宮田 慧。 【BREATHE(宮田慧×多田和也)】

宮田悟志

宮田 慧

Contents• yahoo. jp) 2018年9月5日にHey!Sey!JUMPの山田涼介さんとモデルの宮田聡子さんが極秘交際をしていると女性セブンが報道して話題になりました。 2人が同じマンションへ出入りする姿が何度か目撃されているそうです。 それがなんと、極秘交際はすでに3年続いていました。 出会いは知人が集まる飲み会で、山田涼介さんが飲み物をこぼした際に、宮田聡子さんがハンカチで拭いていたそうです。 そのハンカチを宮田聡子さんが忘れてしまって、山田涼介さんが1年後に返したそうです。 宮田聡子さんの匂わせ投稿というのがあって、宮田聡子さんがインスタとツイッターで交際を匂わせる投稿が度々あって、それに山田涼介ファンの皆さんが激怒していたそうです。 どら焼きが匂わせ? 「福岡名物のあまおうイチゴどら焼き」の写真ですが、2017年3月11日に「福岡名物あまおうイチゴどら焼き」の写真を投稿して「はぁ・・・好き」と投稿しました。 山田涼介さんも最近はまっているスイーツについて「福岡名物どら焼き。 イチゴ入りのどら焼き美味しかった。 」と答えていたみたいですよ。 ちなみに、宮田聡子さんは福岡出身とのことなので、宮田聡子さんに教えてもらった可能性が高いですよね。 目薬が匂わせ? ドラクエのスライムの目薬の写真を2017年5月29日にドラクエのスライムの目薬の写真を投稿したそうです。 「売り切れ続出!!みんな急いで買ってきてー」と言ったみたいですよ。 宮田聡子さんは、スライムが大好きなようです。 山田涼介さんも目薬をパケ買いしたみたいなのですが、クールタイプの目薬だったからオブジェ化していると投稿したみたいです。 クールタイプが苦手なんですね!スライム目薬は、売り切れ続出でクールタイプの目薬だったとこから、山田涼介さんは、購入したのはスライムの目薬でお揃いなのではないか疑問に感じたみたいです。 ローファーと指輪・スマホケースが匂わせ? TODSのローファーの写真を投稿しました。 宮田聡子さんが自分の御褒美に憧れのブランドのローファーを買ったと写真を紹介しました。 ですが、山田涼介さんが雑誌で「友達の誕生日にローファーをプレゼントした」とこのローファーを紹介したそうです。 宮田聡子さんの匂わせと言われているのは、この3つ位だったみたいです。 山田涼介ファンからは相当叩かれたでしょうね。 他にも山田涼介さんと宮田聡子さんはお揃いの物があったようでそれが、指輪とスマホケースと言われています。 この指輪については、宮田さんはプライベートでしかつけていなかったとの事ですが、山田さんはコンサートや雑誌、TVの仕事中も身につけていました。 そして、交際報道後のコンサート宮城公演では、そのお揃いだった指輪を外していたようです。 スマホケースは黒いシンプルなもので、これもお揃いだったといわれています。 山田涼介と宮田聡子の熱愛報道はガセで破局したのか理由と結婚は?交際継続の噂の声を検証 以前に、話題になったHey!Sey!JUMPの山田涼介さんとモデルの宮田聡子さんの熱愛報道ですが、3年間の極秘交際を経て、2019年1月に週刊誌は、二人の交際が破局したと報じましたが、一方で破局はガセで「現在でも交際は継続中では」のような声も少なくありませんが、その理由は一体なんなのでしょうか。 ガセといわれている破局の原因となった二人のお揃い匂わせエピソードのまとめと、何故破局報道が嘘で現在も交際中と言われているのか、考えられる理由を突き止めてみましょう。 2019年週刊女性プライムが報じた二人の破局報道ですが、交際がスクープされたことで、初めは応援されていた宮田聡子さんも、SNSで心無い誹謗中傷をあびせられたことがきっかけで破局に至ったみたいです。 山田涼介さんと宮田聡子さんの破局の一番の理由は匂わせによる炎上でした。 jp) 山田涼介さんと宮田聡子さんの破局時に寄せられたコメントから分かる様に、山田涼介さんのファンから宮田聡子さんは強いバッシングを受けていたそうです。 破局の理由となったのも、バッシングを受け続けたからとのことです。 交際が発覚した本当に最初の時点では、「おめでとう」などの祝福コメントが寄せられていたのですが、それからすぐに匂わせ行為をしていたと反感を買ってしまったようですよ。 当初は山田涼介さんの妹さんも宮田聡子さんのインスタにいいねを押してたようです。 この匂わせ行為は、ジャニーズファンにとってバッシングの強い理由となるのです。 この指輪は、ブラックダイヤとダイヤモンドを使った素敵なデザインの指輪になっています。 やはり、お値段はお高めで、ダイヤモンドをふんだんに使っているので、相応というものです。 星のデザインが特徴で可愛らしく、山田涼介さんにお似合いのデザインとなっております。 naver. jp) 山田涼介さんは、歌手以外に俳優もしているので、役作りのために多少体重は変わりますが、気にしているというのはガセで、本人はそんなに気にしていないと思います。 