あにおびん。 [B!] 【まちカドまぞく】第6話 感想 魔法少女の血を奪え! : あにこ便

「あにこ便」に関するQ&A

あにおびん

なぜも何も、「やらおん!」と言えば荒らしの代名詞みたいなものだしね……。 もともと管理人さんがそっち側の人というか、事実を曲解してフェイクニュース化させて拡散させるような人間だし。 普通の記事にせよ、管理人さんの気に入ったアニメを大絶賛する一方で、気に食わないアニメはとことんこき下ろすというスタイル。 マスコミではないが「偏向報道」という言葉を聞いた時には「やらおん!」を想像すると大体間違ってない。 で、更に厄介なことに、この「やらおん!」の偏った論旨に洗脳された「やらチル」と言われる人たちもいて、そういう連中が「やらおん!」の外でも同じような意見を吹聴するようになってて、更に無理解や誤解を拡散させてしまっている。 現に「知恵袋」の中でも「やらチル」っぽい利用者さんがちらほら見受けられますしね。 とはいえこの「やらおん!」もなまじ歴史だけは長いため悪い意味で影響力が強く、類は友を呼ぶ一方で真っ当な人間なら基本的に近づこうとしない。 したがってコメント欄にそういう傾向の発言が多く集まりやすいのも必至。 で、肝心の「あにこ便」が質問者さん曰く「良識的なコメントが多い」理由だけど。 単純な話、まだ歴史が浅いというのがまず一点。 荒らしを生業にするような暇人の目に留まるほどの知名度がそれほどなかったこと。 また管理人さん自身も比較的穏健な立場で編集している(まとめ記事の中であまり否定的な発言を拾ってこない)ため、根っから荒らしが増長するような環境ではないことも理由の一つとして挙げられるでしょう。 しかし現在はこうしてそれなりに注目を集めるようになっているので、それに比例してやっぱり荒らしも湧きやすくなってしまっていまして。 昔はもっと平和だったのに、近年ではわりと攻撃的なコメントが飛び交うようになってきてますし。 尤も、こうした現象は他のまとめ記事サイトにおいても言えることなのですが。 ともあれ、たかがヲタクカルチャーのまとめ記事サイトと言えども、数あるマスメディアの縮図のような現象は発生するということです。 もとい社会問題の方はそれだけ関心を抱く人が多いから、騒ぎの起き方ももっと大きくなっているということで。

次の

想定科学ADV『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』公式Webサイト

あにおびん

19 18. 25 18. 18 18. 08 18. 12 18. 14 18. 05 17. 14 17. 14 17. 14 17. 28 16. 02 16. 29 16. 25 16. 25 16.

次の

[B!] 【まちカドまぞく】第6話 感想 魔法少女の血を奪え! : あにこ便

あにおびん

発売元 (5pb. 発売元 MAGES. (Giga Drop. ) メディア プレイ人数 1人 発売日 2011年 ゲーム:STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム ゲームジャンル 想定多元ADV 対応機種 Xbox 360 PlayStation 3 PlayStation Vita 開発元 Nitroplus 5pb. 発売元 MAGES. (5pb. 発売元 MAGES. (5pb. - プロジェクト ポータル 『 STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート、他表記: Steins;Gate)は、(現・)より発売されているのソフト。 ファーストバージョン(原典)はにてに発売された。 本項ではゲーム原典、他これを原作としたの結果生まれた下記作品についても記載する(他のメディア展開作品については該当する各節を参照)。 『 STEINS;GATE 変移空間のオクテット』• 『 STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』• 『 ファミコレADV シュタインズ・ゲート』• ファンディスク『 STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』• 2017年2月22日にはXboxOne版がダウンロード専売で配信された。 タイトル名 [ ] タイトルロゴは冒頭の画像の通り「 Steins;Gate」だが、タイトルのテキスト表記では大文字の「 STEINS;GATE」であり、ロゴ・テキストはいずれも一貫してシリーズで統一されている。 「シュタインズ・ゲート」という言葉は、作中の設定では主人公の造語とされているが(詳細は「」を参照)、「シュタイン(運命石)」は物理学者であるに由来しており 、それゆえアインシュタインのなど、物理学の要素が物語中に組み込まれている。 内容 [ ] 2010年 の現代日本を舞台としており、『』とが、からに舞台を変えており、登場人物・ストーリーに直接の繋がりはない。 作中には架空の事物と共に実在する企業や大学、商品が実名で登場するほか 、現実に流布しているやへの言及、なども話題として登場する。 物語の核心には、かつてインターネット上に現れを名乗った実在の人物であるが語った内容が組み込まれており、また主人公の言動やを使ったゲームシステムも、インターネット上に流布する「」あるいは「ラ・ヨダソウ・スティアーナ」と呼ばれる小噺がモチーフとなっているなど 、虚実の入り混じった物語が展開される。 物語の序盤はやや難解な内容となっており 、また中盤では重い展開になるものの 、ストーリー中には非常に多くのが張り巡らされており 、終盤では物語の結末に向けて一気に収束していくという構成を取っている。 その内容を評して「エンディングまで到達した後で、記憶を消してもう一回プレイしたい」作品であると形容されることもある。 ゲームシステム [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年4月) サウンドノベル形式のである。 6つのマルチエンドを採用しており、仲間の命と作中における人類の未来が、主人公の選択によって左右される。 本編では、物語の中盤以降の各章でヒロイン一人一人に焦点が当たっていく構成となっており、各ヒロインのルートへの分岐が設けられている。 分岐が発生すると、その章でのヒロインと結ばれて物語が終了する。 誰とも結ばれることなく物語を進め、規定のフラグを立てることで最終章へと進むことができ、トゥルーエンディングへの道が開かれる。 本作品では通常のアドベンチャーゲームのような選択肢はなく、代わりに フォーントリガーという携帯電話を使ったシステムが重要となる。 場面ごとに送受信するメールや登場人物との通話のタイミングによって物語が分岐し、たった一通のメール、一本の電話が大きくルートを変える場合もある。 ゲーム中には詳細な用語辞典が用意されており、作中に登場する実在の事物や、架空の設定の解説を閲覧することができるようになっている。 作品一覧 [ ] 本編 [ ] Xbox 360版 が開設された後 、2009年6月12日に『』に続く、との企画「」2作目として発表された。 制作コンセプトは「99パーセントの科学と1パーセントのファンタジー」。 開発当初は、フォーントリガーシステムと関連してユーザーが所持する本物の携帯電話を使用したシステムの実装も検討されていたが 、ユーザー全員が携帯電話を持っているとは限らないことや、当時はを携帯電話とリンクできなかったという技術的な問題 、さらには個人情報保護法に抵触してしまうことが発覚したため、結局採用されなかった。 ソフトは2009年10月15日に日本市場で発売され、その週の発売本数はファミ通調べで約1. 6万本に達した。 2017年5月には次世代機種のに本作が対応し、現行機種でもプレイが可能になった。 Windows版 2010年8月26日に版が発売された。 以下の要素が追加されている。 新規CG追加• 背景画の修正• 店舗名の修正• 専用イメージソングを使用したPV(テーマソングに変更はない)• 「まゆりのトゥットゥルー光線が発動!? 