ヒカキン 婚約。 ヒカキンがマスク着用めぐり指摘 「熱中症になれと?」の声も

【朗報】Youtuberヒカル、日本一になるための戦略を惜しげもなく公開する

ヒカキン 婚約

1位 /作者: 7,296pt 連載中 全12部分 代々聖女の家系に生まれたフィリアは両親から真面目なだけで、愛想もなくつまらない子と言われ続けて、スパルタ教育を強制させられていた。 そのおかげで歴代の聖女の中で最高の力を持つとまで評される才女となり、この国の第二王子であるユリウスと婚約する。 しかし、ユリウスはパーティーで出会ったフィリアの妹であるミアに一目惚れして、彼女と結婚したいと一方的に婚約破棄をする。 その上、ミアがフィリアに遠慮しないようにと、聖女がいない隣国に金と資源と引き換えにフィリアを差し出すという話をまとめていた。 魔物が増え続け、良くないことが起こりそうだと予知していたフィリアは、それは危険だと忠告したが、ユリウスは聞き入れない。 両親や国王にも外堀を埋められて、半ば追放のような形で隣国に売られたフィリア。 隣国で彼女が英雄のように奉られた頃、故郷は魔物たちによって阿鼻叫喚の地獄絵図が展開されていた。 黄家の玲琳(れいりん)は、やや病弱ながらも才気に溢れ、次期皇后候補との呼び声高い美少女だったが、それを妬んだ朱家の姫・慧月によって、互いの体を入れ替えられてしまう。 慧月の卑劣な罠によって、真実を訴える言葉を封じられ、処刑にまで追い込まれる玲琳。 回避しても、野ざらしの粗末な蔵に身一つで追いやられてしまう。 だが、慧月は知らなかった。 だがジルに才能はなく【水生成】【乾燥】など弱い魔法が使える程度。 コントロールは得意だが威力は子供にも劣り、他に特技と言えば裁縫と料理。 ついには王からも見放されて城から追放されてしまう。 婚約も破談となり身分も失い、絶望したジルはお情けで与えられた屋敷で 身投げしようとした。 だがジルは屋敷の中で、不思議な異国の書物を発見する。 それは 『自分の服は自分で作る ワンピースからドレスまで』、 『家庭でできる染め物』 『やさしいレザークラフト』 『ハンドメイド作家になろう!』 などの趣味系雑誌だった。 ジルは本を読み進める内に、 『誰のためでもなく、自分らしい服を着て自分らしく生きよう』 というキャッチコピーに衝撃を受ける。 「私の魔法を応用すれば、この本に書かれている素敵な服を作れる ……ていうか、作りたい! 今更死ぬなんてバカバカしい!」 ジルは絶望など忘れて本の知識、魔法、そしてどんな植物でも実る魔法の庭の 草花を活用して服や小物を作り始めた。 するとジルに注目した商人や、ジルの志に共感した職人、 婚約破棄したはずの王子など、妙な人間たちがやってきて……? その一方、ジルを追い出した王国には反乱の兆候が見え始めていた。 代々王家の人間から誕生することが多いのだが、今回聖女に選ばれたのは田舎育ちのフレメアだった。 聖女となったフレメアは、幼馴染で専属騎士のローレンと共に王都の教会で暮らしている。 迷える人々を導き、病める人を祈りで癒す。 日々聖女として振舞いながら、プライベートではダラけることもしばしば。 そんなある日、聖女が偽物だという噂が王都で広まっていた。 噂は尾ひれをつけ拡大し、遂には国王の耳にも届く。 弁解するため奮闘するフレメアだったが、彼女のことを快く思わない王女と貴族に嵌められ、インチキ聖女に仕立て上げられてしまう。 国王からは王都永久追放を命じられ、婚約者だった王子からも見捨てられ一人ぼっちになってしまう。 これは裏切られた聖女と騎士が、国を出て田舎の街でのんびり過ごすお話。 *** なにもかも失い絶望した私は、成り行きで得体のしれない馬丁の男と一緒に町を出奔することにしたのだった。 家も、家族も、故郷もぜんぶ捨てて、縁もゆかりもない僻地の村で私は生きることを決めた。 もう嫉妬や憎しみの感情に振り回されたくない。 仲の良い両親と少々過保護気味な二人の兄に愛されて育ち、将来は幼馴染で婚約者でもあるカルロ・ロッシと結婚して幸せな家庭を築くことが夢。 けれど、社交界デビューも済ましそろそろ結婚を、という段階になってカルロから突然婚約破棄を願いだされてしまう。 クローディアは寂しく思いながらも幼い頃の約束通り婚約破棄に了承する。 私をフッたのはあなたなのに、どうして私の婚活を邪魔するの? ちっとも憂鬱ではない、傍から見ればただの痴話喧嘩のような犬も食わない、婚約者たちが婚約破棄をしてまた婚約をしなおすまでの、ちょっとした恋の話です。 他の女性に跪き、愛を乞う自分の婚約者を目撃してしまった子爵令嬢、マーシャリィ・グレイシス。 まさかの浮気現場に悲しみにくれるけれど、当の婚約者からは言い訳も謝罪もない。 婚約破棄になるかと思いきや、それすらもなくて、気が付けば未婚のまま10年の月日が経っていて…。 25歳のマーシャは、結婚することを諦めて王妃付き侍女になっていた。 習作になります。 甘い設定がありますが、ご愛敬でお願いします。 ただいま現在のタイトルは「仮」ですので、変更の可能性があります。 ご了承ください。 しかし、それは彼女の記憶を呼び起こすものであり……そして、その光景を見るのは〝五回目〟だった。 