マイクロソフト、株価。 【朗報】バンクオブアメリカ(BAC)が、マイクロソフト(MSFT)の目標株価を200ドルに引き上げ!まだ上昇の余地はあるのか。

【MSFT】マイクロソフトの株価と決算、配当

マイクロソフト、株価

マイクロソフトのビジネスを理解するにあたり、まずはマイクロソフトの歴史から見ていきましょう。 マイクロソフトの歴史 マイクロソフトは1975年にビルゲイツとポールアレン氏によって設立されました。 1995年にはWindows 95を発表し、世界中で大ヒットとなりました。 家庭用パソコンが普及したのはここからです。 1990年代にマイクロソフトはコンピューターOSの世界シェアが95%程度あり、一世を風靡していましたが、 独占禁止法の訴訟を受け、その後シェアを落とします。 マイクロソフトからビルゲイツが去った後、2代目CEOのバルマー氏は引き続きパソコンのWindowsを主とする事業戦略を取りましたが、 モバイルとSNS事業に乗り遅れてしまい、アップルとグーグルに負けます。 そんなマイクロソフトを救ったのは3代目CEOのサティア・ナデラ氏。 今まで敵対していた企業と提携をすすめ、アマゾンやフェイスブックとも提携。 その結果により、マイクロソフトの業績は大きく回復。 Microsoft Office:Excel、Word、Power Point、Outlookなどのパソコンソフトウェア• Skype(スカイプ):ビデオ電話ソフトウェア• Azure(アジュール):クラウド事業• Surface(サーフェス):マイクロソフト社製のノートPC• HoloLens(ホロレンズ):ビジネス用MR技術• Xbox(エックスボックス):家庭用ゲーム機• LinkedIn(リンクドイン):ビジネス用SNS。 米国を中心に爆発的に普及• Bing(ビング):インターネット検索エンジン• さすがマイクロソフト株価というところです。 コロナショックの影響は軽微で、その後の株価上昇が素晴らしいです。 マイクロソフト(MSFT)のリスク 圧倒的知名度のマイクロソフト株ですが、リスクはやはり存在します。 独占禁止法 現在グーグルが独占禁止法により捜査を受けていますが、マイクロソフトも他人事ではありません。 グーグルはインターネットの9割を超える圧倒的シェアにより、米国内において米司法省と複数の州から独占禁止法訴訟の操作を受けています。 これはグーグルだけの問題でなく、他の巨大IT企業へも影響を及ぼしています。 マイクロソフトをはじめとするテック企業はテクノロジー、セキュリティ、プライバシーの恩恵を受けており、社会における格差問題が広がっています。 各国政府はテック企業が社会問題を引き起こしていると考えており、何らかの制裁が加えられる可能性があります。 各国政府からビジネスにおいて厳しい規制が入れば、今後の成長でマイナス影響を与える可能性があります、グーグル訴訟の行方と各国政府の動きには注意が必要です。 マイクロソフト(MSFT)の株価見通し• マイクロソフトは収益事業が綺麗に分散されている• マイクロソフトの事業で一番成長率が高いのはクラウド事業のAzure• レガシー事業(Office)、現在のトレンド(クラウド、SNS)、将来投資(MR複合現実)まで事業を展開• テック企業を社会問題の標的となりやすく、独占禁止法などに注意 マイクロソフトは過去のレガシー事業と現在のトレンドと将来投資がうまく機能している稀有な企業です。 過去にマイクロソフトは独占禁止法によりWindowsのシェアを大きく落とした失敗経験やモバイル、SNS事業に乗り遅れた失敗経験をしています。 これら失敗経験が今のマイクロソフトを強くし、安定した複数の収益事業を生み出しました。 今後も経験値豊富なマイクロソフトは安定して成長していくことが予想されます。 何度も失敗を経験して強くなったマイクロソフトは今後も注目すべきバランス型優良株です。 最後に米国株を取引手数料0で取引する方法を紹介します。 米国株を取引手数料0で投資する方法 米国ETFや米国株を取引手数料0で投資するなら、 DMM株が一番です。 大手国内証券会社の楽天証券、SBI証券、マネックス証券は取引手数料0. 45%(最大20ドル)ですが、 DMM株は唯一取引手数料0。 例えば年間120万円取引をする際は手数料で6000円程度の差が生じます。 お得に取引をするならDMM株が一番です。 詳しくは以下の記事をどうぞ。 本記事はこれで以上です。 アマゾンの株価チャートと株価がどこまであがるか グーグルの株価チャート、新事業、独占禁止法リスクを紹介 次のアマゾン、グーグル、アップルを探すなら米国小型株 若い人には米国成長株がおすすめ 米国株の情報収集ならモトリーフールに無料登録しましょう.