能力の効果によってコスプレせざるをえない! パッチ」(通常版の予約購入特典であったが、廉価版〈パッケージ・ダウンロード〉では標準搭載されている)• 初回プレイ時のオンライン認証機能 コスプレパッチと認証機能を除いた要素は、Xbox 360版でもDLC(ダウンロードコンテンツ)として『演出強化パック』2010年に配信された。 実績に250ポイント分が追加される。 当初は解除した実績がXboxLive上で正常認識されないという不具合が発生していたが、現在は修正されている。 音源はXbox 360版のから2. 1chに削減。 初期バージョンでは、既読機能が正常認識できない、一部のエンディングに到達できない、特定の場面でフリーズするなどの多数の重大なバグが問題となっていた。 ニトロプラスは公式サイトで謝罪をした上で、2010年とに修正パッチを配信し、現在では重大なバグは概ね修正されている。 ただし、パッチ適用前と後ではセーブデータの互換性がないので、パッチ適用後はゲームを最初からやり直す必要がある。 また、本作は2010年現在のWindows用アドベンチャーゲームとしては要求スペックが比較的高いため、低スペックマシン向けの演出軽減パッチも用意されている。 志倉はtwitter上で、Windows版はニトロプラスの管轄になるため、上記の不具合に関して5pb. として手が出せないと語っている。 これは前作『CHAOS;HEAD』も同様であるとのこと。 PSP版 2011年に版がより、Xbox 360版のDLCやWindows版で追加されたCGと、新規OP・ED曲を収録した形で発売。 発売週には6万本以上を売り上げ 、移植元よりも好調となる結果を残した。 なお、PSP版はに対応していない。 これは、データインストール用の領域を用意するとメディア1枚に収まらないことがわかっていたためあえて見送ったとのこと。 その際、悪目立ちするようなツイートがあり、志倉千代丸へ問い合わせが行われた後に角川書店によるPSP版公式アカウントであることが判明し、その後、アカウントが削除されるという騒動があった。 iOS版 同年、Xbox 360版をベースとしへの移植版が同年夏に配信されると発表され、同年配信を開始した。 iOS版にはアニメの製作委員会である「未来ガジェット研究所」が協力としてクレジットに名を連ねている。 PS3版、PS Vita版 2012年5月24日にPS3版が、2013年3月14日にPS Vita版が発売された。 OPはPSPから変更となっている(PS3とVitaは同じ)が、基本的にはPSP版を高解像度化した仕様となっている。 PS Vitaに関しては『比翼恋理のだーりん』と同時発売。 2作セットの『 STEINS;GATE ダブルパック』も発売された。 Android版 2013年6月26日配信。 iOS版のシステムが踏襲されている。 第一章のみ無料でプレイする事が可能で、第2章以降はアプリ内課金での購入となる。 PS4版 2015年12月10日にPS4で発売された続編「STEINS;GATE 0」の初回特典として、「STEINS;GATE」のダウンロード版が付けられた。 X-Boxでの契約上から、単体での販売はされていないため、現状で入手するにはネットオークション等でDLコードを購入するしかない。 PS3版との違いとして、HD化されていて非常にクリアになっているが、ジャギーが見られる箇所がある。 また、トロフィーには非対応である。 Steam版 2016年9月9日には『STEINS;GATE』の版が配信。 Windows 7, 8. 1, 10に対応。 日本語版と同時に英語版も配信する(後に中国語にも対応した)。 本作がMAGES. のSteamへの参入第1弾タイトルとなる。 Windows上で動作するが、以前発売されたWindows版とは異なりPS4版と同等のHDバージョンとなる。 ただしPS4とは違い、トロフィーに対応している。 その他 2011年には後述する『比翼恋理のだーりん』発売を記念し、として本編の廉価版が発売された。 またこの廉価版と『比翼恋理のだーりん』がセットになった『 STEINS;GATE ダブルパック』も同時に発売された。 プラチナコレクション版は、DLCやWindows版で追加された新規CGや新規イメージソングなどの要素が収録された形での発売となる。 2011年9月16日には、Windows版の廉価パッケージの発売とダウンロード版の配信が開始された。 廉価版では、通常版の予約購入特典であった「まゆりのトゥットゥルー光線が発動!? 能力の効果によってコスプレせざるをえない! パッチ」が標準搭載されている。 STEINS;GATE ELITE [ ] 読みは「シュタインズ・ゲート エリート」。 原典のシナリオは概ねそのままに、グラフィックを(ほぼ)全てTVアニメ版をベースとしたセルタッチアニメ映像に再構築したバージョン。 TVアニメで描かれなかったルートについては、アニメを制作した「」が新規作成している。 版・版・版がリリースされた(内容は全て同一)。 MAGES. の志倉は、従来までの「テキスト形式のアドベンチャーゲーム」を進化させるため『』のようにアニメーションを大々的に取り入れる案を検討しており、から素材流用させてもらう形で『』を制作、そしてこの『シュタインズ・ゲート』では、既に放送された2クール分で7000カット以上の「テレビアニメの素材をさらに有効活用するという発想から、本企画がスタートしました」と本作開発の経緯について語っている。 このように、アニメの素材をフル活用・リメイクしてゲームに落とし込んでいく本作を同社では「 フルアニADV(フルアニメーションアドベンチャー)」と呼称しており、このブランドを冠して別コンテンツ版の展開も検討している。 スピンオフ作品 [ ] STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(シュタインズ・ゲート ひよくれんりのだーりん) 2011年6月16日にはXbox 360用に『 STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』が発売。 本編とは異なり、シリアス要素が無い甘々なギャルゲー的展開が終始繰り広げられる、外伝的な作品。 2012年4月26日にはPSPに完全移植、予約特典は未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」を模したストラップ。 2012年5月24日には版が発売 2013年3月14日には本編と合わせてPlayStation Vita版が発売(ダブルパックも同時発売された)。 2013年10月3日にはiOS版の配信が開始された。 本編のiOS版と異なりユニバーサルアプリとなっている。 2017年5月19日にはXbox 360版が本編同様、Xbox One 下位互換機能に対応。 2019年3月20日には本作を収録したNintendo Switch用ソフト『STEINS;GATE ダイバージェンシズ アソート』が発売。 2019年12月11日にはPC版 Steam 配信 が発売。 STEINS;GATE 変移空間のオクテット(シュタインズ・ゲート へんいくうかんのオクテット) MAGES. 本作を「もしで再現したらどうなるか? 」をコンセプトに、このゲームのため新規に製作したオリジナルシナリオを「時代の(ADVゲーム)」風に再構成した作品。 初回出荷分に限り、レトロゲーム風パッケージ仕様、サウンドトラック(8bit仕様)同梱。 製作発表以来、長らく「 シュタゲ8bit」という略称で呼ばれていたが、2011年に正式な発売予告が行われ、正式タイトルや対応ハードが明らかになった。 8ビットPC風というコンセプトを徹底追求した結果、新たに描き起こしたグラフィックはデジタル 8色の方式で描画。 ゲームのシナリオ進行(行動)方式もADVゲーム黎明期にはスタンダードだった英単語コマンド入力型を採用している。 開発は。 STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム(シュタインズ・ゲート せんけいこうそくのフェノグラム) 2013年4月25日に5pb. よりPS3とXBOX360が2種同時に発売された。 