ヘアオイル おすすめ。 スタイリング剤としても使える人気のヘアオイルおすすめランキング5選

ヘアオイルってなに?使い方と注意点 おすすめの品を解説

ヘアオイル おすすめ

シャンプーしたあとのヘアケアアイテムとして欠かせないヘアオイル。 保湿成分が豊富に含まれている商品や、個性的な香りのヘアオイルなど、まさに多種多様です。 これだけ様々なメーカーから多彩なヘアオイルが発売されている中で、自分の髪質に合うものはどれなのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、細い髪の人も安心して使える、髪にやさしい使い続けたくなるヘアオイルを10商品紹介します。 2020年おすすめヘアオイルの選び方 ヘアオイルは実用性の高いアイテムですが、使用後のサラサラとした自分の髪に癒されたり、お気に入りの香りにホッとしたりする楽しみもあるアイテム。 髪にやさしくて使いやすいヘアオイルを選ぶのは基本ですが、さらに加えて、香りや使い心地などもチェックしてみましょう。 オイルの成分によるメリット・デメリットを知っておこう ヘアオイルには、植物性のオイルを使っているものと、鉱物性のオイルを使っているものがあります。 細く柔らかい髪の人や、肌へのやさしさといった観点からみれば、植物性のオイルを使用している商品の選択がおすすめです。 鉱物性のヘアオイルはシリコンを含んでいる商品が多く、見た目は艶のあるきれいな髪になります。 コーティング力があるので、髪の傷みやボリュームが気になる人には効果的です。 しかし大量にシリコンが含まれているものは、ベタつきやギトギト感が出てしまうものもあります。 また、敏感肌の人は成分が合わないこともあるでしょう。 植物性オイルには、椿油やホホバオイル、ボタニカルオイル、アルガンオイルなどがあります。 なじみが良いので、オイルを使用すると髪がぺったり重くなりがちな細く柔らかい髪質の方には、ノンシリコンの植物性オイルがおすすめです。 ただし、ダメージが深刻な場合は、効果が現れにくいこともあるので、気を付けましょう。 自分の毛量や髪質を考慮するのも大切 髪質とヘアオイルの相性も大切です。 例えば、髪の毛の量が多い、あるいは、髪が太くてクセが強いという場合には、しっとりとした仕上がりのヘアオイルが適しています。 艶が出て、ボリュームをほどよくおさえてくれるでしょう。 やわらかくて細い髪の毛の方や、髪の毛の量が少ないという方は、サラサラしてボリュームが出るようなヘアオイルがおすすめ。 しっとりとしたヘアオイルを使ってしまうと、髪の毛が全体的につぶれてしまうため、適さないでしょう。 ただし、髪質だけで判断しない方が良い場合もあります。 髪が傷んでしまっている場合は、修復や補強を重視したヘアオイルを選ぶようにしましょう。 アルガンオイルなどの植物性油やローズマリーなどのハーブエキス、ラミナリアオクロロイカなどの海藻エキスは、肌に刺激を与えず髪にやさしい保湿成分なので、効果が期待できそうです。 自分好みの香りでリラックス 髪をまとめやすくなったり、潤いを与えたりなど、実用的な部分を考慮してヘアオイルを選ぶことも大切ですが、好みの香りのヘアオイルを選ぶのも、使い続けるうえでは重要になるでしょう。 常に自分の好きな香りに包まれているのは気分が良く落ち着くものです。 ヘアオイルの香りには、柑橘系やフローラル系など様々な種類があります。 テスターなどで香りを確認しながら、自分の好みに合ったヘアオイルオイルを探してみましょう。 なお、ヘアオイルには手軽に買えるものから、価格設定が高めの商品までありますが、必ずしも高ければ良いというわけでもないので注意が必要です。 配合されている成分や香り、自分の髪質と合うかなど、総合的に判断して自分にとって効果の高いヘアオイルを選択することが重要でしょう。 おすすめヘアオイル10選 ヘアオイルは髪をダメージから守り、しっかりと保湿するというシンプルな目的がありますが、最近ではそれだけでなく、べたつかずに使いやすく、香りが好きなものを選ぶという人も増えています。 おしゃれアイテムとしても使えるヘアオイル。 ぜひ、自分好みの使い方で楽しめる商品を選んでみましょう。 大島椿.

