クローバー ローゼ。 [こえだ商店] 四葉の戦姫 クローバーローゼ

ソフトリョナラーにおすすめのヒロピン漫画!【四葉の戦姫 クローバーローゼ】|キャットファイトを求めて

クローバー ローゼ

「はあっ・・はあっ・・・はあ・・・・」 四つ葉の戦姫・クローバーローゼは荒い呼吸を繰り返しながら肩を大きく上下させている。 一迅の風がふっと吹き抜け、ローゼの頬を軽く撫でてから乾いた空へ吸い込まれていった。 頬は風に撫でられるとひりひりと熱を持った痛みを発し、ローゼの表情を僅かに歪ませる。 その頬を赤く染めているのは少女の愛らしい顔には似合わぬ痣。 痣は頬だけでなく、身を包むコスチュームが裂かれむき出しになった肌のあちこちに刻まれていた。 特に鳩尾の辺りは白いインナーと赤いリボンがボロボロにはじけ飛び、剥きだされた肌が無残にも深く抉られている。 薄く付いた腹筋の少し上、筋肉がつかぬ無防備な箇所を穿たれたダメージは底知れず、 ローゼはぜえぜえという呼吸に混ぜて時折血の混じった唾液を吐いた。 あちこち穴が空いたように破れ虫食いのようになっているニーソックスと腕カバー。 ボロキレのように破れ無数の破れ目から僅かに下着を覗かせているスカート。 身に纏うコスチュームはもはや衣装の体を辛うじて保っているに過ぎないという状態にまで損壊していた。 満身創痍と呼ぶに相応しい状態であったが、それでもローゼは鋭い視線でまっすぐに目の前の敵を見据えている。 ローゼの眼前に悠然と立つのは、ドロンと呼ばれる敵組織グラントの一般戦闘員に過ぎない・・・ただ、それまでのドロンと異なるのは集団ではなくたった一人でローゼに戦いを挑んできていること、そしてその体躯がそれまでと比較にならぬほどに巨大になっているということだ。 鉄板を敷いたように分厚く発達した胸板、盛り上がった上腕、割れた腹筋。 ドロンとは思えぬ異常発達した全身の筋肉、そしてそれに伴い一回り以上大きくなった体躯。 その肉体の賜物である圧倒的な身体能力は、本来集団であってもローゼに蹴散らされるばかりのドロンが、たった一人でもローゼを一方的に叩き伏せるほどの凄まじさを見せていた。 指を弾いただけで風の塊を飛ばし、その風圧を以ってローゼの衣装を引き裂いたり、 ローゼを殴った身体越しに圧力で地面を抉るほどのパワーでローゼを何度も失神させるなど、対等な戦いとは言えぬ蹂躙に近い様相でローゼを幾度となく地に這わせた。 一方的に嬲られ、幾度も気絶しながらそのたびに立ち上がり不屈の闘志を見せるローゼであったが、立ち上がれどもその次の瞬間にはまた地に伏せられる。 その様は健気というより悲壮であった。 ドロンの黒目のない双眼がぼうっと紅く光る。 傷ついた身体をぐっと強張らせ、ドロンの攻撃に備えようとするローゼ。 (あのドロンとあたしじゃ力の差があり過ぎる・・真向から立ち向かってももう勝機はない・・・この状況で逆転するにはどうしたら・・・) 圧倒的不利なこの状況をどう脱するか。 ローゼは思考を様々に巡らせる。 だが、思考を完了させる前にドロンが動いた。 ドロンは常に先手を取るように動き、ローゼに思考する暇を与えていない。 逆転の一手を考え付かせる前に先手を取り続けていることもローゼを苦戦させる要因の一つだった。 「くっ・・・ブレイジング・・・!」 電光石火の勢いで迫るドロンに対し、ローゼは溜まらず反射的に攻撃を繰り出そうとする。 だが、ローゼに向かい真っ直ぐに迫っていたドロンの姿は、その刹那、ローゼの視界からスッと消えた。 「なっ・・・?」 反撃のタイミングでドロンの姿を見失ったローゼ。 刹那の間、ローゼは動揺したが、 直後、背後に気配を感じすぐさま向きかえって迎撃せんとする。 「っつぅ・・・!」 背後に回ったドロンに反撃を返そうとしたが、傷を負った体がそれを許さない。 素早いドロンの動きに合わせた急反応に体の各所が悲鳴を上げ、わずかな間ローゼを無防備にした。 その僅かな隙を、ドロンは逃さない。 電光石火で踏み込み、ローゼの間合いに侵入すると両腕を大きく広げ、 次の瞬間ローゼの体を腕ごと包んで抱きよせ万力を締めるように押し潰し始めた。 「うあああああっ!!」 