デビューした時から、メンバーよりは若干低めで、大人になっても体重の変化もそんなにないから、あまり気にしなくていいと思います。 細めで、結構筋肉質だから、見るたびに体重が変わったように思えるのかもしれませんね。 身長は164cmで体重は公にはしていませんが、身長からして50㎏台ではないかと思います。 一般の男性の164cmの平均体重が、59㎏なので、山田涼介さんは一般男性と比べると、少し軽めかもしれませんね。 Say! pinterest. blog. 体重は不明です。 山田涼介と比較!Hey! Say! pinterest. pinterest. jp) 名前 高木雄也 出身地 大阪腑茨木市 生年月日 1990年3月26日(29歳) 身長 174. 体重は不明です。 山田涼介と比較!Hey! Say! dailyshincho. excite. jp) 名前 藪宏太 出身地 神奈川県横浜市 生年月日 1990年1月31日(29歳) 身長 178. 体重は不明です。 藪宏太さんが、Hey!Sey!JUMPの中で一番高いです。 山田涼介と宮田聡子のお揃い指輪はガセ?身長体重についてまとめ 山田涼介さんと宮田聡子さんについては破局説がガセなのか、交際継続説がガセなのかといった所ですが、あからさまな匂わせは一般的にも、相手のファンにとっていい気持ちはしませんね。 しかし最近はそれでも匂わせるのが流れのような点もありますから、仕方ないのかもしれませんね・・・ スポンサーリンク.

次の

宮田聡子、麦わら帽&白ワンピの夏スタイルで魅了(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

宮田 慧

結成のきっかけ 2010年に行われた「VOCAL BATTLE AUDITION 2」は参加者3万人から選ばれたファイナリスト10名のうち2名を三代目J Soul Brothersのヴォーカリストに決めるためのオーディションだったんですが、そこで見事栄冠を勝ち取ったのが今市隆二さんと登坂広臣さんでした。 ここで奇跡というか、ここである人が口を開きます。 このオーディションで審査員を務めていた松尾潔さん。 「歌の力とかパフォーマンス力っていう所で見ると別の組み合わせも頭に浮かぶんですけど」 え???肩を落としていた落選者はピクリ。 「多田くんと宮田くんが相当いいなと思って。今日見た瞬間にグッとお客さんも引っ張られてたから」 ということで宮田慧さんと多田和也が指名され、松尾さんがユニット名を命名、サウンドプロデュースも手掛け、2011年12月にデビューさせることになったわけです。 ユニット名のBREATHE(ブリーズ)は、 息をする・呼吸をするという意味で、松尾さんは 「2人にとって音楽を作る 歌を歌うっていう事が呼吸するのと同じ意味であってほしいという願いもっと言えば歌ってないと死んでしまうって言うぐらいに歌 =自分の命と思ってこれからの道を真っ直ぐ歩いて欲しいなと思います」 と二人にエールを送っています。 メンバープロフィール 宮田慧(みやた さとし、1984年7月28日生まれ 29歳 ) 神奈川県出身。 身長172cm。 血液型:AB型。 東北高等学校、専修大学の硬式野球部出身。 ポジションは外野手。 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有は高校の2年後輩にあたります。 広瀬香美音楽学校、EXPG東京校出身。 宮田慧さんは名門東北高校で野球部キャプテンとして甲子園出場した甲子園球児です! 多田体の故障で腰のけがなどで野球人生を断念・・・ やっぱり若いときはなんでもできると思って無茶しちゃうんですよね。 年取るとあちこち古傷が痛んだり。特に膝とかには後から来ますよね。 若い人からといって皆さんも無茶しちゃいけませんよ! 野球人生断念の絶望から救ってくれたのは現在の読売巨人軍の松本哲也選手。 専修大学時代のチームメイトでもあります。 夢叶ったんでしょうか??? 多田和也(ただ かずや、1988年7月22日生まれ 25歳) 大阪府出身。 身長170cm。 血液型:A型。 ESPミュージカルアカデミー出身。 特技はスーパーボールすくだそうで、小学生の頃は120個ほどすくったこともあるそうです。 まわりのギャラリーの人もどんな顔して見てたんでしょうか。 多田和也さんは大阪で高校まで過ごして、高校卒業時に東京へ上京したそうです。 その後のこまかい活動は分かりませんでしたが、4人でのコーラスグループを組んでいました。 ちなみにお二人の熱愛騒動はおろか、彼女がいるかどうかの情報もありませんでした。 まだデビューして2年。 これからというときに恋愛にうつつを抜かしている場合ではないということですかね。 BREATHEの動画! デビュー曲です! まとめ この声量とポテンシャルはヒット曲というか、ドラマ、CMのタイアップソングでヒットするとすぐに花開く可能性を秘めてますね。 これからのBREATHEに期待です! sponsored link.

