きみは面倒な婚約者 ネタバレ 10。 きみは面倒な婚約者【ネタバレ】ナニこれ?すごく気になる!

きみは面倒な婚約者【ネタバレ】ナニこれ?すごく気になる!

きみは面倒な婚約者 ネタバレ 10

もくじ• 3話 1巻 Love Jossie Vol. 2話 連載版 2巻 綾が、黒崎先生に言った「私は あなたが怖い!!!」というのは 本心だと思うけど、そういうところも含めて 惹かれてしまってるんだろうなぁ…と思いました。 一方 黒崎先生は、ストレスと欲望を発散させるために、綾を翻弄して 楽しんでるだけに見えます。 そんなこと ないのかなぁ。 未練タラタラで 結局 アカウントもトーク履歴も削除できない 綾に対し、「もう無理強いしたりは しないから」と言いつつ 黒崎先生、遠慮するつもりなさそうですね。 そして、綾の幼なじみ・陽紀も 動き出す!? 元気で明るい子 って印象だったから、陽紀の最後の表情 ビックリしました!!💦 もしかして 陽紀、綾のこと 好きなのでしょうか…? 綾が ネットで知り合った人と 連絡を取り合っていることが、面白くない…? 『出版社 一迅社/FLOWERCHILDさん』 BE-LOVE ビーラブ 11月号、織田涼さん「能面女子の花子さん ~花子さん、ランニングをする。 ~」の感想 今回は、能面女子の泉花子が、同級生の篠田と一緒に、ランニングをするという内容でした。 花子はもともと、朝のランニングを日課としていました。 公園には他にもランニングや散歩を楽しんでいる人たちが大勢います。 にこやかにあいさつをしていた男性が、花子の能面を見て思わず心の中でツッコミを入れてしまう場面には笑いました。 朝の公園で能面女子に出会うというのは、もともと花子を知らない人にとってはインパクトのあるできごとだっただろうなと思いました。 いっぽう、花子のクラスでは、同級生の篠田がダイエットのために絶食をしていました。 花子はいつも食欲があるのに体形が変わらないのはどうしてなのかと話題にされます。 同級生たちの話し合った内容には、ちょっと無理があるとは思いました。 能面は演劇の道具のひとつであって、そこまでのハイテク機能は実装されていないと思います。 しかし、自分が同級生たちの話題にされているのを見守る花子の姿には、優しさを感じました。 花子が体形を維持できているのは、ランニングのように適度な運動を定期的にしていることと、日常生活でよぶんなストレスを溜めていないからではないかなと思いました。 最後まで読んでみて、能面の持つダイエット効果がやっとわかったような気がしました。 たゆまぬ努力で美と健康を保っている花子さんは、女子力の高い人だなと感じました。 カテゴリー•

次の

みんなのレビューと感想「きみは面倒な婚約者」(ネタバレ非表示)