ラボメンメンバーを中心とした主な登場人物たちのショートシナリオ全10種で構成された、オムニバス形式のADVゲームでジャンルは想定多元アドベンチャー。 複数のライターが参加している。 数量限定版と通常版が発売され、数量限定版にはキャラクターボイスが聞ける岡部倫太郎の携帯電話レプリカが収録された。 PSvita版は2013年に5pb. より発売された。 2017年5月19日にはXbox 360版が本編同様、Xbox One 下位互換機能に対応。 2019年3月20日には本作を収録したNintendo Switch用ソフト『STEINS;GATE ダイバージェンシズ アソート』が発売。 ファミコレADV シュタインズ・ゲート 『ELITE』Nintendo Switch版の初回特典として封入されるダウンロードコードによりプレイ出来る。 風に再構成された新規のオリジナルシナリオで、に『シュタインズ・ゲート』を作ったらというイメージで制作されている。 エムツーがファミコンのスペックに準じた開発をしており、ファミコン実機でのプレイが可能なカセット(非売品)も作成された。 STEINS;GATE 0 [ ] 2015年12月10日に5pb. よりPS3、PS4、PS Vitaの3機種で同時発売。 2016年8月26日にはWindows版で発売された。 2017年2月22日にはXboxOne版がダウンロード専売で配信された。 2019年3月20日には本作と『比翼恋理のだーりん』、『線形拘束のフェノグラム』を収録したNintendo Switch版『STEINS;GATE ダイバージェンシズ アソート』が発売。 本作では、無印の物のシステムから新たなシステムを導入している。 なお、本作のタイトルロゴのみ他では存在する世界線表記が描かれていないものとなっている。 ストーリー [ ] 本編のストーリー [ ] 以下に記すのは、いわゆるトゥルーエンドに至るストーリーである(TVアニメ版もおおむねこの流れに沿っている)。 実際のゲームでは、各ヒロインと結ばれるエンディングが途中から派生するが、各エンドの詳細は省略する。 プロローグ を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーであるの大学生 岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)である 橋田至やでもある 椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。 2010年、岡部は椎名と共に向かった講義会場で、わずか17歳の天才少女、 牧瀬紅莉栖と出会う。 ところが、の8階奥で、血溜まりの中に倒れている紅莉栖を目撃した岡部は、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。 その直後、眩暈に襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上にはらしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。 先ほど送信したはずのメールは、なぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた。 タイムマシンの発明 橋田や紅莉栖の検証の結果、発明品である「 電話レンジ(仮)」が、携帯メールを過去へと送るとしての機能を備えていたことが判明する。 「 Dメール」を過去に送信するたびに、「 世界線の移動」と呼ばれる現象が発生して、メールのメッセージ内容に影響を受けた人々の過去が改変されるが、なぜか岡部の記憶だけはそのままであった。 岡部たちは電話レンジの改良を進めながら、ラボメン達を実験台にして試行錯誤を繰り返す。 Dメール実験の対象者はそれぞれに変えたい過去を隠し持っており、それを修正しようと事実上の過去改変が次々に行われる。 しかし、これらの改変は一見ささいな物でも、 の影響で予想外に大規模な影響を周囲にもたらすのだ。 さらに、橋田と紅莉栖は電話レンジの機能を拡張して、SERNのへの接続を行うことにより、人の記憶を過去の自分に届ける タイムリープマシンを完成させる。 これが原因で、岡部らはタイムマシンの秘密を狙う本物の秘密組織に、命を狙われることになる。 そんな岡部を、紅莉栖は進むべき道へと後押しし、自らが犠牲になることを決断する。 紅莉栖のいない世界で絶望する岡部は、思わぬ形で与えられた「本当の未来技術」を用いて、仲間や世界の命運のためにもう一度立ち上がることを決意する。 気付くと紅莉栖をはじめとしたラボメンが全員集まって、宴会の準備を始めていた。 そこで、完成したばかりの新作ガジェットを売って資金難を解決しようとする。 しかしそうして売れたガジェットの中には、時限装置により被験者の頭の中で思い浮かべた映像が、秋葉原中のアナログテレビに投影されるというものがあり、大騒動が引き起こされる。 『変移空間のオクテット』のストーリー [ ] 紅莉栖を助け出し、シュタインズゲートに到達してしばらく経ったある日、岡部は突然目眩のような感覚に襲われると同時に、の自分からのDメールを受信する。 そのメールの内容は、「 疾風迅雷のナイトハルト」なる人物が幻のレトロPC・IBN5100を入手したことで、世界中の基幹産業が全て萌え産業にすり替えられてしまい、2025年の世界は大恐慌に陥っている。 IBN5100を彼の手から奪還せよ」というものであった。 登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 ここでは主要人物として「 未来ガジェット研究所」のメンバーである「 ラボメン」のみを一覧にする。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年11月) 岡部と橋田たちが開発した発明品。 電話レンジ(仮)などの一部の例外を除いて、ほぼ役に立たないガラクタである。 未来ガジェット研究所のホームページにて販売もされているが、未だかつて売れた試しがないらしい。 名称 機能 元ネタ 1号機 ビット粒子砲 おもちゃの光線銃にテレビのリモコンを合体させたもの 2号機 タケコプカメラー 軸の部分に小型カメラを仕込んだ竹トンボ 3号機 もしかしてオラオラですかーっ!? 榊原ゆい) 劇中アニメ『雷ネット翔』の主題歌という設定。 PC版イメージソング「A. シナリオ - 5pb. シナリオ構成協力 - Nitroplus• キャラクターデザイン -• ガジェットデザイン - SH RP• アートディレクター - ぺはら塗装 Nitroplus• 主題歌 - 5pb. 音楽 - 5pb. プロデューサー - 松原達也 5pb. 制作 - 5pb. プロデュース - 松原達也• シナリオ - 林直孝• サウンド -• グラフィック - 松尾ゆきひろ、幾田洋介• 制作 - 5pb. 『線形拘束のフェノグラム』のスタッフ [ ]• シナリオ監修 - 林直孝• シナリオ - 、林直孝、、、、気賀沢昌志、安本亨、、暁影二、• キャラクターデザイン -• ガジェットデザイン - SH RP• 主題歌 -• 音楽 -• ゼネラルプロデューサー - 市川和弘• プロデューサー - 松原達也• ディレクター - 梶岡俊彦• 制作 - MAGES. シナリオ監修 - 林直孝、たきもとまさし、河西真人• シナリオ - 林直孝、 安本亨、たきもとまさし、土屋つかさ• キャラクターデザイン -• アートディレクター -• ガジェットデザイン - SH RP• 音楽 -• プロデューサー - 松原達也• ディレクター - 西村卓也、、松本裕介、水野枝里子• 制作 - MAGES. 評価 [ ] 2009の優秀賞受賞作品で唯一、『』ので評価されていない。 一方、『』では、レビュアーの松井ムネタツ、石井ぜんじ、戸塚伎一が10点満点中9点、ローリング内沢が10点満点中7点という高い評価をつけた。 ゲームの発売後は、を通じてそのストーリーが評価され、人気が広まったとされる。 ファミ通の記念号である第1234号での記念企画「読者が選ぶオールジャンルゲームベスト」(これまで出たすべてのゲームのランキング)において「アドベンチャー編」で名作をおさえて「1位」を獲得し、口コミの人気を改めて証明するかたちとなった。 