小説 家 に な ろう ランキング。 松本清張のおすすめランキングベスト11!『砂の器』だけではない名作の数々

小説家の年収のすべてがわかるページ【印税・原稿料など】|年収ガイド

小説 家 に な ろう ランキング

小説家の仕事は、小説を書くことです。 小説家の収入は出版した小説によって決まるため、小説を書かなければ収入を得ることはできません。 しかし、一般的に小説家は企業に雇用されて小説を執筆するわけではないため、自由業という括りになるのかもしれません。 つまり、決まった時間や曜日に仕事があるわけではなく、自分で自分の仕事量を管理する必要があるということです。 そのため、もちろん時間給が発生するわけでもなく、書いた小説が出版されなければ、小説の執筆に費やした時間に対する収入は発生しないことになります。 つまり、良くも悪くも自分の腕次第、という側面があることに注意しましょう。 小説家と編集者 また、小説家は出版社の編集者と呼ばれる人と協力し合う関係となります。 これは、執筆した小説は出版社を通じて書籍化されるからです。 小説が書籍化され、出版されるまでには、執筆した小説の校閲作業や修正、書籍化に際する装丁(本の表紙)に関する相談などを含みます。 従って、小説家は小説を書いて終わりではなく、出版までの必要な仕事を出版社の編集者の助けを得て行うことになるのです。 小説家と脚本家 小説家に近いイメージの職業に、脚本家という職業があります。 脚本家は、映画やドラマなどのシナリオを書くお仕事です。 小説家が書いた小説がテレビ実写化や映画化されることもありますが、小説家はテレビ・映画専用のシナリオを作っているわけではありません。 小説家という職業の将来性 小説家という職業は、書いた小説の売上によって収入を得る職業です。 近年では、紙媒体の書籍の売上が徐々に減少してきています。 その代わり、インターネット上で小説を発表する人が増えてきています。 小説サイトや個人ブログなどを利用すれば、従来のように出版社を介さず、誰でも簡単に作品を発表することができるからです。 そのため、インターネット上で話題になり、注目を集めれば出版社から書籍化のオファーがあることも、あり得るかもしれません。 小説家という職業の在り方も、時代とともに変わってきているということができるでしょう。 小説家の給料 小説家の給料は、出版する小説の数や売上によって大きく変わります。 小説家は、一般的な仕事のように毎月数十万円の給料を受け取れるわけではありません。 従って、小説家を職業としたい場合には、それだけ書いた小説が売れなければなりません。 一般的に、小説家の収入は小説の原稿料+出版した本の売上(印税)によるようです。 毎年数万部以上のベストセラーを書く小説家であれば、年収1000万以上も期待できますが、小説が売れなければそれだけ収入も少ないので、安定した収入を得られる職業ということはできません。 小説家の資格 小説家は、基本的には個人的に小説を執筆する職業なので、小説家になるための努力・勉強が認められる認定資格のようなものはありません。 しかし、小説を学ぶことなら色々な大学でできるため、小説家の中には大学の文学部に在籍していた人も多くいます。 小説家になれる大学 ここでは、小説家やエッセイストなど、文章を書くことのプロフェッショナルの輩出数を大学ごとに紹介します。 ランキング形式でご紹介するので、興味がある大学があれば、詳細を調べてみましょう。 小説家になるという目標がはっきりしているあなたも、まだ迷っているというあなたも、小説が学べる大学、小説家を多く卒業生に持つ大学について知っておくと、自分に合った進路選択を行う参考になると思いますよ。 1位: 早稲田大学(177名) 朝井リョウ(早稲田大学文化構想学部)・代表作「桐島、部活やめるってよ」など 村上春樹(早稲田大学第一文学部演劇科)・代表作「ノルウェイの森」など 綿矢りさ(早稲田大学教育学部国語国文学学科)・代表作「蹴りたい背中」など 三浦しをん(早稲田大学第一文学部演劇映像学科)・代表作「まほろ駅前多田便利軒」など 小川洋子(早稲田大学第一文学部文芸科)・代表作「博士の愛した数式」など 2位: 東京大学(150名) 大江健三郎(東京大学文学部フランス文学科)・代表作「万延元年のフットボール」など 三島由紀夫(東京大学法学部法律科独法)・代表作「仮面の告白」など 堀辰雄(東京帝国大学文学部国文科)・代表作「風立ちぬ」など 芥川龍之介(東京帝国大学文科大学英文学科)代表作「羅生門」など 3位: 慶應義塾大学(65名) 遠藤周作(慶應義塾大学文学部仏文科)・代表作「海と毒薬」 水野敬也(慶應義塾大学経済学部)・代表作「夢を叶えるゾウ」 夢野久作(慶應義塾大学文学部)・代表作「ドグラ・マグラ」 4位: 明治大学(44名) 5位: 京都大学(40名) 6位: 立教大学(35名) 7位: 日本大学(28名) 8位: 同志社大学(22名) ランキングを見てみると、早稲田大学・東京大学がずば抜けて小説家を輩出していることがわかりますね。 また、東京大学の小説家は戦前の作家も多いため、最近の小説家の輩出数では早稲田大学が圧倒的となっているようです。