次の

K Hiroi

宮田 慧

新着情報• 博士論文をベースとした研究書がRoutledgeから出版されます。 予定: 2020年10月• 書名:• 著者: Rei Miyata• 口頭発表• 日時: 2020年9月3〜4日• 場所: Kansai University Senriyama Campus , Osaka, Japan• 題目: A Survey of the Use of Human and Machine Translation on Japanese Municipal Websites• 著者: Rei Miyata• 口頭発表• 日時: 2021年9月7〜11日• 場所: Alexandroupolis, Greece• 題目: Building a Controlled Lexicon for Authoring Automotive Technical Documents• 著者: Rei Miyata, Hodai Sugino 研究テーマ 図書館情報学に軸足をおき、翻訳研究を視野に入れつつ、主に自然言語処理分野で研究を進めています。 機械翻訳を活用した多言語文書展開を支援する枠組みとシステム環境の研究• 文書構造の定式化• 機械翻訳向け日本語原文の書き換え• 多言語での制限用語集の構築とカバレッジ評価• 制限語彙と表現文型集の構築• オーサリング支援システムの開発とユーザビリティ評価• 翻訳のための起点文書分析を可能にするメタ言語の構築• 文化財説明文の平易化• ダイレクト広告のシナリオの自動生成と編集支援• 学校図書館による教員サポートを促す図書推薦支援システムの開発• 日本語イディオムの異形パターンの言語学的分析と検索ルールの構築 知識のまとまりとしては、テーマ1, 2, 3, 4が一定の内容的なまとまりを持った「文書」(とそこに含まれる言語表現)を、テーマ5がパッケージされた「本」(とその集合としての蔵書)を、テーマ6が数単語から構成される「イディオム」(とそれを含むセンテンス)を主に扱っています。 これらの研究テーマはそれぞれ独立しているように見えますが(実際そうではありますが)、いずれも分解合成的に知識を捉えるのではなく(そもそも知識は分解合成的に捉えられないと言うべきかもしれません)、体系的な知識の構造を措定しながら、そこに個別事象を位置づけていくという理論的枠組みを共有しています。 方法論的には、現実に存在する言語表現や文書・図書・蔵書を出発点として、一定の抽象化を図りながら、個別事象の存在様態を記述・類型化し、それらが「実際に出現しうる範囲」を見定めることを目指しています。 さらに一歩踏み込んで、「どうあるべきか」という規範に向けた検討を進め、部分的な定式化も行っていますが、まだあまりうまくいっていません。 経歴 2008. 4—2010. 3 東京大学教養学部 文科三類 2010. 4—2012. 3 東京大学教育学部 総合教育科学科 2010. 4—2014. 3 東京大学大学院情報学環 教育部 研究生(修了) 2012. 4—2014. 3 東京大学大学院教育学研究科 総合教育科学専攻 修士課程(修了) 2014. 4—2017. 3 東京大学大学院教育学研究科 総合教育科学専攻 博士(教育学) 2014. 12—2015. 2 東洋大学社会学部 リサーチアシスタント 2015. 3—2015. 8 情報通信研究機構(NICT)ユニバーサルコミュニケーション研究所 多言語翻訳研究室 協力研究員 2015. 11—2016. 3 情報通信研究機構(NICT)先進的音声翻訳研究開発推進センター 先進的翻訳技術研究室 有期技術員 2016. 4—2017. 31 日本学術振興会 特別研究員 2017. 4— 名古屋大学大学院工学研究科 情報・通信工学専攻 助教 教育歴 2017. 4— 名古屋大学「計算機プログラミング基礎及び演習」 (大学1年生向けのC言語及びJAVAの基礎演習) 2017. 4— 名古屋大学「電気電子情報工学実験第2(Webシステム構築)」 (深層学習を用いた画像処理・言語処理機構を組み込んだWebシステムを構築する演習) 2017. 4— 名古屋大学「電気電子情報工学実験第1(論理回路)」 (論理ゲートやフリップフロップを用いてカウンタを作成し、その出力波形をオシロスコープで測定する実験) 2014. 3—2017. 3 短大・大学図書館職員勉強会講師 (図書館情報学関連の文献の翻訳演習) 2015. 9—2015. 10 東京大学教育学部ティーチングアシスタント 2016. 4—2017. 3 立教大学「翻訳・通訳と現代社会」兼任講師 所属学会• 興味 ことば・本・もの・表現・アイディアを生み出し、共有することを可能にする仕組み・社会情報基盤・テクノロジー全般に興味があります。 ものづくり 2011から2015年度まで、3D技術(3Dプリンタや3DCAD)や電子工作を取り入れたものづくり教育プロジェクト「」に関わっていました。 詳細はもしくはにて。 その他活動• 合気道• 映画鑑賞・ミュージカル鑑賞 Research Topics• An authoring support system to create multilingual municipal documents• Keywords: Machine Translation MT , Controlled Natural Language CNL , Authoring Tool, Genre Analysis, Document Structure, Terminology, Natural Language Generation• Flexible matching rules of Japanese idioms• Keywords: Idiom, Automatic Idiom Lookup, Computer-Aided Translation CAT , Language Learning, Japanese-German