あいりん地区 怖い話。 西成で78日生活してわかったドヤ街のリアル ほとんどの大阪市民が足を踏み入れない魔境

アメトーーク!で西成高校の怖い話をしたのは誰?危険な理由とは?

あいりん地区 怖い話

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします その中心にある三角公園から北東方向を撮影したのが『』の表紙写真だ。 右奥にひときわ高くそびえているのが地上300メートル、日本一の高さを誇るビル「あべのハルカス」。 左側に壁のように見えるが大阪市立大学医学部附属病院、そのすぐ向こう側は大阪市立天王寺動物園である。 土地勘のない人にもわかってもらえるだろう。 あいりん地区は多くの市民が憩う場所から目と鼻の先にある街だ。 しかし、大阪市民の多くは、その名を知っていても、足を踏み入れたことはないはずだ。 わたしもその一人である。 この本を読めばわかる、ここは大阪の魔境なのだ。 段ボール村から西成へ 東京でいえば山谷にあたるのだろうか。 しかし、筑波大学を7年かけて卒業し、就職しそこねたライター志望の國友クンは、東京からわざわざ西成へ取材に遣わされたのだ。 このような場所はもう西成にしか残っていないのかもしれない。 ちなみに、駆け出しライターの國友クン、卒論が段ボール村であったことからの大抜擢(?)である。 取材予定は1カ月。 まずは一泊1200円の簡易宿泊所に滞在しての足慣らしから始まった。 あいりんセンターというハローワークに出向く間にも、街をあるけば「君さ、福島へ行ってみない」と誘われたり、「仕事ができへん奴はすぐに殺される」という噂のA建設からスカウトをうけたりする。 さすが、聞きしにまさる場所である。

次の

大阪西成ドヤ街「あいりん地区」の今…売春・闇市・暴動など、危険な実態とは?