一回目から四回目まで様々な死に方をしたミュゼは、味方のいない世界でただヒトリ、彼女の死を悲しんでくれた存在を思い出すー。 そしてそれこそが五回目の、運命の始まりだったー。 【続編(完結)】ミュゼとラグナの息子が花嫁探しに箱庭を飛び出した話。 【番外編(完結)】邪竜の眷属、淫魔のエイスの最愛との話。 【続編2(完結)】ミスティ・ドラグーン公爵令嬢はある日、今まで殺された四度の人生を思い出し、同時に邪竜の力に目覚める。 それが理由で幻竜マキナと出会いーー彼女の復讐劇の幕が開く。 【短編(随時、一話更新毎に完結設定にします)】後日談とか、伏線回収とか、時間軸がバラバラな短い話。 【注意】R15です。 残酷な描写あります。 アドバイス、誤字脱字ありましたらよろしくお願いします。 クロードはレティシアこそ『真の聖女』であると言っていたが、彼女と浮気していたことも知ってたし、こちらから願い下げですわ。 だが、結界を張りこの国を影から支えてきてきた『真の聖女』である私を追放してしまって本当にいいのかしら? 多分……明日からドラゴンとか上級魔族が攻め入ってくると思うけど……まあ知ったことではない。 私は王国を見捨てて、自由気ままに生きることにした。 一方真の聖女を失ってしまった王国は破滅への道を辿っていった。 ありがとうございます。 呪いの解呪は、呪い返しが恐ろしい。 断ったものの、今度は「看取ってください!」と結婚を申し込まれる。 死んだら財産をもらえることに目が眩んだ魔女は、しぶしぶ結婚をすることに。 貴族と魔女の結婚なんて、うまくいくはずがない。 そう思っていたのに、一緒に過ごしていく内に、ユースディアは夫となった男が気になるようになり……。 妻を甘やかしたい美貌の夫と、素直になれない魔女の、契約結婚から始まる恋と愛のお話。 ある日、皇都からやって来た宮廷の遣いの者により、小恋は後宮の女官として働くようスカウトされる。 「新入りの宮女が、第一妃様を張り倒したぞ!」 その初日、(諸事情により)第一妃にビンタしてしまった小恋は、一転罪人に。 処刑確定……と思いきや、特例で許せれたのだが、女官から格下げされ、下女として後宮内の雑用係にされてしまった。 周囲の女官から、『雑用姫』と馬鹿にされる小恋。 しかし、ここから小恋の快進撃が開始する。 老朽化した宮殿をリフォームしたり、貧乏暮らしで培った生活の知恵を駆使して雑用を難なくこなし、結果、女官や妃達から一目置かれていく事に。 一方で、後宮に潜む邪悪なものを狩る『退魔士』の仕事にもひょんな事から係わることになり、そちらでもめきめき頭角を現し仲間からも認められていく。 そんな日々を送っている内に、徐々に小恋の名は宮廷内に知れ渡り、皇帝までもが彼女を頼るようになって……。 その公爵夫人であるエレイン・ファーレンスは、悪逆の限りを尽くした上に、国家乗っ取りまで企んだ結果、最終的に自らの実の娘の手によってその命を奪われ、死亡した。 死の間際にやっと、その高い鼻っ柱は折れ、心からの後悔をしたのだが全ては後の祭り。 公爵家自体も滅び、その悪名は時間と共に忘れられる……そうなるはずだった。 しかし、気づけばエレインは意識を取り戻していた。 しかも、なんと出産中ではないか。 そんな場面で自分の状況を理解しようと思索を深めようとしても無駄であると即座に気付いた彼女は、とりあえず出産してから色々考えよう、と目の前の命と向きあうことにしたのだった……。 幸せな結婚生活を夢見た彼女に、しかし現実はどこまでも残酷だった。 愛する夫に疎まれ、精神がすり減って行く中、王女はとある事件がきっかけで命を落としてしまう。 それから十数年後。 ひとりの少女は、ふとしたきっかけで思い出す。 夫に顧みられることのないまま亡くなった、哀れな妻であった自身の前世を。 今度こそ平穏に生きよう。 不器用なふたりが紡ぐ、恋の物語。 お前を聖女と認めるわけにはいかない! お前が育てていた『乙女の百合』は偽物だった! この偽聖女め!」 アレキサンデル様が、わたくしをそう罵ります。 皆が驚きの声をあげました。 「エルヴィラ様が聖女でなかった?」 「何かの間違いでは?」 それもそのはず。 本来なら、わたくしが、正統な聖女だと認定されるはずの儀式です。 それが、一転して、「偽聖女」呼ばわり。 さらにアレキサンデル様は、宣言します。 「聖女ではない女とは結婚できない! お前との婚約は白紙に戻す」 そこで、初めてわたくしは、口を開きました。 自らが罪を犯す前に戻ったヴィオレットは決意する。 今度は間違わない。 罪を犯さず、誰の邪魔もせず、平凡に地味に、目立たず生きよう。 あぁでもその過程でちょっと羽目を外すくらいはいいだろう。 どうせ誰も私の事なんか見ていない……と思ったら、何だか色々とおかしな方向へ進んでいます。 あるとき、父である国王は姉ウィーディアの結婚が決まったと告げる。 相手は東の隣国オストロムの若き王オルティウス。 騎馬民族の流れをくむ蛮族と蔑む姉はエデルを隣国へ遣ることを父に懇願して、父王も了承する。 狼のように獰猛なオストロムの王と脅されたのだが、初夜を迎え、二人きりで過ごすうちに徐々にオルティウスの態度が変わってきて……。 前半ドアマット、色々と大変な目に遭うヒロインですが、なんだかんだと夫から大事に過保護に愛される物語。 「モカ、君とは婚約破棄をさせてもらう。 