ゴールデン カムイ 234。 ゴールデンカムイ235話「地獄の郵便配達人」【本誌ネタバレ感想】郵便配達人、最初からクライマックスだぜ

ゴールデンカムイ最新第234話蒸気船ネタバレ含む感想と考察。第233話あらすじ。船で海賊房太郎の襲撃を受ける杉元たち。

ゴールデン カムイ 234

ゴールデンカムイ 最新233話 ネタバレ! 乳首を見たがる杉本 歌志内の炭鉱の町。 海賊房太郎を探す杉本たち。 杉本は飴売りに、 「飴を買うから乳首を見せてくれない?」と要求。 なんでだよ…と戸惑う飴売りに、 「見たいからさ。 どんな乳首してんのかなって」と変態じみた要求を繰り返す杉本。 乳首を見せる、見せないで飴売りともめてしまった杉本たちは、「商売がたきによる嫌がらせ」と勘違いされてしまう。 なんの手掛かりも得られずにその場を退散する杉本たち。 しかし、逃げた先で遊んでいた子供から、 「変な入れ墨がある物売りを見た」という情報を得ることに成功。 飴売りの囚人? 杉本たちは線路を歩いていた飴売りの男に声をかける。 顔を紙で隠した怪しいその男に、 「変わった刺青を掘ってるって?見てみたいな」と聞いてみる。 飴売りの男は顔を隠していた紙を上にあげる。 その顔には自分で掘ったという多数の刺青が掘られていた。 杉本「なんだ、変な入れ墨ってこのことか…無駄骨だったな」 がっかりしてうなだれる杉本の顔を覗き込み、 「ぷくく、ぐふふ」と笑い出す飴売りの男。 杉本たちは場所を移動しようとするが…。 飴売りの男「若山の親分もいい顔してたな~」 アシリパがはっとして振り返ると、飴売りの男はちょうどやってきた炭鉱電車に乗り込んでしまっていた。 飴売りの男「金塊は絶対見つからないよ」 捨て台詞を残して去っていく飴売りの男。 アシリパ「杉本!今の飴売りを探すんだ!」 アシリパたちは消えた飴売りの男を探すが、見つけられないのだった。 アイヌに接触する海賊房太郎 杉本たちが探していた海賊房太郎は、徳富川近くにあるアイヌ集落に来ていた。 埋蔵金を隠したアイヌの一人…その弟を見つけ出した房太郎は、部下に運ばせた大量の米田俵を手土産に、情報を聞き出そうとしていた。 金塊が隠された場所を 「知っている」というアイヌの老人。 同席していた房太郎の部下は 「本当に信じられるんですか?」と半信半疑。 試しに房太郎が、 「埋蔵金がどの川で採れたか聞いたことがあるかい?」と確認してみると、アイヌの老人はいくつかの川の名前を上げる。 アイヌの老人が上げた川の名前は、平太が鑑別した産地とぴったり符合していた。 房太郎「で、その砂金…どこに集められたんだい?」 [ad] ゴールデンカムイ 最新233話 感想と考察レビュー! 杉本は真面目にやっているのでしょうが、「乳首を見せろ」という強引なセクハラじみた創作方法には笑ってしまいました。 一方で房太郎の方は、主人公サイドよりよっぽど効率の良い探し方をしていて、現状一歩リード、といったところでしょうか。 身体能力だけでなく頭もキレる房太郎…それに部下も多数いるようなので、金塊争奪戦の新たな第三勢力になるかも…? また、今回は回想というほどではないですが、親分や平太がちらっと描かれていたのも嬉しかったです。