次の

マイクロソフトとAmazonのどちらが先に株価2倍3倍となるか?【ご質問への回答】|東大バフェットの米国株式投資ブログ

マイクロソフト、株価

月1万円の積立で 約1,400万 年間配当は約15万円• 月5万円の積立で 約7,080万 年間配当は約75万円 驚きの結果ですね。 特に 月に5万円でのインパクトが凄いです。 20年前も普通にWindowsとかありましたし、いわゆる大企業の様なイメージがあったマイクロソフトですが、そこから更に成長しています。 こちら20年間の株価の推移、配当金、過去の積立のシュミレーションなどを以下で見てみます。 マイクロソフトの株と配当 1975年創業のWindowsで万人に知られるアメリカのテクノロジー企業です。 2004年より配当をスタートしており、2020年現在も増配を進めています。 日本市場では言わずと知れた Windows, PCのSurface, ゲーム機器のX-Box, またビジネス特化のSNSのLinkedlnも買収により手に入れています。 英語表記はMicrosoft で、株式でのティッカーシンボルはMSFTです。 以下のグラフは簡易的に1年間の初めの株価をとったものですが、2014年からの上昇がすごいですね。 (ちょうどこの年から 3代目のCEOのサティア・ナデラ体制に) マイクロソフトの株を月に1万円で20年間積み立てていたとすると 20年毎年買い続け、再投資の条件としては以下を設定します。 年に12万と月に1万程の設定としました。 毎年$1200 約12万円 の株式を購入 月々1万程度の積み立て• 配当金に関しては再投資して、株を買い増しする• 配当金、過去の株価はを参照 20年後には約1,400万円 今から 20年前にマイクロソフトの株を月1万円の積み立てを始めたとしたら、 現在約1400万 USD 132,230 が手元にある計算になります。 以下、20年の推移のグラフです。 グラフは2012年から大きく伸びていますが、株価が上昇したことによる影響が大きく出ています。 当時を振り返ると金融危機であらゆる株が大きく値段を下げましたがマイクロソフトも同じくかなりの下げ幅となっています。 「株式をやっているとはキチガイ」のような風潮があり、当時は 不安の中で資産を引き上げ、新たに株を買おうとする人はほとんどいませんでした。 しかしその後株価は復調し、 時価総額は一時Appleを抜き1位になるまでに。 2018年12月 2014年に3代目のCEOとして就任した サティア・ナデラからの躍進は素晴らしく。 かつてのWindowsがメインの収益源だったビジネスから、 稼ぎ頭のクラウドサービスのAzure、買収したSkypeを法人向けサービスに紐付け、ハードウェアであれば、PCのSurfaceやx-Boxなど多角化したものとなっています。 事実、昨今のWindowsのサービスは企業にいると明確に使いやすくなっており、働き方改革が進行する中で モバイルからのアクセス、クラウドを利用したファイルシェア、Onedrive, Teamsでの会議などなど、実体験として非常に便利に感じます。 SlackやZoomなどのサービスもありますが、やはり Windowsを基盤とした法人顧客へのシステムは盤石に近いです) Year 2000 Year1 2005 Year5 2010 Year10 2020 Year20 A. どうでしょう、積み立て投資はバカにできませんよね。 国が積み立てNISAなどを奨励しているのもうなづけます。 20年積立での配当は? さて20年後に1400万となった株価ですが、配当はどうでしょうか? 20年間積み立てた年間配当は約15万円 USD1,443 となりました。 この域になるとなんと、 年間の積立の金額約13万円以上の株が買えています。 グラフの伸び方を見ると後半の伸び方が物凄いですね。 逆に 最初の10年間は数万円と効果が非常に実感しにくいのがわかります。 マイクロソフトの株を月に5万円で20年間積み立てていたとすると 20年後には約7,080万円 月に約1万円だったものを5万円としてみました。 結果は、 約7,080万円 USD 661,600 流石に出してみて驚きました。。 確かに先ほどの約5倍ですからそうなんですが、改めて数字に出すと驚きですね。。 余裕で日本の退職後の2000万問題を通り越してます。 ちなみに普通に 月に5万円を20年間積み立てるとすると1,200万円 複利3%で積み立てたとしても、1780万円ほど 20年積立での配当は? こちらは配当金のグラフです。 20年間積み立てた年間配当は約75万円 USD7,216 となりました。 綺麗な右肩上がりのグラフですね。 株式を長期で保有することによる複利、再投資効果 長期で株を所有していると株価自体の上昇の影響も受けれます。 配当以外にも企業活動において、企業が利益を自身の事業への再投資を行うことで企業自体にも複利のような効果が働き、結果として企業価値が上がる効果です。 結果として株を所有すると、配当と企業活動の2つで複利、再投資の効果を受けれているわけです。 このことからも 長期での資産運用であれば株式所有が有効です。 その他企業も参照に 参考 参考 参考 参考 参考 参考.