次の

プチプラヘアオイルおすすめ7選|口コミ人気アイテムでしっかり保湿!うるツヤ髪へ

ヘアオイル おすすめ

ツヤ髪でストレスなく、楽しいヘアライフを手にいれましょう。 では、参ります。 目の粗いもので優しく梳きましょう。 髪質に合わせて使用量を調整しよう ヘアオイル2~3プッシュを手に馴染ませて髪につけるのですが、髪質によって自分で使用量を調節していきましょう。 例えば、猫っ毛の場合は多くつけすぎるとベタつくので、少量を毛先につけて全体に薄くなじませる。 逆に剛毛さんは多めの量をつけて、髪にしっとり感をだしてボリュームをおさえる。 などの工夫をしながらヘアオイルを使ってみてください。 使用量が多すぎたり、少なかったりすると思い通りの質感やヘアスタイルにできないことがあります。 NGな使い方はコレ!• 頭皮につける• ベッタリつける• 髪をとかずにつける ヘアオイルは頭皮につける必要はありません。 つけても意味がありません また、髪がベタベタにならないように少しずつ付けていくのがポイント。 髪が絡まっていると、ムラ付きになり綺麗に仕上がらないので、クシで髪をとかしてからつけるようにしてください。 【美容師がレクチャー】ヘアオイルでウェットスタイリングをしてみよう ヘアオイルをスタイリング剤として使いたい方のほとんどは、ウェットスタイリング 少し濡れたような髪 をしたいのではないでしょうか? 今回は、かわいくオシャレに決まるヘアオイルを使ったウェットスタイリングのやり方をご紹介します。 ボブであれば毛先を外ハネに、ミディアム~ロングならミックス巻きにしていきましょう。 オイルをつけるとカールが少しゆるくなりますので、強めに巻いていくとちょうど良いカールになります。 巻き終わったらオイルをつけていくのですが、ポイントは少しずつ付けていくこと。 一気につけてしまうとベタベタになってしまうことがありますので、何回かに分け、少しずつヘアオイルを髪につけていきます。 てっぺんのアホ毛が気になる方は、最後に手に残ったオイルで押さえるようにするといい感じにまとまります。 そして、皮脂に最も近いとされるケア成分がホホバ油やアルガンオイルなどですので、覚えておきましょう。 サッパリ系~甘い系まで色々な香りがありますので、自分の好きないい匂いのものを纏いましょう。 基本的に市販品は香りがキツめという特徴もお忘れなく。 いくらリペア成分が配合などと書かれていても、90%くらいはシリコンなんです。 シリコンでガチガチに髪をコーティングするなら市販品、レアオイル成分でケアしたいならある程度品質の高いものを選ぶことです。 ヘアオイルの知識は身につきましたか? それでは、美容師もおすすめするヘアオイルを紹介していきます。 おすすめのヘアオイルランキング 編集部ピックアップ 髪の美容液オイル「ラスティーク」 セラミドやアルガンオイル、ディープヒアルロン酸、プラセンタなどの成分を贅沢に使ったヘアケアでコスメ雑誌「UP」では美容液ヘアケア部門1位を獲得しています。 7と高評価です。 オイルとクリームのお得なセットで洗い流さないトリートメントとして以外にもスタイリングの仕上げに使うことも可能。 美容師も注目のアイテムです。 大容量120mlで約2~3ヵ月使うことが可能でコスパも良好!単品購入もありますし、定期購入ではさらに割引特典を使うことが可能です。 元々あまりくせがある髪質ではないのですが、パーマをかけていて、髪を伸ばしているので毛先のダメージ(広がり、枝毛)が気になるのが悩み。 髪の長さが胸のあたりまであるロングなので、傷みやすい毛先を中心に3~4滴くらいつけています。 このくらいの量だと、髪がべったりしすぎず、しっとりします。 そのあとはいつもどおり、ドライヤーで髪を乾かしてあげるだけで、さらさら、するするの髪になれました。 乾いた髪につけてもしっとりと指どおり、くしどおりのいい髪になってくれます。 髪がくしに引っかからずに、すーっととかせます。 