あいりん地区 怖い話

その中心にある三角公園から北東方向を撮影したのが『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』の表紙写真だ。 右奥にひときわ高くそびえているのが地上300メートル、日本一の高さを誇るビル「あべのハルカス」。 左側に壁のように見えるが大阪市立大学医学部附属病院、そのすぐ向こう側は大阪市立天王寺動物園である。 土地勘のない人にもわかってもらえるだろう。 あいりん地区は多くの市民が憩う場所から目と鼻の先にある街だ。 しかし、大阪市民の多くは、その名を知っていても、足を踏み入れたことはないはずだ。 わたしもその一人である。 この本を読めばわかる、ここは大阪の魔境なのだ。 段ボール村から西成へ 東京でいえば山谷にあたるのだろうか。 しかし、筑波大学を7年かけて卒業し、就職しそこねたライター志望の國友クンは、東京からわざわざ西成へ取材に遣わされたのだ。 このような場所はもう西成にしか残っていないのかもしれない。 ちなみに、駆け出しライターの國友クン、卒論が段ボール村であったことからの大抜擢 ? である。 取材予定は1カ月。 まずは一泊1200円の簡易宿泊所に滞在しての足慣らしから始まった。 あいりんセンターというハローワークに出向く間にも、街をあるけば「君さ、福島へ行ってみない」と誘われたり、「仕事ができへん奴はすぐに殺される」という噂のA建設からスカウトをうけたりする。 さすが、聞きしにまさる場所である。 そんな情報収集だけではダメだ。 いいルポにするには、やはり飯場生活を経験しないとお話にならない。 この界隈では大手だが、どうにもヤクザのにおいが濃厚に漂う会社である。 日雇い労働と俗にいうが、1日限りの現金型と、何日間か続ける契約型があるそうだ。 契約型の場合は、まとまった日数を飯場に住み込んでの建築現場での労働である。 國友クンはちょっと迷ったけれど、10日間の飯場生活に挑戦する。 仕事はビルの解体。 そこは、厳然たるヒエラルキーが存在する、命懸けの職場だった。 何も資格がない新参者の國友クンはもちろん最下層の土工だ。 ビル解体の廃材が、大きなトン袋につめられて、上からどんどん落とされてくる。 そのトン袋のヒモをほどいてユンボ ショベルカー にひっかけるのが最初の仕事だった。 聞き慣れない言葉だが、トン袋の正式名称はフレキシブルコンテナバッグといい、通称が示すように1トン程度の重量物を充填できる袋である。 重機に背を向けたら命を落とす可能性がある職場 ガラスの破片がばんばん降り注いできてヘルメットにあたる。 重機に背を向けたら命を落とす可能性があるから注意しろといわれる。 じつに危険な職場だ。 それどころではない、京都の建設会社で実際にあったという恐ろしい話が紹介されている。 國友クンと同じようにトン袋の持ち手をしていた人がいた。 ユンボの手元が狂って、先っちょがクビにひっかかり、生首がとんだというのである。 さすがに運転手は青ざめて遁走。 もっと怖いのは、その運転手は業務上過失致死に問われることもなく、一週間ほどして何事もなかったかのように職場に復帰し、事件は闇に葬り去られたことだ。 真偽のほどは定かでないが、人間がモノのように扱われていると実感している人たちの間で語り継がれている話がこれだ。 給与は1日1万円。 飯場は居室と三食付きで、必要経費として3000円が天引きされるから、正味で7000円。 そこで働く男たちのほとんどは、そうして稼いだ金を、酒、ギャンブル、そしてクスリに使ってしまう。 國友クンは飯場生活を10日間で終え、その足で飛田新地へいった。 しかし、そんなことまで書かなくてもええんとちゃうん。 安宿を意味するドヤという言葉は、宿を逆から読んだものであるという。 そんな安宿が数多く並んでいるのがドヤ街で、西成の安いところは一泊500円からある。 國友クンが宿にした『ホテル南海』は、なんでも、かつてリンゼイ・アン・ホーカーさん殺しで逃走生活をしていた市橋達也も逗留していたことがあるホテルらしい。 その宿泊費、一泊1200円は四つ星クラス。 「ドヤ街」は、特別な場合以外使わないほうがよいBランクの放送禁止用語で、ドヤは簡易宿泊所と言い換えることが望ましいとされている。 「飯場 はんば 」も、わたしが使っているソフトでは変換されない。 正しくは作業員宿舎で、文脈によっては使わない方がよいCランクの禁止用語になっている。 しかし、どうにも簡易宿泊所街や作業員宿舎では感じがでないので、ドヤ街と飯場を使わせてもらう。 西成のヒットマン ある日、國友クンはヒットマンにスカウトされる。 ヒットマンといっても人殺しではない。 西成のヒットマンは、生活に困っていそうな人に声をかけ、生活保護を申請させ、お小遣いなどを与えながら、認可されるまで面倒をみる仕事、生保ビジネスのスカウトおよびお世話役だ。 かつては労働争議からの暴動もあったあいりん地区だけれど、いまは高齢化が進んでいる。 生保ビジネスも盛んで、生活保護者囲い込みを専門とする福祉専門ドヤまである。 そのひとつ「ママリンゴ」は、かつてシャブの売人とフロントがグルになってのシャブ密売所だった。 今は経営者が変わってクリーンになった。 というが、普通、福祉専門ドヤをクリーンとはいわない。 國友クンの聞き手能力は高い。 小学生時代の放火にはじまり数々の犯罪をおこしてきた極悪人の坂本さんをはじめ、あいりん地区の住人たちから数多くのエピソードをひきだしている。 ちょっとここには書けないような信じられない話もたくさん紹介されている。 まさかそこまでとは思うが、國友クンの体感では、会った人の6割が覚醒剤経験者で4割が元ヤクザだという。 隠し事を続けるのは面倒なので正体を明かし、いずれ本にすることを伝えた相手から聞き出した話も多い。 予定を延長して78日間を西成ですごした國友クンの書きっぷりはなかなかフレッシュだ。 その最後の文章を紹介しておこう。 この街にいる人間を見下していると言えばそうかもしれないし、逆に私のような人間がこの街にいること自体、恐れ多いような気もするのだ。 はたして國友クン、できあがったこの本を持って、坂本さんたちに会うために西成のドヤ街を再訪したのだろうか。