Dictionary• A book recommendation support system for school librarians to help teachers• Keywords: School Library, Book Recommendation, Automatic Classification, Machine Learning, Collection, Teaching Unit Academic Experience 2008 April—2010 March Humanities and Social Sciences III, Junior Division at College of Arts and Sciences, The University of Tokyo 2010 April—2012 March Bachelor of Education, Department of Integrated Educational Sciences, Faculty of Education, The University of Tokyo 2010 April—2014 March Undergraduate Research Student Program, Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo 2012 April—2014 March M. Education , Department of Integrated Educational Sciences, Graduate School of Education, The University of Tokyo 2014 April—2017 March PhD, Department of Integrated Educational Sciences, Graduate School of Education, The University of Tokyo 2014 December—2015 February Research assistant, Faculty of Sociology, Toyo University 2015 March—2015 August Guest researcher, Multilingual Translation Laboratory, Universal Communication Research Institute, National Institute of Information and Communications Technology NICT 2015 November—2016 March Limited Term Technical Expert, Advanced Translation Technology Laboratory, Advanced Speech Translation Research and Development Promotion Center, National Institute of Information and Communications Technology NICT 2016 April—2017 March Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science JSPS 2017 April— Assistant Professor, Department of Information and Communication Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University Association Memberships• Research Interests Library and Information Science; Machine Translation; Controlled Natural Language; Technical Writing; Document Structure; Authoring Tool. More generally, I am interested in facilitating creative activity particularly, authoring and translation through human-computer interaction. Other Activities• Aikido 2nd DAN at Aikikai• Watching movies and musicals• Controlled Document Authoring in a Machine Translation Age• Rei Miyata• Routledge, 2020 to appear• Social Media for Government Services, Springer, pp. 367—393, 2016 Journal Papers Refereed• Building Controlled Bilingual Terminologies for the Municipal Domain and Evaluating Them Using a Coverage Estimation Approach• Rei Miyata, Kyo Kageura• Terminology, Vol. 24, No. 2, pp. 149—180, 2018• 学校図書館の教員サポートにおける授業に関連した資料提供の事例分析• 宮田玲, 矢田竣太郎, 浅石卓真• 日本図書館情報学会誌, Vol. 64, No. 3, pp. 115—131, 2018• 機械翻訳向けプリエディットの有効性と多様性の調査• 宮田玲, 藤田篤• 通訳翻訳研究への招待, No. 18, pp. 53—72, 