ドロンの強化された筋力から繰り出される強烈なベアハッグ。 傷ついた全身に電撃が走るような痛みが沁み込んでいく。 たまらずローゼは悲鳴を上げ、下着がちらつくのも構わず脚をバタバタと振り乱しながら悶えた。 万全の状態であってもこのドロンのパワーから繰り出される技は一溜りもなかったであろう。 まして今のローゼは傷だらけで限界と紙一重の状態。 もはやこの技を振りほどくのは不可能と言えた。 「くっ、ううっ・・・む、胸に・・顔埋めないでっ・・・!」 密着状態でドロンの顔がローゼの胸に埋まる形となり、ローゼは痛みとともに齎される不快な感触にたまらずドロンを睨みつけた。 グッと拳を握り、傷ついた身体に鞭打つように全身に力を込めるローゼ。 無謀な抵抗と言えたが、その抵抗の意志を肌で感じたドロンは再び双眼を紅く煌めかせた。 「ぐあああああ・・!!」 ドロンが更に力を込めてローゼの体を強く締め上げ、ローゼの全身の骨を軋ませた。 絞り上げられるように断末魔の悲鳴を響かせると、ローゼはとうとう抵抗する力を失い目を虚空へ泳がせた。 (もう、ダメ・・・、体、動かせない・・・意識・・が、遠・・く・・・・) 少しずつ、ローゼの視界が黒く染まっていく。 瞼は辛うじて開いているが、菫色の瞳は光が失せ墨を混ぜたように濁っている。 先ほどまで打ち上げられた魚のようにバタつかせていた脚もダランと下がり、屍のようにピクリとも動かない。 「あ、ぅあ・・・」 微かな呻き声を虚空に吸い込ませると、それまで痛みに耐えるよう握りしめていた拳をゆっくりと開いていき、そのまま沈黙した。 瞼がふっと閉じられ、苦痛に引きつっていた両眉はすうっと脱力していき、表情はまるで全ての苦痛から開放されたように健やかな寝顔となっていた。 ローゼは完全に失神した。 [pixivimage:75738491-5] [newpage] 四肢は弛緩してだらりと垂れ下がっているが、先ほどまで脚を激しくバタつかせていた影響でスカートがすっかりめくれ上がり、下着を隠すことなく露わにしている。 しかし、意識を失っているローゼがそれに気付くことは無い。 ドロンはローゼがぐったりとしているのを認識していたが、念を入れるかのように両腕に軽く力を込めて締め上げを強くしてみる。 「ぅ、うう・・・」 もはや、ローゼは軽く悶えるだけで覚醒することは無かった。 何度倒されてもそのたびに立ち上がってきたローゼであったが、遂にダメージが限界を超えてしまったのかもしれない。 意識は戻らず、ドロンの腕に抱かれたままになっている。 ドロンは動かなくなったローゼの体を一旦地に横たえると、今度は背中と膝裏に腕を差し入れて持ち上げて横抱きにした。 [pixivimage:75276277] ドロンの肩に顔を預けるようにして体を寄せ、眠ったままのローゼ。 ドロンはローゼの体を抱えたまま、いずこかへ誘うようにゆっくりと歩きだした。 「ん、んん・・・」 黒一色に染まっていたローゼの視界に、微かな光が差す。 双眸を重そうにゆっくり持ち上げ、ローゼは僅かに意識を取り戻した。 (あれ、あたし・・・) 意識を失う直前までの出来事が思い出せない。 彼女の意識は靄がかかったようにまだ朧気で、自分がどうしたのか、今どうなっているのか、未だ判然としない。 感じるのは宙に浮かされ、小刻みに上下に揺さぶられているような感触。 揺られるうち少しずつ体の感覚が蘇ってくると、同時に傷の痛みも蘇り始め、朧気だった意識の覚醒を促していく。 (そうか、あたし・・・あのドロンと戦って・・今まで気絶してたんだ・・・) 全身に残る痛みが嫌でも敗北の記憶を呼び起こす。 そして自分が気絶させられ、そのあと何をされて今に至るのか・・・ 思案を広げようとしたがまたローゼの意識はふっと遠のいてきた。 ダメージとエネルギーの低下で変身状態がもはや保つことができなくなり、 桃色の髪が本来の亜麻色がかった髪に戻っている。 それと同時にローゼの意識はまた闇に沈み、薄く開いていた瞼は再び閉じられた。 ドロンは無機質に紅い瞳を光らせたまま、ローゼの体を運び続ける。 そのまま薄暗い靄の向こうに、二つの人影が消えていった。