そして、俺はこの、ストロベリー=フラペチーノと婚約をする!」 ああ、これを聞くのにも、もう飽きてしまったほどの回数を私はループを繰り返して来ました。 「わかりましたわ。 モカ=キャラメルは、この婚約破棄を受け入れますわ」 「え」 わたくしがあっさりと承諾いたしましたので、元婚約者様は拍子抜けしたような顔をなさっておいでです。 さて、忙しくなりますわね。 わたくしはこの婚約破棄の瞬間に巻き戻され、五年後の二十歳の誕生日を過ぎたあたりで、必ず死んでしまうというループを繰り返しておりますので、今度こそはこのループ人生から抜け出したいものです。 ありがとうございました! 婚約破棄から修道院送りという、テンプレ通りの悪役令嬢の人生を歩んでいた主人公チェルシー・ローズデールは、修道院への護送中に事故に巻き込まれてうっかり命を落としてしまう。 次の瞬間、目を覚ましたチェルシーは、自分がなぜか幼少期にタイムスリップし、8歳の自分自身の憑依していることに気づく。 これは、やり直しのチャンスを得た悪役令嬢が、前世最後の1週間、自分を心から愛してくれた冒険者くんとの幸せな将来を目指す物語。 第三王子のエドワードは流行病などに備えて、第三王子ながらウィリアム第二王子と共にスペアとしての帝王学を学んでいたが、第一王子の成人に伴って帝王学は途中であったが終了した。 「とりあえず、色々勉強するために色んなところを見てくるといいんじゃないか?」 の父王の言葉がきっかけで、空っぽな自分が虚しくてがむしゃらにどこかに行きたくて出かけていた。 気がつけば放蕩息子のように王都に寄り付かず、あっちへフラフラこっちへフラフラして何年も過ぎていった。 そんな時に小耳に挟んだ最近話題のシャティヨン侯爵の領地では、福祉面で斬新な施作を打っているという話を聞いた。 しかもその施策を18歳の「おひとり様」侯爵令嬢が打ち出しているという。 自分よりも8つも年下の女性が、領地経営なんてしているんだろうか。 詳しく調べてみると、なかなかどうして寡婦の社会的地位向上であったり、医療や教育機関の整備の充実など確かに内容がしっかりしていたが、だからこそ実際は叔父の活躍のおこぼれではないのか。 …噂の令嬢にあってみたい。 こうして、ルイとシャルロットは出会ったのだがーーー ================ 「行き遅れ令嬢はおひとり様を満喫したい」の王子様目線のストーリーです。 リーシェにとってこの婚約破棄は7回目。 ここから新たな人生を歩み、薬師や男装騎士などの生き方を満喫したあと、20歳で命を落としてはこの婚約破棄シーンまで巻き戻っているのだ。 普通なら心が折れる所だが、リーシェのメンタルは強靭だった。 「さあ、次はどんな人生を過ごそうかしら!」 過去6度の人生、侍女や商人なども経験して忙しくも充実していたけれど、今回くらいは長生きしたい。 出来ればのんびりゴロゴロ生活もしたい……! なのに今回の人生では、過去の人生でリーシェを殺した軍国の皇太子・アルノルトに嫁ぐことになってしまう。 他者からは冷酷と恐れられるのに、何故かリーシェだけをやたらと甘やかす夫の真意が読めないけど……。 ……いいでしょう。 元敵国だろうとなんだろうと構いません。 7度目の人生、この城でごろごろを満喫してみせます!! 斜め上の決意とは裏腹に、過去の人生で獲得したスキルをうっかり発揮し、凄腕の皇太子妃として注目を浴びてしまう。 その戦争の講和条約には、何故か戦利品として、「イグニス公爵家の娘」をライティア王国第1王子、アレンの婚約者とすると記載されていた。 イグニス公爵家の娘の1人は、国1番の美少女と言われるリリアン、もう1人は、イグニス公爵家で侍女として働くユリアだった。 今は亡きユリアの母は、王族の出身だったが、望まれない子を宿し、王より頼まれた男爵家の次男であった今のイグニス公爵が、公爵の爵位と引き換えに結婚したという。 それ故、イグニス公爵家では、娘として見られておらず、ユリアは、侍女をしていた。 フロウ王国の第1王子を射止めたリリアンは、人質同然の婚約者の立場になるライティア王国へ行くことを拒否。 リリアンの提案により、ユリアがライティア王国へ向かうことになった。 全体的に、ちょっと天然の主人公のほのぼのしたお話です。 エピソードを付けたした為、7話になります。 しかし実際は、薔薇愛、つまり男同士の恋愛に妄想をたぎらせ、己の萌えを追及しまくる貴腐人であった。 そんな彼女の夢は、修道女となって「聖書」を記し、大陸中に薔薇愛を広めること。 未来の出家に備え、修道院に寄付したり(賄賂)、識字率向上に努めたり(布教の下準備)、領民のために腐葉土を作ったり(腐らせるのが得意)して過ごす彼女だが、十四歳のある日、異母弟のベルナルドと出会ってしまう。 彼こそは理想の「受け」、千年に一人の逸材だと断定したローザは、「ベルたん総受け計画」を策定し奮闘。 黒竜を救う為に治癒の歌を唄った彼女は、代償に声を失い、魔法を使えなくなってしまった。 八年の時が経ち…… オリヴィアは、姉と共に森の中の一軒家で幸せに暮らしていた。 そんな平穏を壊したのは、竜王国からやって来た遣いだった。 昔、助けられた黒竜はいまは竜王となり、国を治めている。 そして救ってくれた魔女を妃に迎えたいと……姉であるロザリアに対しての迎えだった。 