きみは面倒な婚約者 ネタバレ 10

きみは面倒な婚約者【第2巻】のあらすじ・ネタバレ・感想 ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。 きみは面倒な婚約者のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください! きみは面倒な婚約者【第2巻】のあらすじ 紫乃は橘さんとの食事中。 商談には出来るだけ同席させようと言う気持ちから二人で地方出張してきたとの事後報告を受けています。 あの愛読している漫画のヒロインにそっくりな花澤さんが入社して2週間。 お互い忙しくてゆっくり会うのは久しぶりだけれど、メールはマメにくれてたのに、何故事後報告なのかと少し落ち込みます。 さらに話題は、さっき受取ったお土産のことになり「僕がうろうろ悩んでたら花澤が選んでくれて「加治屋さんにはこれ!」なんて言って」と楽しそうに話されるので、さらに気持ちは沈むばかりです。 けれどここで文句を言っていては、あの漫画の婚約者と一緒になってしまうと必死に笑顔を作り「仲いいんですね!」と言っておくことにしました。 婚約して3年経ったのによる10時前には必ず家に送られる自分と、たった2週間で一緒に出張と言う名の旅行に行けてしまう花澤さんを比べて、どんどん悪い方向へと考えてしまっているうちに、自宅まで帰って来てしまいました。 いつものようなお休みのキスがなく、あっさりと挨拶を済ませて帰ろうとする橘さんと、気持ちがヒロインに向いていて婚約者を遠ざけるようになっていく漫画のヒーローが重なります。 この3年間で一番大きな進展なのに、紫乃の気持ちは満たされるどころか、不安が大きくなるばかりなのでした。 きみは面倒な婚約者【第2巻】のネタバレ 一週間が経ちましたが、婚約者を笠に着てキスを強要してしまったことにずっと自己嫌悪を感じています。 しかし橘さんとの打ち合わせが入り、重い腰をあげて営業部へと向かいます。 部屋へ入ると目の前に橘さんと花澤さんが、楽しそうに話しているのが見えます。 会話が聞こえてきますが、入るタイミングを探れず立っていると、花澤が紫乃の存在に気付きます。 どこかスペース移りましょうと席を立った橘さんに、紫乃はもう涙が溢れそうで「出直させてください」と言って、去って行くのでした。 人の目を避けるようにやってきたのは、大会議室です。 扉を閉じ一人になった途端、こらえていた涙が溢れます。 それから休憩時間は資料室に通うようになり、何て事ない会話をするのが幸せでした。 けれど父に婚約者として紹介された時、橘さんは一瞬、居心地の悪いような顔をして、割り切ったようにきれいに笑いました。 それとほぼ同時期に資料室は大会議室の一部になって、二人でこっそり会う場所も理由もなくなってしまいました。 けれど橘さんは全てお見通しで、泣いている理由を訪ねられてしまいます。 こんな幼稚なことを言ったら嫌われちゃうと内心分かっていながらも、あの漫画に出てくる婚約者と同じになってしまうと分かっていながらも、どんどんと言葉が出てきてしまいます。 紫乃「・・・なで私より花澤さんとの方が仲いいんですか」 橘「花澤と?紫乃さんよりも?」 紫乃「さっきだって楽しそうにしてたし名前も呼び捨てだし」 橘「呼び捨てって・・・名字でしょ?」 紫乃「それでも呼び捨てです!」 「女の子のトレーナーになる事は先に話して欲しかったし 花澤さんと二人で出張なんて行かないで欲しかった」 「楽しくお土産選んだ話なんて聞きたくなかったですよ!」 怒られると思っていたけれど、橘さんはいつもと変わらずおだやかで、「他には?俺に思ってる事ないんですか」と聞いてくれました。 橘さんの部屋へ行ったことがないことと、もっと気安く話して欲しいと伝えると、橘さんは紫乃にキスをしました。 花澤のことは仕事上の関係なので極力気を付けると言ってくれましたが「・・・そんなに不安にさせてますか?」と聞かれてしまいます。 この際だからと、紫乃は「私のこと抱かないじゃないですか!!」とずっと不満に思ってきたことを伝えてしまいました。 本当にするのかと焦る紫乃に「何を今さら抱かれたかったんでしょう?」と余裕な様子です。 いつもと違って冗談っぽいことを言いながら、橘さんは紫乃を優しく抱いています。 橘さんが「困った事にものすごいイイ・・・」と言うので、紫乃はどうして困るの?と思いながらも、自分がただの婚約者だからだろうと全て理解していました。 朝、先に目が覚めた紫乃はこんな記念すべき朝にも関わらず漫画を読んでいます。 今はまだ大丈夫だけれど、人を好きになる気持ちは誰にもコントロールできないと分かっているからこそ、これが自分の未来かもしれないと、他人事とは思えなくなっていました。 漫画を見ていると橘さんも目が覚めたようで、こんな時に漫画・・・と冗談っぽく言われてしまいます。 自分が見たかった素ってコレのことなんだろうかと疑問に感じていると「うそうそもーちょっとだけ」と橘さんに抱き寄せられます。 紫乃は橘さんの腕の中で、顔をこすりつけるように幸せを感じています。 その時、隣の部屋のドアが開き、花澤が出てきました。 静まりかえる空気、橘さんは頭を抱えています。 花澤が突然「すみません!!」と頭を下げ逃げ出してしまいます。 橘さんは花澤を追うように慌てて走りだしてしまいました。 二人が出会った資料室では、今の花澤のように他愛もない話をして、恋が始まっていました。 ただ二人の関係は父を通して婚約が決められたとき、ガラリと変わってしまったようで、橘さんが全てを割り切って紫乃と付き合うようになったのでした。 橘さんと花澤の関係を見ていると、嫉妬で感情をコントロールできなくなり、それをきっかけに橘さんにモヤモヤを伝えることとなりました。 結果、体の関係を持つということころまでたどり着くも「絶対に抱かないつもりだったのに」と言われてしまいました。 挙句の果てに隣の部屋から花澤が出てくるという地獄のような展開で終了となりました。 最後頭を抱えていたうえに、走って逃げてしまった橘さんは何か完全に隠していることがあると思いました。 完璧な婚約者という仮面を外して本音で向き合ってもらえるのか、次回に期待です。 まとめ 以上、「きみは面倒な婚約者」のネタバレを紹介しました。 無料で読めるサービスとしてFOD、music. jpがあります。 上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