次の

クローバーローゼ無惨!拘束連続叩き付け!!

クローバー ローゼ

1 丷• 6,250 views• 5,430 views• 2,660 views• 2,570 views• 2,390 views• 2,120 views• 1,890 views• 1,840 views• 1,800 views• 1,720 views• 1,690 views• 1,550 views• 1,530 views• 1,530 views• 1,430 views• 1,370 views• 1,350 views• 1,320 views• 1,290 views• 1,280 views• 1,280 views• 1,280 views• 1,270 views• 1,250 views• 1,230 views• 1,170 views• 1,150 views• 1,140 views• 1,070 views• 1,000 views• 990 views• 950 views• 940 views• 930 views• 890 views• 870 views• 860 views• 860 views• 840 views• 830 views• 830 views• 830 views• 830 views• 820 views• 790 views• 790 views• 760 views• 760 views• 760 views• 750 views•

次の

(同人誌) [ノラネコノタマ (雪野みなと)] 義父と義兄と奴隷な私2, 愛海と清良のらぶスタディ!, 愛盛!ほっとスプリング, おじさん弄りの巨尻美亜ちゃん, 四葉の戦姫クローバーローゼ 第二話 (5M)

クローバー ローゼ

「はあっ・・はあっ・・・はあ・・・・」 四つ葉の戦姫・クローバーローゼは荒い呼吸を繰り返しながら肩を大きく上下させている。 一迅の風がふっと吹き抜け、ローゼの頬を軽く撫でてから乾いた空へ吸い込まれていった。 頬は風に撫でられるとひりひりと熱を持った痛みを発し、ローゼの表情を僅かに歪ませる。 その頬を赤く染めているのは少女の愛らしい顔には似合わぬ痣。 痣は頬だけでなく、身を包むコスチュームが裂かれむき出しになった肌のあちこちに刻まれていた。 特に鳩尾の辺りは白いインナーと赤いリボンがボロボロにはじけ飛び、剥きだされた肌が無残にも深く抉られている。 薄く付いた腹筋の少し上、筋肉がつかぬ無防備な箇所を穿たれたダメージは底知れず、 ローゼはぜえぜえという呼吸に混ぜて時折血の混じった唾液を吐いた。 あちこち穴が空いたように破れ虫食いのようになっているニーソックスと腕カバー。 ボロキレのように破れ無数の破れ目から僅かに下着を覗かせているスカート。 身に纏うコスチュームはもはや衣装の体を辛うじて保っているに過ぎないという状態にまで損壊していた。 満身創痍と呼ぶに相応しい状態であったが、それでもローゼは鋭い視線でまっすぐに目の前の敵を見据えている。 ローゼの眼前に悠然と立つのは、ドロンと呼ばれる敵組織グラントの一般戦闘員に過ぎない・・・ただ、それまでのドロンと異なるのは集団ではなくたった一人でローゼに戦いを挑んできていること、そしてその体躯がそれまでと比較にならぬほどに巨大になっているということだ。 