次の

サイト案内

小説 家 に な ろう ランキング

読書好きな私がこれまでに読んできた本の中で、読みやすさや面白さが特に優れている小説をジャンル問わずに、ランキング形式でご紹介をします。 気軽で手に取りやすい文庫本として出版されているものも多く含まれているので、ぜひ本記事の中から「あなたにぴったりの一冊」を選んでいただければと思います。 それでは「【2019年度版】誰が読んでも面白いこと間違いなし!おすすめ小説ランキング」をお楽しみください。 注:本記事は、2018年版を2019年版に再編集したものです。 第1位|ナミヤ雑貨店の奇蹟(著者:東野圭吾/角川文庫) 面白かったです!と、一言で済ませてしまうのもなんですが、やはりという人のストーリテリングのうまさは特筆すべきものがあるなと感じた一作。 読みやすさやエンターテインメント性も入れて、おすすめ度は断トツ1位ですね。 山田涼介さん主演映画の原作で、若い人にも当然受けるでしょうし、昭和レトロを題材にしていますので、年配の人にも懐かしいノスタルジックな感動が味わえます。 ぜひ堪能してほしい、暖かな東野ワールドです。 第2位|わたしを離さないで(著者:カズオ・イシグロ/ハヤカワepi文庫) 小説ランキング第2位は、2017年日系人としてノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏の作品。 当然日本語訳なるのですが、やはり心の根底に日本人の情緒を感じられるその物語は繊細で情緒豊かで、なぜかしっくりとくる感覚が気持ちの良い作品です。 ないようは、ちょっと背筋がぞわりとするような、そんな感覚を与えてくれる内容。 朴訥としていて冷静な主人公の語り口を追いかけていくにつれみえてくる真実。 これを読まずに2019年は終われない、そんな話題の名作です。 第3位|カエルの楽園(著者:百田尚樹/文春文庫) 小説ランキング第3位は、Mr. 炎上の異名を持つ、お騒がせ作家百田尚樹氏の作品。 まるで児童書の様な平易な読み口は、年齢を問わず、また読書の得意不得意を選ぶことなく読むことのできる作品になっています。 とはいえ、内容は過激な社会批判。 彼の目に見える、日本という国の現状の危うさとそんな社会になってしまった原因をカエルの形を借りてあらわしていく手法は、甘さに百田尚樹節。 百田尚樹が好きな人も嫌いな人も、読んでおくべき怪作です。 第4位|最低。 (著者:紗倉まな/角川文庫) 小説ランキング第4位は、某大物お笑い芸人の恋人としても注目を浴びたAV女優紗倉まなさんの作品。 AV女優という、ある意味社会の影の部分に存在している職業にスポットライトを当てた作品で、それを現役のAV女優が描き出すというセンセーショナルな小説。 女性という性の在り様をAV女優というある意味極端な場所から描き出していく手法は、痛みとともに深い感銘を受けるそんな物語になっています。 AV女優とは何なのか、女性とは何か、人間とは……そんな思いに駆られる、異色の名作です。 第5位|君の膵臓をたべたい(著者:住野 よる/双葉文庫) 面白いかおもしろくないかは読んでみてみなさんが判断すればいいことで、 取りあえず2019年にこの本を読んでいないと、それはそれでまずいのではないだろうか?と思える作品がこの「君の膵臓を食べたい」ですね。 泣きたいのであれば泣けます。 それは太鼓判です。 