次の

【MSFT】マイクロソフトの株価・配当金の推移と銘柄分析

マイクロソフト、株価

現在のMSFTは、インド系の新進気鋭の経営者であるサティア・ナデラ氏(Satya Nadella)がCEOを務めています。 ナデラ氏は、かつてのWINDOWS一本槍の体制から、クラウド化重視へと舵を切った人物です。 その結果、2014年2月の就任後、MSFTの株価は20年1月時点で、4倍以上になりました。 相当な成果を出したのですが、ビル・ゲイツに比べると知名度が低いので、初めにざっとその人物像を整理しておきます。 情報科学の修士号取得のため、21歳にインドのハイデラバードから渡米。 米中西部やシリコンバレーの経験を経て、92年にマイクロソフト入社。 コンシューマー、エンタープライズ両部門で製品開発やイノベーションを主導。 フレッド・ハッチンソンがん研究センターの評議員、スタバ取締役を務め、シアトルの小児病院や障害者向け施設を支援 MSFTの停滞を打破し、現在は、クラウド化とAIへの注力を主導しています。 かつてのWindows一本槍から多様なクラウドサービスを充実させているわけです。 その事業はソフトウエアの開発と製造、ライセンス供与、販売とサポート、ゲーム事業(Xbox 、クラウドサービス(主にAzure)等が中心で、OSやサーバー、アプリ、インターネットとイントラネット等をカバーしています。 WindowsやXbox、Surfaceを含む端末をカバーする「モアパーソナルコンピューティング」部門、「Office」「Dynamics」「LinkedIn」等からなる「プロダクティビティ&ビジネスプロセス」部門、「Azure」や従来のサーバ製品(「SQL Server」等)をカバーする「インテリジェントクラウド」部門に分かれているのです。 若い人にとっては、ビル・ゲイツも過去の人ですが、近年の復活ぶりを見ると、やはり、MSFTのソフト力はバカにできません。 この記事では最近のMSFTのパフォーマンスと、サティア・ナデラCEOのクラウドファーストの考え方等を紹介してみます。 ここでIBMとの契約が成立すると、ゲイツは、既存のOSの権利をシアトルのとある会社から割安な金額で買い取り、それをIBMのニーズに合わせて改良しました。 かくしてMS-DOSが誕生し、MSFT躍進の足掛かりとなります。 当時のIBM製PCは三種のOSが使えたのですが、ゲイツはOSの著作権を保持しながら、OSのシェア首位を獲得。 IBMのPC販売の拡大に合わせて「ソフトで儲ける」体制を確立しました。 90年にWINDOWS、95年にインターネット・エクスプローラーの販売開始。 8 203. 6 157. 1 101. 8 85. 3 62. 7 55. 4 46. 3 37. 5 26. 7 27. 5 30. 8 19. 51 1. 51 1. 51 1. 46 1. 46 1. 46 1. 46 1. 42 1. 42 1. 42 1. 42 1. 39 2. 4 配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。 62 0. 5 30. 9 30. 1 0. 52 24. 8 24. 69 0. 61 22. 7 22. 76 38. 0 26. 58 0. 89 34. 5 44. 63 1. 07 40. 7 38. 48 1. 21 81. 56 1. 39 54. 3 101. 25 1. 53 47. 1 66. 13 1. 65 77. 5 109. 06 1. 8 35. 6 39. 1 四半期決算(2020予想など) さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。 データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。 ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。 1 決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。 そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。 通年決算(GAAP基準) 最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。 EPS=希薄化後EPS)。 通常、売上高>営業CF>純利益となる。 営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。 62 77. 1 70. 69 73. 58 78. 63 77. 48 73. 56 77. 25 77. 13 76. 06 81. 期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。 