鉄板を敷いたように分厚く発達した胸板、盛り上がった上腕、割れた腹筋。 ドロンとは思えぬ異常発達した全身の筋肉、そしてそれに伴い一回り以上大きくなった体躯。 その肉体の賜物である圧倒的な身体能力は、本来集団であってもローゼに蹴散らされるばかりのドロンが、たった一人でもローゼを一方的に叩き伏せるほどの凄まじさを見せていた。 指を弾いただけで風の塊を飛ばし、その風圧を以ってローゼの衣装を引き裂いたり、 ローゼを殴った身体越しに圧力で地面を抉るほどのパワーでローゼを何度も失神させるなど、対等な戦いとは言えぬ蹂躙に近い様相でローゼを幾度となく地に這わせた。 一方的に嬲られ、幾度も気絶しながらそのたびに立ち上がり不屈の闘志を見せるローゼであったが、立ち上がれどもその次の瞬間にはまた地に伏せられる。 その様は健気というより悲壮であった。 ドロンの黒目のない双眼がぼうっと紅く光る。 傷ついた身体をぐっと強張らせ、ドロンの攻撃に備えようとするローゼ。 (あのドロンとあたしじゃ力の差があり過ぎる・・真向から立ち向かってももう勝機はない・・・この状況で逆転するにはどうしたら・・・) 圧倒的不利なこの状況をどう脱するか。 ローゼは思考を様々に巡らせる。 だが、思考を完了させる前にドロンが動いた。 ドロンは常に先手を取るように動き、ローゼに思考する暇を与えていない。 逆転の一手を考え付かせる前に先手を取り続けていることもローゼを苦戦させる要因の一つだった。 「くっ・・・ブレイジング・・・!」 電光石火の勢いで迫るドロンに対し、ローゼは溜まらず反射的に攻撃を繰り出そうとする。 だが、ローゼに向かい真っ直ぐに迫っていたドロンの姿は、その刹那、ローゼの視界からスッと消えた。 「なっ・・・?」 反撃のタイミングでドロンの姿を見失ったローゼ。 刹那の間、ローゼは動揺したが、 直後、背後に気配を感じすぐさま向きかえって迎撃せんとする。 「っつぅ・・・!」 背後に回ったドロンに反撃を返そうとしたが、傷を負った体がそれを許さない。 素早いドロンの動きに合わせた急反応に体の各所が悲鳴を上げ、わずかな間ローゼを無防備にした。 その僅かな隙を、ドロンは逃さない。 電光石火で踏み込み、ローゼの間合いに侵入すると両腕を大きく広げ、 次の瞬間ローゼの体を腕ごと包んで抱きよせ万力を締めるように押し潰し始めた。 「うあああああっ!!」 ドロンの強化された筋力から繰り出される強烈なベアハッグ。 傷ついた全身に電撃が走るような痛みが沁み込んでいく。 たまらずローゼは悲鳴を上げ、下着がちらつくのも構わず脚をバタバタと振り乱しながら悶えた。 万全の状態であってもこのドロンのパワーから繰り出される技は一溜りもなかったであろう。 まして今のローゼは傷だらけで限界と紙一重の状態。 もはやこの技を振りほどくのは不可能と言えた。 「くっ、ううっ・・・む、胸に・・顔埋めないでっ・・・!」 密着状態でドロンの顔がローゼの胸に埋まる形となり、ローゼは痛みとともに齎される不快な感触にたまらずドロンを睨みつけた。 グッと拳を握り、傷ついた身体に鞭打つように全身に力を込めるローゼ。 無謀な抵抗と言えたが、その抵抗の意志を肌で感じたドロンは再び双眼を紅く煌めかせた。 