の読者レビューでは掲載期間である発売日から1年間、ユーザースコア100点満点中99点の高得点を獲得し総合1位を維持した。 2011年5月現在、本作と同等のユーザースコアを出したソフトは出ていない。 アニメ [ ] 詳細は「」を参照 STEINS;GATE アニメ [ ] テレビアニメ 2011年4月から9月まで、独立UHF局ほかAT-Xにて放送された。 全24話。 本編からしばらく経過した頃の、アメリカが舞台。 劇場版アニメ 2013年4月20日に、映画『 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』が公開された。 ショートアニメ 2014年10月15日に、日本IBMとKADOKAWA、MAGESのコラボレーションが実現し、ショートムービー『 STEINS;GATE 聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング』の第1話がYoutubeで公開された。 全4話全てが公式サイトにて過去公開されていたが、現在は視聴できなくなっている。 なお、コグニティブ・コンピューティング端末"うーぱ"の声は天王寺綯と同じ。 シュタインズ・ゲート ゼロ アニメ [ ] テレビアニメ 2018年4月から、独立UHF局ほかAT-Xにて放送された。 ラジオ [ ] 詳細は「」を参照 2009年から2009年まで、『 STEINS;GATEラジオ 未来ガジェット電波局』全8回が配信された。 で毎週更新。 さらにその後2010年までに、特別編3回・出張版1回が各種CDに収録された。 2011年から2011年まで、『 TVアニメ「STEINS;GATEラジオ」 未来ガジェット電波局』が配信された。 毎月第2・第421:30—22:30、で。 2013年からまで、『 今井麻美・関智一のRADIO STEINS;GATE』のラジオ名で、隔週木曜日、、HiBiKi Radio Stationで配信された。 パーソナリティは、(牧瀬紅莉栖 役)、(橋田至 役) 2017年からまで、『 山本彩乃のラジオ シュタインズ・ゲート』のラジオ名で、毎週日曜日、、で放送の「」のフロート番組(11:35 - 11:45頃)として放送していた。 パーソナリティは、。 19時にアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」を特集した番組『 ラジオ シュタインズ・ゲート』が文化放送にて放送された。 パーソナリティは(椎名まゆり 役)、今井麻美。 漫画 [ ] 作品名 作者 連載誌 コミック 出版社 内容 STEINS;GATE 全3巻 本編(メインルート) STEINS;GATE 亡環のリベリオン 全3巻 鈴羽が主人公のスピンオフ しゅたいんず・げーと! 本編(メインルート)のコミカライズ。 途中、長い休載を挟みつつ2012年7月号より連載を再開し、2013年9月号まで連載された。 作画は、2,3巻では構成協力としてが参加している。 大筋の展開は原作通りだが所々カットされており、駆け足で進む。 連載再開後はアニメ版の内容をほぼ踏襲した流れとなっている。 全3巻。 ドラマCD付き初回限定版、 、2010年初版発行、通常版、 、2010年初版発行• 、2013年初版発行• 、2013年初版発行 STEINS;GATE 亡環のリベリオン 『』()にて2月号より2011年9月号まで連載された。 シナリオ原案は林直孝 5pb. 、作画は。 鈴羽を主人公としたスピンオフ作品。 レーベルはブレイドコミックス。 全3巻。 完結巻である3巻小冊子付き限定版が2011年に発売。 通常版も同日発売した。 、2010年初版発行• 、2011年初版発行• 限定版、 、2011年初版発行、通常版 、同日初版発行 しゅたいんず・げーと! 『月刊コミックアライブ』(KADOKAWA)にて2011年3月号より2012年5月号まで連載された。 作者は。 スピンオフコメディ作品。 レーベルは、MFコミックスアライブシリーズ。 全2巻。 、2011年初版発行• 、2012年初版発行 STEINS;GATE 恩讐のブラウニアンモーション 無料Webコミック誌『』(KADOKAWA)にて連載。 作画は第1巻は、第2巻はが担当。 天王寺裕吾を主人公としたスピンオフ作品、過去を振り返る形で進行する。 レーベルはファミ通クリアコミックス。 2012年4月まで連載配信され、第2巻には単行本描きおろしエピソードがカバー裏と巻末数ページ掲載されている。 全2巻。 、2011年初版発行• 、2012年初版発行 STEINS;GATE 史上最強のスライトフィーバー 『』(KADOKAWA)にて2011年2月号から2011年7月号まで連載されたのち、連載誌を『』(KADOKAWA)に移し月刊少年エース2011年10月号より移籍連載開始。 作者は、シナリオはが担当。 単行本レーベルにて発売。 紅莉栖を主人公としたスピンオフ作品だが、進行はおおむね原作の展開に沿っている。 既刊2巻。 なお2013年5月号(2013年3月26日発売号)より2017年8月現在も4年にわたって休載が続いているが休載や連載終了などの告知は全く出ていない状態が続いている。 、2011年初版発行• 、2012年初版発行 STEINS;GATE 比翼恋理のスイーツはにー 『』(マッグガーデン)にて10月号から2012年3月号まで連載された。 漫画はが担当している。 『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』の紅莉栖ルートのコミカライズにあたる。 全1巻。 、2012年初版発行 STEINS;GATE 比翼恋理のフューチャーはにー 『月刊コミックブレイド』(マッグガーデン)にて2012年5月号に掲載された、それ以外は単行本描きおろしである。 漫画はが担当している。 『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』の阿万音鈴羽ルートのコミカライズに当たる。 全1巻。 、2012年初版発行 STEINS;GATE DROPS 無料Webコミック誌『』(KADOKAWA)にて2011年8月から2012年3月にわたって連載された。 作画はが担当。 ショート漫画と4コマ漫画にて構成され、岡部とラボメンとなった彼女たちとの話が描かれる。 『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』のコミカライズにあたる。 全1巻。 、2012年初版発行 STEINS;GATE 星屑のデュプレット 無料Webコミック誌『ファミ通コミッククリア』(KADOKAWA)にて2011年8月から2012年3月にわたって連載された。 作画はが担当。 『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』まゆりルートのコミカライズにあたる。 全1巻。 、2012年初版発行 STEINS;GATE もっと比翼恋理のスイーツはにー 『月刊コミックブレイド』(マッグガーデン)にて2012年6月号(2012年4月28日発売)から2012年12月号(2012年6月20日発売)連載された。 全1巻。 シナリオ原案は比翼恋理のだーりんのシナリオを担当した安本亨、漫画は「比翼連理のスイーツはにー」を担当した筒井大志が担当する。 「STEINS;GATE比翼連理のスイーツはにー」の続編でラボメンが学園に通うという学園モノのスピンオフとなっている。 さらに続編として「STEINS;GATE比翼連理のスイーツはにーふぁいなる」がある。 、2013年初版発行 STEINS;GATE -哀心迷図のバベル- 『』()にて2012年6月号(2012年5月19日発売)より連載開始し、2014年2月号まで(2014年1月19日発売)連載された。 作画はが担当している。 原作の因果律のメルトから原作の境界面上のシュタインズ・ゲートを経て本編最後までを紅莉栖・フェイリス視点より最後は岡部倫太郎視点を交えながらコミカライズしている。 一部作画担当の成家によるオリジナル解釈も描かれている。 