次の

西成で78日生活してわかったドヤ街のリアル ほとんどの大阪市民が足を踏み入れない魔境

あいりん地区 怖い話

大阪市西成区の安宿「ホテルダイヤモンド」 皆さまこんにちわ、2017年は旅が趣味になったやまです。 () 去年の5月に初めてひとり旅に行ってきました。 場所結婚前の妻と2回ほどは訪れたことがある大阪市。 泊まってきたのはあいりん地区と俗に言われている、大阪市西成区の真っ只中にある「ホテルダイヤモンド」。 私は旅で訪れた現地の雰囲気を感じる・発見(食べ物含む)が主たる目的なので基本は安宿でOK派。 最安値で泊まれネットから予約可、鍵付き個室ということで泊まってみた次第。 結果的に自分のミニマリズムや最低限の生活とは何か?を見直せた良いきっかけとなった宿泊先となりました。 家族連れや女性には薦めづらいですが、男性の旅であれば十分に快適だと思いますよ。 ホテルの内装などのレビューをどうぞ。 関連: ホテルダイヤモンドの最寄駅は動物園前駅・新今宮駅 予約は航空券と共にでしました。 私はLCCで大阪に行ったので関西国際空港から南海本線で新今宮駅を利用。 大阪はICOCAエリアでしたのでiPhone7のSuicaをそのまま使いました。 乗り換えなしで一時間弱で行けます。 ちなみにホテルすぐ近く(徒歩1分)には動物公園駅の8番出口があります。 チェックイン後、お好み焼きを食べに心斎橋に行ったのですがアクセス面では抜群でしたよ。 ホテルダイヤモンドの内外装・設備などのレビュー 外観はこんな感じ ロビーの写真を撮り忘れてたのでこの写真で雰囲気だけでも フリーWi-Fiはありますが繋がるのはロビーだけという残念仕様 チェックアウトは9時までに。 チェックイン時にキーデポジット1000円かかります(チェックアウト時返却) 本館への入口は「うわヤバい」という雰囲気。 私は比較的内装が新しめ・冷房冷蔵庫がある新館の方に泊まりました 本館と別館の渡り廊下。 犬が寝てる…。 別館廊下。 本館の雰囲気と違い至って普通 ドアを開けた所。 ベットと布団のみとシンプル 別角度から。 冷蔵庫・アナログテレビ(ちゃんと見れます)・ハンガー等と必要最低限 エアコンは比較的新し目。 海外バックパッカー用に新調したのでしょうか トイレは複数人向けの部屋には付いてるそうですが個室の場合は共同。 すごい綺麗とは言えませんが大多数の方は問題ないのでは 他にも設備として朝6時から夜11まで使えつシャワールームが1階にありました。 私は新世界で串カツを堪能した後行った銭湯で汗を流しました。 自分の最低限を再定義する宿泊先となりました これまた撮り忘れですが、1階には談話室兼簡易キッチンもあり、外国人バックパッカーが食事してました。 この頃の私は「自分の最低限の生活とは何か」を考えていた時期なのですが答えが簡単に見つかってしまいました。 「立って半畳、寝て一畳」という言葉がありますが、ホテルダイヤモンドは正にそれ(若干それより大き部屋ですが)。 ぶっちゃけこれ位の広さでも生きて行けます。 私には家庭があるのでアレですが、仮に独り身だとしたら全然住んでも構わないと思いました。 そうは言っても治安なんか悪いんじゃない?と思った方用に街の雰囲気・治安の様子を記事にまとめるのでもうしばらくお待ちを。 ここで住めると感じた理由なんかももう少し詳しく書きます。 参照:.

次の