適化されたバッテリー充電のオフを試す

主な原因は3つ「携帯が熱くなる」原因とは?

携帯 充電 熱い

iPhoneが充電中に熱くなる原因とは? iPhoneが充電中に熱くなる原因は 大きく分けて2種類です。 「外部要因」と 「内部要因」です。 外部要因は、 1:直射日光 2:室温の高いところでの使用 3:スマートフォンケース 内部要因は 1:バッテリー 2:プログラムのエラー(端末の不具合) があります。 ケースなど端末の周辺の影響 まずは、「外部要因」から見ていきましょう! 1:直射日光 夏の暑い時期に、フェスやお出かけに行って 充電がなくなり、充電器に指して 手に持てなくなるくらい iPhoneが熱くなったことはありませんか? 炎天下の直射日光の下では、 iPhoneでなくても、熱くなりますが、 さらに、充電をして熱を加える・・・という 直射日光は熱くなりますね。 2:室温の高いところでの使用 直射日光同様、室温の高いところで iPhoneを使用すると、iPhoneも熱くなりやすくなります。 例をあげるならば、 車のダッシュボードでナビ(GoogleMapなど) を使用したり・・・。 車の中に置くとした場合、 気温の低いところで、尚且つ 直射日光の当たらないところに置きましょう。 3:スマートフォンケース(カバー) 意外なのが、「iPhoneカバー」です。 外部要因を気をつけるだけでも、 iPhoneは熱を溜め込まず、 あまり熱さを気にせず使用することができます! バッテリーの問題 外部要因に続いては、 「内部要因」についてです。 まずは、 iPhoneの電池(バッテリー)部分 についてお話をしたいと思います。 iPhoneに限った話ではないのですが、 スマートフォンなどの携帯電話は、 二次電池(以下、バッテリーと言いますね^^)を 内蔵した小型デバイスとなります。 このバッテリーが、充電をした時に バッテリーの充電を制御する部分が活性化して、 普段よりも熱を帯びる・・・という仕組みになります。 また、バッテリーの電圧も上昇するので、 電圧の上昇とともに、更に発熱し、 手に持つと熱く感じる!というわけです。 ここで、注意するのは、 「充電中にiPhoneを使い続ける」ということ! 私もよく充電しながら スマホゲームしたり、 音楽聴いたり、 メールチェックしたり、 SNS確認したり、 動画みたり、、、と NGな行動を行ってしまっています(反省) 充電しながらiPhoneを使い続けると CPUなどの内蔵されている部品に負荷がかかります。 負荷がかかると、作動している分の 発熱量もかかります。 という負の連鎖に。。。 注意しましょう! 端末の不具合の可能性 これが一番厄介な「内部要因」ですね。 端末の不具合(しかも内部の)と考えると おおかた 「プログラムのエラー」が原因だと思われます。 先ほどの「バッテリーの話」で iPhoneに内蔵されている部品(CPUなど)を 使用して、発熱するとお話をしました。 この内蔵されている部品(CPUなど)が 「プログラムのエラー」で、 ずーーーーっと作動している状態だったら どうなるでしょうか。 使っていないのに、 計算し続け、CPUを使い続け、iPhoneが発熱し続ける。。。 それくらい、充電器の品質は重要です。 安価だから、、、といって、 メーカー名も不明な製品を使用せず、 純正の製品を使いましょう! 異常ではない場合も ここまで、iPhoneの発熱(主に充電状態)に ついてをお話してきました。 iPhoneをはじめとした スマートフォンが1人につき1台(それ以上の人も) 当たり前のように手元にある生活。 この数十年で、比べ物にならないくらい 性能もあがり、安全性も向上しています。 普段、発熱などの異常が無いとしても、 「人の手で作ったもの」には 変わりありません。 最新の技術を集結し、 安全対策を施した乗り物でさえも、 不幸な事故があるように 100%必ず、絶対に安心というものは ありえません。 いい加減な扱いをせず、 正しい使用方法で、便利に活用していきましょう! まとめ 私も、書き記しながら iPhoneで暖をとっている場合ではないなぁと 反省をしております。

次の

主な原因は3つ「携帯が熱くなる」原因とは?