拒むロザリアだが、オリヴィアはその遣いが竜王に対して悪意を持っている事を感じ取ってしまう。 オリヴィアは人の悪意が靄として見える眼を持っていたからだった。 同時に魔女としての仕事の依頼を受けた二人は登城を余儀なくされる。 八年ぶりに見た黒竜リベルトは美貌の王となっていて、オリヴィアの事を覚えてはいなかった。 不穏な空気が蔓延る城内で、仕事をこなす魔女姉妹だったが、ある夜を機に、オリヴィアはリベルトと交流を深め、互いに惹かれていく。 エミリアは聖女の力で動物と言葉を交わすことができる。 国民たちは、それなら魔獣とも会話ができるのではないか、と噂をし始める。 やがて噂は悪いように広まり、エミリアは『魔獣の手先』と呼ばれるようになり、罵声や石を浴びせられるようになった。 そんな噂をされている奴をこの国には置いておけないと、アルフレッド殿下は言う。 エミリアは自分を追放すれば、アーバス帝国を守っている結界が解け、魔獣に襲われることになると進言した。 しかし、アルフレッド殿下は、そんなもの兵に警備させておけばいいと楽観視していた。 そんな人たちにエミリアは愛想を尽かせ、人と関わることに疲れたので、森でのスローライフを楽しむことにした。 アーバス帝国の人たちは、いずれ魔獣によって滅びるだろう。 その時になって、ようやく私が貢献していたことに気付くはずだ。 でも、その時はもう手遅れだ。 勝手に滅びればいい。 私も、勝手にスローライフを楽しんでいるから。 アルファポリスで先行公開しています。 カクヨムにも掲載しています。 王子ドミニクと、その幼馴染のアンジェリカ。 愛し合う二人を引き裂くためだけに存在するお邪魔虫の、王子の婚約者である。 彼女はいつからか「婚約破棄」されては事故死する悪夢のループを繰り返している。 これもすべて、過去の自分の罪のせいだと彼女は考えている。 不思議な声に導かれ、ルルフィーナは再び悲劇の舞台へ舞い戻る……と思いきや、今度は色々やらかす前の幼児時代まで巻き戻る事ができた。 やり直しヒロインが色々頑張るけど空回り続ける話です。 ヒロインはアホの子なので転生チートはありません。 コミックス:1巻発売中・WEBにてコミカライズ連載中! 舞台版:2020年9月9日〜9月13日開演決定! 「なぜ、こんなことに……?」 大国ティアムーン帝国の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは断頭台 ギロチン の上でつぶやく。 彼女を取り囲む観衆の顔には、例外なく怒りの色があった。 重税に耐えかねた民衆の革命、その手にかかって、ミーアは断頭台で処刑されてしまう。 けれど次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。 八年も前、まだ子どもだった頃の姿で……。 一瞬、夢か? と安心しかけるミーアだったのだが、その枕元には彼女自身が綴った血染めの日記帳が転がっていた。 豪奢な皇女の部屋に、ミーアのあられもない悲鳴が響いた。 これは、やり直しの物語。 それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなくて……それを知った時にはすべてが手遅れだった姫殿下。 過去の自分へと逆行転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。 斜陽の帝国の未来を救うため? 内戦により命を落とす多くの兵士のため? 民衆を飢饉から救うため? 否、彼女の目的はただ一つ。 「すべてはギロチンの運命を回避するために!」 TOブックスさまより書籍化決定いたしました。 comico. その後、書籍化に伴い削除いたしました。 31人のお妃候補が王城に集う。 1日は1番目のお妃様、 2日は2番目のお妃様、 3日は3番目のお妃様、 …… 31日は貧乏くじのお妃様、 31日がある日しか王様のお越しはない。 三ヶ月に一度しかない31日のお妃様は、だーれもなりたがらない。 その31番目のお妃様に、僻地中の僻地であるカロディア領の若き領主の妹フェリアが選ばれた。 後宮は女の園…… 女のバトルにフェリアは勝ち残れるのか? 後宮田舎娘奮闘記です。 KADOKAWAビーズログ文庫様より 31番目のお妃様1~4発売中 イラストは山下ナナオ様です。 結婚したのは10年前。 とにかくお金が欲しい伯爵家と 名誉が欲しい成金の子爵家の契約結婚である。 結婚当時、夫のアレンディオは15歳の伯爵令息。 ソアリスは12歳の子爵令嬢。 「なんで君なんだ」 「…………そうですよね、私もそう思います」 会話は続かず、黙ってお茶を飲むこと数回。 互いのこともよく知らぬまま、わずか3か月後にはアレンディオは騎士として戦地へ旅立った。 「跡取りだからお金さえ払えば兵役を免除されるのに、そんなに私との結婚がイヤだったの……?」 そして10年間、形式的な手紙が半年に一回やってくるだけで、相変わらず互いのことは何も知らない。 成金だった実家の没落により、ソアリスはお城勤めを開始して22歳になっていた。 ところが、まさかのまさかで夫のアレンディオは大活躍し、将軍として数々の武功をあげる。 そして長らく続いた戦に勝利し、凱旋するという噂が。 