乾いた髪につけるときは、タオルドライのときより少し多めの5~7滴くらいつけると、ちょうどよかったです。 ドライヤーで乾かす前に2プッシュ髪に塗り、いつも通り乾かします。 髪が広がることなく、まとまってデジタルパーマのウエーブが綺麗に出ます。 そして雨の日など髪が広がりやすいのですが 雨の日でも広がることが無くて感激でした。 年齢からくる髪のパサつきに悩んでいましたが 髪の毛が若返った感じ。 手触りもよくなりましたので、しばらくこちらの商品を リピートします。 伸びが良いので、何プッシュもしなくても十分です。 毛先のパサパサがだいぶなくなってきたし、切れ毛が気になっていたのがこのところなくなったのもこれのおかげだと思います。 香水の様なオリエンタルな香りもとっても気に入ってます。 ドライヤーの熱からも守ってくれます。 また全身に使えると教えて頂いたので、手や顔にも使うのですが、こちらもベタつかず、肌に吸い付くように馴染んでモチモチになります。 余計なものが入っていないので、敏感肌の私でも問題なく使えるオイルです。 基本朝シャンはしないので、夜髪を乾かす前につけてドライヤーをかけます。 その時は良さがわからないのですが、翌朝手グシのみでもOKなくらいまとまって寝癖もつきにくいです。 硬い多い太い、三拍子の私の髪もやわらかくしっとりまとまります。 重くならないので巻き髪の時もカールがつきやすくて毎日巻くので重宝しています。 髪を洗ったあと、タオルドライをし、半乾きくらいの状態でこちらを塗って、ドライヤーをしています。 自分の髪は細くて直毛なのですが、全くベタつかず、驚くほどさらさらになります。 また、柔らかいローズの良い香りで気分が上がります。 使った直後は少し香りが強いと感じるかもしれませんが、時間が立つにつれ気にならなくなるはずです。 自分はショートヘアなのでワンプッシュで足り、1本でかなり長持ちしそうです。 見た目の可愛らしさももちろんですが、使えば人気なことがわかる商品です。 つけ心地はベタつかずしっとり。 ドライヤー後もしっとりまとまる感じの仕上がりで、ダメージはもちろん乾燥するこの季節にもピッタリなトリートメントでした。 日差しが強くない日に使うので、減りが遅いです。 値段は高いけど。 他のオイルも使ってみて、また戻ってくるかもしれません。 引用元: 編集部おすすめのヘアオイルランキング ベスト3 1、ラサーナ海藻ヘアオイル 日本一売れている洗い流さないトリートメントとして有名な商品。 水を一切使わない美容オイルのかたまりで、くせ毛をおさめたり、髪のぱさつきを改善するのに特化しています。 アットコスメでも評価も高く、お試しできる点も高ポイント。 総合的にもNo. 1と評価させていただきました。 >> 2、ミルボン エルジューダ 美容院でも販売されているヘアオイル。 ミルボンは有名なサロン専売品ブランドであり、開発される商品すべてがプロ仕様です。 最近では、ドン・キホーテやドラッグストア、東急ハンズなどにも流通していますので、市販で手軽購入できるようになっています。 サラサラタイプのFOオイル• しっとりタイプのMOオイル• さらにしっとりタイプのオイルクリーム など種類がたくさんあり、自分に髪に合ったものを選べます。 >> 3、ラスティーク やっぱり同じ美容師がオススメしているというのがポイントで選出。 7と高評価。 オイルとクリームがセットになっていて、1本あたり約1700円ほどと、サロンブランドの商品よりも500円ほど安くて購入しやすいかと思います。 >> まとめ いかがでしたか? 自分にあったヘアオイルは見つかりましたでしょうか? 一口にヘアオイルと言ってもサラサラタイプ~しっとりタイプまであり、自分の髪質に合わせて選ぶことが大切。 春夏は髪の日焼け止め代わりに、秋冬は髪の乾燥対策に活躍してくれます。 ぜひ、ヘアオイルでサラツヤ髪をキープしていきましょう。 美容師のシャンプー&トリートメントランキング.

