尿 検査 蛋白 精液。 オッサンが若者に伝えるべき尿検査

腎臓病とは

尿 検査 蛋白 精液

どうも、ガンダムのオッサンです。 つい先日、中学生時から信じていた伝説が崩れました。 私の中学、高校時代は、 尿検査でタンパクが出る=前日にした が常識として扱われていましたし、私もそのことについて疑うどころこか 「当然だろwww」といった学生生活でした。 しかし先日の尿検査結果時にお医者さんに聞いたところ、どうも違う... というか完全に違うとの事です。 尿検査当日にもの凄く焦る 1970年代生まれのオッサンは、多分私と同じ感覚だと思います。 それは尿検査があるという事実を当日まで知らなかった時。 ここで尿検査の予定をしっかりと分かっていた男子生徒はドヤ顔ですよね、彼は確実に前日にしていません。 反対に 顔色が変わる男子生徒は前日にしています。 つまり 尿検査でタンパクが出る=前日にした という情報がどこかの段階でインプットされた時点から尿検査は抜き打ちの持ち物検査と同じなんですよね、 「ヤバイ!ごまかせない!」 「悪あがきだけど、トイレで小をして少しでも洗浄したほうがイイ!」 このような心理状態になっていました。 なぜこのような事になるかと言えばほぼ毎日するからです... しない人も沢山いるでしょうが、とくに中学生時代の私は日課となっておりました。 学校での尿検査結果は当日明かされない 現在のようにプライバシーが尊重される時代ではないといっても当日検査結果が明かされる事は無かったです。 これはオッサンになった今考えれば当たり前の話ですが、学生だった私は タンパクが出る=先生に呼び出される と勘違いをしていました。 これはなんの根拠もない考えでして、尿からタンパクがでた場合は先生に前日にしたかどうか?の確認をされて、そこでNOと答えれば体が悪い、YESであれば問題なしみたいな考え方です。 なぜこのような考えに至ったか?と言えば尿からタンパクが検出されるという事がどのような病気に繋がるかを 全く理解していなかったからで、単純にセイ子はタンパクであるといった誰から聞いたか全然分からない情報が元なんでしょう。 これは私だけではないはずでして、学校側がきちんと説明しなかったのが悪い... ってもしかしたら説明していたかもしれないけど全く記憶にありません。 それよりも前日にした後の尿検査はタンパクが出る、その結果はクラス中に知れ渡る事は勿論、確実に親に報告がいくという 恐怖感が大きいものでありました。 この出どころ不明の情報... 現在でも語り継がれている話かもしれませんが、もし語り継がれているとすれば先生がちゃんと教えるべきです。 お医者さんに聞いてみた 私が先日行った尿検査の結果をお医者さんに聞いた時に前日の行為が検査結果にどのような影響を与えるか聞いてみました。 あ、勿論だけど露骨に聞けません。 例えば 「前日に彼女と〇〇〇の場合ってやっぱり影響あるんですかね?」 のような感じで聞きました。 お医者さんの答えとしては、前日にしても尿検査には影響はない、ただし尿検査の直前にした場合は検査結果に別の異常が出る可能性がある。 尿検査による尿タンパクの数値はセイ子の数値を調べるものでは無い。 といった事です。 つまり私の中学生、高校生時代に感じた 当日イキナリ尿検査の恐怖は全く必要性がないものでした。 という事でもし出どころ不明の尿検査と前日〇〇情報を気にしている学生さんがいたとすれば安心しましょう。 それと同時に先生もこの事は頭に入れておいて欲しい。 そして私のブログを一時情報とするのではなく、お医者さんから一時情報を得て生徒に話して欲しいと願いまます。 この出どころ不明な情報は 虐めの原因を作ってしまう可能性があると考えて頂ければ仕事として行動すべきではないでしょうか。 尿タンパクの検出 若い年齢で尿からタンパクが検出されるという事は何らかの病気の可能性があり、キチンと検査をする必要があるという事です。 これは決して〇〇のしすぎといった考えをしてはいけません。 私も持病(腎臓病)が発覚するまでは、尿からタンパクが検出される意味の脳内情報がゼロでした。 その持病が発覚する前の尿検査でさえ 「あ... !」と前日の〇〇時間を考えたほどですからコノ出どころ不明情報の 罪はそれなりの物であると考えています。 ましてやこの出どころ不明情報を家族から聞かされていた場合は先輩や友人からのインプットよりも危ないです。 日本は中学校まで義務教育ですからね、先生の仕事として扱ったほうが良いはず。 広告 インターネット時代だからこそ... もし私の時代にインターネットがあれば、このような伝説はとっくに打ち消されていた事でしょう。 それもこの記事を書くにあたって「尿検査」と「〇〇〇」のアンド検索をしたところ、まだこの伝説に注意しましょう的な情報があります。 しかし現在の尿検査ではセイ 子の項目があるとお医者さんは言っています。 そしてネット環境がある学生なら問題ないですが、ネット環境が不十分な場合、または尿検査と前日〇〇についての伝説を疑わないような学生さんもいるはずです。 このような知識はオッサンになってから得るものではなく、学生のうち... できれば中学生の間に知るべき情報です。 いや、もしかすると小学6年生ぐらいのほうが良いかもしれません。 それが 日本社会の未来を担う子供に対しての優しさなのではありませんか? 教科書に載らないけど大人としての伝えなければならない事なのではありませんか? 他にも似たような伝説があるので、そのうち書いてみようと思います。 最後まで読んで頂き、有難うございました。 不安になるでしょうが、様々な段階がありますので一先ずこちらの記事を読んで今後についてゆっくりと考えましょう。 2019年3月21日追記 グーグルのコアアルゴリズムアップデートにより検索結果で出て来る順位が大幅に変動しました。 それにより尿検査と射精の関連性について都市伝説まがいの記事が検索上位に表示され、このインターネット時代に再びデタラメな情報が蔓延してしてしまう可能性があります。 出来れば医師の方が尿検査、尿たん白、射精についてしっかりとした見解の記事を書いて頂くことを望んでおります。 スポンサードリンク 腎臓の関連記事はコチラ.