携帯 充電 熱い

<目次>• 熱くなる原因1:充電しながら端末の操作など、バッテリー負荷 最初のバッテリーに関連した発熱というのは、要するにバッテリーに負荷がかかることによって起きる発熱です。 なかでも充電は、バッテリーに負荷がかかる作業の1つと言え、急速充電する際に本体が熱くなることもありうるのです。 それゆえ例えば、充電しながらスマートフォンでゲームをしたりするなど負荷の高い作業をさせると、放電と充電を繰り返すこととなるため、バッテリーに大きな負荷がかかり、発熱しやすくなるのです。 またバッテリーの性能が落ちてくると、バッテリーの持続時間が短くなるため充電する回数が増えてしまいます。 それゆえ一層バッテリーに負荷がかかり、発熱しやすくなってしまうのです。 熱くなる原因2:CPUへの強い負荷も発熱を起こしやすくなる そしてもう1つ、CPUに関連した発熱というのも、やはりCPUに負荷がかかることによって熱が発生してしまうことが主な原因となります。 例えば3Dのゲームなど、CPUに非常に負荷のかかるアプリを使っていたり、多くのアプリを立ち上げたままにしていたり、バックグラウンドで負荷のかかるアプリを動かしていたり、そもそもスマートフォンを長い時間捜査していたり……と、CPUに負荷がかかる状況が続くほど、それだけ発熱しやすくなるといえます。 一部機種では構造上、発熱しやすいスマホも また最近では減少傾向にありますが、一部機種においては、CPUが構造上発熱しやすく、その影響を受けて本体も発熱しやすくなったというケースも見られます。 例えば2015年に発売されたソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia Z4」や、HTC製の「HTC J butterfly HTV31」などに搭載されていたクアルコムの「Snapdragon 810」などは、発熱しやすい構造であったことから、それを採用したスマートフォンの多くが「熱くなりやすい」と話題となったことがあります。 ソニーモバイルの「Xperia Z4」は、搭載していたSnapdragon 810が発熱しやすい構造であったため、その影響から熱くなりやすいとして話題になった スマホが熱くなるとどんなリスクがあるの? では、スマートフォンが発熱すると、そもそも何が問題なのでしょうか。 1つはパフォーマンスの低下で、発熱によって本体の性能がフルに発揮できなくなり、アプリ自体が終了してしまうこともあるのです。 また発熱はバッテリー性能にも影響を及ぼします。 多くのスマートフォンに採用されているリチウムイオン電子は、そもそも熱に弱いことから、スマートフォンが高い熱を持ったまま使い続けると、バッテリー性能が落ちてしまう可能性も高まってしまうのです。 そしてもう1つの問題は、本体や人体に影響を及ぼしてしまうことです。 異常な発熱が続けば本体の内部に何らかの損傷が起きる可能性もありますし、手に持てない程熱くなってしまえば、やけどをしてしまうことがあるかもしれません。 最悪の場合、熱によるバッテリー損傷でスマートフォンが爆発してしまうこともあり得るので、異常に熱くなる状態を放置しておくのは危険なのです。 スマホが熱くなった時の対策・発熱させないための心掛け それゆえ熱くなってしまったスマートフォンは、一度使うのを止め、冷やしてから再度利用するのがよいでしょう。 といっても水や氷につけるなどして急速に冷やすことは、内部が結露して故障する原因にもなるので、決してしてはいけません。 まずは充電しながら使うのを止める、熱くなる原因となっているアプリを終了させる、あるいは電源自体を落とすなどして発熱の元を断つことが重要です。 後は自然に冷えるのを待ってから再度使い始めるのがよいでしょう。 一度冷やして、またスマートフォンを使い始めてもすぐ発熱する場合、購入してしばらく経過したスマートフォンであれば、まずはバッテリーの劣化が疑われます。 同じ端末を使い続けるならバッテリーの交換をするのがベストですが、買い替えを検討しているなら、思い切って新しい機種に買い替えてしまうのも手です。 原因不明の発熱は初期不良の可能性も 一方、購入した直後から、負荷のかかる操作をしていないにも関わらず発熱が激しいという場合は、初期不良の可能性が高いといえます。 2016年、日本で販売されていないにもかかわらず大きな問題として取り上げられたサムスン電子の「Galaxy Note 7」のように、初期不良による異常発熱が重大事故に発展する可能性もあることから、異常に熱くなりやすいと感じた場合は、購入したメーカーやショップに問い合わせるなどして、早めに確認してもらうのがよいでしょう。

