もこう リーグカード。 ポケモン四皇 (ぽけもんよんこう)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン四皇 (ぽけもんよんこう)とは【ピクシブ百科事典】

もこう リーグカード

2020. 15 大会• 2020. 14 キャンペーン• 2020. 12 メンテナンス• 2020. 10 不具合• 2020. 06 メンテナンス• 2020. 03 アプリ• 2020. 30 キャンペーン• 2020. 30 キャンペーン• 2020. 30 大会• 2020. 29 キャンペーン• 2020. 29 キャンペーン• 2020. 29 キャンペーン• 2020. 29 メンテナンス• 2020. 29 キャンペーン• 2020. 28 アプリ• 2020. 29 アプリ• 2020. 26 アプリ• 2020. 22 キャンペーン• 2020. 25 メンテナンス• 2020. 24 キャンペーン• 2020. 30 大会• 2020. 18 キャンペーン• 2020. 17 キャンペーン• 2020. 17 キャンペーン• 2020. 16 商品追加• 2020. 16 キャンペーン• 2020. 15 キャンペーン• 2020. 15 アプリ• 2020. 15 メンテナンス• 2020. 13 アプリ• 2020. 13 アプリ• 2020. 13 大会• 2020. 13 アプリ• 2020. 13 アプリ• 2020. 10 イベント• 2020. 11 大会• 2020. 13 キャンペーン• 2020. 10 キャンペーン• 2020. 10 キャンペーン• 2020. 06 不具合• 2020. 05 アプリ• 2020. 01 キャンペーン• 2020. 01 不具合• 2020. 31 キャンペーン• 2020. 30 キャンペーン• 2020. 28 アプリ• 2020. 22 不具合• 2020. 22 イベント• 2020. 22 キャンペーン• 2020. 21 キャンペーン• 2020. 21 キャンペーン• 2020. 21 キャンペーン• 2020. 20 商品追加• 2020. 20 商品追加• 2020. 19 機能追加• 2020. 18 アプリ• 2020. 18 メンテナンス• 2020. 14 イベント• 2020. 12 不具合• 2020. 11 キャンペーン• 2020. 08 キャンペーン• 2020. 09 キャンペーン• 2020. 01 キャンペーン• 2020. 01 キャンペーン• 2020. 29 不具合• 2020. 28 キャンペーン• 2020. 28 メンテナンス• 2020. 28 大会• 2020. 27 商品追加• 2020. 27 イベント• 2020. 26 キャンペーン• 2020. 22 メンテナンス• 2020. 21 不具合• 2019. 04 大会.

次の

Shadowverse【シャドウバース

もこう リーグカード

概要 界においてまるでの如く君臨する四人の実況者。 ポケモンのは戦争と呼ばれ、ポケモン四皇が接触するというだけでネット界隈は厳戒態勢を敷く程である。 ポケモン四皇入りの条件は、他を圧倒する影響力と知名度、レート1480以上の実力があること(長であるもこうのレートが1480であることに由来する)。 かつては「ポケモン実況」とも呼ばれたが、ポケモンには実際に四天王が存在し、混同されるため現在の呼び名となった。 所属するのは揺るぎない地位を確立するベテラン3人、そしてランクが低い若手実況者1人が所属する。 これは、ポケモン実況界の派閥争いの弊害化を防ぐ為であり、若い芽を摘まない為の暗黙の了解である。 2018年現在はヤズマが引退し1つ空席ができている。 トスタポンテも他の若手に席を譲るべきという声が根強く、新たなメンバーの選定が急がれている。 人気、知名度、勢力共に最強の男(チンパンジー)。 その存在だけで、大会の成功確率は2. 73パーセントまで下がる程の影響力を誇る。 元々はポケモン王下七武海の一人だったが、大会での切断疑惑により脱退。 2009年6月15日から開催されたポケモンバトルレボリューション実況者大会NewGenerations(通称NG)の優勝者。 また、同年に行われたポケモン実況界最大規模の大会・殺合祭(通称もこりんぴっく)の主催者でもある(参加していたがこちらは途中で敗退)。 2017年年末に催された『ポケモン実況者ウルトラタッグバトル』では手下のライバロリとペアを組み、準優勝に至っている。 2018年には公式からもお呼びがかかり、の番組、にも出演している。 扱うポケモンはマイノリティ(ボトムズ)。 レート2000越えを連発する本物のトップレート常連。 もこうとはポケモン四皇の長の座を賭けて幾度となく対決している。 しかし、運ゲに弱いためもこうは数少ない天敵であり、毎度敗北を喫している。 2017年年末に催された『ポケモン実況者ウルトラタッグバトル』では長であるもこうとペアを組み、準優勝に至っている。 こちらももこう同様P-Sportsにレギュラー出演。 扱うポケモンは相棒のをはじめとする厨ポケ。 をこよなく愛する。 ジェネシスの引退時に行われていたBW大会で優勝した事からポケモン四皇入り。 扱うポケモンはエムリット。 経歴的にはそろそろベテランになり始めており、現在も一定の力を見せてはいるものの、ベテラン枠に育つには至っていない。 そのため、トスタポンテに代わる新たなメンバーの選定が急がれている。 かつてのポケモン四皇• もこうの弟子でジェネシス理論提唱者。 第四世代で表舞台から姿を消した。 扱うポケモンは伝説。 もこうは今は亡きジェネシスに対し2015年12月30日の放送でかしゅんと共にジェネシスの動画を視聴。 「何者なんだろうこの人」「素人じゃないよね喋り方が」「面白かったよなぁ」「語彙力が凄かった」と高く評価している。 を極めた男。 彼の視聴者はポケモン対戦界の一大勢力・論者によって構成されており、その統制された勢力は実質的にもこう以上とも言われている。 大会などでの実績はなく、実力は唯一の未知数。 扱うポケモンはヤケモン(ヤーティ)。 第7世代を待たず引退。 関連タグ 、、、、 関連記事 親記事.