全4巻。 、2012年初版発行• 、2013年初版発行• 、2014年1月17日初版発行• 、2014年2月19日初版発行 STEINS;GATE 変移空間のオクテット 無料Webコミックサイト『』()にて2012年6月から2013年1月まで連載された。 作画はが担当している。 『STEINS;GATE 変移空間のオクテット』のコミカライズである。 全1巻。 作画はが担当している。 『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』のフェイリスルートのコミカライズにあたる。 全1巻。 、2013年初版発行 STEINS;GATE 比翼恋理のスイーツはにーふぁいなる 『月刊コミックブレイド』(マッグガーデン)にて2013年1月号から6月号まで連載された。 「STEINS;GATE もっと比翼恋理のスイーツはにー」に引き続きシナリオ原案は比翼恋理のだーりんのシナリオを担当した安本亨、漫画は筒井大志が担当した。 「比翼恋理のスイーツはにー」シリーズの完結編である。 全1巻。 、2013年初版発行 STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ 無料Webコミック誌『ファミ通コミッククリア』(KADOKAWA)にて2013年2月より2013年12月まで連載された。 外伝小説『STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ』のコミカライズ。 作画はが担当した。 全2巻、外伝小説の続編である『永劫回帰のパンドラ』『無限遠点のアルタイル』のコミカライズについては吉田の諸般の事情により降板となり、以降は鳥飼やすゆきが担当する。 第2巻においては永劫回帰のパンドラや『無限遠点のアルタイル』の一部シーンを抜き出した予告編が掲載されている。 、2013年初版発行• 、2014年初版発行 STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ 『閉時曲線のエピグラフ』に引き続き、無料Webコミック誌『ファミ通コミッククリア』(KADOKAWA)にて2014年5月23日より連載開始。 おおむね原作よりのデザインになり、原作どおりの進行となっている。 一部エピグラフ2巻と重複しているシーンがある。 作画は吉田糺に代わり、鳥飼やすゆきが担当している。 2015年3月現在既刊1巻。 、2015年初版発行 劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 『月刊少年エース』(KADOKAWA)にて2013年5月号(2013年3月26日発売)より劇場公開に1ヶ月先駆けて連載開始し、2013年12月号(2013年10月26日発売)まで連載された。 劇場版STEINS;GATE負荷領域のデジャヴのコミカライズにあたる。 作画はが担当している。 単行本はレーベル(KADOKAWA)より発売。 全2巻。 、2013年4月26日初版発行• 、2013年12月26日初版発行 STEINS;GATE -無限遠点のアークライト- 『ウルトラジャンプ』(集英社)にて2014年4月号(2014年3月19日発売)より同年9月号(2014年8月19日発売)まで連載された。 全1巻。 、2014年11月19日初版発行 STEINS;GATE 0 『』(KADOKAWA)にて2017年9月号(2017年8月4日発売)より連載中。 その前号である2017年8月号においては、0に至るまでのストーリーが予告という形でダイジェストとして掲載された。 作画は姫乃タカ。 原作はMAGES. /チヨマルスタジオ。 STEINS;GATE0のストーリーを冒頭からコミカライズしている。 アンソロジー [ ] マジキュー4コマ STEINS;GATE 世界線変動率x. 2012年11月現在既刊6巻。 レーベルは、マジキューコミックス(KADOKAWA)• 、2010年初版発行• 、2010年初版発行• 、2011年初版発行• 、2011年初版発行• 、2012年初版発行• 、2012年初版発行 STEINS;GATE コミックアンソロジー 多数の作家によるアンソロジーコミック集。 レーベルはIDコミックス、DNAメディアコミックス。 発行元は。 STEINS;GATE コミックアンソロジー 、2010年初版発行• STEINS;GATE コミックアンソロジータイムトラベラーズテイル 、2011年初版発行• STEINS;GATE コミックアンソロジータイムトラベラーズテイル 2 、2012年初版発行• STEINS;GATE コミックアンソロジータイムトラベラーズテイル 3 、2013年初版発行 STEINS;GATE コミックフラグメンツ 編集部編のアンソロジーコミック集。 一部はコンプエース誌上にて掲載されている。 レーベルは角川コミックス・エース。 KADOKAWA発行。 並行世界のシノプシス 、2011年初版発行• 忘却曲線のナラトロジー 、2011年初版発行 STEINS;GATE 0 コミックアンソロジー 多数の作家によるアンソロジーコミック集。 レーベルはDNAメディアコミックス。 発行元は一迅社。 、2016年6月25日初版発行。 STEINS;GATE 0 電撃コミックアンソロジー レーベルは電撃コミックスEX。 九我山レキなどSTEINS;GATEシリーズのコミカライズを担当した漫画家も参加している。 発行元はKADOKAWA。 、2016年5月27日初版発行。 シングルCD [ ] 「スカイクラッドの観測者」 2009年発売、FVCG-1100、5pb. 「運命のファルファッラ」ファンタズム(FES cv. 榊原ゆい) FVCG-1101、2009年発売、5pb. 、KADOKAWA PC版イメージソング「A. 、KADOKAWA アニメOP主題歌。 「刻司ル十二ノ盟約」ファンタズム(FES cv. 、KADOKAWA アニメED主題歌。 「宇宙エンジニア」いとうかなこ 2011年発売、5FVCG-1158、5pb. 、KADOKAWA PSP版OP主題歌。 「プレギエーラの月夜に」ファンタズム(FES cv. 榊原ゆい) 2011年6月22日発売、FVCG-1159、5pb. 、KADOKAWA PSP版ED主題歌。 、KADOKAWA 『比翼恋理のだーりん』OP主題歌。 「非線形ジェニアック」いとうかなこ 2012年5月23日発売、FVCG-1197、5pb. 、KADOKAWA PS3版OP主題歌。 、クラウン徳間ミュージック販売株式会社 PSP版『比翼恋理のだーりん』OP主題歌。 2010年 8月13日 アンソロジードラマCD STEINS;GATE 幻視空間のリユニオン KADOKAWA 2012年 1月25日 アンソロジードラマCD II STEINS;GATE 夢幻泡影のバケーション 2012年 9月26日 漫画『STEINS;GATE』ドラマCD付き初回限定版付属CD KADOKAWA 2010年 6月23日 アニメ『シュタインズ・ゲート』BD初回限定版付属CD『未来ガジェットコンパクトディスク1号』 2011年 6月22日 雑誌『コンプティーク』2011年7月号付属CD『オリジナルドラマCD』 2011年 6月10日 雑誌『コンプティーク』2011年10月号付属CD『オリジナルドラマCD』 2011年 9月10日 雑誌『コンプエース』2011年11月号付属CD『オリジナルドラマCD』 2011年 9月26日 『STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ』付属CD『射影曲面のエピキタシー』 5pb. 全3巻。 オーディオシリーズ [ ] 『STEINS;GATE』オーディオシリーズと題してミニドラマ、キャラクターソングのほかデスクトップアクセサリー、キャストコメント等を収録した全8セットのCDシリーズ。 発売元は5pb. 、販売元はKADOKAWA。 型番(ラボメンナンバーと一致)と発売順は一部異なる。 宮野真守) 2010年11月24日発売、FVCG-1121 その他のアルバム [ ] STEINS;GATEラジオ 未来ガジェット電波局 コミケ特別編 2009年発売、FPBD-0142、5pb. 