結婚していることをふと思い出したソアリスは「これで離婚できる」とほっとする。 この10年、城で王女さまの金庫番として確固たる信頼を得た彼女は、 もうそろそろ自由になってもいいのではと思っていた。 「英雄になった彼には、もっとふさわしい相手がいるはず」 しかし現れた彼は、ソアリスに会うなり「早く結婚式を挙げよう」と言い出した。 握りしめていた離婚申立書を渡す暇もないままに、報奨金の一部だという巨大な邸へ連れ去られ、予想外の溺愛生活が始まる。 「君は10年前と変わらず可愛らしい」 「旦那様、戦で目をやられましたか」 立派になりすぎた夫と、どうにかして離婚したい妻の攻防録です。 六年後の未来を知っているジルは未来を変えようと焦り、顔も見ず別の男性に求婚するが、即答で了承を返したのは隣国の若き皇帝(六年後は闇落ち予定)だった。 皇帝に求婚を真に受けられ、誘拐され、後に引けなくなったジルは腹をくくる。 「あと六年ある、それまでに皇帝を更生させればすべて解決する!(と思いたい)」 これは魔力チートで軍神令嬢と呼ばれていた男前幼女が、王太子のしつこい求婚(復縁)を回避しつつ、かつての部下と再会したり、かっこよく物理で事件を解決したり、呪われた皇帝と本当の夫婦になるお話。 彼女には輝かんばかりの美貌を持つグリンダという義妹がいる。 ユーフェミアは王国の王子の婚約者候補筆頭だったものの、実際婚約者に選ばれたのはグリンダであった。 婚約者に選ばれなかったユーフェミアは失意の日々を送る……事も無く。 義母と義妹に虐げられながらも、彼女は初恋の「ハル」という少年と再会する日を夢見ていたのだが、ユーフェミアが無意識に使っていた魔法は実は聖女、大魔導師レベルの伝説級聖魔法だった。 無自覚ハイスペック美少女のユーフェミアがトンデモ能力を発揮して周りを翻弄してしまうお話。 ご了承ください。 ある日、竜の血を引くという王族の婚約者から、魂の伴侶である『番』を見つけたと婚約破棄された。 元々平民育ちのアニエスは平民に戻ろうと準備を始めるが、何故か婚約者の従兄の王子から舞踏会に招待される。 精霊の加護により感情が高ぶると相手にキノコを生やすという困った性質を持つアニエスだが、キノコが生えた王子は怯えるどころか、歓喜した。 「これも運命の赤い菌糸が繋ぐ縁だ。 各話あとがきに載せています。 「キノコ姫シリーズ」からご覧ください。 いつも淡々としている、真顔の聖女だ。 王城に迎えられたり、第一王子と婚約したり、浮気現場を目撃したり、偽聖女が現れて婚約破棄をされたり、国外追放をされたって、真顔で淡々と対応した。 「たとえ追放されようと、なにがなんでも、私は聖女の祈りを続けます」 聖女は怒涛の数年間を、ひたすら淡々と、真顔でやり過ごす。 けれど、淡々としているのは、見た目だけ。 心の内には、年頃の娘らしい乙女心があって……。 ざまぁと追放は香りづけ程度。 ありがとうございます&どうぞよろしくお願いします】 騎士家の娘として騎士を目指していたフィーアは、死にかけた際に「大聖女」だった前世を思い出す。 ……え? 聖女って、すごく弱体化しているのに、絶滅寸前なため、崇められている職業だよね? 私が使う聖女の力って、おとぎ話と化した「失われた魔法」ばっかりなんだけど。 そういえば、前世で、『聖女として生まれ変わったら殺す』って魔王の右腕に脅されたんだっけ。 こんな力使ったら、一発で聖女ってバレて、殺されるんじゃないかしら。 ……ってことで、初志貫徹で騎士になります! 静かに生きます! なーんて思ったけど、持っている力は使っちゃうよね。 死ぬのはいつも嫁入り前日。 悪魔が来て、八つ裂きにされ……そして人生やり直し。 悪魔が襲来する原因は、愚かな父と、ろくでもない婚約者にあるようだ。 リディアは八つ裂き回避のために、ループ人生を駆け抜ける。 八つ裂きの瞬間が迫る中、庭師の青年との素敵な一時を過ごすことにした。 彼は幼い頃、一人の女の子に言われたことがきっかけで彼女を大切に想うようになる。 成長し、若くして魔術師団長になった彼はその就任を祝う夜会で理想の相手を問われ、「自分と同じ虹色の瞳を持つ女性」だと答えた。 オスカーのことを覚えておらず、オスカーが夜会で言った言葉のせいで迷惑をこうむっていた彼女からの第一印象は最悪だったがオスカーは彼女と距離を縮めていく。 「レイチェル・パーシヴァルの書簡集」のオスカー視点のお話。 18年間、獣人の血を引いていることを知らなかったメロディアは、愕然とする。 夜、狼の姿になると魔法が使えないメロディアは、勤務体制が日勤のみというフェンリル騎士隊・第一騎兵部に異動となった。 その先で、想定外の出会いを果たす。 なんと、上司は喋る犬だったのだ。 さらに、その犬は出会ったばかりのメロディアに言った。 「ふっ、面白い女だ。 私の花嫁にしてやろう」と。 今のままならフィアンセからの婚約破棄は免れない。 ただ、「推し」の目の前で断罪されることだけは避けたいお嬢様のために、お手伝いをすることに。 人を寄せ付けないオーラを放つアルベールに、人付き合いの苦手なエヴァは戸惑いながら惹かれていく。 お嬢様の断罪回避を手伝ったらスパイの真似事をさせられました。 その理由は無実の罪、しかも最後には「俺の前から永遠に立ち去れ、役立たずの辺境貴族が!」