2017• Evaluating the Usability of a Controlled Language Authoring Assistant• The Prague Bulletin of Mathematical Linguistics PBML , No. 108, pp. Building a Controlled Lexicon for Authoring Automotive Technical Documents• Rei Miyata, Hodai Sugino• Proceedings of the XIX EURALEX International Congress, Alexandroupolis, Greece, pp.?? , November 2020 Accepted; Conference: September 2021• Formalising Document Structure and Automatically Recognising Document Elements: A Case Study on Automobile Repair Manuals• Hodai Sugino, Rei Miyata, Satoshi Sato• Proceedings of the 21st International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries ICADL , Kuala Lumpur, Malaysia, pp. 249—262, November 2019 In: Jatowt A. , Maeda A. , Syn S. eds Digital Libraries at the Crossroads of Digital Information for the Future. Springer, Cham. Evaluating the Suitability of Human-oriented Text Simplification for Machine Translation• Rei Miyata, Midori Tatsumi• Proceedings of the 33rd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation PACLIC , Hakodate, Japan, pp. 167—175, September 2019• Dissecting Human Pre-Editing toward Better Use of Off-the-Shelf Machine Translation Systems• Rei Miyata, Atsushi Fujita• Proceedings of the 20th Annual Conference of the European Association for Machine Translation EAMT 2017 , User studies, Prague, Czech Republic, pp. 54—59, May 2017• MuTUAL: A Controlled Authoring Support System Enabling Contextual Machine Translation• Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics COLING 2016 , System Demonstrations, Osaka, Japan, pp. 35—39, December 2016• Constructing and Evaluating Controlled Bilingual Terminologies• Rei Miyata, Kyo Kageura• Proceedings the 5th International Workshop on Computational Terminology CompuTerm 2016 , Osaka, Japan, pp. 83—93, December 2016• Evaluating and Implementing a Controlled Language Checker• Proceedings of the 6th International Workshop on Controlled Language Applications CLAW 2016 , pp. Japanese Controlled Language Rules to Improve Machine Translatability of Municipal Documents• Proceedings of the Machine Translation Summit XV, Miami, Florida, pp. 90—103, October—November 2015• The Use of Corpus Evidence and Human Introspection to Create Idiom Variations• Rei Miyata, Ryoko Adachi, Ulrich Apel, Iris Vogel, Wolfgang Fanderl, Ryo Murayama, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura• Proceedings of the 2nd Asia Pacific Corpus Linguistics Conference APCLC 2014 , Hong Kong, pp. 201—202, March 2014• A Simple Platform for Defining Idiom Variation Matching Rules• Koichi Takeuchi, Ulrich