、一般販売なし ラジオの新録回「コミケ特別編」等を収録。 、一般販売なし ラジオの新録回「コミケ78特別編」とCDドラマ「ラボメン円卓会議」を収録。 アンソロジードラマCD STEINS;GATE 幻視空間のリユニオン 2012年発売。 MFCZ-1015、フロンティアワークス、KADOKAWA コミックマーケット81にて先行販売され後に一般販売。 ジャケットはアニメのキャラクターデザインである坂井久太が担当。 脚本は野間美琴が担当し、スタッフもアニメスタッフが担当している。 ラボメンの日常を描いたアンソロジードラマ2編とキャストコメントを収録。 アンソロジードラマCD II STEINS;GATE 夢幻泡影のバケーション 2012年発売。 MFCZ-1016、フロンティアワークス、KADOKAWA 新たなガジェット開発のため熱海で合宿をするラボメンにおこる事件描いたアンソロジードラマ3編とキャストコメントを収録。 付属CD [ ] 詳細は各節を参照。 漫画『STEINS;GATE』ドラマCD付き初回限定版付属CD(2010年)• アニメ『シュタインズ・ゲート』BD初回限定版付属CD『未来ガジェットコンパクトディスク1号』(2011年)、以下毎月続刊• 『STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ』付属CD『射影曲面のエピキタシー』(2012年)• 『STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ』付属CD『人工械機のパンデミア』(2013年)• 『STEINS;GATE 無限遠点のアルタイル』付属CD『時限輪転のアルペジオ』(2013年)• 雑誌『コンプティーク』2013年5月号付属オリジナルドラマCD『劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 赤面必至のゴシップ』(2013年)脚本は林直孝が担当している。 5 遥遠のヴァルハラ C78冊子 『無限遠点のアルタイル』 特装版に再録 STEINS;GATE Official After Story 災厄降誕ホーリー・ディ --- 科学アドベンチャーシリーズ マニアックスに収録 STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse KADOKAWA 第1巻 原作のプロローグから第3章 STEINS;GATE2 形而上のネクローシス:Reverse 第2巻 原作の第4章から第6章 STEINS;GATE3 境界面上のシュタインズ・ゲート:Rebirth 第3巻 原作の第7章から最終章 STEINS;GATE4 六分儀のイディオム 前編 第4巻 鈴羽と紅莉栖の短編 STEINS;GATE5 六分儀のイディオム:後編 第5巻 フェイリス、るか、萌郁、まゆりの短編 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 全2巻 劇場版のノベライズ STEINS;GATE 萌芽追想のアミティエ BD全巻購入特典 小冊子 中学時代の岡部倫太郎と橋田至 STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ 5pb. 全2巻。 著者は。 カバーイラストは原作のキャラクターデザインの、本文イラストはbobが担当、口絵は原作のCGを使用している。 本小説のボリュームは文庫でありながら第2巻は800ページを超えている。 おおむね原作に沿ったノベライズだが、いくつかの展開で原作からカットまたはオリジナル要素を入れている。 全2巻。 、2010年発売• 『円環連鎖のウロボロス』と同様に、引き続き著者は海羽超史郎、カバーイラストはhuke。 本文イラストは 5pb. が担当している。 実質的に『円環連鎖のウロボロス』の続編となっており、内容は本編ノベライズの『円環連鎖のウロボロス』の世界観・設定を引き継ぎつつ、オリジナル要素を加え『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』の各シナリオのイベントを挿入しているため『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』ノベライズとしての性格も持ちあわせている。 全3巻。 、2011年発売• 、2012年発売• 著者はに変更になり、カバーイラストはhuke、本文イラストは が担当した。 全2巻で完結した。 1巻はほぼ原作通りに進行しており原作のほぼ最後まで進行し、第2巻は原作の設定を膨らませたオリジナル要素を多く入れている。 、2012年発売• 著者は変異空間のオクテットから引き続きが担当、カバーイラストはhuke、本文イラストは同じく集英社において上記の『哀心迷図のバベル』のコミック版を連載している が担当した。 全1巻で完結。 ドラマCDとその前後の時系列である原作の『因果律のメルト』を忠実にノベライズしている。 、2013年発売 STEINS;GATE Chapter6. 5 遥遠のヴァルハラ 2010年78にて5pb. が発売した「STEINS;GATE C78コミケセット」内の冊子『シュタインズ・ゲートイラストレーションズコレクション』内に収録された短編小説。 著者は本編のシナリオを担当した林直孝、挿絵は。 STEINS;GATE 外伝小説三部作の第3巻『無限遠点のアルタイル』の特装版の特製冊子『多元階差のテスティモニー』に再録された。 本編に関連した手紙も。 著者は原作のシナリオも担当した、同じくシナリオを担当した林直孝とニトロプラスが監修を担当し、ゲームジャパン編集部が協力している。 STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse STEINS;GATE2 形而上のネクローシス:Reverse STEINS;GATE3 境界面上のシュタインズ・ゲート:Rebirth STEINS;GATE4 六分儀のイディオム:前編 STEINS;GATE5 六分儀のイディオム:後編 (KADOKAWA)レーベルにて発売。 著者は。 カバーイラストと口絵はアニメ版のキャラクターデザインの、本文イラストは、アニメ画像を使用(1-3巻)、フルーツパンチ(4、5巻)。 アニメ版をベースにドラマCDやコミック版など様々なメディアミックスで使われた設定を用いつつ、紅莉栖の視点で描かれている。 第1巻では原作のプロローグから第3章、第2巻では第4章から第6章、第3巻では7章から最終章を中心に描いているが、第3巻では視点の関係上オリジナルエピソードが含まれている。 第1巻から第3巻で本編のノヴェライズは終わりだが、ヒロイン主体の続編がいくつか続くことが第3巻のあとがきで発表された。 第4・5巻は中短編形式となっており、第4巻は、阿万音鈴羽と牧瀬紅莉栖、第5巻はフェイリス・ニャンニャン、漆原るか、桐生萌郁、椎名まゆりに焦点を当てた物語となっており、キャラクターの視点で描かれている。 基本的には第1-3巻において原作・アニメからカットされた話が中心であり、そこからドラマCDや各種メディアミックスの設定を用いつつ膨らませたストーリーであるが、第4巻の牧瀬紅莉栖、第5巻の桐生萌郁の話は世界線を規定していないオリジナルストーリーである。 2012年6月現在既刊5巻。 、2011年発売• 、2011年発売• 、2012年発売• 、2012年発売• 、2012年発売 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 上 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 下 劇場版のノベライズであり、(KADOKAWA)レーベルにて発売予定。 著者は。 カバーイラストは原作キャラ原案のhuke、口絵イラストはアニメキャラクターデザインの坂井久太が担当し、本文イラストはbun150が担当している。 