次の

<美容師厳選>ヘアオイルおすすめ人気ランキング♡香り・保湿・質感で心身潤い効果

ヘアオイル おすすめ

ツヤ髪でストレスなく、楽しいヘアライフを手にいれましょう。 では、参ります。 目の粗いもので優しく梳きましょう。 髪質に合わせて使用量を調整しよう ヘアオイル2~3プッシュを手に馴染ませて髪につけるのですが、髪質によって自分で使用量を調節していきましょう。 例えば、猫っ毛の場合は多くつけすぎるとベタつくので、少量を毛先につけて全体に薄くなじませる。 逆に剛毛さんは多めの量をつけて、髪にしっとり感をだしてボリュームをおさえる。 などの工夫をしながらヘアオイルを使ってみてください。 使用量が多すぎたり、少なかったりすると思い通りの質感やヘアスタイルにできないことがあります。 NGな使い方はコレ!• 頭皮につける• ベッタリつける• 髪をとかずにつける ヘアオイルは頭皮につける必要はありません。 つけても意味がありません また、髪がベタベタにならないように少しずつ付けていくのがポイント。 髪が絡まっていると、ムラ付きになり綺麗に仕上がらないので、クシで髪をとかしてからつけるようにしてください。 【美容師がレクチャー】ヘアオイルでウェットスタイリングをしてみよう ヘアオイルをスタイリング剤として使いたい方のほとんどは、ウェットスタイリング 少し濡れたような髪 をしたいのではないでしょうか? 今回は、かわいくオシャレに決まるヘアオイルを使ったウェットスタイリングのやり方をご紹介します。 ボブであれば毛先を外ハネに、ミディアム~ロングならミックス巻きにしていきましょう。 オイルをつけるとカールが少しゆるくなりますので、強めに巻いていくとちょうど良いカールになります。 巻き終わったらオイルをつけていくのですが、ポイントは少しずつ付けていくこと。 一気につけてしまうとベタベタになってしまうことがありますので、何回かに分け、少しずつヘアオイルを髪につけていきます。 てっぺんのアホ毛が気になる方は、最後に手に残ったオイルで押さえるようにするといい感じにまとまります。 そして、皮脂に最も近いとされるケア成分がホホバ油やアルガンオイルなどですので、覚えておきましょう。 サッパリ系~甘い系まで色々な香りがありますので、自分の好きないい匂いのものを纏いましょう。 基本的に市販品は香りがキツめという特徴もお忘れなく。 いくらリペア成分が配合などと書かれていても、90%くらいはシリコンなんです。 シリコンでガチガチに髪をコーティングするなら市販品、レアオイル成分でケアしたいならある程度品質の高いものを選ぶことです。 ヘアオイルの知識は身につきましたか? それでは、美容師もおすすめするヘアオイルを紹介していきます。 おすすめのヘアオイルランキング 編集部ピックアップ 髪の美容液オイル「ラスティーク」 セラミドやアルガンオイル、ディープヒアルロン酸、プラセンタなどの成分を贅沢に使ったヘアケアでコスメ雑誌「UP」では美容液ヘアケア部門1位を獲得しています。 7と高評価です。 オイルとクリームのお得なセットで洗い流さないトリートメントとして以外にもスタイリングの仕上げに使うことも可能。 美容師も注目のアイテムです。 大容量120mlで約2~3ヵ月使うことが可能でコスパも良好!単品購入もありますし、定期購入ではさらに割引特典を使うことが可能です。 元々あまりくせがある髪質ではないのですが、パーマをかけていて、髪を伸ばしているので毛先のダメージ(広がり、枝毛)が気になるのが悩み。 髪の長さが胸のあたりまであるロングなので、傷みやすい毛先を中心に3~4滴くらいつけています。 このくらいの量だと、髪がべったりしすぎず、しっとりします。 そのあとはいつもどおり、ドライヤーで髪を乾かしてあげるだけで、さらさら、するするの髪になれました。 乾いた髪につけてもしっとりと指どおり、くしどおりのいい髪になってくれます。 髪がくしに引っかからずに、すーっととかせます。 