ウイイレ アントニオコンテ。 【ウイイレアプリ2020】アントニのレべマ能力値&確定スカウト|サンパウロが生んだ若き天才レフティー|yasublog

ウイイレアプリ チェルシーのスタメン集めてみた

ウイイレ アントニオコンテ

アントニオコンテ (写真はウィキペディアより) イタリア国籍、1969年生まれ 現役時代はユベントスなどで活躍したミッドフィールダーでした。 現在はセリアAの インテルの監督を務めています。 今までにユベントス、チェルシーなどのビッククラブでの指導歴もある、経験豊富な指揮官です。 現在はアップデートにより選手の配置が変わっており、 現時点での 最新の配置は下の写真の通りです。 フォーメーションが3-3-2-2であることには変わりません。 フォーメーションは3-3-2-2 コンテ監督は昔から3バックのフォーメーションを好んで使っています。 今季からコンテ監督が指揮をとっているインテルでは、2トップに ロメル・ルカク、ラウタロ・マルティネスを配置した 3-5-2を使用していて、ウイイレでもそのフォーメーションが再現された形となりました。 攻撃時は3バック、守備時にはサイドハーフ(RMF、LMF)が下がってきて5バックになることもこのフォーメーションの特徴の一つです。 3バックではありますが、 守備にも人数をかけられるのでかなりバランスの良いフォーメーションになっています。 次にコンテ監督のどんなところが強いのか書いていきます。 さらにサイドハーフがいるのでサイドからも効果的に攻めれます。 ワンツーパスでの強引な突破もできますし、相手キーパーとの1対1になったとき、2トップなので あえて横パスにしてもう一人が確実に決めるということも可能です。 さらに中盤の選手は OMFでも起用することができます。 上に画像で載せたチームではフィルミーノがOMFの位置にいることで、2トップとボールを繋ぎやすくしてくれています。 特にミッドフィールダーに人数をかけれるため、中央からの突破はほとんどされません。 特にマネジメント能力を気にせず使いたい選手を使えると思います。 欠点は? 守備は基本は安定しているのですが、サイドから攻撃を受けた時に準備をしていないと、簡単に突破されてしまうことがあります。 特に守備対応で、サイドハーフはスタミナを消費しやすいです。 あとは プレッシングがセーフティのため、前からプレッシャーをかけづらい監督です。 ボールを素早く奪えないため、人によっては守りにくいと感じる方もいるかもしれません。 おすすめの起用法 欠点でも書いた通りサイドハーフは体力が減りやすいので スタミナのある選手(またはサイドバックが適正ポジションでサイドハーフでもプレーできる選手)がおすすめです。 また、CMF(DMF)もサイドハーフが対応できなかった分の守備を担当することがあります。 ボール奪取が得意なプレイヤーを配置することで守備が安定するため、 プレースタイルは「 ハードプレス」「 ボックストゥボックス」などがおすすめです。 コンテの使い方.

次の

(ウイイレ)日本の海外有名選手確定スカウト!│sports

ウイイレ アントニオコンテ

最新の追加選手 総合値はレベルMAX時のものです。 順次更新していきます。 課金還元サービスでおトクに最強キャラをGET [PR] 課金して最強キャラを狙うなら「」経由がおすすめです。 特にCBやサイドの選手は足の速い選手を選んでいます。 プレースタイルを重視 ポジション別に使いやすいプレースタイルを評価しています。 例えばCFであれば「」の選手を中心的に選びました。 詳しくは下記記事に書いてあるので、是非ご参考にして下さい。 有用なスキルを持っている選手評価 「ワンタッチパス」や「ワンタッチシュート」、「スルーパス」など有用なスキル持ちの選手を評価しています。 ワンタッチパス• ワンタッチシュート• スルーパス• ノールックパス• ピンポイントクロス• マンマーク• 低弾道パントキック 同名選手は同じポジションランキングには採用しない 同名選手は同じポジションランキングには採用しておりません。 例えば「FPアグエロ」と「通常アグエロ」はCFランキングで「FPアグエロ」のみを選抜して掲載しています。 関連記事 人気記事一覧 ポジション最強選手 -.

次の

ウイイレアプリ チェルシーのスタメン集めてみた

ウイイレ アントニオコンテ

アントニオコンテ (写真はウィキペディアより) イタリア国籍、1969年生まれ 現役時代はユベントスなどで活躍したミッドフィールダーでした。 現在はセリアAの インテルの監督を務めています。 今までにユベントス、チェルシーなどのビッククラブでの指導歴もある、経験豊富な指揮官です。 現在はアップデートにより選手の配置が変わっており、 現時点での 最新の配置は下の写真の通りです。 フォーメーションが3-3-2-2であることには変わりません。 フォーメーションは3-3-2-2 コンテ監督は昔から3バックのフォーメーションを好んで使っています。 今季からコンテ監督が指揮をとっているインテルでは、2トップに ロメル・ルカク、ラウタロ・マルティネスを配置した 3-5-2を使用していて、ウイイレでもそのフォーメーションが再現された形となりました。 攻撃時は3バック、守備時にはサイドハーフ(RMF、LMF)が下がってきて5バックになることもこのフォーメーションの特徴の一つです。 3バックではありますが、 守備にも人数をかけられるのでかなりバランスの良いフォーメーションになっています。 次にコンテ監督のどんなところが強いのか書いていきます。 さらにサイドハーフがいるのでサイドからも効果的に攻めれます。 ワンツーパスでの強引な突破もできますし、相手キーパーとの1対1になったとき、2トップなので あえて横パスにしてもう一人が確実に決めるということも可能です。 さらに中盤の選手は OMFでも起用することができます。 上に画像で載せたチームではフィルミーノがOMFの位置にいることで、2トップとボールを繋ぎやすくしてくれています。 特にミッドフィールダーに人数をかけれるため、中央からの突破はほとんどされません。 特にマネジメント能力を気にせず使いたい選手を使えると思います。 欠点は? 守備は基本は安定しているのですが、サイドから攻撃を受けた時に準備をしていないと、簡単に突破されてしまうことがあります。 特に守備対応で、サイドハーフはスタミナを消費しやすいです。 あとは プレッシングがセーフティのため、前からプレッシャーをかけづらい監督です。 ボールを素早く奪えないため、人によっては守りにくいと感じる方もいるかもしれません。 おすすめの起用法 欠点でも書いた通りサイドハーフは体力が減りやすいので スタミナのある選手(またはサイドバックが適正ポジションでサイドハーフでもプレーできる選手)がおすすめです。 また、CMF(DMF)もサイドハーフが対応できなかった分の守備を担当することがあります。 ボール奪取が得意なプレイヤーを配置することで守備が安定するため、 プレースタイルは「 ハードプレス」「 ボックストゥボックス」などがおすすめです。 コンテの使い方.

次の