Apel, Rei Miyata, Wolfgang Fanderl, Ryo Murayama, Iris Vogel, Ryoko Adachi, Kyo Kageura• 399—404, July 2014• Towards Acceptable Quality Machine Translation without Post-Editing for Municipal Websites: an Evaluation of Japanese Controlled Language Rules• Midori Tatsumi, Rei Miyata, Anthony Hartley, Kyo Kageura, Hitoshi Isahara• Machine Translation Summit XIV: QTLaunchPad Workshop on Human-Centric Machine Translation and Evaluation, Nice, France, September 2013• Anthony Hartley, Midori Tatsumi, Hitoshi Isahara, Kyo Kageura, Rei Miyata• Proceedings of the 16th Annual Conference of the European Association for Machine Translation EAMT 2012 , Trento, Italy, pp. プリエディットによる機械翻訳活用の試み• 宮田玲• パネリスト, 日本通訳翻訳学会第19回年次大会・公開シンポジウム「翻訳におけるテクノロジーを考える」, 関西大学, 2018年9月8日• わかりやすく翻訳しやすい日本語を書くために ~制限言語という考え方を理解し、ツールを活用して翻訳しやすい日本語を書く~• 宮田玲• パネリスト, テクニカルコミュニケーション(TC)シンポジウム2017, 京都リサーチパーク, 2017年10月4日• 制限言語とオーサリング支援システム:機械翻訳を活用した文書の多言語展開に向けて• 宮田玲• 招待講演, , 東京・丸ビルホール, 2017年3月8日• 制限オーサリングと機械翻訳• 宮田玲• 招待講演, , 名古屋大学, 2016年11月29日• 文書構造を考慮したMTの活用方法• 宮田玲• 招待講演, , 関西大学, 2015年6月13日 Journal Papers Less- or Non-Refereed• 公共図書館の蔵書における中学理科の教材候補:教材の所蔵調査に向けた予備的分析• 浅石卓真, 宮田玲, 矢田竣太郎• アカデミア 人文・自然科学編, No. 19, pp. 65—80, 2020• 学校図書館による教員サポートのための図書推薦支援システム• 宮田玲, 矢田竣太郎, 浅石卓真• 生涯学習基盤経営研究, No. 39, pp. 文化財説明文を対象とした平易化支援システムの設計と実装• 加藤汰一, 宮田玲, 立見みどり, 佐藤理史• 第34回人工知能学会全国大会, 熊本(オンライン開催), pp. 1—4, 2020年6月• A Survey of the Use of Human and Machine Translation on Japanese Municipal Websites• Rei Miyata• Proceedings of the 10th IATIS Regional Workshop, pp.?? , Osaka, Japan, September 2020 Accepted• 翻訳のための起点文書分析:文献レビューの枠組み• 宮田玲, 宮内拓也, 影浦峡• 言語処理学会第26回年次大会, 水戸(オンライン開催), pp. 533—536, 2020年3月• 文化財関連の専門用語を対象とした平易な説明生成• 永井利季, 宮田玲, 立見みどり, 佐藤理史• 言語処理学会第26回年次大会, 水戸(オンライン開催), pp. 685—688, 2020年3月• 文末述語における機能表現検出と文間接続関係推定への応用• 佐野正裕, 宮田玲, 佐藤理史• 言語処理学会第26回年次大会, 水戸(オンライン開催), pp. 1483—1486, 2020年3月• 通販商品を対象としたテレビ60秒広告シナリオの構造分析と自動生成• 今頭伸嘉, 平良裕汰朗, 宮田玲, 佐藤理史• 第6回自然言語処理シンポジウム, 東京, 2019年12月 In: 自然情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告, Vol. 2019-NL-243, No. 16, pp. 1-10• 人間の翻訳と機械翻訳をつなぐ翻訳プロセス・モデルの構築• 影浦峡, 内山将夫, 山田優, 阿辺川武, 藤田篤, 宮田玲• AAMT 2019, Tokyo, 東京, 2019年11月• 専門用語を平易に説明するプロセスとその支援技術:文化財説明文の平易化に向けて• 永井利季, 宮田玲, 立見みどり, 佐藤理史• 日本通訳翻訳学会第20回年次大会(JAITS), 東京, p. 25, 2019年9月• 翻訳教育プロセスでの「メタ言語」の有効性に関する研究:討論と実証実験報告• 朴恵, 影浦峡, 山田優, 田辺希久子, 宮田玲, 大西菜奈美, 平岡裕資• 日本通訳翻訳学会第20回年次大会(JAITS), 東京, p. 24, 2019年9月• 技術文書の多言語化を見据えた制限オーサリングと翻訳:基本方針と枠組み• 宮田玲, 柳英夫, 影浦峡, 萩原秀章• 言語処理学会第25回年次大会, 名古屋, pp. 918—921, 2019年3月• 文書モデルの作成と文書診断に向けた予備的考察:自動車の修理書を対象に• 杉野峰大, 宮田玲, 松崎拓也, 佐藤理史• 言語処理学会第25回年次大会, 名古屋, pp. 719—722, 2019年3月• ダイレクト広告コピー文の分析と自動生成• 