次の

検尿で蛋白が出た!プラスマイナスの理由とは?

尿 検査 蛋白 精液

精液尿の原因 written by なら新宿ライフクリニック. 【精液尿とは】 精液尿spermaturiaとは、 その名の通り、おしっこの中にスペルマが混在してしまう状態になります。 健康診断などで無症状に見つかる事が多いとされています。 本疾患は、生理的に自然に発生するものと、症候性のあるものとが有ります。 症候性に本疾患を発生させるものには、男性不妊症に関連するものも有ります。 【精液尿の病原性】 精液尿には上記の通り、症候性のものと生理的なものが有ります。 性行為後、もしくは自慰行為後に尿道内に残ったが尿で洗い流されて、 一回尿検査にて検出される場合は生理的に自然なものです。 一方、逆行性射精によって膀胱内に射出された精子が、排尿時に尿中に混在し、 一回尿検査にて検出される場合は、生理的に自然とは言えず、症候性のものになります。 【症候性の精液尿の原因である逆行性射精とは】 症候性の精液尿の原因である逆行性射精とは、 射精時に本来尿道口方向へ射出されるはずの精子が、 膀胱方向に射出されてしまう事により、結果として乏精子症や本疾患を引き起こします。 通常、射精時は膀胱の出口を引き締める筋肉である内尿道括約筋が閉鎖して、 それに連動して尿道外括約筋が開いて、精子を射出する方向を固定していますが、 膀胱周囲の筋肉をコントロールする神経の障害や泌尿器領域の手術などの影響で、 この内尿道括約筋の閉鎖やシステムの連動に障害が発生すると逆行性射精が引き起こされます。 【精液尿と男性不妊】 精液尿の原因の一つである逆行性射精は、 程度のひどいものになると射精感はあるものの、精液が陰茎から射出されない、 もしくは非常に少量しか出ない状況になる場合があり、 その場合は男性が因子の不妊症である男性不妊の原因になる場合があります。 ED:勃起不全もまた男性不妊の原因になります。 written by の正規品を処方いたします. 、の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