上巻は全4章構成となっており、第一章が24話の直後の時系列がオリジナルで描かれている他、第二章がTV未放映のSPECIALエピソードの『横行跋扈のポリオマニア』のノベライズ、第三章においては『STEINS;GATE Official After Story災厄降誕ホーリー・ディ』を意識したオリジナルとなっている。 第四章から映画のノベライズとなるが、劇場版では裏設定とされている部分 あるいは世界線 の描写が盛り込まれているため 、上巻だけでは劇場版とは設定が異なると思われるところ、下巻では同じ結末に到り劇場版の補完となる構成となっている。 下巻は全5章構成である。 上巻 、2013年発売• 下巻 、2013年発売 STEINS;GATE 萌芽追想のアミティエ TVアニメーション『STEINS;GATE』のBlu-ray Disc全巻連動購入応募特典小冊子に収録された小説である。 著者は安本亨、監修は林直孝が担当し、挿絵は全カラーであり、原画はアニメキャラクターデザインの坂井久太が担当している。 内容は中学時代の岡部倫太郎と橋田至がどのようにして出会ったかを回想していく内容である。 岡部倫太郎と橋田至のつなぎ役として新キャラクターの音海よう子が登場する。 STEINS;GATE 外伝小説三部作 5pb. が直接製作・出版。 全3巻が約1年かけて順次刊行された。 著者(シナリオ)は。 カバーイラストはhuke、本文イラストは池田靖宏 5pb. が担当(3巻はhukeも本文イラストを担当)。 小説オリジナルキャラクター・比屋定真帆(ひやじょうまほ)、椎名かがりも登場する。 ドラマCDはシリーズを通して安本亨が担当している。 閉時曲線のエピグラフ 、2012年発売(82にて先行発売された) オリジナルドラマCD『射影曲面のエピキタシー』と特製ボックスが付属(コミケ先行発売版では付属しない)。 永劫回帰のパンドラ、2013年発売 オリジナルドラマCD『人工械機のパンデミア』と特製ボックスが付属。 無限遠点のアルタイル、2013年発売された オリジナルドラマCD『時限輪転のアルペジオ』と小説『遥遠のヴァルハラ』やイラストレーターによる寄稿イラストが収録された特別小冊子『多元階差のテスティモニー』が付属された。 STEINS;GATE 線形拘束のモザイシズム (KADOKAWA)レーベルにて発売。 著者はシュタインズ・ゲートの共同制作元のニトロプラスに所属する。 カバーイラストはhuke、本文イラストは が担当した。 全1巻。 原作の線形拘束フェノグラム本編全シナリオを再構成したノベライズである。 物語の序盤に大量のDメールが届き始めることからストーリーが開始している。 、2014年発売 発売中止作品 STEINS;GATE -The Committee Of Antimatter- 全1巻・MAGES. 自らが直接製作出版し2015年1月16日に発売する予定だったが、諸般の事情により発売中止。 中止発表までに発表された情報は下記の通り。 イラスト:吉田糺(コミック版『閉時曲線のエピグラフ』を担当)• 本編に小冊子が付く形態で、小説にはキャラクター設定資料が収録される他、著者の別作小説『混沌の扉』が再録される予定だった。 ファンブック [ ] シュタインズ・ゲート 公式資料集 2010年初版発行。 ファミ通編集部編、発行。 シナリオ・設定などの解説やビジュアルイラスト、聖地巡礼ガイドのほか開発者座談会やインタビューが掲載されている。 発売後に発売されたドラマCDについては未解説。 上記の資料集では未解説であったのコミックスやドラマCD等のメディアミックス作品まで解説しており、世界線の年表が掲載される他、True end後の物語を描くショートストーリーやそれに連動した小説「牧瀬紅莉栖からの手紙」のほかインタビューが掲載されている。 STEINS;GATE 相思相愛のトゥルーメモリーズ 2011年初版発行。 編、KADOKAWA発行。 アニメ「シュタインズ・ゲート」のキャラを岡部とダルがナビゲート。 紅莉栖、まゆり、鈴羽、フェイリス、るか、萌郁の描き下ろしピンナップが6枚付いてくる。 TV Anime STEINS;GATE OFFICIAL GUIDEBOOK 記憶補完のモノグラフ 2011年初版発行。 未来ガジェット研究所 監修、編、KADOKAWA発行。 アニメ「シュタインズ・ゲート」の完全ガイド。 シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん 公式資料集 2011年初版発行。 ファミ通編集部編、KADOKAWA発行。 STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム 公式資料集 2013年初版発行。 電撃攻略本編集部編、KADOKAWA発行。 ゲーム『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』のファンブックであり、線形拘束のフェノグラムで使用されたグラフィックの他キャラクター設定や用語集、各章ストーリーの解説、概略そして制作スタッフ座談会の他担当声優たちのコメントが収録されている。 本編『STEINS;GATE』の各章ストーリーの概要の他、『STEINS;GATE』『比翼恋理のだーりん』『線形拘束のフェノグラム』の世界線を一図に表したダイアグラムも掲載されている。 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ OFFICIAL GUIDE BOOK 2013年初版発行。 ニュータイプ編、KADOKAWA発行。 アニメ『劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』の公式ガイドブックであり、キャラクター設定や用語集、簡単なTVアニメのおさらい、劇場版本編の映像スチールを用いた解説・考察と原作者志倉千代丸、総監督、監督等のスタッフインタビューの他、メインキャストのインタビューも掲載。 また劇場版に際してメディアに発表された版権絵も収録されている。 STEINS;GATE 0 公式資料集 Amadeus' Script 2016年3月31日初版発行。 電撃攻略本編集部編、KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)発行。 STEINS;GATE0のファンブック・資料集である。 ストーリー紹介、用語集や解説の他、0についての製作者に対しての質問コーナーも設けられている。 モバイル [ ] 2011年8月2日に牧瀬紅莉栖と椎名まゆり、2011年9月6日に岡部倫太郎、2011年10月11日に阿万音鈴羽、2012年3月27日にフェイリス・ニャンニャンのスマートフォン向けのボイス付きカードアプリがリリースされた。 シュタインズ・ゲート for iPhone 世界線時計 2011年8月26日からリリースされたアプリ。 ダイバージェンスメーターが表示されるアラーム付き目覚まし時計アプリ。 アプリから直接つぶやける「Twitter 機能」や、公式ブログの情報更新をお知らせする「公式ブログリンク 機能」、手に入れた画像表示&ボイス再生を自由に行える「キャラクター画像&ボイス再生 機能」などの機能も用意されている。 目覚ましボイスは撮りおろし。 アニメ版がモチーフ。 デベロッパーは。 2011年10月1日から10月2日まで、「オペレーション:クロノス〜48時間で世界がヤバイ…かもしれない作戦〜」というツイッター連動イベントが催された。 まゆり シュタインズ・ゲート アニメ電話 2011年9月21日からリリースされたiPhoneアプリ。 キャラクターから着信があり、電話ボイスが聞ける。 アニメ版がモチーフ。 デベロッパーは。 シュタインズ・ゲートめざまし未来ガジェット0840号おかりん シュタインズ・ゲートめざまし未来ガジェット0840号紅莉栖 シュタインズ・ゲートめざまし未来ガジェット0840号まゆり 2011年10月28日からリリースされたスマートフォン用アプリ。 ボイスめざまし。 アニメ版がモチーフ。 デベロッパーは。 バッテリー運用調整。 原作版がモチーフ。 デベロッパーはID corp.。 シュタインズ・ゲートめざまし 未来ガジェット0840号鈴羽 2012年3月1日からリリースされたスマートフォン用アプリ。 