次の

「きみは面倒な婚約者」著者:椎野翠 / 兎山もなか 少女コミックを読んだネタバレ感想・口コミ評判

きみは面倒な婚約者 ネタバレ 10

by 匿名希望 もどかしいけど読まなきゃ損! 作者様買いですが、絵も可愛く読みやすくストーリー展開もお見事で、どっぷりハマってます。 たまらん。 橘さん!言葉足らな過ぎですよ😖 紫乃さん!橘さんにもっと思ってる事伝えて下さい😖 って第三者なら言えるんですよね~。 お互い溺愛してる癖に、自分に引けがあるから、誤解が誤解を産んで…って展開、まんまと惹き込まれてます。 たまらん。 橘さん、対花澤さんにしてる話を早く紫乃さんにしてあげて!って気持ちと、まだまだこじれて終わらないで!って気持ちがせめぎ合ってます💦 続きを楽しみにしてます😊💖 by 主人公はヒロインではない!? そして次の話では、マンガのヒロイン役に抜擢された花澤さん、ヒーローに仕事をおそわり、少しずつお近づきにと考えている花澤さんはしのと同じ漫画を愛読、自分を主人公と重ねて、ハッピーエンドを目論む腹黒ではと思いきや、以外にヒーローの、しのラブな対応で現実に戻され普通の女子に まぁこの物語の当て馬役は自分のだったのかって我にかえる役 の話が出てきます。 そしてヒーローの橘さん、一社員とは名ばかりの大手社長ご子息、しのさんとは資料室で会い、何ヵ月がお昼時間を共に過ごす、がそこは社長には伏せ、一目惚れしたと自ら社長に結婚を直談判するも、あっけなく断られ、しのにも縁談の話がきて、落ち込む、と思いきや社長から呼び出しで、しのと初?ご対面! 縁談相手が橘ということで、しのの困惑している顔を見た橘であったが、他のヤツに取られたくない一心で、しのの気持ちはどがえしで、婚約に至る。 とにかく紫乃が良い子で空気読めて謙虚で… 本当に幸せになってほしい。 最初の嫉妬の場面は胸が締め付けられる位泣けた。 橘さん…さすがに言葉のチョイス間違ってるよ… 紫乃も漫画の登場人物に重ねすぎだけど、勘違いさせる橘さんも悪い 紫乃にベタ惚れってのはわかったけど、それでもベランダで1度は嫉妬した相手と2人で喋ってるのを知ったらそれだけで辛いと思う… しかも橘さん、たばこつけて話す時間を増やしてるしね… 紫乃の気持ちを考えると胸が締め付けられる… ついポイント購入して読んでしまいました! 早く続話配信希望!!

次の