平良裕汰朗, 佐藤理史, 宮田玲, 今頭伸嘉• 言語処理学会第25回年次大会, 名古屋, pp. 406—409, 2019年3月( ポスター賞受賞)• センター試験「化学」計算問題の自動解答システムの作成• 加藤汰一, 松崎拓也, 宮田玲, 佐藤理史• 言語処理学会第25回年次大会, 名古屋, pp. 894—897, 2019年3月• 文化財説明文における語句の平易化方法:翻訳ストラテジー類型との比較分析• 宮田玲, 立見みどり• 日本通訳翻訳学会第19回年次大会(JAITS), 大阪, p. 25, 2018年9月• MuTUAL: A Controlled Authoring System for Municipal Text Multilingualisation Using Machine Translation• 2017 Portsmouth Translation Conference: Translation and Disruption: Global and Local Perspectives, Portsmouth, UK,4 November 2017• 制限言語執筆支援システムのユーザビリティ評価• 言語処理学会第23回年次大会, 筑波, pp. 16—19, 2017年3月• 機械翻訳向け前編集の事例収集と類型化• 宮田玲, 藤田篤, 内山将夫, 隅田英一郎• 言語処理学会第22回年次大会, 仙台, pp. 869—872, 2016年3月• MuTUAL: An Authoring Support System for Municipal Text Multilingualisation• Machine Translation Summit XV: Technology Showcase demonstration , Miami, Florida, October—November 2015• 六法全書の参照条文を用いたネットワーク構造の分析:日本国憲法を対象として• 吉元涼介, 瀧澤啓太, 宮田玲, 芳鐘冬樹, 鈴木崇史• 第63回日本図書館情報学会研究大会, 東京, pp. 45—48, 2015年10月• 機械翻訳向け前編集に有効な書き換えルールに関する調査• 宮田玲, 藤田篤• NLP若手の会(YANS)第10回シンポジウム, 石川, 2015年9月( 奨励賞受賞)• Die flexible Suche nach Varianten von Kollokationen mittels einer Online-Platform• Iris Vogel, Ray Miyata, Ulrich Apel, Ryo Murayama, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura, Ryoko Adachi and Wolfgang Fanderl• Deutschsprachigen Japanologentages, Munich, Germany, August 2015• 教科・単元に関連した図書を自動収集する試み:中学社会地理的分野を対象として• 宮田玲, 浅石卓真, 矢田竣太郎• 日本図書館情報学会2015年度春季研究集会, 京都, pp. 70—73, 2015年5月• 機械翻訳の活用を見据えた文書構造と言語表現の対応づけ:自治体手続き型文書を対象とした予備的報告• 言語処理学会第21回年次大会, 京都, pp. Development and Use of a Platform for Defining Idiom Variation Rules• Ryoko Adachi, Koichi Takeuchi, Ryo Murayamaa, Wolfgang Fanderl, Rei Miyata, Iris Vogel, Ulrich Apel, Kyo Kageura• the 5th International Language Learning Conference ILLC 2013 , Penang, Malaysia, pp. 1—19, November 2013• 日英機械翻訳の精度改善と原文の読みやすさ向上のための日本語書き換えルールの作成と評価:地方自治体ウェブサイト文書を対象に• 宮田玲, 立見みどり, Anthony Hartley, 影浦峡, 井佐原均• 言語処理学会第19回年次大会, 名古屋, pp. 710—713, 2013年3月• 日英機械翻訳の改善に向けた日本語制限規則の構築と評価• 宮田玲, 影浦峡, Anthony Hartley• 言語処理学会第18回年次大会, 広島, pp. Controlled authoring system for municipal document multilingualisation• Rei Miyata• 講演, , 奈良先端科学技術大学院大学, 2018年12月21日• 記述から規範へ:説明可能性をめぐって• 宮田玲• 講演, ワンデーセミナー, 東京大学大学院教育学研究科, 2018年9月4日• MuTUAL: Controlled document authoring system for municipal text multilingualisation• Rei Miyata• 研究紹介トーク, CSIRO, 2018年7月10日• 機械翻訳向け原文書き換え:ルール作成の方法とツール• 宮田玲• 講演, ワンデーセミナー, 東京大学大学院教育学研究科, 2016年9月7日• 制限言語の性能• 宮田玲• ゲスト・スピーカー(通訳翻訳コミュニケーション), 立教大学, 2016年6月30日• Controlled authoring and MT• Rei Miyata• , National Institute of Informatics, 15 September 2015• Controlled authoring of