ボイスめざまし。 アニメ版がモチーフ。 デベロッパーは。 STEINS;GATE Tweet 2012年3月21日からリリースされた用アプリ。 クライアント。 壁紙、アイコン、効果音が設定できる。 デベロッパーは。 Feel on! STEINS;GATE 2012年8月7日からリリースされたiOS用アプリ。 LisBが提供しているTwitterをコミックで楽しむというコンセプトのTwitterクライアントの『Feel on! for Twitter』とのコラボレーションスキンアプリ。 デベロッパーは。 STEINS;GATE - スタンプ 2015年5月14日からリリースされているLINE上で使える動くスタンプ。 スマートフォン用アプリ。 デベロッパーは。 目的地まで音声付きのナビゲーションをしてくれる。 デベロッパーは。 目的地まで音声付きのナビゲーションをしてくれる。 デベロッパーは。 STEINS;GATE 0 - LINEスタンプ 2016年3月2日からリリースされているLINE上で使えるスタンプ。 スマートフォン用アプリ。 デベロッパーは。 未来を変えるSTEINS;GATE スタンプ - LINEスタンプ 2018年1月11日からリリースされているLINE上で使えるスタンプ。 スマートフォン用アプリ。 デベロッパーは。 しゃべる! STEINS;GATEスタンプ - LINEスタンプ 2018年8月14日からリリースされているLINE上で使える音声付きスタンプ。 スマートフォン用アプリ。 デベロッパーは。 STEINS;GATE ALARM 〜時限調和のタイムピース〜 2018年9月14日からリリースされているiOSとAndroid用のアプリ。 牧瀬紅莉栖のボイスと描き下ろしイラストが収録されているアラームアプリ。 デベロッパーはディ・テクノ。 舞台 [ ] 『 LIVING ADV「STEINS;GATE」』というタイトルで、2013年10月12日 - 20日に内ので上演。 メディア展開作品では初めて、メインキャストを一新した。 原典のシナリオ分岐システムを再現するべく、公演ごとに前・後半2つのパートで構成。 後半については、ストーリーの異なる6つの「ルート」(シュタインズ・ゲート編、るか編、紅莉栖編、フェイリス編、まゆり編、鈴羽編)を設定したうえで、公演ごとにいずれか1つの「ルート」を上演していた。 同公演および2日目(13日)の夜公演については、から向けに有料で動画を配信している。 キャスト(舞台) [ ]• 岡部倫太郎:• 牧瀬紅莉栖:• 椎名まゆり:• 阿万音鈴羽:• 漆原るか:• フェイリス・ニャンニャン:• 橋田至:長友光弘()• 桐生萌郁:• 天王寺裕吾:• 中鉢博士:• 秋葉幸高:(紅莉栖編・フェイリス編のみ)• アンサンブル:、、、、、、、、、 スタッフ(舞台) [ ]• 企画・原作:• 脚本・演出:• シナリオ監修:林直孝/松原達也• 制作プロデューサー:、• プロデューサー:、 パチスロ [ ]• 想定科学パチスロ STEINS;GATE 廻転世界のインダクタンス (2015年、)• 想定科学パチスロ STEINS;GATE 廻転世界のインダクタンス ランヴォア (2017年、オーイズミ) パチンコ [ ]• CR STEINS;GATE(2018年、) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• PS3版はダウンロード版なし。 PSP版は配信終了。 つまり現実で本作品が発売された一年後。 制作時に許諾を得た上で登場させている。 エンドクレジットにもその一覧が表示された。 Xbox 360版『』でも同様のシステムの実装が検討されたのだが、本作と同じ理由で見送られている。 ただしに発表したWindows Phone 7搭載のスマートフォンに限り、実現できる可能性が出てきている。 グラフィック・BGMの仕様はデフォルト状態 MEC PC-8081mk2SR の場合。 他機種モードに変更した場合は、その機種の仕様に合わせて変わる。 『STEINS;GATE 0』では椎名かがりが最後のメンバーだと紹介しているが、一方未来世界では阿万音由季も創設メンバーに含まれていた。 「ファンタズム」は前作『』のヒロインの一人である岸本あやせがボーカル担当しているという設定のバンド。 当初の作画を担当した溝口の体調不良により連載が一時中断されたが、溝口の体調面を考慮し作家が吉田に変更され、2011年10月28日より連載が再開した。 第2巻分は溝口は構成アドバイザーとして関わっていくこととなった。 出典 [ ]• 『』No. 1206(1月26日号)、、2012年、11頁。 2016年7月2日閲覧。 2015年10月28日. 2015年12月11日閲覧。 、p2。 電撃オンライン. 2 2010年4月24日. 2011年8月5日閲覧。 、p4。 福田麗 2011年9月14日. シネマトゥデイ ウエルバ. 2011年10月1日閲覧。 TVアニメ『STEINS;GATE』公式サイト 2011年9月20日. 2011年9月22日閲覧。 ぺろ; 志倉千代丸 2011年4月26日. 2012年10月31日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年9月22日閲覧。 2011年8月25日. 2011年9月22日閲覧。 2011年6月6日. 2011年8月31日閲覧。 りえぽん 2011年9月14日. 電撃オンライン. 2011年9月22日閲覧。 ファミ通. com 2009年6月9日• ファミ通. com 2009年8月14日• 電撃オンライン 2009年11月20日• ファミ通. com 2009年10月29日• Games 2017年05月19日• 4Gamer. net 2011年6月30日• 、ファミ通. com、。 Gueed 2016年9月9日. 4Gamer. net. 2016年9月9日閲覧。 、ファミ通. com、2011年。 - ファミ通. com 2018年9月21日• 、ファミ通. com、2011年2月17日。 GAME Watch. 2019年12月19日閲覧。 『コンプティーク』2011年2月号、志倉千代丸ロングインタビューより。 GAME Watch 2018年9月18日. 2018年9月18日閲覧。 ファミ通. com 2018年12月25日. 2019年1月12日閲覧。 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス. 1-2 2011年7月14日. 2011年9月7日閲覧。 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品. 2018年7月1日閲覧。 YouTube. 2018年3月2日時点のよりアーカイブ。 2015年7月10日閲覧。 Mugendai. 日本IBM. 2017年7月22日時点のよりアーカイブ。 2014年10月15日閲覧。 2013年5月25日閲覧。 文化放送. 2017年7月27日閲覧。 おたスケ. 2018年4月18日閲覧。 2013年4月12日閲覧• 下巻「あとがき」より• (2014年12月23日閲覧)。 発売においては外伝小説3部作と違いISBNコードも発行されていた( )。 、p8。 参考文献 [ ]• , 電撃オンライン , 2009-11-20 , 2011年4月20日閲覧。 関連項目 [ ]• - 科学アドベンチャーシリーズ第3作・拡張科学アドベンチャー。 本作のトゥルーエンドとなる世界線「1. 048596」上におけるの物語とされている。 - 電話レンジのホストコントローラとしてマンハッタンシェイプ型が登場している。 - プレイヤーキャラとして紅莉栖が登場している。 外部リンク [ ] ゲーム• - 現在のゲーム作品ポータルサイト• - X360版・WIN版時代の公式サイト(現在は更新終了)• - Steam版の公式紹介ページ• - 公式が運営するジョークサイト(未来ガジェット研究所のサイトを再現している) アニメ• - (2015年3月21日アーカイブ分) Twitter• FutureGadgetLab - Facebook•

次の