次の

金神234「蒸気船」 ゴールデンカムイ

ゴールデン カムイ 234

Sponsored Link 海賊現る 江別まで船で行こうと提案する白石。 石狩川は樺戸監獄へ物資を送るために舟運が発達したのだと白石は言います。 そして彼らはさっそく乗船しました。 浅い川に適している外輪式蒸気船だそうで、「初めて乗った」とアシリパ。 これで時間も体力も余裕ができました。 「昼前には江別に着くぜ」と白石。 ヴァシリは3人とは別で、蒸気船に付いている荷物を載せる方の小舟に馬と一緒に乗っています。 その様子に「ああやって距離を置いて、尾形がアシリパさんの前に現れるのを待ってるんだろ」と言う杉元。 船は長閑に川を進んでいきます。 しかし船の前方に不審な2隻の小舟が近づいて来ていました。 乗っていたのは海賊房太郎。 「アイヌの村にばら撒いてスッカラカンだ」ということで、海賊としてひと仕事しに来たようです。 船長は乗客の金品や郵便物の現金書留を狙っているのだろうとして「舐めんじゃねえ!」と船を小舟の1隻にぶつけてみせます。 ぶつけられた船に乗っていた3人は川に飛び込み回避しました。 「どうしたかかって来いや!」と喧嘩腰の船員。 すると海賊房太郎は上着を脱ぎ海に飛び込みました。 船員は水から顔を出したら脳天をかち割ってやると意気込んでいるのですが、房太郎は船の下から素早く反対側の方へ跳び上がってきました。 凄い躍動感です。 そして房太郎は船長に「船を停めろ」と銃を突きつけました。 その時、船の異変を感じ白石と杉元が客室から出てきました。 あんなに探してたのに、まさかのばったり遭遇です。 「海賊…!」という白石の呟きに、杉元が警戒を強めました。 逆に海賊は「おお~シライシじゃねえか」ととっても気さくにご挨拶。 そのため船員たちに仲間だと白石と杉元も疑われてしまいました。 Sponsored Link 師団も来た!? 慌てて関係ないと白石が否定するも船員は信じてくれず、彼らは杉元にも襲い掛かろうとしてきました。 房太郎が銃を構えたので、杉元が「やめろバカ、撃たれるぞ」と船員を落ち着かせようとしますが止まる気配はありません。 すると杉元はやむを得ず襲い掛かってきた船員を川へと投げ飛ばしました。 「船員が落ちていったぞ!」「落とされたのよ!」とザワつく船内。 もう一人の船員も襲い掛かってきたので、杉元は彼も川へと投げ飛ばしました。 そのバタついている間に杉元の銃剣が階下に落下してしまいます。 杉元を見て「随分と頼もしい子分がいるじゃねえか!いいねえ!」と白石に笑い掛ける房太郎。 そんな時、小舟に残っている房太郎の子分たちは、上りの蒸気船が近づいて来ていることに気づきました。 そしてその船を見て「まずいぞ」と焦ります。 なんとその船には多くの兵隊が乗っていたのです。 次回はvs第七師団!? ゴールデンカムイ・マンガの最新刊を無料で今すぐ読む方法!! 漫画村の代わりに、安全かつ無料で漫画を読める方法をご紹介したいと思います。 U-NEXTは登録後すぐに無料で最新巻を1冊読むことができます! 31日間無料期間があり、登録後すぐに600Pもらえます。 (1巻無料で読めます) 600Pを使ってすぐに ゴールデンカムイや他のマンガを無料で読むことができます!• 次におすすめなのが music. jp! こちらのページから登録すると、30日間無料期間があり、すぐに600Pもらえて 無料で読むことができます! music. jpは、更に 動画を見れる1000Pももらえるので超絶お得なサービスとなっています! U-NEXTも、music.

次の

ゴールデンカムイ234話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ゴールデン カムイ 234

船を使う杉元達 船で石狩川(いしかりがわ)を下って江別(えべつ)まで行こうぜと提案する白石。 石狩川は樺戸(かばと)監獄へ物資を送るために舟運(しゅうん)が発達し、そのために昔、囚人が川底の流木とかを全部取り除いて整備したと白石は言います。 杉元達が乗った船は、外輪式蒸気船。 両輪の水車で水面を掻いて進むため、スクリュー船と違って浅い川とかで走るのに向いてると白石は説明します。 外輪式蒸気船に繋げられた幾つかの小舟。 そこには馬が乗っていますが、ズキンちゃん(ヴァシリ)も乗っています。 アシリパは、ズキンちゃんはこっちに乗らなくて良かったのか?と聞きますが、馬と一緒がいいみたいと白石は答えます。 杉元は、ああやって俺達から距離を置き、尾形がアシリパさんの前に現れるのを待っているんだろう、アシリパさんを釣りエサとでも思ってるんじゃねぇかと言います。 船を襲う海賊房太郎 杉元達の乗る船の船長は、こちらの進路に入って近づこうとする小舟を数隻発見します。 船員は、最近、石狩川で噂になっている、小舟で汽船の横につけて乗り込んでくる連中ではと言い、船長も、腰に銃をさしていることから間違いないと言います。 乗客の金品や郵便物の現金書留を狙ってるんだ、舐めんじゃねぇ!蹴散らしてやる!と息巻く船長。 この時、渋いおじさんの郵便配達人がクローズアップされますが、重要人物か何かなのでしょうか? 汽船に近づいてくる小舟には海賊房太郎が乗っています。 アイヌの村にバラ撒いてスッカラカンのため、出発前にひと仕事しなきゃなと言います。 汽船は小舟へ突っ込み、海の中へ逃げる海賊房太郎の子分達。 海賊房太郎は自ら海へ飛び込み、水中を泳いで汽船に近づきます。 船員たちは水から頭を出したら脳天をかち割ってやると言い、手にはトンカチを持っています。 水中を泳ぎ、汽船の真下まできた海賊房太郎は、そのまま水面へ泳いでいき、水面をジャンプして汽船に乗り込みます。 しかもちょうど船長の目の前に。 銃を船長へ向け、船を停めるよう命令する海賊房太郎。 白石と再会する海賊房太郎 看板へ出てきた白石と杉元。 海賊房太郎は白石を見て、白石じゃねえかと声をかけます。 船長は、この二人(白石と杉元)も仲間だ!叫び、杉元の銃を奪おうとする船員。 海賊房太郎は船員へ銃を向けます。 杉元は、お前撃たれるぞ!と船員に言いますが、杉元の銃から手を離しません。 やむを得ず、杉元は船員を海へ放り投げます。 さらに襲ってくる船員を海へ放り投げる杉元。 杉元の強さに、随分と頼もしい子分がいるじゃねぇか!いいねぇ!と海賊房太郎は白石に言います。 その時、海賊房太郎の子分達は、上りの蒸気船が近づいてくるのに気づきます。 客に兵隊が乗っていることに、まずいぞと焦る子分たち。 次号、郵便配達人の運命や如何に!?とのことですが、この郵便配達人、そんなに重要なの!?w.

次の