人間凶器。 SNYD

人間の体はどこまで破壊力を持つのか(人間凶器?)

人間凶器

すいません板違いかも知れませんが、ここの方ならご存知の方もいるかと思いまして・・・・。 10数年前、読んだ漫画本です。 梶原一騎さん原作で「人間凶器」といいます。 主人公はとんでもない不良、みかげよしと(字は忘れました、美影?)。 このみかげが極真会をモデルにした道場に入門、渡米して指導員になります。 しかし、色々とあって館長(もちろん故大山総裁モデル)と袂を分かち、メキシコへ逃亡、マスクマンとしてプロレスラーに転身します。 そしてレスラーと空手の争いになり、館長は謎のマスクマンがみかげだと気付きます。 実はこれ以降この漫画本に出会ってません。 (引っ越して行き付けの散髪屋に行かなくなった為)申し訳ありませんが、どなたかこの漫画の続きとラスト教えて下さい。 みかげ君は心を入れ替えたのか?あの琉球空手の美人師範(盲目の)とはどうなったのか? どうしても知りたいのです。 お願いします。 本当であればどこかの古本屋で入手され、お読みになるほうが面白いと思うのですが、続きをお教えいたします。 (記憶をたどって書いてますので、詳細まで完全に正確とはいえませんが、大筋は間違ってはおりません) さて、レスラー対空手家戦争が一段落ついた後、やはり美影は、様様な問題を起こし、CIAにマークされてしまいます。 CIAからの追撃を避けるため、ある政治家「五木玉堂?」の性癖(プロモーターを介し、日本の女子プロレスラーを薬で眠らせ犯す事)を盾に(弱みを握ったわけです)政治家秘書に納まるのです。 その頃、美影が犯した国際的犯罪の責任をとった大東徹源館長は、自流派を解散し、全てを失った状態でした。 ・・・ひょんな事から五木と美影の癒着をしった大東は必死に全てをやり直すよう説得をするのです。 「我が後継者となって山中にて修行せよ。 ところが美影がそれに応じるはずもなく、政界出馬を試みようとします。 あのような悪党に政治権力を持たせてはならないと立ち上がった大東及びその弟子達が美影を追い詰めます。 妻である桜子も必死に説得をするのですが、そのかいもむなしく、逃げようとする美影であった。 が、ふとした瞬間、美影と桜子との間に生まれた子供が、美影のスポーツカーのサイドブレーキを解除してしまう。 車はがけに向かって走り出す・・・。 「お父さん!助けて!」子供が刹那に叫んだ。 一瞬の出来事であった。 美影が車に飛び乗り、子供をほうり投げる。 そのまま断崖絶壁に消えてゆく・・・。 壮絶なラストシーン。 息を呑む大東軍勢。 弟子の一人は口ずさんだ。 「美影は自分が逃げようとして、車にとびのったのだ。 けしって子供を助けるためではない・・・。 」 こんな内容でした。

次の

SNYD

人間凶器

すいません板違いかも知れませんが、ここの方ならご存知の方もいるかと思いまして・・・・。 10数年前、読んだ漫画本です。 梶原一騎さん原作で「人間凶器」といいます。 主人公はとんでもない不良、みかげよしと(字は忘れました、美影?)。 このみかげが極真会をモデルにした道場に入門、渡米して指導員になります。 しかし、色々とあって館長(もちろん故大山総裁モデル)と袂を分かち、メキシコへ逃亡、マスクマンとしてプロレスラーに転身します。 そしてレスラーと空手の争いになり、館長は謎のマスクマンがみかげだと気付きます。 実はこれ以降この漫画本に出会ってません。 (引っ越して行き付けの散髪屋に行かなくなった為)申し訳ありませんが、どなたかこの漫画の続きとラスト教えて下さい。 みかげ君は心を入れ替えたのか?あの琉球空手の美人師範(盲目の)とはどうなったのか? どうしても知りたいのです。 お願いします。 本当であればどこかの古本屋で入手され、お読みになるほうが面白いと思うのですが、続きをお教えいたします。 (記憶をたどって書いてますので、詳細まで完全に正確とはいえませんが、大筋は間違ってはおりません) さて、レスラー対空手家戦争が一段落ついた後、やはり美影は、様様な問題を起こし、CIAにマークされてしまいます。 CIAからの追撃を避けるため、ある政治家「五木玉堂?」の性癖(プロモーターを介し、日本の女子プロレスラーを薬で眠らせ犯す事)を盾に(弱みを握ったわけです)政治家秘書に納まるのです。 その頃、美影が犯した国際的犯罪の責任をとった大東徹源館長は、自流派を解散し、全てを失った状態でした。 ・・・ひょんな事から五木と美影の癒着をしった大東は必死に全てをやり直すよう説得をするのです。 「我が後継者となって山中にて修行せよ。 ところが美影がそれに応じるはずもなく、政界出馬を試みようとします。 あのような悪党に政治権力を持たせてはならないと立ち上がった大東及びその弟子達が美影を追い詰めます。 妻である桜子も必死に説得をするのですが、そのかいもむなしく、逃げようとする美影であった。 が、ふとした瞬間、美影と桜子との間に生まれた子供が、美影のスポーツカーのサイドブレーキを解除してしまう。 車はがけに向かって走り出す・・・。 「お父さん!助けて!」子供が刹那に叫んだ。 一瞬の出来事であった。 美影が車に飛び乗り、子供をほうり投げる。 そのまま断崖絶壁に消えてゆく・・・。 壮絶なラストシーン。 息を呑む大東軍勢。 弟子の一人は口ずさんだ。 「美影は自分が逃げようとして、車にとびのったのだ。 けしって子供を助けるためではない・・・。 」 こんな内容でした。

次の

謎の凶器殺人事件(名探偵コナン)

人間凶器

略歴・作風等 [ ] 主にやを手がけている作家であるが、デビュー作である読み切り作品『マジックBOY』だけはを題材としており、全く作風が異なる。 その次回作にして連載デビュー作である『破壊王ノリタカ! 』以降は、現行とほぼ同じ作風が定着した。 に連載された『格闘料理人ムサシ』は一応料理漫画ではあるものの、その根幹にあるのは『伝説の頭 翔』などで培われた描写、調の作風である。 『ノリタカ』以降の作品には必ず、セクシーなヒロインが不自然に物語に絡んで来たり、ヤンキーではないエリート的な人物はほぼ必ず悪人だったり、と、共通の描写が頻発する。 作中にて「!? 」などを多用するスタイルや、人物がカメラ目線で正面を向いている構図が多いのも特徴の1つ(たいてい見開きページの右上で大ゴマである)。 作品リスト [ ]• (1989年、マガジンフレッシュ)• (1991年 - 1994年、、原作:、全18巻、ワイド版全9巻)• (1997年 - 1999年、週刊少年マガジン、全10巻)• (2001年 - 2002年、週刊少年マガジン、全7巻)• (2003年 - 2005年、週刊少年マガジン、原作:、全11巻)• (2006年、週刊少年マガジン、全3巻)• (2007年 - 2012年、、原作: 、全9巻)• どこでも呑村くん(ヤングマガジン2016年2・3合併号、原作:左近洋一郎) アシスタント [ ]• 脚注 [ ] [].

次の