乾いた髪につけるときは、タオルドライのときより少し多めの5~7滴くらいつけると、ちょうどよかったです。 ドライヤーで乾かす前に2プッシュ髪に塗り、いつも通り乾かします。 髪が広がることなく、まとまってデジタルパーマのウエーブが綺麗に出ます。 そして雨の日など髪が広がりやすいのですが 雨の日でも広がることが無くて感激でした。 年齢からくる髪のパサつきに悩んでいましたが 髪の毛が若返った感じ。 手触りもよくなりましたので、しばらくこちらの商品を リピートします。 伸びが良いので、何プッシュもしなくても十分です。 毛先のパサパサがだいぶなくなってきたし、切れ毛が気になっていたのがこのところなくなったのもこれのおかげだと思います。 香水の様なオリエンタルな香りもとっても気に入ってます。 ドライヤーの熱からも守ってくれます。 また全身に使えると教えて頂いたので、手や顔にも使うのですが、こちらもベタつかず、肌に吸い付くように馴染んでモチモチになります。 余計なものが入っていないので、敏感肌の私でも問題なく使えるオイルです。 基本朝シャンはしないので、夜髪を乾かす前につけてドライヤーをかけます。 その時は良さがわからないのですが、翌朝手グシのみでもOKなくらいまとまって寝癖もつきにくいです。 硬い多い太い、三拍子の私の髪もやわらかくしっとりまとまります。 重くならないので巻き髪の時もカールがつきやすくて毎日巻くので重宝しています。 髪を洗ったあと、タオルドライをし、半乾きくらいの状態でこちらを塗って、ドライヤーをしています。 自分の髪は細くて直毛なのですが、全くベタつかず、驚くほどさらさらになります。 また、柔らかいローズの良い香りで気分が上がります。 使った直後は少し香りが強いと感じるかもしれませんが、時間が立つにつれ気にならなくなるはずです。 自分はショートヘアなのでワンプッシュで足り、1本でかなり長持ちしそうです。 見た目の可愛らしさももちろんですが、使えば人気なことがわかる商品です。 つけ心地はベタつかずしっとり。 ドライヤー後もしっとりまとまる感じの仕上がりで、ダメージはもちろん乾燥するこの季節にもピッタリなトリートメントでした。 日差しが強くない日に使うので、減りが遅いです。 値段は高いけど。 他のオイルも使ってみて、また戻ってくるかもしれません。 引用元: 編集部おすすめのヘアオイルランキング ベスト3 1、ラサーナ海藻ヘアオイル 日本一売れている洗い流さないトリートメントとして有名な商品。 水を一切使わない美容オイルのかたまりで、くせ毛をおさめたり、髪のぱさつきを改善するのに特化しています。 アットコスメでも評価も高く、お試しできる点も高ポイント。 総合的にもNo. 1と評価させていただきました。 >> 2、ミルボン エルジューダ 美容院でも販売されているヘアオイル。 ミルボンは有名なサロン専売品ブランドであり、開発される商品すべてがプロ仕様です。 最近では、ドン・キホーテやドラッグストア、東急ハンズなどにも流通していますので、市販で手軽購入できるようになっています。 サラサラタイプのFOオイル• しっとりタイプのMOオイル• さらにしっとりタイプのオイルクリーム など種類がたくさんあり、自分に髪に合ったものを選べます。 >> 3、ラスティーク やっぱり同じ美容師がオススメしているというのがポイントで選出。 7と高評価。 オイルとクリームがセットになっていて、1本あたり約1700円ほどと、サロンブランドの商品よりも500円ほど安くて購入しやすいかと思います。 >> まとめ いかがでしたか? 自分にあったヘアオイルは見つかりましたでしょうか? 一口にヘアオイルと言ってもサラサラタイプ~しっとりタイプまであり、自分の髪質に合わせて選ぶことが大切。 春夏は髪の日焼け止め代わりに、秋冬は髪の乾燥対策に活躍してくれます。 ぜひ、ヘアオイルでサラツヤ髪をキープしていきましょう。 美容師のシャンプー&トリートメントランキング.

次の