「ぐあああああ・・!!」 ドロンが更に力を込めてローゼの体を強く締め上げ、ローゼの全身の骨を軋ませた。 絞り上げられるように断末魔の悲鳴を響かせると、ローゼはとうとう抵抗する力を失い目を虚空へ泳がせた。 (もう、ダメ・・・、体、動かせない・・・意識・・が、遠・・く・・・・) 少しずつ、ローゼの視界が黒く染まっていく。 瞼は辛うじて開いているが、菫色の瞳は光が失せ墨を混ぜたように濁っている。 先ほどまで打ち上げられた魚のようにバタつかせていた脚もダランと下がり、屍のようにピクリとも動かない。 「あ、ぅあ・・・」 微かな呻き声を虚空に吸い込ませると、それまで痛みに耐えるよう握りしめていた拳をゆっくりと開いていき、そのまま沈黙した。 瞼がふっと閉じられ、苦痛に引きつっていた両眉はすうっと脱力していき、表情はまるで全ての苦痛から開放されたように健やかな寝顔となっていた。 ローゼは完全に失神した。 [pixivimage:75738491-5] [newpage] 四肢は弛緩してだらりと垂れ下がっているが、先ほどまで脚を激しくバタつかせていた影響でスカートがすっかりめくれ上がり、下着を隠すことなく露わにしている。 しかし、意識を失っているローゼがそれに気付くことは無い。 ドロンはローゼがぐったりとしているのを認識していたが、念を入れるかのように両腕に軽く力を込めて締め上げを強くしてみる。 「ぅ、うう・・・」 もはや、ローゼは軽く悶えるだけで覚醒することは無かった。 何度倒されてもそのたびに立ち上がってきたローゼであったが、遂にダメージが限界を超えてしまったのかもしれない。 意識は戻らず、ドロンの腕に抱かれたままになっている。 ドロンは動かなくなったローゼの体を一旦地に横たえると、今度は背中と膝裏に腕を差し入れて持ち上げて横抱きにした。 [pixivimage:75276277] ドロンの肩に顔を預けるようにして体を寄せ、眠ったままのローゼ。 ドロンはローゼの体を抱えたまま、いずこかへ誘うようにゆっくりと歩きだした。 「ん、んん・・・」 黒一色に染まっていたローゼの視界に、微かな光が差す。 双眸を重そうにゆっくり持ち上げ、ローゼは僅かに意識を取り戻した。 (あれ、あたし・・・) 意識を失う直前までの出来事が思い出せない。 彼女の意識は靄がかかったようにまだ朧気で、自分がどうしたのか、今どうなっているのか、未だ判然としない。 感じるのは宙に浮かされ、小刻みに上下に揺さぶられているような感触。 揺られるうち少しずつ体の感覚が蘇ってくると、同時に傷の痛みも蘇り始め、朧気だった意識の覚醒を促していく。 (そうか、あたし・・・あのドロンと戦って・・今まで気絶してたんだ・・・) 全身に残る痛みが嫌でも敗北の記憶を呼び起こす。 そして自分が気絶させられ、そのあと何をされて今に至るのか・・・ 思案を広げようとしたがまたローゼの意識はふっと遠のいてきた。 ダメージとエネルギーの低下で変身状態がもはや保つことができなくなり、 桃色の髪が本来の亜麻色がかった髪に戻っている。 それと同時にローゼの意識はまた闇に沈み、薄く開いていた瞼は再び閉じられた。 ドロンは無機質に紅い瞳を光らせたまま、ローゼの体を運び続ける。 そのまま薄暗い靄の向こうに、二つの人影が消えていった。

次の