上記DSOの出所はモーニングスター社。 14年2月に就任したサティア・ナデラCEOはクラウドサービスに重点投資を行い、3年でマイクロソフトの時価総額を2倍にしました。 こうした勢いを見て、マイクロソフトは「お家芸の『追い上げ』でAMZNやGOOGL急追」を果たすのではないかと述べる人もいました(日経BP「」2018年1月15日、根来龍之氏の見解) 「マイクロソフトは、歴史的に見て、ファーストペンギンにはならないけれど、先行企業をキャッチアップするのが得意な会社であり、モバイル化とクラウド化に関しても、遅れたというより、むしろ非常に早く対応した」 この記事は、その後のMSFTの躍進を予見できていたと思います。 ナデラはCEO就任後、クラウド事業を強力に推し進めた。 利益率が少し下がっている(営業利益率は25%水準)が、これはデータセンター等の巨額の先行投資を行ったためだ。 しかし、売上高はしっかりと維持しているので、既存事業が元気な間に先行企業が切り開いた新技術事業への追い上げを開始していると言える。 これは既存資産を生かしながら、自社の特徴を出して追い上げるので、成功しやすい。 その例はインターネット・エクスプローラー(IE)。 ネットスケープ・ナビゲーターの後追いで開発し、追い上げ戦略で成功。 クラウド化でも、Office 365のライバルはGoogle Apps、Microsoft AzureのライバルはAWS(アマゾンウェブサービス)。 サティア・ナデラは、特にAWSのシェアに追いつくために構造改革を進め、ウィンドウズ中心主義からクラウドファーストへの転換に成功しています。 その結果、MSFTの時価総額はAAPLを追い抜き、世界ナンバーワンになりました。 国防総省による100億ドル規模のクラウド契約(ジェダイプロジェクト)の受注も、AMZNではなく、MSFTが担うことになりました。 ナデラ氏は、現在、複合現実(MR)、人工知能、量子コンピューターを、次世代の世界を変える重要なテクノロジーと見ています。 そして、「モバイルファーストからクラウドファーストへの移行」への対応に注力しています。 モバイルファーストの時代には、ユーザーエクスペリエンスにおいて、顧客は一つのデバイスのみでなく、複数のデバイスを使用します。 幾つものデバイスを用いてタスクを完了させる(マルチデバイス)中でMSFTの製品・サービスが評価されると見て、アプリケーションを構築しなければいけなくなります。 その上に、AIやデータという次世代の重要資産の働きを踏まえて、ユーザーエクスペリエンスの向上を目指さなければなりません。 こうしたクラウドファースト時代に対応するために、マイクロソフトはWindowsだけでなく、様々なクラウドサービスを充実させてきたわけです。 筆者はなぜかマックPCやアイパッド等が好きになれないので、長らくMSFTユーザーを続けてきました。 MSFT製品にはやや融通が利かないところもありますが、ユーザーの一人として、今後の発展に期待したいと考えています。 【当サイト掲載の広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 こうした広告配信事業者は、ユーザーの関心に合わせた商品やサービスの広告を表示するために当サイトおよび他サイトへのアクセスに関する情報として 『Cookie』 氏名や住所、メルアド、電話番号は含まれない をたびたび使用しています。 なお、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする際には、をクリックして下さい。 【アクセス解析ツールの使用】 当サイトではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を用いています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを用いています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすれば拒否できるので、その場合は、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはアナリティクスのやグーグルのをご覧ください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパムや荒らし対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされており、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 【個人情報の取得について】 当ブログのお問い合わせフォームには個人情報を入力する欄がありますが、そこで得られた情報を本人の承諾なく公開したり、他媒体に渡すことはありません。

次の