小説になじみのない人には問題なくお勧めできますし、今の小説の流行りというものがどういう要素で成り立っているのかというレベルで読書ができる人にもぜひおすすめです。 そう、つまり、これが、今の小説なのです。 第6位|かがみの孤城(著者:辻村深月/ポプラ社) 文句なしに面白いエンターテインメント作品であるかがみの孤城。 最近どうもいまいちおもしろいと感じなかった本屋大賞ですが、2018年の大賞を受賞したこの作品は、本当に面白かったですね。 特に、物語に伏線がちりばめられているのが好きな人にはお勧めです。 そこかしこにちりばめられた伏線が、まるで糸を手繰るように回収されていく様は、もはや快感ともいえる楽しさを与えてくれること間違いなし。 人によっては辻村作品の最高傑作との呼び声も高い本作。 辻村作品の導入としても、また、辻村作品のファン(でこれ読んでない人はいないか)も納得できる作品です。 第7位|たゆたえども沈まず(著者:原口マハ/幻冬舎) 小説ランキング第7位は、原口マハお得意の絵画小説。 ゴッホの作品に日本の浮世絵が影響を与えたという出来事をもとに、そのきっかけとなった日本人画商とゴッホ、そして弟テオとのかかわりを描いていく作品です。 これをきっかけに絵画に興味を持つ本好きがいてもいいし、小説に興味を持つ絵画好きがいてもいい。 そう思わせるほど、本好きをうならせる筆致と、絵画好きを納得させる美術への愛が織り込まれた本作は、没入感の強い魅力的な作品に仕上がっています。 第8位|崩れる脳を抱きしめて(著者:知念実希人/実業之日本社) 小説ランキング第8位は、最近流行りのラノベ文体。 ラノベ文体に親しんでいるものの、ラノベではない本を読みたいと思っている人にはありがたい、どちらかというとラノベ文体に近い小説がこの作品。 ですのでものすごく読みやすくて、しかもそれなりにしっかりとした内容が描かれているというお得感ある小説です。 内容は、医療ミステリーに恋愛が大きくかかわる内容。 しっかりとした医学知識に裏付けられた作品には、文体の優しさとはかけ離れた感動が存在します。 第9位|AX アックス(著者:伊坂幸太郎/KADOKAWA) 安心の作品、ほんと、安定の面白さ。 内容もさることながら、文体のテンポという描写のシンプルでわかりやすい表現といい、ページをめくる手が止まらないそんな傑作です。 内容に関しては、恐妻家の殺し屋という設定の勝利。 その設定であれば、いかように面白い作品が書けるだろうなと思わせるくらい、その面白い設定の妙味で最後まで一気に連れて行ってくれます。 外したくないなら、これがおすすめです。 そんな人におすすめなのが、第13巻がオリコン調べで2018年のベストセラー小説3位にランクインしたこの『オーバーロード』です。 この作品はラノベでありながら、ラノベっぽさを最小限に抑えた内容で、変な言い方ですがしっかりとした作品。 もちろん今はやりの異世界物で、いわゆる主人公が最強設定という俺TUEE展開な作品なのですが世界の設定や人間関係がラノベらしからぬ充実ぶり。 ラノベ未経験の人にぜひ読んでもらいたい一冊です。 読書はなるべき好き嫌いなしに呼んでみましょう! 読みたい本がたくさんあるなら別ですが、そうでないならあまり選り好みせず読んでみるのもおすすめ。 特に今回ご紹介した作品群は、どれもかなり面白い出来になっていますので、いままでチャレンジしたことのないジャンルでも読んでみることをお勧めしますよ。