と家ごと罵倒されてしまう。 ……あの、王子様? うちの家って西からの魔物をずーっと防いでるんですけど、役立たずですかそうですか。 冤罪が晴れた後もクロフォードからの謝罪はなく、むしろ王家からの無茶苦茶な要求が続くばかり。 がまんの限界に達したフローラリアは、国王とクロフォードの前で言い放つ。 国王のもとへ、二番目の妃として。 血統至上主義の現王室は数世代に渡る血族結婚を繰り返し、その血脈を痩せ細らせていた。 血筋のみを重要視した悪政が続き、国力は低下するばかり。 斜陽にある王家が取った苦肉の策は、これまで被支配階級であった辺境の民族から妻を娶り、国内勢力と融和すること。 白羽の矢が立てられたのが、辺境領主の中では最大派閥と噂されるカシャの嫡女ベルタだった。 夫に愛されるわけもなく、正妃とは政治的に対立することを余儀なくされるハードモードな新婚生活。 ベルタは受難の予想される日々を耐え抜いて、役目を終えた妃として市井に下賜される日を待ちわびることにした。 しかし、ベルタの結婚当初の計画は、すべての関係各所にとって予想外の事態によって潰えてしまう。 ベルタは嫁いで早々の三夜の儀式で、国王の子を身ごもってしまったのだった。 それでもオパールは意地悪な噂に負けることなく胸を張り、莫大な持参金目当ての求婚者たちを断り続けていた。 二十歳になれば母方の祖母からの遺産を受け継ぎ、田舎でひっそりと暮らすつもりで。 しかし、オパールにとって最後のシーズンにするつもりだったある日、借金を抱えた公爵ヒューバートとの結婚を父親から命じられる。 また、ヒューバートはお金のために〝ふしだらな女〟に自分を身売りしなければならなくなったことで苛立ち、オパールに対し冷たく当たった。 しかも、公爵邸の女主人の部屋には、屋敷の者たちから大切にされている〝天使〟までいて……。 最初から愛情なんてなかった、しかしこのままでは家族に迷惑を掛ける……と思っていたライラはいきなり、「亡霊魔道士」と呼ばれる青年にプロポーズされる。 魔力が多すぎるゆえに体調不良に悩まされる彼だが、どうもライラならば彼を癒せるらしい。 様々な好条件を持ち出され、魔道士ユリウスの婚約者として彼の屋敷で暮らすことになったライラだが……。 婚約者はちょっとぼんやりしている不思議な人だけれど、ライラのことを大切にしてくれる。 彼とお喋りをしたり、菓子を作ったり、お出かけしたり。 こんな生活もいいな、と思っていたけれど……。 思い上がるな。 今となっては、ただの政略結婚に過ぎん。 お前に瑕疵が見つかればすぐに婚約は破棄するからな!」 公爵令息のユリウスは甘やかされ横柄な性格に育った。 適当に選んだ婚約者のマリーウェザー子爵令嬢を「家来」と称し暴言を吐き、好き放題に振舞っている。 一方マリーウェザーは母親に言われた、 「男の子は好きな女の子を虐めるものよ」 と言う言葉を信じ、ユリウスを一途に慕い続けている。 卒業すれば、この歪んだ関係のまま結婚することになるだろう。 だが、そんな二人の間に男爵令嬢パウロが入り込んだことで、事態は一変する。 前回の短編はスーパーテンプレでしたので、 今回はテンプレを外してみました。 読み終えてにやっとして頂ければ嬉しいです。 地雷のある方は御自衛ください。 苦情、批判等はあいにく受け付けておりません。 感想など頂けたら嬉しいです。 マシュマロもしているので良ければ何かください。 唐突に思いついた話ですので、サラッと読んで頂けたら嬉しいです。 顎を上げ、得意気な表情のジュダスの脇には、高価なドレスと装飾物を纏った可愛らしい男爵令嬢のエルシー・スィオネ。 そしてその二人の後ろには王子の側近候補の四人も控える。 冷静に対応するフランシーヌに対し、ジュダスは国外追放を言い渡す。 すると観衆を割り、隣国ディオネ帝国からの留学生、アンジェラ皇女殿下が現れた。 メインタイトルが同じなだけのオムニバスと思っていただければと思います。 そのとき見た夢は、社長令嬢の蝶子として嫌っていた元友人に婚約者を奪われてしまうというもの。 よくわからないけれど、夢と同じ人生は歩みたくない。 それにどうせならもっと魔法を活用して、新しいことをやってみたい! そのためにもファラーラは今までの傲慢だった自分を反省し、明るく楽しい未来を目指してやり直すことを決意した。 毎日、夜明け前から掃除をさせられ、食事抜きやムチ打ちなどの体罰を受ける。 そんな生活を送っていたチェルシーのもとに転機が訪れる。 妹のために呼んだスキル鑑定師によって、チェルシーは新種のスキルに目覚めた者だと判断される。 妹もまた制御訓練が必要な者と判断され、二人そろって王都にあるスキル研究所で生活することになったのだが……。 2巻準備中。 イラストレーターはゆき哉先生です。 漫画家は遊喜じろう先生です。 え、何?なんで?? よくわからないけれど、ギヨーム様がずっとお付き合いされているジャンヌ様が腕に絡みついている。 訳もわからずデビュタント当日に婚約破棄とか、ないわー。 婚約破棄は易々として、新しく婚約しようとしても、「捨てられた方の令嬢」とすっかり社交界で有名になってしまったシャルロットと縁続きになろうという令息はおらず、、、 「私、もう一生結婚できないんだわ・・・!」 凹む私を優しくなだめてくれた両親の進めで領地で心を癒すことになった私。 