玉乃淳 怒り新党。 『喋りのファンタジスタ』玉乃淳が語るサッカー解説の極意(J論)

「声に想いを乗せて」~実況・下田恒幸アナウンサー(玉乃淳)

玉乃淳 怒り新党

株式会社バランスマネジメント サッカー事業部 株式会社バランスマネジメント(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷)は、所属解説者:玉乃 淳(たまの じゅん)が、スポナビライブにてリーガエスパニョーラの開幕戦解説に決定したことをお知らせさせていただきます。 株式会社バランスマネジメント(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷)は、所属解説者:玉乃 淳(たまの じゅん)が、スポナビライブにてリーガエスパニョーラの開幕戦解説に決定したことをお知らせさせていただきます。 <玉乃淳 コメント> まさかまた、リーガ・エスパニョーラに帰ってこられるとは夢にも思っていませんでした。 夢のようです。 中学・高校と、ビセンテ・カルデロン(アトレティコ・マドリードのホームグランド)とサンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリードのホームグランド)に、毎週のように胸を躍らせながら通っていた思い出が走馬灯のように蘇ります。 今回開幕戦を担当させていただける意味を重く受け止め、スペインサッカーの細部に宿る、「楽しさの塊(かたまり)」を、情熱を持ってスポナビライブの視聴者の皆様にお届けできたらと思います。 <プロフィール> 玉乃 淳(たまの じゅん) 生年月日 :1984年6月19日 出身 :東京都 ヴェルディ下部組織で育ち、アトレティコ・マドリードのユースチームに加入。 現ACミラン所属のフェルナンド・トーレスと2トップを組む。 25歳の若さで現役を引退し、史上最年少で解説者に就任。 2014年12月3日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」にも取り上げられるなど、これからの解説業界を担う逸材。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

玉乃淳氏、J2新潟GMに電撃就任!「異色のキャリアとよく言われますが…」35歳青年GMの夢は2つ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

玉乃淳 怒り新党

経営コンサルタントを本業としながらも、との熱烈なサポーターとして各種メディアで積極的に情報発信を行っている村上アシシ氏。 今回、J論ではアシシ氏独特のサポーター視点、経営コンサルタント視点で日本サッカー界を盛り上げる方法を探る対談企画をスタート。 今回は独特の解説で人気となっている玉乃淳が登場。 フリーダムと称される解説手法の謎に迫った。 玉乃さんと言えば、2014年にマツコ・デラックスさん有吉さんの地上波番組『怒り新党』で奇抜なサッカー解説者として紹介されたことでブレイクしましたよね。 玉乃:ブレイクってほどでもないですよ。 アシシ:でもあれで結構仕事のオファーとか増えたんじゃないですか? 玉乃:全然ですよ。 もうちょっと何かいけるのかなと思ったんですけど、一瞬で終わりました。 ほとんど何にも派生しなかったです(笑)。 アシシ:正直言うと僕、玉乃さんの現役時代のプレーって見たことないんですよ。 僕が玉乃さんを知ったのは、それこそ『怒り新党』の放送前後ですよ。 ツイッター上で、サッカークラスタが『玉乃さんは喋りのファンタジスタだ!』と盛り上がってて。 そうやってネット界で話題になっているのは、自覚してますか? 玉乃:よく友だちが馬鹿にして?リンク送ってきたりするので知ってます(笑)。 アシシ:ツイッターのメンションとかで直接言ってくる人はいないんですか。

次の

サッカー解説者 玉乃 淳(たまの じゅん)、スポナビライブにてリーガエスパニョーラの開幕戦解説に決定!!!

玉乃淳 怒り新党

J2新潟は18日に取締役会を開催し、同日付でゼネラルマネジャー(GM)に玉乃淳氏(35)が就任することを決定したと発表した。 東京都出身の玉乃氏は東京Vのアカデミー(育成部門)育ちで、15歳の時にアトレチコ・マドリード(スペイン)のユースチームに入って3年間在籍。 鳥栖に在籍した今年8月に現役引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)とチームメートとしてプレーした。 日本に帰国後は東京Vユースからトップチームに昇格し、その後は徳島、横浜FC、草津でもプレー。 2009年限りで現役を引退した。 引退後はユーモアあふれる独特なコメント力を武器にサッカー解説者として人気を博し、それと並行する形で会社経営、経営コンサルティング会社勤務などを経て、2017年から博報堂DYメディアパートナーズのスポーツビジネス局に勤務していた。 35歳という異例の若さでGMに就任した玉乃氏はクラブを通じてコメントを発表。 「就任にあたり、二つの目標があります。 一つはタイトルの獲得、もう一つは、私が果たせなかったスペインでスターになるという夢を叶えてくれる才能の発掘と育成です」とした上で「現役時代は、新潟に完膚(ぷ)なきまでに叩きのめされました。 解説者時代は、自分が解説する試合は必ず勝利し、仕事関連の観戦時にも常に勝利をおさめる新潟。 そして「サッカー選手としての海外経験や最年少解説者、会社経営などの経験から、異色のキャリアとよく言われますが、直近は博報堂DYメディアパートナーズにて、国際スポーツビジネスや各Jクラブとのビジネスを通じ、スポーツビジネスの現場で様々なことにチャレンジしておりました。 ここまでの人生で経験してきたこと全てを総動員し、微力ながら、新潟の未来と可能性に貢献できるよう、全身全霊で取り組む所存でございます。 応援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と抱負を語った。

次の