次の

「スマホが熱くなる」は実は故障じゃない? 素早く安全に冷やす方法を検証|TIME&SPACE by KDDI

携帯 充電 熱い

スマホの充電器が熱いのは結構危険 基本的に電気が流れているんですから 熱が発生するのは当然のことです。 とは言え、通常はせいぜい 「あったか~い」と感じる程度で、 触れた時に明らかに「熱い」 と感じたり、 握っていられないくらい熱い 場合には注意が必要です。 あまりに温度が高くなってしまうと、コンセント周りのビニル部分が溶け出したり、変色したり、 最悪発火に至る場合もあるんです。 それが原因で、 機器の故障や火災にまで発展するってケースもあるくらい結構危険な状態です。 スマホの充電器が熱くなる原因 スマホの充電器が熱くなってしまう原因としては、以下の様なケースが考えられます。 コンセントの接触不良• タコ足配線• 充電器の劣化 中でも タコ足配線に関しては実際に使用している方も多く、これが原因の火災などはよくニュースで目にする機会もあるかと思います。 特に パソコン周りなんかはタコ足配線になりがちでホコリなども溜まりやすいため、火災の原因としてよく取りあげられており注意する必要があります。 こういったことにならないためにも、 自分の使用状況に合わせた予防策や対処法を用意しておきたいところです。 スマホ充電器の発熱の予防策と対処法 続いてスマホの充電器が熱くならないための予防策と、なってしまった場合の対処法についてまとめてみたいと思います スマホ充電器が熱くならないための予防策 コンセントを奥までしっかり差し込む コンセントがしっかり差し込めてなくて半差しになっていたり、形が歪んでしまっていてそもそも奥まで差し込めなかったりといった場合、必然的に コンセントの接触面が狭くなってしまいます。 狭くなったからと言って 流れる電流は変わらないため、その分 狭い領域に余計に負荷がかかってしまうため、温度が異常に高くなっちゃうわけです。 コンセント部が半差しになっていないかきちんと確認したり、変形してしまっている場合にはその充電器は使わないようにするのが無難かと思います。 タコ足配線を極力避ける よく問題になる タコ足配線ですが、世の中が便利になっていくにつれ必然的に電気もその分必要になります。 基本的にタコ足配線というのは 差込口を無理やり増やしてたくさんの機器を同時に使えるようにしているわけですから、 その分負荷がかかるのも当然ですよね。 とは言え壁のコンセント数にも限界があるので、やっぱりタコ足配線をどうしても使わざるを得ないって状況もあるかと思います。 そんな時にオススメなのが、 スイッチ式のタコ足タップです。 各差込口に電源ON/OFFのスイッチが付いてるもので、 使用している部分のみに電気を流すことができます。 こういった便利なツールなどを使って、 できるだけ同時に接続する機器を減らすようにすることで、充電器が熱くなったりと言ったトラブルを防ぐことができます。 充電器に異常がないか確認する 充電器の劣化による発熱も、十分起こりうるケースです。 接触部分が錆びてしまっていたり、 ケーブルが中で断線していたりすると、 電気が流れた時に負荷が余計にかかってしまうことがあります。 そういったちょっとした汚損・破損が原因で、うまく電気が流れずに発火した、なんてこともあるので 充電器に異常が無いかどうか定期的にチェックしておくといいかと思います。 スマホ充電器が熱くなってしまった時は もうすでに現状で、 スマホの充電器が握れないほど熱くなってしまっているといった場合には、 潔くその充電器の使用をストップしましょう。 もったいないからと言って使い続けていると、そこから大きな火事に繋がったりもするので、必ず 修理や買い替えを検討するようにしてください。 まとめ 今回は スマホの充電器が熱くなってしまう原因や予防策についてまとめてみました。 ざっくりと振り返ると、.

次の