そうよ、考えてみれば、おひとり様でも良いじゃない。 片田舎で見つかった、異世界からの渡り人・アンナ。 彼女の力は聖乙女であったペネロペを遥かに上回るものであった。 ゆえにペネロペは失脚し、第七王子との婚約もなかったことに。 さらに聖乙女から魔法女へと降格され、隠遁生活を送ることを余儀なくされる。 すべてを失ったペネロペは、獣人奴隷のテオを連れ、「クソみたいな環境からおさらばして悠々自適の年金生活を送る」と己を奮い立たせて神殿を後にする。 それが負け惜しみだということをだれよりも理解しながら。 また、差別的な発言をするキャラクターが登場しますが、それらの行為を礼賛・推奨・助長する意図は一切ありません。 目覚めると、自分の婚約者であったはずの王太子がレイラの妹であるローゼと婚約を結び直していた。 両親は「どうしても王家と婚姻を結ぶ必要があったのだ」と弁明する姿勢を見せるが、妹のローゼはどこか勝ち誇ったような様子。 政略結婚とはいえ、王太子のことを慕っていたレイラはこのまま他の家に嫁がされるのも、妹たちの幸せそうな姿を見ているのも限界だった。 リハビリを終え、どうにか屋敷の中を歩き回れるくらいに回復したレイラは、「来るもの拒まず」で有名な王都のはずれの修道院へ入ることを決意する。 両親にも使用人にも行先を告げず、こっそりと屋敷を抜け出したレイラは、道中雨に降られ道端にへたり込んでしまう。 傷心した公爵令嬢の逃避行から始まる、幻の王都を巡る小さな恋の物語。 ある日怪我をして、貴族の青年・ハロルドに服を脱がされた結果、女性であることがバレてしまう。 男として育ったがさつな王女など、政略結婚の道具として使えない。 そんな彼女の結婚相手が、性別バレのきっかけであるハロルドに決まる。 治療のためだったのに、王女の肌に触れてしまった責任を取らされたのだ。 彼にとって不本意な結婚に違いないと考えたエディは、ハロルドのために悪妻となり離婚をめざす。 けれどエディの悪妻計画は、とにかく寛容なハロルドには通用しないのだった! 前半ややドアマット、後半は悪妻をめざし奮闘するヒロインが、ぜんぜん離婚するつもりのないヒーローに翻弄されるお話です。 しかもクリストフはアイリスという女にデレデレしている。 王宮を追い出された私だったが、地水火風を司る四大精霊も私についてきてくれたので、精霊の力を借りた私は強力な魔法を使えるようになった。 そして隣国マナライト王国の王子アルツリヒトの招待を受ける。 一方、精霊の加護を失った王国には次々と災厄が訪れる。 その王太子は隣に寄り添う公爵令嬢に愛おしげな視線を向けていて、フィーナが捨てられたのは明らかだった。 フィーナは失意してパーティー会場から逃げるように抜け出す。 そして、婚約破棄されてしまった自分のせいで家族に迷惑がかからないように侯爵家当主の父に勘当するようにお願いした。 そうして身分を捨てたフィーナは生活費を稼ぐために魔法技術が発達していない隣国に渡ろうとするも、道中で魔物に襲われて意識を失ってしまう。 しかし孤児であるが故に冷遇され、廃棄される予定である事を知る。 しかもよくない噂がある男爵の妾にされそうな事も知り、教会からの逃走を決意。 逃走の途中、苦しむわけありの青年を助けたところとても感謝されることに。 青年は騎士で、会ったばかりだというのにアイリスにとても親切で戸惑うばかり。 実は聖女だと判明したアイリスを巡る様々な出来事。 時々番外編のSSを追加予定です。 世界の滅亡と自身の破滅を回避するために恵美は奔走する! ……その努力も虚しく、同じく転生者であるヒロインの「星の乙女」に陥れられた恵美は婚約破棄された上で星の乙女の命を狙ったと断罪された。 そのショックで意識を失った恵美の代わりに、中から見守っていた「レミリア」が目を覚まし、可愛い「エミ」を傷付けた星の乙女と元婚約者の王子達に復讐を行う。 主人公は「レミリア」です。 私は小さい頃から、そこでなりたいものがあった。 それはとある場所の『受付のお姉さん』。 でもそこは超一流の魔法使いじゃないとなれないのだ、と両親から言われる。 ……一流?それがどうした。 だからなんなんだ。 じゃあ一流になれるように頑張れば良いんじゃないか!そう考えた私は、魔法の学校で勉強を一生懸命頑張った。 誰にも負けないように頑張った。 公爵の息子とか王子とか貴族達がいる中でも、庶民の意地を見せて、一番になれるように頑張った。 根性だ根性。 そして数年後、努力の末に私は見事念願の『受付のお姉さん』になることが出来た。 でもそれは、予想以上に大変な仕事だった。 ……という、受付嬢になるまでの道のりと、なってからの主人公の日常を淡々と描いていきます。 コミックス1巻は2019年11月5日より発売中。 始まりはいつも五歳からで、終わりは十六歳。 婚約者のハロルドに婚約破棄を言い渡されたその場で、意識が途切れる。 毎回毎回ハロルドの横には同じ令嬢がいた。 彼女に取られないように努力したクラリスだが、結果は変わらない。 そうして繰り返すこと六回目。 お決まりの婚約破棄の言葉と共に、意識が途切れた。 「なんかもう、いいや」 諦めの境地に達したクラリスは、七回目の人生はハロルドに愛されようと努力するのをやめることにした。 