次の

尿蛋白が出る原因はストレスや妊娠など様々!3回以上続くなら病院へ

尿 検査 蛋白 精液

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業 2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修 2004年 立川共済病院勤務 2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務 2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務 2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務 2017年 「なごみクリニック」院長に就任 小児科専門医・指導医 日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD) 臨床研修指導医(日本小児科学会) 抗菌化学療法認定医 全人的な医療を心がける。 病気・障害と付き合い「地域に住む方が、健康面で安心して生活を続けるお手伝いをする、支える医療」を目指す。 尿蛋白とは尿に含まれるたんぱく質で、この有無を調べれば腎臓の異常などがわかります。 ただし尿蛋白が表れる原因は様々なので、一概に病気があるとは言えません。 この記事では、尿蛋白が出る原因と病気の可能性について解説します。 尿蛋白とは? 尿蛋白とは文字通り、たんぱく質が混じった尿のことです。 尿には 腎臓の「糸球体」という部分でろ過された不純物が混ざっていますが、たんぱく質は不純物ではないので尿に混ざることもありません。 しかし何らかの原因でたんぱく質が糸球体を通過すると、尿と混じって体外へ排出されます。 正常値の目安 少量の尿蛋白であればそれほど珍しくはないので、経過をみても良いでしょう。 ただし多量のたんぱく質が尿に混じった場合は異常と判断されます。 一般的には下記が正常値と異常値の目安となります。 尿蛋白の原因とは? 1. 生活環境や精神的不調など 次のような生活環境や精神的不調が原因で尿蛋白が出ることがあります。 これらは生理的尿蛋白とよばれるもので特に心配はいりませんが、 3回以上基準値を超える場合は精密な検査が必要です。 風邪や高熱 体調不良によって、腎機能を含め体が正常に機能していないためです。 激しい運動 激しい運動に追い付かず、体の機能が混乱を起こしている状態です。 たんぱく質の過剰摂取 たんぱく質は糸球体でろ過することができないため、摂りすぎると処理が追いつかず、尿に混じって排出されます。 入浴 水圧によっては腎臓を圧迫する可能性があるためです。 脱水 出す胃によって腎機能が低下することが原因とさています。 ストレス ストレスは自律神経を乱し、体の異常を引き起こします。 これによって体の機能に支障が出るという仕組みです。 女性特有の体調変化によるもの 生理 生理前には、 膣からの分泌物と一緒に尿蛋白が出ることがあります。 ホルモンバランスの変化によるストレスが原因となるほか、尿に月経血が多少混ざることで尿蛋白が認められます。 妊娠 妊娠すると 胎児の分までたんぱく質のろ過が必要となるため、母体に負担がかかって尿蛋白が出やすくなります。 ただし検診のたびに尿蛋白が確認できる場合、「妊娠高血圧症候群」の可能性もあります。 母体の命に関わるほか、流産や胎盤早期剥離などで胎児に影響が出ることもある危険な状態です。 病気が影響している場合も 病気が原因で尿蛋白が出ている場合もあります。 慢性腎炎 急性腎炎が悪化して慢性化すると、 日常的に尿蛋白が出やすくなります。 慢性腎炎は発症に気づかないことが多いため、急性腎炎はしっかり完治させることが大切です。 尿路感染 尿路(腎臓や膀胱など)が細菌に感染すると、その部分が炎症を起こします。 腎臓への感染なら腎炎、膀胱なら膀胱炎といった病名です。 尿路感染を起こすと尿蛋白が出るほか、次ような症状もみられます。 ・排尿痛• ・頻尿• ・血尿 抗菌薬で治療を行い、重症な場合は入院が必要となります。 腎臓の奇形 腎臓に奇形があると、 尿蛋白や血尿が表れやすくなります。 腎臓の奇形はCTや超音波による画像検査で診断され、結果をみて医師と相談しながら治療方針を決めていきます。 腎前性尿蛋白 腎臓よりも前の尿細管に原因があり、血中にたんぱく質が異常に増えて尿蛋白が出る状態です。 腎前性尿蛋白は下記の病気が原因となるほか、妊娠によって引き起こされることもあります。 ・多発性骨髄腫• ・溶血性疾患• ・横紋筋融解症• ・甲状腺機能亢進症• ・心不全 腎性尿蛋白 腎臓に原因があって尿をろ過することができず、尿蛋白が漏れ出ることをいいます。 次の病気が原因となります。 ・糖尿病性腎症• ・糸球体腎炎• ・ネフローゼ症候群• ・腎硬化症• ・膠原病• ・アミロイド腎• ・妊娠高血圧症候群• ・ファンコニ症候群• ・Lowe症候群• ・Wilson病 また頻度は低いですが、重クロム酸、水銀・カドミウムなどによる中毒や、薬剤による腎毒性があります。 腎後性尿蛋白 腎臓よりも後の段階(尿管・膀胱・尿道)に異常があって尿蛋白が出ていることをいいます。 尿路の炎症や結石、腫瘍などが原因となります。 子どもの尿蛋白について 子どもは3歳児検診や学校で行う尿検査のときに、尿蛋白が見つかるケースが多いです。 原因としては既述したほかに、子ども特有のものがあります。 起立性蛋白尿 子どもの尿蛋白の大部分を占める原因で、身体の変化によって一時的にみられます。 成長とともに尿蛋白は検出されなくなるので、子どものうちは何度か表れても特に問題はありません。 溶連菌感染 溶連菌への感染がきっかけで「急性糸球体腎炎」に発展すると、その症状として尿蛋白がみられることがあります。 ほかに次のような症状もみられますが、早期に治療をすれば1~2ヵ月で改善します。 ・むくみ• ・頭痛• ・血尿• ・尿量の減少 まとめ 一度目の検査で尿蛋白がみられたら、再度検査を受けて原因を突き止めることが大切です。 特に病気などが見つからなければ、生活習慣や体調などによる一時的なものだと思ってOKです。 検査の結果腎臓などに病気がみつかった際は、適切な治療を受けてしっかり治しましょう。

次の