沖田臥竜 wiki。 【事務所総出】沖田臥竜(元暴力団員、前科8犯)「木下優樹菜さん姉妹は軽率だっただけでほぼ無実。悪質なのは店側」★2 | 梅マヨ速報~芸能まとめ~

【事務所総出】沖田臥竜(元暴力団員、前科8犯)「木下優樹菜さん姉妹は軽率だっただけでほぼ無実。悪質なのは店側」★2 | 梅マヨ速報~芸能まとめ~

沖田臥竜 wiki

任侠山口組から絆會へと名称変更した、織田絆誠組長 分裂抗争が続くなかで、1月12日に 六代目山口組である通達が出されたという。 それを裏付けるように、そのほぼ同時刻に、任侠山口組内では、LINEによる「御通知」が流された。 内容は、やはり絆會へと名称を変更させて、代紋を変えるというものであった。 「任侠山口組は、脱反社を掲げ、2017年の結成当初から、これまでのヤクザ組織とは一線を画す運営手法を採ってきました。 そのひとつが、瞬時に情報を共有することができるグループLINEの活用です。 今回の御通知もLINEによって直参幹部らに送信されたようで、その文面はすぐさまSNSによって拡散されることになりました」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト) この名称変更の通知が流される数日前から、「任侠山口組が名称と代紋を変更する」という噂が確かにあった。 その後、同団体では緊急幹部会が開催されたと見られており、「2、3日中には、正式発表されるようだ」と、業界関係者の間で囁かれていたのだ。 それが、現実のものとなったこととなる。 「任侠山口組としては、去年4月に盃事を行って以来、公式的な行事は執り行っていないと見られており、秘密裡に幹部会やブロックによる会合を開催していたといわれている。 そんななかで、今回の重大な決定がなされたわけだが、注目すべき点は、六代目サイドにおいても、いち早く任侠山口組の名称および代紋の変更が伝達されたことだ。 両団体の間に、事前になんらかの意思の疎通のようなものがあったのかもしれない。 神戸山口組の有力団体である太田興業が解散した際も、六代目サイドでは、いち早く通達を出したといわれており、六代目サイドが対立する組織の内部に影響を及ぼすような動きが、水面下で起きている可能性は高いのではないか」(業界関係者) その背景を突き詰めていくと、どうしても六代目山口組の髙山清司若頭の存在がクローズアップされる、とこの関係者は話す。 事実、髙山若頭が出所してまだ3カ月足らずのこの時期に、任侠山口組が名称を変更したのだ。 もちろんその背景には、激化する抗争を踏まえた当局の取り締りの強化や、現在の山口組を取り巻く社会情勢の変化もあるだろう。 前述した、LINEで通達されたと思われる任侠山口組の御通知には、「(前略)結成当初より、真の任侠道を取り戻すべく、脱反社を最終目標に掲げ、その為にも先ずは山口組の再統合と大改革を目指して参りました。 しかしながら、この数カ月の情勢を鑑み、現状では極めて困難で有ると判断致し、親分はじめ組員一同協議の結果、代紋及び組織名を【絆會】と改め、新たなる出発をする事としました」との文章も見られる。 このような結論に至る過程では、水面下ではさまざまな政治的な攻防が起きていると見るのが妥当ではないか。 そして、新たな道を歩み始めた絆會は、どのような運営方針を執っていくのだろうか。 髙山若頭出所後、分裂騒動が目まぐるしい展開を見せ続けている。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』(サイゾー)。

次の

沖田臥竜のwikiプロフィールや顔と嫁はいる?作品は?

沖田臥竜 wiki

沖田臥竜の本名は?プロフィールをwiki風にまとめ 現在作家として活動をしている沖田臥竜さんですが、本名はなんという名前なんでしょうか? 沖田臥竜さんの本名やプロフィールをまとめてみました! 名前 沖田臥竜(おきたがりょう) 本名 崎田俊昭(さきたとしあき) 生年月日 1976年2月 出身地 兵庫県尼崎市 生まれ 兵庫県伊丹市 前職 元山口組直系二次団体幹部 今の職業 作家 名前は沖田臥竜(おきたがりょう)で知られていますが、本名は 崎田俊昭(さきたとしあき)だそうで、出 身と生まれについては、兵庫県の尼崎市を出身としていますが生まれは伊丹市のようです! 生年月日については生まれ年と何月生まれかはわかったのですが、日付はわかりませんでした。 「臥竜」という名前はすごく珍しいですよね。 なんて読むんだろう?という方は多そうです! 皆さんは一発で読めました!? 私は読めませんでした・・・。 次は沖田臥竜さんの経歴について少し紹介します。 沖田臥竜の経歴 沖田臥竜さんは元山口組直系二次団体幹部という経歴があり、尊敬していた親分が引退の時に、沖田臥竜さ んも引退しております。 過去に色々な容疑で逮捕されており、前科は8犯で通算12年刑務所の中にいたそうです。 長い刑務所生活の中で本を読むや書くことしかできなかったようで、その時に 将来は作家になろうと決意したそ うです。 獄中ではミステリー小説などを主に読んでいたようです! 沖田臥竜さんは2015年の6月ごろから「R-ZONE」というニュースサイトで記事を書き始め、作家としての活動 をスタートしています。 書籍は2016年10月に「 生野が生んだスーパースター文政」で話題となりデビューを果たしています! その後も何冊か出版しています。 沖田臥竜さんは作家以外としても活動しており、トークライブのイベントなども行っていたそうです!.