聖女に対し悪逆非道な行いをしたとして、婚約破棄され修道院行きとなる。 ところが、修道院へ向かう道中で賊に襲われる。 死んだと思ったラシェルが目覚めると、3年前に戻っていた。 しかし、高かった魔力はほとんど無くなり、変わりにベッドから起き上がれないほどの病弱な体になってしまった。 王国は森との誓約の証に少女を迎え入れ、森の聖女として大切に扱ってきた。 だが時の王、シリル・ドラクロワは度重なる聖女の浪費癖についに堪忍袋の緒が切れたのだ。 「もう我慢ならない! 森の聖女を追い出せ! 森との誓約などおとぎ話にすぎん!」 そう叫んだ王の手先によって、聖女リリアーナは森へと捨てられてしまった。 「なんだかわからないけど、ただいま」 森で生まれ、森で育てられた正真正銘の聖女だったリリアーナを追い返された森は激怒し、王国を守ることをやめてしまった。 そしてさらに七年後、森の聖女は森の反対側にある砂漠の国の妃になっていたのである。 「お前もこの国に来て五年だ。 他にいい男はいなかったのか」 「あなたが一番強い。 番になるなら一番強い男がいい」 森で育ったちょっと風変わりな聖女と、それに振り回される砂漠の覇王の物語。 ほんの少しだけですが虐待を匂わせる部分がありますので、苦手な方はご注意ください。 なおざまぁはほぼありませんが自滅はあります。 別のサイトにも投稿しています。 ありがとうございます。 認識した瞬間に変な悲鳴が出ました。 嬉しいです。

次の

北の打ち師達はるくんがフジテレビ久代萌美アナウンサーと婚約 文春が報道

ヒカキン 婚約

人気ユーチューバーのヒカキンがツイッターに投稿したある文面が、批判を集めている。 5月には「命を守る人を支えたいコロナ医療支援募金」を立ち上げ、自ら1億円を寄付したヒカキン。 また、小池百合子東京都知事とコラボし、都民が疑問に思っていることを小池都知事に質問する動画をアップしたり、新型コロナウイルスに感染して集中治療室から復活した芸人に、動画でインタビューを行うなど、その行動力が反響を集めている。 そんなヒカキンだが、3日夜にツイッターを更新し、「コンビニで買い物するために夜外出たら、すれ違う人たち半分くらいしてない。。。 」と緊急事態宣言も明け、外を出歩いている人たちの半数がマスク未着用だったことを報告。 「東京、意識を高く持って欲しいねぇ」と都民へマスク着用を呼び掛けていた。 「しかし、一部から『熱中症になれって言ってるんですか? 』『今の時期にマスクをつけるようにいうことは、熱中症になれって言ってるのと変わらない』『肌荒れで悩んでる人もいるんですよ』といった批判が噴出。 ツイッターは炎上状態になっています。 確かに、暑くなるにつれ熱中症のリスクは指摘され始めており、厚生労働省は熱中症予防のため、『屋外で人と十分な距離 2メートル以上 を確保できる場合には、マスクをはずす』と記されていますが、ヒカキンが出掛けたのは夜。 『夜は涼しいし、熱中症とそんなに関係ないんじゃない? 』『すれ違うくらいだからマスク未着用の人でも他人と距離取ってなさそう』といったヒカキンへの擁護の声も見られました」 芸能ライター 自身が無症状感染者かもしれないということも考え、多くの人が今もマスクを着用しているが、ただでさえ熱中症リスクが高まっている今、さまざまな意見が生まれ始めているようだ。 mhlw. html 外部サイト.

次の

ヒカキンは在日韓国人ってマジ!?国籍の真実を公開します!

ヒカキン 婚約

人気ユーチューバーのヒカキンがツイッターに投稿したある文面が、批判を集めている。 5月には「命を守る人を支えたいコロナ医療支援募金」を立ち上げ、自ら1億円を寄付したヒカキン。 また、小池百合子東京都知事とコラボし、都民が疑問に思っていることを小池都知事に質問する動画をアップしたり、新型コロナウイルスに感染して集中治療室から復活した芸人に、動画でインタビューを行うなど、その行動力が反響を集めている。 そんなヒカキンだが、3日夜にツイッターを更新し、「コンビニで買い物するために夜外出たら、すれ違う人たち半分くらいしてない。。。 」と緊急事態宣言も明け、外を出歩いている人たちの半数がマスク未着用だったことを報告。 「東京、意識を高く持って欲しいねぇ」と都民へマスク着用を呼び掛けていた。 「しかし、一部から『熱中症になれって言ってるんですか? 』『今の時期にマスクをつけるようにいうことは、熱中症になれって言ってるのと変わらない』『肌荒れで悩んでる人もいるんですよ』といった批判が噴出。 ツイッターは炎上状態になっています。 確かに、暑くなるにつれ熱中症のリスクは指摘され始めており、厚生労働省は熱中症予防のため、『屋外で人と十分な距離 2メートル以上 を確保できる場合には、マスクをはずす』と記されていますが、ヒカキンが出掛けたのは夜。 『夜は涼しいし、熱中症とそんなに関係ないんじゃない? 』『すれ違うくらいだからマスク未着用の人でも他人と距離取ってなさそう』といったヒカキンへの擁護の声も見られました」 芸能ライター 自身が無症状感染者かもしれないということも考え、多くの人が今もマスクを着用しているが、ただでさえ熱中症リスクが高まっている今、さまざまな意見が生まれ始めているようだ。 mhlw. html 外部サイト.

次の