次の

【ニコニコ杯】ポケモンカード大会結果と全デッキ一挙紹介!!実況者最強リーグ

もこう リーグカード

概要 界においてまるでの如く君臨する四人の実況者。 ポケモンのは戦争と呼ばれ、ポケモン四皇が接触するというだけでネット界隈は厳戒態勢を敷く程である。 ポケモン四皇入りの条件は、他を圧倒する影響力と知名度、レート1480以上の実力があること(長であるもこうのレートが1480であることに由来する)。 かつては「ポケモン実況」とも呼ばれたが、ポケモンには実際に四天王が存在し、混同されるため現在の呼び名となった。 所属するのは揺るぎない地位を確立するベテラン3人、そしてランクが低い若手実況者1人が所属する。 これは、ポケモン実況界の派閥争いの弊害化を防ぐ為であり、若い芽を摘まない為の暗黙の了解である。 2018年現在はヤズマが引退し1つ空席ができている。 トスタポンテも他の若手に席を譲るべきという声が根強く、新たなメンバーの選定が急がれている。 人気、知名度、勢力共に最強の男(チンパンジー)。 その存在だけで、大会の成功確率は2. 73パーセントまで下がる程の影響力を誇る。 元々はポケモン王下七武海の一人だったが、大会での切断疑惑により脱退。 2009年6月15日から開催されたポケモンバトルレボリューション実況者大会NewGenerations(通称NG)の優勝者。 また、同年に行われたポケモン実況界最大規模の大会・殺合祭(通称もこりんぴっく)の主催者でもある(参加していたがこちらは途中で敗退)。 2017年年末に催された『ポケモン実況者ウルトラタッグバトル』では手下のライバロリとペアを組み、準優勝に至っている。 2018年には公式からもお呼びがかかり、の番組、にも出演している。 扱うポケモンはマイノリティ(ボトムズ)。 レート2000越えを連発する本物のトップレート常連。 もこうとはポケモン四皇の長の座を賭けて幾度となく対決している。 しかし、運ゲに弱いためもこうは数少ない天敵であり、毎度敗北を喫している。 2017年年末に催された『ポケモン実況者ウルトラタッグバトル』では長であるもこうとペアを組み、準優勝に至っている。 こちらももこう同様P-Sportsにレギュラー出演。 扱うポケモンは相棒のをはじめとする厨ポケ。 をこよなく愛する。 ジェネシスの引退時に行われていたBW大会で優勝した事からポケモン四皇入り。 扱うポケモンはエムリット。 経歴的にはそろそろベテランになり始めており、現在も一定の力を見せてはいるものの、ベテラン枠に育つには至っていない。 そのため、トスタポンテに代わる新たなメンバーの選定が急がれている。 かつてのポケモン四皇• もこうの弟子でジェネシス理論提唱者。 第四世代で表舞台から姿を消した。 扱うポケモンは伝説。 もこうは今は亡きジェネシスに対し2015年12月30日の放送でかしゅんと共にジェネシスの動画を視聴。 「何者なんだろうこの人」「素人じゃないよね喋り方が」「面白かったよなぁ」「語彙力が凄かった」と高く評価している。 を極めた男。 彼の視聴者はポケモン対戦界の一大勢力・論者によって構成されており、その統制された勢力は実質的にもこう以上とも言われている。 大会などでの実績はなく、実力は唯一の未知数。 扱うポケモンはヤケモン(ヤーティ)。 第7世代を待たず引退。 関連タグ 、、、、 関連記事 親記事.

次の