municipal documents• 宮田玲• ゲスト・スピーカー(通訳翻訳コミュニケーション), 立教大学, 2015年6月16日• 制限言語と言い換え:多言語展開の改善に向けて• 第6回産業日本語研究会・シンポジウム予稿集, 東京, pp. 135—138, 2015年2月24日• Introduction to QRidiom• Rei Miyata• Cooperation at its Best: Developing a Platform for Defining Idiom Variation Rules• Kyo Kageura, Ryo Murayama, Rei Miyata, Koichi Takeuchi, Ulrich Apel, Wolfgang Fanderl, Iris Vogel• 多言語文書作成の枠組み:文書・言語・情報のコントロール• 宮田玲• 講演, ワンデーセミナー, 東京大学大学院教育学研究科, 2016年9月9日 Misc• 翻訳テクノロジー論考 第9回 〜テクノロジーを論じ考えるために〜• 宮田玲• , No. 306, pp. 28—29, 2020年3月• 翻訳テクノロジー論考 第5回 〜「やさしい日本語」と翻訳テクノロジーその2〜• 宮田玲• , No. 301, pp. 24—25, 2019年5月• 翻訳テクノロジーを学ぶ 第9回 〜プリエディット編その2〜• 宮田玲• , No. 292, pp. 26—27, 2017年11月• 翻訳テクノロジーを学ぶ 第8回 〜プリエディット編その1〜• 宮田玲• , No. 291, pp. 26—27, 2017年9月• ものづくりを通じた新しいコミュニティのデザイン:MONO-LAB-JAPANの活動を中心に• 東京大学生涯学習論研究室MONO-LAB-JAPANプロジェクト(荻野亮吾編)/担当:5章「ものラボのメディア活用」, 6章「3Dものづくり教育」, 10章5節「電子工作体験講座(第4回プログラム)」• 学習基盤社会研究・調査モノグラフ, 7号, 2014年12月• 翻訳テクノロジーを学ぶ• オンライン映像教材, 担当:(全3回), 2016年• 自治体文書の多言語化を支援する枠組みとシステム環境の研究• 宮田玲• , No. 57, pp. 54—63, 2014 Awards• President Award, The University of Tokyo, March 2017. YANS Young Researcher Association for NLP Studies Award, September 2015. AAMT Asia-Pacific Association for Machine Translation NAGAO AWARD Student Award, June 2014. Academic Activities• 2020. 大会賞審査委員, 言語処理学会第26回年次大会. 2019. 「自然言語処理」編集委員, 言語処理学会. 2019. 大会賞審査委員, 言語処理学会第25回年次大会. 2018—2019. 大会実行委員, 言語処理学会第25回年次大会. 2018. 大会賞審査委員, 言語処理学会第24回年次大会. 2017. メンバー, 日本図書館情報学会・学会ウェブサイト見直しワーキンググループ. 2017. 2017. 座長, 平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会. 2016. Committee Member, YRSNLP Young Researchers Symposium on Natural Language Processing 2016. 2016—2017. プログラム委員, NLP若手の会(YANS). 2015. Programme Committee Member, AI Australasian Joint Conference on Artificial Intelligence 2015. 2015—2016. 紀要編集委員, 東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース. Research Grant• KDDI財団: 調査研究助成• 2020年4月〜2023年3月• 研究代表者• 日本学術振興会: 基盤研究 S• 2019年6月〜2024年3月• 研究分担者• 日本学術振興会: 若手研究• 2019年4月〜2022年3月• 研究代表者• 翻訳教育プロセスでの「メタ言語」の有効性に関する研究• 日本通訳翻訳学会: 研究プロジェクト• 2018年10月〜2019年9月• 共同研究者• 言語資源のカバレッジ予測モデルの構築と多様なデータへの適用• 内藤科学技術振興財団: 研究助成• 2018年6月〜2019年3月• 研究代表者• 日本学術振興会: 研究活動スタート支援• 2017年8月〜2019年3月• 研究代表者• 日本学術振興会: 基盤研究 C• 2017年4月〜2020年3月• 研究分担者• 翻訳通訳テクノロジー研究ブロジェクト• 日本通訳翻訳学会: 研究プロジェクト• 2016年10月〜2017年9月• 共同研究者• 日本学術振興会: 特別研究員奨励費• 2016年4月〜2018年3月(特別研究員辞退に伴い2017年3月末で終了)• 研究代表者• 言語技術の高度な活用を見据えた自治体多言語用語集の構築と評価• 東京工業大学基金: 研究助成• 2015年4月〜2016年3月• 研究代表者• 日本図書館情報学会: 研究助成• 2014年6月〜2015年3月• 研究代表者• KDDI財団: 調査研究助成• 2014年4月〜2017年3月• 共同研究者• 制限日本語と機械翻訳を用いたビジネス・技術文書多言語化の効率改善に関する研究• 国立情報学研究所: 一般研究公募型共同研究• 2012年4月〜2013年3月• 共同研究者.

次の