次の

沖田臥竜の本名は崎田俊昭?山口組の二次団体に所属?嫁の画像は?

沖田臥竜 wiki

沖田臥竜の正体と本名!崎田俊昭との関係は? 沖田臥竜 おきたがりょう さんの正体とは、「元山口組直系二次団最高体幹部出身の作家」です。 そんな沖田臥竜さんですが、なんと名前が珍しいですよね。 それもそのはず。 作家としての名前ですから。 では、本名は何でしょうか? ネットでは、沖田臥竜さんの本名は崎田俊昭さんではないかという噂です。 それにしても、沖田臥竜 おきたがりょう と言う名前は、かっこいいですよね。 インパクトがあって、一度聞くと忘れにくいです。 沖田臥竜のペンネームの由来 形ばかりの正しさで綺麗事の息苦しいこの世の中を、いつでも飄々と生きて行くことが出来たらという思いで、ペンネームをつけた。 それは新撰組の沖田総司のようにどんな困難の中にあっても飄々と生きて行けたらという思いがあった。 沖田総司が最後を迎えた場所に連れて行ってもらい手を合わせる。 実は、沖田総司さんのどんな困難の中でも飄々と生きていけたらという想いが込められているんです。 周りに流されず無理に合わせないで生きていけたら・・・という想いがあるようですね。 暴走族時代に先輩にくっついて回っているうちに自然とその世界に入ったそうです。 その後、その親分が引退されたときに沖田臥竜さんも組織の解散に伴って引退。 ただ、いろいろな容疑で逮捕され、合計で12年間も刑務所での生活を経験しています。 もともと本を読むことが好きだった沖田臥竜さんですが、その監獄生活では、本を読むことや本を書くことしかすることがなかったことから、いろいろ本を読んでいました。 現在は、他の仕事もしながら執筆活動をしています。 2016年10月にはアウトロー小説の「生野が生んだスーパースター文政」を出版し話題になりました。 こちらが、2016年10月のデビュー作となった作品です。 沖田臥竜の人気本や作品 登場するのは、沖田臥竜さんの兄弟分である「文政 ぶんまさ 」です。 ビルが建つほどの大金をばくちに突っ込んだり、警察のヘリコプターが出動するほどの大捕物を演じます。 大阪の生野区を舞台に裏社会のスターにのしあがっていく文政の半生とリアルな大阪の裏社会が描かれています。 沖田臥竜さんの近著は『2年目の再分裂「任侠団体山口組」の野望』です。 元山口組二次団体の最高幹部だった沖田臥竜さんが内部内部情報をもとに裏社会のリアルな話をつづっています。 スポンサーリンク 沖田臥竜のトークライブ活動 猫組長にランチをご馳走になり、トークライブの打ち合わせ。 — 沖田 臥竜 pinlkiai 8月1日トークライブです。 — 沖田 臥竜 pinlkiai 沖田臥竜さんは、作家の他にも活動しています。 元山口組系組長で投資家として活動する猫組長と共演したり、トークライブのイベントも積極的に行って活動しています。 トークライブでは、二人が犯したことや体験した事件、国内外の刑務所の事情、地下経済の実態などの社会の裏側のリアルな秘話を紹介しています。 沖田臥竜の妻や子供(家族) やっぱりちょっと若いでな。 — 沖田 臥竜 pinlkiai 娘はキューレンジャーになりたいらしい。 本当にそうなられると父としては、少々困惑するのだが、、、。 — 沖田 臥竜 pinlkiai 沖田臥竜さんには妻と子供さんがいます。 奥さんはきれいな方ですね! スポンサーリンク 沖田臥竜の人物像 沖田臥竜さんは、元山口組直系二次団体幹部出身の作家です。 計12年の監獄生活ではいろいろと過去を振り返って考える時間だったと思います。 沖田臥竜さんは、人生をやり直すにあたり「いろんな人に助けられている」と言っていますが、それは自分が今まで人に何かしてあげたからこそ、逆に助けられているのではないかと思います。 過去は消せませんが、父親の月命日にきちんとお墓参りする姿、親孝行できなかったことへの後悔の言葉からは沖田臥竜さんの 優しさ、人柄が感じられます。 現在は、作家として忙し日々の中で、奥さんと出会って子供を授かり、 一家の主としてそして 良きパパとして生活されていました。 人は人生誰に出会って、何を学ぶか、行動するのか、大事なことだと思います。 ぜひ本を通して多くの人を感動させ続ける作家として頑張ってほしいですね。

次の