次の

【小説家になろう】完結済!おすすめの名作42選【無料で読める面白いウェブ小説まとめ】

小説 家 に な ろう ランキング

小説家の収入には大きく分けて3つの収入があります。 1.原稿料 原稿料とは文芸誌や雑誌の連載などに対して支払われる報酬のことで、一般的に原稿用紙一枚(400字)が単位となっています。 1枚あたりでおおむね2000円位から5000円くらいが平均的ですが、作家の実力と人気次第で契約金額は決められます。 ヒットが約束されるような有名作家ともなると1枚あたり数万円の原稿料になることもあるそうです。 第153回芥川賞を受賞した羽田圭介さんはデビュー直後の原稿料が400字で300円。 経験を積んだ受賞前には4000円まで上がり、受賞後には5000円になったそうです。 仮に小説の文芸誌連載が月産枚数50枚であったとしても、月収は25万円にしかなりません。 実力派と言われた羽田さんでもこの金額ですから、小説家の厳しい状況が伺えます。 2.印税 印税とは出版された本1冊に対する収入です。 「小説家」としての本収入がこの印税収入で作家の実力で稼ぎ出せる収入です。 一冊1500円の本を印税契約10%として得られる収入は 部数 印税 3000部 45万円 1万部 150万円 10万部 1500万円 100万部 1億5千万円 又吉さんの芥川賞受賞作「火花」など話題性の高い作品やトップクラスの作家なら初版(最初に刷られる部数)で数万部ということもありますが、ほとんどの作家は初版で3000部から数千部程度から始まります。 そこからヒット次第で段階的に増刷となりますが、売れなかった場合はその時点で絶版となります。 仮に初版の3000部しか売れなかった場合は印税収入は45万円程度という計算になります。 サラリーマン程度の収入(年収400万円)を担保しようと思えば、年間に3万部は売り切らなくてはなりません。 3万部と言うとそう難しくない数字に思いがちですが、出版不況がいわれる中、数万部をコンスタントに売り上げる事はかなり難しくなっています。 また、小説を年に何本も書き上げることは現実的でなく、余程のヒットを飛ばさない限りは印税から高収入を得ることは難しいでしょう。 最近は単行本(ハードカバー)の数年後に「文庫本」が出版されるケースが増えています。 文庫本とは本を小さく簡素にして安く販売されるもので、不況の影響なのか単行本よりも人気があり、小説家にとっては数年後に新たに得られる収入源として重要な存在になっています。 3.その他 上記の直接的な収入の他に、知識や知名度を活かした収入が得られることもあります。 ・知名度を活かした公演活動。 ・ワークショップなど。 ・エッセイの寄稿。 ・テレビやラジオのコメンテーターやタレント活動。 兼業作家と専業作家 日本に何人の小説家が存在しているのか正確な数字は不明です。 しかし、確実に言えることは小説の執筆料だけで生計を立てている「専業作家」はトップクラスの一握りを除けばほとんど存在していません。 また、専業作家といっても高収入を得て悠々自適な生活が送れる人はごくごく僅かで、多くの人は少ない収入でも小説に集中するために頑張っていたり、配偶者のサポートがあってこそのケースがほとんどです。 「文芸賞」などの各種新人賞、日本一有名な「芥川賞」「直木賞」の受賞者でさえもほとんどは別の仕事を持ちながら活動しています。 会社員や介護職など文筆業とは関係のない仕事をする人もいれば、タレントやコメンテーター、コラムニスト、エッセイストとして活躍する人など様々です。 1位 ジェームズ・パターソン(68歳) 8900万ドル(約98億円) 「アレックス・クロス」や「ウィメンズ・マーダー・クラブ」などのシリーズで有名。 2位 ジョン・グリーン(37歳) 2600万ドル (約28億円) 「さよならを待つふたりのために(The Fault in Our Stars)」は数百万冊の大ヒット。 3位 ヴェロニカ・ロス(26歳) 2500万ドル (約27億円) 「ダイバージェント」シリーズで有名。 4位 ダニエル・スティール(67歳) 2500万ドル (約27億円) ロマンス系作品を中心に長年にわたり活躍している。 5位 ジェフ・キニー(44歳) 2300万ドル (約25億円) 児童向け書籍「グレッグのダメ日記」で有名。 作品が世界各地で翻訳されている。 近年での日本のトップはヒットを連発している東野圭吾さんや重鎮の村上春樹さんあたりだと予想されますが、おそらく年収で数億円程度でしょう。 マーケットの大きい世界に目を移せば、トップクラスで日本ではまず考えられない20億円以上の収入になります。 現在のランキングには入っていませんが、爆発的に大ヒットした「ハリーポッター」の作者J・K・ローリングさんは2002年には作家としての史上最高額「1億2500万ポンド(180億円)」の年収を記録しました。 ハリーポッターの出版前は極度の困窮状態で自殺を考えるほどであったそうですが、現在は1000億円を超えるともいわれる総資産をもとに悠々自適な生活を営んでいるそうです。 スポーツや音楽業界同様に小説界にも日本と世界には大きな格差が存在しています。 日本最高の権威である直木賞や芥川賞を受賞しても「喰えない」日本の小説業界を飛び出して、「世界」に向けて発信することがブレイクスルー、あるいはこれからのスタンダードになるのかもしれません。 50音順職業一覧• 年収ガイド人気コンテンツ.

次の